PowerPC

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

PowerPC
PowerPClogo.svg
デザイナー標的
ビット32ビット/ 64ビット(32→64)
紹介された1992年10月; 29年前 (1992-10
バージョン2.02 [1]
デザインRISC
タイプロードストア
エンコーディング固定/変数(ブックE)
分岐条件コード
エンディアンネスBig / Bi
拡張機能AltiVec、APU
レジスター
一般的用途32
浮動小数点32
ベクター32(AltiVecを使用)
IBM PowerPC601マイクロプロセッサー

PowerPC(拡張RISCを使用したパフォーマンス 最適化–パフォーマンスコンピューティング、 PPCと略されることもあります)は、1991年のAppleIBMMotorolaアライアンス(AIM )によって作成された縮小命令セットコンピューター(RISC)命令セットアーキテクチャ(ISA)ですPowerPCは、進化する命令セットとして、2006年からPower ISAと名付けられましたが、古い名前は、PowerArchitectureベースのプロセッサの一部の実装の商標として存続します

PowerPCは、1990年代のAIMのPRePおよびCommon Hardware ReferencePlatformイニシアチブの基礎でした。もともとはパーソナルコンピュータを対象としていましたが、このアーキテクチャは、1994年から2006年にAppleがIntelのx86に移行するまで、AppleのPower MacintoshPowerBookiMaciBook、およびXserveラインで使用されていることでよく知られています。それ以来、パーソナルコンピュータのニッチになりましたが、組み込みおよび高性能プロセッサで人気があります。第7世代のビデオゲームコンソールでの使用組み込みアプリケーションは、衛星、火星の好奇心と忍耐力のローバーなど、さまざまな用途を提供しました。さらに、PowerPC CPUは、AmigaOneおよびサードパーティのAmigaOS4パーソナルコンピューターで引き続き使用されています。

PowerPCは、主に以前のIBM POWERアーキテクチャーに基づいており、それとの高レベルの互換性を保持しています。アーキテクチャは十分に近いままであるため、準備に注意を払えば、同じプログラムとオペレーティングシステムが両方で実行されます。Powerシリーズの新しいチップはPowerISAを使用ます。

歴史

RISCの歴史は、IBMの801研究プロジェクトから始まりました。このプロジェクトでは、ジョン・コックが主任開発者であり、1975年から78年にかけてRISCの概念を開発しました。801ベースのマイクロプロセッサは多くのIBM組み込み製品で使用され、最終的にはIBM RTPCで使用される16レジスタのIBMROMPプロセッサになりましたRT PCは、RISCアーキテクチャを実装する迅速な設計でした。1982年から1984年の間に、IBMは市場で最速のマイクロプロセッサーを構築するプロジェクトを開始しました。この新しい32ビットアーキテクチャは、開発サイクル全体を通じてAmerica Projectと呼ばれるようになり、約5〜6年間続きました。結果は1990年初頭に RISCSystem / 6000で導入されたPOWER命令セットアーキテクチャ。

最初のスーパースカラーRISC実装の1つであるオリジナルのPOWERマイクロプロセッサは、高性能のマルチチップ設計です。IBMはすぐに、RS / 6000ラインをローエンドからハイエンドのマシンに拡張するためにシングルチップマイクロプロセッサーが必要であることに気づきました。作業は、RSC( RISCシングルチップ)と呼ばれるワンチップPOWERマイクロプロセッサで開始されました1991年の初めに、IBMは、その設計が業界全体で使用される大量のマイクロプロセッサーになる可能性があることに気づきました。

AppleとMotorolaの関与

Appleは、Motorolaが68040 CPUの提供に遅れをとっていたときに、単一のCPUベンダーに依存することの制限とリスクをすでに認識していました。さらに、Appleは独自の調査を実施し、Aquariusと呼ばれる実験的なクアッドコアCPU設計を作成しました[2] :86–90 。これにより、コンピューティングの未来はRISC手法にあることを同社のテクノロジーリーダーシップに確信させました。[2] :287–288  IBMは、POWERアーキテクチャーに基づくシングルチップマイクロプロセッサーのファミリーの開発に協力することを目標に、Appleにアプローチしました。その後まもなく、Appleはモトローラのデスクトップクラスのマイクロプロセッサの最大の顧客の1つになりました[3]。モトローラは、長い関係のために議論に参加するように依頼しました。モトローラは、IBMよりも大量のマイクロプロセッサの製造に関して豊富な経験を持っており、マイクロプロセッサの2番目のソースを形成しました。Apple、IBM、Motorola間のこの3者間のコラボレーションは、AIMアライアンスとして知られるようになりました。

