パッシブ光ネットワーク

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

パッシブ光ネットワークPON は、ブロードバンドネットワークアクセスをエンドカスタマーに提供するための光ファイバー通信技術です。そのアーキテクチャは、ポイントツーマルチポイントトポロジを実装します。このトポロジでは、電力が供給されていない(パッシブ光ファイバスプリッタを使用してファイバ帯域幅をエンドポイント間で分割することにより、単一の光ファイバが複数のエンドポイントにサービスを提供します。パッシブ光ネットワークは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)とその顧客の間のラストマイルと呼ばれることがよくあります。[1]

コンポーネントと特性

アクティブ(トップ)とパッシブ光ネットワークのダウンストリームトラフィック

パッシブ光ネットワークは、サービスプロバイダーのセントラルオフィス(ハブ)にある光回線端末(OLT)と、エンドユーザーに近い多数の光ネットワークユニット(ONU)または光ネットワーク端末(ONT)で構成されます。PONは、ポイントツーポイントアーキテクチャと比較して、必要なファイバおよびセントラルオフィス機器の量を削減します。パッシブ光ネットワークは、光ファイバーアクセスネットワークの一種です。

ほとんどの場合、ダウンストリーム信号は複数のファイバーを共有するすべての施設にブロードキャストされます。暗号化は盗聴を防ぐことができます

アップストリーム信号は、多元接続プロトコル、通常は時分割多元接続(TDMA)を使用して結合されます。

歴史

パッシブ光ネットワークは、1987年にBritishTelecommunicationsによって最初に提案されました。 [2]

電気電子技術者協会(IEEE)と国際電気通信連合(ITU-T)の電気通信標準化セクターという2つの主要な標準グループが、他の多くの業界団体とともに標準を開発しています。

また、Society of Cable Telecommunications Engineers(SCTE)は、パッシブ光ネットワークを介して信号を伝送するために、 ガラスを介した無線周波数を指定しました。

FSANとITU

1995年以降、家庭用アーキテクチャへのファイバーに関する作業は、主要な電気通信サービスプロバイダーとシステムベンダーによって形成されたフルサービスアクセスネットワーク(FSAN)ワーキンググループによって行われました。[3]国際電気通信連合(ITU)はさらに作業を行い、2世代のPONで標準化されました古いITU- TG.983規格は、非同期転送モードに基づいていました(ATM)であるため、APON(ATM PON)と呼ばれています。元のAPON標準のさらなる改善、およびプロトコルとしてのATMの支持が徐々に失われることにより、ITU-T G.983の完全な最終バージョンは、ブロードバンドPONまたはBPONと呼ばれることが多くなりました。一般的なAPON/BPONは、622メガビット/秒(Mbit / s)(OC-12)のダウンストリーム帯域幅と155 Mbit / s(OC-3)のアップストリームトラフィックを提供しますが、標準はより高いレートに対応しています。

ITU-T G.984ギガビット対応パッシブ光ネットワーク(GPON、G-PON)規格は、BPONと比較して、より大きな可変長パケットを使用することにより、総帯域幅と帯域幅効率の両方で向上を示しました。繰り返しになりますが、標準ではビットレートの選択がいくつか許可されていますが、業界では2.488ギガビット/秒(Gbit / s)のダウンストリーム帯域幅と1.244 Gbit/sのアップストリーム帯域幅に収束しています。GPONカプセル化方式(GEM)を使用すると、フレームセグメンテーションを使用してユーザートラフィックを非常に効率的にパッケージ化できます。

2008年半ばまでに、ベライゾンは800,000を超える回線を設置しました。British TelecomBSNLSaudi Telecom CompanyEtisalatAT&Tは、それぞれ英国、インド、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、米国で高度な試験が行われていました。GPONネットワークは現在、世界中の多数のネットワークに展開されており、その傾向は、他のPONテクノロジーよりもGPONの成長率が高いことを示しています。

G.987は、ダウンストリームが10 Gbit / s、アップストリームが2.5 Gbit / sの10G-PONを定義 しました。フレーミングは「G-PONのような」もので、同じネットワーク上のGPONデバイスと共存するように設計されています。[4]

セキュリティ

米国空軍のSIPRNet要件を満たすためにケーブル製造事業によって2009年に開発された、セキュアパッシブ光ネットワーク(SPON)は、ギガビットパッシブ光ネットワーク(GPON)テクノロジーと保護配電システム(PDS)を統合します。

