オサマビンラーディン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

オサマビンラーディン
أسا‌مةبنلا‌د‌ن
Osama bin Laden portrait.jpg
ビンラーディンc。1997–98
アルカイダの第一将軍首長
オフィスで
1988年8月11日- 2011年5月2日
前任者作成された位置
成功アイマン・ザワーヒリ
個人情報
生まれ
オサマビンモハメッドビンアワドビンラディン[1]

(1957-03-10)1957年3月10日
リヤドサウジアラビア
死亡しました2011年5月2日(2011-05-02)(54歳)
AbbottabadKhyber Pakhtunkhwaパキスタン
死因銃創
市民権サウジアラビア(1957–1994)
身長1.95 m(6フィート5インチ)[6]
配偶者たち)
M。  1974; DIV。  2001)

Khadijah Sharif
メートル。  1983; DIV。 1990

Khairiah Sabar
M。  1985)

シハム・サバール
M。  1987)

アマル・アハメド・アル・サダ
M。  2000)
子供達20〜26; 含むアブダラサアドオマール、およびハムザ
両親モハメッドビンアワドビンラディン
ハミダアルアッタス
親族ビンラディン家
宗教イスラームワッハーブ派/サラフィー主義[2] [3] [4] [5]
ミリタリーサービス
忠誠 マクタブ・アル・キダマット(1984–1988)アルカイダ(1988–2011)
勤続年数1984–2011
ランク一般エミールアルカイダ
戦い/戦争ソビエト・アフガニスタン戦争

対テロ戦争

オサマ・ビン・ムハンマド・ビン・ラーディン[1]〜[7] / S ɑː M ə B ɪ N L ɑː D ən / アラビア語أسامةبنمحمدبنعوضبنلادنUsāmahビンモハメドビンAWADビンラディン、月1957年10月[8] – 2011年5月2日)、[9]は、ウサマ・ビンラーディンとしても表現され汎イスラム過激派組織アルカイダの創設者でした。このグループは、テロリストグループとして指定されています国連安全保障理事会北大西洋条約機構(NATO)、欧州連合、およびさまざまな国。

彼は1994年までサウジアラビア市民であり、裕福なビンラディン家の一員でした[10]ビンラディン"父親がいたムハンマド・ビン・ラーディンからサウジの富豪ハドラマウト、イエメン、および建設会社の創設者、サウディ・ビンラディン・グループ[11]彼の母親、アリア・ガネムシリアのラタキアある世俗的な中流階級の家族の出身でした。[12]彼はサウジアラビアで生まれ、1979年にパキスタンのムジャヒディンに加わったときまでサウジアラビアの大学で学んだ。アフガニスタンでソビエト連邦と戦う。彼はアラブ世界からアフガニスタンに武器、お金、戦闘機を注ぎ込むことによってムジャヒディンに資金を提供するのを助け、多くのアラブ人の間で人気を得ました。[13] 1988年、彼はアルカイダを結成した。[14]彼は1992年にサウジアラビアから追放され、1996年に米国の圧力によりスーダンを離れることを余儀なくされるまで、基地をスーダンに移した。アフガニスタンに新しい基地を設立した後、彼は米国との戦争を宣言し、一連の戦争を開始した。爆撃と関連する攻撃の。[15]ビンラーディンは、アメリカ連邦捜査局(FBI)の最重要指名手配逃亡者10人最重要指名手配テロリストのリストに載っていた。1998年の米国大使館爆破事件に関与したことに対して[16] [17] [18]

