国内のペットの過密

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

飼いならされたペットの過密は、エキゾチックアニマルなどペット余剰です。米国では、毎年600万から800万頭の動物が避難所に運ばれ、そのうち推定300万から400万頭がその後安楽死させられ、そのうち270万頭は健康で採用可能と見なされています。[1] [2]米国の避難所が推定1200万から2000万頭の動物を安楽死させた1970年代以降、安楽死の数は減少している。[3]ほとんどの人道的社会動物保護施設救助グループこのダイナミクスに寄与する可能性のある不要な偶発的な同腹児の出産を防ぐために、動物の世話をする人に避妊去勢手術または避妊去勢手術を行うように促します。[2]

グローバルエフェクト

望まない家畜の個体数に対処することは、動物福祉および動物の権利グループにとって大きな関心事です。家畜の過密は、生態学的な懸念であると同時に経済的な問題でもあります。捕獲、湛水、そして最終的な安楽死は、納税者や民間機関に毎年数百万ドルの費用をかけます。[4]野生に放たれた不要なペットは、深刻な生態系の損傷に寄与する可能性があります(たとえば、フロリダのエバーグレーズにエキゾチックなヘビを導入する効果)。

統計

バーレーン

バーレーンでは、野良犬の数が2000年代初頭から増加しており、2010年代後半に状況が手に負えなくなったため、野良犬や野良犬の子犬が非人道的に殺害されたと主張する人々からの事件に関して多くの論争が生じました。 (または燃やされた)。一方、2014年以降、バーレーン動物虐待防止協会(BSPCA)によって法律が制定され、キャッチ、ニューター、リターンプログラム(CNVR)の継続を支援するよう政府に要請されました。[5]農場への頻繁な攻撃も発生し、シェイク・マルワ・ビント・アブドゥラマン・アル・ハリファもこの事件に貢献し、バーレーンの野良犬協会グループと協力しながら、避妊去勢手術と更なる攻撃を防ぐために野良犬をリハビリするための避難所(福祉)を建設することを決定しました。[6]

カナダ

カナダ人道協会連合(CFHS)は、1993年以来カナダの動物保護施設から統計を収集しています。[ 7] :2  2013年の調査には、186の人道協会とSPCAのうち100のデータが含まれていました。[7] :2 ただし、地方自治体の動物サービス機関は含まれていなかったため、「このレポートのデータは、カナダのホームレスのコンパニオンアニマルのごく一部にすぎません」。[7] :2  2012年、調査対象の避難所は188,000頭をわずかに超える動物を受け入れ、65,423頭の動物を安楽死させました。これは、すべての摂取量の35%に相当します。[7] :8 猫の6倍の数、つまり猫の41%と犬の15%が安楽死させられました。[7] :5 報告書によると、徐々に改善する傾向にありますが、猫の転帰は犬よりもはるかに悪いとのことです。より多くが安楽死させられます。」[7] :7  [8]

アメリカ合衆国

避難所に運ばれた動物とその後米国で安楽死させられた動物の推定には、信頼性に問題があります。米国人道協会は、次の注意を払って避難所の統計を提供しています。「米国の動物保護施設と救助のための中央データ報告システムはありません。これらの推定値は、(旧)全国ペット人口調査政策評議会から提供された情報に基づいています。 「」[1] HSUSは、避難所に連れて行かれた600万から800万頭の動物、安楽死させた300万から400万頭の動物、および安楽死させた動物のうち270万頭が健康で採用可能であると、2012年から2013年の推定値として提供しました[ 1]。 2014年8月の記事の数字。[2]

ペットの個体数調査と政策に関する全国評議会は、1994年から1997年までの4年間にわたって調査を実施し、より広い推定のために調査を使用することに対して警告しています。米国では、または年間ベースで安楽死させた数。報告シェルターは、米国のシェルターのランダムなサンプリングを表していない可能性があります。」[9]調査の要約統計によると、1997年には430万頭の動物が調査対象の避難所に入った。避難所はそれらの62.6%、または280万匹の動物を安楽死させました。[9]これらの数字は、安楽死させた犬の56.4%、猫の71%に分類されました。[9]当初の調査は、毎年少なくとも100匹の犬と猫を収容する5,042の避難所に送られ、そのうち1,008の避難所だけが1997年に参加した。[9]

アメリカ動物虐待防止協会は、米国には約13,600のコミュニティ動物保護施設があると言って、別の番号を提供しています。[10]「これらの避難所を監視している国の組織はありません」、「動物保護運動の全国統計を集計する責任を負っている政府機関や動物組織はありません」。[10]しかしながら、全国的な推定では、毎年760万頭の動物が避難所に入り、そのうち270万頭が安楽死させられている。[10]