1991年、PowerPCは、これら3社間のより大きな提携の一面にすぎませんでした。当時、ほとんどのパーソナルコンピュータ業界は、複雑な命令セットコンピュータ(CISC)アーキテクチャを備えたIntel 80386および80486チップをベースにしたシステムを出荷しており、Pentiumプロセッサの開発は順調に進んでいました。PowerPCチップは、パーソナルコンピューティングにおけるマイクロソフトとインテルの優位性の高まりに対抗するための取り組みにおいて、3つのアライアンスメンバーが関与するいくつかの合弁事業の1つでした。

モトローラにとって、POWERは信じられないほどの取引のように見えました。これにより、同社は広くテストされた強力なRISC CPUを、わずかな設計資金で販売することができました。また、重要な顧客であるAppleとの関係を維持し、IBMも追加する可能性を提供しているようでした。これにより、独自のバージョンを作成する代わりに、Motorolaからより小さなバージョンを購入する可能性があります。

この時点で、モトローラはすでに88000の形で独自のRISC設計を持っていましたが、これは市場でうまく機能していませんでした。モトローラは68000ファミリーで好調で、資金の大部分はこれに集中していました。88000の努力は、リソースにやや飢えていました。

ただし、88000はすでに生産されていました。Data Generalは88000台のマシンを出荷しており、Appleはすでに88000台のプロトタイプマシンを実行していました。88000はまた、テレコムアプリケーションで多くの組み込み設計の勝利を達成しました。新しいPOWERワンチップバージョンを8800​​0とハードウェアレベルでバス互換にすることができれば、AppleとMotorolaの両方が、ボードアーキテクチャを再設計する必要がないため、マシンをはるかに早く市場に投入できるようになります。

これらのさまざまな要件の結果が、PowerPC(パフォーマンスコンピューティング)仕様です。以前のPOWER命令セットとPowerPCの命令セットの違いは、PowerPC ISAv.2.02のマニュアルの付録Eに概説されています。[1]

オペレーティングシステム

1991年以来、IBMは、既存のすべてのオペレーティングシステムをパーソナリティとして1つのマイクロカーネルで同時にホストする統合オペレーティングシステムを長年望んでいました。1991年から1995年にかけて、同社は主にPowerPCを対象に、Workplace OSとなるものを設計し、積極的に伝道しました。[2] :290–291 

最初のPowerPC製品が市場に登場したとき、彼らは熱狂に見舞われました。Appleに加えて、IBMとMotorola Computer Groupの両方が、プロセッサを中心に構築されたシステムを提供しました。Microsoftは、MotorolaのPowerPCサーバーで使用されていたアーキテクチャ用のWindows NT 3.51をリリースし、 SunMicrosystemsはSolarisOSのバージョンを提供しましたIBMはAIXUnixを移植しまし Workplace OSは、PowerPC 620の発売が成功するまで、 OS / 2の新しいポート(アプリケーション互換性のためのIntelエミュレーションを備えた)を備えていました。1990年代半ばを通じて、PowerPCプロセッサーは最速のx86CPUと同等またはそれを超えるベンチマークテストスコアを達成しました。 。

最終的に、デスクトップ上の新しいアーキテクチャに対する需要が真に実現することはありませんでした。Windows、OS / 2、およびSunの顧客は、PowerPC用のアプリケーションソフトウェアの不足に直面し、ほとんどの場合、チップを無視していました。IBMのWorkplaceOSプラットフォーム(したがって、PowerPC用のOS / 2)は、PowerPC 620のバグのある同時起動により、1995年12月の最初の開発者リリース時に一時的にキャンセルされました。市場での期間。Macintoshでのみ、Appleの永続性により、PowerPCは牽引力を獲得しました。Appleにとって、PowerPCのパフォーマンスは、Windows95およびWindowsNTベースのPCとの競争が激化する中で明るい点でした。

Workplace OSのキャンセルにより、一般的なPowerPCプラットフォーム(特にAIMのCommon Hardware Reference Platform)は、代わりに、単一の統一されたベンダー中立のハードウェアプラットフォームで一度に多くのオペレーティングシステムを実行するためのハードウェアのみの妥協案と見なされました。[2] :287–288 

