植物社会学

フリー百科事典ウィキペディアより

植物生態学または単に植物社会学としても知られる植物社会学は、通常一緒に見られる植物種のグループの研究です。植物社会学は、特定の領域の植物環境を経験的に記述することを目的としています。植物の特定の群集は、現在と過去の明確な条件の産物である社会的単位と見なされ、そのような条件が満たされた場合にのみ存在できます。植物社会学では、このような単位はphytocoenosis (または phytocoenose) として知られています。ファイトコエノシスは、植物群落としてより一般的に知られており、特定の地域のすべての植物の合計で構成されています。それはバイオコエノシスのサブセットです、特定の領域内のすべての生物で構成されています。より厳密に言えば、フィトコエノシスとは、競争やその他の生態学的プロセスを通じて互いに相互作用している、地域内の一連の植物です。コエノスは、生物とそれらが相互作用する物理的環境で構成される生態系と同等ではありません。ファイトコエンシスにはマッピング可能な分布があります。植物社会学には、これらのフィトコエノシスを階層的に記述および分類するための構文学として知られるシステムがあり、このシステムには命名法があります。科学はヨーロッパ、アフリカ、アジアで最も進んでいます。

米国では、種に関するより個人主義的な用語で環境を研究することを支持して、この概念はほとんど拒否されました。そこでは、植物の特定の関連性は、個々の好みと勾配への応答のためにランダムに発生し、フィトコエノス間に明確な境界はありません。「植物群落」という用語は通常、米国では多数の特定の植物種からなる生息地に使用されます。

それは、その高度な記述力と予測力、および自然管理の問題における有用性から、現代​​の植生科学の範囲で成功を収めてきました。

歴史

「植物社会学」という用語は、1896 年にJózef Paczoskiによって造られました[1] ' phytocoenology ' という用語は、1918 年にHelmut Gamsによって造られた.欧州諸国。[1]

植物社会学は、19 世紀初頭にアレクサンダー フォン フンボルトによって導入された植物地理学をさらに改良したものです。[1] [3] [4] [5]

植物生態学は当初、「地球植物学」のサブディシプリンであると考えられていました。[2]

スカンジナビアでは、植物協会の概念は早い時期に人気がありました. Hampus von Post (1842, 1862), [6] Ragnar Hult (1881, 1898), [7] Thore Christian Elias Fries (1913), [8] Gustaf Einar Du Rietz (1921). [9]デンマーク人の行方不明。

ソビエト連邦では、科学を適用し普及させた重要な植物学者はウラジミール・スカチョフでした。[15]

植物社会学の科学は、植物の「社会」の概念とは対照的に、共同体の連続体の概念が優勢だったアングロサクソンの世界にはほとんど浸透していません。[5]それにもかかわらず、米国には初期の支持者がいて、特にフレデリック・クレメンツはカリフォルニアの植生を特徴付けるためにこの概念を使用した. 主にヨーロッパのアイデアに従って、植生を使用して生息地の種類を分類する独自のシステムを考案しました。[16] [17] [18]クレメンツの最も重要な貢献は、継承に関する彼の研究でした。彼の作品は、多くのローカルで使用されています。[1]イギリスではアーサー・タンズリーヨーロッパの他の場所での適用を学んだ後、1​​911年に王国の植生に植物社会学的概念を適用した最初の人でした. [19]タンズリーは最終的に概念を広げ、環境のすべての生物的および非生物的生態学的側面を組み合わせた生態系のアイデアを思いついた. Tansley と Clements の作品は、他の作品とはかなり異なっていました。

今日の使用法

現代の植物社会学は、ポーランドのJózef Paczoski、フランスのJosias Braun-Blanquet 、スウェーデンのGustaf Einar Du Rietzの研究に大きく従っています。[5]

ヨーロッパでは、大陸全体で見られる植生の種類を説明するための完全な分類システムが開発されています。これらは、NATURA 2000ネットワークおよび生息地指令の法律で生息地タイプの分類として使用されています。各ファイトコエノースには番号が付けられており、保護地域は生息地に応じて分類することができます。ヨーロッパでは、この情報は一般に、特に絶滅の危機に瀕している生息地の種類の監視、再導入の成功の予測、またはより具体的な環境収容力の推定など、保全目的で2 km² のブロックごとにマッピングされます。. 特定の生息地は他の生息地よりも危険にさらされている (つまり、保護価値が高い) と見なされるため、特定のサイトの数値保護価値を概算することができます。