アメリカ人道協会は、数を推定することの難しさを述べ、2008年に推定370万頭の動物が避難所で安楽死させられたと言って、より高い数字を提供します。[11] 1993年の米国の犬の個体数に関する研究では、動物保護施設よりも広範囲の情報源が検討されました。[12]この研究では、400万匹の犬が避難所に入り、240万匹(または60%)が安楽死させられたことがわかった(p.203)。[13]

放棄の理由

不要な犬や猫は、あらゆるソースから取得された可能性があります。ペットの飼い主は、引っ越し、アレルギー、行動上の問題、時間やお金の不足、ペットの出産などの理由で、毎年多くの動物を避難所に入れています。ペットを降伏させるもう1つの一般的な理由は、結婚や新しい赤ちゃんの誕生などのマイルストーンのためです。[14]

コロラド州立大学の卒業生と他の大学の卒業生が行った複数のインタビュー[15]の間に、3,000人以上のペットの飼い主が家畜の放棄について尋ねられたことがわかりました。それらの所有者のうち、約3,600匹の犬と同腹子、および1,400匹の猫と同腹子が放棄されました。大学の調査によると、放棄の理由のトップ10のいくつかは、家の他のペットの問題、所有者の個人的な問題、家主がペットを許可しないこと、および費用でした。大学は、放棄の最大の理由は人々への攻撃性であることに気づきました。CanineJournalが実施したサードパーティの調査に基づく[ 16]73人に1人が犬の咬傷の犠牲者になることがわかった。ただし、一部の品種は他の品種よりも噛む傾向があります。

ASPCA [17]によると、ペットの行動上の問題以外に、放棄の2つの主な理由は、家族の状況と住居の問題です。「リホーム」されているこれらのペットのうち、ASPCAは、これらのペットの37%が友人または家族と一緒にリホームされていることを示す統計を提供します。多くの人がこれを最後の手段にしたいと思っているにもかかわらず、避難所は放棄されたペットの36%の新しい「家」になります。毎年650万匹の飼いならされたペットが避難所に入り[18]、これらの避難所は動物の摂取に大いに圧倒されています。ほとんどの避難所はこれらの動物のすべてを採用することができず、残念ながら多くの動物が安楽死させられます。

純血種の動物

アメリカペット製品協会によると、純血種は米国のペット猫の人口のわずか5%から6%であるため、過密の問題は主に混合またはランダムな繁殖動物が原因であり、純血種の猫を避けてもほとんど違いはありません。[19]米国人道協会(HSUS)によると、動物保護施設に入る犬の25%は純血種です。[関連する?] [20]

American Kennel ClubAKC)とCat Fanciers'Association(CFA)は、純血種の犬や猫の利点には、狩猟、救助、支援、その他のニーズに役立つ特定の特性を示すために時間をかけて開発されてきたことが含まれると述べています。[21] [19]ペットの飼い主を含む動物の購入者は、純血種を選択して、若い動物が成長するサイズやその他の特性を事前に知ることができます。[21] CFAはまた、純血種の猫は狩猟本能が弱いため、より良いペットを作ることができると述べています。[19]HSUSによると、血統は健康と気質を保証するものではなく、雑種の犬と猫は両方の品種の優れた特徴を示すことが多く、遺伝的欠陥を持っている可能性は低いとのことです。[22] [19]

AKCによると、ブリーダーは、詳細な血統や、専門とする品種の健康と気質に関する専門知識など、販売する動物に関するサービスと情報を提供します。[21] HSUSによると、動物保護施設は、すでに必要な動物を提供する可能性があります。噴霧または中和ワクチン接種駆虫、およびマイクロチッピングなどの獣医の手順[23]

AKCが責任あるブリーダーのために設定したベストプラクティスには、動物が良い家に配置されるように顧客をスクリーニングすること、飼育した動物に関する長期的な健康と発達のデータを収集すること、状況に応じて動物を取り戻すことを保証することなどのフォローアップサービスが含まれますペットと飼い主にとって相互に有益ではなく、新しい家に配置します。[21] AKCは、彼らの組織は、動物虐待で有罪判決を受けたメンバーからの血統登録およびその他のサービスの利益を停止することによって動物虐待を防止するのに役立ち、彼らの検査プログラムは犬の非人道的な扱いの事例を積極的に発見すると述べています。[21]HSUSは、AKCがパピーミルを停止する法律に反対し、AKCの検査官によって人道的であると認定されたブリーダーの多くは、後に動物虐待の罪で有罪判決を受けたと述べています。遺伝的多様性を損なう可能性のある犬小屋の人口制限など、強制力のない、または逆効果の善意の法律。[24] [21] HSUSは繁殖の禁止を提唱していませんが、将来のペットの飼い主がブリーダーから直接購入するのではなく、繁殖救助組織を探すことを奨励しています。[19]

