古第三紀

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
古第三紀
66.0 – 23.03 Ma
漸新世geography.jpg
漸新世(33 ma)の間に現れた世界地図
年表
語源
名前の形式丁寧
代替スペル古第三紀、古第三紀
使用情報
天体地球
地域での使用グローバル(ICS
使用されたタイムスケールICSタイムスケール
意味
年表期間
層序単元システム
期間の形式丁寧
下限の定義主要な隕石の衝突とそれに続くK-Pg絶滅イベントに関連するイリジウムに富む層
下限GSSPエルKefのセクション、エルKefのチュニジア36.1537°N 8.6486°E
北緯36度09分 13秒東経8度38分55秒 /  / 36.1537; 8.6486
GSSP批准1991 [3]
上限の定義
上限GSSPレム・カッロージオ節、カッロージオイタリア44.6589°N 8.8364°E
北緯44度39分32秒東経 8度50分11秒 /  / 44.6589; 8.8364
GSSP批准1996 [4]
大気および気候データ
平均大気O
2
コンテンツ
NS。26 vol%
(現代の130%)
平均大気CO
2
コンテンツ
NS。500 ppm
(産業革命前の2倍)
平均表面温度NS。18°C
(現代より4°C高い)

古第三紀/ P L ə ˌ I N - - p個のæ L I - 、- L I - / PAL -ee-ə-jeen、-⁠ee- OH-、PAYの-lee-、-⁠lee-OH- ;また綴ら ;非公式低い三次または早期三紀は)です6600万年前の白亜紀の終わりMya)から新第三紀の始まり23.03Myaまでの4300万年にわたる地質学的期間とシステム。それはの始まりである新生代 時代現在の顕生代永劫。以前の用語である第三紀は、古第三紀とその後の新第三紀が現在カバーしている期間を定義するために使用されました。正式な層序用語として認識されなくなったにもかかわらず、「第三紀」は依然として地球科学の文献で広く見られ、非公式に使用され続けています。[5]古第三紀は、その期間であることが最も注目に値します哺乳類は、前の白亜紀を終えた白亜紀-古第三紀の絶滅イベントきっかけに、比較的小さく単純な形態から多様な動物の大きなグループに多様化しました[6]米国地質調査所が略P使用Eを、古第三紀ため[7] [8]が、より一般的に使用される略語はP G PとEのために使用されている、古第三紀内エポック。

この期間は、から構成さ始新世漸新世の エポック暁新世の終わり(55.5 / 54.8 Mya)は、新生代の地球変動の最も重要な時期の1つである暁新世-始新世熱最大値によって特徴づけられました。これは、海洋および大気循環を混乱させ、多数の深海の絶滅につながりました。底生と陸上、哺乳類の主要な代謝回転。「古第三紀システム」という用語は、「古第三紀」の間に堆積した岩石に適用されます。

気候と地理

古第三紀の地球規模の気候は、中生代後期の高温多湿の条件から逸脱し、冷房と乾燥の傾向を開始しました。定期的のような暖かい時期によって破壊するものの暁-始新世サーマル最大[9]この傾向は、最新の最後まで持続する氷期温度が再び上昇し始めたとき、現在の氷河期の。この傾向は、南極環流の形成によって部分的に引き起こされました、これは海洋の水温を大幅に下げました。 2018年の調査によると、約5,600万〜4,800万年前の古第三紀初期の年間気温は、陸地および中緯度で平均約23〜29°C(±4.7°C)、つまり5〜10°Cでした。以前のほとんどの見積もりよりも高い。[10] [11] 比較のために、これはこれらの地域の現在の年間平均気温よりも10〜15°C高かった。著者らは、現在の大気中の二酸化炭素の軌道が継続すれば、これらの温度を再び確立できる可能性があることを示唆しています。[12]

古第三紀の間に、大陸は続けたドリフト自分の現在位置に近いです。インドはアジアと衝突し、ヒマラヤを形成する過程にありました大西洋は、毎年数センチで広げるために続けました。アフリカはヨーロッパと出会い、地中海を形成するために北に移動していましたが、南アメリカは北アメリカに近づいていました(後でパナマ地峡を経由して接続します)。内海は、期間の早い段階で北アメリカから撤退しました。オーストラリアも南極大陸から分離し、東南アジアに向かって流れていました。

動植物

哺乳類 この時期に急速な多様化を始めました。非鳥類の恐竜の死を目の当たりにした白亜紀-古第三紀の絶滅イベントの後、哺乳類はいくつかの小さく一般化された形態から今日見られるほとんどの現代の品種に進化し始めました。これらの哺乳類のいくつかは、土地を支配する大きな形に進化しましたが、他の哺乳類は、海洋、特殊な陸生、および空中の環境で生活できるようになりました。海に連れて行ったものは現代のクジラ類になり、木に連れて行ったものは霊長類、つまり人間が属するグループになりました白亜紀の終わりまでにすでに十分に確立された、また、現在絶滅した翼竜によって空のままにされた空を引き継いだときに、適応放散経験しました

