水田

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

急な山腹に刻まれたフィリピン、ルソンバナウエ棚田
バングラデシュの成熟した水田のある水田
ラオスの水田
カンボジアで稲作農家
スリランカで機械を使って水田を収穫する
水田を切った後の水田

水田は、半水生作物、特にサトイモの栽培に使用される耕作可能な土地の氾濫しですこれは、中国南部の揚子江流域の新石器時代の稲作文化に由来し、オーストロネシア語族以前モンミャオ語族の文化に関連しています。それは先史時代にオーストロネシア人の島への拡大によって広がりました東南アジア北東インド含む東南アジアマダガスカルメラネシアミクロネシア、およびポリネシアこの技術は、アジア本土の他の文化でも稲作のために習得され、東アジア東南アジア本土南アジアに広がりました。

フィールドは、テラスとして急な丘の中腹に構築することも、川や沼地などの窪んだまたは急な傾斜のあるフィーチャに隣接して構築することもできますそれらは、灌漑用に大量の水を作り出し、必要とするために多大な労力と材料を必要とします。湿地での生活に適した水牛は、水田農業で広く使用されている重要な使役動物です。

水田農業は、現代においても稲作の主流となっています。バングラデシュカンボジア中国北東インドインドネシアイラン日本ラオスマレーシアミャンマーネパール北朝鮮パキスタンフィリピン韓国スリランカタイ台湾ベトナムで広く行われています。[1]植民地時代から他の場所、特に北イタリアフランスカマルグ[2]スペイン特にバレンシアのアルブフェラデバレンシア湿地、カタルーニャエブロデルタ、グアダルキビル湿地も導入されています。アンダルシア、ブラジルの東海岸ハイチアーティボナイトバレーカリフォルニアのサクラメントバレーなどがあります。

水稲の栽培は、深さ50 cm(20インチ)を超える水が少なくとも1か月間湛水した状態で 栽培される深海稲の栽培と混同しないでください。

語源

「水田」という言葉は、「稲」を意味するマレー語のpadi [3]に由来し、それ自体がオーストロネシア祖語の* pajay(「畑の稲」、「稲」)に由来します。同族語にはAmisパナイが含まれます; タガログ語paláy ; カダザンドゥスンパイ; ジャワのパリ; とりわけChamorrofaʻi_ [4]

歴史

新石器時代の中国南部

新石器時代の中国の地図
(紀元前8500年から1500年)

遺伝的証拠によると、インディカジャポニカの両方を含むすべての形態の水稲は、オーストロネシア語族以前とミャオ・ヤオイ語族の話者に関連する文化による野生イネのオリザ・ルフィポゴンの栽培化から生まれています。これは、現在の中国の揚子江の南で13、500〜8、200年前に発生しました。[5] [6]

水田のある堀に囲まれた良渚文化(紀元前3400年から2250年)の古代都市のモデル

イネの栽培化と湿地技術の開発には、2つの可能性のある中心地があります。1つ目は揚子江下流にあり、オーストロネシア人以前の故郷であり、おそらくクラダイ族の故郷であると考えられておりクアフチャオ河姆渡、馬家浜、崧沢良渚マキアオの文化関連しています[7] [8] [9] [10] [11] 2つ目は揚子江中流にあり、初期のモンミャオスピーカーの故郷であると考えられており、彭頭山、ナンムユアンに関連しています。 LiulinxiDaxiQujialing、およびShijiahe 文化これらの地域は両方とも人口が多く、相互に定期的な貿易関係があり、西はオーストロアジア語族の初期の話者、南はクラダイ語の初期の話者であり、中国南部全体での稲作の普及を促進しました。[8] [9] [11]

新石器時代の中国におけるイネ、キビ、混合農業サイトの空間分布(He et al。、2017)[8]

発見された最も初期の水田は、昆山のチャオドゥン遺跡で発見された米粒と土壌有機物の放射性炭素年代測定に基づいて、紀元前4330年にさかのぼります。[12] [13]新石器時代の馬家浜文化の遺跡であるカオキシエシャンでは、考古学者が水田を発掘しました。[14]一部の考古学者は、Caoxieshanが紀元前4000年から3000年までさかのぼると主張しています。[15] [16]新石器時代から中国の漢王朝まで、軍隊と故人の埋葬のために、殻をむいていない米が保管されていたという考古学的証拠があります。[17]

新石器時代後期(紀元前3500年から2500年)までに、屈家嶺-家河文化と良渚文化を中心に、稲作センターの人口は急速に増加しました水田での集中的な稲作と、これら2つの地域でのますます洗練された物質文化の証拠もありました。揚子江の文化間の集落の数とその規模は増加し、一部の考古学者は、明らかに高度な社会政治的構造を備えた真の国家としてそれらを特徴づけるようになりました。しかし、彼らが集中管理をしていたかどうかは不明です。[18] [19]

