郵便局プロトコル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

コンピューティングでは、Post Office ProtocolPOP)は、電子メールクライアントメールサーバーから電子メールを取得するために使用するアプリケーション層の インターネット標準 プロトコルです[1] POPバージョン3(POP3)は、一般的に使用されているバージョンです。

目的

Post Office Protocolは、ユーザークライアントアプリケーションのインターネットプロトコル(IP)ネットワークを介して、メールサーバーに保持されているメールボックス(maildropへのアクセスを提供します。このプロトコルは、メッセージのダウンロードおよび削除操作をサポートしています。 POP3クライアントは接続し、すべてのメッセージを取得してクライアントコンピューターに保存し、最後にサーバーから削除します。[2] POPのこの設計とその手順は、ダイヤルアップアクセスなどの一時的なインターネット接続のみを持つユーザーのニーズによって推進され、これらのユーザーは接続時に電子メールを取得し、その後、取得したメッセージを表示および操作できるようになりました。オフラインのとき。

POP3クライアントには、ダウンロード後にサーバーにメールを残すオプションもあります。対照的に、インターネットメッセージアクセスプロトコル(IMAP)は、通常はすべてのメッセージをサーバーに残して、複数のクライアントアプリケーションでの管理を可能にし、接続(オンライン)モードと切断(オフライン)モードの両方の操作をサポートするように設計されています

POP3サーバーは、既知のポート番号110でサービス要求をリッスンします。POP3の暗号化通信は、プロトコルの開始後に、サポートされている場合STLSコマンドを使用して要求されるか、既知のTCPポート番号995でトランスポート層セキュリティ(TLS)またはSecure Sockets Layer(SSL)を使用してサーバーに接続するPOP3Sによって要求されます。

クライアントが使用できるメッセージは、POP3セッションがメールドロップを開いたときに決定され、そのセッションにローカルなメッセージ番号、またはオプションでPOPサーバーによってメッセージに割り当てられた一意の識別子によって識別されます。この一意の識別子は永続的でメールドロップに固有であり、クライアントが異なるPOPセッションで同じメッセージにアクセスできるようにします。メールが取得され、メッセージ番号によって削除のマークが付けられます。クライアントがセッションを終了すると、削除のマークが付けられたメールがメールドロップから削除されます。

歴史

Post Office Protocolの最初のバージョンであるPOP1は、RFC 918(1984)で指定されています。POP2はRFC937(1985)で指定されました。

POP3は、最も一般的に使用されているバージョンです。それはRFC 1081(1988)に始まったが、最新の仕様はRFC 1939で、拡張メカニズム(RFC 2449)およびRFC 1734での認証メカニズムを使用して更新これは、パイン、などPOP実装の数につながったPOPmail、および他の初期のメールクライアント。

元POP3仕様のみ暗号化されていないUSER /支持したがPASSの ログイン機構やバークレーの.rhostsアクセス制御、今日のPOP3サポートを、いくつかの認証方法は、ユーザーの電子メールへの違法なアクセスに対する保護のレベルを変える提供します。ほとんどはPOP3拡張メカニズムによって提供されます。 POP3クライアントは、AUTH拡張を介してSASL認証方式をサポートしますMIT プロジェクトアテナKerberizedバージョンを作成しました。 RFC 1460は、コアプロトコルにAPOPを導入しました。 APOPは、回避するためにMD5ハッシュ関数を使用するチャレンジ/レスポンスプロトコルです。 リプレイ攻撃共有秘密の開示APOPを実装するクライアントには、Mozilla ThunderbirdOpera MailEudoraKMailNovell Evolution、RimArtsのBeckyが含まれます。[3] Windows Liveメール、PowerMail、Apple Mail、およびMuttRFC1460はRFC1725によって廃止され、RFC1725はRFC1939によって廃止されました。

