プトレマイオス王国

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
プトレマイオス王国
Πτολεμαϊκὴβασιλεία
Ptolemaïkḕbasileía
紀元前305年–紀元前30年
Eagle of Zeus[1] on the Ptolemaic coin of Ptolemaic Kingdom
プトレマイオスのコインに乗ったゼウスの鷲[1]
Ptolemaic Egypt circa 235 BC. The green areas were lost to the Seleucid Empire thirty five years later.
紀元前235年頃のプトレマイオス王国。緑地は35年後にセレウコス朝に失われました
資本アレクサンドリア
共通言語
宗教
政府ヘレニズムの 君主制
ファラオ 
•紀元前305〜283年
プトレマイオス1世 (初)
•紀元前51〜30年
クレオパトラVII (最後)
歴史的時代古典古代
• 設立
紀元前305年 
•廃止
 紀元前30年
人口
•紀元前150年
490〜750万[3]
通貨ドラクマ
前任者
成功
マケドニア帝国
古代エジプト末期
ローマのエジプト

プトレマイオス王国/ ˌ T ɒ L ɪ M ɪ K / ;コイネーギリシャ語Πτολεμαϊκὴのβασιλείαローマ字:  Ptolemaïkḕのbasileía[4]であった古代ギリシャ語に基づいて状態エジプトヘレニズム時代[5]紀元前305年にアレキサンダー大王の仲間であるプトレマイオス1世によって設立され、紀元前30年にクレオパトラ7世が死ぬまで続きました[6]プトレマイオス約3世紀にわたって支配されており、古代起源の最も長く、最も最近のエジプト王朝でした。

アレキサンダー大王は、紀元前332年にアケメネス朝に対するキャンペーン中にペルシャが支配するエジプトを征服しました紀元前323年にアレクサンダーが亡くなっ、彼の帝国はディアドコイ、彼の親しい友人、仲間による主張が競合する中ですぐに解き明かされましたアレクサンダーの最も信頼できる将軍と親友の一であっマケドニア人のプトレマイオスは、ライバルからエジプトの支配権を獲得し自分自身をファラオと宣言しました[注1] [7] [8]ギリシャのポリスアレクサンドリア アレクサンダーによって設立され、次の数世紀の間、首都であり、ギリシャの文化、学習、貿易の中心地となりました[いつ? ]ライバルのヘレニズム国家であるセレウコス朝シリア戦争の後、プトレマイオス王国はその領土をリビア東部シナイヌビア北部を含むように拡大しました

彼らの支配を正当化し、先住民のエジプト人からの認識を得るために、プトレマイオス朝はファラオの称号を採用し、エジプトのスタイルと服装で公共の記念碑に描かれました。そうでなければ、君主制はそのヘレニズム的性格と伝統を厳格に維持しました。[6]王国には複雑な政府官僚機構があり、軍事、政治、経済問題を支配し、エジプトの社会や文化に統合されることはめったにないギリシャの支配階級の利益のために国の膨大な経済資源を利用しました。ネイティブエジプト人は、地元や宗教機関に対する権力を維持し、ヘレニズム化し場合、官僚機構で徐々に権力を獲得しただけでした。[6]で始まるプトレマイオス2世フィラデルフス、プトレマイオス朝は、オシリスの神話に従って兄弟と結婚したりエジプトの宗教生活に参加したりするなど、エジプトの習慣を採用し始めました。新しい寺院が建てられ、古い寺院が修復され、神権に王室の後援が惜しみなく与えられました。

紀元前3世紀半ばから、プトレマイオス朝のエジプトは、アレキサンダーの後継国の中で最も裕福で最も強力であり、ヘレニズム文明の代表的な例でした[6]紀元前2世紀半ばに始まり、王朝の争いと一連の外国戦争が王国を弱体化させ、それはますます共和政ローマに依存するようになりましたプトレマイオスの権力を回復しようとしたクレオパトラ7世の下で、エジプトはローマ内戦に巻き込まれ、最終的には最後の独立したヘレニズム国家としてのローマによる征服につながりましたローマのエジプトは、ローマで最も豊かな州の1つであり、ヘレニズム文化。紀元641年にイスラム教徒が征服するまで、ギリシャ語が政府の主要言語であり続けましたアレクサンドリアは中世後期まで地中海の主要都市の1つであり続けました[9]

歴史

エジプトのプトレマイオス統治はコイネーギリシャ語エジプト語で書かれた豊富なパピルスオストラカの発見によりヘレニズム時代の最もよく文書化された時代の1つです[10]

背景

エジプトのファラオとしてのプトレマイオス、大英博物館、ロンドン
ファラオプトレマイオス2世フィラデルフスを描いた胸像紀元前309〜246年

紀元前332年、マケドニア王のアレキサンダー大王がエジプトに侵攻しました。エジプトは当時、アルタクセルクセス3世皇帝の下で第31王朝として知られているアケメネス朝のサトラップでした[11]彼はメンフィスを訪れシワオアシスのアムンの神殿に行きました。オラクルは彼がアメンの息子であると宣言しました。

アレクサンダーは彼が彼らの宗教に対して示した敬意によってエジプト人を和解させました、しかし彼はマケドニア人を国の事実上すべての上級職に任命し、そして新しい首都として新しいギリシャの都市、アレクサンドリアを設立しましたエジプトの富は、アケメネス朝の残りの部分をアレクサンダーが征服するために利用できるようになりました。紀元前331年の初めに、彼は出発する準備ができていて、彼の軍隊をフェニキアに連れて行っ彼は、ナウクラティスのクレオメネスを、彼の不在下でエジプトを支配するための支配的な州執政官として残しました。アレクサンダーはエジプトに戻ることはありませんでした。

設立

紀元前323年バビロンアレキサンダーが死んだ後[12]彼の将軍の間で継承の危機が勃発した。当初、ペルディッカスは、マケドンのフィリップ3世になったアレクサンダーの異母兄弟アルヒデウスの摂政として帝国を統治し、その後、フィリップ3世とアレクサンダーの幼い息子アレクサンダー4世の両方の摂政として統治しました。死。ペルディッカスは、アレクサンダーの最も親しい仲間の1人であるプトレマイオスをサトラップに任命しましたエジプトの。プトレマイオスは紀元前323年から、名目上は共同王フェリペ3世とアレクサンダー4世の名でエジプトを統治しました。しかし、アレキサンダー大王の帝国が崩壊したとき、プトレマイオスはすぐに彼自身の支配者としての地位を確立しました。プトレマイオスは、紀元前321年にペルディッカスの侵略からエジプトを守ることに成功し、ディアドコイ戦争(紀元前322〜301年)の間、エジプトとその周辺地域での地位を固めました。紀元前305年、プトレマイオスは王の称号を獲得しました。プトレマイオス1世(「救世主」)、彼が設立プトレマイオス朝のほぼ300年間エジプトを支配しました。

王朝のすべての男性の支配者はプトレマイオスという名前を取りましたが、王女と女王はクレオパトラ、アルシノエ、ベレニスという名前を好みました。プトレマイオス朝の王たちは、姉妹と結婚するというエジプトの習慣を採用したため、王の多くは、王室の配偶者と共同で統治しました。この習慣はプトレマイオス朝の政治を紛らわしく近親相姦にし、後のプトレマイオス朝はますます弱体化しました。公式に独自に統治した唯一のプトレマイオス朝の女王は、ベレニケ3世ベレニケ4世でした。クレオパトラ5世は共同支配をしましたが、それは別の女性、ベレニケ4世と一緒でした。クレオパトラ7世は、プトレマイオス13世テオスフィロペータープトレマイオス14世と正式に共同支配しました、およびプトレマイオスXV、しかし事実上、彼女はエジプトだけを支配しました。[要出典]

初期のプトレマイオス朝は、エジプト人の宗教や習慣を乱しませんでした[13]彼らはエジプトの神々のために壮大な新しい寺院を建て、すぐに古いファラオの外見を採用しました。プトレマイオス1世などの統治者は、エジプトの人々を尊重し、彼らの宗教と伝統の重要性を認識していました。プトレマイオス朝IIとIIIの治世中に、何千人ものマケドニアの退役軍人が農地の助成金で報われ、マケドニア人は植民地や守備隊に植えられるか、全国の村に定住しました。上エジプトでは、政府の中心から最も遠いが、あまりすぐにプトレマイオス私はギリシャの植民地設立されていても、影響を受けたPtolemais Hermiouをその首都になること。しかし、1世紀以内に、ギリシャの影響力が国中に広がり、異人種間結婚によってギリシャとエジプトの教育を受けた大規模な階級が生まれました。それにもかかわらず、ギリシャ人は常にプトレマイオス王国の特権的な少数派であり続けました。彼らはギリシャの法律の下で生活し、ギリシャの教育を受け、ギリシャの裁判所で裁判にかけられ、ギリシャの都市の市民でした。[14]

上昇

プトレマイオス1世

プトレマイオス1世の治世の最初の部分は、アレクサンダー帝国のさまざまな継承国間のディアドコイ戦争によって支配されていました。彼の最初の目的は、エジプトでの地位を確実に維持することであり、次に彼の領域を拡大することでした。数年以内に、彼はリビアコイレシリアユダヤを含む)、およびキプロスの支配権を獲得しましシリアの支配者であるアンティゴノスがアレクサンダーの帝国を再会させようとしたとき、プトレマイオスは彼に対して連立に加わった。紀元前312年、バビロニアの支配者であるセレウコスと同盟を結びデメトリウスを破りました。ガザの戦いで、アンティゴノスの息子

紀元前311年に戦闘員間の和平が成立しましたが、紀元前309年に再び戦争が勃発し、紀元前306年の海戦でキプロスを失ったものの、プトレマイオスはコリントスとギリシャの他の地域を占領しましたその後、アンティゴノスはエジプトを侵略しようとしましたが、プトレマイオスは彼に対してフロンティアを保持しました。紀元前302年にアンティゴノスに対して連立が更新されたとき、プトレマイオスはそれに加わったが、アンティゴノスがイプサスで敗北して殺されたとき、彼も彼の軍隊も存在しなかった彼は代わりに、セレウコスに割り当てた合意に違反して、コイレ・シリアとパレスチナを確保する機会を利用し、それによって将来のシリア戦争の舞台を設定しました[15] その後、プトレマイオスは陸戦を避けようとしましたが、紀元前295年にキプロスを取り戻しました。

王国が安全になったと感じたプトレマイオスは、紀元前285年にベレニス女王によって息子のプトレマイオス2世と支配を共有しましたその後、彼は引退をアレクサンダーのキャンペーンの歴史を書くことに捧げたかもしれません。それは残念ながら失われましたが、後のアッリアノスの仕事の主要な情報源でしたプトレマイオス1世は紀元前283年に84歳で亡くなりました。彼は安定した統治された王国を息子に残しました。