IBMとMotorolaの提携と並行して、両社は社内で開発努力を進めていました。PowerQUICCラインは、モトローラ内でのこの作業の結果です組み込みプロセッサーの4xxシリーズはIBM内で進行中でした。IBM組み込みプロセッサー事業は、1億米ドル近くの収益に成長し、何百もの顧客を引き付けました。

PowerPCの開発は、テキサス州オースティンのサマセットデザインセンターと呼ばれる施設を中心に行われています。建物の名前は、武装勢力が剣を脇に置いたアーサーニュの伝説の場所にちなんで名付けられました。建物にスタッフを配置する3つのチームのメンバーは、名前に影響を与えた精神がこれまでのプロジェクトの成功の重要な要因であると述べています。

—  MacWeek [4]

ここでの文化の一部は、IBM、Motorola、またはAppleの文化を持つことではなく、私たち自身の文化を持つことです。

— モトローラのラッセルスタンフィル、サマセットの共同ディレクター[4]

AIMの解散

さまざまなPOWER、PowerPC、およびPowerISA の進化を示す概略

10年の終わりに向けて、製造上の問題は、モトローラとほぼ同じ方法でAIMアライアンスを悩ませ始めました。これは、Appleや他のベンダー向けの新しいプロセッサの展開を一貫して押し戻しました。1990年代に最初にPowerPC7xxおよび74xxプロセッサを搭載したモトローラから、およびIBMは2003年に64ビットのPowerPC 970プロセッサを搭載しました。2004年、モトローラはFreescale Semiconductorと呼ばれる独立した会社として半導体事業をスピンオフすることにより、チップ製造事業から撤退しました同じ頃、IBMはPowerPC製品のラインをApplied Micro Circuits Corporation(AMCC)に販売し、64ビットチップの設計に焦点を当て、PowerPC CPUのゲームコンソールメーカーへのコミットメントを維持することで、32ビット組み込みプロセッサ市場から撤退しました。なのでニンテンドーゲームキューブWiiWii Uソニープレイステーション3マイクロソフトXbox 360で、後者の2つはどちらも64ビットプロセッサを使用しています。2005年、Appleは、Apple MacintoshコンピューターでPowerPCプロセッサーを使用しなくなり、代わりにIntel製プロセッサーを採用することを発表しました。これは、特に発熱とエネルギー使用に関連する将来のパーソナルコンピューターハードウェアのチップのパフォーマンス制限、およびIBMが970プロセッサーを3GHz範囲に移動できない。IBM-Freescaleアライアンスは、オープンスタンダードに置き換えられましたPower.orgと呼ばれる本体。Power.orgはIEEEのガバナンスの下で運営されており、IBMはゲームコンソールでPowerPCプロセッサを使用および進化させ続け、FreescaleSemiconductorは組み込みデバイスのみに焦点を当てています。

IBMは、特定用途向け集積回路(ASIC)製品で使用するPowerPCマイクロプロセッサーコアの開発を続けています。多くの大容量アプリケーションには、PowerPCコアが組み込まれています。

PowerPC仕様は、IBM、Freescale、およびAMCCがメンバーであるPower.orgによって処理されるようになりました。PowerPC、Cell、およびPOWERプロセッサは、現在、 PowerArchitectureとして共同で販売されています。Power.orgは、POWERとPowerPC ISAを組み合わせて、新しいPower ISA v.2.03仕様と、PAPR(Power Architecture Platform Reference)と呼ばれるサーバー用の新しいリファレンスプラットフォームを組み合わせた統合ISAをリリースしました。

世代

多くのPowerPCデザインは、見かけのテクノロジー世代によって名前が付けられ、ラベルが付けられています。それは、 PowerPC750ファミリーになるものを開発するためのAIM内の内部プロジェクト名である「G3」から始まりました[5] Appleは、1997年11月10日のイベントでPower MacG3PowerBookG3を紹介したときに、「G3」という用語を広めました。MotorolaとAppleはこのモニカが好きで、1998年に導入された7400ファミリーに「G4」という用語を使用しました[6]。[7]そして1999年 のPowerMacG4 。