POP4

POP4は、基本的なフォルダ管理、マルチパートメッセージのサポート、およびIMAPと競合するメッセージフラグ管理を追加する非公式の提案としてのみ存在します。しかし、その開発は2003年以降進んでいません。[4]

拡張機能と仕様

RFC 2449で拡張メカニズムが提案され、一般的な拡張に対応し、TOPやUIDLなどのオプションコマンドのサポートを体系的に発表しました。RFCは拡張を奨励することを意図しておらず、POP3の役割は、主にメールボックス処理のダウンロードと削除の要件を簡単にサポートすることであることを再確認しました。

拡張機能は機能と呼ばれ、CAPAコマンドによって一覧表示されます。APOPを除いて、オプションのコマンドは機能の初期セットに含まれていました。ESMTP(RFC 5321)の先導に従い、Xで始まる機能はローカル機能を示します。

STARTTLS

STARTTLS拡張機能を使用すると、トランスポート層セキュリティ(TLS)またはSecure Sockets Layer(SSL)の使用を、代替ではなく標準のPOP3ポートでSTLSコマンドを使用してネゴシエートできます。一部のクライアントとサーバーは、代わりにTCPポート995(POP3S)を使用する代替ポート方式を使用します。

SDPS

Demon Internetは、ドメインごとに複数のアカウントを許可する拡張機能をPOP3に導入し、標準ダイヤルアップPOP3サービス(SDPS)として知られるようになりました[5]各アカウントにアクセスするために、ユーザー名にはjohn @hostnameまたはjohn + hostnameのようにホスト名が含まれます。

GoogleAppsも同じ方法を使用します。[6]

Kerberized Post Office Protocol

計算し、ローカルの電子メールクライアントを使用することができますKerberos対応ポストオフィスプロトコルKPOP)、アプリケーション層の インターネット標準 プロトコルを取得するには、電子メールをリモートからサーバー上でTCP / IPの接続。KPOPプロトコルはPOP3プロトコルに基づいており、Kerberosセキュリティを追加し、デフォルトで110ではなくTCPポート番号1109で実行される点が異なります。1つのメールサーバーソフトウェア実装がCyrusIMAPサーバーにあります

セッション例

次のPOP3セッションダイアログはRFC1939の例です。[7]

S:<TCPポート110で接続を待つ>
C:<接続を開く>
S:+ OKPOP3サーバーの準備ができました<[email protected]>
C:APOP mrose c4c9334bac560ecc979e58001b3e22fb
S:+ OK mroseのメールドロップには2つのメッセージ(320オクテット)があります
C:STAT
S:+ OK 2 320
C:リスト
S:+ OK 2メッセージ(320オクテット)
S:1 120 
S:2 200 
S:。
C:RETR 1
S:+ OK 120オクテット
S:<POP3サーバーがメッセージ1を送信します> 
S :。
C:DELE 1
S:+ OKメッセージ1が削除されました
C:RETR 2
S:+ OK 200オクテット
S:<POP3サーバーがメッセージ2を送信します> 
S :。
C:DELE 2
S:+ OKメッセージ2が削除されました
C:終了
S:+ OKデューイPOP3サーバーのサインオフ(メールドロップが空)
C:<接続を閉じる>
S:<次の接続を待つ>