プトレマイオス2世

紀元前283年にエジプトのファラオとして父親を継いだプトレマイオス2世フィラデルフス[16]は、父親とは異なり偉大な戦士ではありませんでしたが、平和で文化的なファラオでした。幸いなことに、プトレマイオス1世はエジプトを強く繁栄させました。第一次シリア戦争での3年間のキャンペーンにより、プトレマイオス朝は地中海東部の支配者となり、エーゲ海の島々(ネシオティックリーグ)とキリキアパンフィリアリュキアカリアの沿岸地域を支配しました。しかし、これらの領土のいくつかは、第二次シリア戦争の結果として彼の治世の終わり近くに失われました。紀元前270年代、プトレマイオス2世は戦争でクシュ王国を破り、プトレマイオス朝がクシテの領土に自由にアクセスし、ドデカソイノスとして知られるエジプト南部の重要な金鉱床を管理できるようになりました。[17]その結果、プトレマイオス朝はポートスーダンまで南に狩猟ステーションと港を設立し、そこから数百人の男性を含む襲撃隊が戦象を捜索した。[17]ヘレニズム文化は、現時点でクッシュに重要な影響を与えるでしょう。[17]

プトレマイオス2世は熱心な奨学金の後援者であり、アレクサンドリア図書館の拡張に資金を提供し、科学研究を後援しました。カリマコステオクリトスロードスのアポロニウスポセイディッポスなどの詩人には、プトレマイオス家に敬意を表してパネギリックを含む、ヘレニズム詩の傑作が提供されました。プトレマイオスの庇護の下で活動している他の学者には、数学者ユークリッドと天文学者アリスタルコスが含まれていました。プトレマイオスはマネトに彼のAegyptiacaを作曲するよう依頼したと考えられています、エジプトの歴史の説明、おそらくエジプトの文化をその新しい支配者に理解できるようにすることを目的としています。[18]

プトレマイオスの最初の妻、アルシノエIの娘リュシマコスは、彼の合法的な人の子供の母親でした。彼女は否認した後、彼はエジプトのカスタムに続き、妹と結婚しアルシノエ2世をエジプトの集団に喜ばながら、後の治世で深刻な影響を持っていた、練習を始め、。アレクサンドリアの宮廷の物質的で文学的な素晴らしさは、プトレマイオス2世の下で最高潮に達しました。カリマコスのキーパーアレキサンドリアの図書館テオクリトス、および他の多くの詩人は、プトレマイオス朝の家族を称賛しました。プトレマイオス自身は、図書館を増やし、科学研究をひいきにすることに熱心でした。彼はアレクサンドリアをヘレニズム世界の経済的、芸術的、知的資本にすることに惜しみなく費やしました。アレクサンドリアのアカデミーと図書館は、多くのギリシャの文学遺産を保存する上で不可欠であることが証明されました。

プトレマイオス3世オイエルゲテス

ファラオプトレマイオス3世オイエルゲテスを描いたコインプトレマイオス王国。

プトレマイオス3世オイエルゲテス(「恩人」)は、紀元前246年に父親の後を継ぎました。彼は他のマケドニア後継王国の戦争を締め出すの彼の前任者の方針を放棄して、飛び込んサードシリア戦争で(246から241 BC)セレウコス朝シリア妹、とき、女王ベレニス、と彼女の息子がいました王朝の論争で殺害された。プトレマイオスは、バビロニアまでセレウコス朝の領土の中心部に意気揚々と進軍し、エーゲ海の彼の艦隊はトラキアまで北に新たな征服を行いまし

この勝利は、プトレマイオスの権力の頂点を示しました。セレウコス2世カリニクスは王位を維持しましたが、エジプトの艦隊がアナトリアとギリシャのほとんどの海岸を支配していました。この勝利の後、プトレマイオスはギリシャの政治マケドニアの敵を支援したものの、もはや積極的に戦争に従事していませんでした。彼の国内政策は、彼がネイティブのエジプトの宗教をより寛大にひいきにしたという点で彼の父の政策とは異なりました:彼はエジプトの記念碑の間に大きな痕跡を残しました。この中で彼の治世は、プトレマイオス朝の漸進的なエジプト化を示しています。

プトレマイオス3世は、前任者による奨学金と文学の支援を続けました。大図書館ムセイオンは、内蔵の二次ライブラリーで補充したSerapeum。彼は、アレクサンドリアのドックに荷降ろしされたすべての本を押収してコピーし、コピーを所有者に返却し、図書館のオリジナルを保管したと言われています。[19]彼はアイスキュロスソポクレスエウリピデスの公式写本をアテネから借りたと言われている。そして、彼らを返却するのではなく、図書館のために保管するために、彼が彼らに支払ったかなりの保証金を没収しました。プトレマイオス3世の宮廷で最も著名な学者は、博学者で地理学者のエラトステネスあり、世界の円周を非常に正確に計算したことで最も有名です。その他の著名な学者は数学含まサモスのコノンペルゲのアポロニウスを[18]

プトレマイオス3世は、エジプト全土の寺院で建設プロジェクトに資金を提供しました。これらの中で最も重要なものは、古代エジプトの神殿建築の傑作の1つであり、現在ではすべてのエジプトの神殿の中で最も保存状態の良いエドフのホルス神殿でした。プトレマイオス3世は、紀元前237年8月23日に建設を開始しました。プトレマイオス朝のほとんどの間、仕事は続いた。本堂は紀元前212年に息子のプトレマイオス4世の治世に完成し、完全な複合施設は紀元前142年にプトレマイオス8世の治世中に完成しましたが、大パイロンのレリーフは紀元前に完成しました。プトレマイオス12世

辞退

隣接する勢力と並んで、紀元前200年のプトレマイオス帝国。

プトレマイオス4世

紀元前221年、プトレマイオス3世が亡くなり、息子のプトレマイオス4世フィロペーターが後継者となりました。この王は、プトレマイオス王国の衰退を引き起こした弱い王でした。彼の治世は彼の母親の殺害によって発足しました、そして彼は常に政府を支配した王室のお気に入りの影響下にありました。それにもかかわらず、彼の大臣はコイレシリアに対するアンティオコス3世大王の攻撃に対応するために真剣な準備をすることができ、紀元前217年ラフィアのエジプトの大勝利は王国を確保しました。彼の治世の国内の弱さの兆候は、20年以上にわたって国の半分以上を奪ったネイティブエジプト人による反乱でした。 Philopatorは、組織的な宗教と文学に専念していました。彼は妹と結婚したアルシノエ、しかし彼の愛人アガトクレアによって支配されました。

プトレマイオス4世は、前任者と同様に、典型的なエジプトのファラオとしての地位を確立し、寄付や寺院の建設を通じて、エジプトの司祭エリートを積極的に支援しました。プトレマイオス3世は、紀元前238年に、カノープスでエジプトのすべての司祭の教会会議を開催することにより、重要な革新をもたらしました。プトレマイオス4世は、第4次シリア戦争の勝利のお祝いの後、紀元前217年にメンフィス彼自身の教会会議を開催することによってこの伝統を続けました。この教会会議の結果は、紀元前217年11月15日に発行され、3部で保存されラフィア法令でした。他のメンフィス決議のように、法令は象形文字デモティック、およびコイネーギリシャ語で刻まれました。この法令は、プトレマイオス4世とアルシノエ3世の軍事的成功と、エジプトの司祭エリートへの恩恵を記録しています。全体を通して、プトレマイオス4世はセット神が率いる無秩序の力を打ち負かすことによって父親に復讐するホルスの役割を引き受けるものとして提示されています。その見返りに、司祭たちはそれぞれの寺院に像のグループを建てることに着手し、プトレマイオス4世とアルシノエ3世に勝利の剣を贈る寺院の神を描いた。Theoi Philopatoresとその勝利を記念して、5日間のフェスティバルが開催されました。したがって、この法令は、エジプトのファラオのイデオロギーと宗教と、勝利した王と彼の支配者カルトのヘレニズムギリシャのイデオロギーとの成功した結婚を表しているようです。[20]

南部の反乱

アレクサンドリアのファラオによって失政は、名前の僧侶が率いる、ほぼ成功した反乱につながったハグロナファー彼は紀元前205年にファラオを宣言し、紀元前199年に死ぬまで上エジプトを統治しました。彼は息子のアンクマキスに引き継がれ、その軍隊はプトロミーを国外に追いやった。革命王朝はついに185年に敗北し、この出来事を祝う石碑は有名なロゼッタストーンとして歴史的に重要でした。

プトレマイオス5世エピファネスとプトレマイオス6世哲学者

モザイクからThmuisメンデスによって作成された)、エジプト、ヘレニズムアーティスト今アレクサンドリア、エジプトのグレコローマン博物館で約200 BC、中ソフィロス(署名)。描かれている女性は、アレクサンドリアの擬人化としてベレニケ2世(夫のプトレマイオス3世ユールゲテスと共同で統治した)であり、王冠は船の船首を示し、彼女はプトレマイオス王国の海軍の象徴である型のブローチローブに付けています。地中海での腕前と成功[21]

PhilopatorとArsinoëの息子であるPtolemyV Epiphanesは、彼が王位に就いたとき子供であり、一連の摂政が王国を運営していました。アンティオコス3世セレウコス朝マケドニアのフィリップVはプトレマイオス朝の財産を押収するためにコンパクトに作られました。フィリップは、いくつかの島々や場所を押収カリアトラキアながら、Paniumの戦い200紀元前では、転送コイレ・シリアのセレウコスコントロールに天動説から。この敗北の後、エジプトは地中海、ローマで台頭する勢力と同盟を結んだ。彼が成人期に達すると、エピファネスは暴君になり、紀元前180年に早期に亡くなりました。彼は幼い息子に引き継がれましたプトレマイオス6世哲学者

紀元前170年、アンティオコス4世エピファネスはエジプトに侵入し、フィロメトールを捕らえ、メンフィスに操り人形の王として据え付けました。 Philometorの弟(後のPtolemy VIII Physcon)は、アレクサンドリアのプトレマイオス宮廷によって王として設置されました。アンティオコスが撤退したとき、兄弟たちは姉妹のクレオパトラ2世と共同で統治することに同意しました。しかし、彼らはすぐに脱落し、2人の兄弟の間の喧嘩により、ローマは干渉し、エジプトでの影響力を着実に高めることができました。哲学者は最終的に王位を取り戻しました。紀元前145年、彼はアンティオキア戦いで殺されました

紀元前160年代から150年代にかけて、プトレマイオス6世は、ヌビア北部に対するプトレマイオス朝の支配を再び主張してきました。この成果は、多額の神殿で宣伝されてイシスフィラエの税収付与された、Dodecaschoenusの157 BC領域を。フィラエのイシス神殿の最初のパイロンの装飾は、ヌビア全体を支配するというプトレマイオスの主張を強調しています。マンドゥリスの司祭に関する前述の碑文は、一部のヌビア人指導者が少なくともこの時期にプトレマイオスの財務に敬意を表していたことを示しています。地域を確保するためには、strategos上エジプトのBoethusは、王室の夫婦に敬意を表して、PhilometrisとCleopatraという名前の2つの新しい都市を設立しました。[22] [23]