G4が発売された時点で、モトローラはすべてのPowerPCモデル(以前、現在、および将来)を、準拠している世代に応じて分類し、古い603eコアの名前を「G2」に変更しました。MotorolaにはG5プロジェクトがありましたが、その名前は定着していませんでした。Appleは、IBMが設計および構築したものであっても、2003年 に970ファミリーが発売されたときにそれを再利用しました。

MotorolaによるPowerPC世代、c。2000年。[8]
G1 601、500、800ファミリプロセッサ_ _
G2 602、603、604、620、8200、5000ファミリ_ _ _ _ _ _ _ _ _
G3:750および8300ファミリ
G4:7400および8400 *ファミリ
G5:7500 *および8500ファミリ(Appleが名前を奪った後、MotorolaはG5モニカを使用しませんでした)
G6:7600 *
(*)これらのデザインは実際の製品にはなりませんでした。

デザイン機能

PowerPCはRISCの原則に沿って設計されており、スーパースカラーの実装を可能にします。デザインのバージョンは、32ビットと64ビットの両方の実装に存在します。基本的なPOWER仕様から始めて、PowerPCは以下を追加しました。

  • ビッグエンディアンモードとリトルエンディアンモードの両方での操作のサポート。PowerPCは、実行時に1つのモードから別のモードに切り替えることができます(以下を参照)。この機能は、PowerPC970ではサポートされていません。
  • 倍精度形式に加えて、いくつかの浮動小数点命令の単精度形式
  • Appleの要請による追加の浮動小数点命令
  • 32ビットモードと下位互換性のある完全な64ビット仕様
  • 融合乗算-加算
  • サーバーおよびPCシステムで広く使用されているページメモリ管理アーキテクチャ。
  • Book-Eと呼ばれる新しいメモリ管理アーキテクチャが追加され、組み込みアプリケーションの従来のページメモリ管理アーキテクチャが置き換えられました。Book-Eは、既存のPowerPC実装と互換性のあるアプリケーションソフトウェアですが、オペレーティングシステムに小さな変更を加える必要があります。

POWER命令セットに存在する一部の命令は、複雑すぎると見なされ、PowerPCアーキテクチャで削除されました。一部の削除された命令は、必要に応じてオペレーティングシステムによってエミュレートされる可能性があります。削除された手順は次のとおりです。

  • 条件付き移動
  • 四倍精度浮動小数点データ型の命令をロードして保存します
  • 文字列命令。

エンディアンモード

ほとんどのPowerPCチップは、MSR(マシン状態レジスタ)のビットを介してエンディアンを切り替えます。2番目のビットは、OSが異なるエンディアンで実行できるようにするために提供されています。「反転ページテーブル」(オフチップストレージを備えたTLBとして機能するハッシュテーブル)へのアクセスは、常にビッグエンディアンモードで行われます。プロセッサはビッグエンディアンモードで起動します。

リトルエンディアンモードでは、実効アドレスの下位3ビットは、オペランドの長さによって選択された3ビット値と排他的論理和がとられます。これは、通常のソフトウェアに対して完全にリトルエンディアンに見えるのに十分です。オペレーティングシステムは、ビデオやネットワークハードウェアなどの外部チップにアクセスすると、歪んだ世界観を見ることになります。この歪んだビューを修正するには、マザーボードがプロセッサに出入りするすべてのデータに対して無条件の64ビットバイトスワップを実行する必要があります。したがって、エンディアンはマザーボードの特性になります。ビッグエンディアンマザーボード上でリトルエンディアンモードで動作するOSは、リトルエンディアンチップにアクセスするときに、バイトを交換し、排他的論理和を元に戻す必要があります。

AltiVecの操作は、128ビットであるにもかかわらず、64ビットであるかのように扱われます。これにより、AltiVecより前に設計されたリトルエンディアンのマザーボードとの互換性が確保されます。

この実装の興味深い副作用は、プログラムが64ビット値(最長のオペランド形式)を1つのエンディアンモードでメモリに格納し、モードを切り替え、バイトの変更を確認せずに同じ64ビット値を読み戻すことができることです。注文。マザーボードが同時に切り替えられた場合、これは当てはまりません。

