バラク・オバマ大統領

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Barack Obama
バラク・オバマ大統領
2009年1月20日–2017年1月20日
戸棚リストを見る
パーティ民主主義
選挙
シートホワイトハウス

アーカイブされたウェブサイト
図書館のウェブサイト

米国の第44 大統領としてバラクオバマ任期は、 2009年1月20日に彼の最初の就任式で始まり、2017年1月20日に終了しまし 2008年の大統領選挙で4年後の2012年の大統領選挙で、彼は共和党の候補者であるミット・ロムニーを破り、再選に勝利しました。オバマは、 2016年の大統領選挙で勝利した共和党のドナルド・トランプに引き継がれました。彼は最初でした アフリカ系アメリカ人の大統領、最初の多民族の大統領、最初の非白人の大統領、そしてハワイで生まれた最初の大統領。

オバマの第一期の行動は世界的な金融危機に対処し、主要な刺激策、ブッシュ減税の部分的な延長、医療改革のための法律、主要な金融規制改革法案、そしてイラクにおける主要な米軍のプレゼンスの終了を含みましたオバマはまた、最高裁判所のエレナ・ケイガン裁判官ソニア・ソトマイヨール裁判官を任命しました。後者は最高裁判所で最初のヒスパニック系アメリカ人になりました。共和党が衆議院で過半数を獲得するまで、民主党は両方の議会を支配した2010年の選挙で選挙後、オバマと共和党議員は、政府の歳出水準と債務上限をめぐって長引くスタンドオフに従事したオバマ政権のテロに対する政策は、ブッシュの対反乱作戦モデルを軽視し、空爆を拡大し、特殊部隊を広範に利用し、ホスト政府軍への依存度を高めることを奨励した。オバマ政権は、2011年5月2日に オサマビンラーディンの死をもたらした軍事作戦を組織しました。

彼の第2期では、オバマは気候変動と戦うための措置を講じ、主要な国際気候協定炭素排出を制限する大統領命令に署名しました。オバマ氏はまた、医療保険制度改革法の実施と彼の最初の任期で可決された他の法律を主宰し、彼はイランと核協定を交渉し、キューバとの関係を正常化したアフガニスタンのアメリカ兵の数は、オバマ大統領の任期中ずっとアフガニスタンに留まったものの、オバマの第2期中に劇的に減少した。2014年の選挙後、共和党が上院を支配した、そしてオバマは、政府支出、移民、司法指名、およびその他の問題について議会の共和党員と格闘し続けた。

主要な行為および法律

2008年の選挙

2008年の選挙投票

2004年に上院イリノイ州を代表する選挙に勝利した後オバマは2007年2月に大統領に立候補することを発表しましデラウェア州の上院議員ジョー・バイデンや元上院議員ジョン・エドワーズを含む他のいくつかの候補者も指名に立候補したが、これらの候補者は最初の予備選挙の後に中退した。6月、最終予備選挙の日に、オバマは、公約された代表者とスーパーデリゲートの両方を含む代表者の過半数を獲得することによって、指名を締めくくりました。[2] オバマ氏がランニングメイトに選んだオバマ氏とバイデン氏は、 2008年8月の民主党全国大会で民主党全国大会にノミネートされました。

共和党のジョージ・W・ブッシュ大統領は任期が限定されており、共和党はアリゾナ州の上院議員ジョン・マケインを大統領に指名した。総選挙では、オバマがマケインを破り、人気投票の52.9%、選挙人団538票のうち365票を獲得しました。議会選挙では、民主党が両院で多数派に加わり、ナンシー・ペロシ下院議長 ハリー・リード上院議長の両方が彼らのポストに残った。共和党のジョン・ベーナーミッチ・マコーネルは、それぞれ下院の少数党指導者と上院の少数党指導者を務め続けた。

移行期間と発足

2008年11月10日、ジョージW.ブッシュ次期大統領とバラクオバマ次期大統領

オバマが2008年5月に移行の計画を開始するためにクリス・ルーを選んだものの、大統領の移行期間は2008年11月の大統領選挙に続いて始まった。 [3]ジョン・ポデスタヴァレリー・ジャレットピート・ラウズがオバマ・ビデンの共同議長を務めた移行プロジェクト。移行期間中に、オバマは彼の内閣政権の指名を発表しました。2008年11月、ラーム・エマニュエル下院議員は、オバマ大統領がホワイトハウスの首席補佐官を務めるという申し出を受け入れました[4]オバマは2009年1月20日に発足し、成功した ジョージWブッシュオバマは、東部標準時の午後12:00に正式に大統領に就任し[5]、東部標準時の午後12:05に就任宣誓を完了しました。は宣誓の直後に就任演説を行った。[6]オバマの移行チームは、特に国家安全保障に関して、ブッシュ政権の退任する移行チームを非常に補完し、ブッシュからオバマへの移行のいくつかの要素は後に法典化された。[3]

管理

US Cabinet official group photo July 26, 2012.jpg
オバマ内閣
オフィス名前期間
大統領バラック・オバマ2009〜2017年
副社長ジョー・バイデン2009〜2017年
国務長官ヒラリー・クリントン2009〜2013
ジョン・ケリー2013〜2017年
財務長官ティモシーガイトナー2009〜2013
ジャック・ルー2013〜2017年
国防長官ロバート・ゲーツ*2006〜2011年
レオン・パネッタ2011〜2013
チャック・ヘーゲル2013〜2015年
アシュカーター2015〜2017年
検事総長エリック・ホルダー2009〜2015年
ロレッタ・リンチ2015〜2017年
内務長官ケンサラザール2009〜2013
サリージュエル2013〜2017年
農務長官トム・ビルサック2009〜2017年
商務長官ゲイリー・ロック2009〜2011年
ジョン・ブライソン2011〜2012年
ペニー・プリツカー2013〜2017年
労働長官ヒルダソリス2009〜2013
トム・ペレス2013〜2017年

保健福祉長官
キャスリーン・セベリウス2009〜2014
シルビア・マシューズ・バーウェル2014〜2017年

住宅都市開発長官
ショーン・ドノヴァン2009〜2014
フリアン・カストロ2014〜2017年
運輸長官レイ・ラフッド2009〜2013
アンソニーフォックス2013〜2017年
エネルギー長官スティーブンチュー2009〜2013
アーネストモニス2013〜2017年
教育長官アーン・ダンカン2009〜2016年
ジョンキングジュニア2016〜2017年
退役軍人長官エリック・シンセキ2009〜2014
ボブ・マクドナルド2014〜2017年
国土安全保障長官ジャネット・ナポリターノ2009〜2013
ジェイ・ジョンソン2013〜2017年

環境保護庁の管理者
リサジャクソン2009〜2013
ジーナ・マッカーシー2013〜2017年

行政管理予算局長
ピーター・オルザグ2009〜2010年
ジャック・ルー2010〜2012
シルビア・マシューズ・バーウェル2013〜2014年
ショーン・ドノヴァン2014〜2017年
アメリカ合衆国通商代表部ロナルド・カーク2009〜2013
マイケル・フロマン2013〜2017年
国連大使スーザンライス2009〜2013
サマンサパワー2013〜2017年

経済諮問委員会の議長
クリスティーナ・ローマー2009〜2010年
オースタン・グールズビー2010〜2011年
アラン・クルーガー2011〜2013
ジェイソン・ファーマン2013〜2017年
中小企業庁
長官
カレンミルズ**2009〜2013
マリア・コントレラス-スウィート2014〜2017年
参謀長ラーム・エマニュエル2009〜2010年
ウィリアム・M・デイリー2011〜2012年
ジャック・ルー2012〜2013
デニス・マクドノー2013〜2017年
*前政権から保持
**2012年1月にキャビネットレベルに昇格

内閣の任命者

彼の就任に続いて、オバマと上院は合衆国内閣への彼の候補者を確認するために働きました。3人の内閣レベルの役員は確認を必要としませんでした:オバマが2008年民主党全国大会で彼のランニングメイトとして選んだ副大統領ジョー・バイデン、スタッフのチーフ・ラーム・エマニュエル、そしてオバマが前から保持することを選んだ国防長官ロバート・ゲーツ管理。[7] 提案の初期のリストは、当時シティグループの幹部だったマイケル・フロマンからのものでした。[8]オバマは、彼の内閣の選択を「ライバルのチーム」と表現した。」とオバマは、国務長官として敗北したライバルのヒラリー・クリントンを含む、内閣の地位のためにいくつかの著名公務員を選ん上院は元カンザス州知事のキャスリーン・セベリウス国務長官として承認し、オバマの最初の内閣を完成国務長官としての ゲイツとチャック・ヘーゲル。

注目すべき非内閣の地位

†ブッシュ大統領
によって任命された‡元々はブッシュ大統領によって任命され、オバマ大統領によって再任された

司法候補者

合衆国最高裁判所

オバマと最高裁判所の候補者ソニアソトマイヨール
オバマはエレナ・ケイガンの委員会に署名します


オバマの在任中、合衆国最高裁判所 には3人の欠員があったが、オバマは2回の最高裁判所の任命に成功しただけだった。111議会で、民主党が上院で過半数を占めたとき、オバマは2人の最高裁判所判事を首尾よく指名しました。

アントニン・スカリア判事、2016年2月、上院で共和党の過半数を占めていた第114回議会で亡くなりました。2016年3月、オバマはスカリアの議席を埋めるためDCサーキットのメリックガーランド裁判長を指名しました。[12]しかし、上院多数党首のミッチ・マコネル司法委員会委員長のチャック・グラスリー、および他の上院共和党員は、大統領選挙の年に最高裁判所の指名を行うべきではなく、2016年の大統領選挙の勝者は代わりにスカリアの後任を任命すべきであると主張した。 [12] [13]ガーランドの指名は、歴史上他のどの最高裁判所の指名よりも長く上院に留まり[14]、第114回議会の終わりに指名は失効した。[15]ドナルド・トランプ大統領は後にニール・ゴーサッチをスカリアの元最高裁判所の議席に指名し、ゴーサッチは2017年4月 に上院によって確認された。

他の裁判所

第3条司法任命[16]
クリントン ブッシュ オバマ
最高裁判所 2 2 2
上訴裁判所 62 61 49
地方裁判所 306 263 270
他の裁判所 9 4 10

オバマ大統領は、司法候補者の確認をめぐって両党間の戦いが続くのを見た。民主党は、オバマの在任期間中、共和党が候補者を失速させたと絶えず非難した。[17]いくつかの指名争いの後、2013年に上院民主党は議事妨害の使用を改革し、行政または司法の指名(最高裁判所を除く)で使用できなくなった。[18]共和党は、 2014年の選挙後に上院を引き継ぎ、司法候補者をブロックする権限を与えた[19] 。第114議会は、わずか20名の司法候補者を確認した。これは、第82議会以来の確認数が最も少ない[20]オバマの司法候補者は前政権のそれよりも著しく多様であり、より多くの任命が女性とマイノリティに向けられていた。[17]

最初の100日

オバマ大統領が就任してから数分以内に、彼の参謀長であるラーム・エマニュエルは、前任者のジョージW.ブッシュによって署名された直前の規制と大統領命令を一時停止する命令を出しました[21]オバマ大統領の最初の行動のいくつかは、 9月11日の攻撃の後にブッシュ政権によってとられた措置を逆転させることに焦点を合わせた[22]オバマ大統領は就任後最初の週に大統領令13492号に署名し、グアンタナモ軍事委員会の進行中のすべての手続きを一時停止し、グアンタナモ収容施設を1年以内に閉鎖するよう命じた。[23]別の命令、大統領命令13491、禁止された拷問およびウォーターボーディングなどの他の強制的な技術オバマはまた、ホワイトハウスでのロビー活動を厳しく制限する大統領命令を出し[ 25] 、中絶サービスやカウンセリングを提供する国際グループへの連邦助成金を禁止する連邦区の政策を撤回した。[26]

1月29日、オバマ大統領は大統領職で初めて法案に署名しました。2009年のリリー・レッドベター公正賃金法は、賃金差別訴訟の提起に関する時効法を改正しました。[27] 2月3日、彼は児童医療保険プログラム再認可法(CHIP)に署名し、CHIPの医療保険を700万人の子供から1,100万人の子供に拡大した。[28] 2009年3月9日、オバマは胚性幹細胞研究への連邦政府の資金提供に対する制限を解除した。[29]オバマは、ブッシュのように、法案の一部が違憲であると見なす場合、署名声明を採用すると述べた[30]。その後、彼はいくつかの署名声明を発表しました。[31]オバマはまた、2009年のオムニバス公有地管理法に署名しました。これは、国立原生自然保護システム200万エーカー(8,100 km 2)の土地を追加し[32]、タバコパック税を62セント引き上げる法律です。 (2021年の$ 0.78に相当)。[33]

おそらく、オバマの最初の100日間の最も重要な行動[34]は、大不況に対処するためのアメリカ復興再投資法(ARRA)の成立でした多くの議論の後、ARRAは2009年2月13日に下院と上院の両方で可決されました。元々超党派の法案を意図していたため、法案の議会通過は主に民主党の投票に依存していましたが、3人の共和党上院議員が投票しました。[35]法案に対する共和党の支持の欠如、および民主党がその支持を勝ち取ることができないことは、オバマ大統領の間ずっと続いた窮地と党派主義を予見した。[35] [36] [37]7780億ドルの法案は、税制優遇措置とインフラプロジェクトへの支出、福利厚生の延長、教育を組み合わせたものです。[38] [39]

内政

ヘルスケア改革

第111議会での主要投票[40]
上院
法案/条約 デム。 担当者 デム。 担当者
ARRA 58–0 3〜37 244–11 0〜177
ACA 60–0 0〜39 219–34 0〜178
DF 57–1 3〜35 234–19 3〜173
ACES 投票しない 211–44 8〜168
DADTRA 57–0 8〜31 235–15 15〜160
52–5 3–36 208–38 8〜160
再スタート 58–0 13〜26 投票なし(条約
2010 TA 44–14 37–5 139–112 138–36

2009年2月に刺激法案が成立すると、医療制度改革がオバマの国内最優先事項となり、第111議会が大法案を可決し、最終的には「オバマケア」として広く知られるようになりました。医療制度改革は長い間民主党の最優先事項であり、民主党はコストを削減し、補償範囲を拡大する新しい計画の実施に熱心でした。[41]ビル・クリントンの1993年の医療改革計画とは対照的に、オバマは議会にプロセスを推進させる戦略を採用し、下院と上院は独自の法案を作成した。[42]上院では、6人のギャングとして知られている財務委員会の上院議員の超党派グループ法案の作成に関与した共和党上院議員が最終的に反対するようになったにもかかわらず、超党派の医療制度改革法案を作成するという希望を持って会合を始めた[43] 。[42] 2009年11月、下院は220〜215票で手頃な価格のアメリカ医療法を可決し、共和党は1人だけが法案に投票した。[44] 2009年12月、上院は独自の医療制度改革法案である患者保護および医療保険制度改革法(PPACAまたはACA)を、60〜39票の共同電話で可決した。[45]どちらの法案もメディケイドを拡大し、医療補助金を提供した。彼らはまた、個別の任務を確立しました、健康保険の交換、および既存の条件に基づく補償の拒否の禁止[46]しかし、下院の法案には、年間100万ドル以上を稼ぐ家族に対する増税と公的医療保険のオプションが含まれ、上院の計画には高額の医療計画に対する物品税が含まれていました[46]

2010年のマサチューセッツ州上院のスコットブラウン特別選挙での勝利は、民主党が60議席の上院の過半数を失ったため、医療改革法案の見通しを深刻に危うくしました[47] [48]ホワイトハウスと下院議長のナンシー・ペロシは、上院の医療法案である患者保護と手頃な価格の医療法を可決するように下院の中心主義者と自由主義者の両方を説得するための大規模なキャンペーンに従事した。[49] 2010年3月、オバマが選択的中絶サービスに連邦資金を使うことを禁止する現行法を強化する大統領命令を発表した後[50]、下院は患者保護および医療保険制度改革法を可決した。[51] 2009年12月に上院で可決された法案は、どちらの院でも共和党の投票を1回も受けなかった。[51] 2010年3月23日、オバマ大統領はPPACAに署名して法を制定した。ニューヨークタイムズ紙はPPACAを「数十年で制定された最も広範な社会法」と説明し[ 52 ]ワシントンポスト紙は1965年のメディケアメディケイドの創設以来最大の健康保険適用範囲の拡大であると述べた。 [51]両院は和解措置も可決したPPACAに大幅な変更と修正を加えるため。この2番目の法案は2010年3月30日に法に署名されました。[53] [54]患者保護および手頃な価格のケア法は、手頃な価格のケア法(ACA)または「オバマケア」として広く知られるようになりました。[55]

健康保険のない米国の個人の割合、1963年から2015年(出典:JAMA[56]