後のプトレマイオス朝

プトレマイオス6世の死後、プトレマイオス朝のメンバー間の一連の内戦と確執が始まり、1世紀以上続きました。 Philometorは、さらに別の幼児、彼の息子Ptolemy VII NeosPhilopatorに引き継がれました。しかし、フィスコンはすぐに戻って、若い甥を殺し、王位を奪い、プトレマイオス8世がすぐに残酷な暴君であることを証明しました。紀元前116年に亡くなると、彼は王国を離れ、妻のクレオパトラ3世と息子のプトレマイオス9世の哲学者ソター2世に委ねられました。若い王は紀元前107年に母親に追い出され、母親はオイエルゲテスの末息子プトレマイオス10世アレクサンダー1世と共同で統治しました。紀元前88年、プトレマイオス9世は再び王位に戻り、紀元前80年に亡くなるまで王位を維持しました。彼は後継者プトレマイオス11世アレクサンダー2世プトレマイオス10世の息子。彼は、いとこ、叔母、妻でもある継母を殺害した後、アレクサンドリアの暴徒にリンチされました。これらのひどい王朝の喧嘩はエジプトを非常に弱体化させたので、国はローマの事実上の保護領となり、今ではギリシャの世界のほとんどを吸収していました。

プトレマイオス11世は、プトレマイオス9世の息子、プトレマイオス12世ネオスディオニュソス(フルート奏者のオーレテスと呼ばれる)に引き継がれました今ではローマはエジプト問題の調停者であり、リビアキプロスの両方を併合しまし紀元前58年、オーレテスはアレクサンドリアの暴徒に追い出されましたが、ローマ人は3年後に彼を権力の座に戻しました。彼は紀元前51年に亡くなり、王国を彼の10歳の息子と17歳の娘、プトレマイオス13世テオスフィロペータークレオパトラ7世に任せました。彼らは夫と妻として共同で君臨しました。

最終年

クレオパトラVII

クレオパトラ7世のコイン、彼女の画像[24]

クレオパトラ7世は、父親のプトレマイオス12世ネオスディオニュソスの死後、17歳でエジプトの王位に就きました。彼女は39歳で亡くなったとき、紀元前51年から30年まで、さまざまな男性の共同摂政と共に女王「哲学者」とファラオとして君臨しました。

プトレマイオス朝の権力の終焉は、共和政ローマの支配の高まりと一致しました。次々と帝国がマセドニアとセレ​​ウコス朝に陥り、プトレマイオス朝は150年以上続いた協定であるローマ人と同盟を結ぶ以外に選択肢がありませんでした。プトレマイオス12世の時代までに、ローマはエジプトの政治と財政に多大な影響を及ぼし、ローマはプトレマイオス朝の守護者であると宣言しました。彼は、長女のトリファエナベレニケ4世が率いる反乱と短いクーデターの後、王位を取り戻し、確保するために、ローマ人に敬意を表して莫大な金額のエジプトの富と資源を支払いました。両方の娘は、オーレテスが王位を取り戻したために殺されました。暗殺によるトリファエナと処刑によるベレニス、クレオパトラ7世をプトレマイオス12世の最年長の生き残った子供として残しました。伝統的に、プトレマイオスの王室の兄弟は、王位に就く際に互いに結婚していました。これらの結婚は時々子供を産みました、そして他の時には政治力を強化するための儀式的な組合にすぎませんでした。プトレマイオス1世は、クレオパトラと彼女の兄弟プトレマイオス13世が彼の意志で共同で結婚し、統治することを望んでいることを表明しました。

プトレマイオスXII、クレオパトラVIIの父は、ハトホル、神殿で、エジプトの神々への供物を作るデンデラ、エジプト

父親の死後、クレオパトラ7世と弟のプトレマイオス13世が王位を継承し、結婚しました。しかし、彼らの結婚は名目上のものに過ぎず、彼らの関係はすぐに悪化しました。クレオパトラは、若い王にかなりの影響力を持っていたプトレマイオス13世の顧問によって権威と称号を剥奪されました。亡命に逃げたクレオパトラは、王位を取り戻すために軍隊を立ち上げようとしました。

ジュリアスシーザーは、迫り来る内戦を鎮めるために紀元前48年にローマを離れ、アレクサンドリアに向かいました。ローマで穀物やその他の高価な商品を最も多く供給していたエジプトでの戦争は、ローマとの貿易に悪影響を及ぼしたためです。ローマの労働者階級の市民。アレクサンドリアの宮殿に滞在中、彼は22歳のクレオパトラを受け取り、カーペットに包まれて秘密裏に運ばれたとされています。シーザーはクレオパトラの王位への主張を支持することに同意した。プトレマイオスXIIIと彼のアドバイザーはローマの援軍としてその後知られる反乱、戦うために着くことができるまで宮殿複雑で自分自身をバリケードシーザーとクレオパトラに対する王位に忠実なエジプト軍を回して、宮殿を逃れたアレクサンドリアの戦いプトレマイオス13世の軍隊は最終的にナイル海戦で敗北し、王は紛争で殺され、残りの軍隊と一緒に逃げようとしたときにナイル川で溺死したと伝えられています。

プトレマイオス朝の女王クレオパトラ7世とカエサリオン、デンデラ神殿、エジプトの救済

紀元前47年の夏、弟のプトレマイオス14世と結婚したクレオパトラは、ナイル川に沿って2か月の旅をするためにシーザーと一緒に乗り出しました。彼らは一緒に、クレオパトラがファラオとして崇拝されていたデンデラを訪れました。これは、シーザーの手の届かない名誉です。彼らは恋人になり、彼女は彼に息子のカエサリオンを産んだ紀元前45年、クレオパトラとカエサリオンはアレクサンドリアを離れてローマに向かい、カエサリオンが彼らに敬意を表して建てた宮殿に滞在しました。

紀元前44年、カエサルはローマで数人の上院議員によって殺害されました。彼の死により、ローマはマークアントニーオクタヴィアンの支持者の間で分裂しました。マーク・アントニーが勝ったように見えたとき、クレオパトラは彼を支持し、すぐ後に彼らも恋人になり、最終的にエジプトで結婚しました(アントニーはローマの女性と結婚していたため、彼らの結婚はローマ法によって認められませんでしたが)。彼らの組合は3人の子供を産んだ。双子のクレオパトラセレネアレクサンダーヘリオス、そしてもう一人の息子、プトレマイオスフィラデルフォス

マーク・アントニーとクレオパトラの同盟は、ローマをさらに怒らせました。ローマ人によって権力に飢えた魔女のブランドを付けられた彼女は、ローマの征服を促進するためにアントニーを誘惑したとして非難されました。紀元前34年の秋に行われたアレクサンドリア式典寄贈では、クレオパトラによってタルサスキュレネクレタキプロスユダヤがすべてアントニーの子供たちにクライアントの君主として与えられることになり、さらなる怒りが続きました。彼の意志で、アントニーは、オクタヴィアンがアントニーに対して使用した彼の死の際にローマに連れて行かれるのではなく、アレクサンドリアに埋葬されたいという彼の願望を表明し、ローマの大衆にさらに異議を唱えました。

左の画像:アルテス博物館のクレオパトラ7世の胸像、ベルリン古典古代コレクションローマのアートワーク、紀元前1世紀右:クレオパトラ7世の胸像、紀元前40〜30年、バチカン美術館、「メロン」の髪型とヘレニズムの王室の王冠を身に着けた彼女を示しています彼女の頭

オクタヴィアンはアントニーとクレオパトラに対する宣戦布告を迅速に行ったが、アントニーの世論は低かった。彼らの海軍はアクティウム会合し、そこでマーカス・ヴィプサニウス・アグリッパの軍隊がクレオパトラとアントニーの海軍を打ち負かしました。オクタヴィアンは、エジプトを属州と主張する前に1年待ちました。彼はアレクサンドリアに到着し、街の外にいるマーク・アントニーの残りの部隊を簡単に打ち負かしました。オクタヴィアンの手による特定の死に直面して、アントニーは彼自身の剣に落ちることによって自殺を試みました、しかし、短い間生き残り​​ました。彼は残りの兵士たちに連れられてクレオパトラに連れて行かれました。クレオパトラは彼女の霊廟に身を隠し、すぐに亡くなりました。

クレオパトラとその侍女たちは、オクタヴィアンの勝利でパレードされるためにローマに連れて行かれる(そしてその後処刑される可能性が高い)ことを知って、紀元前8月12日に自殺しました。伝説と数多くの古代のソースは、彼女がの毒かまの方法によって死亡したと主張しているASP彼女は毒を使用したこと、またはオクタヴィアンは、彼女の死、自分自身を注文したことを他の人の状態が、。

ジュリアスシーザーの息子であるシーザリオンは、母親の死後数週間で捕らえられ、処刑されるまでクレオパトラを名目上引き継いだ。アントニーによるクレオパトラの子供たちはオクタヴィアンによって免れ、彼の妹(そしてアントニーのローマの妻)オクタヴィアマイナーに与えられ、彼女の家庭で育てられました。当時の既知の歴史的文書では、クレオパトラとアントニーの息子についてはこれ以上言及されていませんが、娘のクレオパトラセレーネは、オクタヴィアンの手配により、ローマの多くのクライアント君主制の1つであるマウレタニア王室と結婚しました。クレオパトラセレネの子孫を通して、プトレマイオス朝の家系は何世紀にもわたってローマの貴族と結婚しました。

クレオパトラとカエサリオンの死により、プトレマイオス朝とファラオのエジプト全体が終わりを告げました。アレクサンドリアは国の首都のままでしたが、エジプト自体が属州になりました。オクタヴィアンはローマの唯一の支配者になり、それを君主制、ローマ帝国に変え始めました

ローマのルール

ローマの貴族の胸像、c。紀元前30年–西暦50年、54.51、ブルックリン美術館

ローマの統治下では、エジプトは元老院による干渉を防ぐために、上院の知事ではなく馬術階級の皇帝によって選ばれた知事によって統治されていました。エジプトに対するローマの主な関心は、常にローマ市への穀物の確実な配達でした。この目的のために、ローマ政府はプトレマイオスの政府システムに変更を加えませんでしたが、ローマ人は最高の役職でギリシャ人に取って代わりました。しかし、ギリシャ人はほとんどの管理事務所にスタッフを配置し続け、ギリシャ語は最高レベルを除いて政府の言語のままでした。ギリシャ人とは異なり、ローマ人はエジプトに多く定住しませんでした。文化、教育、市民生活は、ローマ時代を通してギリシャ人のままでした。プトレマイオス朝のように、ローマ人はエジプトの宗教と習慣を尊重し、保護しましたが、ローマ国家と皇帝のカルトは徐々に導入されました。[要出典]

文化

ヘレニスティックエジプトの犬とアスコスのワイン容器のプトレマイオスモザイク紀元前200〜150年、エジプト、アレクサンドリアのギリシャローマ博物館

プトレマイオス私は、おそらくからのアドバイスとディミートリアス・オブ・ファレラム、設立アレキサンドリアの図書館[25]都市の王室の部門に位置研究センターを。その学者は同じセクターに収容され、プトレマイオス朝の支配者によって資金提供されました。[25]司書長は、皇太子の家庭教師も務めた。[26]その存在の最初の150年の間、図書館はヘレニズムの世界中からトップのギリシャの学者を集めました。[26]それは古代の重要な学術的、文学的、科学的中心地でした。[27]