新石器時代末期(紀元前2500年から2000年)では、石家河文化の規模が縮小し、良渚文化は完全に姿を消しました。これは主に、初期のシナチベット龍山文化の南方拡大の結果であると考えられています壁のような要塞(および良渚都市の広大な堀)は、この期間の集落の一般的な特徴であり、広範な紛争を示しています。この時期はまた、稲作文化のリンナンおよびフジアン地域への南方への移動、ならびにオーストロネシア語族、クラダイ族、およびオーストロアジア語族の東南アジア本土および東南アジア島への南方への移動と一致します。[18] [20][21]

オーストロネシア語族の拡張

オーストロネシア人の拡大
(紀元前3500年から西暦1200年)
可能性のある言語族の故郷、および初期の米の移動の可能性のあるルート(紀元前3500年から500年頃)。完新世初期のおおよその海岸線は明るい青色で示されています。(ベルウッド、2011年)[9]

ジャポニカ米の栽培と水田農業の東南アジアへの普及は、紀元前3500年から2000年の間にオーストロネシア語族のダペンケン文化台湾に移住したことから始まりました。台湾のNanguanliサイト。紀元前2800年には、水浸しの状態で米とキビの両方の炭化した残骸が多数産出されており、集中的な湿地稲作と乾燥地キビ栽培を示しています。[9]

9世紀のボロブドゥールのカルマウィバンガの浅浮き彫りは、ネズミの疫病が蔓延している稲作と稲作について説明しています。稲作はインドネシアで長い歴史があります。

紀元前2000年から1500年頃にオーストロネシア語族の拡大が始まり、台湾からの入植者がフィリピンのルソン島に植民地化するために南に移動し、稲作技術をもたらしました。ルソン島から、オーストロネシア人は海域東南アジアの残りの地域に急速に植民地化し、西に向かってボルネオマレー半島スマトラに移動しました。そして南にスラウェシジャワへ。紀元前500年までに、特に非常に肥沃な火山島の近くで、ジャワ島とバリ州ですでに集中的な湿地稲作が確立されているという証拠があります。[9]

米はミクロネシアポリネシアへのオーストロネシア語族の航海を生き延びませんでしたが、湿地農業は他の作物の栽培、特にサトイモの栽培に移されました。オーストロネシア語族のラピタ文化は、ニューギニアの非オーストロネシア語族(パプア人)の初期の農業従事者とも接触し、湿地農業技術を紹介しました。次に、彼らは、メラネシア島ポリネシアにさらに東に広がる前に、彼らの先住民の栽培された果物と塊茎の範囲を吸収しました。[9]

米と湿地農業は、マダガスカルコモロ、および大スンダ諸島からのオーストロネシア語族の入植者によって西暦1千年紀頃の東アフリカの海岸にも導入されました[22]

韓国

韓国には発掘された水田が10あります。最も古い2つの遺跡は、蔚山にある無文土器時代初期のオクヒョン遺跡とヤウムドン遺跡です。[23]

水田農業は韓国で数千年前にさかのぼります。大川仁遺跡の竪穴住居では、炭化米粒と放射性炭素年代測定が行われ、朝鮮半島の櫛目文土器時代中期(紀元前3500年から2000年頃)に乾畑での稲作が始まった可能性があります[24]古代の水田は、馬山の慶南大学博物館(KUM)などの機関によって韓国で注意深く発掘されました慶尚南道密陽近郊の衿川区で水田の発掘調査を行った。水田の特徴は、無文土器時代初期(紀元前1100年から850年頃)の後半にさかのぼる竪穴住居の隣で発見されました。KUMは、現代の蔚山の八幡洞とオクヒョンで、同様の年代の水田の特徴を明らかにした発掘調査を実施しました[25]

初期のムムンの特徴は通常、低地の狭い峡谷にあり、自然に湿地であり、地元の小川システムによって供給されていました。平坦な地域の一部のムムン水田は、高さ約10 cmの堤防で区切られた一連の正方形と長方形で構成されていましたが、段々になった水田は、さまざまなレベルで土地の自然な輪郭に沿った長い不規則な形状で構成されていました。[26] [27]

無文土器時代の稲作農家は、棚田、堤防、運河、小さな貯水池など、今日の水田に存在するすべての要素を使用していました。マジョンニ遺跡の発掘された保存状態の良い木工道具から、中ムムン(紀元前850〜550年頃)の水田農業技術を知ることができます。しかし、水田農業用の鉄製の道具は、紀元前200年以降になるまで導入されませんでした。三国時代(西暦300/400-668年頃) には、鉄製の道具を定期的に使用することで、水田の空間規模が拡大しました。

日本

日本で最初の水田は弥生時代初期(紀元前300年〜西暦250年)にさかのぼります。[28]初期の弥生は古くなり[29]、朝鮮半島とほぼ同時に湿地農業が発達したようである。[要出典]