医療保険制度改革法は、その成立後、かなりの課題と反対に直面し、共和党は継続的に法の廃止を試みました。[57]法律はまた、最高裁判所に提出された2つの主要な異議申し立てを乗り越えた。[58]全米独立企業連盟対セベリウスでは、州のメディケイド拡大を自主的にしたにもかかわらず、5-4人の過半数が医療保険制度改革法の合憲性を支持した。キング対バーウェルでは、6〜3人の過半数が国営の取引所での税額控除の使用を許可しました。2013年10月にACAの規定に基づいて作成された健康保険交換ウェブサイトであるHealthCare.govの立ち上げは、広く批判されました。[59]問題の多くは、年末までに修正されましたが。[60]共和党は政府の歓迎されない拡大としてオバマケアに反対し続けたが、無保険のアメリカ人の数は2010年の人口の20.2%から2015年には人口の13.3%に減少した[62]多くのリベラル派は、単一支払者の医療制度または公的オプションを推進し続け[49]、オバマは2016年に後者の提案と健康保険税額控除の拡大を承認した。 [63]

ウォールストリート改革

ウォール街の主要な金融機関の間での危険な慣行は、サブプライム住宅ローン危機、2007年から2008年の金融危機、およびその後の大不況に寄与すると広く見られていたため、オバマはウォール街の改革を彼の最初の学期で優先事項にしました。[64] 2010年7月21日、オバマはドッド・フランクウォールストリート改革および消費者保護法に署名しました。これはニューディール以来最大の金融規制の見直しです。[65]この法律は、デリバティブ(特にクレジットデフォルトスワップ)に関する規制および報告要件を強化した。)、より高い自己資本要件大規模で破綻している金融機関の解散を支援するための秩序ある清算機関の創設、およびシステミックを監視するための金融安定監視委員会の創設などの政策により、米国経済に対するシステミックリスクを制限するための措置を講じました。リスク。[66]ドッド・フランクはまた、虐待的な金融慣行から消費者を保護する責任を負っている消費者金融保護局を設立した。[67]法案に署名する際、オバマ氏は、法案は「消費者と投資家に力を与える」、「危機を引き起こした陰の取引を日の目を見る」、そして「納税者の救済を完全に止める」と述べた。[68]一部のリベラル派は、法律が国内最大の銀行を解散させたりグラス・スティーガル法を復活させたりしなかったことに失望したが、多くの保守派は、国の競争力を低下させる可能性のある政府の行き過ぎとして法案を批判した。[68]法案の下で、連邦準備制度および他の規制当局は、いくつかの新しい規制規則を提案および実施することを要求され、これらの規則をめぐる戦いはオバマ大統領の間ずっと続いた。[69]オバマ氏は、ドッド・フランク通過後、銀行は経済における役割を小さくし、リスクの高い取引を行うインセンティブを減らすべきだと述べ、ウォールストリートのさらなる改革を求めた。[70]オバマはまた、クレジットカード会社のための新しい規則を作成した2009年のクレジットカード法に署名した。[71]

気候変動と環境

オバマ大統領は大統領時代、地球温暖化を世界が直面している最大の長期的脅威であると述べました。[72]オバマは地球温暖化と戦うためにいくつかの措置を講じたが、その問題に対処する主要な法案を可決することができなかっ[73]彼の就任後、オバマは議会に国内の炭素排出量に上限を設ける法案を可決するよう求めた。[74]下院が2009年にアメリカのクリーンエネルギー・安全保障法を可決した後、オバマは上院にも法案を可決するよう説得しようとした。[75]法律は、米国が2020年までに17%、21世紀半ばまでに83%の温室効果ガス排出量を削減することを要求していたでしょう。[75]しかし、この法案は共和党によって強く反対され、それも別の提案された超党派の妥協案[74]も上院での投票に持ち込まれなかった。[76] 2013年、オバマは、 EPAに新しい炭素排出制限を実施するよう命じることにより、議会を迂回すると発表した。[77] 2015年に発表されたクリーンパワープランは、2025年までに米国の温室効果ガス排出量を26〜28%削減することを目指しています。[78]オバマはまた、煤、硫黄、水銀に規制を課し、エネルギー源としての石炭ですが、風力、太陽光、天然ガスのエネルギー源の価格の下落も石炭の減少に寄与しました。[79]オバマは、石炭が天然ガスを含む他の動力源よりも多くの炭素を排出するという事実のために、石炭からのこの成功した移行を大部分奨励した。[79]

Obama's campaign to fight global warming found more success at the international level than in Congress. Obama attended the 2009 United Nations Climate Change Conference, which drafted the non-binding Copenhagen Accord as a successor to the Kyoto Protocol. The deal provided for the monitoring of carbon emissions among developing countries, but it did not include Obama's proposal to commit to cutting greenhouse gas emissions in half by 2050.[80] In 2014, Obama reached an agreement with China in which China pledged to reach peak carbon emission levels by 2030, while the US pledged to cut its emissions by 26-28 percent compared to its 2005 levels.[81] The deal provided momentum for a potential multilateral global warming agreement among the world's largest carbon emitters.[82] Many Republicans criticized Obama's climate goals as a potential drain on the economy.[82][83] At the 2015 United Nations Climate Change Conference, nearly every country in the world agreed to a landmark climate deal in which each nation committed lowering their greenhouse gas emissions.[84][85] The Paris Agreement created a universal accounting system for emissions, required each country to monitor its emissions, and required each country to create a plan to reduce its emissions.[84][86]いくつかの気候交渉担当者は、米中気候協定とEPAの排出制限が協定を可能にするのに役立ったと述べた。[84] 2016年、国際社会は、地球温暖化に寄与する有機化合物であるHFCの使用を削減しようとするモントリオール議定書の改正であるキガリ合意に合意した。[87]

オバマ大統領は大統領就任当初から、米国で自動車の燃料効率を高めるためにいくつかの行動を起こしました。2009年、オバマ大統領は、企業平均燃費を米国ガロンあたり35マイル(6.7 l / 100 km)に引き上げる計画を発表しました。これは、2009年の水準から40パーセントの増加です。[88]計画は国の排出基準を引き上げたが、自動車産業関係者グループが長い間望んでいた単一の国家効率基準を提供したため、環境保護論者と自動車産業関係者の両方がこの動きを大いに歓迎した。[88] 2012年、オバマはさらに高い基準を設定し、米国ガロンあたり54.5マイル(4.32 l / 100 km)の平均燃料効率を義務付けました。[89]オバマはまた「クランカーのための現金」に署名した法案は、消費者に、より古い、より燃料効率の悪い車をより効率的な車と交換するインセンティブを提供しました。2009年のアメリカ復興再投資法は、国内の再生可能エネルギー生産を促進し、連邦政府の建物をよりエネルギー効率の高いものにし、電力網を改善し、公営住宅を修理し、低所得者向け住宅を耐候性にするために540億ドルの資金を提供しました。[90]オバマもプラグイン電気自動車の使用を促進し、2015年末までに40万台の電気自動車が販売された。[91]

アメリカ肺協会の報告によると、オバマ政権下では空気の質に「大幅な改善」が見られました。[92]

経済

ブッシュ政権とオバマ政権下の経済指標と連邦財政は 、未調整
の数兆ドルに相当します。
失業[
93 ]
実質
GDP
成長率
[94]
米国政府[95] [96]
領収書 支出 赤字 借金
エンディング 12月31日(暦年) 9月30日(年度)[3]
2007 * 4.6% 2.0% 2.568ドル $ 2.729 − $ 0.161 $ 5.0
2008 * 5.8% 0.1% $ 2.524 $ 2.983 − $ 0.459 5.8ドル
2009年 9.3% –2.6% $ 2.105 3.518ドル − $ 1.413 $ 7.5
2010年 9.6% 2.7% 2.163ドル 3.457ドル − $ 1.294 $ 9.0
2011 8.9% 1.5% $ 2.303 $ 3.603 − $ 1.300 $ 10.1
2012年 8.1% 2.3% $ 2.450 3.527ドル − $ 1.077 $ 11.3
2013年 7.4% 1.8% 2.775ドル 3.455ドル − $ 0.680 $ 12.0
2014年 6.2% 2.3% 3.021ドル 3.506ドル − $ 0.485 $ 12.8
2015年 5.3% 2.7% 3.250ドル 3.692ドル − $ 0.442 $ 13.1
2016年 4.9% 1.7% 3.268ドル $ 3.853 − $ 0.585 $ 14.2

オバマ氏は就任後、世界金融危機とそれに続く選挙前に始まった大不況への対処に焦点を合わせた[97] [98]。これは、大恐慌以来最悪の景気後退と一般に見なされていた[99] 2009年2月17日、オバマは、医療、インフラ、教育、さまざまな減税とインセンティブ、および個人への直接支援への支出を含む7,780億ドルの経済刺激法案に署名しました。1,160億ドルの所得税減税を含む法律の税規定は、納税者の​​98%の税金を一時的に引き下げ、60年間で最低水準の税率をもたらしました。[100] [101]オバマ政権は後に、刺激策が米国を「二番底」の不況から救ったと主張するだろう。[102]オバマは2009年12月に2番目の主要な刺激パッケージを要求したが[103]、主要な2番目の刺激法案は可決されなかった。オバマはまた、米国の自動車メーカーの2回目の救済を開始し、 93億ドルの費用でゼネラルモーターズクライスラーを破産から救った可能性があり[104] [105]サブプライム住宅ローン危機のために住宅ローンの債務不履行の危機に瀕している住宅所有者の、オバマはHARPHAMPを含むいくつかのプログラムを開始した。[106] [107]オバマは、2009年にベンバーナンキを連邦準備理事会の議長に再任し[108]、2013年にジャネットイエレンをバーナンキの後任に任命した。 [109]オバマの多くの短期金利はほぼゼロのままだった。大統領職であり、連邦準備制度理事会は、2015年12月までオバマ大統領の任期中に金利を引き上げなかった。[110]

There was a sustained increase of the U.S. unemployment rate during the early months of the administration,[111] as multi-year economic stimulus efforts continued.[112][113] The unemployment rate reached a peak in October 2009 at 10.0%.[114] However, the economy added non-farm jobs for a record 75 straight months between October 2010 and December 2016, and the unemployment rate fell to 4.7% in December 2016.[115] The recovery from the Great Recession was marked by a lower labor force participation rate, some economists attributing the lower participation rate partially to an aging population and people staying in school longer, as well as long-term structural demographic changes.[116]回復はまた、米国における所得の不平等の拡大を明らかにし[117]、オ​​バマ政権はそれを主要な問題として強調した。[118]連邦の最低賃金 は、オバマ大統領の任期中に1時間あたり7.25ドルに引き上げられた。[119]彼の第二期で、オバマは1時間あたり12ドルへのさらなる増加を提唱した。[120]

2010年7月の雇用創出についてビル・クリントン前大統領とヴァレリー・ジャレット上級顧問と話すオバマ

GDP成長率は2009年の第3四半期に戻り、1.6%のペースで拡大し、第4四半期には5.0%の増加が続きました。[121]成長は2010年も続き、第1四半期には3.7%の増加を記録し、残りの年を通じて増加は少なかった。[121]国の実質GDPは2011年、2012年、2013年、2014年に約2%増加し、2015年には2.9%でピークに達した。[122] [123]不況の余波で、世帯収入の中央値(インフレ調整済み​​)オバマ氏の最初の学期中に辞退した後、彼の最終年には最高記録を更新しました。[124]貧困率は2010年に15.1%でピークに達したが、2016年には12.7%に低下し、2007年の12.5%の景気後退前の数値よりも依然として高かった。[125] [126] [127]大不況後の米国およびその他の先進国のGDP成長率は比較的小さいため、経済学者やその他の人々は、米国の成長率が20世紀後半に見られるレベルに戻るかどうか疑問に思いました。世紀。[128] [129]

課税

クリントン、ブッシュ、オバマの下での連邦所得税のブラケット[130]
クリントン[4] ブッシュ[5] オバマ[6]
15% 10% 10%
2位 28% 15% 15%
3位 31% 25% 25%
4位 36% 28% 28%
5位 - 33% 33%
6日 - - 35%
39.6% 35% 39.6%

オバマ大統領は、2001年から2003年の間に制定されたブッシュ減税のほとんどの恒久的な延長につながる税金をめぐる長期の戦いを見ました。これらの減税は、元々議会を使用して可決されたため、オバマ大統領の間に失効するように設定されました和解として知られている操作であり、「バードルール」の長期的な赤字要件を満たさなければなりませんでした。111議会のレームダックセッション中、オバマと共和党は、削減の最終的な運命について争った。オバマ氏は、年間25万ドル未満の納税者の減税を延長したいと考えていましたが、議会共和党は減税の全面的な延長を望んでおり、トップ所得者の減税を延長しなかった法案の支持を拒否しました。[131] [132]オバマと共和党議会の指導部は、すべての減税の2年間の延長、失業保険の13か月の延長、 FICA給与税の1年間の引き下げなどを含む合意に達した。対策。[133]オバマは最終的に多くの警戒心の強い民主党員に法案を支持するよう説得したが、バーニー・サンダースのような多くのリベラル派は反対し続けた。[134][135] The $858 billion Tax Relief, Unemployment Insurance Reauthorization, and Job Creation Act of 2010 passed with bipartisan majorities in both houses of Congress and was signed into law by Obama on December 17, 2010.[134][136]

オバマが2012年に再選された直後、議会共和党とオバマはブッシュ減税の最終的な運命をめぐって再び対決した。共和党はすべての減税を恒久的にしようとしましたが、オバマは25万ドル未満の減税のみを延長しようとしました。[137]オバマと共和党議員は、2012年の米国納税者救済法について合意に達し、年間40万ドル未満(またはカップルの場合は45万ドル未満)の個人に対する減税を恒久的にした。[137]その金額を超える所得については、所得税は35%から39.6%に引き上げられました。これは、ブッシュ減税が通過する前の最高税率でした。[138]取引はまた、恒久的にインデックスを付けましたインフレの代替ミニマム税、 250,000ドル(カップルの場合は300,000ドル)を超える個人の限定控除、相続の免税額を512万ドル(インフレ指数)に恒久的に設定し、相続税の最高税率を35%から40%に引き上げました。[138]多くの共和党員はこの取引を好まなかったが、法案が可決されなかったためにブッシュ減税が完全に終了したという事実のために、法案は主に共和党議員を可決した。[137] [139]

予算と債務上限

ジョン・ベーナー(R-OH)は、2011年から2015年まで下院議長を務めました。

US government debt grew substantially during the Great Recession, as government revenues fell and Obama largely eschewed the austerity policies followed by many European countries.[140] US government debt grew from 52% of GDP when Obama took office in 2009 to 74% in 2014, with most of the growth in debt coming between 2009 and 2012.[122] In 2010, Obama ordered the creation of the National Commission on Fiscal Responsibility and Reform (also known as the "Simpson-Bowles Commission") in order to find ways to reduce the country's debt.[141] The commission ultimately released a report that called for a mix of spending cuts and tax increases.[141] Notable recommendations of the report include a cut in military spending, a scaling back of tax deductions for mortgages and employer-provided health insurance, a raise of the Social Security retirement age, and reduced spending on Medicare, Medicaid, and federal employees.[141] The proposal never received a vote in Congress, but it served as a template for future plans to reduce the national debt.[142]

2010年の選挙で下院を支配した後、共和党議員は、米国財務省が発行できる債務総額の法定限度額を引き上げる見返りに、支出の削減を要求しました。2011年の債務上限危機は、オバマと議会の民主党員が支出削減を含まない「クリーンな」債務上限の引き上げを要求したときに発生しました。[143]一部の民主党員は、オバマが第14条改正の条件の下で一方的に債務上限を引き上げることができると主張したが、[144]オバマは議会共和党と交渉することを選択した。オバマと下院議長John Boehner attempted to negotiate a "grand bargain" to cut the deficit, reform entitlement programs, and re-write the tax code, but the negotiations eventually collapsed due to ideological differences between the Democratic and Republican leaders.[145][146][147] Congress instead passed the Budget Control Act of 2011, which raised the debt ceiling, provided for domestic and military spending cuts, and established the bipartisan Joint Select Committee on Deficit Reduction to propose further spending cuts.[148] As the Joint Select Committee on Deficit Reduction failed to reach an agreement on further cuts, domestic and military spending cuts known as the 「隔離」は2013年から発効した。[149]

In October 2013, the government shut down for two weeks as Republicans and Democrats were unable to agree on a budget. House Republicans passed a budget that would defund Obamacare, but Senate Democrats refused to pass any budget that defunded Obamacare.[150] Meanwhile, the country faced another debt ceiling crisis. Ultimately the two sides agreed to a continuing resolution that re-opened the government and suspended the debt ceiling.[151] Months after passing the continuing resolution, Congress passed the Bipartisan Budget Act of 2013 and an omnibus spending bill to fund the government through 2014.[152] 2015年、ジョン・ベーナーが下院議長を辞任すると発表した後、議会は政府支出目標を設定し、オバマが辞任するまで債務制限を一時停止する法案を可決した。[153]

LGBTの権利

ホワイトハウス、2015年6月26日、米国での同性結婚を合法化した、オーバーグフェル対ホッジスでの最高裁判所の判決を祝うLGBTレインボーフラッグで照らされました。