概要

植物社会学の目的は、個別の植生単位を特徴付ける植物種 (または亜種、すなわち分類群) の組み合わせを使用して植生の十分な経験的モデルを達成することです。植物社会学者によって理解されている植生単位は、大部分が抽象的な植生概念 (例:西地中海地域の硬葉の常緑樹林のセット) または実際の容易に認識できる植生タイプ (例:イベリア半島の密集した林冠を持つ更新世砂丘のコルク樫の海洋性森林)を表現する場合があります。 )。このような概念単位はシンタックスと呼ばれます(単数の「syntaxon」) であり、「synsystem」または構文システムと呼ばれる階層システムで設定できます。新しいシンタクスを作成したり、シンタックスを調整したりすることをシンタクソノミーと呼びます。規則が合意される前は、いくつかのわずかに異なる分類システムが存在していました。これらは「学派」または「伝統」として知られており、2 つの主要なシステムがありました: 古いスカンジナビア学派とチューリッヒ・モンペリエ学派[20]はブラウン・ブランケ・アプローチとも呼ばれます。[21]

ルルヴェ

植物社会学の最初のステップは、データを収集することです。これは、すべての種が識別されるプロットであるrelevéと呼ばれるものを使用して行われ、垂直方向と面積方向の両方でそれらの存在量が計算されます。地理的位置、環境要因、植生構造など、関連するその他のデータも記録されます。データの並べ替えには、ブール演算子と (以前の) テーブルが使用されます。必要な計算は手動で行うのは困難で面倒なので、現代の生態学者は関連データをソフトウェア プログラムに入力し、アルゴリズムを使用して数値を計算します。[21]

関連モデル

植物社会学的関係の組織化と命名法である構文学の基本単位は、植物分類群の特徴的な組み合わせによって定義される「関連」です。場合によっては、人間による管理 (例えば、草刈り体制)、人相および/または生態系の連続段階など、他の生息地の特徴も考慮される場合があります。このような関連性は、通常、別個のフィトコエノースと見なされます。類似した隣接する協会は、「同盟」と呼ばれる植物協会のグループを使用して、より大きな生態学的概念単位にグループ化できます。同様のアライアンスは、「目」と植生の「クラス」の順序でグループ化できます。このような階層における構文の設定は、構文体系を構成します。

現代のシステムを定義するための最も重要な研究者は、最初はチャールズフラーホールであり、彼の学生であるジョシアス ブラウン=ブランケットの研究は、一般に構文命名法の最終版と考えられているものです。ブラウン=ブランケは、セヴェンヌ南部のフィトコエノシスに取り組んだときに、フラオーや他の多くの研究をさらに洗練し、標準化しました彼は植生を分類する現代的なシステムを確立しました。[22] Braun-Blanquet の方法は、その最も特徴的な種の学名を同名として使用し、属小名の語尾を「-etum」に変更し、特定小名形容詞. このように、西ヨーロッパに広く分布し、 Arrhenatherum elatiusだけが優勢な中栄養草原の特定のタイプは、Arrhenatheretum elatioris Br.-Bl.」になります。同じ種が支配する類似の植物群落を区別するために、他の重要な種が名前に含まれていますが、それ以外の場合は同じ規則に従って名前が形成されます。黒いヤグルマギク ( Centaurea nigra ) と西ヨーロッパにも広まっている草Cynosurus cristatusが優勢な別の中栄養牧草地は、その結果、 Centaureo-Cynosuretum cristati Br. -Bl と名付けられました。& Tx. . 2 番目の種が特徴的であるが、1 番目の種よりも顕著に支配的でない場合、その属が形容詞として使用されることがあります[ 23 ] 圧倒的に目立たない)赤いマングローブ(Rhizophora mangle)。

今日、国際植物社会学命名規約[24] [25]が存在し、構文の命名規則が与えられている。その使用は植物学者の間で増加しています。[24]

英米の生態学では、関連概念は主に 20 世紀半ばの植物学者ヘンリー グリーソンの研究に関連ます[26]アソシエーションの概念の哲学的パラメーターは、環境哲学者によって、それが自然環境をどのように評価し、保護するかについても研究されています。[27]

