句構造文法

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

句構造文法という用語は、元々、EmilPostAxelThueポスト正準系)によって以前に研究された文法の用語として、NoamChomskyによって導入されましたただし、一部の作成者は、チョムスキー階層のより制限された文法(状況依存文法または文脈自由文法)の用語を予約しています。広い意味では、句構造文法は構成文法としても知られています。したがって、句構造文法の明確な特徴は、依存文法の従属関係とは対照的に、構成関係への準拠です。

構成員関係

言語学では、句構造文法は、依存関係文法に関連付けられた依存関係ではなく、構成関係に基づくすべての文法です。したがって、句構造文法は、構成文法としても知られています。[1]自然言語の構文解析に 関連するいくつかの理論のいずれも、構成文法として適格であり、それらのほとんどは、チョムスキーの研究から開発されました。

さらなる文法フレームワークと形式主義も、チョムスキーの作品から生まれたとは思わないかもしれませんが、構成員ベースと見なされます。

これらのフレームワークがすべて共有する基本的な特徴は、構成要素の関係の観点から文型を表示することです。構成要素の関係は、主語から派生しています。ラテン語とギリシャ語の文法述語分割[要出典]は、名辞論理に基づいており、古代のアリストテレス[2]にまでさかのぼります。基本的な節の構造は、節を主語名詞句NP)と述語動詞句VP) に2分割することで理解されます。

句を2進数で除算すると、1対1以上の対応になります。文の要素ごとに、その文に対して想定されるツリー構造内のノードが1つ以上あります。Luke laughedなどの2単語の文は、構文構造に3つ(またはそれ以上)のノードがあることを意味します。1つは名詞Luke(subject NP)、1つは動詞laughed(述語VP)、もう1つはLuke laughed(文)です。 S)。上記の構成文法はすべて、この1対1またはそれ以上の対応の観点から文型を表示します。

構成要素と従属関係

従属関係

ゴットロープ・フレーゲの時までに、文の論理についての競合する理解が生じていました。Fregeは、文の2進除算を拒否し、論理述語とその引数に関する文論理の理解に置き換えました。文論理のこの代替概念では、節を主語と述語に2進数で分割することはできませんでした。したがって、従属関係への扉が開かれました(ただし、従属関係は、フレーゲよりずっと前の伝統的な文法ではあまり明白ではない形で存在していました)。従属関係は最初に具体的に認められ、ルシアン・テニエールが死後出版された作品の中で構文と文法の包括的な理論の基礎として開発されました。構文構造の要素(構造構文の要素)。[3]

従属関係は1対1の対応です。文のすべての要素(単語またはモーフ)に対して、構文構造にはノードが1つだけあります。したがって、この区別はグラフ理論上の区別です。従属関係は、文の構文構造内のノードの数を、その文に含まれる構文単位(通常は単語)の正確な数に制限します。したがって、 Lukeが笑った2語の文は、2つの構文ノードを意味します。1つはLuke用で、もう1つはlaughed用です。いくつかの著名な依存文法を以下に示します。

これらの文法はすべて従属関係に基づいているため、定義上、句構造文法ではありません。

わかりにくい文法

他の文法は、一般に、構成要素と依存関係の区別の観点から分類できるような方法で構文単位をクラスターにグループ化する試みを回避します。この点で、次の文法フレームワークは、分割線の両側にしっかりと収まりません。

も参照してください

メモ

  1. ^ Matthews(1981:71ff。)は、構成要素ベースの文法と依存関係ベースの文法の違いについて洞察に満ちた議論を提供しています。Allerton(1979:238f。)、McCawley(1988:13)、Mel'cuk(1988:12-14)、Borsley(1991:30f。)、Sag and Wasow(1999:421f。)、van Valin(2001)も参照してください。 :86ff。)。
  2. ^ ボブジエン、スザンヌ。「古代の論理」スタンフォード哲学百科事典スタンフォード2018年3月4日取得
  3. ^ テニエール(1959)を参照してください。

参考文献

  • Allerton、D.1979。文法理論の要点。ロンドン:ラウトレッジ&ケガンポール。
  • Borsley、R。1991.構文理論:統一されたアプローチロンドン:エドワードアーノルド。
  • チョムスキー、ノーム1957年。構文構造ハーグ/パリ:ムートン。
  • マシューズ、P。構文。1981年。英国ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、ISBN978-0521297097 
  • McCawley、T。1988.英語の統語論的現象、Vol。1.シカゴ:シカゴプレス大学。
  • Mel'cuk、I。1988.依存関係の構文:理論と実践アルバニー:SUNYPress。
  • サグ、I。とT.ワソウ。1999.構文理論:正式な紹介。カリフォルニア州スタンフォード:CSLI出版物。
  • テニエール、ルシアン1959年。Éleméntsdesyntaxestructuree。パリ:Klincksieck。
  • van Valin、R.2001。構文の紹介。英国ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。