彼の大統領時代、オバマ、議会、最高裁判所はすべて、LGBTの権利の大幅な拡大に貢献しました。2009年、オバマはマシューシェパードとジェームズバードジュニアのヘイトクライム防止法に署名しました。これは、被害者の性的指向のために犯された犯罪を対象とするヘイトクライム法を拡大したものです。[154] 2010年12月、オバマは2010年の「尋ねない、言わない」廃止法に署名し、これにより、ゲイやレズビアンの人々が米軍で公然と奉仕することを禁止するという軍の方針が終了した。[155]オバマもENDAの通過を支持した, which would ban discrimination against employees on the basis of gender or sexual identity for all companies with 15 or more employees,[156] and the similar but more comprehensive Equality Act.[157] Neither bill passed Congress. In May 2012, Obama became the first sitting president to support same-sex marriage, shortly after Vice President Joe Biden had also expressed support for the institution.[158] The following year, Obama appointed Todd M. Hughes to the Court of Appeals for the Federal Circuit, making Hughes the first openly gay federal judge in U.S. history.[159]2015年、最高裁判所は、憲法が同性カップルにObergefellv。Hodgesの場合に結婚する権利を保証しているとの判決を下しました。オバマ政権は同性愛者の結婚を支持するアミカス・ブリーフを提出し、オバマは原告を個人的に祝福した。[160]オバマはまた、LGBTアメリカ人を支援することを目的とした数十の大統領命令を発行し[161]、連邦職員の同性のパートナーに完全な利益を拡大する2010年の命令を含む。[162] 2014年の命令は、性的指向または性同一性に基づく連邦請負業者の従業員に対する差別を禁止した[162] 2015年、国防長官のアシュ・カーターは禁止を解除した戦闘の役割を担う女性[163]と、2016年に、彼は軍隊で公然と奉仕するトランスジェンダーの個人の禁止を解除した。[164]国際舞台では、オバマは特にアフリカで同性愛者の権利を擁護した。[165]

教育

2008-09年の大不況は、すべての都市と州で税収の急激な減少を引き起こしました。その対応は、教育予算を削減することでした。オバマ氏の8000億ドルの刺激策には、公立学校向けの1,000億ドルが含まれており、すべての州が教育予算を保護するために使用していました。しかし、イノベーションを後援するという観点から、オバマと彼の教育長官であるArne Duncanは、 Race totheTopを通じて幼稚園から高校までの教育改革を追求しました。 grant program. With over $15 billion of grants at stake, 34 states quickly revised their education laws according to the proposals of advanced educational reformers. In the competition points were awarded for allowing charter schools to multiply, for compensating teachers on a merit basis including student test scores, and for adopting higher educational standards. There were incentives for states to establish college and career-ready standards, which in practice meant adopting the Common Core State Standards Initiative that had been developed on a bipartisan basis by the National Governors Association, and the Council of Chief State School Officers基準は必須ではなく、助成金を取得する機会を改善するためのインセンティブでした。ほとんどの州はそれに応じて法律を改正しましたが、競争の激しい新しい助成金の場合はそうなる可能性は低いと認識していました。レース・トゥ・ザ・トップは、両党の中道政治の要素で、強力な超党派の支持を持っていました。民主党の左翼と共和党の右翼が反対し、ワシントンに権力を集中させすぎたと批判した。中産階級の家族からも苦情が寄せられ、教師に創造性を示して生徒の想像力を刺激するのではなく、テストへの指導がますます重要視されることに悩まされていました。[166] [167]

Obama also advocated for universal pre-kindergarten programs,[168] and two free years of community college for everyone.[169] Through her Let's Move program and advocacy of healthier school lunches, First Lady Michelle Obama focused attention on childhood obesity, which was three times higher in 2008 than it had been in 1974.[170] In December 2015, Obama signed the Every Student Succeeds Act, a bipartisan bill that reauthorized federally mandated testing but shrank the federal government's role in education, especially with regard to troubled schools.[171] The law also ended the use of waivers by the Education Secretary.[171] In post-secondary education, Obama signed the Health Care and Education Reconciliation Act of 2010, which ended the role of private banks in lending out federally insured student loans,[172] created a new income-based loan repayment plan known as Pay as You Earn, and increased the amount of Pell Grant awards given each year.[173] He also instituted new regulations on for-profit colleges, including a "gainful employment" rule that restricted federal funding from colleges that failed to adequately prepare graduates for careers.[174]

Immigration

オバマ大統領は大統領就任当初から、米国に不法に居住している多くの移民の市民権への道を含む、包括的な移民改革を支持していました。[175]しかし、議会はオバマの在任中に包括的な移民法案を可決せず、オバマは行政措置に目を向けた。2010年のレームダック会期で、オバマはDREAM法の可決を支持しました。これは下院を通過しましたが、法案に賛成する55〜41票で上院議事妨害を克服できませんでした。[176] 2013年、上院は市民権への道を示す移民法案を可決したが、下院は法案に投票しなかった。[177] [178] 2012年、オバマはDACAを実施しました約70万人の不法移民を国外追放から保護する政策。このポリシーは、16歳の誕生日より前に米国に連れてこられた人にのみ適用されます。[179] 2014年、オバマはさらに400万人の不法移民を国外追放から保護する新しい大統領命令を発表したが[180]、下級裁判所の判決を支持する4対4の同点投票で最高裁判所によって命令が阻止された。[181]一部の個人を保護するための行政措置にもかかわらず、不法移民の強制送還はオバマの下で続いた。オバマ大統領の第2期中に国外追放の数は減少したものの、2012年には過去最高の40万人の国外追放が発生した。[182]1965年の移民国籍法の成立に端を発したトレンドを継続し、2015年の米国居住者の割合は13.7%に達し、20世紀初頭以降のどの時点よりも高くなっています。[183]​​ [184] 1990年以降増加した後、米国に住む不法移民の数は、オバマ大統領の任期中に約1,150万人で安定し、2007年のピーク時の1,220万人から減少した。[185] [186]

米国の移民人口は2014年に記録的な4,220万人に達しました。[187] 2015年11月、オバマは米国に少なくとも10,000人のシリア難民を再定住させる計画を発表しました。[188]

エネルギー

President Obama during a call to the crew aboard the ISS

オバマ政権時代にエネルギー生産が急増した。[189]石油生産の増加は、主に私有地への民間投資によって引き起こされた水圧破砕ブームによって引き起こされ、この開発においてわずかな役割しか果たしていませんでした。[189]オバマ政権は再生可能エネルギーの成長を促進し[190]オバマ大統領の任期中に太陽光発電は3倍になった。[191]オバマはまた、多数のエネルギー効率基準を発行し、米国の総エネルギー需要の成長の平坦化に貢献した。[192] 2010年5月、オバマは2010年のディープウォーターホライズン油流出事故後、海洋掘削許可のモラトリアムを延長しました。、これは一般的に米国史上最悪の油流出と考えられています。[193] [194] 2016年12月、オバマ大統領は、北極海と大西洋の大部分での沖合の石油とガスの探査を禁止するために外縁大陸棚法を発動した。[195]

オバマの在任中、キーストーンXLパイプラインをめぐる戦いは大きな問題となり、支持者はそれが経済成長に寄与すると主張し、環境保護論者はその承認が地球温暖化に寄与すると主張した。[196]提案された1,000マイル(1,600 km)のパイプラインは、カナダのオイルサンドメキシコ湾を接続していました。[196]パイプラインは国境を越えたため、その建設には米国連邦政府の承認が必要であり、米国国務省は長いレビュープロセスに従事しました。[196]オバマ大統領は、2015年2月にキーストーンパイプラインを建設する法案を拒否し、承認の決定は行政府に委ねられるべきであると主張しました。[197]それは彼の大統領職の最初の主要な拒否権であり、議会はそれを無効にすることができなかった。[198] 2015年11月、オバマはパイプラインの建設を承認しないと発表した。[196]法案を拒否することで、彼は、パイプラインが米国の政治的言説において「過度に膨らんだ役割」を果たし、雇用創出や気候変動に比較的小さな影響しか及ぼさなかったであろうと述べた。[196]

薬物政策と刑事司法改革

オバマ政権は、米国が麻薬犯罪者を投獄するのに行き過ぎだと両党の多くが感じたときに、刑事司法制度を改革するためにいくつかの措置を講じた[199]。連邦刑務所の人口の減少。[200]オバマの在職期間も、2015年に暴力犯罪率が上昇したものの、1991年のピークから全国的な暴力犯罪率の継続的な低下を見た。 [201] [202] 2009年10月、米国司法省医療用マリファナのある州の連邦検察官に指令を出した laws not to investigate or prosecute cases of marijuana use or production done in compliance with those laws.[203] In 2009, President Obama signed the Consolidated Appropriations Act, 2010, which repealed a 21-year-old ban on federal funding of needle exchange programs.[204] In August 2010, Obama signed the Fair Sentencing Act, which reduced the sentencing disparity between crack cocaine and powder cocaine.[205] In 2012, Colorado and Washington became the first states to legalize non-medical marijuana,[206]そして、オバマが辞任するまでに、さらに6つの州が娯楽用マリファナを合法化した。[207]連邦法の下ではマリファナの使用は違法のままであったが、オバマ政権は一般に、合法化することを選択した州でマリファナを使用した人々を起訴しないことを選択した。[208] 2016年、オバマは連邦政府が私立刑務所の使用を段階的に廃止すると発表した[209]オバマは、1,000人を超える個人の刑を減刑し、他のどの大統領よりも多くの減刑を行った。オバマの減刑のほとんどは、非暴力の麻薬犯罪者に向けられた。[210] [211]

オバマ大統領の任期中に、オピオイド死亡率が急激に上昇しました死者の多くは、当時も今も、ヘロインの摂取よりも過剰摂取の可能性が高いフェンタニルの摂取に起因しています。そして、多くの人がこの違いに気づかなかったり、ヘロインや薬物混合物を自分で投与すると思っていたが、実際には純粋なフェンタニルを使用したために亡くなりました。[212]健康の専門家は、政府の対応が遅くて弱いと批判した。[213] [214]

銃規制

Upon taking office in 2009, Obama expressed support for reinstating the Federal Assault Weapons Ban; but did not make a strong push to pass it-or any new gun control legislation early on in his presidency.[215] During his first year in office, Obama signed into law two bills containing amendments reducing restrictions on gun owners, one which permitted guns to be transported in checked baggage on Amtrak trains[216] and another allowing the concealed carry of loaded firearms in National Parks, located in states where concealed carry was permitted.[217][218]

Following the December 2012 Sandy Hook Elementary School shooting, Obama outlined a series of sweeping gun control proposals, urging Congress to reintroduce an expired ban on "military-style" assault weapons, impose limits on ammunition magazines to 10 rounds, require universal background checks for all domestic gun sales, ban the possession and sale of armor-piercing bullets and introduce harsher penalties for gun-traffickers.[219] Despite Obama's advocacy and subsequent mass shootings, no major gun control bill passed Congress during Obama's presidency. Senators Joe Manchin (D-WV) and Pat Toomey(R-PA)は、身元調査を拡大するより限定的な銃規制措置に合格しようとしましたが、法案は上院で阻止されました。[220]

サイバーセキュリティ

Cybersecurity emerged as an important issue during Obama's presidency. In 2009, the Obama administration established United States Cyber Command, an armed forces sub-unified command charged with defending the military against cyber attacks.[221] Sony Pictures suffered a major hack in 2014, which the US government alleges originated from North Korea in retaliation for the release of the film The Interview.[222] China also developed sophisticated cyber-warfare forces.[223] In 2015, Obama declared cyber-attacks on the US a national emergency.[222] Later that year, Obama signed the サイバーセキュリティ情報共有法を法制化。[224] 2016年、民主国家委員会と他の米国組織がハッキングされ[ 225]、FBIとCIAは、ドナルド・トランプが2016年の大統領選挙に勝利するのを助けることを期待してロシアがハッキングを後援したと結論付けました。[226]コリン・パウエル元国務長官やジョン・O・ブレナンCIA長官を含む他の著名人電子メールアカウントもハッキングされ、電子メールの機密性に対する新たな懸念が生じた。[227]

人種問題

2009年7月30日、ホワイトハウスでの「ビールサミット」

オバマは大統領としての演説で、前任者よりも人種関係について明白な言及をしなかったが[228] [229]、ある研究によれば、彼はニクソン時代以来、アフリカ系アメリカ人に代わってどの大統領よりも強力な政策行動を実施した。 。[230]

オバマ氏の選挙後、多くの人が「ポストレイシャルアメリカ」の存在について考えました。[231] [232]しかし、長引く人種間の緊張はすぐに明らかになり[231] [233]、多くのアフリカ系アメリカ人は、オバマ大統領に向けられた「人種毒」として見たものに対する怒りを表明した。[234] 2009年7月、著名なアフリカ系アメリカ人ハーバード大学のヘンリー・ルイス・ゲイツ・ジュニア教授がマサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で地元の警察官に逮捕され、論争を巻き起こした。 after Obama stated that the police acted "stupidly" in handling the incident. To reduce tensions, Obama invited Gates and the police officer to the White House in what became known as the "Beer Summit".[235] Several other incidents during Obama's presidency sparked outrage in the African-American community and/or the law enforcement community, and Obama sought to build trust between law enforcement officials and civil rights activists.[236] The acquittal of George Zimmerman following the killing of Trayvon Martin sparked national outrage, leading to Obama giving a speech in which he noted that "Trayvon Martin could have been me 35 years ago."[237]ミズーリ州ファーガソンでのマイケル・ブラウン射殺は、抗議の波を引き起こした[238]これらおよび他の出来事は、黒人に対する暴力および体系的な人種差別に反対するキャンペーンを行うブラック・ライヴズ・マター運動の誕生につながった[238]法執行コミュニティの一部は、警察の行動がアフリカ系アメリカ人男性の死につながった事件の後、オバマの人種的偏見の非難を批判し、一部の人種的司法活動家は、オバマの警察への共感の表明を批判した。[236] オバマ氏は人種について話すことを躊躇して就任したが、2014年までに、マイノリティグループの多くのメンバーが直面する不利な点について公然と議論し始めた。[239] 2016年3月のギャラップの世論調査では、アメリカ人のほぼ3分の1が人種関係について「非常に」心配していると述べ、2001年以降の以前のギャラップの世論調査よりも高い数字である。[240]

NASA

オバマ大統領は、2010年4月15日にケネディ宇宙センターで講演します。

2009年7月、オバマは元宇宙飛行士のチャールズボールデンをNASA管理者に任命しました。[241]その同じ年、オバマはコンステレーション計画を検討するためにオーガスティンパネルを設置した2010年2月、オバマ氏は、 2011年の米国連邦予算からプログラムを削減すると発表し、「予算を超過し、予定より遅れ、イノベーションが不足している」と説明しました。[242] [243]決定が米国で批判を呼んだ後、新しい「火星への柔軟な道」計画が2010年4月の宇宙会議で発表された。[244] [245] It included new technology programs, increased R&D spending, an increase in NASA's 2011 budget from $18.3 billion to $19 billion, a focus on the International Space Station, and plans to contract future transportation to Low Earth orbit to private companies.[244] During Obama's presidency, NASA designed the Space Launch System and developed the Commercial Crew Development and Commercial Orbital Transportation Services to cooperate with private space flight companies.[246][247] These private companies, including SpaceX, Virgin Galactic, Blue Origin, Boeing, and Bigelow Aerospace, became increasingly active during Obama's presidency.[248] The Space Shuttle program ended in 2011, and NASA relied on the Russian space program to launch its astronauts into orbit for the remainder of the Obama administration.[246][249] Obama's presidency also saw the launch of the Lunar Reconnaissance Orbiter and the Mars Science Laboratory. In 2016, Obama called on the United States to land a human on Mars by the 2030s.[248]

Other initiatives

オバマは、米国のさまざまな技術と技術力を促進するための措置を講じました。インターネットを使用するアメリカ人の成人の数は2008年の74%から2013年には84%に増加し[250]、オバマはブロードバンドインターネットを低所得のアメリカ人に拡大するプログラムを推進しました。[251]多くの共和党員の反対を超えて、連邦通信委員会は、「ネット中立性」を保護することを目的として、インターネットプロバイダー公益事業として規制し始めた。[252]オバマは18F米国デジタルサービスを開始しました, two organizations devoted to modernizing government information technology.[253][254] The stimulus package included money to build high-speed rail networks such as the proposed Florida High Speed Corridor, but political resistance and funding problems stymied those efforts.[255] In January 2016, Obama announced a plan to invest $4 billion in the development of self-driving cars, as well as an initiative by the National Highway Traffic Safety Administration to develop regulations for self-driving cars.[256] That same month, Obama called for a national effort led by Vice President Biden to develop a cureがんの場合[257] 2016年10月19日、バイデンはマサチューセッツ大学ボストン校の米国上院議員エドワードM.ケネディ研究所で、政府のがんイニシアチブについて話しました。[258] American Economic Reviewの2020年の調査によると、OSHAの安全衛生規則に違反する施設に名前を付けて恥をかかせたプレスリリースを発行するというオバマ政権の決定により、他の施設はコンプライアンスを強化し、職場での怪我を減らすことができました。この調査では、各プレスリリースが210回の検査と同じようにコンプライアンスに影響を与えたと推定されています。[259] [260]