Mercury SystemsMatroxは、PowerPCをリトルエンディアンモードで実行しました。これは、PCIボード上のコプロセッサーとして機能するPowerPCデバイスが、 x86に基づくホストコンピューターとデータ構造を共有できるようにするために行われましたPCIとx86はどちらもリトルエンディアンです。OS / 2およびWindowsNT for PowerPCはプロセッサをリトルエンディアンモードで実行し、Solaris、AIX、およびLinuxはビッグエンディアンで実行しました。[9]

IBMの組み込みPowerPCチップの一部は、ページごとのエンディアンビットを使用します。上記のどれもそれらに適用されません。

実装

IBM PowerPC 604e 200 MHz
ニンテンドーWiiビデオゲームコンソールからのカスタムPowerPCCPU
Sun SunFireV20zのFreescaleXPC855Tサービスプロセッサ

アーキテクチャーの最初の実装は、RSCに基づいて1992年にリリースされたPowerPC 601であり、 POWER1命令とPowerPC命令のハイブリッドを実装していました。これにより、IBMは既存のPOWER1ベースのプラットフォームでチップを使用できるようになりましたが、第2世代の「純粋な」PowerPC設計に切り替えるときに多少の苦痛も伴いました。Appleは、チップをベースにしたMacintoshコンピュータの新しい製品ラインの開発を続け、最終的には1994年3月14日に 601ベースのPowerMacintoshとしてリリースしました。

第一世代のPowerPCチップに基づくアクセラレータカードは、PowerPCを中心に設計された新しいAmigaプラットフォームへの移行を見越して、 CommodoreAmiga用に作成されました。下位互換性を維持するために、アクセラレータカードにはMotorola68040または68060CPUも含まれていました。これは、PPCチップ上でネイティブに実行できるアプリが一度にほとんどなかったためです。しかし、新しい機械は実現せず、コモドールはその後破産を宣言しました。10年以上後、AmigaOS 4がリリースされ、プラットフォームがアーキテクチャに永続的に配置されます。OS4は、これらの第1世代のアクセラレータ、およびAmigaプラットフォームの新しい化身のために作成されたいくつかのカスタムマザーボードと互換性があります。

IBMはまた、PowerPCベースのデスクトップのフルラインを構築し、出荷する準備ができていました。残念ながら、IBMがこれらのデスクトップで実行することを意図していたオペレーティングシステム(Microsoft Windows NT)は、マシンがマーケティングの準備ができた1993年の初めまでには完成していませんでした。したがって、さらにIBMがMicrosoftに対して敵意を抱いていたため、IBMはOS / 2をWorkplaceOSの形式でPowerPCに移植することを決定しました。この新しいソフトウェアプラットフォームは、開発に3年間(1992年から1995年)を費やし、PowerPC 620の発売が残念だったため、1995年12月の開発者リリースでキャンセルされました。このため、リファレンスデザインではありますが、IBMPowerPCデスクトップは出荷されませんでした。 PowerPC 601 CPUをベースにした(コード名Sandalbow)がRS / 6000モデル(Byte1994年4月号には、AppleおよびIBMPowerPCデスクトップに関する広範な記事が含まれていました。

PowerPCベースのOSも欠いていたAppleは、別の道を選んだ。秘密のスタートレックプロジェクトによって生み出された移植性プラットフォームを利用して、同社はMac OSオペレーティングシステムの重要な部分をPowerPCアーキテクチャに移植し、さらに68kベースのアプリケーションとOSの一部を実行できる68kエミュレータを作成しました。書き直されました。

第2世代は「純粋」であり、「ローエンド」のPowerPC603と「ハイエンド」のPowerPC604が含まれています。603は、その非常に低いコストと消費電力のために注目に値します。これは、603プロジェクトを使用して、将来のすべての世代のPPCチップの基本コアを構築するモトローラ側の意図的な設計目標でした。Appleは新しいラップトップデザインで603を使用しようとしましたが、  8KiBレベル1のキャッシュが小さいために使用できませんでした。Mac OSの68000エミュレータは8KiBに収まらないため、コンピュータの速度が大幅に低下しました。[10] [11] 603eは、16 KiB L1キャッシュを使用することでこの問題を解決しましたこれにより、エミュレーターを効率的に実行できます。