文化

国別の上位20のコメ生産者— 2012年
(百万トン)[30]
中国 204.3
インド 152.6
インドネシア 69.0
ベトナム 43.7
タイ 37.8
バングラデシュ 33.9
ミャンマー 33.0
フィリピン 18.0
ブラジル 11.5
日本 10.7
パキスタン 9.4
カンボジア 9.3
アメリカ 9.0
韓国 6.4
エジプト 5.9
ネパール 5.1
ナイジェリア 4.8
マダガスカル 4.0 4.0
スリランカ 3.8
ラオス 3.5
出典:食糧農業機関

中国

中国の農業生産高は世界最大ですが、耕作できるのは総面積の約15%にすぎません。耕作面積の約75%が食用作物に利用されています。米は中国で最も重要な作物であり、耕作地の約25%で栽培されています。ほとんどの米は、淮川の南、揚子江、朱江デルタ、雲南省貴州省四川省で栽培されています。

米は、中国のLijiacunとYunchanyanの初期新石器時代の人口によって使用されたようです。[31]およそからの可能な稲作の証拠。11,500 BPが発見されましたが、それでも、米が実際に栽培されていたのか、それともワイルドライスとして集められていたのかは疑問です。ワシントンDCのスミソニアン協会の考古学者で農業の起源について書いたブルース・スミスは、揚子江がおそらく最も初期の稲作の場所であったという証拠が増えていると述べています。[33]1998年、Crawford&Shenは、少なくとも9つの新石器時代初期から中期のイネの14のAMSまたは放射性炭素の日付の最も早いものは、紀元前7000年以下であり、河姆渡および羅家角遺廟のイネは、5000年より前にイネの家畜化が始まった可能性があることを示しています。紀元前5千年前ですが、米が回収された中国のほとんどの遺跡は紀元前5000年未満です。[31]

中国広西チワン族自治区の龍勝棚田の1つである龍勝テラスのパノラマ

春秋時代紀元前722年から481年)に、農業技術の2つの革命的な改善が行われました。1つは、すきを引くための鋳鉄製の道具重荷の獣の使用であり、もう1つは、河川の大規模な利用と水保全プロジェクトの開発でした。紀元前6世紀の孫叔敖と紀元前5世紀の西門豹は中国で最も初期の水力技術者の2人であり、彼らの仕事は灌漑システムの改善に焦点を合わせていました。[34]これらの発展は、その後の戦国時代に広く広まった。(紀元前403年から221年)、古代四川省秦州のために紀元前256年までに李ビングによって設計された巨大な都江堰灌漑システムで最高潮に達しました。晋東部317–420 )と南北朝時代(420–589)に、土地利用はより集中的かつ効率的になり、米は年に2回栽培され、牛は耕作施肥に使用されるようになりました。

約750年までに、中国の人口の75%が揚子江の北に住んでいましたが、1250年までに、中国の人口の75%が揚子江の南に住んでいました。このような大規模な国内移動は、二毛作に適したベトナムからの早熟稲の導入により可能になりました。[35]

中国で有名な水田には、龍勝棚田や雲南省元陽県の畑があります

インド

インドアーンドラプラデーシュ州カルサリパレム村に植えられた苗のある水田

インドは世界最大のコメ生産量を誇り、2020年現在、世界最大のコメ輸出国でもあります。インドでは、西ベンガル州が最大のコメ生産国です。[36]水田は、ガンジス平野北部と半島南部の高原の両方で、インド全土でよく見られる光景です。水田はインドのほとんどの地域で少なくとも年に2回栽培されており、その2つの季節はそれぞれラビハリフとして知られています。前者の耕作は灌漑に依存し、後者はモンスーンに依存している。水田耕作は、インド農村部の社会文化的生活において主要な役割を果たしています。オナムなど、多くの地域のお祭りが収穫を祝います。BihuThai Pongal 、Makar Sankranti、およびNabannaタンジャヴルカヴェリデルタ地域は歴史的にタミルナードゥ州のライスボウルとして知られており、クッタナドゥ州はケララ州のライスボウルと呼ばれていますガンガヴァティカルナータカ州のライスボウルとして知られています。

アッサム州ディブルガル地区サソニの7月から8月にかけて播種されたばかりの水田。

インドネシア

インドネシアでは、以前は水牛が泥だらけの水田を耕すために使用されていましたが、近年では、小型の動力式プラウなどの機械化された方法の使用がはるかに一般的になっています。

プライムジャワの水田は、1ヘクタールあたり約6メートルトンの玄米(2.5メートルトンの玄米)を生産します。灌漑が利用できる場合、稲作農家は通常、緑の革命の稲作品種を植え、年間3つの成長期を可能にします。肥料と農薬は比較的高価な投入物であるため、農家は通常、非常に小さな区画に種子を植えます。発芽の3週間後、15〜20センチメートル(6〜8インチ)の茎が摘み取られ、画期的な手動手順で、より離れた場所に植え替えられます。