外交問題

The Obama administration inherited a war in Afghanistan, a war in Iraq, and a global "War on Terror," all launched by Congress during the term of President Bush in the aftermath of the September 11 attacks. Upon taking office, Obama called for a "new beginning" in relations between the Muslim world and the United States,[261][262] and he discontinued the use of the term "War on Terror" in favor of the term "Overseas Contingency Operation."[263] Obama pursued a "light footprint" military strategy in the Middle East that emphasized special forces, drone strikes, and diplomacy over large ground troop occupations.[264] However, American forces continued to clash with Islamic militant organizations such as al-Qaeda, ISIL, and al-Shabaab[265] under the terms of the AUMF passed by Congress in 2001.[266] Though the Middle East remained important to American foreign policy, Obama pursued a "pivot" to East Asia.[267][268] Obama also emphasized closer relations with India, and was the first president to visit the country twice.[269] An advocate for 核不拡散、オバマはイランとロシアとの武器削減協定の交渉に成功しました。[270] 2015年、オバマはオバマ教義を「私たちは関与するが、私たちはすべての能力を保持する」と述べた。[271]オバマはまた、孤立主義を拒絶し、リアリズムリベラル介入主義の影響を受けた国際主義者であると述べた。[272]

イラクとアフガニスタン

イラクとアフガニスタンの軍隊レベル[273]
イラク アフガニスタン
2007 * 137,000 [274] 26,000 [274]
2008 * 154,000 [274] 27,500 [274]
2009年 139,500[274] 34,400[274]
2010 107,100[274] 71,700[274]
2011 47,000[274] 97,000[274]
2012 150[275] 91,000[276]
2013 ≈150 66,000[277]
2014 ≈150 38,000[278]
2015 2,100[279] 12,000[280]
2016 4,450[281] 9,800[282]
2017 5,300[283] 8,400[284]
President Obama speaks with U.S. troops at Camp Victory, Iraq, April 2009

2008年の大統領選挙中、オバマはイラク戦争強く批判し[285] 、オバマは2011年後半までにイラクの米軍兵士の大多数を撤退させた –アドバイザーおよびトレーナーとしてイラクに残っている5万人のアメリカ人兵士[286] 2009年初頭のイラクのおよそ15万人のアメリカ人兵士から減少。[287] 2008年、ブッシュ大統領は米イラク軍の地位協定に署名した。米国は2011年後半までにすべての軍隊を撤退させることを約束した。[288] [289]オバマはイラク首相を説得しようとした。ヌーリー・アル・マリキは、米国の兵士が2011年を過ぎても滞在できるようにしましたが、米国の兵士の大規模な存在は、ほとんどのイラク人に人気がありませんでした。[288] 2011年12月下旬までに、150人のアメリカ兵だけが米国大使館で奉仕するために残った。[275]しかし、2014年に、米国はISILに対するキャンペーンを開始しました。これは、イラクとシリアで活動するイスラム過激派テロリストグループであり、イラクからの米軍兵士の撤退とシリア内戦の開始後に劇的に成長しました。[290] [291] 2015年6月までに、イラクには約3500人のアメリカ兵がイラク内戦反ISIL軍の顧問を務めていた。[292] and Obama left office with roughly 5,262 U.S. soldiers in Iraq and 503 of them in Syria.[293]

オバマは、彼の第2学期でほとんどの軍人を撤退させる前に、彼の第1学期中にアフガニスタンのアメリカ兵の数を増やしました。オバマ大統領は就任後、2009年夏までに17,000人の新兵によってアフガニスタンでの米軍のプレゼンスが強化されると発表し[294]、2009年の初めにすでにアフガニスタンにいた約30,000人の兵士に加えて[295]ロバート国防長官ゲーツ、国務長官のヒラリー・クリントン、および共同首長のマイケル・マレンはすべてさらなる軍隊を主張し、オバマは長いレビュープロセスの後に追加の兵士を派遣した。[296] [297] The number of American soldiers in Afghanistan would peak at 100,000 in 2010.[274] In 2012, the U.S. and Afghanistan signed a strategic partnership agreement in which the U.S. agreed to hand over major combat operation to Afghan forces.[298] That same year, the Obama administration designated Afghanistan as a major non-NATO ally.[299] In 2014, Obama announced that most troops would leave Afghanistan by late 2016, with a small force remaining at the US embassy.[300] In September 2014, Ashraf Ghani succeeded Hamid Karzai as the President of Afghanistan after the U.S. helped negotiate a power-sharing agreement between Ghani and Abdullah Abdullah.[301] On January 1, 2015, the U.S. military ended Operation Enduring Freedom and began Resolute Support Mission, in which the U.S. shifted to more of a training role, although some combat operations continued.[302] In October 2015, Obama announced that U.S. soldiers would remain in Afghanistan indefinitely in order support the Afghan government in the civil war against the Taliban, al-Qaeda, and ISIL.[303] Joint Chiefs of Staff Chair Martin Dempsey中央アジアにまたがる長期的なテロ対策作戦の一環として、兵士をアフガニスタンに留めておくという決定を組み立てた。[304]オバマは、アフガニスタンに残っているおよそ8,400人の米兵と共に事務所を去った。[284]

東アジア

Though other areas of the world remained important to American foreign policy, Obama pursued a "pivot" to East Asia, focusing the U.S.'s diplomacy and trade in the region.[267][268] China's continued emergence as a major power was a major issue of Obama's presidency; while the two countries worked together on issues such as climate change, the China-United States relationship also experienced tensions regarding territorial claims in the South China Sea and the East China Sea.[305] In 2016, the United States hosted a summit with the Association of Southeast Asian Nations(ASEAN)初めて、オバマ政権がASEANや他のアジア諸国とのより緊密な関係を追求したことを反映している。[306]ミャンマーで公然と争われた選挙を奨励するのを手伝った後、オバマはミャンマーに対する多くの米国の制裁を解除し[307] [308]オバマはまた、ベトナム[309] オーストラリアフィリピンとの米軍関係を強化し、ラオスへの援助を増やし、韓国日本の関係の温暖化に貢献した[310]オバマは環太平洋パートナーシップを設計した合意は未承認のままですが、アジアの要の主要な経済的柱として。[310]オバマは、米国の長年の敵である北朝鮮との関係についてほとんど進展がなく、北朝鮮はその大量破壊兵器プログラムを開発し続けた。[311]

ロシア

2009年4月1日にロンドンで開催されたG20サミット前の、ドミトリー・メドヴェージェフバラク・オバマの最初の会合

On taking office, Obama called for a "reset" in relations with Russia, which had declined following the 2008 Russo-Georgian War.[312] While President Bush had successfully pushed for NATO expansion into former Eastern bloc states, the early Obama era saw NATO put more of an emphasis on creating a long-term partnership with Russia.[313] Obama and Russian President Dmitry Medvedev worked together on a new treaty to reduce and monitor nuclear weapons, Russian accession to the World Trade Organization, and counterterrorism.[312] 2010年4月8日、オバマとメドベージェフは新戦略兵器削減条約にました。これは、両国の核兵器備蓄を減らし、監視体制を提供する主要な核軍備管理協定です[314] 2010年12月、上院は71〜26票でニュースタートを批准し、13人の共和党員とすべての民主党員が条約に賛成票を投じた。[315] 2012年、ロシアは世界貿易機関に加盟し、オバマはロシアとの貿易関係を正常化した。[316]

ウラジーミル・プチンが2012年に大統領に復帰した後、米露関係は衰退した。 [312]ユーロメイダン運動に対応したロシアのウクライナへの介入クリミア併合ロシアの指導者に制裁を課したオバマと他の西側の指導者による強い非難につながった。[312] [317]制裁はロシアの金融危機の一因となった[318]両党の議員の中には、米国にウクライナ軍を武装させるよう求めたものもあったが、オバマはウクライナ軍に密接に関与することに抵抗した。War in Donbass.[319] In 2016, following several cybersecurity incidents, the Obama administration formally accused Russia of engaging in a campaign to undermine the 2016 election, and the administration imposed sanctions on some Russian-linked people and organizations.[320][321] In 2017, after Obama left office, Robert Mueller was appointed as special counsel to investigate Russian's involvement in the 2016 election, including allegations of conspiracy or coordination between Trump's presidential campaign and Russia.[322] The Mueller Report2019年にリリースされた、ロシアはトランプキャンペーンを強化するために持続的なソーシャルメディアキャンペーンとサイバーハッキング作戦を実施したと結論付けています。[323]報告書は、トランプキャンペーンがロシアと共謀したという主張について結論に達していないが、ミューラーによれば、彼の調査は「[トランプ]キャンペーンのメンバーに参加を請求するのに十分な証拠を見つけられなかった。犯罪陰謀。」[324]

イスラエル

オバマとイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相オバマ大統領の2か月を除くすべての任期を務めた)との関係は特に冷淡であり、多くの人がお互いの嫌悪感についてコメントした。[325] [326]オバマは就任後、イスラエルとパレスチナの紛争の解決に向けて取り組むために中東への特別使節としてジョージJ.ミッチェルを任命したが、ミッチェルは2011年に辞任する前にほとんど進歩しなかった。[327] 2010年3月、クリントン国務長官は、東エルサレムでの入植地の拡大を承認したとしてイスラエル政府を批判しました。[328]ネタニヤフは、イランと交渉するオバマの努力に強く反対し、2012年の米国大統領選挙でミットロムニーを支持していると見なされました。[325]しかしながら、オバマはパレスチナ国家を要求する国連決議を拒否するという米国の政策を継続し、政権は交渉された二国家解決を支持し続けた。[329]オバマはまた、アイアンドーム防空プログラムのための2億2500万ドルの緊急援助パッケージを含むイスラエルへの援助を増やした。[330]

オバマ政権は、オバマ政権の最後の数か月間、国連安全保障理事会決議2334を拒否しないことを選択しました。これは、イスラエルが1967年の第三次中東戦争で占領た領土でのイスラエル入植地の終了を促したものです。和解の拡大に対する長年のアメリカの反対と一致して、棄権の批評家はそれが緊密なアメリカの同盟国を放棄したと主張した。[331]

貿易協定

彼の前任者のように、オバマは、部分的には世界的な貿易障壁を下げることにおけるドーハ交渉の進展の欠如のために、自由貿易協定を追求しました。[332] 2011年10月、米国はコロンビアパナマ韓国と自由貿易協定を締結した。議会の共和党員は圧倒的に合意を支持しましたが、議会の民主党員はさまざまな票を投じました。[333] 3つの協定はもともとブッシュ政権によって交渉されていたが、オバマは各国との交渉を再開し、各協定のいくつかの条件を変更した。[333]

オバマは、2つの非常に大きな多国間自由貿易協定を推進しました。日本、メキシコ、カナダを含む環太平洋11か国との環太平洋パートナーシップ(TPP)と、欧州連合との大西洋横断貿易投資パートナーシップ(TTIP)の提案です。[334] TPP交渉はブッシュ大統領の下で始まり、オバマは東アジアで急速に成長している経済に再び焦点を合わせようとする長期戦略の一部としてそれらを続けた。[335] TPPの主な行政目標には、次のものが含まれます。(1)地域の経済統合の主要な規範的プラットフォームとして自由市場資本主義を確立する。(2)特に著作権、ソフトウェア、およびテクノロジーに関する知的財産権の基準を保証する。(3)新たな世界秩序の規則と規範を形作る上でのアメリカのリーダーシップを強調する。(4)そして中国がライバルネットワークを確立するのを阻止する。[336]

After years of negotiations, the 12 countries reached a final agreement on the content of the TPP in October 2015,[337] and the full text of the treaty was made public in November 2015.[338] The Obama administration was criticized from the left for a lack of transparency in the negotiations, as well as the presence of corporate representatives who assisted in the drafting process.[339][340][341] In July 2015, Congress passed a bill giving trade promotion authority to the president until 2021; trade promotion authority requires Congress to vote up or down on trade agreements signed by the president, with no possibility of amendments or filibusters.[342]TPPは、2016年の選挙で主要なキャンペーンの問題となり、両方の主要政党の大統領候補がその批准に反対しました。[343]オバマが辞任した後、トランプ大統領は米国をTPP交渉から撤退させ、残りのTPP署名者は後に、環太平洋パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定として知られる別個の自由貿易協定を締結した。[344]

2011年6月、米国大使館は、ハイチの最低賃金の引き上げとの戦いにおいて、リーバイスとヘインズの請負業者を支援したと報じられました。[345]

グアンタナモ湾収容所

In 2002, the Bush administration established the Guantanamo Bay detention camp to hold alleged "enemy combatants" in a manner that did not treat the detainees as conventional prisoners of war.[346] Obama repeatedly stated his desire to close the detention camp, arguing that the camp's extrajudicial nature provided a recruitment tool for terrorist organizations.[346] On his first day in office, Obama instructed all military prosecutors to suspend proceedings so that the incoming administration could review the military commission process.[347] On January 22, 2009, Obama signed an executive order restricting interrogators to methods listed and authorized by an Army Field Manual,[348] ending the use of "enhanced interrogation techniques."[349] In March 2009, the administration announced that it would no longer refer to prisoners at Guantanamo Bay as enemy combatants, but it also asserted that the president had the authority to detain terrorism suspects there without criminal charges.[350] The prisoner population of the detention camp fell from 242 in January 2009 to 91 in January 2016, in part due to the Periodic Review Boards that Obama established in 2011.[351] Many members of Congress strongly opposed plans to transfer Guantanamo detainees to prisons in U.S. states, and the Obama administration was reluctant to send potentially dangerous prisoners to other countries, especially unstable countries such as Yemen.[352] Though Obama continued to advocate for the closure of the detention camp,[352] 41 inmates remained in Guantanamo when Obama left office.[353][354]

Killing of Osama bin Laden

バイデンの隣に座っているオバマは、米国の国家安全保障チームがシチュエーションルームに集まり、ネプチューンスピア作戦の進行状況を監視しました。

オバマ政権は成功した作戦を開始し、 9月11日の攻撃と他のいくつかのテロ攻撃を担当した世界的なスンニ派イスラム過激派組織であるアルカイダのリーダーであるオサマビンラーディンの をもたらしました。[355] 2010年7月に受け取った情報から始めて、CIAは、イスラマバードから35マイル(56 km)の郊外地域であるパキスタンのアボッタバードにある大きな敷地内のオサマビンラーディンの場所を特定しました[356] CIAのヘッドレオンパネッタ 2011年3月にこの情報をオバマに報告した。次の6週間の間に彼の国家安全保障顧問と会談し、オバマは化合物を爆撃する計画を拒否し、米国海軍SEALsによる「外科的襲撃」を承認した作戦は2011年5月1日に行われ、ビンラーディンが死亡し、紙、コンピュータードライブ、ディスクが敷地内から押収されました。[357]ビンラーディンの遺体は、DNA検査によって特定され、数時間後に海に埋葬された。[358] 発表に対する反応は、彼の2人の前任者であるジョージW.ブッシュビルクリントンを含む、党の枠を超えて肯定的だった[359]。そして世界中の多くの国から。[360]

ドローン戦争

オバマはブッシュ政権が始めたドローン攻撃プログラムを拡大し、オバマ政権はイエメンソマリア、そして最も顕著なのはパキスタンで標的に対してドローン攻撃を行った[361]ドローン攻撃は高位のテロリストを殺害したが、彼らはまた民間人の死傷者をもたらしたとして批判された。[362] 2013年のピュー研究所の調査によると、パキスタンではストライキは広く人気がなく[363]、オバマ政権の元メンバーの一部は、米国に対する反発を引き起こしたとしてストライキを批判している。[362] However, based on 147 interviews conducted in 2015, professor Aqil Shah argued that the strikes were popular in North Waziristan, the area in which most of the strikes take place, and that little blowback occurred.[364] In 2009, the UN special investigator on extrajudicial, summary, or arbitrary executions called the United States' reliance on drones "increasingly common" and "deeply troubling", and called on the U.S. to justify its use of targeted assassinations rather than attempting to capture al Qaeda or Taliban suspects.[365][366] In 2013, Obama appointed John Brennan新しいCIA局長として、CIAの工作員に、ドローン攻撃で民間人が怪我をしないことを「ほぼ確実に」判断することを要求する新しい方針を発表しました。[361]新しい政策の発表後、ドローン攻撃の数は大幅に減少した[361] [362]