1993年、バーモント州バーリントンにあるIBMのエセックスジャンクション施設の開発者は、CPU上で直接Intelx86命令セットをサポートするバージョンのPowerPCの開発に着手しました。これはIBMが取り組んでいるいくつかの同時電源アーキテクチャプロジェクトの1つにすぎませんでしたが、このチップはIBM内およびメディアによってPowerPC615として知られるようになりました。x86とネイティブのPowerPC命令セットの切り替えにおける収益性の懸念とパフォーマンスの問題の噂により、社内テスト用に限られた数のチップしか製造されなかったため、プロジェクトは1995年にキャンセルされました。噂は別として、切り替えプロセスは5サイクル、つまりプロセッサが命令パイプラインを空にするのに必要な時間しかかかりませんでした。Microsoftはまた、PowerPCモードのサポートを拒否することにより、プロセッサの終焉を支援しました。[12]

最初の64ビット実装はPowerPC620ですが、Appleがそれを購入したくなかったため、またダイ領域が大きいため、組み込み市場にはコストがかかりすぎたため、ほとんど使用されていないようです。それは約束よりも遅く、遅く、IBMは代わりに独自のPOWER3設計を使用し、2002年後半にPowerPC970が導入されるまで64ビットの「小さな」バージョンを提供していませんでした970は、 POWER4サーバー・プロセッサーから派生した64ビット・プロセッサーです。これを作成するために、POWER4コアは32ビットPowerPCプロセッサーとの下位互換性があるように変更され、ベクトルユニット(Motorolaの74xxシリーズの AltiVec拡張機能と同様)が追加されました。

IBMのRS64プロセッサーは、PowerPCアーキテクチャーの「Amazon」バリアントを実装するチップのファミリーです。これらのプロセッサーは、RS / 6000およびIBMAS / 400コンピューター・ファミリーで使用されます。Amazonアーキテクチャーには、AS / 400で使用される独自の拡張機能が含まれています。[13] POWER4以降のPOWERプロセッサーは、Amazonアーキテクチャーを実装し、RS / 6000およびAS / 400ファミリーのRS64チップに取って代わりました。

IBMは、組み込み市場に焦点を合わせた「4xx」ラインと呼ばれる別の製品ラインを開発しました。これらの設計には、401、403、405、440、および460が含まれていました。2004年に、IBMは4xx製品ラインをApplied Micro Circuits Corporation(AMCC)に販売しました。AMCCは、AMCC内で開発されたテクノロジーとともに、IBMのテクノロジーに部分的に基づいた新しい高性能製品の開発を続けています。これらの製品は、ネットワーキング、ワイヤレス、ストレージ、印刷/イメージング、産業用自動化など、さまざまなアプリケーションに焦点を当てています。

数値的には、PowerPCは主に自動車のコントローラーに搭載されています。自動車市場向けに、フリースケールセミコンダクタは当初、MPC555などのMPC5xxファミリと呼ばれる多くのバリエーションを提供しました。これは、8xxと呼ばれる601コアのバリエーションに基づいて構築され、MSIL(Motorola Silicon Israel Limited)によってイスラエルで設計されました。601コアは単一の問題です。つまり、クロックサイクルで1つの命令しか発行できません。これに、カスタムハードウェアのさまざまなビットを追加して、1つのチップでのI / Oを可能にします。2004年には、次世代の4桁の55xxデバイスが自動車市場向けに発売されました。これらは、 PowerPCコア の新しいe200シリーズを使用しています。

ネットワーキングは、組み込みPowerPCプロセッサが多数見られるもう1つの分野です。MSILはMC68302からQUICCエンジンを採用しPowerQUICCMPC860を作成しました。これは、1990年代後半に多くのCiscoエッジルータで使用された非常に有名なプロセッサでした。PowerQUICCのバリエーションには、MPC850とMPC823 / MPC823eがあります。すべてのバリアントには、中央処理装置から通信処理タスクをオフロードし、DMA用の機能を備えたCPMと呼ばれる個別のRISCマイクロエンジンが含まれていますこのファミリの後続チップであるMPC8260は、603eベースのコアと異なるCPMを備えています。

ホンダもASIMOにPowerPCプロセッサを使用しています。[14]

2003年、BAE Systems Platform Solutionsは、 F-35戦闘機用の車両管理コンピューターを納入しました。このプラットフォームは、トリプル冗長セットアップでFreescaleによって作成されたデュアルPowerPCで構成されています。[15]

オペレーティングシステム

PowerPCアーキテクチャで動作するオペレーティングシステムは、一般に、汎用PowerPCシステム向けのオペレーティングシステムと、組み込みPowerPCシステム向けのオペレーティングシステムに分けられます。