中央ジャワでの稲刈りは、水田の所有者や小作人ではなく、小企業が米の収穫、輸送、製粉、流通を専門とする巡回仲買人によって行われることがよくあります。

インドネシア列島の多く、特にジャワ島とバリ島の肥沃な火山性土壌は、米を主食にしています。バリの急な地形は、棚田の貯水と排水を管理するために、地元ではスバックと呼ばれる複雑な灌漑システムをもたらしました。[37]

イタリア

マントヴァ近くの水田

米は北イタリア、特にポー川の渓谷で栽培されています。[38]水田は、アルプスから下る流れの速い小川によって灌漑されています。19世紀と20世紀の大部分では、水田は、主に貧しい女性で構成される季節の水田労働者のサブカルチャーで あるモンディーンによって耕作されていました。

日本

日本の水田かかし

火山噴火による日本で一般的な酸性土壌条件は、水田を最も生産的な農法にしました。水田は、日本文化に強い影響を与えてきた漢字 (通称「た」または「でん」)で表されます。実際、元々「畑」を意味していた文字は、日本では水田を指すためだけに使用されています。日本で最も古い書物のサンプルの1つは、 2世紀後半にさかのぼる 三重県の松高の遺跡で陶器に見つかった漢字田に広く知られています。

Ta)は、多くの地名や多くの家系の名前の一部として使用されています。これらの場所のほとんどは、何らかの形で水田に関連しており、多くの場合、特定の場所の歴史に基づいています。たとえば、村を川が流れる場合、川の東側は東田東田)と呼ばれ、文字通り「東田」と呼ばれることがあります。新たに灌漑された水田、特に江戸時代以降に作られた場所は、新田または新田(両方とも新田)と呼ばれることがあります。いくつかの場所では、湖や沼は水田に例えられ、taのように名前が付けられました。八甲田八甲田)。

今日、多くの家系の名前は、構成要素としてtaを持っています。これは、すべての市民に家系の名前を付けることを要求した明治初期の政府の勅令に大きく起因する可能性があります。多くの人が居住地や職業に関連する地理的特徴に基づいて名前を選びました。人口の4分の3近くが農民であったため、多くの人がtaを使用して家系の名前を付けました。一般的な例としては、文字通り「水田」を意味する田中田中)があります。中田中田)、「中田」川田(川田)、「川の水田」。古田古田「古田」。

近年、日本のコメ消費量は減少し、多くのコメ農家はますます高齢化しています。政府は1970年代からコメの生産に助成金を支給しており、より安価な輸入コメに関する保護貿易政策を支持しています。[39]

韓国

6月上旬、韓国、南原近郊の水田

韓国のほとんどの田舎の川の谷の小さな沖積平地の耕作可能な土地は、水田農業に捧げられています。農民は2月に必要な修理のために水田を評価します。フィールドが再構築され、外灘違反が修復される場合があります。この作業は3月中旬まで行われ、春の温暖な気候により、農家は稲の苗を購入または栽培することができます。それらは5月に屋内から湛水したばかりの水田に(通常は田植機によって)移植されます。農民は夏の間、太陰暦の8月15日に開催される伝統的な休日である秋夕の頃まで水田を手入れして除草します。(太陽暦の9月中旬頃)。収穫は10月に始まります。多くの韓国の農民は村の周りの多くの場所に小さな水田を持っており、現代の収穫機は拡大家族の間で共有されることがあるため、収穫の調整は難しい場合があります。農家は通常、収穫した穀物を市場に出す前に太陽の下で乾燥させます。

「フィールド」漢字文字であるジョン韓国語:  ;漢字: )は、いくつかの地名、特に小さな農村の町や村で見られます。ただし、「水田」の特定の韓国語は、純粋な韓国語の「non」(韓国語:  )です。

マダガスカル

マダガスカル、モロンダバ近郊のバオバブと水田

マダガスカルのコメの年間平均消費量は1人あたり130kgで、世界最大級です。

1999年のUPDRS / FAOの調査によると:

コメの大部分は灌漑に関連しています(1,054,381ヘクタール)。性能を調整する方法の選択は、水の多様性と品質管理によって決定されます。

タビー」は、伝統的に、伐採された自然の熱帯雨林(135,966ヘクタール)を燃やして陸稲を氾濫させる文化です。森林破壊の原因であると批判されている「タビー」は、マダガスカルの農民によって今でも広く実践されており、気候リスク、労働力の利用可能性、食料安全保障の間の妥協点を見つけています。

「タネティ」は丘を意味します。ひいては、「タネティ」は陸稲も栽培しており、草が茂った斜面で行われ、木炭の操作のために森林伐採されています。(139,337ヘクタール)

