サヘル地域の干ばつ対策のための常設州間委員会

メンバーの地図

サヘル地域干ばつ対策常設州間委員会フランス語: Comité Permanent inter-État de lutte contre la sécheresse au Sahel、略称CILSS )は、アフリカのサヘル地域の国々で構成される国際機関です

公式ホームページによると、この組織の使命は、サヘル地域の新たな生態学的バランスを図るため、食糧安全保障と干ばつや砂漠化の影響との戦いのための研究に投資することだという。[1]

サヘルは、非常に乾燥した北部と海岸の熱帯林の間の移行地域です。主に低木、ハーブ、非常に小さな木々が展示されており、住民に定期的な収穫物を提供することはありません。主な特徴は次のとおりです。

  • 200 mm から 2500 mm までの、非常に不規則でほとんど予測できない降雨量
  • 農業と畜産業の優位性。住民の半数以上が農民であり、農業はGDPの40%以上に貢献しています。
  • 人口動態の高い成長(約 3.1%)と都市の高い成長(約 7%)

CILSS は、この地域で最初の大干ばつの最中の 1973 年に創設されました。その目的は、サヘル地域の人々と国際社会を動員して、緊急の必要性と、天水灌漑農業、環境、交通、交通、農業などのさまざまな分野での事業の組織化を促進することですそしてコミュニケーション。1995 年には、基本的な食料安全保障と天然資源の利用を活動の中心に据えました

事務局はブルキナファソワガドゥグーにあります。

加盟国のリスト:

こちらも参照

参考文献

  1. ^ 「ルーブリック」サヘル地域の干ばつ対策のための常設州間委員会。サヘル地域の干ばつ対策のための常設州間委員会、ウェブ。2010 年 8 月 28 日。<[1]。

外部リンク

  • 「サヘル地域干ばつ対策常設州間委員会」公式ウェブサイト— (英語とフランス語)
  • Institut du Sahel— (フランス語)