ネイティブサポート付きのオペレーティングシステム

埋め込み

ライセンシー

IBMから64ビットPOWERまたは32ビットPowerPCのライセンスを取得している企業は次のとおりです。

32ビットPowerPC

64ビットPowerPC

ゲーム機

PowerPCプロセッサは、現在廃止されている多くのビデオゲームコンソールで使用されていました。

デスクトップコンピュータ

Powerアーキテクチャは、現在、次のデスクトップコンピュータで使用されています。

  • Sam440ep、Sam440epFlex、AMCC 440ep SoCに基づいており、ACubeSystemsによって構築されています
  • Sam460ex、AMCC 460ex SoCに基づいており、ACubeSystemsによって構築されています
  • A -EONTechnologyのAmigaOneX1000に搭載されているPA6T-1682MをベースにしたNemoマザーボード
  • A-EONTechnologyのAmigaOneX5000に搭載されているFreescaleQoriqP5020をベースにしたCyrusマザーボード
  • A-EONTechnologyの次期AmigaOneA1222に搭載されているFreescaleQorIQP1022をベースにしたTaborマザーボード
  • Raptor ComputingSystemsによって構築されたIBMPower9Sforzaアーキテクチャーに基づくTalosIIおよびBlackbirdのメインボード/ワークステーション