オプションのAPOPコマンドのないPOP3サーバーは、クライアントがUSERコマンドとPASSコマンドを使用してログインすることを想定しています。

C:ユーザーmrose
 S:+ OKユーザーが受け入れました
C:パスタンスターフ
S:+ OKパスを受け付けました

サーバーの実装

IMAPとの比較

インターネットメッセージアクセスプロトコル(IMAP)は、代替と、より最近のメールボックスへのアクセスプロトコルです。違いのハイライトは次のとおりです。

  • POPはより単純なプロトコルであり、実装が容易になります。
  • POPは、メッセージを電子メールサーバーからローカルコンピューターに移動しますが、通常、メッセージを電子メールサーバーに残すオプションもあります。
  • IMAPはデフォルトで、ローカルコピーをダウンロードするだけで、メッセージを電子メールサーバーに残します。
  • POPはメールボックスを単一のストアとして扱い、フォルダの概念はありません
  • IMAPクライアントは複雑なクエリを実行し、サーバーにヘッダーや指定されたメッセージの本文を要求したり、特定の条件を満たすメッセージを検索したりします。メールリポジトリ内のメッセージは、さまざまなステータスフラグ(「削除済み」や「応答済み」など)でマークでき、ユーザーが明示的に削除するまでリポジトリに残ります。これは、後のセッションまで行われない場合があります。つまり、IMAPは、リモートメールボックスをローカルであるかのように操作できるように設計されています。 IMAPクライアントの実装とシステムマネージャが必要とするメールアーキテクチャに応じて、ユーザーはメッセージをクライアントマシンに直接保存するか、サーバーに保存するか、またはどちらかを選択することができます。
  • POPプロトコルでは、現在接続されているクライアントがメールボックスに接続されている唯一のクライアントである必要があります。対照的に、IMAPプロトコルは、特に複数のクライアントによる同時アクセスを許可し、同時に接続されている他のクライアントによってメールボックスに加えられた変更をクライアントが検出するためのメカニズムを提供します。たとえば、例として「複数のエージェントによる同じメールボックスへの同時アクセス」を具体的に引用しているRFC3501セクション5.2を参照してください。
  • POPがメッセージを取得すると、メッセージのすべての部分を受信しますが、IMAP4プロトコルを使用すると、クライアントは個々のMIME部分を個別に取得できます。たとえば、添付ファイルを取得せずにプレーンテキストを取得できます。
  • IMAPは、メッセージの状態を追跡するためにサーバー上のフラグをサポートします。たとえば、メッセージが読み取られたか、返信されたか、転送されたか、削除されたかなどです。

関連するコメントの要求(RFC)

  • RFC 918 –ポストオフィスプロトコル
  • RFC 937 –ポストオフィスプロトコル–バージョン2
  • RFC 1081 – Post Office Protocol –バージョン3
  • RFC 1939 – Post Office Protocol –バージョン3(STD 53)
  • RFC 1957 – Post Office Protocol(POP3)の実装に関するいくつかの所見
  • RFC 2195 – IMAP / POP AUTHorize Extension for Simple Challenge / Response
  • RFC 2384 – POPURLスキーム
  • RFC 2449 –POP3拡張メカニズム
  • RFC 2595 – IMAP、POP3、およびACAPでのTLSの使用
  • RFC 3206 –SYSおよびAUTHPOP応答コード
  • RFC 5034 – Post Office Protocol(POP3)Simple Authentication and Security Layer(SASL)認証メカニズム
  • RFC 8314 –クリアテキストは廃止されたと見なされます:電子メールの送信とアクセスのためのトランスポート層セキュリティ(TLS)の使用

も参照してください

参考文献

  1. ^ ディーン、タマラ(2010)。Network +ネットワークガイドデルマー。NS。519. ISBN 978-1423902454
  2. ^ アレン、デビッド(2004)。WindowsからLinuxへプレンティスホール。NS。192. ISBN 1423902459
  3. ^ (日本語)(ベッキー!チュートリアル) アーカイブで2010-01-31ウェイバックマシン、2001年4月26日。
  4. ^ 「POP4仕様ですが、システムがオンラインになっていない場合、popはメールの受信に使用されます」2003年。2017-10-21にオリジナルからアーカイブ2011年10月17日取得
  5. ^ デーモンオンラインヘルプセンターは 2011年7月23日にarchive.todayにアーカイブされましたE.demon.net(2013-01-23)。2013年7月17日に取得。
  6. ^ 「GoogleアプリとGmailの違い」Gmailヘルプセンター2008年9月13日にオリジナルからアーカイブされまし
  7. ^ RFC 1939、19ページ

さらに読む

外部リンク