インド・ヨーロッパ祖語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

インド・ヨーロッパ祖語(PIE)粒子は、すべてのインド・ヨーロッパ語族に見られる類似性に基づいて、現代の言語学者によって再構築されました

副詞

前置詞として使われる副詞

多くの助詞は副詞後置詞の両方として使用できますこれは現代語に似ています。比較英語彼がある上記の屋根裏に(副詞)と鳥がいるの上の家(前置詞)。後置詞はアナトリア語インド・イラン語派サベリック語を除く娘言語の前置詞になりましたラテン語ギリシャ語などの他のブランチのいくつかは、後置詞を痕跡的に保存します。[1]

反射神経、または娘言語でのPIE再構築フォームの子孫には、次のものが含まれます。

粒子 意味 反射神経
*h₂epo/h₂po/ apo から ヴェーダ ápa「離れて、4番目」、 Gk。アポ、ラット。ab "from"、 Alb。pa「なし」、 Eng。の、オフ、 [2] ヒット。āppa、āppan「後ろ」
*h₂ed to、by、at ラテン語 広告、 Osc。adpúd、 Umb。ař、ゴス。at、 ON at、 Eng。æt/ at、 Gm。az /-、 Ir。ad / do、ウェールズ語add-、at、 Gaul。広告、 Phryg。アダケット、 XMKアダイ[3]
*h₂eti から、戻って、また ラテン語 で、 OCS OCSотъのIr。aith-、ウェールズ語ad-"re-"、TochAのATAS、 TOCH。Bは、 "離れ"食べた Gkの。アタール「しかし」
*h₂en/ *h₂enh₃/ *h₂neh₃ オン、オン Av。アナ、 Gk。ano、 Lat。(場合によっては)で、 ON A、ゴス。ana、 Eng。an / on、 Gm。 ?/ an、リス。アリ[要出典]
*h₂enti に対して、最後に、前に、前に Gk。アンチ、 ラット。アンティ、ヒット。ハンテッツィ「最初」
*h₂eu オフ、アウェイ、多すぎる、非常に ヴェーダ ava、 '緯度。aut、autem、 'リス。nuo、Eng。の、オフ[3]
*h₂n̥-bʰi/ *h₂m̥-bʰi [4]あたり(→両方) ヴェーダ abhi、 Av。aiwito、aibi、 Pers。abiy /?、 Gk。アンフィ、 ON um、 Eng。bi / by; ymbi / umbe(廃止)、 Gm。umbi / um; ?/ bei、 Lat。アンビ、アンボ、ガリア。アンビ、 Ir。imb / um、 Welsh am、Tochāmpi/ ?、 Alb。mbi、リス。アブ、 OCSオバ、ラス。ob「約」、oba「両方」 [3]
*bʰeǵʰ それなし OCSは、без OPrussを。bhe、 Ved。バヒス「外側から」 [3]
* de、* do Gk。-de、 Eng。に、 Gm。ズ、リス。DA-、 OCSが行う、 PERのTA、ウェールズ語I、 Irの。やる、ルー。
*h₁eǵʰs アウト ラテン語 例、 Gk。ἐκ(ek)/ἐξ(eks)、ガリア。元、 Ir。ass / as; acht /; echtar、 Russ。из(iz)、Alb。jashtë、Oscan eh-、Umbrian ehe-、 Lith。iš、 Ltv。iz、 OPruss。は、ウェールズのech- [3]
*h₁eǵʰs-tos Gk。ektos [3]
*h₁eǵʰs-tro-/ *h₁eǵʰs-ter 追加 ラテン語 エキストラ、 [3] ウェールズ語eithr「を除いて」
*h₁en Gk。en、 Lat。で、工学。in / in、 Gm。in / in、īn/ ein-、 Ir。私、ウェールズyn、アーム。私、アルブ。në、 OPruss。EN、 OCS VU(N) - 、 [2]

ルー。 ダ、カリアn個のT_A、ゴス。、でON í、 Irの。in / i、リス。į、 Ltv。iekšā [要出典]