多くの品種の中で、マダガスカルの米には次のものがあります。「Varylava」は半透明の長くて大きな穀物の米です。贅沢なお米です。「VaryMakalioka」は半透明の細粒米です。「VaryRojofotsy」は半長粒米「Varymena」または赤米で、マダガスカル専用です。

マレーシア

マレーシア、トレンガヌ州の水田

水田はマレーシア半島のほとんどの州で見られ、ほとんどの水田はケダペルリスペラペナンなどの北部の州にあります。水田は、マレーシアの東海岸地域、クランタン州トレンガヌ州にもあります。セランゴール州の中央州も、特にクアラセランゴール州サバクベルナム地区で水田のかなりの割合を占めています。

マレーシアがその産業生産に大きく依存するようになる前は、人々は主に農業、特にコメの生産に携わっていました。そのため、人々は通常、水田の隣に家を建てました。マレーシアでよく食べられる非常に辛い唐辛子である鳥の目唐辛子は、地元ではチリパディ、文字通り「水田チリ」と呼ばれています。サラワクの天水低地米に関するいくつかの研究が報告されています[1]。

ミャンマー

ミャンマーの水田

ミャンマーでは主にイラワジデルタカラダン川沿いとデルタ、マンダレー周辺の中央平原の3つの地域で稲作が行われているが、近年シャン州カチン州で稲作が増加している。[40] 1960年代後半まで、ミャンマーはコメの主要な輸出国でした。東南アジアのコメと呼ばれるミャンマーで栽培されるコメの多くは、肥料や農薬に依存していないため、ある意味「有機的」であるにもかかわらず、人口増加などの肥料を利用したコメ経済に対応できていません。

米は現在、ミャンマーの3つの季節すべてで栽培されていますが、主にモンスーンの季節である6月から10月までです。デルタ地域で栽培された米は、北部の山々からの河川水と堆積した鉱物に大きく依存していますが、中央地域で栽培された米は、イラワジ川からの灌漑を必要とします。

最初の雨が降ると、畑は耕作されます。これは、伝統的ビルマの新年であるティンジャンから40日後の6月の初め頃に測定されます。現代ではトラクターが使われていますが、伝統的には水牛が使われていました。イネは苗床に植えられ、手作業で準備された畑に移植されます。その後、11月下旬に「年齢とともに米が曲がる」ときに米が収穫されます。田植えと収穫のほとんどは手作業で行われます。その後、米は脱穀されて保管され、製粉所の準備が整います。

ネパール

ネパールで田植えをしている女性

ネパールでは、米(ネパール:धान、ダーン)がテライと丘陵地帯で栽培されています。にネパールの夏季モンスーンで栽培されています。[41]

フィリピン

フィリピン、イフガオ州バナウエのバタッドライステラス

水田はフィリピンでは一般的な光景です。イフガオヌエバエシハ州、イサベラ州、カガヤン州、ブラカン州ケソン州、およびその他の州にはいくつかの広大な水田が存在します。ヌエバエシハは、フィリピンの主要な稲作地域であり、東南アジアのボンガボン市でタマネギの主要な生産国と見なされています現在、国内で9番目に裕福なです。

バナウエ棚田は、国の水田の一例です。フィリピンのルソン島北部のバナウエにあり、2、 000年前にイフガオ族によって建てられました。[42]山で見つかった小川と湧き水は、棚田を下り坂を流れる灌漑用水路にタップされて運ばれた。その他の注目すべきフィリピンの水田は、バタッドライステラス、バンガアーンライステラス、マヨヤオライステラス、ハパオライステラスです。[43]

バナウエのバランガイバタッドに位置するバタッドライステラスは、円形劇場のような形をしており、バナウエホテルから12 kmの距離にあり、山道を上り坂で2時間ハイキングすることができます。バンガアーン棚田は、村とその周辺で生計を立てている典型的なイフガオ族のコミュニティを表しています。バンガアーンの棚田は、バナウエのポブラチオンから車で1時間、村までトレッキングで20分でアクセスできます。マヨヤオへの道から一番よく見えます。マヨヤオ棚田は、バナウエのポブラチオンから44キロ離れたマヨヤオにあります。マヨヤオの町は、これらの棚田の真ん中にあります。すべての堤防は平らな石で段々になっています。ハパオライステラスは、首都から55km以内にあります。ラガウェ他のイフガオの石壁の棚田は、フンドゥアンの自治体にあります。[43]

