カリヤト・アル・サイフ

23°01′03″N 58°00′58″E / 23.01750°N 58.01611°E / 23.01750; 58.01611

敷地のスケッチプラン

ワディ マハラム (北緯 23 度 01 分、東経 58 度 00 分、標高 712 m) にあるQaryat al-Saiḥ (文字通り、流れる村) は、オマーン中央部のサマジル ウィラヤットシャルキーヤにある遺跡です。この要塞化された村には、サマド鉄器時代後期およびイスラム時代に人が住んでいました。

概要

1990 年代に、ゲルト ヴァイガーバーがこのサマド後期鉄器時代[1]の集落に初めて気づきましたが、その正確な位置、規模、敷地計画、年代はすべて不明であり、詳細については何も述べていませんでした。道路近くの敷地の東と北東に 3 つの古遺物標識が立っています。

使用された保存条件と記録方法により、結果としてスケッチが作成されました。主要な構造物の大きさは約 50m x 90m、つまり c です。表面積は4000平方メートル。周囲のワジから 50 メートルも高いところにあります。南西100mのところに庭園(図1)があり、古代の人々の暮らしを支えていました。敷地は低地に隣接して建っています。西側と南側の側面はワジとその急な斜面によって保護されています(図 1 のセクションを参照)。壁の高さは最大2メートルにもなります。上向きの家の壁の厚さは最大 80 cm です。要所に、壁の直径が厚くなっている不規則な形状の塔があります。門の構造は保存されていません。訪問者を廊下を通って村へと導きます。南東には、高さ 1m までの不規則な 2 番目の壁が保存されています。さらに上り坂になると、より重い第 3 の壁がコアを囲みます。その真ん中には、直径約7メートルのウンム・アン・ナール墓の遺跡があります。大きな壁 (第一の壁) が、北東の山から南西のワディまで敷地を阻んでいます。これは最近の日付でも見られました。道路の建物とワジの水がこの壁を横切っています。高さは60センチから2メートルまであります。

瓦礫の中で、部屋や壁の再建は困難を極めています。保存状態は可変です。入り口が分かりにくい。 11 枚の Google Earth 画像のうち、最も高解像度の画像は、2011 年 12 月 24 日に撮影されたものです。特に壁の南側と南東側の周囲にある白い斑点が衛星画像で確認できますが、多くの場合ケースメイトの部屋です。要塞化。壁は最大2mまで保存されます。部屋は卵形に見えますが、実際は長方形です。これは、上部構造が隅に崩壊することによって起こります。特徴的なのはケースメイトの壁です。これは、前の期間の防御アーキテクチャとは対照的に、Samad LIA の防御アーキテクチャの典型的なものです。

スケッチには、最大厚さ 1.0 メートルの城壁と城塞内の通路が示されています。背景の中で目に見える建物の経過中に多くの変化がありました。建築材料は主にモルタル処理されていない石でした。石の間には、崩れた日干しレンガとおそらくサルジ壁の破片が大量に横たわっている。サマド LIA (50%) とイスラム時代の釉薬をかけたスグラフィト陶器が敷地内に散らばっています。遺跡の南西(東経603,830メートル、北緯2545,442メートル、標高733メートル)の30×30メートルのエリアには、敷地から約450メートル離れたLIAの墓と思われる小さなテラス状の構造物が見られる。

情報源

  • ユルゲン・シュライバーオマーンのオアセンジードルンゲンの変革プロゼッセ。イズキ、ニズワとジェベル・アクダルの死を楽しみましょう。論文、ミュンヘン、2007 年。URL http://edoc.ub.uni-muenchen.de/7548/1/Schreiber_Juergen.pdf
  • Paul YuleDie Gräberfelder in Samad al-Shan (スルタナオマーン): 資料集 einer Kulturgeschichte (2001)、ISBN  3-89646-634-8 [2]
  • Paul YuleCrossroads – Early and Late Iron Age South east Arabia、Abhandlungen Deutsche Orient-Gesellschaft、vol. 30、ヴィースバーデン、2014、ISBN 978-3-447-10127-1 
  • ポール・A・ユール、『サマドを大切にする後期鉄器時代、アラビア考古学と碑文』 27/1、2016、31‒71 ISSN  1600-0471。

参考文献

  1. ^ Paul Yule、Die Gräberfelder in Samad al-Shan (Sultanat Oman) Materialsien zu einer Kulturgeschichte。 Orient-Archäologie 4、Rahden 2001、ISBN 3-89646-634-8 [1]。ポール・ユール、クロスロード – アラビア南東部鉄器時代前期および後期、アブハンドルンゲン・ドイツ・オリエント・ゲゼルシャフト、vol. 30、ヴィースバーデン、2014 年、ISBN 978-3-447-10127-1、62~ 66 ページ。シュライバー 2007: 63 Karte 11、64、110、171、175、277。  

外部リンク

Retrieved from "https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Qaryat_al-Saih&oldid=1136030892"