ギリシャ文化は、アレキサンダー大王がアレクサンドリアの街を設立するずっと前に、エジプトで長く、しかしマイナーな存在でした。それは、多くのファラオに勇気づけられたギリシャの入植者がナウクラティスの交易所を設立したときに始まりました。エジプトが外国の支配と衰退に陥ったとき、ファラオは傭兵そして顧問としてさえギリシャ人に依存しました。ペルシャ人がエジプトを乗っ取ったとき、ナウクラティスは重要なギリシャの港であり続け、入植者の人口は傭兵として使用されまし反政府勢力のエジプトの王子とペルシャの王の両方によって、後に彼らに土地の助成金を与え、ギリシャ文化をナイル川の谷に広めました。アレキサンダー大王が到着したとき、彼はラコルティスのペルシャの砦の場所にアレキサンドリアを設立しました。アレクサンダーの死後、支配はラギッド(プトレマイオス)王朝の手に渡った。彼らは帝国全体にギリシャの都市を建設し、多くの軍事紛争の退役軍人にエジプト全土に土地を与えました。ヘレニズム文明、アクティウムの海戦後にローマがエジプトを併合した後も繁栄し続けイスラムの征服まで衰退しませんでした

alt text 1
エジプトの神性として描かれたアルシノエ2世に帰属する頭
alt text 2
プトレマイオスの女王の大理石の頭
アルシノエ2世の2つの描写。左はより伝統的なエジプトのスタイルで、右はよりヘレニズムのスタイルです。

アート

プトレマイオス朝の芸術​​は、プトレマイオス朝の支配者の治世(紀元前304〜30年)に制作され、主にプトレマイオス朝の境界内に集中していました。[28] [29]当初、アートワークはエジプト風またはヘレニズム様式のいずれかで別々に存在していましたが、時間が経つにつれて、これらの特徴が組み合わされ始めました。エジプトの芸術スタイルの継続は、エジプトの習慣を維持するというプトレマイオス朝のコミットメントを証明しています。この戦略は彼らの規則を正当化するのを助けただけでなく、一般の人々をなだめました。[30]ギリシャ風の芸術もこの時期に作られ、より伝統的なエジプトの芸術と並行して存在しました。エジプトの芸術は、その本質的な、主に宗教的な機能を変えることなく大幅に変えることはできませんでした。[31]プトレマイオス王国内ではあるが、エジプト自体の外で発見された芸術は、以前に使用されていたようにエジプトの図像を使用することもあれば、それを適応させることもあった。[32] [33]

プトレマイオス1世の治世からの牛の耳を持つハトホルの頭を持つファイアンスのシストラム。[34]色は、伝統的なエジプトの色とプトレマイオス朝のファイアンスのより特徴的な色の中間です。[35]

たとえば、プトレマイオスの名前が刻まれたファイアンスのシストラムには​​、上部の巻物など、一見ギリシャの特徴がいくつかあります。しかし、新王国時代の第18王朝にまでさかのぼるほぼ同一のシストラムと柱の例はたくさんあります。したがって、それは純粋にエジプト風のスタイルです。王の名前とは別に、これを特にプトレマイオス朝時代にさかのぼる他の特徴があります。最も特徴的なのは、ファイアンスの色です。アップルグリーン、ディープブルー、ラベンダーブルーは、この時期に最も頻繁に使用された3色で、以前の王国の特徴的な青からのシフトです。[34]このシストラムは中間的な色合いであるように見え、プトレマイオス朝の始まりの日付と一致します。

プトレマイオス2世の治世中、アルシノエ2世は独立した女神として、または別の神聖な人物の擬人化として神格化され、エジプトとヘレニズムの両方の神(エジプトのイシスやギリシャのヘラなど)に関連して独自の聖域と祭りを与えられました)。[36]たとえば、アルシノエ2世に帰属する頭は、彼女をエジプトの女神として神格化した。しかし、プトレマイオスの女王の大理石の頭は、アルシノエ2世をヘラと称しました。[36]この時代の硬貨は、女神と神格化された王室の女性だけが身に着けている王冠を持つアルシノエ2世も示しています。[37]

プトレマイオス8世がホルスからsedのシンボルを受け取ったことを描いたコムオンボ神殿からの救済[38]

アルシノエ2世の小像が作成されましたc。紀元前150〜100年、彼女の死後、夫のプトレマイオス2世によって始められた彼女自身の特定の死後のカルトの一部として。この図はまた、ギリシャとエジプトの芸術の融合を例示しています。背柱と女神の歩き回るポーズは独特のエジプト人ですが、彼女が持っている宝庫と髪型はどちらもギリシャ風です。丸みを帯びた目、目立つ唇、そして全体的に若々しい特徴は、ギリシャの影響も示しています。[39]

コム・オンボ神殿はPtolemiesで180から47紀元前に上エジプトで構成され、ローマ人によって修正します。これは、2つの別々の神に捧げられた2組の構造を持つ二重寺院です。

プトレマイオス朝中期にギリシャとエジプトの要素が統一されたにもかかわらず、プトレマイオス王国は、第30王朝からのエジプト美術の伝統に基づいた発展の継続として、著名な寺院の建設も特徴としていました[40] [41]そのような行動は、支配者の社会的および政治的資本を拡大し、エジプトの神々に対する彼らの忠誠を示し、地元の人々を満足させた。[42]資源はしばしば外国の勢力によって提供されたが、寺院は非常に新しい王国後期エジプトの様式のままであった。[40]寺院は、パイロン、オープンコート、多柱式のホールを保持する基本的な計画を持つ宇宙世界のモデルでした、そして暗くて中央に位置する聖域。[40]しかしながら、列とレリーフにテキストを提示する方法は、プトレマイオス朝の間に形式的で厳格になりました。シーンはしばしばテキストの碑文で囲まれ、新王国時代に以前に見られたよりもテキストと画像の比率が高くなっています[40]たとえば、コム・オンボ神殿のレリーフは、縦に2列のテキストで他のシーンから分離されています。シーンの人物像は滑らかで丸みを帯びており、高浮き彫りであり、そのスタイルは第30王朝を通して続いています。浮き彫りは、プトレマイオスの王とエジプトの神々との間の相互作用を表しており、エジプトでの彼らの支配を正当化しました。[38]

プトレマイオスの芸術では、前王朝の芸術に見られたイデオロギーが、いくつかの変更を加えて継続しています。女性はより若々しく描かれ、男性は理想的なものから現実的なものまでの範囲で描かれ始めます。[18] [25]現実的な描写の例は、ベルリングリーンヘッドです。これは、鼻梁の上の垂直線、目の角、および鼻と口の間の線で、非理想的な顔の特徴を示しています。[26]ギリシャ美術の影響は、以前はエジプト美術には存在しなかった顔と、エジプトの設定へのギリシャの要素の組み込みに重点を置いて示されました:個性的な髪型、楕円形の顔、「丸くて深く設定された」目、そして鼻に近い小さな、押し込まれた口。[27]プトレマイオス朝の初期の肖像画は、支配者の神性と豊富さの一般的な概念に関連して大きくて輝く目を特徴としていました。[43]

神の王冠を身に着けているアルシノエ2世の顔を持つ金貨

宗教

ときプトレマイオス1世は自らエジプトの王作られた、彼は新しい神、作成セラピスをギリシア人とエジプト人の両方からガーナーのサポートに、。セラピスはプトレマイオスエジプトの守護神であり、エジプトの神アピスとオシリスをギリシャの神ゼウス、ハデス、アスクレピオス、ディオニュソス、ヘリオスと組み合わせました。彼は出産、太陽、葬儀、そして薬に対して力を持っていました。彼の成長と人気はプトレマイオス国家による意図的な政策を反映しており、王朝が彼らの支配を正当化し、彼らの支配を強化するためにエジプトの宗教を使用したことの特徴でした。

セラピスの崇拝には、ファラオの新しいプトレマイオス朝の崇拝が含まれていました。新しく設立されたアレクサンドリアのヘレニズムの首都は、卓越した宗教都市としてメンフィスに取って代わりました。プトレマイオス1世はまた、プトレマイオス王国の国家神となった神格化されたアレクサンダーのカルトを推進しました。多くの支配者はまた、エジプトの寺院でのお祝いを含む、個性の個々のカルトを促進しました。

君主制は堅固なヘレニズムのままだったので、そうでなければエジプトの信仰の伝統を採用したにもかかわらず、この期間の宗教は非常にシンクレティズムでした。プトレマイオス2世の妻アルシノエ2世は、ギリシャの女神アフロディーテの形で描かれることがよくありましたが、ラムの角、ダチョウの羽、その他の伝統的なエジプトの王族や神格化の指標とともに、下エジプトの王冠を身に着けていました。彼女はレリーフの宗教的な部分にのみハゲタカの頭飾りをかぶっていました。プトレマイオス朝の最後の行であるクレオパトラ7世は、しばしば女神イシスの特徴で描かれました。彼女は通常、頭飾りとして小さな玉座を持っているか、2つの角の間にあるより伝統的な太陽の円盤を持っていました。[44] ギリシャの好みを反映して、プトレマイオス朝時代には伝統的な供物のテーブルがレリーフから姿を消しましたが、ヘレニズムの伝統に従って男性の神々をより人間らしいものにするために、男性の神々はもはや尾で描かれていませんでした。

プトレマイオス(彼によって特定のブロンズ寓話グループ王冠敵を克服する)、中ヘレニズムスタイルCA早い紀元前2世紀(ウォルターズ美術館

それにもかかわらず、プトレマイオス朝は一般的にエジプトの宗教を支持し続け、それは常に彼らの正当性の鍵であり続けました。エジプトの司祭や他の宗教当局は、多かれ少なかれ彼らの歴史的な特権的地位を維持しながら、王室の後援と支援を享受しました。寺院は、社会的、経済的、文化的生活の中心であり続けました。王朝の最初の3つの治世は、前の王朝から残されたプロジェクトの完了を含む、厳格な寺院の建設によって特徴づけられました。多くの古いまたは無視された構造が復元または強化されました。[45]プトレマイオス朝は、一般的に伝統的な建築様式とモチーフに固執していました。多くの点で、エジプトの宗教は繁栄しました:寺院は伝統的なエジプトのスタイルで学習と文学の中心になりました。[45]イシスとホルスの崇拝は、動物のミイラを提供する慣行と同様に、より人気がありました。