ビンラーディンは、9月11日の同時多発テロの首謀者としての役割で最もよく知られており、その結果、3,000人近くが死亡し、ジョージW.ブッシュ大統領の命令により、米国対テロ戦争とその後の戦争を開始するようになりました。アフガニスタンでの戦争。その後、彼は10年にわたる国際的なマンハントの対象となりました。 2001年から2011年まで、ビンラーディンは米国の主要な標的でした。FBIが彼の捜索に2500万ドルの報奨金を提供したからです。[19] 2011年5月2日、[20]ビンラーディンは米海軍SEALsによって射殺された[21]。 内部のプライベート住宅化合物アボタバードパキスタン、彼は地元の家族と一緒に住んでいた、ワジリスタン秘密作戦は、米国海軍特殊戦開発グループ(SEALチーム6)のメンバー中央情報局の SAD / SOGオペレーターによって、米国大統領バラクオバマの命令で実施されました[22]ビンラーディンの指導の下、アルカイダ組織は、米国での9月11日の攻撃に加えて、世界中の他の多くの大量の死傷者の攻撃に責任があった[23] [24] [25]

名前

アラビア語の単語とアラビア語の名前を英語に音訳する ための広く受け入れられている標準はありません[26]しかしながら、ビンラーディンの名前は最も頻繁に「オサマビンラーディン」として表現されます。 FBIと中央情報局(CIA)、および他の米国政府機関は、「ウサマビンラーディン」または「ウサマビンラーディン」のいずれかを使用しています。あまり一般的ではないレンダリングには、「ウサーマビンラーディン」や、フランス語のメディアでは「ウサーマビンラーディン」が含まれます。他のつづりには、「ビンラーディン」、または西洋の彼の家族によって使用されている「ビンラーディン」が含まれます。 decapitalizationビンは、記事を短い前置詞を残すの慣例に基づいており、家系の名前で大文字になっていない父称。 NSnasab ビン手段「の息子」。oeのつづりは、ビンラーディンが長年過ごしたアフガニスタンでも使用されているペルシア語の影響を受けた発音に由来しています。

オサマビンラーディンのフルネーム、オサマビンモハメッドビンアワドビンラーデンは、「オサマ、モハメッドの息子、アワドの息子、ラディンの息子」を意味します。[1]「モハメッド」とは、ビンラーディンの父モハメッドビンラーディンを指します。「アワドは、」彼の祖父、アワドビンAboudビンラディン、Kinditeを指しHadhramiの部族。「ラディン」とは、ビンラーディンの曽祖父でアブードと名付けられたものではなく、アブードの父であるラディン・アリ・アルカタニを指します。[27]

アラビア語 の言語「ビンラディン」と、一人で「オサマ」または「オサマ・ビン・ラディン」ではなく、「ビンラディン」として彼を参照することです慣例がある父称、ない西洋的で姓。ビンラーディンの息子オマルビンラーデンによると、家族の遺伝的な名前は「アルカタニ」(アラビア語القحطانيāl-Qaḥṭānī)ですが、ビンラーディンの父親であるモハメッドビンラーデンは正式に名前を登録していません。[28]

オサマ・ビンラーディンはまた、クニャアブダラ(「アブダラの」)を引き受けていた。彼のファンは「王子」または「を含むいくつかのニックネーム、によって彼に言及しているエミール」(الأمير、アル・アミール)、「シェイク」(الشيخ、AS-Šaykh)、「ジハード主義シェイク」または「AL-シェイクムジャヒディン"(شيخالمجاهد、Šaykhal-Mujāhid)、" Hajj "(حج、Ḥajj)、および" Director "。[29] usāmah(أسامة)という言葉は「ライオン」を意味し、[30]彼に「ライオン」と「ライオンシェイク」。 [31]

初期の人生と教育

オサマ・ビン・ムハンマド・ビン・ラーディン[1] [32]で生まれたリヤド、サウジアラビア、イエメンの息子ムハンマド・ビン・ラーディンに密接な関係を持つ億万長者の建設業界の大物サウジ王室[33]とモハメドビンラディンの10番目の妻であるシリア ハミダアルアッタス(当時はアリアガネムと呼ばれていました)。[34] 1998年のインタビューで、ビンラーディンは1957年3月10日として彼の誕生日を与えた。[35]