裏庭の繁殖パピーミルは、多くの場合、関係する動物の健康や福祉を気にすることなく、利益と特定の品種に対する認識された高い需要によって動機付けられています。これらの動物は、ペットショップを通じて、またはブリーダー自身から直接販売することができます。[25] AKCは、動物に対する過失と残虐行為は米国全体で違法であり、無責任な繁殖の解決策は、責任あるブリーダーや純血種の動物の需要を非難するのではなく、法律のより効果的な施行であると述べています。[21] CFAの立法スタンスはAKCに似ています。[26] CFAはまた、猫の過密は、純血種ではなく、自由に歩き回る、改変されていないペットの猫、および野良猫によるものであると述べています。[26] CFAによると、動物管理機関は、危険なほど攻撃的な犬や猫の殺害に関する完全な統計を公表しておらず、ペットの動物の安楽死が常に避けられない程度を隠している。[26]

前提への反対

ノーキルシェルターのプロモーターであるノーキルアドボカシーセンターのネイサンウィノグラードは、人口過多は神話であり論理的な誤謬であり、多くの動物管理機関が大量の殺害と少数の養子縁組に対する批判を避けるために使用していると述べています。[27] [28]ウィノグラードは、動物のためのスペースが利用できる場合でも、伝統的な避難所は主に習慣と便利さから動物を殺すと言います。[29] :6 彼は、野良猫と野良猫にトラップニューターリターン(TNR)を使用することで、彼の組織はすべての健康で治療可能な動物を救い、その救済率をすべての閉じ込められた動物の少なくとも90%に上げることができたと言います[30] :4  [31] [32]彼は、すべての家を失った動物のために十分な家があると言います。避難所に入る犬の数の2倍以上の家が犬のために毎年利用可能になる可能性があります。」[28]ウィノグラードは、野良猫と野良猫のTNRを含む彼の方法、および動物管理、救助、避難所、地域社会の取り組みの包括的な変更により、すべての健康で治療可能な動物を救うことに成功しました。[31] Winogradは、米国全体で何百ものNo Killコミュニティが作成され、世界中でその数が増えていると述べています。[33] :1  [31] 2014年10月、ウェブサイト「Out the Front Door」は、米国の212のコミュニティを記録し、投獄された動物の90%以上を救いました。[32]

動物福祉団体のソーシャルメディアアドバイザーであるChristieKeithは、2012年に、避難所での殺害を正当化するために「人口過多」という用語を使用することは、トートロジーの論理的な誤謬を伴うと述べました。[27]養子縁組プログラムのないシェルターが、プログラムが追加されて強化されたときに、より多くの動物を救うことができた場合、「ペットの人口過多」の減少またはシェルター管理慣行の改善による救済率の改善でしたか? ?」[27]コミュニティが許可された動物の90%以上を救うことができるとき、キースは「彼らは「ペットの人口過多」を減らしましたか、それとも現代的で実績のある進歩的な保護慣行を実施することによって殺さないコミュニティになりましたか? ?」

2008年の記事で、犬の擁護者であるLoretta Baughanは、人口過多ではなく過少人口が現実であると述べました。彼女は、ペットの飼い主の大多数が彼らのペットを去勢または去勢し、いくつかの避難所は他の管轄区域から多数の犬を輸入していると言いました。[34]