スリランカ

スリランカの水田栽培の歴史は2000年以上前にさかのぼります。歴史的な報告によると、スリランカは過剰な量の米を生産したため、「東の水田店」と見なされています。水田の耕作は島中に見られ、かなりの土地が割り当てられています。高地と低地の両方の湿地は水田耕作を使用しています。水田の大部分は乾燥地帯にあり、耕作には特別な灌漑システムを使用しています。「ウェワ」と呼ばれる貯水タンクは、耕作期間中の水田への水の供給を容易にします。スリランカの農業は主に稲作に依存しています。[44]スリランカは時々近隣諸国に米を輸出しています。スリランカでは2008/2009年に約150万ヘクタールの土地が水田用に耕作されており、その64%が乾季に耕作され、35%が雨季に耕作されています。スリランカでは約879,000の農家が水田栽培に従事しています。彼らは国の人口の20%と雇用の32%を占めています。

タイ

タイ、ナンの町の郊外にある水田の間にある小さな小屋

タイのコメ生産はタイ経済のかなりの部分を占めています。タイの耕作可能な土地面積と労働力の半分以上を使用しています。[45]

タイには稲作の強い伝統があります。稲作に使用される土地は世界で5番目に多く、世界最大の米の輸出国です。[46]タイは、すでに耕作されている920万ヘクタールの稲作地域に50万ヘクタールを追加することを目標に、稲作に利用できる土地をさらに増やす計画を立てている。[47]タイ農業省は、2008年のコメ生産量が約3000万トンになると予測している。[48]タイで最も生産されているコメは、収量率が大幅に低いジャスミン米である。他の種類の米よりも、通常、世界市場で他のの2倍以上の価格を取得します。[47]

ベトナム

ベトナムの田んぼ

ベトナムの水田(ベトナム語ではruộngまたはcánhđồng )は、レッドリバーの谷メコンデルタの主な土地利用です。ベトナム北部の紅河デルタでは、季節的な河川洪水の制御は、何世紀にもわたって合計約3000kmに及ぶ堤防の広範なネットワークによって達成されています。ベトナム南部のメコンデルタには、この地域のシンボルとなっている排水路と灌漑用水路が混在しています。運河はさらに輸送ルートとして機能し、農民が農産物を市場に出すことを可能にします。ベトナム北西部では、タイの人々谷間栽培」は、高地に植えられたもち米の栽培に基づいており、斜面の棚田が必要です。

農耕サイクルに関連する主な祭りは、豊作を願って植え付けシーズンの始まりとして開催される「lễhạđiền」 (文字通り「畑への降下」)です。伝統的に、イベントは多くの華やかさで行われていました。君主は最初の畝間を儀式的に耕し、地元の高官や農民はそれに続いた。Thổđịa(地球の神々)、thànhhoànglàng(村の守護神)、ThầnNông (農業の神)、thầnlúa(稲の神)はすべて、祈りと捧げ物で崇拝されていました。

口語的なベトナム語では、富はしばしば個人の土地所有の広大さに関連しています。「コウノトリが羽を伸ばして飛ぶ」(「đồnglúathẳngcánhcòbay」)ほどの大きさの水田は、一般的な比喩として聞くことができます。ベトナム文学の水田を横切る風に吹かれた起伏のある稲は、比喩的に「稲の波」(「sónglúa」)と呼ばれています。[要出典]