組み込みアプリケーション

Powerアーキテクチャは現在、次の組み込みアプリケーションで使用されています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b "PowerPC Architecture Book、バージョン2.02"2005年11月16日。2020年11月29日のオリジナルからアーカイブ。
  2. ^ a b c d Carlton、Jim(1999)[1997]。Apple:陰謀、自我マニア、ビジネスの失敗の裏話ISBN 978-0099270737OCLC925000937 _
  3. ^ 「TechFilesColumns、1987–1990」2013年6月6日にオリジナルからアーカイブされました。
  4. ^ a b "PowerPCRoundtableのForcesGather"MacWeek7、いいえ。12. 1993年3月22日。p。38 2017年10月3日取得
  5. ^ ARケネディ; M.アレクサンダー; E.フィエン; J.リヨン; B.クタンナ; R.パテル; M.ファム; M.プトリノ; C.クロクストン; S.リッチ; B.バージェス(1997年2月23日)。「G3PowerPCスーパースカラー低電力マイクロプロセッサ」議事録IEEECOMPCON97。論文のダイジェストIEEE:315〜324。土井10.1109 /CMPCON.1997.584742S2CID24733198_ 2021年9月1日にオリジナルからアーカイブされました2021年9月1日取得 
  6. ^ グウェンナップ、リンリー(1998年11月16日)。「G4はAltiVecを搭載した最初のPowerPCです-1999年半ばまでに、モトローラの次のチップはMacintosh、ネットワーキングを目指しています」(PDF)マイクロプロセッサレポート2016年4月23日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 。
  7. ^ Seale、スーザン(2001)。「PowerPCG4アーキテクチャホワイトペーパー」(PDF)NXPセミコンダクターズ2016年4月18日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 。
  8. ^ 「ファクトシート-モトローラPowerPCプロセッサ」(PDF)NXPセミコンダクターズ2016年4月19日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 。
  9. ^ Necasek、Michal(2012年11月16日)。「PowerPCTidbits用のOS / 2」OS / 2ミュージアム2016年1月31日にオリジナルからアーカイブされました。
  10. ^ リンレイ・グウェナップ(1997年2月27日)。「ArthurがPowerPCラインを活性化」(PDF)マイクロプロセッサレポート11(2)。S2CID51808955_ 2018年7月30日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。603の小さな8Kキャッシュは、Mac OSソフトウェア、特に68Kエミュレーションでは悪名高いほど貧弱でした。603eのキャッシュでさえ、より高いクロック速度でパフォーマンスに大きな打撃を与えます。アーサーの設計目標が250MHz以上であることを考えると、キャッシュを2倍にすることは理にかなっています。  
  11. ^ Jansen、Daniel(2014)。「CPU:PowerPC603および603e」ローエンドMac。2018年10月30日にオリジナルからアーカイブされました2018年7月29日取得
  12. ^ 「MicrosoftはPowerPC615を殺した」レジスター1998年10月1日。2009年2月7日のオリジナルからアーカイブ2009年8月16日取得
  13. ^ アダム・T・ストールマン; フランクG.ソルティス(1995年7月1日)。「PowerPCASの内部」システムiNEWSマガジン2013年8月31日にオリジナルからアーカイブされました。
  14. ^ 原芳子(2000年11月28日)。「最新のロボットがヘルパー、エンターテイナーの役割を果たします」EETimes.com。2021年9月1日にオリジナルからアーカイブされました2021年9月1日取得
  15. ^ 「最初のロッキードマーティンF-35ジョイントストライクファイター車両-管理コンピューターが提供されました」(プレスリリース)。ロッキードマーティン2003年5月16日。2018年1月15日のオリジナルからアーカイブ2018年1月14日取得
  16. ^ 「PowerPC-サポートされていないビルド」俳句ファイル2022年1月14日にオリジナルからアーカイブされました2022年1月14日取得
  17. ^ 「FreeBSD / ppcプロジェクト」Freebsd.org。2009年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  18. ^ 「NetBSD / ofppc」Netbsd.org。2009年8月26日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  19. ^ 「NetBSD / macppc」Netbsd.org。2009年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  20. ^ 「NetBSD / evbppc」Netbsd.org。2009年8月26日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  21. ^ 「NetBSD / prep」Netbsd.org。2017年10月12日にオリジナルからアーカイブされました。
  22. ^ 「NetBSD / mvmeppc」Netbsd.org。2002年2月27日。2009年8月26日のオリジナルからアーカイブ2009年8月16日取得
  23. ^ 「NetBSD / bebox」Netbsd.org。2009年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  24. ^ 「NetBSD / amigappc」Netbsd.org。2009年9月2日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  25. ^ 「OpenBSD / macppc」Openbsd.org。2009年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  26. ^ 「CRUXPPCGNU / Linuxプロジェクト」Cruxppc.org。2009年6月7日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  27. ^ 「PowerPCポート」Debian。2009年8月30日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  28. ^ 「第3章インストールシステム」www.debian.org2017年7月19日にオリジナルからアーカイブされました2017年6月18日取得
  29. ^ 「DebianPPC64ポート」Debian。2012年6月27日にオリジナルからアーカイブされました2012年7月4日取得
  30. ^ 「インストール可能なLiveCD」Fedoraプロジェクト。2009年8月31日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  31. ^ 「Project:PowerPC」GentooWiki2018年1月15日にオリジナルからアーカイブされました2018年1月14日取得
  32. ^ 「MintPPC」2010年10月13日にオリジナルからアーカイブされました2010年10月3日取得
  33. ^ 「第1章アーキテクチャ」access.redhat.com2015年12月8日にオリジナルからアーカイブされました2015年12月6日取得
  34. ^ 「PowerPCFAQ-UbuntuWiki」Wiki.ubuntu.com。2011年2月25日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月16日取得
  35. ^ 「PowerPC / PowerISA用のVoidLinux(非公式)」2020年10月30日にオリジナルからアーカイブされました2020年10月27日取得
  36. ^ 「PowerPCに埋め込まれたSolaris」Research.sun.com。2006年6月14日。2011年8月7日のオリジナルからアーカイブ2009年8月16日取得
  37. ^ 「OpenSolaris.orgのSolarisPowerPCポート」opensolaris.org。2006年10月2日。2011年8月7日のオリジナルからアーカイブ2009年8月16日取得
  38. ^ 「PowerPC用のWindowsNT3.5」1994年11月9日。
  39. ^ 「ReactOSポート-ReactOSWiki」www.reactos.org2016年2月27日にオリジナルからアーカイブされました2015年12月6日取得
  40. ^ 「ARINC653およびFACEサポートを備えたDO-178C認定アビオニクスRTOS」DDC-I2018年8月8日にオリジナルからアーカイブされました2018年1月14日取得
  41. ^ 「サポートされているCPU」SCIOPTA SystemsAG2018年1月1日にオリジナルからアーカイブされました2018年1月14日取得
  42. ^ 「Windows用のPowerPC750FX評価キットクイックセットアップ」(PDF)2017年4月4日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2018年1月14日取得
  43. ^ a bc 「人々への力IBM。2004年3月30日。2013年2月4日のオリジナルからアーカイブ。

さらに読む

外部リンク