植生複合体

現代の植物社会学者は、より高いレベルの複雑さを植生の認識に含めようとしています。つまり、連続する単位全体(植生シリーズ) または一般的に植生複合体を記述することによってです。他の開発には、シンタックスの定義とその解釈のため の多変量統計の使用が含まれます。

データ収集

植物社会学的データには、各種の被覆量の値と測定された環境変数をリストする relevés (またはプロット) で収集された情報が含まれています。このデータは、TURBOVEG [28]などのプログラムで便利にデータバンク化され、編集、保存、および他のアプリケーションへのエクスポートが可能です。

データは通常、 JUICEなどのホスト プログラムでTWINSPAN [29]を使用して分類およびソートされ、現実的な種と関連性の関連付けが作成されます。クラスタリング法と類似法、および CANOCO [30]Rパッケージ ビーガンなどのソフトウェア パッケージで利用可能な順序付け手法を使用して、さらなるパターンが調査されます[31]

も参照

参考文献

  1. ^ a b c d e Rabotnov TA. 1970~1979年。植物生態学。中: 大ソビエト百科事典、第 3 版。
  2. ^ a b Gams、Helmut (1918 年 3 月 27 日)。"Prinzipienfragen der Vegetationsforschung. Ein Beitrag zur Begriffsklärung und Methodik der Bioeaenologie" (PDF) . チューリッヒの Vierteljahrsschrift der Naturforschenden Gesellschaft63 (1): 293–493 2020年10月6日閲覧
  3. ^ Humboldt, A. von & Bonpland, A. 1805. Essai sur la geographie des plantes. Accompagné d'un tableau physique des régions équinoxiales fondé sur des mesures exécutées、depuis le dixiéme degré de latitude boréale jusqu'au dixiéme degré de latitude australe、ペンダント les années 1799, 1800, 1801, 1802 et 1803 . パリ: Schöll, [1] .
  4. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルト (1806). Ideen zu einer Physiognomik der Gewächse . テュービンゲン: コッタ[2] . 植物の人相学のアイデアとしての英訳210-352 ページ: またはEC オッテとヘンリー G. ボーン (1850 年)による創造の崇高な現象についての熟考。ロンドン: HG ボーン[3] .
  5. ^ a b c Decocq, G. (2016). パターンからプロセスへの移行: 21 世紀の植物社会学への挑戦? 中: ボックス、EO (編)。複数の空間的、時間的、および概念的スケールでの植生の構造と機能スプリンガー。pp.407-424
  6. ^ フォン・ポスト、ハンパス (1842). "Fäderneslandets yngre Botanister までの Några ord to Fäderneslandets yngre Botanister" . ボット。違います。1842 : 97–107. 2018-05-20のオリジナルからのアーカイブ2016 年10 月 4 日閲覧
  7. ^ Hult, Ragnar (1881). Försök until analytisk behandling af växtformationerna (「植物群集の分析処理の試み」)。Meddelanden af Societas pro Fauna et Flora Fennica , 8, pp. 1–155. 博士論文(ヘルシンキ大学)。全文。
  8. ^ フライドポテト、TCE (1913). Botanische Untersuchungen im nördlichsten Schweden. Ein Beitrag zur Kenntnis der alpinen und subalpinen Torne Lappmark の植生。Akademische Abhandlung。Vetenskapliga och praktiska undersökningar i Lappland. 動植物相Nº 2, p. 1-361、 [4]
  9. ^ Du Rietz、GE (1921). Zur methodologischen Grundlage der modernen Pflanzensoziologie . アカデム。ああ。Upsala (Thesis, Uppsala), 272 pp.
  10. ^ Rübel, EF (1922). Geobotanische Untersuchungsmethoden。Gebrüder Borntraeger、ベルリン
  11. ^ Rübel, EF (1930). Pflanzengesellschaften der Erde。ベルン-ベルリン: H. フーバー[5] .
