ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ジョージH.ハーベイ、ノバスコシア、カナダ、1881年による牛との耕作
耕作のために農場で使用される牛
ニジェールの牛車に乗った少年

/ ˈɒks /PLoxen/ ˈɒksən /)、別名ブロックBrE AusEおよびIndE [ 1 ]訓練ドラフト動物は一般的に去勢された成牛です。去勢はテストステロンと攻撃性を抑制し、男性を従順にし、より安全に働きます。牛(成体の雌)または雄牛(無傷の雄)も一部の地域で使用される場合があります。

牛は、耕作、輸送(カートの牽引荷車の運搬、さらには乗車)、踏みつけによる穀物の脱穀、穀物の粉砕や灌漑の供給などの目的で使用されます。牛は、特に影響の少ないセレクトカット伐採において、森林の丸太をすくい取るためにも使用される可能性があります

牛は通常、ペアでヨークされます。良い道路で家財道具をカートに入れるなどの軽い作業では1ペアしか必要としない場合がありますが、重い作業では、必要に応じてさらにペアを追加します。困難な地面での重い負荷に使用されるチームは、9ペアまたは10ペアを超える可能性があります。

家畜化

牛は最初に利用され、紀元前4000年頃に機能したと考えられています。[2]

トレーニング

唐王朝のブロンズ牛
オーストラリアの10頭の牛のチーム

働く牛は、チームスターブルッキー、または牛ドライバーの信号に応答するように教えられています。これらの信号は、口頭の命令とボディーランゲージによって与えられ、ヤギ、または長い棒(長さの尺度としても機能します:ロッドを参照)によって補強されています。産業革命以前には、ほとんどのチームスターは大きな声と率直な言葉で知られていました。[要出典]

輓獣の口頭での命令は世界中で大きく異なります。北米では、最も一般的なコマンドは次のとおりです。

  • 戻る:バックアップ
  • ジー:右に曲がる
  • 起き上がるgiddyupまたはgiddyap、「gettheeup」または「getyeup」の縮約):go
  • ホー:左に曲がる
  • おっと:やめて

ニューイングランドの伝統では、ドラフト用に選ばれた若い去勢牛はワーキングステアとして知られており、若い頃から入念に訓練されています。彼らのチームスターは、動物が成長するにつれて、動物ごとに異なるサイズのヨークを12個も製造または購入します。去勢牛は通常、4歳で完全に訓練されたと見なされ、その後、牛として知られるようになります。[3]

イングランド南東部の伝統は、牛(多くの場合サセックス牛)を徴兵と牛肉の2つの目的の動物として使用することでした。8頭の牛の耕作チームは、通常、1年間隔で4組のペアで構成されていました。

毎年、約3歳の去勢牛がチームのために購入され、年長の動物で訓練されます。ペアは約4年間保管され、その後約7歳で販売され、牛肉用に肥育されます。したがって、その年の新しいペアを購入するコストの大部分をカバーします。耕作のための牛の使用は、20世紀初頭までイングランドの一部の地域(サウスダウンズなど)で存続しました。[要出典]

牛のペアは常に同じようにヒッチハイクされ、ペアの名前が付けられることがよくありました。イングランド南部では、ペアの手前(左)の牛を1音節の名前で呼び、オフサイド(右)の牛を長い方の名前で呼ぶのが伝統的でした(例:ラークとリネット、タークとタイガー) 。[4]

牛のトレーナーは、より多くの仕事をする能力のために、より大きな動物を好みます。したがって、役牛は通常、より大きな品種であり、一般的に大きいため、通常は男性です。雌は牛として訓練することもできますが、小さいだけでなく、子牛牛乳を生産するためにより高く評価されることがよくあります。雄牛は世界の多くの地域、特にアジアアフリカでも使用されています。[5] [6]

蹄鉄工

働く牛は通常靴を必要としますが[7]、イギリスではすべての働く牛が靴を履かれているわけではありません。[8]ひづめが裂けているため、1つの馬蹄形ではなく、各ひづめに2つの靴が必要です牛の靴は通常、カウルキンの有無にかかわらず、ほぼ半月形またはバナナの形をしており、ひづめに対称的なペアで取り付けられています。馬とは異なり、牛は3本の足で簡単にバランスをとることができませんが、蹄鉄工は4本目の足で靴を履きます。[7] [9]

イギリスでは、蹄を地面に投げ、蹄が完成するまで4フィートすべてを重い木製の三脚に固定することで蹄を打ちました。[7]同様の技術がセルビア[10]で使用され、より単純な形では、インド[11]で使用され、現在も実践されています。[12]

牛が非常に大きい可能性があるイタリアでは、蹄は、動物が体の下を通過するスリングによって部分的または完全に地面から持ち上げることができる梁の巨大なフレームワークを使用して達成されます。次に、靴を履く間、足を横方向の梁に固定するか、ロープで保持します。[13] [14]