PDSのNSTISSI7003要件の変更と、米国連邦政府によるGREENテクノロジの義務化により、アクティブイーサネットおよび暗号化デバイス の代替として2つのテクノロジを米国連邦政府が検討できるようになりました。

米国陸軍省最高情報責任者は、2013年度までにこの技術を採用するよう指示を出しました。これは、TelosCorporationなどの企業によって米軍に販売されています。[5] [6] [7] [8]

Fiber to the xの展開で使用されるGPONは、現在市販されているテクノロジーに基づいて解決されていない、光信号インジェクションを介したサービス拒否攻撃に対する脆弱性に直面する可能性があります。[9] [10]

IEEE

2004年に、イーサネットPON(EPONまたはGEPON)標準802.3ah-2004が、 IEEE802.3のファーストマイルプロジェクトのイーサネットの一部として承認されましたEPONは、イーサネットパケット、光ファイバーケーブル、および単一プロトコル層を使用する「短距離」ネットワークです。[1] EPONは、1秒あたり1ギガビットの対称的なアップストリームおよびダウンストリームレートの標準802.3イーサネットフレームも使用します。EPONは、データ中心のネットワークだけでなく、フルサービスの音声、データ、およびビデオネットワークにも適用できます。10 Gbit / s EPONまたは10G-EPONは、IEEE802.3avからIEEE802.3への修正として承認されました。10G-EPONは10/1Gbit/sをサポートします。ダウンストリーム波長計画同じPONでIEEE802.3avとIEEE802.3ahを同時に動作させるために、1つの波長で10 Gbit / s、別の波長で1 Gbit/sの同時動作をサポートします。アップストリームチャネルは、単一の共有(1310 nm)チャネルでIEEE802.3avと1Gbit /s802.3ahの同時動作を同時にサポートできます。

2014年には、4,000万を超えるEPONポートがインストールされており、世界で最も広く展開されているPONテクノロジーとなっています。EPONは、DOCSISプロビジョニングオブEPON(DPoE)仕様の一部として、ケーブル事業者のビジネスサービスの基盤でもあります。

10G EPONは、他のイーサネット標準と完全に互換性があり、アップストリームまたはダウンストリームエンドのイーサネットベースのネットワークに接続するために変換やカプセル化を必要としません。このテクノロジーは、あらゆるタイプのIPベースまたはパケット化された通信とシームレスに接続します。家庭、職場、その他の場所にイーサネットが広く設置されているため、EPONは一般に非常に安価に実装できます。[1]

ネットワーク要素

PONは、波長分割多重(WDM)を利用して、1つの波長をダウンストリームトラフィックに使用し、別の波長をシングルモードファイバ(ITU-T G.652)のアップストリームトラフィックに使用します。BPON、EPON、GEPON、およびGPONは同じ基本波長プランを持ち、ダウンストリームトラフィックには1490ナノメートル(nm)の波長を使用し、アップストリームトラフィックには1310nmの波長を使用します。1550 nmは、オプションのオーバーレイサービス、通常はRF(アナログ)ビデオ用に予約されています。

ビットレートと同様に、規格にはいくつかの光パワーバジェットが記載されており、最も一般的なのはBPONとGPONの両方で28 dBの損失バジェットですが、より安価な光ファイバを使用した製品も発表されています。28 dBは、32ウェイスプリットで約20kmに相当します。前方誤り訂正(FEC)は、GPONシステムでさらに2〜3dBの損失バジェットを提供する場合があります。光学系が改善されると、28dBの予算が増える可能性があります。GPONプロトコルとEPONプロトコルはどちらも大きな分割比(GPONの場合は最大128サブスクライバー、EPONの場合は最大32,768)を許可しますが、実際には、ほとんどのPONは1:32以下の分割比で展開されます。

PONは、光回線端末(OLT)と呼ばれるセントラルオフィスノード、光ネットワークユニット(ONU)または光ネットワーク端末(ONT)と呼ばれる1つ以上のユーザーノード、およびそれらの間の光と呼ばれるファイバーとスプリッターで構成されます。配信ネットワーク(ODN)。「ONT」は、シングルテナントONUを表すITU-T用語です。マルチテナントユニットでは、ツイストペアを介したイーサネット、G.hn (既存の家庭用配線で動作できる高速ITU-T規格)などのテクノロジを使用して、個々の住居ユニット内の顧客宅内デバイスにONUをブリッジできます。 -電力線、電話線、同軸ケーブル)またはDSLONUは、PONを終端し、カスタマーサービスインターフェイスをユーザーに提示するデバイスです。一部のONUは、テレフォニー、イーサネットデータ、ビデオなどのサービスを提供するために、個別の加入者ユニットを実装しています。