メンフィスはもはや権力の中心ではありませんでしたが、アレクサンドリアに次ぐ2番目の都市となり、かなりの影響力を享受しました。古代エジプトの創造神であるプタハ大司祭は、神権の間で、そしてプトレマイオス朝の王たちとさえもかなりの影響力を持っていました。街のネクロポリスであるサッカラは、国民の神話に統合されたアピスブルの主要な崇拝の中心地でした。プトレマイオス朝はまた、トートのカルトの中心地であるヘルモポリスに注目を集め、彼に敬意を表してヘレニズム様式の寺院を建設しました。テベスは引き続き主要な宗教の中心地であり、強力な神権の本拠地でした。それはまた王室の発展、すなわちオシリスとコンスに捧げられたカルナック神殿の発展を楽しんだ街の寺院やコミュニティは繁栄し、新しいプトレマイオス様式の墓地が建設されました。[45]

プトレマイオス朝の間に現れる一般的な石碑は、個人を保護する目的で生産された宗教的な物体の一種であるcippusです。これらの魔法の石碑は、石灰岩、緑泥石片岩、メタグレイワッケなどのさまざまな材料でできており、健康と安全の問題に関連していました。プトレマイオス朝時代のチッピは、一般的にエジプトの神ホルスの子形であるホルパケルドを特徴としていました。この描写は(またとして知られている魔法の力でKhemmisの沼地に危険な動物の上にtriumphingホルスの神話を指しアフミーム)。[46] [47]

社会

Saft elHennaのプトレマイオス朝の発掘調査で見つかった特徴的なインドのエッチングされたカーネリアンビーズこれは、インドとの貿易関係のマーカーですペトリー博物館

プトレマイオス王国は、階級と言語の両方の点で高度に階層化されていました。プトレマイオス朝は、これまでのどの外国の支配者よりも、エジプトの宗教、伝統、政治構造を利用して自分たちの権力と富を増やし、エジプトの社会秩序の多くの側面を保持または採用しました。

以前のように、農民の農民は人口の大多数のままでしたが、農地と農産物は、土地を所有していた州、寺院、または高貴な家族によって直接所有されていました。マケドニア人と他のギリシャ人は今や新しい上流階級を形成し、古い先住民の貴族に取って代わった。プトレマイオス朝と上陸した紳士の利益のためにエジプトの莫大な富を管理し、引き出すために、複雑な州の官僚機構が設立されました。

ギリシャ人は事実上すべての政治的および経済的権力を保持していましたが、ネイティブのエジプト人は一般的に下層階級のみを占めていました。時が経つにつれて、ギリシャ語を話すエジプト人はさらに前進することができ、「ギリシャ語」と特定された多くの個人はエジプト人の子孫でした。最終的に、バイリンガルおよびバイカルチュラルな社会階級がプトレマイオス王国に出現しました。[48] Ptolemies'が自分のルールを正当と住民をなだめるためにエジプトの信仰に頼っていたとして司祭やその他の宗教関係者は、圧倒的にエジプトの推移、および王室の愛顧と社会的威信を楽しむために続けました。

エジプトは繁栄した王国でしたが、プトレマイオス朝は宗教的建造物や公共事業を通じて後援を惜しみませんでしたが、先住民はほとんど恩恵を受けていませんでした。富と権力は圧倒的にギリシャ人の手に委ねられていました。その後、特に紀元前3世紀初頭までに、蜂起と社会不安が頻繁に発生しました。エジプトのナショナリズムは、プトレマイオス4世の哲学者(紀元前221〜205年)の治世でピークに達しました。このとき、自称「ファラオ」の継承が1つの地区を支配しました。これは19年後、プトレマイオス5世エピファネス(紀元前205〜181年)が彼らを鎮圧することに成功したときにのみ削減されましたが、根底にある不満は消えることはなく、暴動は王朝の後半に再び噴火しました。

Ptolemaic bronze coin from Ptolemy V
プトレマイオス5世の治世中に鋳造された大きなプトレマイオス朝の青銅貨の例。

コイン

プトレマイオス王国は、金、銀、青銅で一連の硬貨を生産しました。すべての3つの金属、最も顕著な金で大きな硬貨のこれらの含ま問題ペンタdrachmoctadrachm、および銀テトラドラクマdecadrachmpentakaidecadrachm[要出典]

ミリタリー

プトレマイオス王国の軍隊は、王国の膨大な資源と変化する状況に適応する能力の恩恵を受けて、ヘレニズム時代の最高の軍隊の1つであったと考えられています。[49]プトレマイオス軍は当初、主に競合するディアドコイの主張者やセレウコス朝のようなライバルのヘレニズム国家に対して防御的な目的を果たしたプトレマイオス3世の治世(紀元前246年から222年)までに、その役割はより帝国主義的であり、プトレマイオス朝の支配またはキレナイカ、コイレシリアへの影響力を拡大するのに役立ちまし、キプロス、アナトリア、トラキア南部、エーゲ海諸島、クレタ島の都市。軍は、エジプトを保護するという主要な機能を継続しながら、これらの領土を拡大して確保しました。その主な駐屯地は、アレクサンドリア、デルタのペルシウム、上エジプトのエレファンティネにありました。プトレマイオス朝はまた、しばしば彼らの存在のおかげで、エジプトに対する彼らの支配を主張し維持するために軍隊に依存していました。兵士は近衛兵のいくつかの部隊に仕え、蜂起と王朝の皇位簒に対して動員されました。どちらもますます一般的になりました。マチモイ(低位の在来兵士)などの軍隊のメンバーは、役人の警備員として、あるいは徴税の執行を支援するために採用されることがありました。[50]

陸軍

チュニックのヘレニズムの兵士、紀元前100年、パレストリーナのナイル川のモザイクの詳細

プトレマイオス朝は、その治世中、プロの兵士(傭兵を含む)と新兵の両方で構成される常備軍を維持していました。当初から、プトレマイオス軍はかなりの機知と適応性を示しました。プトレマイオス1世は、エジプトを支配するための戦いにおいて、輸入されたギリシャ軍、傭兵、先住民のエジプト人、さらには捕虜の組み合わせに依存していました。[49]軍隊はその多様性によって特徴づけられ、その軍隊の出身国またはパトリスの記録を維持していた[51]エジプト自体に加えて、兵士はマケドニア、キレナイカ(現代のリビア)、ギリシャ本土、エーゲ海、小アジア、トラキアから徴兵された。海外領土はしばしば地元の兵士が駐屯していた。[52]

紀元前2世紀から1世紀までに、戦争と拡大の増加は、ギリシャの移民の減少と相まって、先住民のエジプト人への依存度を高めました。しかし、ギリシャ人は王室の警備員、将校、将軍の上位を保持していました。[49]在来軍は創設当初から軍隊に所属していたが、不忠と地元の反乱を支援する傾向があるという評判のために、見下され、不信感を抱くことがあった。[53]しかしながら、彼らは戦闘機としてよく見なされており、紀元前3世紀初頭のプトレマイオス5世の改革以降、将校や騎兵としてより頻繁に登場しました。[54]エジプトの兵士はまた、平均的な先住民よりも高い社会経済的地位を享受していた。[55]

信頼できる忠実な兵士を獲得するために、プトレマイオス朝は彼らの十分な財源とエジプトの富に対する歴史的な評判さえも活用するいくつかの戦略を開発しました。王室のプロパガンダは、詩人テオクリトスによって一列に証明される可能性があります。「プトレマイオスは自由人が持つことができる最高の給料主人です」。[49]傭兵は現金と穀物の配給の給料(ミスト)を支払われた。紀元前3世紀の歩兵は、毎日約1つの銀のドラクマを獲得しました。これにより、地中海東岸全域から新入社員が集まり、misthophoroi xenoiと呼ばれることもありました。文字通り「外国人は給料で支払われました」。紀元前2世紀と1世紀までに、misthophoroi主にエジプト国内で、特にエジプト人の間で採用されました。兵士にはクレロイと呼ばれる土地の助成金も与えられました。クレロイのサイズは、軍の階級や部隊、スタットモイ、または地元の住民の家にあることもある住居によって異なります。これらの助成金を通じてエジプトに定住した男性は、クレルキアとして知られていました。少なくとも紀元前230年頃から、これらの土地の助成金は、エジプトの伝統的な土地の割り当てに匹敵するより少ないロットを受け取った、通常はエジプト起源の下位の歩兵であるマチモイ提供されました。[49] クレロイの助成金は広範囲に及ぶ可能性があります:騎兵は少なくとも70のアロウラを受け取ることができます土地の約178,920平方メートルに相当し、100アロウラもあります。歩兵は30または25のオーロラを期待でき、マチモイは少なくとも5つのオーロラを期待できます。これは、1つの家族にとって十分と考えられます。[56]プトレマイオス朝の下での兵役の儲かる性質は、忠誠を確保するのに効果的であるように見えた。反乱や反乱はほとんど記録されておらず、反抗的な軍隊でさえ、土地の助成金やその他のインセンティブで埋め尽くされます。[57]

他のヘレニズム国家と同様に、プトレマイオス軍はマケドニアの教義と組織を継承しましたが、時間の経過とともに多少の変化はありました。[58]軍の中核は騎兵と歩兵で構成されていた。アレクサンダーの下でのように、騎兵隊は数値的にも戦術的にもより大きな役割を果たしましたが、マケドニアのファランクスは主要な歩兵の編成として機能しました。プトレマイオス軍の多民族性は公式の組織原則でした。兵士は明らかに彼らの出身国に基づいて訓練され利用されました。クリティ島は一般的に射手、リビア人は重歩兵、トラキア人は騎兵として活躍しました。[49]同様に、ユニットは民族性に基づいてグループ化され、装備されました。それにもかかわらず、さまざまな国籍が一緒に戦うように訓練され、ほとんどの将校はギリシャまたはマケドニア出身であり、ある程度の結束と調整が可能でした。軍のリーダーシップと王と女王の姿は、多民族軍の団結と士気を確保するための中心でした。ラファイ戦いでは、プトレマイオスの存在は、ギリシャとエジプトの兵士の両方の戦闘精神を維持し、後押しする上で重要であったと伝えられています。[49]

ネイビー

プトレマイオス王国は、東地中海の主要な海軍大国と見なされていました。[59]いくつかの現代の歴史家は、この期間中にエジプトを特徴付けるthalassocracy「前例のない方法で及ぼしの力と影響力」にその支配者を許され、「地中海の海のパワーの伝統的なスタイル」の革新性のために、。[60]キプロスクレタ島エーゲ海の島々、トラキアなど、地中海東部に領土と領土が広がっているため、プトレマイオスセレウコス朝マケドニア人などの敵から身を守るために大きな海軍を必要としていまし[61]エジプト海軍はまた、王国の儲かる海上貿易を保護し、ナイル川沿いを含む海賊対策に従事しました。[62]

