ポイントツーマルチポイント通信

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ロッテルダムのワイヤレスインターネットサービスプロバイダー向けに設置されたCableFree製のポイントツーマルチポイント無線基地局ステーションには4つの無線インターフェースがあり、それぞれが個別のセクターアンテナに接続されており、それぞれが90度のカバレッジを提供します。この基地局から20km以内に、高利得指向性アンテナを備えた顧客宅内機器がサイトに設置され、基地局に接続して、通常10〜200 Mbit/sの容量のブロードバンドデータ接続を受信できます。

電気通信ではポイントツーマルチポイント通信P2MPPTMP、またはPMP)は、単一の場所から複数の場所への複数のパスを提供する、異なるタイプの1対多接続を介して達成される通信です。[1]

ポイントツーマルチポイント通信は、通常、ギガヘルツ無線周波数を介したワイヤレスインターネットおよびIPテレフォニーで使用されます。P2MPシステムは、複数の受信機からのリターンチャネルがある場合とない場合で設計されています。中央アンテナまたはアンテナアレイは複数の受信アンテナにブロードキャストし、システムは時分割多重化の形式を使用して、リターンチャネルトラフィックを可能にします。

最新のポイントツーマルチポイントリンク

現代の使用法では、ポイントツーマルチポイント無線通信という用語は、ギガヘルツ範囲の 無線またはマイクロ波周波数を介したインターネットまたはボイスオーバーIPの固定無線データ通信に関連しています。

ポイントツーマルチポイントは、多数のノード、エンド宛先、またはエンドユーザーがいるワイヤレス通信で最も一般的なアプローチです。ポイントツーマルチポイントは通常、リモート加入者ユニットまたは顧客宅内機器(CPE)(もともと有線電話業界で使用されていた用語)がワイヤレスメディアを介して接続されている中央基地局があることを前提としています。基地局加入者ユニット間の接続は、見通し内、または低周波無線システムの場合は、リンクバジェットが許す限り見通し外のいずれかです。[2]一般に、周波数が低いと、見通し外の接続が可能になります。さまざまなソフトウェア計画ツールを使用して、地形データとリンクバジェットシミュレーションを使用して潜在的な接続の実現可能性を判断できます。多くの場合、ポイントツーマルチポイントリンクは、インフラストラクチャのコストを削減し、CPEと接続の数を増やすためにインストールされます。[2]

指向性アンテナを使用するポイントツーマルチポイントワイヤレスネットワークは、 CSMA / CA媒体アクセス制御プロトコルを使用する場合、隠れノード問題(隠れ端末とも呼ばれます)の影響を受けます。隠れノード問題の悪影響は、CSMA / CAプロトコルではなく、時分割多元接続(TDMA)ベースのプロトコルまたはポーリングプロトコルを使用して軽減できます。[3]

ポイントツーマルチポイントシステムの電気通信信号は、通常、双方向、TDMA、またはチャネライズドです。周波数分割複信(FDD)を使用するシステムは、基地局とリモートサイト間の全二重接続を提供し、時分割複信(TDD)システムは半二重接続を提供します。

ポイントツーマルチポイントシステムは、特定のアプリケーションに応じて、ライセンス、セミライセンス、または非ライセンスの周波数帯域で実装できます。ポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイントリンクは、ワイヤレス業界で非常に人気があり、他の大容量ワイヤレスリンクまたは自由空間光通信(FSO)などのテクノロジーと組み合わせると、バックホールと呼ばれることがあります

基地局は、単一の全方向性アンテナまたは複数のセクターアンテナを備えている場合があり、後者の方がより広い範囲と容量を可能にします。

も参照してください

参照

  1. ^ M.カバー、トーマス; ジョイA.トーマス(1991)。情報理論の要素Wiley-InterscienceISBN  0-471-06259-6
  2. ^ a b アンダーソン、ハリー。R(2003)。ブロードバンドワイヤレスシステムの設計を修正しました。チチェスター:ワイリー。ISBN 0-470-84438-8
  3. ^ 「ポイントツーマルチポイントワイヤレス」Fluidmesh.com 2015年8月12日取得