2015年の時点で、米国のドローン攻撃により8人のアメリカ市民が死亡し、そのうちの1人であるアンワルアウラキが標的にされました。[362]米国市民の標的殺害は憲法上の問題を提起した。これは、米国市民の超法規的殺害を命じた現職の米国大統領の最初の既知の事例である[367] [368]オバマは、アル・アウラキが米国への攻撃を奨励することから直接参加することへと移行した後、アラビア半島のアルカイダと関係のあるイスラム教の聖職者であるアル・アウラキの標的殺害を命じた。[369] [370]オバマ政権は、ドローン攻撃を正当化する法的意見を分類し続けることを継続的に追求したが、憲法の適正手続き要件を満たすために、アメリカ人を標的にする前に特別な法的レビューを行ったと述べた。[362] [371]

キューバの雪解け

オバマ大統領は、キューバ革命と1962年のキューバ危機に続いて米国が禁輸したキューバとの関係で大きな雪解けを見た。2013年の春から、米国とキューバの間で秘密の会議が行われ、会議はカナダとバチカン市国の中立的な場所で行われました[372]教皇フランシスコが米国とキューバに善意のしぐさとして捕虜を交換するように忠告したので、バチカンは最初に2013年に相談された。[373] 2013年12月10日、キューバのラウル・カストロ大統領, in a significant public moment, shook hands with and greeted Obama at Nelson Mandela's memorial service in Johannesburg.[citation needed] In December 2014, Cuba released Alan Gross in exchange for the remaining members of the Cuban Five.[373] That same month, President Obama ordered the restoration of diplomatic ties with Cuba.[374] Obama stated that he was normalizing relationships because the economic embargo had been ineffective in persuading Cuba to develop a democratic society.[375] In May 2015, Cuba was taken off the United States's list of State Sponsors of Terrorism.[376] 2015年8月、公式の外交関係が回復した後、米国とキューバはそれぞれの大使館を再開した。[377] 2016年3月、オバマはキューバを訪れ、カルビン・クーリッジ以来初めて島に足を踏み入れたアメリカ大統領となった[378] 2017年、オバマは、米国へのキューバ移民に特別な権利を与えていた「濡れた足と乾いた足の政策」を終了した。[379]キューバと米国の間の回復された関係は、ラテンアメリカの指導者が満場一致でこの動きを承認したので、より広いラテンアメリカと米国の関係への恩恵と見なされた[380] [381] Presidential candidate Donald Trump promised to reverse the Obama policies and return to a hard line on Cuba.[382]

Iranian nuclear negotiations

President Obama announces an agreement on the Iran nuclear deal, 14 July 2015

Iran and the United States have had a poor relationship since the Iranian Revolution and the Iran hostage crisis, and tensions continued during the Obama administration due to issues such as the Iranian nuclear program and Iran's alleged sponsorship of terrorism. On taking office, Obama focused on negotiations with Iran over the status of its nuclear program, working with the other P5+1 powers to adopt a multilateral agreement.[383] Obama's stance differed dramatically from the more hawkish position of his predecessor, George W. Bush,[384] as well as the stated positions of most of Obama's rivals in the 2008 presidential campaign.[385] In June 2013, Hasan Rouhani won election as the new President of Iran, and Rouhani called for a continuation of talks on Iran's nuclear program.[386] In November 2013, Iran and the P5 announced an interim agreement,[386] and in April 2015, negotiators announced that a framework agreement had been reached.[387] Congressional Republicans, who along with Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu had strongly opposed the negotiations,[388] attempted but failed to pass a Congressional resolution rejecting the six-nation accord.[389] Under the agreement, Iran promised to limit its nuclear program and to provide access to International Atomic Energy Agency inspectors, while the U.S. and other countries agreed to reduce sanctions on Iran.[390] The partisan fight over the Iran nuclear deal exemplified a broader ideological disagreement regarding American foreign policy in the Middle East and how to handle adversarial regimes, as many opponents of the deal considered Iran to be an implacably hostile adversary who would inevitably break any agreement.[391]

Arab Spring and its aftermath

Most Arab states experienced turmoil during the Arab Spring.
  Civil war   Government overthrown multiple times   Government overthrown   Protests and governmental changes   Major protests   Minor protests

After a sudden revolution in Tunisia in 2011,[392] protests occurred in almost every Arab state. The wave of demonstrations became known as the Arab Spring, and the handling of the Arab Spring played a major role in Obama's foreign policy.[393] After three weeks of unrest, Egyptian President Hosni Mubarak resigned at the urging of President Obama.[394] General Abdel Fattah el-Sisi eventually took power from Egyptian President Mohammed Morsi in a 2013 coup d'état, prompting the US to cut off arms shipments to its long-time ally.[395]しかし、オバマは2015年に輸送を再開した。[395]イエメンは革命を経験し、その後内戦を経験し、米国からのロジスティックおよびインテリジェンスの支援を受けたサウジアラビアの軍事作戦につながった。[396]オバマ政権は、サウジアラビアの戦闘機がイエメンの首都サナアで葬儀を標的とし、140人以上を殺害した後、サウジアラビアへの米軍の支援を検討する意向を発表した。[397]国連は、サウジ主導の連立を「人間の生命を完全に無視した」と非難した。[398] [399] [400]

リビア

Libya was strongly affected by the Arab Spring. Anti-government protests broke out in Benghazi, Libya, in February 2011,[401] and the Gaddafi government responded with military force.[402] The Obama administration initially resisted calls to take strong action[403] but relented after the Arab League requested Western intervention in Libya.[404] In March 2011, international reaction to Gaddafi's military crackdown culminated in a United Nations resolution to enforce a no fly zone in Libya. Obama authorized U.S. forces to participate in international air attacks on Libyan air defenses using トマホークは保護区域を確立するためにミサイルを巡航します。[405] [406]介入はNATOが主導したが、スウェーデンと3つのアラブ諸国もこの任務に参加した。[407]連立の支援を受けて、反政府勢力は翌8月にトリポリを占領した。[408]リビアのキャンペーンはカダフィ政権の崩壊で最高潮に達したが、リビアは内戦の余波で混乱を経験した。[409]リビアへのオバマの介入は、下院議員からの批判を引き起こし、戦争権限決議の適用可能性についての議論に火をつけた。[410] 2012年9月、イスラム過激派がベンガジのアメリカ領事館を攻撃し、 J。クリストファースティーブンス大使 と他の3人のアメリカ人を殺害した。[411]共和党は、オバマ政権によるベンガジ攻撃の取り扱いを強く批判し、攻撃を調査するために特別委員会を下院に設置した。[412]大統領就任後、オバマ大統領は大統領職の「最悪の過ち」がカダフィ追放の余波を予測できなかったことを認めた。[413]

シリア内戦

シリアはアラブの春の影響を最も受けた州の1つであり、2011年3月の後半までに、シリアで大規模な反政府抗議が行われていました。[414]シリアは長い間米国の敵であったが、オバマはバシャール・アル・アサド政権を打倒するための一方的な軍事行動は間違いであると主張した。[415]抗議が続くにつれて、シリアは長引く内戦陥り[416]、米国はアサド政権に対するシリアの反対を支持した。[417]グータの化学攻撃後、アサドに対する米国の批判が強まった, eventually resulting in a Russian-backed deal that saw the Syrian government relinquish its chemical weapons.[418] In the chaos of the Syrian Civil War, an Islamist group known as Islamic State of Iraq and the Levant (ISIL) took control of large portions of Syria and Iraq.[419] ISIL, which had originated as al-Qaeda in Iraq under the leadership of Abu Musab al-Zarqawi,[291] eventually challenged al-Qaeda as the most prominent global terrorist group during Obama's second term.[420] Starting in 2014, the Obama administration launched air strikesアサド政権に反対し続けながら、ISILと訓練を受けた反ISIL兵士に対して。[417] [418]オバマ政権はまた、ISILに反対する際にシリアのクルド人と協力し、トルコとの関係を緊張させ、トルコ内のクルド人テロリストグループと協力したとしてシリアのクルド人を非難した[421]ロシアは、アサド政権を支援するために独自の軍事介入を開始し、複雑な複数党の代理戦争を引き起こしたが、米国とロシアはISILと戦うために協力することもあった。[422] 2015年11月、オバマは少なくとも10,000人のシリア難民を再定住させる計画を発表した。米国では。[188]シリア内戦が主要な人道的大惨事になったため、オバマのシリア紛争への「軽い足跡」アプローチは多くの人から批判されたが、オバマの支持者は、米国を別の費用のかかる地上戦争から遠ざけたことは称賛に値すると主張した。中東。[423] [424] [293]

外国および国内の監視

オバマ政権はブッシュ政権からいくつかの政府監視プログラムを継承し、オバマは市民的自由の保護とテロの脅威の追跡のバランスをとろうとしましたが、オバマの多くのプログラムの継続は多くの市民的リバタリアンを失望させました。[425] ニューヨークタイムズは2009年に、司法省はNSAがその誤りを訂正したと信じていたが、NSAが下院議員を含むアメリカ市民の通信を傍受していたと報告した。[426] 2011年、オバマは愛国者法のいくつかの条項の4年間の延長に署名した。[427] 2013年6月秘密のPRISMの存在 2007年以来米国国家安全保障局(NSA)によって運営されている大量電子監視 データマイニングプログラムは、大量データ収集の範囲が一般の人々が知っているよりもはるかに大きいと警告したNSA請負業者のエドワードスノーデンによってリークされました。[428]国際的な怒りに直面して、米国政府当局者は、PRISM監視プログラムを令状なしでは国内の標的に使用できないこと、テロ行為の防止に役立ったこと、および連邦政府から独立した監視を受けたことを主張することにより、PRISM監視プログラムを擁護した。政府の行政司法および立法府[429] 2013年6月、オバマは、NSAのデータ収集慣行は、「私たちが人々を保護できるようにすることを目的とした、制限された狭いシステム」を構成すると述べた。[430] 2015年、オバマは米国自由法に署名しました。これは愛国者法のいくつかの規定を拡張しましたが、NSAによる大量の電話記録の収集を終了しました。[425] [431]

倫理

ロビー活動改革

オバマ大統領の選挙運動の早い段階で、オバマ氏はロビイストは「私のホワイトハウスで仕事を見つけることができない」と述べたが、就任後、彼のスタンスを和らげた。[432] 2009年1月21日、オバマは彼の政権に将来のすべての任命者のための大統領命令を出しました。任命日から2年後。[25] 2009年の初めに、800人の行政官の任命のうち3つの正式な免除が最初に発行されました。[433]ワシントンの責任と倫理のための市民オバマ氏は、ロビイストが過去2年間にロビー活動を行っていた問題に、免除を発行することで取り組むことを禁じている彼自身の倫理規則から撤退したと主張して、政権を批判した。[434] 2015年のポリティコの調査によると、オバマは漸進的な改革を開始し、オバマ大統領の任期中にロビイストの数は減少したが、オバマは政府と企業の間を移動する役人の「回転ドア」を閉じることができなかった。[435]しかしながら、オバマ政権は、一部には政権のロビイスト規則のために、前政権が経験した「利害の対立」スキャンダルを避けた。[436]

透明性

オバマは、 2009年のアメリカ復興再投資法について議論し、米国大統領としての彼の最初の毎週の演説を提示します。

オバマ氏は、米国史上「最も透明性の高い」政権を運営し、結果はまちまちであると約束した。[437]オバマ政権は就任時に、すべての大統領命令、非緊急立法、および布告がホワイトハウスの公式ウェブサイト、whitehouse.govに掲載され、大統領の前に5日間レビューおよびコメントできるようになると述べた。立法に署名する[438]が、この誓約はオバマ大統領の就任最初の月に2度破られた。[439] [440] 2009年1月21日、オバマは大統領命令により、元アメリカ合衆国大統領の記録へのアクセスが制限されていた大統領命令13233を取り消した。[441]オバマは、情報公開法の要求を「支持する推定を採用する」ように、彼の政権のすべての機関と部門に指示を出しました。[442]これらの行動は、オバマ政権の間に分類率が記録的な最低値に落ちるのを助けた。[437] 2009年4月、米国司法省は、テロの疑いのある囚人に対してCIAが使用した物議を醸す尋問方法を詳細に説明するブッシュ政権からの4つの法的メモを発表した。[443] [444] The Obama administration also introduced the Open Government Directive, which encouraged government agencies to publish data and collaborate with the public, and the Open Government Partnership, which advocated open government norms.[437] However, Obama continued to make use of secret memos and the state secrets privilege, and he continued to prosecute whistleblowers.[437]

オバマ政権は、内部告発と報道機関への漏洩への対応において、ブッシュや他の以前の政権よりもはるかに攻撃的であると特徴づけられており[445]、批評家はオバマ政権の取り締まりを「内部告発者との戦争」と表現するよう促した。[446] [447] 1917年のスパイ活動法の以前はめったに使用されなかったリーク関連の規定に基づいて起訴された。元国家安全保障局の従業員であるトーマス・アンドリュース・ドレイク[448] [449]スティーブン・ジンウ・キム国務省請負業者、[450]および Jeffrey Sterling. Others prosecuted for leaking information include Shamai Leibowitz, a contract linguist for the Federal Bureau of Investigation,[451] John Kiriakou, a former CIA analyst,[452] and Chelsea Manning, an intelligence analyst for the US Army whose trial received wide coverage.[453] Most notably, Edward Snowden, a technical contractor for the NSA, was charged with theft and the unauthorized disclosure of classified information to columnist Glenn Greenwald.[454]スノーデンの開示は、さまざまな反応を引き起こしました。多くの人がスノーデンに恩赦を求めたが、他の人は彼を裏切り者と呼んだ。[455] [456]

オバマ大統領時代の選挙

議会の民主党議席[7]
会議 上院
111日[8] 59 [9] 257
112位 53 193
113位 55 201
114位 46 188
115日[10] 48 194

2010年中間選挙

Attacking Obama relentlessly, emphasizing the stalled economy, and enjoying the anger of the Tea Party Movement, Republicans scored a landslide in the 2010 midterm elections, winning control of the House and gaining seats in the Senate. After the election, John Boehner replaced Nancy Pelosi as Speaker of the House, and Pelosi became the new House Minority Leader. Boehner pledged to repeal Obamacare and cut federal spending.[457]

オバマ氏は選挙を「謙虚」かつ「砲撃」と呼び、景気回復の影響を十分に感じていなかったアメリカ人が不足していたために敗北したと主張した。[458]新たに権限を与えられた共和党議員は、オバマケアや債務上限などの問題でオバマにすぐに立ち向かった。[145]選挙での共和党の勝利はまた、 2010年の米国国勢調査後に起こった選挙区変更において共和党に優勢を与えた。[459]

2012年の再選キャンペーン

Obama defeated Republican Mitt Romney in the 2012 presidential election.

2011年4月4日、オバマ氏は2012年に再選を求めると発表しました彼は民主党の指名のために重要なライバルに直面していませんでした。彼の共和党の反対者は、マサチューセッツ州の元知事であるミット・ロムニーでした。ロムニーは、税金の引き下げ、支出の削減、国防費の増加、およびオバマケアの廃止を求めました(ロムニーの下で開発されたマサチューセッツの医療計画に基づいていたとしても)。[460]オバマのキャンペーンはシカゴに拠点を置き、ホワイトハウスのスタッフの多くの元メンバーと成功した2008年のキャンペーンのメンバーによって運営されていた。[461]オバマ氏は、選挙人票332票(合計538票中)と人気投票の51.1%で再選に勝利し、ドワイト・アイゼンハワー以来、投票の51%を2回獲得した最初の人物になりました。[462]出口調査によると、オバマは女性、黒人、ヒスパニック、アジア人、45歳未満の人々、年間5万ドル未満の人々、大中規模の都市に住む人々、リベラル、穏健派、未婚、同性愛者、および大学教育、一部の大学教育、または大学院の学位を持たない人々。[463]大統領選挙の勝利に加えて、民主党も両院の議席を獲得したが、共和党は下院の支配権を維持した。

2014年中間選挙

議会党の指導者
上院の指導者 ハウスリーダー
多数 少数 スピーカー 少数
2009〜2010年 リード マコーネル ペロシ ベーナー
2011〜2014 リード マコーネル ベーナー ペロシ
2015年 マコーネル リード ベーナー[11] ペロシ
2015〜2016年 マコーネル リード ライアン ペロシ
2017 [12] マコーネル シューマー ライアン ペロシ

共和党が上院の支配権を獲得し、いくつかの知事を獲得したため、オバマの2回目の中間選挙は別の波の選挙に変わりました。[464]ミッチ・マコーネルがハリー・リードに代わって上院多数党指導者になり、リードが上院多数党指導者になった。上院の共和党の支配は、党にオバマの行政と司法の候補者を阻止する力を与えました。[19] 2010年と2014年の共和党の波は、多くの若い民主党候補を打ち負かし、いくつかの州民主党の二軍を弱体化させた。[465]

2016年の選挙と移行期間

共和党のドナルド・トランプは、2016年の大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントンを破った。