エコロジー

水田は大気中のメタンの主要な発生源であり、年間5,000万トンから1億トンのガスの範囲で寄与していると推定されています。[49] [50]研究によると、これは大幅に削減できると同時に、水田を排水して土壌を通気させてメタン生成を中断させることにより、作物の収穫量を増やすことができます。[51](研究はまた、局所的、地域的および世界的要因を使用したメタン排出の評価における変動性を示しており、ミクロレベルのデータに基づくより良い発明を求めている。[52]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b 歌った、アニシアジャティ; Tay、Kai Meng; リム、チーペン; Saeid、Nahavandi(2018)。「サラワクの天水低地稲作への遺伝的ファジーFMEAの適用:環境、健康、および安全の観点」IEEEアクセス6:74628–74647。土井10.1109 /ACCESS.2018.2883115
  2. ^ 「RizdeCamargue、Silo de Tourtoulen、Riz blanc de Camargue、RizetcéréalesdeCamargue」Riz-camargue.com 2013年4月25日取得
  3. ^ 「水田」メリアムウェブスター2007年7月15日取得
  4. ^ ブラスト、ロバート; トラッセル、スティーブン。「同族セット:* p」オーストロニアン比較辞書2019年6月29日取得
  5. ^ Molina、J。; シコラ、M。; Garud、N。; 花、JM; Rubinstein、S。; レイノルズ、A。; 黄、P。; ジャクソン、S。; シャール、BA; ブスタマンテ、CD; ボイコ、AR; プルガナン、MD(2011)。「家畜化されたイネの単一の進化的起源の分子的証拠」国立科学アカデミーの議事録108(20):8351–6。Bibcode2011PNAS..108.8351M土井10.1073 /pnas.1104686108PMC3101000_ PMID21536870_  
  6. ^ グロス、BL; 趙、Z。(2014)。「家畜化された米の起源への考古学的および遺伝的洞察」国立科学アカデミーの議事録111(17):6190–7。Bibcode2014PNAS..111.6190G土井10.1073 /pnas.1308942110PMC4035933_ PMID24753573_  
  7. ^ 張、建平; Lu、Houyuan; Gu、Wanfa; ウー、ナイキン; 周、君主; Hu、Yayi; Xin、Yingjun; 王粲; Kashkush、Khalil(2012年12月17日)。「7800年前の中国中部イエローリバー地域におけるキビとイネの早期混合農業」PLOSONE7(12):e52146。Bibcode2012PLoSO ... 752146Z土井10.1371 /journal.pone.0052146PMC3524165_ PMID23284907_  
  8. ^ a b c 彼、ケヤン; Lu、Houyuan; 張、建平; 王粲; Huan、Xiujia(2017年6月7日)。「中国における二元的構造の混合稲作とキビ農業の先史時代の進化」完新世27(12):1885–1898。Bibcode2017Holoc..27.1885H土井10.1177 / 0959683617708455S2CID133660098_ 
  9. ^ a b c d e f ベルウッド、ピーター(2011年12月9日)。「家畜化された穀物としての南向きの米の動きの市松模様の先史時代—揚子江から赤道まで」(PDF)ライス4(3–4):93–103。土井10.1007 / s12284-011-9068-9S2CID44675525_  
  10. ^ 謝淑薇; Hsing、Yue-ie Caroline; スー、ツェフ; Li、Paul Jen-kuei; Li、Kuang-ti; チェンファのツァン(2011年12月24日)。「古代米に関する研究—植物学者、農業工学者、考古学者、言語学者、および民族学者が出会う場所」ライス4(3–4):178–183。土井10.1007 / s12284-011-9075-x
  11. ^ a b Li、Hui; 黄、英; Mustavich、Laura F。; 張、ファン; タン、ジンゼ; 王、ling-E; 銭驥; Gao、Meng-He; ジン、リー(2007)。「揚子江沿いの先史時代の人々のY染色体」(PDF)人間遺伝学122(3–4):383–388。土井10.1007 / s00439-007-0407-2PMID17657509_ S2CID2533393_ 2013年12月14日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。   
  12. ^ Cao、Zhihong; フー、ジャンロン; ゾウ、ピン; 黄、ジンファ; ルー、ホン; ウェン、ジエピン; ディンロン(2010年8月)。「中国の水田土壌の起源と時系列」第19回世界土壌科学会議の議事録:39–42 2013年2月8日取得
  13. ^ ベルウッド、ピーター(1997)。「インド・マレーシア諸島の先史時代」。インド・マレーシア諸島の先史時代:改訂版ホノルル:ハワイ大学出版会。pp。205–211。ISBN 0824818830JSTORj.ctt24hf81 _
  14. ^ 藤原秀樹(編)。稲作の起源を探る:中国の曹協山サイトの水田における古代の稲作宮崎:文化財科学会、1996年。(日本語・中国語)
  15. ^ 藤原1996
  16. ^ 都出比呂志。弥生農民の再考:東アジアの農業開発に関する新たな展望 インド太平洋先史時代協会の会報21(5):53–59、2001。
  17. ^ 「雲貴高原への中国の水稲の拡大」2007年9月27日にオリジナルからアーカイブされました2007年8月6日取得
  18. ^ a b Zhang、Chi; Hung、Hsiao-Chun(2008)。「中国南部の新石器時代–起源、発展、分散」(PDF)アジアの視点47(2)。
  19. ^ Zhang、Chi(2013)。「揚子江中流域の屈家嶺-石家河文化」。アンダーヒルでは、Anne P.(ed。)中国考古学の仲間ジョン・ワイリー&サンズ。pp。510–534。ISBN 9781118325780