陸軍と同様に、エジプト海軍の起源と伝統は、紀元前320年にアレキサンダーが死んだ後の戦争に根ざしています。さまざまなディアドコイがエーゲ海と地中海東部をめぐって海軍の覇権を争い[63]プトレマイオス1世はエジプトを守り、侵入するライバルに対する彼の支配を強化するために海軍設立しました。[64]彼と彼のすぐ後継者たちは、ギリシャやアジアに土地帝国を築くのではなく、海外に権力を投影するために海軍を開発することに目を向けた[65]で初期の惨敗にもかかわらずサラミスの海戦306 BCで、プトレマイオス海軍が支配的になった海上力次の数十年の間、エーゲ海と東地中海で。プトレマイオス2世は、エジプトをこの地域で卓越した海軍力にするという父親の方針を維持しました。彼の治世(紀元前283年から246年)の間に、エジプト海軍はヘレニズム世界で最大になり、古代に建造された史上最大の軍艦のいくつかを持っていまし[66]ネイビー中プトレマイオスIIの勝利以下の高さに達した最初のシリア戦争セレウコスと東地中海とエーゲのマケドニア制御の両方を反発に成功し、(274から271 BC)。[67]その後のクレモニデス戦争中、エジプト海軍は封鎖に成功した。マケドニアとギリシャ本土への帝国の野心が含まれています。[68]

始まる第二のシリア戦(260から253 BC) 海軍はエジプトの海外所有物の損失とその海洋覇権の浸食と一致している、敗北のシリーズを被ったと軍事重要性が減少しました。海軍は、ローマが地中海の主要国として台頭する中、プトレマイオス海軍の覇権を取り戻そうとしたクレオパトラ7世の下で部分的に復活するまで、次の2世紀の間、主に保護と海賊対策の役割に追いやられました。[69]エジプト海軍は、共和政ローマの最後の戦争にアクティウムの決定的な戦いに参加したが、再び敗北を喫し、プトレマイオスの支配の終焉を迎えた。

プトレマイオス2世の頂点には、336隻もの軍艦があった可能性があり[70]、プトレマイオス2世は4,000隻以上の船(輸送船と同盟船を含む)を自由に使えると報告されています。[70]この規模の艦隊を維持することは費用がかかり、王国の莫大な富と資源を反映していたであろう。[70]主な海軍基地はキプロスのアレクサンドリアネアパフォスにあっ。海軍は、地中海東部、エーゲ海レバンティン海、そしてナイル川沿って、紅海からインド洋に向かってパトロールしました。[71]したがって、海軍は4つの艦隊に分けられた:アレクサンドリア、[72]エーゲ海、[73]紅海、[74]そしてナイル川。[75]

都市

プトレマイオス王国の詳細な地図。
木のアップリケのための王のエジプトファイアンスの胴体

プトレマイオス朝はエジプトを統治している間新しい征服された人々をヘレニズム化するか、地域を強化するために、帝国全体に多くのギリシャ人の入植地を建設しましたエジプトは唯一の三つの主要なギリシャcities-たアレクサンドリアナウクラティス、およびPtolemaisを

ナウクラティス

ギリシャの3つの都市のうち、ナウクラティスはアレクサンドリアの設立により商業的重要性が低下しましたが、ギリシャの都市国家としての生活を静かに続けました。アレクサンダーの死とプトレマイオスの王のスタイルの仮定の間の間に、それは自律的な硬貨さえ発行しました。そして、ナウクラティスの市民であったプトレマイオスとローマ時代のギリシャの手紙の男性の数は、ギリシャ文化の分野でナウクラティスがその伝統を守っていたことを証明しています。プトレマイオス2世は、ナウクラティスに世話をしました。彼は、長さ約100メートル(330フィート)、幅18メートル(59フィート)の石灰岩の大きな構造物を作り、大きなテメノスへの壊れた入り口を埋めました。彼はテメノスの部屋の大きなブロックを強化し、それらを再構築しました。サーがフリンダース・ペトリーは、引用されたばかりの言葉を書いた[要出典]偉大なテメノスはヘレニオンと同一視された。しかし、エドガー氏は最近、それに関連する建物はギリシャの建物ではなく、エジプトの寺院であると指摘しました。[要出典]したがって、ナウクラティスは、その一般的なギリシャの性格にもかかわらず、エジプトの要素を持っていました。プトレマイオス時代に都市が繁栄したことは、「輸入されたアンフォラの量からわかるかもしれませんが、ロードスや他の場所で刻印された柄が非常に豊富にあります」。ゼノパピルスは、メンフィスからアレクサンドリアへの内陸航海の主要な寄港地であり、ペルシウムから首都への陸路の停留所でもあったことを示しています。それは、行政システムにおいて、サイテの名に付けられました。

アレクサンドリア

アレキサンダー大王、紀元前356〜323年ブルックリン美術館

古代および今日でも、エジプトの主要な地中海の港であるアレクサンドリアは、紀元前331年にアレキサンダー大王によって設立されました。プルタルコスによれば、アレクサンドリア人は、アレキサンダー大王が都市を建設する動機は、「彼の名を冠すべき大きくて人口の多いギリシャの都市を見つけたい」という彼の願いであると信じていました。ナイル川の最西端の河口から西に30km(19マイル)の場所にあるこの都市は、川沿いの港をしつこく詰まらせていた沈泥の堆積物の影響を受けませんでした。アレクサンドリアはプトレマイオス1世のヘレニズム化されたエジプトの首都になりました(紀元前323年から283年に君臨)。裕福なプトレマイオス朝の下で、都市はすぐにギリシャの世界の文化の中心地としてアテネを超えました

アレクサンドリアは格子状に配置され、北の海と南のマイオレット湖の間の広大な土地を占めていました。4分の3マイル以上の長さの人工の土手道が北に伸びて保護されているファロス島に達し、東と西に二重の港を形成しました。東にはグレートハーバーと呼ばれる主要な港がありました。王宮や有名な図書館と博物館など、市内の主要な建物に面していました。グレートハーバーの河口、ファロスの露頭に、cを建て灯台が立っていました紀元前280年。今や消えた灯台は、世界の七不思議の1つと見なされていましたその卓越した高さ(おそらく140メートルまたは460フィート)のために; それは正方形の有窓の塔で、その上に金属製の火かごと救世主ゼウス像が置かれていました。

当時世界最大図書館は、数十万冊の蔵書があり、学者や詩人を収容し、雇用していました。同様の学術施設は博物館(ムセイオン、「ミューズの殿堂」)でした。アレクサンドリアの短い文学の黄金期の間に、c。紀元前280〜240年、図書館は3人の詩人、カリマコスロードスのアポロニウステオクリトスに助成金を支給しました。彼らの作品は現在、最高のヘレニズム文学を表しています。図書館や他のアレクサンドリアの後援に関連する他の思想家の中には、数学者ユークリッド(紀元前300年頃)、発明家アルキメデス(紀元前287年〜紀元前212年頃)、博学者エラトステネス(紀元前225年頃)がありました。[76]

コスモポリタンで繁栄しているアレクサンドリアは、ギリシャ人、エジプト人、その他の東洋人のさまざまな人口を抱えていました。その中には、独自の都市地区を持っていたかなりの少数のユダヤ人も含まれていました。ユダヤ人とギリシャ人の間で定期的な紛争が発生しましたストラボンによると、アレクサンドリアはポリュビオスの生涯の間に地元のエジプト人、外国の傭兵、そしてポリュビオスがギリシャ人であると特定した起源と習慣を持つアレクサンドリアの部族が住んでいました。

市はプトレマイオス朝の下で穏やかな政治史を楽しんだ。紀元前30年にエジプトの他の地域とともにローマの手に渡り、ローマ帝国の2番目の都市になりました。

プトレマイオス朝のエジプトを示す、パレストリーナナイル川モザイクの詳細c。紀元前100年

プトレマイス

エジプトの征服した後に設立された第二のギリシャの都市でしたPtolemais 400マイル(640キロ)まで、ナイル川の古代エジプトの都市の後に呼び出さノームでPsoïと呼ばれるネイティブの村があった、Thinisをアレクサンドリアが偉大なアレキサンダーの名前とカルトを永続させた場合、プトレマイスはプトレマイオス時代の創設者の名前とカルトを永続させることになっていました。ナイル渓谷の不毛の丘とエジプトの空に囲まれたここにギリシャの都市が生まれ、公共の建物、寺院、劇場があり、ギリシャ文化に関連する通常の建築形態を示していることは間違いありません。、血の中に市民体ギリシャ人、そしてギリシャの都市の制度があります。アレクサンドリアが評議会と議会を所有していたかどうか疑わしい場合は、プトレマイスに関しては何もありません。王たちは、裁判所の通常の住居からその距離で離れた人々に自治の手段を許可することがより可能でした。私たちはまだ石に刻まれており、プトレマイスの人々の集会で可決された法令がギリシャの政治的伝統の通常の形で表現されています。提案者だった:8年目にムサエウスの息子ディオニュシウスと同僚だったプリタネイなど。

人口統計

プトレマイオスのスレオフォロスの兵士を示す、紀元前2世紀のディオスコウリデスの石碑。これは、プトレマイオス軍の「ローマ化」の特徴的な例です

プトレマイオス王国は多様で国際的でした。プトレマイオス1世の下で始まり、マケドニア人と他のギリシャ人は土地の許可を与えられ、家族と一緒に定住することを許可され、何万人ものギリシャの傭兵と兵士が上陸した王室の兵士になる場所に移住することを奨励しました。[77]ギリシャ人はすぐに支配的なエリートになった。ネイティブのエジプト人は、常に過半数ではありますが、一般的にプトレマイオス政府の下位のポストを占めていました。時が経つにつれて、エジプトのギリシャ人は幾分均質化され、ギリシャの異なる地域からの移民の間の文化的区別は曖昧になりました。[78]

多くのユダヤ人、有名な戦闘機であるために数千人によって近隣のユダヤから輸入され、重要なコミュニティを確立しました。他の外国のグループは、通常、兵役と引き換えに土地を与えられたクレルキアとして、古代世界全体から定住しました

エジプトに定住するようになった多くの外国のグループの中で、ギリシャ人は最も特権的でした。彼らは部分的に割り当て保有者として国中に広がり、田舎の町や村で、先住民と並んで社会的グループを形成し、紀元前600年以前に設立されたギリシャの3つの都市である古いナウクラティス部分的に集まった(アッシリア人の追放後とペルシャの到来前にエジプトの独立性)の間隔、2つの新しい都市、アレクサンドリア海によって、およびPtolemais上エジプトインチアレクサンダーと彼のセレウコス朝の後継者たちは、彼らの領土のいたるところに多くのギリシャの都市を設立しました。

ギリシャの文化は都市国家の生活と非常に密接に結びついていたので、ヘレニズムの真のチャンピオンとして世界に自分自身を提示したい王はこの方向に何かをしなければなりませんでしたが、エジプトの王はヘレニズムは、共和国の伝統と独立への願望を持ったギリシャの都市、官僚的な中央集権化にそれ自体を貸した国の不便な要素を見つけるでしょう。したがって、プトレマイオス朝は、エジプトのギリシャの都市国家の数をアレクサンドリア、プトレマイオス、ナウクラティスに限定しました。