2016年の選挙は11月8日に行われました。オバマの承認率は彼の党のレースに勝つ能力に影響を与えた可能性がありますが、オバマは第22修正により2016年に任期が制限されました。[466] 2016年6月、民主党予備選挙がほぼ完了したことで、オバマは前国務長官のヒラリー・クリントンを後継者として承認した。[467]しかし、ポリティコのグレン・スラッシュによれば、オバマは長い間クリントンを彼の好ましい後継者として支持しており、オバマはバイデン副大統領がクリントンに反対することを思いとどまらせた。[468]オバマは、 2016年民主党全国大会でクリントンに賛成して発言した、そして彼は選挙日までの数ヶ月間、クリントンと他の民主党員のためにキャンペーンを続けました。[469]しかし、総選挙で、クリントンは共和党の候補者であるドナルド・トランプに敗れた。彼はオバマの最初の任期中にオバマの出生地に目立って疑問を呈した。[470]共和党はまた、下院と上院の支配権を保持した。オバマ大統領の8年間の間に、民主党は1,041の知事と州および連邦の立法議席の純損失を経験しました。[471]大西洋のロナルド・ブラウンスタインは、これらの損失は他の第二次世界大戦後の2期大統領の損失と同様であると述べた。[472] [473]

Trump and Obama frequently communicated during the transition period, and Trump stated that he sought Obama's advice regarding presidential appointments.[474] However, President-elect Trump also criticized some of Obama's actions, including Obama's refusal to veto a UN Resolution condemning Israel settlements.[475] In his farewell address, Obama expressed concerns about a divisive political environment, economic inequality, and racism, but remained optimistic about the future.[476][477]

Approval ratings and other opinions

ギャラップの投票承認評価[478]
日にち 承認 不承認
2009年1月 67 13
2009年7月 58 34
2010年1月 51 43
2010年7月 46 47
2011年1月 48 45
2011年7月 46 45
2012年1月 46 47
2012年7月 45 46
2013年1月 53 40
2013年7月 46 46
2014年1月 41 53
2014年7月 42 53
2015年1月 46 48
2015年7月 46 49
2016年1月 47 49
2016年7月 51 45
2017年1月 55 42

After his transition period, Obama entered office with an approval rating of 82% according to Gallup,[479] Obama's approval rating fell to 69% after he took office and announced his first policy decisions.[480] Obama received the support of 90% of Democrats, 60% of independents, and 40% of Republicans in January 2009 polls.[480] By December 2009, Obama's approval rating had fallen to 51%, with Obama receiving approval from roughly 85% of Democrats, 45% of independents, and just 18% of Republicans.[480] In July 2010, after the passage of the Dodd-Frank and Obamacare, Obama's approval rating stood at 45%, with 47% disapproving.[480]オバマの支持率は2010年の選挙まで安定しており[480]、共和党が両院で大幅な利益を獲得し、下院を支配した。[457]オバマ氏の承認率は、2011年1月に50%に戻ったが、 2011年の債務上限危機を受けて2011年8月には40%に低下した。[480]オバマの支持率は2012年にゆっくりと上昇し、オバマがミット・ロムニーを破った2012年の選挙の直前に50%を超えた。[480]彼の再選後、オバマの承認率は57%に達したが、2013年10月に連邦政府が閉鎖された後、その数は40代台前半に落ち込んだ。 [480]オバマの支持率は、共和党が両院で利益を獲得し、上院を支配した2014年の選挙まで、40代半ばから低位にとどまりました。[480] 2015年、オバマ氏の承認率は40代半ばから高値に上昇し、彼の承認と不承認の評価はほぼ一致しました。[480]彼の承認率は2016年の大統領選挙中に50年代に上昇し、オバマは2016年11月に57%の承認率を登録しました。[480]大統領の最終週に行われたギャラップの世論調査で、オバマは95%の承認を登録しました民主党の評価、独立者の61%の承認評価、共和党の14%の承認評価。[480]

オバマの選挙はまた、彼の人種、出身地、および宗教への反応を引き起こしました。大統領として、オバマは多くの罵倒と人種差別的なほのめかしに直面しましたが、ほとんどの人種差別主義者の明白なコメントは小さなフリンジに限定されていました。[481] ドナルド・トランプは、オバマがケニアで生まれたと理論づけたオバマ氏が長形式の出生証明書を発表する直前に行われた2011年4月のCNN世論調査では、共和党員の40%がオバマ氏がケニアで生まれたと信じていることがわかりました。[470]これらの「誕生者」の多くは、オバマは(伝えられるところでは)市民ではなかったので、彼は自然生まれの市民の下で大統領を務める資格がなかったと主張した。 requirements of the Constitution. Despite Obama's release of his long-form birth certificate, which affirmed that Obama was born in Hawaii, a 2015 CNN poll found that 20% of Americans believed that Obama was born outside of the country.[482] Many also claimed that Obama practiced Islam, and a 2015 CNN poll found that 29% of Americans and 43% of Republicans believed Obama to be a Muslim.[482] Even prior to his election as president, Obama had clarified that he was a long-time member of a church affiliated with the United Church of Christ, a mainline Protestant denomination.[483]

ニューヨーク州ルードンビルにあるシエナ大学シエナ研究所による2010年1月の調査では、オバマ大統領就任から1年後、238人の米国の歴史および政治学の教授がオバマを43人の米国大統領のうち15位にランク付けしました。[484] 2010年9月、ロンドン大学先端研究所のアメリカ研究所の米国大統領センターによる調査で。 —オバマ大統領就任から1年8か月—アメリカの歴史と政治に関する英国の学術専門家である47人の無名の回答者は、1789年から2009年までの42人の米国大統領のうち40人をランク付けしました。オバマが含まれていたら、彼はハリーS.トルーマンの後ろで、ロナルドレーガンと他のすべての第二次世界大戦後の米国大統領の前で8位にランクされていたでしょう。[485] [486] [ 487 ]オバマ大統領就任から3年5か月後のNewsweek誌による2012年6月の調査では、10人の選ばれたアメリカの歴史家と伝記作家が1900年以来オバマを20人の米国大統領の10位にランク付けした。2013年4月のHistoryNewsNetworkによる調査 (HNN) website in Seattle—four years and three months into the Obama presidency—203 scholars from 69 top U.S. colleges and universities gave Obama a B− grade on an A–F scale.[490] A February 2015 Brookings Institution survey of members of the American Political Science Association put Obama in 18th place out of the 43 presidents.[491] Additionally, a 2011 Gallup poll found that 5% of Americans saw Obama as the country's greatest president.[492]

オバマ氏が辞任したとき、歴史家は大統領としての彼の有効性についてさまざまな意見を表明し、その後の出来事が彼の究極の遺産を決定するだろうと多くの人が指摘した。[493] [494]オバマが最初のアフリカ系アメリカ人大統領として長い間記憶されるという普遍的な合意があった。[493] [494] [495]多くの人が、オバマが景気回復を主宰し、主要な国内法を可決したが、党派の分裂を埋めることができず、弱体化した状態で党を辞任したと述べた。[493]

文化的影響

Vox and Rolling Stone both named the American sitcom Parks and Recreation as the television show that "defined" the cultural zeitgeist of the Presidency of Barack Obama.[496] In the same article, Rolling Stone named Breaking Bad, Veep and Empire as other television shows that defined the era.[497]

Vox wrote that

[パークスアンドレック]は、公共サービスが究極の善であるという考えについての一種のアメリカの楽観主義を例示しました。しかし、シリーズはまた、多くの人がオバマに反対する原因となる進歩性と結びついていました。主人公のレスリー・ノップは、彼女が彼女の構成員のために最善を尽くしていると信じていますが、彼らは彼女を彼らの本当のニーズに触れていないと見ています。

アランセピンウォールはローリングストーンで書いた

最近の記憶の中で、パークスアンドレックほど明確に瞬間に結び付けられているシリーズはほとんどありません。具体的には、大統領政権です。人々の生活をより良くするための政府の力に対するショーの信念—そしてより広くは、コミュニティのメンバー(彼らは友人、家族、またはロン・スワンソンがかつて言ったように、「職場の近接関係者」)の義務において必要なときに互いに助け合う—それをオバマ時代の希望に満ちた旗手にしました。[498]

も参照してください

ノート

  1. ^ A small portion of the 111th Congress (January 3, 2009 – January 19, 2009) took place under President Bush, while only a small portion of the 115th Congress (January 3, 2017 – January 19, 2017) took place during Obama's second term.
  2. ^ The income, outlay, and deficit numbers reflect fiscal years which last from October to September; for example, the 2014 fiscal year lasted from October 2013 to September 2014.
  3. ^ Numbers reflect post-OBRA 93 tax brackets.
  4. ^ Numbers reflect post-Bush tax cuts tax brackets.
  5. ^ Numbers reflect post-American Taxpayer Relief Act of 2012 tax brackets.
  6. ^ 議会の各セッションの開始時の民主党議席。民主党に所属する無所属議員(バーニー・サンダースジョー・リーバーマンアンガス・キング)は、この表の目的上、民主党員として数えられます。オバマ大統領の任期中、435議席に合計100議席があったため、上院の民主党の過半数は50議席を必要とし(民主党の副大統領ジョー・バイデン同数票を投じることができたため)、民主党の過半数は218席が必要です(空席がないと仮定)。
  7. ^ 2009年、アルフランケン非常に緊密な選挙にアーレンスペクター議事妨害防止」60議席をスコットブラウン2010年1月の特別選挙に勝利した後、上院民主党の数は59議席に減少しましたマサチューセッツ州で。
  8. ^ ポール・ライアンは、2015年10月に下院議長としてジョン・ベーナーを引き継ぎました。

