オスカー・オルタ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
オスカー・オルタ
オスカーhorta.jpg
ホルタ、2012年
生まれ
オスカー・オルタ・アルバレス

1974-05-071974年5月7日(47歳)
ビーゴ、スペイン
国籍スペイン語
母校サンティアゴデコンポステーラ大学
時代現代哲学
領域西洋哲学
学校分析哲学
機関サンティアゴデコンポステーラ大学
定説Undesafíoparalabioética:lacuestióndelespecismo( "A Challenge to Bioethics:The Issue of Speciesism")  (2007)
指導教官ルイス・G・ソト
主な関心事
Webサイトmasalladelaespecie .wordpress .com

オスカー・オルタスペイン語ÓscarHortaÁlvarez ; 1974年5月7日生まれ)[1]はスペインの動物活動家であり、道徳哲学者であり、現在サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学(USC)の哲学人類学部の教授であり、組織AnimalEthicsの共同創設者彼は、特に野生動物の苦しみの問題を中心に、動物倫理の分野で活躍していることで知られています。彼はまた、種差別の概念と、人間以外の動物の道徳的配慮に関する議論の明確化に も取り組んできました。

キャリア

Hortaは1999年にUSCで哲学の学士号を取得し、2007年に同じ機関で哲学の博士号を取得しました。彼の論文はUndesafíoparalabioética:lacuestióndelespecismo( "A Challenge to Bioethics:The Issue種の」)。2008年、彼はスペインの哲学者ホセフェラテールモーラの倫理に関するエッセイで、オックスフォード動物倫理センターからフェラテールモーラ賞を受賞しました[1]

2005年から2009年まで、彼はUSCの論理学および道徳哲学科の講師でした。その後、2009年から2010年までラトガーズ大学の客員研究員、 2009年から2011年までスペイン科学技術財団の研究員に就任しました。2011年に講師としてUSCに戻り、2018年に教授になりました。[ 2]

動物倫理を共同設立したほか、HortaはRightsforAnimalsとLiberaciónAnimalを共同設立しました。彼はALA-AlternativaparalaLiberaciónAnimalおよびFundaciónEquanimalのスポークスパーソンを務め、 Sentience InstituteUPF-Centre for Animal Ethics、およびOrganization for the Prevention of IntenseSufferingの諮問委員会のメンバーです。[2]

ホルタはビーガンであり、「私がビーガンに行くことに決めた理由は、私がそうするための強い議論として見たものを提示されたからであり、人間以外の動物に共感を感じていたからではありません」とコメントしています。[3]

種差別

Hortaは、種差別を1つ以上の種に属さない人々に対する差別と定義し、差別によって不当な不平等な配慮または扱いを理解しています。[4]これは概念の規範的な説明です。Hortaによれば、異なる種の動物を異なる方法で扱うことが正当化される場合、それは差別的であると見なすことはできず、種差別の事例ではありません。[5]Hortaの説明はまた、種差別が種のみに基づく差別に限定されていることを否定している。Hortaの説明では、理由が単なる種のメンバーシップであるか、その他の理由(複雑な認知能力の所有など)であるかに関係なく、特定の種のメンバーではない人々に対するあらゆる形態の差別を種差別主義者と見なしています。[6]彼は、性差別または人種差別との類似性によってこの立場を支持すると主張しました。これには通常、女性または人種差別化された人々に対する、主張される能力(性別、性別、祖先、または身体的特徴だけでなく)などの基準に基づく差別が含まれます。[7] Hortaの種差別の説明も、Joan Dunayerの説明と似ていますが、 PaulWaldauとは異なります。彼はまた、非人間動物に対する差別は種差別の一例に過ぎないと主張しました。これは、種差別的である方法で他の動物と比較して一部の非人間動物を差別することも可能であるため、人間中心主義の種差別と呼ぶことができます。[8] [9] [10]

野生動物の苦しみ

ホルタは、荒野の「牧歌的な」見方とは対照的に、動物は自然界で病気、捕食、曝露、飢餓、およびその他の脅威に著しく苦しんでいると主張しています。Hortaは種差別を拒否しているため、害を及ぼすことなく動物をこの苦しみから保護するために、自然のプロセスに介入する正当な理由があると主張しています。[11] [12] [13] [14]現在の支援方法には、自然災害時の動物の救助、孤児、病気、負傷した動物のセンター、ワクチン接種と給餌プログラムが含まれます。[15]Hortaは、そのようなイニシアチブを拡大することができ、そのようなイニシアチブに反対する環境保護論者との論争を避けるために、パイロットプログラムは、都市、郊外、または農業環境に住む野生動物に焦点を当てることから始めることができると主張しました。[16]彼はまた、現在最も有望な行動方針は、野生動物の苦しみを引き起こしている状態と、自然の影響を受けた動物の状況を改善するための最善の対策を実行する方法についてより多くの知識を得ることにあるかもしれないと主張した。自然および間接的に人為的)原因の組み合わせ。[17]野生動物の苦しみに関するホルタの研究は影響力があり、[ 18]野生動物の苦しみに関する研究がニューヨークタイムズ、ホルタへの質問への彼の関心に起因します。[19]