このような装置は、以前は木でできていましたが、現在は金属でできている可能性があります。同様のデバイスは、フランス、オーストリア、ドイツ、スペイン、カナダ、および米国で見られ、牛スリング、牛プレス、または蹄鉄工の屋台と呼ばれることがあります。[9] [15]

このシステムはイギリスでも採用されることがあり、デバイスはクラッシュまたはトレビスと呼ばれていました。一例は、Vale ofPewseyに記録されています。[8]スリングで部分的に持ち上げられた牛の蹄鉄は、ジョンシンガーサージェントの絵画「蹄鉄」の主題です[16]。角で、上げられた蹄を支えることでバランスを取ります。

使用と馬との比較

気象条件によっては、牛はよりも重い荷物を引っ張ったり、長時間引っ張ったりすることがあります。[17]

一方、馬よりも遅いため、長所と短所の両方があります。彼らの引っ張りスタイルはより安定していますが、与えられた期間内にそれほど多くの地面をカバーすることはできません。農業目的では、牛は、芝を壊したり、湿った、重い、または粘土で満たされた土壌を耕したりするなどの重い作業に適しています。

貨物を運ぶとき、牛は非常に重い荷物をゆっくりと着実に動かすことができます。すきや大量の貨物を比較的速く引く必要がある場合、馬に比べて不利になります。

何千年もの間、牛の首と肩の解剖学的構造に最適に機能するように設計されたヨークを使用しているため、牛はより重い荷物を引っ張ることもできました。が後部の押し力を使って荷物を動かすことができるようになる頸環が発明されるまで、ヨークは解剖学的構造に適合していなかったため、馬は全力で引っ張ることができませんでした[18](ヨークが胸を押す) 、彼らの呼吸を阻害する)。[要出典]

も参照してください

参考文献

  1. ^ https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/bullock
  2. ^ 「動物の家畜化の歴史」Historyworld.net。2012年11月24日にオリジナルからアーカイブされました2012年9月17日取得
  3. ^ コンロイ、ドリュー(2007)。牛、チームスターズガイドノースアダムズ、マサチューセッツ、米国:ストーリーパブリッシング。ISBN 978-1-58017-693-4
  4. ^ コッパー、ボブ、毎シーズンの歌:サセックスファーミングファミリーの百年(pp 95–100)、ハイネマン1971
  5. ^ John C Barret(1991)、「ジンバブエの共同農業システムにおける牛の経済的役割」、ジンバブエ獣医ジャーナル、10ページ に掲載予定。2012年9月18日にウェイバックマシンでアーカイブ
  6. ^ ドラフトアニマルパワー、概要、農業工学部門、農業支援システム部門、国連食糧農業機関、 ウェイバックマシンで2010年7月1日アーカイブ
  7. ^ a b c ウィリアムズ、マイケル(2004年9月17日)。「生きているトラクター」ファーマーズウィークリー2011年3月3日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月22日取得
  8. ^ a b Watts、Martin(1999)。働く牛Princes Risborough:シャイア。ISBN 0-7478-0415-X2014年6月12日にオリジナルからアーカイブされました。
  9. ^ a b ベイカー、アンドリュー(1989)。「くびきによく訓練された:村の歴史的な農場で働く牛」オールドスターブリッジビレッジ。2011年9月26日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月22日取得
  10. ^ ションバーグ、A。(1885年11月7日)。「セルビアの鍛冶屋で牛と馬を蹄鉄で打つ」イラストレイテドロンドンニュース2011年10月4日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月22日取得
  11. ^ 「鍛冶屋がブロック、カルカッタ、インドに蹄鉄を打つ」(ステレオスコープカード(半分のみ))Stereo-Travel Co.1908 2011年5月22日取得
  12. ^ Aliaaaaa(2006)。「抑制と蹄鉄工」バンガロール、カルナータカ州、インド。2013年12月20日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月22日取得
  13. ^ タッキーニ、アルバロ。「ラ・フェラトゥラ・デイ・ブオイ」(イタリア語)。2013年12月11日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月22日取得牛の蹄鉄
  14. ^ 「Tradizioni-Serramanna」(イタリア語とサルデーニャ語)。2011年10月7日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月22日取得セッラマンナ:伝統
  15. ^ 「ご存知ですか?」ウェット/ドライルートの章のニュースレター4(4)。1997年。 2011年7月22日のオリジナルからアーカイブ2011年5月22日取得
  16. ^ ジョンシンガーサージェント。「牛の靴を履く」2016年7月11日にオリジナルからアーカイブされました2016年8月18日取得
  17. ^ テイラー、テス(2011年5月3日)。「小さな農場では、蹄の力が戻ってきます」ニューヨークタイムズ2013年5月22日にオリジナルからアーカイブされました2011年6月19日取得
  18. ^ コンロイ、ドリュー。「博士」(PDF)牛のくびき:文化、快適さ、動物福祉世界輸送動物福祉研究協会(TAWS)。2012年3月22日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2012年2月21日取得

外部リンク

  • ウィキメディアコモンズのに関連するメディア