参考文献

  1. ^ Pearson, Rick; Long, Ray (February 10, 2007). "Obama: I'm running for president". Chicago Tribune. Archived from the original on August 13, 2007. Retrieved September 20, 2008.
  2. ^ "Obama: I will be the Democratic nominee". CNN. June 3, 2008. Retrieved June 4, 2008.
  3. ^ a b Berman, Russell (April 22, 2016). "The Most Important Takeover of Any Organization in History". The Atlantic. Retrieved August 19, 2016.
  4. ^ ベイカー、ピーター; ゼレニー、ジェフ(2008年11月6日)。「オバマにとって、彼が移行チームを構築し始めるので、勝利を浴びる時間はありません」ニューヨークタイムズ2008年12月17日取得
  5. ^ アメリカ合衆国憲法。「アメリカ合衆国憲法修正第20条」2009年1月21日取得
  6. ^ 「オバマは最初の大統領の布告に署名する」CNN。2009年1月20日2009年1月20日取得
  7. ^ 「オバマ内閣:確認および指名」NPR2009年1月22日2009年1月28日取得
  8. ^ Dayen、David(2016年10月14日)。「最も重要なウィキリークスの啓示はヒラリー・クリントンに関するものではありません。2008年のジョン・ポデスタの電子メールは、民主党での権力の仕組みについて明らかにしています」ニューリパブリック
  9. ^ ヤングマン、サム(2009年12月28日)。「オバマの「ライバルのチーム」内閣は大統領の「ドラマなし」のマントラを生きている」ヒル2015年12月16日取得
  10. ^ Smith, Ben (November 14, 2008). "The Clinton band is back together". Politico. Retrieved November 20, 2015.
  11. ^ Kamen, Al (April 29, 2009). "Just Inside 100 Days, Sebelius Completes the Cabinet". The Washington Post. Retrieved December 18, 2015.
  12. ^ a b Kelly, Amita (March 16, 2016). "McConnell: Blocking Supreme Court Nomination 'About A Principle, Not A Person'". NPR. Retrieved March 18, 2016.
  13. ^ せん断、マイケル(2016年2月15日)。「より多くの共和党員が最高裁判所の候補者をブロックすると言う」ニューヨークタイムズ2016年2月16日取得
  14. ^ ハーレー、ローレンス(2016年7月19日)。「選挙が過熱する中、最高裁判所は寒さの中で指名された」ロイター2016年7月19日取得
  15. ^ ブラビン、ジェス(2017年1月3日)。「オバマ大統領のメリック・ガーランド最高裁判所の指名は失効する」ウォールストリートジャーナル
  16. ^ 「大統領による裁判官の任命」アメリカ合衆国の裁判所2017年1月19日取得確認済みの候補者のみが含まれます。「その他の裁判所」の行は、USCAFC国際通商裁判所の確認で構成されています。
  17. ^ a b Toobin、Jeffrey(2014年10月27日)。「オバマブリーフ」ニューヨーカー2015年11月15日取得
  18. ^ マッカーシー、トム(2013年11月21日)。「上院は、共和党のブロックが繰り返された後、議事妨害規則への変更を承認します」ガーディアン2015年11月14日取得
  19. ^ a b エベレット、バージェス(2015年4月20日)。「上院の「核」放射性降下物」ポリティコ2015年11月15日取得
  20. ^ ミン・キム、スン(2016年7月14日)。「マコーネルの歴史的な裁判官の封鎖」ポリティコ2016年11月17日取得
  21. ^ "Obama halts all regulations pending review". NBC News. Associated Press. January 20, 2009. Retrieved January 21, 2009.
  22. ^ Shear, Michael (July 27, 2016). "Threat to Legacy Gives Obama Powerful Motive to Stump for Hillary Clinton". The New York Times. Retrieved August 19, 2016.
  23. ^ Mazzetti, Mark; Glaberson, William (January 21, 2009). "Obama Issues Directive to Shut Down Guantánamo". The New York Times. Retrieved May 22, 2010.
  24. ^ "Obama Reverses Key Bush Security Policies". The New York Times. January 22, 2009.
  25. ^ a b "Ethics Commitments by Executive Branch Personnel". The White House. Archived from the original on June 23, 2013. Retrieved January 22, 2009.
  26. ^ Tapper, Jake; Miller, Sunlen; Khan, Huma (January 23, 2009). "Obama Overturns Mexico City Policy Implemented by Reagan". ABC News. Retrieved February 12, 2017.
  27. ^ "A Wonderful Day". whitehouse.gov. January 29, 2009. Retrieved January 29, 2009 – via National Archives.
  28. ^ Macon Phillips (April 1, 2013). "CHIP". whitehouse.gov. Retrieved August 7, 2013 – via National Archives.
  29. ^ Stolberg, Sheryl (March 9, 2009). "Obama Lifts Bush's Strict Limits on Stem Cell Research". The New York Times. Retrieved March 17, 2009.
  30. ^ Savage, Charlie (March 9, 2009). "Obama Looks to Limit Impact of Tactic Bush Used to Sidestep New Laws". The New York Times. Retrieved March 17, 2009.
  31. ^ Savage, Charlie (June 27, 2009). "A Bill Signing, With Reservations". The New York Times. Retrieved June 27, 2009.
  32. ^ "Obama signs sweeping public land reform legislation". CNN. March 30, 2009. Retrieved July 22, 2016.
  33. ^ Woodward, Calvin (April 1, 2009). "PROMISES, PROMISES: Obama tax pledge up in smoke". The Seattle Times. Associated Press. Retrieved May 24, 2011.
  34. ^ (according to whom?)
  35. ^ a b Chaddock, Gail Russell (February 14, 2009). "USA POLITICS Obama wins his economic stimulus package, but without the bipartisanship he sought". Christian Science Monitor. Retrieved February 19, 2016.
  36. ^ Grunwald, Michael (August 23, 2012). "The Party of No: New Details on the GOP Plot to Obstruct Obama". Time. Retrieved February 19, 2016.
  37. ^ Lizza, Ryan (January 30, 2012). "The Obama Memos". New Yorker. Retrieved February 19, 2016.
  38. ^ Sahadi, Jeanne (January 27, 2009). "Stimulus with interest: $1.2 trillion". CNN. Retrieved April 14, 2012.
  39. ^ Sahadi, Jeanne (February 17, 2009). "Stimulus: Now for the hard part". CNN. Retrieved August 7, 2013.
  40. ^ Lerer, Lisa (December 22, 2010). "No Congress Since 1960s Has Impact on Public as 111th". Bloomberg L.P. Retrieved April 20, 2016. The first number indicates the members of Congress voting for the bill, and the second indicates the members of Congress voting against the bill. The "Senate Democrat" column includes independents caucusing with the Democrats. Bills that passed are shaded green.
  41. ^ Sack, Kevin (July 23, 2008). "Health Plan From Obama Spurs Debate". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  42. ^ a b Ornstein, Norm (July 6, 2015). "The Real Story of Obamacare's Birth". The Atlantic. Retrieved November 19, 2015.
  43. ^ Herszenhorn, David (July 27, 2009). "Health Policy Is Carved Out at Table for 6". The New York Times. Retrieved November 19, 2015.
  44. ^ "Timeline: Milestones in Obama's quest for healthcare reform". Reuters. March 22, 2010. Retrieved March 22, 2010.
  45. ^ Murray, Shailagh (December 25, 2009). "Senate passes health-care bill, now must reconcile it with House". The Washington Post. Retrieved November 13, 2015.
  46. ^ a b Grier, Peter (December 3, 2009). "Three big differences between House and Senate healthcare bills". The Christian Science Monitor. Retrieved November 15, 2015.
  47. ^ "Obama Not Worried About 'Procedural Rules' like "Deem and Pass" for Health Care – Political Punch". ABC News. March 17, 2010. Retrieved December 18, 2010.
  48. ^ Somashekhar, Sandhya; Kane, Paul (March 18, 2010). "Democrats yet to decide on health-care bill bear the weight of Washington". The Washington Post. Retrieved May 22, 2010.
  49. ^ a b Cusack, Bob (February 10, 2016). "The chaotic fight for ObamaCare". The Hill. Retrieved February 10, 2016.
  50. ^ Chait, Jonathan (March 21, 2010). "Stupak Makes A Deal, Reform To Pass". The New Republic.
  51. ^ a b c Murray, Shailagh (March 22, 2010). "House passes health-care reform bill without Republican votes". The Washington Post. Retrieved December 17, 2015.
  52. ^ a b Gay Stolberg, Sheryl (March 23, 2010). "Obama Signs Health Care Overhaul Bill, With a Flourish". The New York Times. Retrieved December 17, 2015.
  53. ^ David Beardsley (March 25, 2010). "Congress Passes Final Tweaking to Health Reform Bill". WUSA. Archived from the original on January 30, 2013. Retrieved May 14, 2012.
  54. ^ Gregg Hitt (March 25, 2010). "Congress Approves Final Health Overhaul". The Wall Street Journal. Retrieved May 14, 2012.
  55. ^ Baker, Peter (August 3, 2012). "Democrats Embrace Once Pejorative 'Obamacare' Tag". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  56. ^ Obama, Barack (August 2, 2016). "United States Health Care Reform". JAMA. 316 (5): 525–532. doi:10.1001/jama.2016.9797. ISSN 0098-7484. PMC 5069435. PMID 27400401.
  57. ^ Raju, Manu (June 25, 2015). "OBAMACARE GOP lawmakers: Time to move on from Obamacare repeal". Politico. Retrieved November 13, 2015.
  58. ^ Eilperin, Juliet (June 25, 2015). "Legacies of Obama presidency and Roberts court are forever intertwined". The Washington Post. Retrieved November 16, 2015.
  59. ^ O'Brien, Michael (October 21, 2013). "Website mess gives fuel to Obamacare critics". NBC. Retrieved November 16, 2015.
  60. ^ Eilperin, Juliet (December 22, 2013). "Jeff Zients helped salvage HealthCare.gov. Now he'll be Obama's go-to guy on economy". The Washington Post. Retrieved November 16, 2015.
  61. ^ Ungar, Laura (March 16, 2015). "Uninsured rates drop dramatically under Obamacare". USA Today. Retrieved November 15, 2015.
  62. ^ Pear, Robert (February 3, 2015). "House G.O.P. Again Votes to Repeal Health Care Law". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  63. ^ Rhodan, Maya (October 20, 2016). "President Obama Explains How He Wants to Fix Obamacare in Speech at Florida College". Time. Retrieved October 20, 2016.
  64. ^ Sorkin, Andrew Ross (September 14, 2009). "A Tough Crowd on Wall Street". The New York Times. Retrieved December 14, 2015.
  65. ^ Censky, Annalyn (July 21, 2010). "Obama on new law: 'No more taxpayer bailouts'". CNN. Retrieved July 22, 2010.
  66. ^ Konczal, Mike (July 21, 2015). "Dodd-Frank turns 5 today — it's Obama's most underappreciated achievement". Vox. Retrieved December 14, 2015.
  67. ^ Calmes, Jackie (September 17, 2010). "Obama Picks Warren to Set Up Consumer Bureau". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  68. ^ a b Dennis, Brady (July 22, 2010). "Obama signs financial overhaul into law". The Washington Post. Retrieved December 14, 2015.
  69. ^ Dean, Nathan (July 21, 2015). "Dodd-Frank at five years: Several key rules remain". Bloomberg L.P. Retrieved December 4, 2015.
  70. ^ Goldfarb, Zachary (July 2, 2014). "President Obama sounds ready to take on the big banks". The Washington Post. Retrieved August 2, 2016.
  71. ^ "Obama signs new rules for credit cards into law". NBC. Associated Press. May 22, 2009. Retrieved November 14, 2015.
  72. ^ Hirschfield Davis, Julie; Landler, Mark; Davenport, Coral (September 8, 2016). "Obama on Climate Change: The Trends Are 'Terrifying'". The New York Times. Retrieved September 9, 2016.
  73. ^ Davenport, Coral (September 28, 2015). "Many Conservative Republicans Believe Climate Change Is a Real Threat". The New York Times. Retrieved December 13, 2015.
  74. ^ a b Lizza, Ryan (October 11, 2010). "As the World Burns". The New Yorker. Retrieved November 13, 2015.
  75. ^ a b AP (June 27, 2009). "Obama implores Senate to pass climate bill". NBC. Retrieved November 13, 2015.
  76. ^ Walsh, Bryan (July 26, 2010). "Why the Climate Bill Died". Time. Retrieved November 13, 2015.
  77. ^ Eilperin, Juliet (June 25, 2013). "Obama unveils ambitious agenda to combat climate change, bypassing Congress". The Washington Post. Retrieved November 13, 2015.
  78. ^ Davenport, Carol (March 31, 2015). "Obama's Strategy on Climate Change, Part of Global Deal, Is Revealed". The New York Times. Retrieved November 13, 2015.
  79. ^ a b Grunwald, Michael. "Inside the war on coal". Politico. Retrieved November 16, 2015.
  80. ^ Eilperin, Juliet (December 19, 2009). "Climate deal falls short of key goals". The Washington Post. Retrieved November 13, 2015.
  81. ^ Landler, Mark (November 11, 2014). "U.S. and China Reach Climate Accord After Months of Talks". The New York Times. Retrieved November 16, 2015.
  82. ^ a b Davenport, Coral (June 30, 2015). "Global Climate Pact Gains Momentum as China, U.S. and Brazil Detail Plans". The New York Times. Retrieved November 16, 2015.
  83. ^ Restuccia, Andrew (September 7, 2015). "GOP to attack climate pact at home and abroad". Politico. Retrieved November 16, 2015.
  84. ^ a b c Davenport, Coral (December 12, 2015). "Nations Approve Landmark Climate Accord in Paris". The New York Times. Retrieved December 13, 2015.
  85. ^ Mufson, Steven (December 12, 2015). "Paris accord is a big win for Obama, even as climate dangers still loom". The Washington Post. Retrieved December 13, 2015.
  86. ^ Milkoreit, Manjana (2019). "The Paris Agreement on Climate Change—Made in USA?". Perspectives on Politics. 17 (4): 1019–1037. doi:10.1017/S1537592719000951. ISSN 1537-5927.
  87. ^ Davenport, Coral (October 15, 2016). "Nations, Fighting Powerful Refrigerant That Warms Planet, Reach Landmark Deal". The New York Times. Retrieved October 17, 2016.
  88. ^ a b Broder, John M. (May 19, 2009). "Obama to Toughen Rules on Emissions and Mileage". The New York Times. Retrieved May 22, 2010.
  89. ^ Vlasic, Bill (August 28, 2012). "U.S. Sets Higher Fuel Efficiency Standards". The New York Times. Retrieved August 19, 2016.
  90. ^ "American Recovery and Reinvestment Act of 2009" (PDF). April 20, 2009. Archived from the original (PDF) on January 6, 2011. Retrieved May 14, 2012.
  91. ^ Shepardson, David (January 20, 2016). "Electric vehicle sales fall far short of Obama goal". Reuters. Retrieved January 21, 2016.
  92. ^ "Did Air Quality Improve Under Obama? - FactCheck.org". FactCheck.org. September 21, 2017. Retrieved April 4, 2018.
  93. ^ "A-1. Employment status of the civilian noninstitutional population 16 years and over, 1980 to date". Bureau of Labor Statistics. United States Department of Labor. Retrieved January 6, 2016.
  94. ^ "Real Gross Domestic Product". Federal Reserve Economic Data, Federal Reserve Bank of St. Louis. January 1, 1930.
  95. ^ "Federal Receipts, Outlays and Deficits, 2007-2016 — US Treasury" – via FRED.
  96. ^ "Federal Debt Held by the Public, US Treasury" – via FRED.
  97. ^ Henry, Ed (January 19, 2009). "Obama's top priority: the economy". CNN. Retrieved February 9, 2009.
  98. ^ Goldman, Russell; Jake Tapper (January 5, 2009). "Obama Pushes Economic Plan, Saying It Can't Wait". ABC News. Retrieved February 9, 2009.
  99. ^ Puzzanghera, Jim (June 27, 2014). "Shocked into reality by the Great Recession". LA Times. Retrieved August 2, 2016.
  100. ^ Condon, Stephanie (April 15, 2010). "What's Obama Doing to Your Taxes?". CBS News. Retrieved November 13, 2010.
  101. ^ Cooper, Michael (October 18, 2010). "From Obama, the Tax Cut Nobody Heard Of". The New York Times.
  102. ^ Grunwald, Michael (February 17, 2014). "5 Years After Stimulus, Obama Says It Worked". Time. Retrieved December 4, 2015.
  103. ^ Scherer, Michael (December 9, 2009). "Calling for a New Stimulus, Obama Is Ready to Rumble". Time. Retrieved December 4, 2015.
  104. ^ Austan D. Goolsbee, and Alan B. Krueger. "A retrospective look at rescuing and restructuring General Motors and Chrysler." Journal of Economic Perspectives 29.2 (2015): 3-24. online
  105. ^ Snavely, Brent (December 13, 2014). "Final tally: Taxpayers auto bailout loss $9.3B". USA Today. Retrieved November 14, 2015.
  106. ^ Christie, Les (October 16, 2012). "Obama's housing scorecard". CNN. Retrieved November 19, 2015.
  107. ^ Orton, Kathy (May 8, 2015). "Homeowners get more time to take advantage of HAMP, HARP". The Washington Post. Retrieved November 19, 2015.
  108. ^ Irwin, Neil (August 26, 2009). "Obama Picks Bernanke for Second Term as Federal Reserve Chairman". The Washington Post. Retrieved November 20, 2015.
  109. ^ Epstein, Jennifer (October 9, 2013). "Obama picks Yellen as next Fed chair". Politico. Retrieved November 20, 2015.
  110. ^ Applebaum, Binyamin (December 16, 2015). "Fed Raises Key Interest Rate for First Time in Almost a Decade". The New York Times. Retrieved December 16, 2015.
  111. ^ "Labor Force Statistics from the Current Population Survey". United States Department of Labor Bureau of Labor Statistics. August 1, 2009.
  112. ^ Stephanopoulos, George (July 5, 2009). "Biden: We 'Misread the Economy'". George's Bottom Line. ABC News. Retrieved April 20, 2010.
  113. ^ MacGillis, Alec (January 13, 2010). "Economic stimulus has created or saved nearly 2 million jobs, White House says". The Washington Post. Retrieved May 22, 2010.
  114. ^ U.S. Bureau of Labor Statistics (January 1, 1948). "Civilian Unemployment Rate". FRED, Federal Reserve Bank of St. Louis.
  115. ^ Udland, Myles (January 6, 2017). "President Obama's economic legacy has just been cemented". Yahoo. Retrieved January 6, 2017.
  116. ^ Soergel, Andrew (July 16, 2015). "Where are all the workers?". US News and World Report. Retrieved November 15, 2015.
  117. ^ Leonhardt, David (February 17, 2015). "Inequality Has Actually Not Risen Since the Financial Crisis". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  118. ^ Harwood, John (February 19, 2015). "Obama's Economic Report Focuses on Income Inequality". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  119. ^ Smith, Aaron (July 19, 2009). "Minimum wage hike: More money or fewer jobs?". CNN. Retrieved May 18, 2016.
  120. ^ Devaney, Tim (May 5, 2015). "Dems bet 2016 on $12 minimum wage". The Hill. Retrieved May 18, 2016.
  121. ^ a b "Percent Change in Real Gross Domestic Product (Quarterly)". National Income and Product Accounts Table. Bureau of Economic Analysis. Archived from the original on May 12, 2011. Retrieved April 7, 2011.
  122. ^ a b "Obama's economy in 10 charts". CNN. October 28, 2015. Retrieved November 15, 2015.
  123. ^ U.S. Bureau of Economic Analysis (January 1, 1930). "Real Gross Domestic Product". FRED, Federal Reserve Bank of St. Louis.
  124. ^ U.S. Census Bureau (January 1, 1984). "Real Median Household Income in the United States". FRED, Federal Reserve Bank of St. Louis.
  125. ^ Office, US Census Bureau Public Information. "Income, Poverty and Health Insurance Coverage in the United States: 2010 - Income & Wealth - Newsroom - U.S. Census Bureau". www.census.gov.
  126. ^ "Income, Poverty, and Health Insurance Coverage in the United States: 2007" (PDF). census.gov.
  127. ^ Bureau, US Census. "Income and Poverty in the United States: 2017". www.census.gov.
  128. ^ Lee, Timothy (August 1, 2016). "The big puzzle in economics today: why is the economy growing so slowly?". Vox. Retrieved August 1, 2016.
  129. ^ Irwin, Neil (August 6, 2016). "We're in a Low-Growth World. How Did We Get Here?". The New York Times. Retrieved August 7, 2016.
  130. ^ For single earners, unadjusted for inflation. "Federal Individual Income Tax Rates History" (PDF). Tax Foundation. Retrieved November 17, 2015.
  131. ^ Smith, Donna (December 9, 2010). "Senate Republicans block 9/11 health bill". Reuters. Retrieved May 14, 2012.
  132. ^ Stirewalt, Chris (December 1, 2010). "Today's Power Play: Republicans and Democrats Play Chicken With Lame Duck". Fox News Channel. Archived from the original on December 4, 2010. Retrieved December 20, 2010.
  133. ^ Herszenhorn, David M.; Stolberg, Sheryl Gay (December 7, 2010). "Democrats Skeptical of Obama on New Tax Plan". The New York Times.