OLTは、PONとサービスプロバイダーのコアネットワーク間のインターフェイスを提供しますこれらには通常、次のものが含まれます。

ONTまたはONUはPONを終了し、ネイティブサービスインターフェイスをユーザーに提示します。これらのサービスには、音声(一般電話サービス(POTS)またはVoice over IP(VoIP))、データ(通常、イーサネットまたはV.35)、ビデオ、および/またはテレメトリ(TTL、ECL、RS530など)が含まれます。 ONU機能は2つの部分に分かれています。

  • ONUは、PONを終端し、 DSL同軸ケーブル、マルチサービスイーサネットなどのコンバージドインターフェイスをユーザーに提供します。
  • コンバージドインターフェイスを受信し、イーサネットやPOTSなどのネイティブサービスインターフェイスをユーザーに出力するネットワークターミネーション機器(NTE)。

PONは共有ネットワークであり、OLTはすべてのONUに表示されるダウンストリームトラフィックの単一ストリームを送信します。各ONUは、それにアドレス指定されたパケットのみのコンテンツを読み取ります。暗号化は、ダウンストリームトラフィックの盗聴を防ぐために使用されます。

アップストリーム帯域幅割り当て

OLTは、アップストリーム帯域幅をONUに割り当てる役割を果たします。光配信ネットワーク(ODN)が共有されているため、ONUのアップストリーム送信は、ランダムな時間に送信された場合に衝突する可能性があります。ONUは、OLTからさまざまな距離にある可能性があります。つまり、各ONUからの伝送遅延は一意です。OLTは遅延を測定し、PLOAM(物理層の操作、管理、および保守)メッセージを介して各ONUにレジスタを設定し、PON上の他のすべてのONUに関して遅延を均等化します。

すべてのONUの遅延が設定されると、OLTはいわゆる許可を個々のONUに送信します。付与とは、アップストリーム送信に定義された時間間隔を使用する許可です。付与マップは、数ミリ秒ごとに動的に再計算されます。マップは、すべてのONUに帯域幅を割り当て、各ONUがサービスニーズに合わせてタイムリーな帯域幅を受信できるようにします。

一部のサービス(たとえば、POTS )は、本質的に一定のアップストリーム帯域幅を必要とし、OLTは、プロビジョニングされたそのような各サービスに固定帯域幅割り当てを提供する場合があります。DS1および一部のクラスのデータサービスでも、一定のアップストリームビットレートが必要になる場合があります。しかし、Webサイトの閲覧など、多くのデータトラフィックはバースト性が高く、変動が大きくなります。統計多重化のトラフィックエンジニアリングの概念に従って、動的帯域幅割り当て(DBA)を介して、PONをアップストリームトラフィックに対してオーバーサブスクライブできます。(任意のLANがオーバーサブスクライブできるのと同じように、ダウンストリームトラフィックもオーバーサブスクライブできます。ダウンストリームオーバーサブスクリプションのPONアーキテクチャの唯一の特別な機能は、ONUが完全に任意のダウンストリームタイムスロットを両方の時間で受け入れることができる必要があるという事実です。とサイズで。)

GPONには、ステータスレポート(SR)と非ステータスレポート(NSR)の2つの形式のDBAがあります。

NSR DBAでは、OLTは各ONUに少量の追加帯域幅を継続的に割り当てます。ONUに送信するトラフィックがない場合、ONUは超過割り当て中にアイドルフレームを送信します。OLTは、特定のONUがアイドルフレームを送信していないことを確認すると、そのONUへの帯域幅割り当てを増やします。ONUのバーストが転送されると、OLTは特定のONUからの多数のアイドルフレームを監視し、それに応じて割り当てを減らします。NSR DBAには、ONUに要件を課さないという利点と、OLTがより多くを必要とする複数のONUに帯域幅を割り当てる最善の方法を知る方法がないという欠点があります。