エジプト国外では、プトレマイオス朝はキレナイカ、キプロス、エーゲ海の海岸や島々のギリシャの都市を支配していましたが、ギリシャのポリスよりも小さかったです。エジプトで。確かに、プトレマイス、アルシノエ、ベレニスなどの名前の田舎町があり、ギリシャのコミュニティは特定の社会生活を持って存在し、古いエジプトの町の多くには同様のギリシャ人のグループがありましたが、それらは政治的形態のコミュニティではありませんでした都市国家の。しかし、彼らが政治集会の場を持っていなかった場合、彼らはしばしば彼ら自身の体育館を持っていました。それはヘレニズムの本質的なしるしであり、若い男性のための大学の目的の何かを提供しました。オムビのナイル川のはるか上で、地元のギリシャ人の体育館が紀元前136〜135年に発見され、決議を通過して国王と連絡を取りました。また、紀元前123年、上エジプトでクロコディロポリスとヘルモンティスの町の間で問題が発生したとき、クロコディロポリスから送られた交渉者は体育館に所属する若い男性でした。他の町の交渉人と一緒にパンと塩を食べました。ギリシャ語世界のすべてのギリシャ語方言は、ヘレニズム世界の共通言語であるコイネーギリシャ語方言に徐々に同化するようになりました。一般的に、プトレマイオス王国のギリシャ人は、より高い文明の代表者のように感じましたが、エジプトの先住民文化に興味を持っていました。

プトレマイオス朝の男性の胸像、紀元前300〜250年頃、アルテス博物館

ユダヤ人

エジプトに住んでいたユダヤ人は、もともと南レバントから移住していた。ユダヤ人は当時エジプトの支配的な言語であったギリシャ語を吸収し、それをヘブライ語と激しく混ぜ合わせました[79]セプトゥアギンタ、ユダヤ教の経典のギリシャ語の翻訳は、登場し、要求されたとプトレマイオスIIのためにギリシャ語にユダヤ人の神聖なテキストを翻訳する作業を受け入れるように喜んでいた70人のユダヤ人の翻訳者によって書かれました。[80]それは、居住可能な地球のすべての本を収集することを望んでいるプトレマイオスがデメトリオス・ファレレウスを適用したと書いている歴史家フラウィウス・ヨセフスによって確認されています彼の図書館のためにユダヤ人の律法の本を翻訳するためにユダヤ人の大祭司との努力を組織する仕事に。[81]したがって、ヨセフスは、デメトリウスとプトレマイオス2世が住んでいた、紀元前3世紀にセプトゥアギンタの起源を示しています。あるユダヤ人の伝説によると、70人は記憶とは独立して翻訳を書き、結果として得られた作品はすべての文字で同一でした。しかし、ヨセフスは、彼らが翻訳について議論し、72日で作業を終えたと述べています。ヨセフスは、この有名な出来事の説明に捧げられている彼のユダヤ古代誌第12章、第2章で、その任務を遂行するために選ばれたイスラエルの部族の70人の長老たちの精巧な準備と堂々とした扱いについて詳しく説明しています。[82]

アラブ人

1990年に、プトレマイオス2世フィラデルフスの時代からカウノスのゼノによって書かれた2,000以上のパピルスが発見されました。これには、ナイル川紅海の間の地域のアラブ人への言及が少なくとも19あり、警察官としての職務について言及されていました。 「10人単位」の、そして他の何人かは羊飼いとして言及されました。[83]プトレマイオス王国のアラブ人は、侵略中に一部のプトレマイオス指導者の軍隊にラクダの護送船団を提供したが、エジプトやシリアのどの王国にも忠誠を誓わず、プトレマイオス王国とその敵。[84] [85]

農業

初期のプトレマイオス朝は、灌漑と埋め立てによって耕作可能な土地を増やしましたプトレマイオス朝はファイユームの沼地を排水して、耕作可能な土地の新しい州を作りました。[86]彼らはまた、デュラム小麦などの作物を導入し、羊毛などの商品の生産を強化した。プトレマイオス朝時代、新しいギリシャの支配階級が伝統的にエジプトで生産されたビールよりもワインを大いに好んだため、ワインの生産は劇的に増加しました。ギリシャワインを生産するために、クレタ島のような地域のブドウの木がエジプトに植えられました。[87]

プトレマイオス朝の支配者のリスト

も参照してください

メモ

  1. ^ 学者たちはまた、カレンダーの使用法が異なるため、王国は紀元前304年に設立されたと主張しています。プトレマイオスは紀元前304年に古代エジプト暦で、紀元前305年に古代マケドニア暦で戴冠しましたこの問題を解決するために、305/4年はデモティック パピルスのプトレマイオス王国の最初の年として数えられました

