植物失明症

植物失明症は、非公式に提案されている認知バイアスの一種であり、最も広い意味では、植物種を無視する人間の傾向ですこれには、周囲の環境にある植物に気づかないこと、生物圏全体および人類にとっての植物の重要性を認識していないこと、植物を動物よりも劣った生命形態として哲学的に見ていること、および/または植物の価値を理解できないことなどが含まれます。植物の独特の特徴や美学。[1]関連する用語には、植物無視[2] 動物園中心主義[3]および動物園排外主義などがあります。[2]

この用語は、植物学者で生物学教育者の JH ヴァンダーゼーと EE シュスラーが 1999 年の出版物「Preventing Plant Blindness」の中で作った造語です。[4] [5] [6]科学者らは、一部の人々が植物に気づかない理由は、植物が静止していて同じような色をしているためであると示唆しているが、他の研究では植物の失明は文化的慣習の影響を受けていることが示唆されている。[7]米国の研究では、「注意瞬き」(素早く提示された 2 つの画像のうちの 1 つに気づく能力)を使用して、植物や動物がどのように認識されるかを調査しました。[3]この研究では、参加者は植物よりも画像内の動物をより正確に検出できることが示されました。[3]研究者らはまた、動物園中心主義を特徴づけ、克服するための可能な戦略も示唆した。[3]

BBC ジャーナリストのクリスティーン・ロー氏によると、植物の失明は自然欠乏症と潜在的に関連しており、それが彼女の主張する植物学の資金削減と授業の減少を引き起こしていると彼女は解釈している。[6]

原因

植物失明症が生じた原因としては、人間の本性と文化という 2 つの主な経路が考えられています。

人間の本性

1 つ目の人間の本性には、人間の脳の化学反応と視覚処理システムには本質的に環境内の植物を無視する傾向があるという考えが含まれます。[1]研究によると、人間の視覚システムは、目に見えるすべての情報を効果的に処理できるわけではありません。[1]したがって、研究によると、脅威や潜在的な食料源を最も効果的に検出するには、変化する色、動き、および身近な物体が優先されることが示唆されています。[7] [1]植物はこの基準に当てはまらないことが多いため、多くの科学者は、人間の脳は植物の視覚的な存在を完全に処理できない傾向があると考えています。[1]さらに、霊長類は、自分の種と同じように行動する生物を好むことが示されています。[6]植物の行動は人間とは大きく異なるため、このことは植物の失明には固有の要素があることも示唆しています。[6]

文化

社会における植物失明症の確立において、文化が重要な役割を果たすことも示されています。多くの人は、この証拠が特定の地域社会における植物失明レベルの低下に見られると信じています。[6] [7]たとえば、特定のインディアン先住民族のコミュニティでは、植物は宗教医学、神話における役割で高く評価されています。[6] [7]

植物失明症が蔓延している社会では、いくつかの文化的メカニズムがこの現象に寄与していると考えられています。動物園中心の教育が主な原因の1つであると考えられています。[1]米国では、高校の生物教科書では内容の 15% のみが植物に当てられています。[7]多くの社会では、植物の行動、反応、動きの背後にある複雑さについて、国民の間で包括的な理解が得られていないと考えられています。[8]進化を複雑で非階層的なプロセスとしてではなく、人間が最も進化し、植物が最も進化しない直線的なメカニズムであるという誤解が蔓延していることも、植物の盲目を助長する可能性がある[8]植物の失明は、都市化の進行によって自然欠乏症が引き起こされ、日常生活における植物の役割が重要視されなくなったことにも部分的に起因していると考えられています。[8] [6]最後に、動物は植物よりも重要であるという概念は、マスコットなどの文化的な動物の過剰表現によって強化されます。[7]

潜在的な影響

植物失明の潜在的な影響に関して、いくつかの懸念が存在します。最も注目すべきは、植物の失明により、植物の保護活動に利用できる資金が減少する可能性があることです。[1]植物は絶滅危惧種リストの 57% を占めていますが、絶滅危惧種に割り当てられている資金はわずか 3.86% です。[1]

植物の失明は、植物科学の研究と教育の不足にもつながっていると考えられています。[1]植物科学の研究への資金は打ち切られ、植物学専攻への関心は減少し、植物生物学のコースは近年打ち切られています。[6] [3]しかし、この植物研究は医学と農業の進歩にとって重要であると考えられています。[6]