  134. ^ a b "Obama signs tax deal into law". CNN. December 17, 2010. Retrieved December 17, 2010.
  135. ^ Wing, Nick (December 10, 2010). "Bernie Sanders Filibuster: Senator Stalls Tax Cut Deal". The Huffington Post.
  136. ^ "Congress votes to extend Bush-era tax cuts until '12". The Washington Post. December 17, 2010. Retrieved December 17, 2010.
  137. ^ a b c Steinhauer, Jennifer (January 1, 2013). "Divided House Passes Tax Deal in End to Latest Fiscal Standoff". The New York Times. Retrieved November 13, 2015.
  138. ^ a b Yellin, Jessica (January 2, 2013). "Fiscal cliff deal stops many tax hikes, but leaves big issues pending". CNN. Retrieved November 17, 2015.
  139. ^ Cantor, Eric (March 4, 2013). "The House of Pain". The New Yorker. Retrieved November 13, 2015.
  140. ^ Calmes, Jackie (June 16, 2013). "Lines Blur in U.S.-Europe Debate on Austerity". The New York Times. Retrieved December 13, 2015.
  141. ^ a b c O'Keefe, Ed (November 27, 2012). "What is the Simpson-Bowles Commission? (and why does it still matter?)". The Washington Post. Retrieved November 19, 2015.
  142. ^ Faler, Brian (October 25, 2014). "The ghost of Simpson-Bowles". Politico. Retrieved November 19, 2015.
  143. ^ Schroeder, Peter (April 15, 2011). "White House: Obama hasn't changed on 'clean' debt vote". The Hill. Retrieved November 14, 2015.
  144. ^ Jennifer Bendery (July 27, 2011). "House Democratic Leaders To Obama: Use The 14th Amendment". The Huffington Post. Retrieved November 15, 2011.
  145. ^ a b Wallsten, Peter (March 17, 2012). "Obama's evolution: Behind the failed 'grand bargain' on the debt". The Washington Post. Retrieved November 15, 2015.
  146. ^ Bai, Matt (March 28, 2012). "Obama vs. Boehner: Who Killed the Debt Deal?". The New York Times. Retrieved November 15, 2015.
  147. ^ Thrush, Glenn (September 25, 2015). "Boehner and Obama: Caught in a bad bromance". Politico. Retrieved November 15, 2015.
  148. ^ Montopoli, Brian (August 2, 2011). "Obama signs debt limit bill after nasty fight". CBS News. Retrieved August 19, 2016.
  149. ^ Smith, Matt (February 19, 2013). "CNN Explains: Sequestration". CNN. Retrieved August 19, 2016.
  150. ^ Weisman, Jonathan; Peters, Jeremy W. (September 30, 2013). "Government Near Broad Shutdown in Budget Impasse". The New York Times. Retrieved September 30, 2013.
  151. ^ Weisman, Jonathan; Parker, Ashley (October 16, 2013). "Republicans Back Down, Ending Crisis Over Shutdown and Debt Limit". The New York Times. Retrieved August 19, 2016.
  152. ^ Montgomery, Lori (December 18, 2013). "Senate passes bipartisan budget agreement". The Washington Post. Retrieved August 19, 2016.
  153. ^ Herszenhorn, David (October 26, 2015). "Congress Strikes a Budget Deal With President". The New York Times. Retrieved November 14, 2015.
  154. ^ Zeleny, Jeff (October 28, 2009). "Obama Signs Hate Crimes Bill". The New York Times. Retrieved July 22, 2016.
  155. ^ Jesse Lee (December 22, 2010). "The President Signs Repeal of "Don't Ask Don't Tell": "Out of Many, We Are One"". whitehouse.gov. Retrieved December 22, 2010 – via National Archives.
  156. ^ Sink, Justin (November 7, 2013). "Obama urges ENDA vote in House". The Hill. Retrieved November 14, 2015.
  157. ^ Benen, Steve (November 12, 2015). "Obama White House throws support behind Equality Act". MSNBC. Retrieved November 14, 2015.
  158. ^ Gast, Phil (May 9, 2012). "Obama announces he supports same-sex marriage". CNN. Retrieved November 14, 2015.
  159. ^ "U.S. Circuit and District Court Judges: Profile of Select Characteristics Barry J. McMillion" (PDF). Congressional Research Service. p. 1. Retrieved May 11, 2018.
  160. ^ Scott, Eugene (June 30, 2015). "Barack Obama calls gay marriage case plaintiff Jim Obergefell". CNN. Retrieved November 14, 2015.
  161. ^ Applebaum, Binyamin; Shear, Michael (August 13, 2016). "Once Skeptical of Executive Power, Obama Has Come to Embrace It". The New York Times. Retrieved August 18, 2016.
  162. ^ a b Diamond, Jeremy (July 21, 2014). "Obama bars federal contractors from LGBT discrimination". CNN. Retrieved November 14, 2015.
  163. ^ Rosenberg, Matthew; Phillips, Dave (December 3, 2015). "All Combat Roles Now Open to Women, Defense Secretary Says". The New York Times. Retrieved September 8, 2016.
  164. ^ Rizzo, Jennifer; Cohen, Zachary (June 30, 2016). "Pentagon ends transgender ban". CNN. Retrieved August 25, 2016.
  165. ^ Onishi, Norimitsu (July 21, 2015). "Obama Kenya Trip Sets Off Gay Rights Debate in Africa". The New York Times. Retrieved November 14, 2015.
  166. ^ Zimmerman, Jonathan (2018). "Education in the Age of Obama: The Paradox of Consensus". In Zelizer (ed.). The Presidency of Barack Obama. Princeton University Press. pp. 111–126. ISBN 9780691160283. JSTOR j.ctvc777dh.12.
  167. ^ McGuinn, Patrick (2012). "Stimulating Reform". Educational Policy. 26: 136–159. doi:10.1177/0895904811425911. S2CID 154566214.
  168. ^ Badger, Emily (February 2, 2015). "Why conservatives should get behind Obama's push for universal Pre-K". The Washington Post. Retrieved November 16, 2015.
  169. ^ Hirschfield Davis, Julie (January 17, 2015). "Obama Will Seek to Raise Taxes on Wealthy to Finance Cuts for Middle Class". The New York Times. Retrieved November 17, 2015.
  170. ^ Liptak, Kevin (April 6, 2015). "Michelle Obama's Let's Move turns 5; Is it working?". CNN. Retrieved December 19, 2015.
  171. ^ a b Hirschfield Davis, Julie (December 10, 2015). "President Obama Signs Into Law a Rewrite of No Child Left Behind". The New York Times. Retrieved December 11, 2015.
  172. ^ Herszenhorn, David M. (March 30, 2010). "The Last Piece in Place". The New York Times. Retrieved May 22, 2010.
  173. ^ Madison, Lucy (October 26, 2011). "Who will benefit from Obama's student loan plan?". CBS News. Retrieved May 14, 2012.
  174. ^ Grasgreen, Allie (July 1, 2015). "Obama pushes for-profit colleges to the brink". Politico. Retrieved January 11, 2016.
  175. ^ Thompson, Cheryl (August 11, 2009). "Obama Says Immigration Reform Is a Priority, but Won't Happen Soon". The Washington Post. Retrieved November 14, 2015.
  176. ^ Herszenhorn, David M. (December 18, 2010). "Senate Blocks Bill for Young Illegal Immigrants". The New York Times. Retrieved November 14, 2015.
  177. ^ Lizza, Ryan (June 28, 2013). "How the Senate Passed Immigration Reform". The New Yorker. Retrieved November 16, 2015.
  178. ^ Gibson, Ginger (July 8, 2013). "Boehner: No vote on Senate immigration bill". Politico. Retrieved November 16, 2015.
  179. ^ Markon, Jerry (November 30, 2014). "Obama's 2012 DACA move offers a window into pros and cons of executive action". The Washington Post. Retrieved November 14, 2015.
  180. ^ Ehrenfreund, Max (November 20, 2014). "Your complete guide to Obama's immigration executive action". The Washington Post. Retrieved November 14, 2015.
  181. ^ Shear, Michael (June 23, 2016). "For Obama, Supreme Court Defeat Upends a Legacy on Immigration". The New York Times. Retrieved June 23, 2016.
  182. ^ Nakamura, David (January 19, 2016). "Obama struggling with immigration rules and cruelties of deportation". The Washington Post. Retrieved January 19, 2016.
  183. ^ Gomez, Alan (September 25, 2015). "U.S. foreign-born population nears high". USA Today. Retrieved August 31, 2016.
  184. ^ "Modern Immigration Wave Brings 59 Million to U.S., Driving Population Growth and Change Through 2065". Pew Research Center. September 28, 2015. Retrieved August 31, 2016.
  185. ^ Ratner, Steven (January 3, 2017). "2016 in Charts. (And Can Trump Deliver in 2017?)". The New York Times. Retrieved January 4, 2017.
  186. ^ Manuel Krogstad, Jens; Passell, Jeffrey (November 19, 2015). "5 facts about illegal immigration in the U.S." Pew Research Center. Retrieved August 31, 2016.
  187. ^ "Statistical Portrait of the Foreign-Born Population in the United States". Pew Research Center. September 28, 2015.
  188. ^ a b "Obama calls on Americans to welcome Syrian refugees as latter-day Pilgrims". The Guardian. November 26, 2015.
  189. ^ a b Isidore, Chris (January 28, 2015). "The Obama oil boom". CNN. Retrieved December 13, 2015.
  190. ^ Gardner, Timothy (December 18, 2015). "Congress kills U.S. oil export ban, boosts solar, wind power". Yahoo!. Retrieved December 19, 2015.
  191. ^ Cama, Timothy (July 19, 2016). "Obama makes new push on solar power". The Hill. Retrieved August 19, 2016.
  192. ^ Mooney, Chris (August 5, 2016). "Obama has done more to save energy than any other president". The Washington Post. Retrieved January 19, 2017.
  193. ^ Baker, Peter (May 27, 2010). "Obama Extends Moratorium; Agency Chief Resigns". The New York Times. Retrieved June 8, 2010.
  194. ^ "Obama, in Gulf, pledges to push on stopping leak". USA Today. May 27, 2010. Retrieved May 27, 2010.
  195. ^ Fears, Darryl; Eilperin, Juliet (December 20, 2016). "President Obama bans oil drilling in large areas of Atlantic and Arctic oceans". The Washington Post. Retrieved December 31, 2016.
  196. ^ a b c d e Davenport, Coral (November 6, 2015). "Citing Climate Change, Obama Rejects Construction of Keystone XL Oil Pipeline". The New York Times. Retrieved December 13, 2015.
  197. ^ "Obama Vetoes Keystone XL Pipeline Bill". NBC News.
  198. ^ "Keystone veto override fails". March 4, 2015.
  199. ^ Keller, Bill (December 13, 2015). "On Pardons, Obama's the Stingiest President Since John Adams". Politico. Retrieved December 14, 2015.
  200. ^ Apuzzo, Matt (November 22, 2016). "After Obama Push for Clemency, Hints of Reversal Likely to Come". The New York Times. Retrieved November 23, 2016.
  201. ^ Gerstein, Josh (July 18, 2016). "GOP speakers see crime surge under Obama, but record is mixed". Politico. Retrieved January 20, 2017.
  202. ^ AP (July 13, 2016). "Fact check: Obama and Trump on crime in America". CBS. Retrieved January 20, 2017.
  203. ^ Office of Public Affairs (October 19, 2009). "Attorney General announces formal medical marijuana guidelines". U.S. Department of Justice. Retrieved July 19, 2010.
    Ogden, David W. (October 19, 2009). "Memorandum for selected United States Attorneys: Investigations and prosecutions in states authorizing the medical use of marijuana" (PDF). U.S. Department of Justice. Retrieved July 19, 2010.
    Stout, David; Moore, Solomon (October 20, 2009). "U.S. won't prosecute in states that allow medical marijuana". The New York Times. p. A1. Retrieved July 19, 2010.
    Johnson, Connie (October 20, 2009). "U.S. eases stance on medical marijuana. Attorney general says prosecuting such cases 'will not be a priority'". The Washington Post. p. A1. Retrieved July 19, 2010.
  204. ^ Egelko, Bob (December 18, 2009). "U.S. ends funding ban for needle exchanges". San Francisco Chronicle. p. A126. Retrieved July 20, 2010.
  205. ^ "Obama signs bill reducing cocaine sentencing gap". CNN. August 3, 2010. Retrieved November 14, 2015.
  206. ^ Ng, Christina (November 7, 2012). "Colorado, Washington Become First States to Legalize Recreational Marijuana". ABC News. Retrieved November 14, 2015.
  207. ^ Watkins, Eli; Kenny, Caroline; Tatum, Sophie (January 18, 2017). "44 ways to judge the Obama era". CNN. Retrieved January 19, 2017.
  208. ^ Richey, Warren (May 4, 2015). "Supreme Court prods Obama administration in Colorado marijuana dispute (+video)". The Christian Science Monitor. Retrieved November 14, 2015.
  209. ^ Savage, Charlie (August 18, 2016). "U.S. to Phase Out Use of Private Prisons for Federal Inmates". The New York Times. Retrieved September 8, 2016.
  210. ^ Lederman, Josh; Tucker, Eric (January 5, 2017). "Pressure on Obama to grant last-minute pardons, commutations". The Washington Post. Archived from the original on January 6, 2017. Retrieved January 11, 2017.
  211. ^ Horwitz, Sari (January 19, 2017). "Obama grants final 330 commutations to nonviolent drug offenders". The Washington Post. Retrieved January 19, 2017.
  212. ^ "Overdose deaths from fentanyl soaring: report". medicalxpress.com. March 21, 2019.
  213. ^ "Obama officials failed to focus as fentanyl burned its way across America". The Washington Post. 2019.
  214. ^ "How the Obama administration missed the fentanyl crisis". The Washington Post (Podcast). March 13, 2019. Event occurs at 28 min.
  215. ^ Planin, Eric (January 17, 2013). "Why Congress Wimped Out on the Assault Weapons Ban". The Fiscal Times. Retrieved August 19, 2016.
  216. ^ "Senate Votes to Allow Guns on Amtrak". CBS News. September 16, 2009. Retrieved March 15, 2010.
  217. ^ Urbina, Ian (February 23, 2010). "Fearing Obama Agenda, States Push to Loosen Gun Laws". The New York Times. Retrieved March 15, 2010.
  218. ^ Dinan, Stephen (February 22, 2010). "Parks open to holders of concealed guns". The Washington Times. Retrieved March 15, 2010.
  219. ^ Mardell, Mark (January 16, 2013). "US gun debate: Obama unveils gun control proposals". BBC News. London. Retrieved January 16, 2013.
  220. ^ Itkowitz, Colby (June 23, 2015). "Manchin, Toomey both interested in reviving gun control push". The Washington Post. Retrieved November 19, 2015.
  221. ^ Gould, Joe (June 29, 2015). "Constructing a Cyber Superpower". Defense News. Retrieved November 15, 2015.[dead link]
  222. ^ a b Bennett, Cory (April 1, 2015). "Obama declares cyberattacks a 'national emergency'". The Hill. Retrieved November 15, 2015.
  223. ^ Harris, Shane (March 18, 2015). "China Reveals Its Cyberwar Secrets". Daily Beast. Retrieved November 15, 2015.
  224. ^ Risen, Tom (December 18, 2015). "Obama Signs Cybersecurity Law In Spending Package". US News and World Report. Retrieved December 19, 2015.
  225. ^ Roth, Andrew; Priest, Dana (September 16, 2016). "Putin wants revenge and respect, and hacking the U.S. is his way of getting it". The Washington Post. Retrieved September 16, 2016.
  226. ^ Miller, Greg; Entous, Adam (January 6, 2017). "Declassified report says Putin 'ordered' effort to undermine faith in U.S. election and help Trump". The Washington Post. Retrieved January 7, 2017.
  227. ^ Shear, Michael; Fandos, Nicholas (September 15, 2016). "Concern Over Colin Powell's Hacked Emails Becomes a Fear of Being Next". The New York Times.
  228. ^ Dyson, Michael Eric (2016). The Black Presidency: Barack Obama and the Politics of Race in America. p. 275. ISBN 978-0544387669.
  229. ^ Gillion, Daniel Q. (2016). Governing with Words. Cambridge Core. doi:10.1017/CBO9781316412299. ISBN 9781316412299. Retrieved June 5, 2019.
  230. ^ Butler, Bennett; Mendelberg, Tali; Haines, Pavielle E. (2019). ""I'm Not the President of Black America": Rhetorical versus Policy Representation". Perspectives on Politics. 17 (4): 1038–1058. doi:10.1017/S1537592719000963. ISSN 1537-5927.
  231. ^ a b Rodgers, Walter (January 5, 2010). "A year into Obama's presidency, is America postracial?". The Christian Science Monitor. Retrieved November 15, 2015.
  232. ^ Shear, Michael; Alcindor, Yamiche (January 14, 2017). "Jolted by Deaths, Obama Found His Voice on Race". The New York Times. Retrieved January 17, 2017.
  233. ^ Cillizza, Chris (August 14, 2014). "President Obama's vision of post-racial America faces another stress test with Ferguson". The Washington Post. Retrieved November 15, 2015.
  234. ^ Blake, John (July 1, 2016). "What black America won't miss about Obama". CNN. Retrieved July 7, 2016.
  235. ^ Khan, Huma; McPhee, Michele; Goldman, Russell (July 24, 2009). "Obama Called Police Officer Who Arrested Gates, Still Sees 'Overreaction' in Arrest". ABC News. Retrieved December 7, 2010.
  236. ^ a b Hirschfield Davis, Julie (July 13, 2016). "Obama Urges Civil Rights Activists and Police to Bridge Divide". The New York Times. Retrieved July 23, 2016.
  237. ^ Cillizza, Chris (July 19, 2013). "President Obama's remarkably personal speech on Trayvon Martin and race in America". The Washington Post. Retrieved November 15, 2015.
  238. ^ a b Capeheart, Jonathan (February 27, 2015). "From Trayvon Martin to 'black lives matter'". The Washington Post. Retrieved November 15, 2015.
  239. ^ Bacon Jr., Perry (January 3, 2015). "In Wake of Police Shootings, Obama Speaks More Bluntly About Race". NBC. Retrieved November 15, 2015.
  240. ^ "U.S. Worries About Race Relations Reach a New High". Gallup. April 11, 2016. Retrieved December 5, 2016.
  241. ^ "Ex-astronaut Bolden to lead Nasa". BBC. July 16, 2009.
  242. ^ Amos, Jonathan (February 1, 2010). "Obama cancels Moon return project". BBC News. Retrieved March 7, 2010.
  243. ^ Achenbach, Joel (February 1, 2010). "NASA budget for 2011 eliminates funds for manned lunar missions". The Washington Post. Retrieved February 1, 2010.
  244. ^ a b Clara Moskowitz (June 24, 2010). "Misconceptions swirl around Obama space plan". NBC News. Retrieved July 7, 2010.
  245. ^ "Review of U.S. Plans Committee" (PDF). Human Space Flights Committee. Retrieved July 7, 2010.
  246. ^ a b Achenbach, Joel (November 23, 2013). "Which way to space?". The Washington Post. Retrieved November 19, 2015.
  247. ^ Wall, Mike (November 22, 2013). "White House unveils new US space transportation policy". NBC. Retrieved November 19, 2015.
  248. ^ a b Davenport, Christian (October 11, 2016). "How Obama brought capitalism to outer space". The Washington Post. Retrieved October 12, 2016.
  249. ^ Mosher, Dave (September 2, 2016). "Russia is squeezing NASA for more than $3.3 billion — and there's little anyone can do about it". Business Insider. Retrieved October 12, 2016.
  250. ^ Perrin, Andrew (June 26, 2015). "Americans' Internet Access: 2000–2015". Pew. Retrieved January 21, 2016.
  251. ^ Zezima, Katie (July 15, 2015). "Obama announces pilot program to expand broadband to low-income households". The Washington Post. Retrieved January 21, 2016.
  252. ^ Ruiz, Rebecca (March 12, 2015). "F.C.C. Sets Net Neutrality Rules". The New York Times. Retrieved January 21, 2016.
  253. ^ Naylor, Brian (February 4, 2015). "Remaking The U.S. Government's Online Image, One Website At A Time". NPR. Retrieved January 19, 2016.