参考文献

  1. ^ Buraselis、StefanouおよびThompson編; プトレマイオス朝、海、ナイル朝:水上力の研究。、(ケンブリッジ大学出版局、2013年)、10。
  2. ^ ヘレニズム時代とローマ時代の北アフリカ、紀元前323年から西暦305年、RCC法、アフリカのケンブリッジの歴史、Vol。2版 JD Fage、Roland Anthony Oliver、(ケンブリッジ大学出版局、1979年)、154。
  3. ^ スティーブンスネイプ(2019年3月16日)。「古代エジプトの人口を推定する」2021年1月5日取得
  4. ^ Diodorus Siculus Bibliotheca historica、18.21.9
  5. ^ Nardo、Don(2009-03-13)。古代ギリシャGreenhaven PublishingLLC。NS。162. ISBN 978-0-7377-4624-2
  6. ^ a b c d 「古代エジプト–マケドニアおよびプトレマイオス朝のエジプト(紀元前332年から30年)」ブリタニカ百科事典202068日取得
  7. ^ ロビンズ、ゲイ(2008)。古代エジプト美術(改訂版)。アメリカ合衆国:ハーバード大学出版局。NS。10. ISBN 978-0-674-03065-7
  8. ^ Hölbl、Günther(2001)。プトレマイオス帝国の歴史英国、米国、カナダ:ラウトレッジ。NS。22. ISBN 978-0-415-23489-4
  9. ^ Bagnall、古代世界研究所の所長Roger S.(2004)。アレクサンダーから初期クリスチャンへのエジプト:考古学と歴史のガイドゲッティ出版物。pp。11–21。ISBN 978-0-89236-796-2
  10. ^ ルイス、ナフタリ(1986)。プトレマイオスエジプトのギリシャ人:ヘレニズム世界の社会史における事例研究オックスフォード:クラレンドンプレス。頁5. ISBN 0-19-814867-4 
  11. ^ 古代オリエント美術科。 「アケメネス朝のペルシャ帝国(紀元前550〜330年)」。芸術史のハイルブルンタイムライン。ニューヨーク:メトロポリタン美術館、2000年–。 http://www.metmuseum.org/toah/hd/acha/hd_acha.htm(2004年10月)出典:アケメネス朝ペルシャ帝国(紀元前550〜330年)|テーマ別エッセイ|美術史のハイルブルンタイムライン|メトロポリタン美術館
  12. ^ ヘミングウェイ、コレット、およびセアンヘミングウェイ。「マケドニアの台頭とアレキサンダー大王の征服」。芸術史のハイルブルンタイムライン。ニューヨーク:メトロポリタン美術館、2000年–。http://www.metmuseum.org/toah/hd/alex/hd_alex.htm(2004年10月)出典:マケドニアの台頭とアレキサンダー大王の征服| テーマ別エッセイ| 美術史のハイルブルンタイムライン| メトロポリタン美術館
  13. ^ Goyette、M。(2010)。プトレマイオス2世フィラデルフスと政治的権威の恐竜モデル。Journal of Ancient Egyptian Interconnections、2(1)、1-13。https://egyptianexpedition.org/articles/ptolemy-ii-philadelphus-and-the-dionysiac-model-of-political-authority/
  14. ^ ワッソン、ドナルドL.「プトレマイオス朝」世界史百科事典、2021年4月4日。
  15. ^ Grabbe 2008、p。268:301の条約で、この地域はセレウコスに割り当てられました。しかし、プトレマイオスはそれを押収したばかりで、返却を拒否しました。プトレマイオスは過去にセレウコスに非常に役立っていたので、セレウコスは彼の主張を押し付けませんでしたが、セレウコス朝はこの地域を正当に彼らのものと見なし続けました。その結果、セレウコス朝が領土を取り戻そうとした一連のシリア戦争が起こりました。
  16. ^ プトレマイオス2世フィラデルフス[紀元前308年から246年マーロンH.スミス。2010年6月13日取得。
  17. ^ a b c Burstein(2007)、p。7
  18. ^ B Hölbl2001、頁63-65
  19. ^ エピデミックに関するガレンの 解説3.17.1.606
  20. ^ Hölbl2001、pp。162–4
  21. ^ Fletcher 2008、pp。246–247、画像プレートとキャプション
  22. ^ Török、László(2009)。2つの世界の間:古代ヌビアとエジプトの間のフロンティア地域、紀元前3700年-西暦500年ライデン、ニューヨーク、ケルン:ブリル。pp。400–404。ISBN 978-90-04-17197-8
  23. ^ Grainger 2010、p。325
  24. ^ クレオパトラ:人生
  25. ^ a b Peters(1970)、p。193
  26. ^ a b Peters(1970)、p。194
  27. ^ ピーターズ(1970)、p。195f
  28. ^ ゲイ、ロビンズ(2008)。古代エジプトの芸術(改訂版)。マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局。頁。10、231 ISBN 9780674030657OCLC  191732570
  29. ^ ロイド、アラン(2003)。ショー、イアン(編)。プトレマイオス朝時代(紀元前332-30年)古代エジプトのオックスフォードの歴史オックスフォード大学出版局。頁 393ISBN 978-0-19-280458-7
  30. ^ マニング、JG(2010)。プトレマイオス国家の歴史的理解プリンストン:プリンストン大学出版局。pp。34–35。
  31. ^ マレク、ジャロミア(1999)。エジプト美術ロンドン:Phaidon PressLimited。NS。384。
  32. ^ "Bronze statuette of Horus | Egyptian, Ptolemaic | Hellenistic | The Met". The Metropolitan Museum of Art, i.e. The Met Museum. Retrieved 2018-04-17.
  33. ^ "Faience amulet of Mut with double crown | Egyptian, Ptolemaic | Hellenistic | The Met". The Metropolitan Museum of Art, i.e. The Met Museum. Retrieved 2018-04-17.
  34. ^ a b Thomas, Ross. "Ptolemaic and Roman Faience Vessels" (PDF). The British Museum. Retrieved April 12, 2018.
  35. ^ Thomas, Ross. "Ptolemaic and Roman Faience Vessels" (PDF). The British Museum. Retrieved April 12, 2018.
  36. ^ a b "Marble head of a Ptolemaic queen | Greek | Hellenistic | The Met". The Metropolitan Museum of Art, i.e. The Met Museum. Retrieved 2018-04-12.
  37. ^ Pomeroy, Sarah (1990). Women in Hellenistic Egypt: From Alexander to Cleopatra. Detroit: Wayne State University Press. p. 29.
  38. ^ a b Gay., Robins (2008). The art of ancient Egypt (Rev. ed.). Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press. p. 236. ISBN 9780674030657. OCLC 191732570.
  39. ^ "Statuette of Arsinoe II for her Posthumous Cult | Ptolemaic Period | The Met". The Metropolitan Museum of Art, i.e. The Met Museum. Retrieved 2018-04-24.
  40. ^ a b c d Gay., Robins (2008). The art of ancient Egypt (Rev. ed.). Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press. ISBN 978-0674030657. OCLC 191732570.
  41. ^ Rosalie, David (1993). Discovering Ancient Egyptology. p. 99.
  42. ^ Fischer-Bovet, Christelle. "Army and Egyptian Temple Building Under the Ptolemies" (PDF). Cite journal requires |journal= (help)
  43. ^ 1941–, Török, László (2011). Hellenizing art in ancient Nubia, 300 BC-AD 250, and its Egyptian models : a study in "acculturation". Leiden: Brill. ISBN 978-9004211285. OCLC 744946342.CS1 maint: numeric names: authors list (link)
  44. ^ Antiquities Experts. "Egyptian Art During the Ptolemaic Period of Egyptian History". Antiquities Experts. Retrieved 17 June 2014.
  45. ^ a b c Hill, Marsha. “Egypt in the Ptolemaic Period.” In Heilbrunn Timeline of Art History. New York: The Metropolitan Museum of Art, 2000–. http://www.metmuseum.org/toah/hd/ptol/hd_ptol.htm (October 2016)
  46. ^ Gay., Robins (2008). The art of ancient Egypt (Rev. ed.). Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press. p. 244. ISBN 9780674030657. OCLC 191732570.
  47. ^ Seele, Keith C. (1947). "Horus on the Crocodiles". Journal of Near Eastern Studies. 6 (1): 43–52. doi:10.1086/370811. JSTOR 542233. S2CID 161676438.
  48. ^ Bingen, Jean (2007). Hellenistic Egypt: Monarchy, Society, Economy, Culture. University of California Press. p. 12. ISBN 978-0-520-25141-0.
  49. ^ a b c d e f g Fischer-Bovet, Christelle (2015-03-04). "The Ptolemaic Army". Oxford Handbooks Online. doi:10.1093/oxfordhb/9780199935390.013.75. ISBN 978-0-19-993539-0. Retrieved 2020-06-08.
  50. ^ Christelle Fischer-Bovet, “Egyptian Warriors: The Machimoi of Herodotus and the Ptolemaic Army,” Classical Quarterly 63 (2013): 209–236, 222–223; P.Tebt. I 121, with Andrew Monson, “Late Ptolemaic Capitation Taxes and the Poll Tax in Roman Egypt,” Bulletin of the American Society of Papyrologists 51 (2014): 127–160, 134.
  51. ^ Sean Lesquier, Les institutions militaires de l’Egypte sous les Lagides (Paris: Ernest Leroux, 1911);
  52. ^ Roger S. Bagnall, “The Origins of Ptolemaic Cleruchs,” Bulletin of the American Society of Papyrology 21 (1984): 7–20, 16–18
  53. ^ Heinz Heinen, Heer und Gesellschaft im Ptolemäerreich, in Vom hellenistischen Osten zum römischen Westen: Ausgewählte Schriften zur Alten Geschichte. Steiner, Stuttgart 2006, ISBN 3-515-08740-0, pp. 61–84
  54. ^ Crawford, Kerkeosiris, Table IV, 155–159; Edmond Van ‘t Dack, “Sur l’évolution des institutions militaires lagides,” in Armées et fiscalité dans le monde antique. Actes du colloque national, Paris, 14–16 octobre 1976 (Paris: Editions du Centre national de la recherche scientifique, 1977): 87 and note 1.
  55. ^ Christelle Fischer-Bovet (2013), "Egyptian warriors: the Machimoi of Herodotus and the Ptolemaic Army". The Classical Quarterly 63 (01), p. 225, doi:10.1017/S000983881200064X
  56. ^ Dorothy J. Crawford, Kerkeosiris: An Egyptian village in the Ptolemaic period (Cambridge: Cambridge University Press, 1971) estimated that a family could live on 5 arouras; see P.Tebt. I 56 (Kerkeosiris, late second century BC).
  57. ^ Michel M. Austin, The Hellenistic World from Alexander to the Roman Conquest: A Selection of Ancient Sources in Translation (Cambridge: Cambridge University Press, 2006) #283, l. 20.
  58. ^ Nick Sekunda, “Military Forces. A. Land Forces,” in The Cambridge History of Greek and Roman Warfare (Cambridge: Cambridge University Press, 2007)
  59. ^ Arthur MacCartney Shepard, Sea Power in Ancient History: The Story of the Navies of Classic Greece and Rome (Boston: Little, Brown, and Co., 1924), 128.
  60. ^ James Harrison McKinney, Novel Ptolemaic naval power: Arsinoë II, Ptolemy II, and Cleopatra VII’s innovative thalassocracies, Whitman College, p. 2. https://arminda.whitman.edu/theses/415
  61. ^ Thucydides, The History of the Peloponnesian War, 5.34.6–7 & 9.
  62. ^ The Ptolemies, the Sea and the Nile: Studies in Waterborne Power, edited by Kostas Buraselis, Mary Stefanou, Dorothy J. Thompson, Cambridge University Press, pp. 12–13.
  63. ^ Robinson. pp.79–94.
  64. ^ Gera, Dov (1998). Judaea and Mediterranean Politics: 219 to 161 B.C.E. Leiden, Netherlands.: BRILL. p. 211. ISBN 9789004094413.
  65. ^ Robinson. pp.79-94.
  66. ^ Robinson, Carlos. Francis. (2019). "Queen Arsinoë II, the Maritime Aphrodite and Early Ptolemaic Ruler Cult". Chapter: Naval Power, the Ptolemies and the Maritime Aphrodite. pp.79–94. A thesis submitted for the degree of Master of Philosophy. University of Queensland, Australia.
  67. ^ Muhs, Brian (2 August 2016). "7:The Ptolemaic Period (332–30 BCE)". The Ancient Egyptian economy, 3000–30 BCE. Cambridge, England: Cambridge University Press. ISBN 9781107113367.
  68. ^ Rickard.
  69. ^ James Harrison McKinney, Novel Ptolemaic naval power: Arsinoë II, Ptolemy II, and Cleopatra VII’s innovative thalassocracies, Whitman College, p. 75.
  70. ^ a b c Muhs.
  71. ^ Fischer-Bovet, Christelle (2014). Army and Society in Ptolemaic Egypt. Cambridge, England: Cambridge University Press. pp. 58–59. ISBN 9781107007758.
  72. ^ Muhs, Brian (2 August 2016). "7:The Ptolemaic Period (332–30 BCE)". The Ancient Egyptian economy, 3000–30 BCE. Cambridge, England: Cambridge University Press. ISBN 9781107113367.
  73. ^ Constantakopoulou, Christy (2017). Aegean Interactions: Delos and Its Networks in the Third Century. Oxford, England: Oxford University Press. p. 48. ISBN 9780198787273.
  74. ^ Sidebotham, Steven E. (2019). Berenike and the Ancient Maritime Spice Route. Berkeley, California, United States.: University of California Press. p. 52. ISBN 9780520303386.
  75. ^ Kruse, Thomas (2013). "The Nile Police in the Ptolemaic Period", in: K. Buraselis – M. Stefanou – D.J. Thompson (Hg.), The Ptolemies, the Sea and the Nile. Studies in Waterborne Power, Cambridge 2013, 172–184". academia.edu. Cambridge University Press: 172–185. Retrieved 19 October 2019.
  76. ^ Phillips, Heather A., "The Great Library of Alexandria?". Library Philosophy and Practice, August 2010 Archived 2012-07-26 at WebCite
  77. ^ Clarysse, Willy; Thompson, Dorothy J. (2006-06-12). Counting the People in Hellenistic Egypt: Volume 2, Historical Studies. Cambridge University Press. p. 140. ISBN 978-0-521-83839-9.
  78. ^ Chauveau, Michel. (2000). Egypt in the age of Cleopatra : history and society under the Ptolemies. Cornell University Press. p. 34. ISBN 0-8014-3597-8. OCLC 42578681.
  79. ^ Solomon Grayzel "A History of the Jews" p. 56
  80. ^ Solomon Grayzel "A History of the Jews" pp. 56–57
  81. ^ Flavius Josephus "Antiquities of the Jews" Book 12 Ch. 2
  82. ^ The Antiquities of the Jews, Flavius Josephus, Book 12;chapter2
  83. ^ Arabs in Antiquity: Their History from the Assyrians to the Umayyads, Prof. Jan Retso, Page: 301
  84. ^ A History of the Arabs in the Sudan: The inhabitants of the northern Sudan before the time of the Islamic invasions. The progress of the Arab tribes through Egypt. The Arab tribes of the Sudan at the present day, Sir Harold Alfred MacMichael, Cambridge University Press, 1922, Page: 7
  85. ^ History of Egypt, Sir John Pentland Mahaffy, p. 20-21
  86. ^ King, Arienne (2018-07-25). "The Economy of Ptolemaic Egypt". World History Encyclopedia. Retrieved 2020-06-24.
  87. ^ von Reden, Sitta (2006). "The Ancient Economy and Ptolemaic Egypt". Ancient Economies, Modern Methodologies. Volume 12 of Pragmateiai Series. Edipuglia. pp. 161–177. |volume= has extra text (help)

Sources

Further reading

  • Bingen, Jean. Hellenistic Egypt. Edinburgh: Edinburgh University Press, 2007 (hardcover, ISBN 0-7486-1578-4; paperback, ISBN 0-7486-1579-2). Hellenistic Egypt: Monarchy, Society, Economy, Culture. Berkeley: University of California Press, 2007 (hardcover, ISBN 0-520-25141-5; paperback, ISBN 0-520-25142-3).
  • Bowman, Alan Keir. 1996. Egypt After the Pharaohs: 332 BC–AD 642; From Alexander to the Arab Conquest. 2nd ed. Berkeley: University of California Press
  • Chauveau, Michel. 2000. Egypt in the Age of Cleopatra: History and Society under the Ptolemies. Translated by David Lorton. Ithaca: Cornell University Press
  • Ellis, Simon P. 1992. Graeco-Roman Egypt. Shire Egyptology 17, ser. ed. Barbara G. Adams. Aylesbury: Shire Publications, ltd.
  • Hölbl, Günther. 2001. A History of the Ptolemaic Empire. Translated by Tina Saavedra. London: Routledge Ltd.
  • Lloyd, Alan Brian. 2000. "The Ptolemaic Period (332–30 BC)". In The Oxford History of Ancient Egypt, edited by Ian Shaw. Oxford and New York: Oxford University Press. 395–421
  • Susan Stephens, Seeing Double. Intercultural Poetics in Ptolemaic Alexandria (Berkeley, 2002).
  • A. Lampela, Rome and the Ptolemies of Egypt. The development of their political relations 273-80 B.C. (Helsinki, 1998).
  • J. G. Manning, The Last Pharaohs: Egypt Under the Ptolemies, 305–30 BC (Princeton, 2009).

External links