SR DBAでは、OLTはONUのバックログをポーリングします。特定のONUには、それぞれ独自の優先度またはトラフィッククラスを持つ複数のいわゆる送信コンテナ(T-CONT)が含まれる場合があります。ONUは、各T-CONTを個別にOLTに報告します。レポートメッセージには、T-CONTキューのバックログの対数測定値が含まれています。PON全体にわたる各T-CONT サービスレベルアグリーメント、および各T-CONTのバックログのサイズを知ることにより、OLTはPONのスペア帯域幅の割り当てを最適化できます。

EPONシステムは、GPONのSRDBAソリューションと同等のDBAメカニズムを使用します。OLTはキューステータスについてONUをポーリングし、MPCP GATEメッセージを使用して帯域幅を許可しますが、ONUはMPCPREPORTメッセージを使用してステータスを報告します。

バリアント

TDM-PON

APON / BPONEPONGPONは広く展開されています。2014年11月、EPONには約4,000万のポートが導入され、導入で第1位にランクされました。[11]

2015年の時点で、GPONの市場シェアは小さいですが、2020年までに105億米ドルに達すると予想されています。[12]

TDM-PONの場合、パッシブ光スプリッターが配光ネットワークで使用されます。アップストリーム方向では、各ONU(光ネットワークユニット)またはONT(光ネットワーク端末)バーストは、割り当てられたタイムスロット(タイムドメインで多重化)で送信されます。このようにして、OLTは任意の時点で1つのONUまたはONTからのみ信号を受信して​​います。ダウンストリーム方向では、OLTは(通常)継続的に送信します(またはバースト送信する場合があります)。ONUまたはONTは、信号に埋め込まれたアドレスラベルを介して独自のデータを確認します。

EPONのDOCSISプロビジョニング(DPoE)

Data Over Cable Service Interface Specification(DOCSIS)イーサネットパッシブ光ネットワーク(DPoE)のプロビジョニングは、既存のイーサネットPON(EPON、GEPON、または10G-EPON)メディアアクセス制御にDOCSISサービスレイヤインターフェイスを実装するケーブルテレビ研究所の仕様のセットです。 (MAC)および物理層(PHY)標準。つまり、既存のEPON機器にDOCSIS Operations Administration Maintenance and Provisioning(OAMP)機能を実装します。これにより、EPON OLTは、DOCSISケーブルモデムターミネーションシステムのように見え、動作します。(CMTS)プラットフォーム(DPoE用語ではDPoEシステムと呼ばれます)。DPoEは、CMTSと同じIPサービス機能を提供するだけでなく、メトロイーサネットフォーラム(MEF)9および14サービスをサポートして、ビジネス顧客にイーサネットサービスを提供します。

ガラス上の無線周波数

Radio Frequency over Glass(RFoG)は、以前は銅線(主にハイブリッドファイバー同軸)で転送されていたRF信号を転送する一種のパッシブ光ネットワークです。ケーブル)PON経由。順方向では、RFoGはスタンドアロンのP2MPシステム、またはGEPON/EPONなどの既存のPON用の光オーバーレイのいずれかです。RFoGのオーバーレイは、波長分割多重(WDM)に基づいています。これは、ガラスの一本鎖上の波長の受動的な組み合わせです。リバースRFサポートは、アップストリームまたはリターンRFをPONリターン波長とは別の波長に転送することによって提供されます。ケーブルおよび電気通信技術者協会(SCTE)インターフェイスプラクティス小委員会(IPS)ワークグループ5は、現在IPS 910 RFoverGlassに取り組んでいます。RFoGは、既存のRF変調テクノロジーとの下位互換性を提供しますが、RFベースのサービスに追加の帯域幅を提供しません。まだ完成していませんが RFoG標準は、実際には相互に互換性のない標準化されたオプションのコレクションです(同じPONで混合することはできません)。一部の標準は他のPONと相互運用できる場合もあれば、そうでない場合もあります。これは、ファイバーのみが利用可能な場所、または銅線が許可されていない、または実現可能でない場所でRFテクノロジーをサポートする手段を提供します。このテクノロジーは、ケーブルテレビ事業者とその既存のHFCネットワークを対象としています。

WDM-PON

波長分割多重PON(WDM-PON)は、非標準タイプのパッシブ光ネットワークであり、一部の企業によって開発されています。

WDM-PONの複数の波長を使用して、光ネットワークユニット(ONU)を同じ物理インフラストラクチャ上に共存する複数の仮想PONに分離できます。あるいは、波長を統計多重化によって集合的に使用して、ONUが経験する効率的な波長利用とより低い遅延を提供することができます。