植物失明症と闘う取り組み

植物の失明と闘うためにいくつかの方法が提案されており、取り組みが進行中です。この問題に取り組む最も有名なキャンペーンは「Prevent Plant Blindness」と呼ばれ、この用語を作った研究者であるヴァンダーゼーとシュスラーによって作成されました。[1]このキャンペーンでは、主に 3 種類の擁護活動を行っています。1 つは 20,000 人の教師に配布され、アメリカ植物協会によって承認された教室用ポスター、子供向けの植物についての謎の絵本「Lost Plant!」、そして植物の宣伝です。校庭を含む教育の成長[1]

植物失明の文化的要素に対処するための他の提案もいくつか提案されています。研究によると、読み聞かせアート、ロールプレイングなど、植物に関わる創造的な活動が、子どもたちの植物との関係を強化するのに役立つことがわかっています。[7]科学教育の教科書、特に高校の生物の教科書で植物の表現を増やすことも奨励されています。[7]植物失明症についての認識を広めることは、偏見を軽減するための最初のステップはそれらを認識することであると考えられているため、それを軽減するのに役立つかもしれません。[6] [3] 市民科学TreeVersity などの植物に関連するプロジェクトは、非植物学者がより多様で頻繁な方法で植物を観察できるようにすることを試みています。[6]芸術やグルートなどの架空の人物における植物の表現は、植物教育がベスト プラクティスを確実に採用することと同様に、解決策の一部であると考えられています[6] 。[3]特に、植物教育では構成主義の原則、アクティブラーニング、およびマルチメディア指導を採用する必要があることが示唆されています[3]最後に、植物活動家は、人間は自然システムの外側や上位ではなく、自然システムの一部として考慮されるべきだと提案しています。[8]

この用語についての意見の相違

この用語の使用に反対し、種のグループに対する人間の偏見は背骨や人間のような目を持たないすべての生物に及ぶと主張する人もいます。[8]地球上の生物多様性の多くはカブトムシなどの昆虫に見られますが、生物学の教育やメディアで取り上げられる昆虫はほとんどありません。[8]したがって、この現象はより正確には、植物だけでなく脊椎動物以外のすべてを無視する人間の傾向であると主張する人もいます[8]

障害失明という否定的な形質の記述として不適切であると考え、この現象の名前に問題を提起し、植物認識格差( PAD ) という名前を提案する人もいます。[9]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ abcdefghijk アレン、ウィリアム (2003 年 10 月 1 日)。「植物失明症」。バイオサイエンスアメリカ生物科学研究所53 (10): 926.土井: 10.1641/0006-3568(2003)053[0926:PB]2.0.CO;2
  2. ^ ab パニー、P.、A. ロルニッツォ、L. アウライトナー、C. ハイディンガー、P. ランパート & M. キーン (2019)。有用な植物に対する生徒の関心を利用して、教室での植物の観察を促進します。植物、人々、惑星1(3): 261–270。土井:10.1002/ppp3.43
  3. ^ abcdefgh ベンジャミン・バラスとジェニファー・L・モムセン(2014年秋)。「植物と動物で異なる「まばたき」をする」。CBE: ライフ サイエンス教育13 (3): 437–443。土井:10.1187/cbe.14-05-0080。PMC 4152205PMID  25185227。 
  4. ^ Wandersee、JH、Schussler、EE (1999)。植物の失明を防ぎます。アメリカの生物学教師、61、82–86。
  5. ^ Sandra Knapp、「人間は本当に植物に盲目ですか?」、Plants, People, Planet、1.3 (2019 年 7 月)、164-168 (p. 164); 土井:10.1002/ppp3.36。
  6. ^ abcdefghijkl クリスティーン・ロー (2019 年 4 月 29 日). 「なぜ『植物失明症』が重要なのか、そしてそれに対して何ができるのか」。BBCフューチャーBBC 2019 年4 月 30 日に取得
  7. ^ abcdefgh ダスグプタ、シュレヤ (2016 年 9 月 27 日)。「植物失明症は治るのか?」パシフィックスタンダード
  8. ^ abcdefg ナップ、サンドラ (2019). 「人間は本当に植物に対して盲目なのでしょうか?」植物、人、惑星1 (3): 164-168。土井10.1002/ppp3.36ISSN  2572-2611。
  9. ^ パセリ、キャスリン M. (2020). 「植物の意識の格差: 植物失明症の名前変更を求める一件」。植物、人、惑星2 (6): 598–601。土井10.1002/ppp3.10153ISSN  2572-2611。