光熱比

光熱(PTR) は光熱商とも呼ばれ、温度レベルと比較して植物が利用できる光の量を特徴付ける変数です。植物生物学では、植物の生育環境を特徴付けるために使用されます。[1]

理論的根拠

光と温度はどちらも植物の成長と発育を決定する重要な環境変数です。光は、光合成を促進し、糖を生成するのに特に重要です。温度は細胞分裂の強力な推進力であり、利用可能な糖が変換されて新しい葉、茎、根、または生殖バイオマスが生成されます。したがって、両方とも、植物の供給源と吸収源のバランス、つまり成長の可能性に関連して植物が利用できる糖の量を決定する上で、栄養素と水の利用可能性とともに重要な要素です。光熱比は、このバランスを近似するために使用できる定量的な記述子です。[要出典]

計算と単位

光熱比は、植物が曝露される日次光量積分( 1 日にわたって積分された光合成光子束密度、DLI) を日次ベースライン温度 (T b ) で割ることによって計算されます。 PTR=DLI/T.したがって、単位はモル量子 m -2-1 °C -1です。あるいは、T bそのものではなく、moldegree-day -1という形式の単位で度日の数が使用されています[2] PTR の概念は、特定の種の成長と生産性の詳細な研究に導入されています。これらの種については、その温度未満では葉の伸長が起こらないことが知られている基準温度 T bが選択されます。多くの温帯種では、この温度は約 5 °C になります。[要出典]

特定の種を参照せずに広範囲の植物の生育環境を特徴付ける場合、T b は0 °C であるとみなされました。[3]

正常範囲

光熱比は熱帯地方では年間を通じて比較的一定であり、低地では約 1.3 mol m -2 day -1 °C -1です。高緯度では PTR は季節によって変化し、春には高く、秋には低くなります。生育期全体で平均した PTR 値は、北方帯では約 3、温帯では約 2 です。ガラス温室で生育する植物は、PTR ~ 1 で生育することが多く、シロイヌナズナの実験は PTR 0.2 程度で行われることがよくあります。[3]

植物への影響

光によると考えられている多くの効果は、実際には温度にも依存します。たとえば、暗い場所での茎の強い伸長は、温度が高い場合にのみ起こり、温度が 0 °C に近い場合には起こりません。小麦では、開花前月の PTR が粒数を強く決定します。[4]園芸では、高い PTR で栽培された植物は一般に茎が太く、節間が短く、花の数が多いため、市場での収量が高くなります。[2]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ ペサラクリ、M. (2016)。ウリ科ハンドブック: 成長、文化的実践、生理学。 CRCプレス。 p. 176.ISBN 978-1-4822-3459-62019 年7 月 4 日に取得光と気温の複合効果 (光熱比) (Wang et al., 2014) は、光熱比が高いと雌ノードの総数が大幅に増加し、雄ノードの数ではこれが逆であることを明確に示しました。
  2. ^ ab 劉斌;ハインズ、ロイヤル D. (2002)。 「光熱比は「フリーダム」ポインセチアの植物の品質に影響を与える」。アメリカ園芸科学協会の雑誌127 (1): 20-26。土井10.21273/JASHS.127.1.20
  3. ^ ab プポーター、ヘンドリック;フィオラーニ、ファビオ。ピエルシュカ、ローランド。ウォシチョフスキー、トビアス。ファン・デル・プッテン、ウィム・H.マイケル・クレイアー。シュール、ウリ。ポストマ、ヨハネス (2016 年 12 月)。 「内側は甘やかされ、外側は厳しく? 管理された条件で生育する植物と野外で生育する植物の違いと類似点」。新しい植物学者212 (4): 838–855。土井10.1111/nph.14243
  4. ^ フィッシャー、RA (1985)。 「小麦作物中の粒の数と日射量と温度の影響」。農業科学ジャーナル105 (2): 447–461。土井:10.1017/S0021859600056495。
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Photothermal_ratio&oldid=1182623721」から取得