*h₁en-ter 内、中 ヴェーダ antár "between"、 Lat。インター「間、間」、 Gm。untar / unter "between、between"(下記の*n̥dʰ-erも参照)、 Ir。eter / idir "between"、 Cornish ynter、 Alb。ndër "between、in"、 [2] Pers。ændær「内部」、SCrunutar「内」
*h₁eti 超えて、超えて(量について)、さらに ラテン語 et、etiam、 Gk。ἔτι、οὐκέτι、 Ved。अति(ati)、 Av。aiti、 OPruss。et-、at-、 Eng。ed-、edgrow、 Gaul。eti、t-ic
*h₁opi/h₁epi 近く、で、上で、によって ヴェーダ ápi "by、on"、 Gk。epí "on"、 Lat。ob "on"、アーム。ew "and"、 [2]

Av。aipi、リス。api-、apie、 Alb。afër "near" [3]

*h₁neu それなし コット。オセットの「なし」のアナウ。aenaeGk aneu
*km̥-th₂/ *km̥-ti によって、に沿って ヒット。katta "with、down(+ Gen)"、 Gaul。カンタ「with」、 Gk。katá "down" [2] [3] ウェールズガン
* kom ラテン語 兼、 Ir。co /?、 [2] ウェールズのcyf-、ゴス。ga-
*medʰi 途中で 個人 、miyanAvマディアナ、コット。マヤナ-、ヴェド。madhyamaLatメディウスOPruss。ゴスの中央値miduma "中" OCS meždu、 [3] ウェールズY mewn
*n̥dʰ-eri ヴェーダ adhás、 Av。aδairi、 Lat。īnfr-ā、 Eng。脇の下/脇の下。ənd、 [2]

個人  ?/zēr、 ON und、 Goth。ウンダー、 Gm。untar / unter、 Arm。ĕndhup/ĕnthub [要出典]

* ni の下へ ヴェーダ ní、 Eng。ネザー、アーム。NI、 OCS NI-ZU [2]
* nu ヒット。nu、 Luw。nanun、 Ved。nū、 OPers。nūra/ ?、 Pers。æknun/ konun /?、 Gk。修道女、ラット。NUNC、 ON NU、ゴス。nu、 Eng。nū/ now、 Gm。nu / nun、 Toch。nuṃ/ nano、リス。修道女、 Ltv。nu、 OPruss。teinu、 OCS нъінѣ(nyne)、アルプ。谷、アーブ。naní [要出典] (ただし、以下接続詞のリストを参照してください
*h₃ebʰi、h₃bʰi に向かって、に、で OCS объ [3]
* pe と、一緒に ヒット。pe- [要出典]
* per(i) 周り、を通して ヴェーダ pári「周り、4番目」、 Gk。ペリ「周り」、ラット。「スルー」ごとに、 OPruss。あたり、アルブ。për、 [2] ラス。pere-「スルー、オーバー」
* per / * pero / *prō 前、前、前、前 ヒット。pēran "before"、prā "toward"、 Ved。高位聖職者、緯度。per、prō、 Eng。for / before-、 Gm。 ?/ vor、ウェールズのrhy、rhag、er、 Lith。per、pro [要出典] Alb。パラ、パーズ。pær-/pæri-/ par-、ラス。ペレド
* pos ヴェーダ パスキャット、ラット。ポスト、リス。パスクイ[5]
*r̥/ *rō/ *rō-dʰi for(enclitic)、目的のために ヴェーダ R [要出典] OCS ради
*trh₂os 使って ヴェーダ ティラス、ラット。TRANS、工学。を通して、OIr。タール、 [5] ウェールズのトラ
* uper その上 ヴェーダ upári、 Gk。hupér、 Lat。s-uper、 Eng。以上、 Ir。for / fara、 Welsh gor-、gwar- Arm。(i)ver "up"、 [2] Alb。sipër、 Gm。ユーバー
* up / * upo 下、下 ヴェーダ úpa「最大」、 Gk。hupó「下」、緯度。s-ub、 Ir。fo / faoi、 [2] ウェールズ語go-、gwa-