WDM-PONの共通の標準はなく、用語の定義について全会一致で合意されたものもありません。いくつかの定義によれば、WDM-PONは各ONU専用の波長です。他のより自由な定義は、PONの任意の一方向に複数の波長を使用することがWDM-PONであることを示唆しています。そのような全会一致の定義がない場合、偏りのないWDM-PONベンダーのリストを指摘することは困難です。PONは、従来の銅線ベースのアクセスネットワークよりも高い帯域幅を提供します。WDM-PONは、各ONUが独自の波長しか受信しないため、 プライバシー[要出典]とスケーラビリティが向上します。

利点:OLTとONU間のP2P接続が波長ドメインで実現されるため、MAC層が簡素化され、P2MPメディアアクセス制御が不要になります。WDM-PONでは、各波長を異なる速度とプロトコルで実行できるため、成長に応じて簡単にアップグレードできます。

課題:初期設定の高コスト、WDMコンポーネントのコスト。波長が環境温度とともにどのようにドリフトする傾向があるかという理由で、温度制御は別の課題です。

TWDM-PON

時間および波長分割多重受動光ネットワーク(TWDM-PON)は、2012年4月のフルサービスアクセスネットワーク(FSAN)による次世代受動光ネットワークステージ2(NG-PON2)の主要なソリューションです。TWDM-PON商業的に展開されているギガビットPON(G-PON)および10ギガビットPON(XG-PON)システムと共存します。

ロングリーチ光アクセスネットワーク

ロングリーチ光アクセスネットワーク(LROAN)の概念は、ローカル交換で行われる光/電気/光変換を、顧客からネットワークのコアまで延びる連続的な光パスに置き換えることです。BTのDaveyとPayneの研究によると、地元の取引所や有線センターで必要な電子機器と不動産を削減することで、大幅なコスト削減が可能であることがわかりました。[13]概念実証のデモンストレーターは、100kmの到達距離で10Gbit/sで1024人のユーザーにサービスを提供できることを示しました。[14]

このテクノロジーはロングリーチPONと呼ばれることもありますが、ほとんどの場合、ディストリビューションのみがパッシブのままであるため、PONという用語はもはや適用できないと多くの人が主張しています。

テクノロジーの実現

PONのトポロジにより、ダウンストリーム(つまり、OLTからONU)とアップストリーム(つまり、ONUからOLT)の伝送モードは異なります。ダウンストリーム送信の場合、OLTは連続モード(CM)ですべてのONUに光信号をブロードキャストします。つまり、ダウンストリームチャネルには常に光データ信号があります。ただし、アップストリームチャネルでは、ONUはCMで光データ信号を送信できません。CMを使用すると、ONUから送信されたすべての信号がパワースプリッター(パワーカプラーとして機能)によって(減衰を伴って)1つのファイバーに収束し、オーバーラップします。この問題を解決するために、バーストモード(BM)送信がアップストリームチャネルに採用されています。指定されたONUは、タイムスロットが割り当てられ、送信する必要がある場合にのみ光パケットを送信します。

ONUは同じ位相で光パケットを送信するように同期されておらず、OLTと指定されたONUの間の距離はランダムであるため、OLTによって受信されるBM光パケットの位相はパケットごとに異なります。OLTとONUの間の距離は均一ではないため、OLTが受信する光パケットの振幅は異なる場合があります。短時間(たとえばGPON [15]の場合は40ns以内)で位相変動と振幅変動を補償するために、バーストモードクロックおよびデータリカバリ(BM-CDR)とバーストモード増幅器(たとえばバーストモードTIA)が必要です。それぞれ採用される。

さらに、BM送信モードでは、送信機がバーストモードで動作する必要があります。このようなバーストモード送信機は、短時間でオンとオフを切り替えることができます。PONの上記の3種類の回線は、ポイントツーポイント連続モード光通信リンクの対応する回線とはまったく異なります。