も参照してください

参照

  1. ^ a b c 「数字によるペット」、HSUS、2014年1月30日。
  2. ^ a b c 「ペットを去勢/去勢する理由:ペットの過密を抑制し、ペットをより健康にする」、HSUS、2014年8月24日。
  3. ^ 「人道的な国:ウェインパセルのブログ:意味論を脇に置く:ペットを殺さないことは私たちの目標でなければならない」、HSUS、2007年12月8日。
  4. ^ 「新しい研究は「根絶する」自由に歩き回る猫のために高い納税者費用を明らかにする」Prweb.com 2012年10月16日取得
  5. ^ 「野良犬のヒットを根絶するためのドライブ」ガルフデジタルニュース。2013年8月24日2016年5月8日取得
  6. ^ 「野良犬のヒットを根絶するためのドライブ」アラビアを取引します。2015年5月12日2016年5月8日取得
  7. ^ a b c d e f 「動物保護施設の統計」、カナダ人道協会連盟、2013年12月18日、提供されたリンクからダウンロードできます。
  8. ^ 2013年、ケベック州で50万匹の不要なペットが安楽死させられました
  9. ^ a b c d 「シェルター統計調査、1994-97」、ペット個体群研究と政策に関する全国評議会、2014年9月19日にアクセス。
  10. ^ a b c "Misc:Pet Statistics"、ASPCA、2014年9月10日アクセス。
  11. ^ 「アニマルシェルター安楽死」、アメリカ人道協会、2014年9月19日にアクセス。
  12. ^ 「犬と猫が多すぎますか?:ペットの過密の神話と事実」、Norma Bennett Woolf、National Animal Interest Alliance、1997年3月19日、GaryJ.PatronekとAndrewNRowan、「犬と猫の数の決定と人口動態」、AnthrozoosVol。8、No. 4、(1995)、pp.199-205; その記事は、元の1993年の研究「ペットの犬の個体数のサイズとダイナミクスを推定するためのモデルの開発」、Gary J. Patronek、Anthrozoos、Vol。1993年12月; No. 7(1)、pp.25-42。
  13. ^ GaryJ.PatronekおよびAndrewNRowan、「犬と猫の数と個体群動態の決定」、AnthrozoosVol。8、No. 4、(1995)、pp。199-205、pp.202-203。
  14. ^ 「ペットの過密」Americanhumane.org 2012年7月24日取得
  15. ^ NAIAオンライン。「犬と猫の放棄に関連する人間と動物の要因」(PDF) {{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  16. ^ 著者、ゲスト(2013-08-14)。「犬の咬傷統計(あなたはどのくらいビットを取得する可能性がありますか?)」CanineJournal.com 2021年12月2日取得 {{cite web}}|last=一般名があります(ヘルプ
  17. ^ 「毎年100万以上の世帯が彼らの最愛のペットをあきらめることを余儀なくされました、ASPCA研究は明らかにします」ASPCA 2021年12月2日取得
  18. ^ 「避難所の摂取と降伏」ASPCA 2021年12月2日取得
  19. ^ a b c d e 「養子縁組とブリーダーからの購入」アニマルプラネット
  20. ^ 「数字によるペットペット所有権調査データおよび2012年と2013年に米国の避難所から採用または安楽死させられたペットに関するHSUSの推定値」HumaneSociety.org2014年1月30日2015年1月5日取得
  21. ^ a b c d e f g 問題分析:責任ある犬のブリーダーの価値Adobe PDFアメリカンケネルクラブ、2012年3月
  22. ^ どちらがあなたに適していますか:純粋な品種ですか、それとも混合品種ですか?、米国人道協会
  23. ^ 「ASPCAは避難所の動物のための全国移転プログラムを開始します」Prweb.com。2011-05-12 2012年10月16日取得
  24. ^ AKC:ショーで最悪; アメリカンケネルクラブが犬をパピーミルの汚物や怠慢から守らないのはなぜですか?米国人道協会、2015年2月6日
  25. ^ 「パピーミル:米国人道協会」Humanesociety.org 2012年10月16日取得
  26. ^ a b c CFAの立法グループキャットファンシアーズアソシエーション
  27. ^ a b c d 「シェルターの殺害が「ペットの人口過多」とは何の関係もない理由」、Christie Keith、Dogged、2012年10月1日。
  28. ^ ab 「 TheBookHSUSand PETA Do n't Want You to Read」、2007年9月10日、Center for Consumer Freedom、webcitation.orgにアーカイブ。
  29. ^ 「シェルター殺害の中心にある嘘を反証する:人口過多の神話」、No Kill Advocacy Center、2014年9月6日にアクセス。
  30. ^ 「ノーキル101:公務員のためのノーキル動物管理シェルターの入門書」 2014年9月2日にアクセスされたウェイバックマシン、ノーキルアドボカシーセンターで2014年9月4日にアーカイブされました。
  31. ^ a b c 「ノーキルは本当にノーキルですか?」、Nathan Winograd、PAWS Chicago、2014年9月6日にアクセス。
  32. ^ a b "Introduction"、Out the Front Door、2014年9月6日アクセス。
  33. ^ ドルとセンス:殺さない動物管理の経済的利益:公務員のためのガイド」 2014年9月6日にアクセスされたウェイバックマシン、殺さないアドボカシーセンターで2016年3月4日にアーカイブされました。
  34. ^ 「ペットの過少人口:ロレッタ・ボーガンによる米国のペット不足」、ロレッタ・ボーガン、スパニエル・ジャーナル、Vol。6、第4号、2008年1月から2月。

さらに読む