ヒット。upzi、 Av。upa、 Pers。upa /?、 Umb。サブ、 Osc。sup、 ON upp、ゴス。iup、 Eng。upp / up、 Gm。uf / auf、ウェールズ語ガリア。voretus、Toch ?/ spe、リス。po [要出典]

翻訳されていない反射神経は、PIEの単語と同じ意味を持っています。

次の言語では、スラッシュで区切られた2つの反射神経は次のことを意味します。

プレフィックスの否定(プライベート)

* ne* mēの2つのプライベートを再構築できます後者は、負のコマンドにのみ使用されますプライベートプレフィックス* n̥-* neのゼログレードである可能性があります

粒子 意味 反射神経
* ne 文の否定者 ヴェーダナ、ラット。 nē/ ne-、 Eng。ね/いや、 Gm。 ne / nein、リス。 nè、 OCS ne、 [6]

ヒット。ナッタ、ルー。ni-、 Lyc。ni-、Lydni-、 Av。na、 Pers。na /?、 Gk。ne-、 Osc。ne、 Umb。AN-、 ON NE、ゴス。に、 Ir。ní/ní、ウェールズ語ni、 Arm。an-、 Toch。an- / en-、 Ltv。ne、 OPruss。ね、ポル。ニー、ラス。ne、net、 Alb。ヌーク[要出典]

*NS- プライベートプレフィックス ヒット。am-、 Ved。a(n)-、 Gk。a(n)-、ラテン語。で、アルブ。e-、 Eng。un-、 [6] Gm。国連-
*mā コマンドのネゲーター ヴェーダ mā、 Per ma-、 Gk。mē(ドリックマー) [6]

アルバ。mos

形容詞から派生した副詞

形容詞から派生した副詞(英語の太字美しい、lyなど)は、間違いなく助詞として分類できません。インド・ヨーロッパ祖語では、これらは形容詞の単なる格形であるため、名詞としてより適切に分類されます例は* meǵh₂ "greatly"、主格対格単数です。[7]

接続詞

次の接続詞を再構築できます。[8]

粒子 意味 反射神経
*kʷe および、単語またはフレーズコネクタ ヒット。-ku、 Ved。ca、 Av。ca、 Gk。て、かい、緯度 -que、 Celtib。kue、 Per ke
*私達 または、単語またはフレーズの分離器 ヴェーダ ヴァー、 Gk。-(w)ē、緯度 -ve
* de そして、センテンスコネクタ Gk。デ、アルブ。dhe、ラス。da "と"
* nu そして、センテンスコネクタ ヒット。nu、 Ved。nú、 Gk。ヌ、トッチ ?/ nu、 Ir。無/ ?, OCS NU(ただし、参照副詞以上)

ラテン語のように、参加単語の後に置かセナトゥスpopulus- QUE Romanus(「上院とローマの人々 」)、-que参加セナトゥスポプラ

感動詞

安全に再構築できるPIE間投詞は1つだけです。2番目は不確実です。

粒子 意味 反射神経
*ワイ! 悲しみや苦しみの表現 ヒット。ウワイ、ラット。vae、 Welsh gwae、 Breton gwa、 Eng。悲惨な、オン。vei、 Pers。ヴァイ、クルド人。ワイ、ヴェド。uvē、 Gk。aī、aīaī(woe!、alas!)、 Lith。vajé、 Ltv。ai、vai
*ō!/ *eh₃!(?) おお! Gk。ō、 Lat。ō、 Eng。ああ!、 Gm。ああ!、ラス。!O [9] ペールス。e!

注意事項

参考文献

  • Dunkel、George E(2014)、Lexikon der indogermanischenPartikelnundPronominalstämmeCarlWinterUniversitätsverlagISBN 978-3-8253-5926-3
  • Fortson、Benjamin W.、IV(2004)、Indo-European Language and Culture、Blackwell Publishing、ISBN 1-4051-0316-7