構内へのファイバー

パッシブ光ネットワークは、信号を分割するために電動コンポーネントを使用しません。代わりに、信号はビームスプリッターを使用して配信されます。各スプリッターは通常、単一のファイバーからの信号をメーカーに応じて16、32、または最大256のファイバーに分割し、複数のスプリッターを1つのキャビネットに集約できます。ビームスプリッターはスイッチングまたはバッファリング機能を提供できず、電源も使用しません。結果として生じる接続は、ポイントツーマルチポイントリンクと呼ばれます。このような接続のために、顧客側の光ネットワーク端末は、他の方法では必要とされないいくつかの特別な機能を実行する必要があります。たとえば、スイッチングがないため、セントラルオフィスを出る各信号をブロードキャストする必要がありますそのスプリッターによってサービスを提供されるすべてのユーザー(信号が意図されていないユーザーを含む)。したがって、他の顧客向けの信号をフィルタリングするのは、光ネットワーク端末の責任です。

さらに、スプリッタにはバッファリングがないため、顧客から送信された信号が互いに衝突しないように、個々の光ネットワーク端末を多重化方式で調整する必要があります。これを実現するには、波長分割多重分割多重の2種類の多重化が可能です。波長分割多重では、各顧客は固有の波長を使用して信号を送信します。時分割多重(TDM)を使用すると、顧客は情報を「交代で」送信します。TDM機器は最も長い間市場に出回っています。「WDM-PON」機器の単一の定義がないため、さまざまなベンダーが「最初の」WDM-PON機器をリリースしたと主張していますが、どの製品が「最初の」WDM-PON製品であったかについてのコンセンサスはありません。

パッシブ光ネットワークには、アクティブネットワークに比べて長所と短所の両方があります。それらは、電子機器を屋外で動作させることに伴う複雑さを回避します。また、アナログ放送も可能であり、アナログテレビの配信を簡素化できます。ただし、各信号は(単一のスイッチングデバイスではなく)スプリッターがサービスを提供するすべての人にプッシュする必要があるため、セントラルオフィスには光回線端末と呼ばれる特に強力な送信機器を装備する必要があります。(OLT)。さらに、各顧客の光ネットワーク端末は(最寄りのスイッチングデバイスだけでなく)セントラルオフィスまで送信する必要があるため、外部プラントベースのアクティブオプティカルで可能なセントラルオフィスからの距離を実現するには、リーチエクステンダが必要になります。ネットワーク。

光分配ネットワークは、スプリッターやアクティブネットワーキングがすべてセントラルオフィスに配置されているポイントツーポイントの「ホームラン」トポロジで設計することもでき、ユーザーは光分配フレームから必要なネットワークにパッチを適用できます。

パッシブ光コンポーネント

最新のパッシブ光ネットワークの背後にある推進力は、高信頼性、低コスト、およびパッシブ機能です。

シングルモードのパッシブ光コンポーネントには、波長分割多重/逆多重(WDM)、アイソレータ、サーキュレータ、フィルタなどの分岐デバイスが含まれます。これらのコンポーネントは、オフィス間、ループフィーダー、Fiber In The Loop(FITL)、ハイブリッドファイバー同軸ケーブル(HFC)、Synchronous Optical Network(SONET)、およびSynchronous Digital Hierarchy(SDH)システムで使用されます。および光ファイバ増幅器(OFA)および高密度波長分割多重(DWDM)システムを利用する光通信システムを採用する他の電気通信ネットワーク。これらのコンポーネントの提案された要件は、TelcordiaTechnologiesによって2010年に公開されました。[16] [17]

多種多様なパッシブ光コンポーネントアプリケーションには、マルチチャネル伝送、配信、監視用の光タップ、ファイバ増幅器用のポンプコンバイナ、ビットレートリミッタ、光接続、ルートダイバーシティ、偏波ダイバーシティ、干渉計、およびコヒーレント通信が含まれます。

WDMは、光信号の波長構成に基づいて電力が分割または結合される光コンポーネントです。高密度波長分割マルチプレクサ(DWDM)は、少なくとも4つの波長にわたって電力を分割する光コンポーネントです。波長に影響されないカプラーは、光信号の波長組成とは無関係に電力が分割または結合されるパッシブ光コンポーネントです。特定のコンポーネントは、単一ファイバを介した双方向(二重)伝送の場合のように、光信号を同時に結合および分割する場合があります。パッシブ光コンポーネントは、データ形式が透過的であり、光パワーを所定の比率(結合比)で結合および分割します。)信号の情報内容に関係なく。WDMは、波長スプリッターおよびコンバイナーと考え​​ることができます。波長に影響されないカプラーは、パワースプリッターおよびコンバイナー と考え​​ることができます。