漸新世の顕著な 冷却は大規模な花の変化をもたらし、この時期に多くの現存する現代の植物が発生しました。ヨモギなどのやハーブは、熱帯植物を犠牲にして増殖し始めましたが、熱帯植物​​は衰退し始めました。 山岳地帯に発達した針葉樹林。この冷却傾向は、更新世の終わりまで、大きな変動を伴って続いた[13]この花の変化のこの証拠は、花粉学の記録に見られます。[14]

参考文献

  1. ^ Zachos、JC; クンプ、LR(2005)。「初期漸新世における炭素循環フィードバックと南極氷期の開始」。グローバルおよびプラネタリーチェンジ47(1):51–66。Bibcode2005GPC .... 47 ... 51Z土井10.1016 /j.gloplacha.2005.01.001
  2. ^ 「国際年代層序図」(PDF)層序に関する国際委員会。
  3. ^ Molina、Eustoquio;アレグレット、ライア;アレニージャス、イグナシオ;ホセA.アルツ; Gallala、Njoud;ハーデンボル、1月;カタリーナフォンサリス;ステルボー、エティエンヌ;ヴァンデンベルグ、ノエル; Dalila Zaghibib-Turki(2006)。「チュニジアのエルケフにおけるダニアン期(暁新世、古第三紀、「第三紀」、新生代)のベースのグローバル境界ストラトタイプセクションとポイント-元の定義と改訂」(PDF)エピソード29(4):263–278。土井10.18814 / epiiugs / 2006 / v29i4 / 0042012年12月7日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし。取得した14年9月2012
  4. ^ シュタイニンガー、フリッツF。; MPオーブリー; WAバーググレン; M.ビオルジ; AM Borsetti; ジュリーE.カートリッジ; F. Cati; R.コーフィールド; R.ジェラティ; S. Iaccarino; C.ナポレオン; F.オットナー; F.レーグル; R.ロッツェル; S. Spezzaferri; F.タテオ; G.ヴィラ; D. Zevenboom(1997)「新第三紀の基盤のためのグローバルストラトタイプセクションアンドポイント(GSSP)」(PDF)エピソード20(1):23–28。土井10.18814 / epiiugs / 1997 / v20i1 / 005
  5. ^ 「GeoWhenデータベース–第三紀に何が起こったのか?」www.stratigraphy.org
  6. ^ メレディス、RW; Janecka、JE; Gatesy、J。; ライダー、OA; フィッシャー、カリフォルニア; ティーリング、EC; Goodbla、A。; Eizirik、E。; Simao、TLL; スタドラー、T。; ラボスキー、DL; Honeycutt、RL; フリン、JJ; イングラム、CM; シュタイナー、C。; ウィリアムズ、TL; ロビンソン、TJ; Burk-Herrick、A。; ウェスターマン、M。; Ayoub、NA; スプリンガー、MS; マーフィー、WJ(2011年10月28日)。「哺乳類の多様化に対する白亜紀の陸生革命とKPg絶滅の影響」。科学334(6055):521–524。土井10.1126 /science.1211028
  7. ^ https://ngmdb.usgs.gov/fgdc_gds/geolsymstd/fgdc-geolsym-sec32.pdf
  8. ^ https://pubs.usgs.gov/fs/2007/3015/fs2007-3015.pdf
  9. ^ ウィング、SL(2005-11-11)。 「暁新世-始新世境界における一時的な花の変化と急速な地球温暖化」。科学310(5750):993–996。Bibcode2005Sci ... 310..993W土井10.1126 /science.11​​16913ISSN 0036から8075までPMID 16284173S2CID 7069772   
  10. ^ Naafs etal。(2018)。「古第三紀初期の陸域中緯度の高温」(PDF)ネイチャージオサイエンス11(10):766–771。Bibcode2018NatGe..11..766N土井10.1038 / s41561-018-0199-0hdl1983 / 82e93473-2a5d-4a6d-9ca1-da5ebf433d8bS2CID 135045515  CS1 maint: uses authors parameter (link)
  11. ^ ブリストル大学(2018年7月30日)。「CO2レベルが上昇し続けると、古第三紀の熱帯気候に戻る可能性があります」。ScienceDaily
  12. ^ 「CO2レベルが増え続けると、古第三紀の熱帯気候に戻る可能性があります」ブリストル大学2018年。
  13. ^ 1925-、トラバース、アルフレッド(1988)。古リンパ学ハイマンを倒す。ISBN 978-0045610013OCLC  17674795CS1 maint: numeric names: authors list (link)
  14. ^ Muller、1月(1981年1月)。「現存する被子植物の化石花粉記録」。植物レビュー47(1):1–142。土井10.1007 / bf02860537ISSN 0006から8101までS2CID 10574478  

外部リンク

0.16694808006287