  12. ^ パビヤール、J (1927). 「Les Tendances Actuelles de la Phytosociologie」。アーチ。ボット。ブル。メンズ6 : 89–112.
  13. ^ Schröter, C. & Kirchner, O. 1886–1902. Die Vegetation des Bodensees . Stettner、リンダウ、デラウェア州
  14. ^ Flahaut, C. & Schröter, C. (1910). Phytogeographische Nomenklatur。Berichte und Worschläge . IIIe Congrès International de Botanique、ブリュッセル、14 ~ 22 mai。Zürcher & Furrer、スイス、チューリッヒ。
  15. ^ Sukachev、VN (1929). "Uber einige Grundbegriffe in der Phytosoziologie". ベル。Dtsch。ボット。ジェス47 : 296–312.
  16. ^ クレメンツ、FE (1905). 生態学の研究方法リンカーン、ネブラスカ州、University Pub. 株式会社、 [6]
  17. ^ Clements, FE 1916.植物の継承. 出版物 242、カーネギー研究所、ワシントン DC。
  18. ^ クレメンツ、FE (1916). 「クライマックスの性質と構造」。ジャーナル オブ エコロジー. 24 (1): 252–284. ドイ10.2307/2256278JSTOR 2256278 . 
  19. ^ Tansley、AG (編). 1911年英国の植生の種類:英国の植生の調査と研究のための中央委員会のメンバーによるケンブリッジ大学出版局。ケンブリッジ、 [7]
  20. ^ シャルマ、PD (2009). エコロジーと環境Rastogi: Meerut, p. 140-142、 [8]
  21. ^ bデングラー J.; キトリー、M。Ewald、J.(2008)。「植物社会学」。ヨルゲンセンでは、スヴェン・エリック。父、ブライアン D. (eds.)。生態学百科事典 (第 2 版)アカデミックプレス。pp. 2767–2779。ドイ: 10.1016/B978-008045405-4.00533-4 . ISBN 978-0-08-045405-4.
  22. ^ ニコルソン、M. (1993). National Styles, Divergent Classifications: フランスとアメリカの植物生態学の歴史からの比較事例研究。知識と社会:科学の社会学の過去と現在の研究、8、139-186。
  23. ^ Braun-Blanquet, J. (1932). 植物社会学; 植物群集の研究ニューヨークとロンドン、マグロウヒル
  24. ^ a b Weber, HE; Moravec、J。Theurillat,J.−P.(2000 年 10 月)。「植物社会学命名法の国際規約」 . 植生科学ジャーナル11 (5): 739–768. ドイ10.2307/3236580JSTOR 3236580 . 
  25. ^ ジャン=ポール・テウリラ。ヴォルフガング・ウィルナー; フェデリコ・フェルナンデス・ゴンザレス; ヘルガ・ブルトマン; アンドラス・チャルニ。ダニエラ・ギガンテ; ラディスラフ・ムチーナ; ハインリッヒ ウェーバー (2020 年 12 月 5 日)。「植物社会学的命名法の国際コード。第4版」応用植生科学24 (1)。ドイ: 10.1111/AVSC.12491 . ISSN 1402-2001 . ウィキデータQ116454846 .  
  26. ^ たとえば、「Nature's Economy: A History of Ecological Ideas」、Donald Worster 著、ケンブリッジ大学出版局、1994 年を参照。
  27. ^ 例: 「The Unity of Nature: Wholeness and Disintegration in Ecology and Science」、Alan Marshall著、Imperial College Press/WorldScientific、2002年
  28. ^ ヘネケンズ、SM。シャミネ、JHJ (2001)。「植生データの総合データベース管理システムTURBOVEG」。植生科学ジャーナル12 (4): 589–591. ドイ10.2307/3237010JSTOR 3237010 . 
  29. ^ Hill MO (1979) TWINSPAN: 個人と属性の分類によって、多変量データを順序付けられた 2 元表に配置するための FORTRAN プログラム。生態学と系統学、コーネル大学、ニューヨーク州イサカ
  30. ^ ter Braak CJF, Šmilauer P (2002) CANOCO Reference manual and CanoDraw for Windows User's guide: Software for Canonical Community Ordination (バージョン 4.5)。Microcomputer Power、ニューヨーク州イサカ
  31. ^ Oksanen, J. (2010) (2010 年 3 月 11 日). 「R における生態系コミュニティの多変量解析: ビーガン チュートリアル」(PDF) . 2010年4 月 20 日閲覧 PDF

外部リンク