アイソレータは、2ポートのパッシブコンポーネントであり、(特定の波長範囲の)光一方向に低減衰で通過させ、逆方向に伝搬する光を分離(高減衰を提供)します。アイソレータは、レーザーダイオードモジュールと光増幅器の一体型コンポーネントとインラインコンポーネントの両方として使用され、高ビットレートおよびアナログ伝送システムでのマルチパス反射によって引き起こされるノイズを低減します。

サーキュレータは、光アイソレータと同じように動作しますが、逆方向に伝搬する光波が失われるのではなく、出力用に3番目のポートに送られる点が異なります。光サーキュレータは、光波の伝搬方向に基づいて光パワーをファイバ間で分配(および分離)する一種の分岐コンポーネントとして、双方向伝送に使用できます。

ファイバフィルタは、波長に敏感な損失、分離、および/または反射減衰量を提供する2つ以上のポートを備えたコンポーネントです。光ファイバーフィルターは、フィルタータイプの分類のために、特定の範囲の波長を低減衰で通過(または反射)できるインラインの波長選択コンポーネントです。

も参照してください

参照

  1. ^ abc 「 EPONと 新しい波の設計と検証
  2. ^ JR Stern、JW Ballance、DW Faulkner、S。Hornung、DB Payne、K。Oakley(1987)。「テレフォニーアプリケーションおよびそれ以降のパッシブ光ローカルネットワーク」。エレクトロニクスレター23(24):1255。Bibcode1987ElL....23.1255S土井10.1049 / el:19870872{{cite journal}}:CS1 maint:作成者パラメーターを使用します(リンク
  3. ^ 「フルサービスアクセスネットワーク」FSANグループの公式ウェブサイト2009年。 2009年10月12日のオリジナルからアーカイブ2011年9月1日取得
  4. ^ 「10ギガビット対応のパッシブ光ネットワーク(XG-PON):一般的な要件」www.itu.int2012年11月6日にオリジナルからアーカイブされまし
  5. ^ 「TelosCorporationの安全な受動光ネットワークソリューション」2013年10月2日取得
  6. ^ 「アーカイブされたコピー」2013年7月26日にオリジナルからアーカイブされました2013年8月16日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  7. ^ 「アーカイブされたコピー」(PDF)2013-10-05にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年8月16日取得 {{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  8. ^ 「アーカイブされたコピー」2013年8月30日にオリジナルからアーカイブされまし2013年8月16日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  9. ^ ワイスバーガー、アラン(2021-03-09)。「サービス拒否(DoS)攻撃に対するPONの脆弱性」テクノロジーブログ2021年12月8日取得
  10. ^ ゴング、ユペン; クマール、ルペシュ; ウォンフォー、エイドリアン; レン、シェンジュン; ペンティ、リチャードV .; ホワイト、イアンH.(2020-10-02)。「量子警報を利用した安全な光通信」光:科学と応用9(1):170. doi10.1038/s41377-020-00409-1ISSN2047-7538_ PMC7532184_  
  11. ^ 「EPON:なぜそれが企業のための主要な技術であるか」コムスコープ
  12. ^ 「GPON機器市場の動向」Global IndustryAnalystsInc
  13. ^ ペイン、DB; Davey、RP(2002)。「ファイバーアクセスシステムの未来は?」。BTテクノロジージャーナル20(4):104–114。土井10.1023 / A:1021323331781S2CID59642374_ 
  14. ^ Shea、Darren P .; ミッチェル、ジョンE.(2007)。「10Gb/S1024ウェイスプリット100kmロングリーチ光アクセスネットワーク」(PDF)Journal ofLightwaveTechnology25(3):685–693。Bibcode2007JLwT...25..685S土井10.1109/JLT.2006.889667S2CID10509242_  
  15. ^ Rec。G.984、ギガビット対応パッシブ光ネットワーク(GPON)、ITU-T、2003年。
  16. ^ 「パッシブ光コンポーネントの一般的な要件」GR-1209、第4号TelcordiaTechnologies2010年9月2013年10月2日取得
  17. ^ 「パッシブ光コンポーネントの一般的な信頼性保証要件」GR-1221、第3号TelcordiaTechnologies2010年9月。

さらに読む

外部リンク