厳選された作品

Hortaは、スペイン語、ガリシア語、ポルトガル語、英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語で哲学作品を発表しています。[2]

も参照してください

参考文献

  1. ^ ab 「オスカーオルタ フェラテールモーラ賞を受賞」オックスフォード動物倫理センター2008-01-03 2020年2月18日取得
  2. ^ a b c オルタ、オスカー。「CV」Academia.edu 2021-02-18を取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  3. ^ ホルタ、オスカー(2018-11-04)。「道徳哲学者に尋ねる–オスカーオルタとの質疑応答」(インタビュー)。クリスチャン・ケーダーによるインタビュー。
  4. ^ オルタ、オスカー(2010年6月)。「種差別とは何ですか?」Journal of Agricultural and EnvironmentalEthics23(3):243–266。土井10.1007 / s10806-009-9205-2ISSN1187-7863_ S2CID19603504_  
  5. ^ オスカー・オルタ(2018年6月)。「道徳的考察と関連性からの議論」。Journal of Agricultural and EnvironmentalEthics31(3):369–388。土井10.1007 / s10806-018-9730-yISSN1187-7863_ S2CID158150659_  
  6. ^ 代替の説明アカウントは、 Jaquet、François(2019)で防御されています。「種差別は定義上間違っていますか?」Journal of Agricultural and EnvironmentalEthics32(3):447–458。土井10.1007 / s10806-019-09784-1S2CID195236790_ 
  7. ^ オルタ、オスカー。2010.「種差別とは何ですか?」Journal of Agricultural and Environmental Ethics 23(3):243-66、pp.244-27。土井 10.1007 / s10806-009-9205-2
  8. ^ Horta、Oscar(2013-02-01)、 "Animals、Moral Status of"、in Lafollette、Hugh(ed。)、International Encyclopedia of Ethics、Oxford、UK:Blackwell Publishing Ltd、pp。wbiee156、doi10.1002 / 9781444367072.wbiee156ISBN 978-1-4051-8641-4
  9. ^ Dunayer、Joan(2004)。種差別ダーウッド:ライスパブ。ISBN 978-0-9706475-6-6OCLC57245844 _
  10. ^ Waldau、Paul(2002)。種差別の亡霊:仏教とキリスト教の動物観オックスフォード:オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-514571-7OCLC45356534 _
  11. ^ ホルタ、オスカー(2010-01-01)。「非種主義的パラダイムに対する恐怖の生態学の倫理:自然への介入の目的の変化」種間13(10)。土井10.15368 /bts.2010v13n10.10
  12. ^ オルタ、オスカー。2010.「自然のプロセスの牧歌的な見方を暴く:人口動態と野生の苦しみ」。テロス17(1):73-88オープンアクセス
  13. ^ Horta、オスカー(2013)。「ズーポリス、介入と自然状態」法、倫理および哲学:113–125。ISSN2341-1465_ 
  14. ^ ドラド、ダニエル(2015年11月)。「野生における倫理的介入:注釈付き参考文献」関係(3.2):219–238。土井10.7358 / rela-2015-002-dora
  15. ^ 「野生の動物を助ける」動物倫理2013-08-28 2021-02-17を取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  16. ^ オルタ、オスカー。2017.「自然界での動物の苦しみ:介入の事例」。環境倫理39(3):261-79 doi 10.5840 / enviroethics201739320
  17. ^ オルタ、オスカー。2018.「野生動物の苦しみと環境倫理への懸念:意見の不一致の限界は何ですか?Les Ateliersdel'Éthique/ The Ethical Forum 13(1):85-100 doi 10.7202 / 1055119ar
  18. ^ ミルバーン、J。(2020-02-20)。「感覚主義の政治は荒れ狂った」政治と動物5:19〜24。
  19. ^ Faria、Catia(2015年5月)。「野生に住む動物に代わって違いを生む:ジェフ・マクマハンへのインタビュー」関係。人間中心主義を超えて3(1):81–84。土井10.7358 / rela-2015-001-ファリ

外部リンク

プロファイル

インタビュー