  20. ^ 劉、李; Chen、Xingcan(2012)。中国の考古学:旧石器時代後期から青銅器時代初期までケンブリッジ大学出版局。ISBN 9780521643108
  21. ^ 少佐、ジョンS。; クック、コンスタンスA.(2016)。古代中国:歴史テイラーアンドフランシス。ISBN 9781317503668
  22. ^ Beaujard、Philippe(2011年8月)。「マダガスカルへの最初の移民とその植物の導入:言語学的および民族学的証拠」(PDF)アザニア:アフリカの考古学研究46(2):169–189。土井10.1080 /0067270X.2011.580142S2CID55763047_  
  23. ^ Crawford、Gary W.、Gyoung-Ah Lee 朝鮮半島の農業の起源。Antiquity 77(295):87–95、2003。
  24. ^ Crawford and Lee 2003
  25. ^ ベール、マーティンT.韓国の初期農業の考古学:最近の発展に関する最新情報。インド太平洋先史時代協会の会報21(5):77–84、2001。
  26. ^ ベール2001
  27. ^ クワク、ジョンチョル。ウリナラエウイソンサ–ゴダエノンバットユグ[韓国先史時代の乾湿地農業の特徴]。ハングクノンギョンムンファウイヒョンソン[韓国の農耕社会の形成]:21–73。韓国考古学協会第25回全国大会の論文、釜山、2001年
  28. ^ バーンズ、ジーナL.水田土壌は時々。世界考古学22(1):1–17、1990。
  29. ^ 庄田真也(2007)。「弥生時代の交際論争についてのコメント」東アジア考古学協会会報1
  30. ^ fao.org(FAOSTAT)。「商品別の国(米、水田)」2014年2月11日取得
  31. ^ a b Crawford and Shen 1998
  32. ^ ハリントン、スペンサー首相(1997年6月11日)。「最古のご飯」考古学アメリカ考古学協会。稲作は中国で始まりました。11、500年前、以前に信じられていたよりも約3、500年早い
  33. ^ Normile、Dennis(1997)。「長江は最も初期の米のサイトとして見られました」。科学275(5298):309–310。土井10.1126 /science.275.5298.309S2CID140691699_ 
  34. ^ ニーダム、ジョセフ(1986)。中国の科学と文明:第4巻、物理と物理技術、第3部、土木工学と海事台北:Caves BooksLtd。ページ271。
  35. ^ アンガス、マディソン(2006年9月21日)。世界経済、アンガス・マディソン、p.20、ISBN92-64-02261-9ISBN 97892640226142013年4月25日取得
  36. ^ 「インドのコメ生産国トップ10、コメ生産量が最も多いインドの州」Mapsofindia.com。2012年1月17日2013年4月25日取得
  37. ^ 「LansingandMiller」(PDF)2009年3月27日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年4月25日取得
  38. ^ 「学校のためのチャンネル4のメモ」Channel4.com 2013年4月25日取得
  39. ^ 「Economist.com」エコノミスト2009年12月17日2013年4月25日取得
  40. ^ 「ミャンマーのコメ生産の増加」2015年9月25日にオリジナルからアーカイブされました2015年5月4日取得
  41. ^ 「新しい農業者:国のプロフィール-ネパール」www.new-ag.info
  42. ^ ユネスコ世界遺産センター。「フィリピンのコルディリェラスの棚田–ユネスコ世界遺産センター」Whc.unesco.org 2015年5月5日取得
  43. ^ a b "エラー" 2011年4月1日取得
  44. ^ 「スリランカの米の知識-IRRI米の知識銀行」www.knowledgebank.irri.org
  45. ^ 国のプロフィール:タイ。lcweb2.loc.gov 7(2007年7月)。
  46. ^ タイは米カルテル計画から撤退しました。 "インターナショナルヘラルドトリビューン2008年5月7日:2009年2月12日2日、 lexisnexis.com
  47. ^ a b 「米のひずみは、比較的低い生産性の原因です。」ネイション(タイ)2008年4月16日。2009年2月2日、lexisnexis.com
  48. ^ ニルマル、ゴースト。「タイは耕作のためにより多くの土地を確保する。それは稲作を増やし、農地の転換を止めることを計画している。」ストレーツタイムズ(シンガポール)2008年4月24日。
  49. ^ 「メタン源–水田」2007年7月15日取得
  50. ^ 「科学者は米の地球温暖化を非難する」Sptimes.com。2007年5月2日2013年4月25日取得
  51. ^ 「中国の稲作慣行の変化は温室効果ガスのメタンを減らします」2003年1月11日にオリジナルからアーカイブされました2002年12月19日取得
  52. ^ Mishra SN、Mitra S.、Rangan L、Dutta S.、およびPooja。(2012)。インドのアッサムの農業分野からのメタンと亜酸化窒素の排出の「ホットスポット」の調査。農業と食料安全保障。1/16。doi:10.1186 / 2048-7010-1-16。オンラインリンクhttp://www.agricultureandfoodsecurity.com/content/1/1/16

参考文献

  • ベール、マーティンT.韓国の初期農業の考古学:最近の進展に関する最新情報。インド太平洋先史時代協会の会報21(5):77–84、2001。
  • バーンズ、ジーナL.水田土壌は時々。世界考古学22(1):1–17、1990。
  • Crawford、Gary W.、Gyoung-Ah Lee 朝鮮半島の農業の起源。Antiquity 77(295):87–95、2003。
  • クワク、ジョンチョル。ウリナラエウイソンサ–ゴダエノンバットユグ[韓国先史時代の乾湿地農業の特徴]。ハングクノンギョンムンファウイヒョンソン[韓国の農耕社会の形成]:21–73。韓国考古学協会の第25回全国大会の論文、釜山、2001年。

外部リンク