モハメッド・ビンラーディンは、オサマ・ビンラーディンが生まれた直後にハミダと離婚した。モハメッドは、アソシエイトのモハメッドアルアッタスにハミダを推薦した。アルアッタスは1950年代後半から1960年代初頭にハミダと結婚し、今も一緒に暮らしています。[36]夫婦には4人の子供がいて、ビンラーディンは3人の異母兄弟と1人の異母姉妹と共に新しい世帯に住んでいた。[34]ビンラディン家は建設業で50億ドルを稼ぎ、そのうちオサマは後に約2500万から3000万ドルを相続した。[37]

ビンラーディンは敬虔なスンニ派イスラム教徒として育ちました[38] 1968年から1976年まで、彼はエリートのアルターガーモデルスクールに通った[34] [39]キングアブドゥルアズィーズ大学経済学経営[40]を学んだ。一部のレポートは、彼が中程度稼い示唆土木を、1979年[41]または中程度行政1981年[42]ビンラディンがで英語コース出席オックスフォード1971年の間に、イングランド[43]一つの源は彼を説明しました「勤勉」として; [44]別の人は、大学の学位を取得せずに3年目に大学を卒業したと述べた。[45]大学では、ビンラーディンの主な関心は宗教であり、そこで彼は「コーランジハードの解釈」と慈善活動の両方に関与した[46]他の興味には、詩を書くことが含まれていました。[47]読書、バーナード・モンゴメリー元帥シャルル・ド・ゴールの作品が彼のお気に入りの1つであると言われている。ブラックスタリオン; そしてアソシエーションフットボールでは、彼はセンターフォワードでプレーすることを楽しみ、英国のクラブアーセナルをフォローしました[48]

私生活

1974年に17歳で、ビンラディンは結婚Najwa Ghanhemをラタキア、シリア; [49]彼らは2001年9月11日以前に別居した。ビンラーディンの他の既知の妻はカディジャシャリフ(1983年に結婚、1990年代に離婚)であった。 Khairiah Sabar(1985年に結婚);シハム・サバール(1987年結婚);アマルアハメ(2000年結婚)。いくつかの情報源はまた、ビンラーディンとの結婚が式典の直後に無効にされた、名前が不明な6番目の妻をリストしています。[50]ビンラーディンは、妻とともに20〜26人の子供をもうけた。[51] [52]ビンラーディンの子供たちの多くは、9月11日の攻撃を受けてイランに逃亡し、2010年現在、イラン当局は彼らの動きを引き続き管理していると伝えられている。[53]

1997年から2001年までビンラーディンの個人的なボディーガードであったナセルアルバーリは、彼の回想録でビンラーディンの個人的な生活を詳しく述べています。彼は彼を質素な男であり厳格な父親であり、彼の大家族を砂漠での撮影旅行やピクニックに連れて行くのを楽しんだと説明しています。[54]

ビンラーディンの父モハメッドは、1967年にサウジアラビアで飛行機が墜落し、アメリカ人パイロットのジムハリントン[55]が着陸を誤って判断したときに亡くなりました[56]ビンラディンの長男半弟、セーラムビンラディン、ビンラディンの家族のその後の頭部は、近くで1988年に殺害されたサンアントニオ、彼は誤って電源ラインに飛行機を飛ばしたとき、米国では、テキサス州。[57]

FBIは、ビンラーディンを大人として背が高くて薄く、高さ1.93 m(6 ft 4 in)から1.98 m(6 ft 6 in)で、重さは約73キログラム(160 lb)であると説明しましたが、著者のローレンスライトは彼のピューリッツァー賞の本-winningアルカイダが倒壊する巨塔、ビンラディンの親しい友人の数は、彼の高さのレポートは非常に誇張されたことが確認され、そしてそのビンラディンがちょうど身長6フィート(1.8メートル)の上に、」実際にあったことを書き込み、 "。[58]最終的に、彼の死後、彼は約1.93メートル(6フィート4インチ)であると測定された。[59]ビンラーディンはオリーブ色の肌をしており、左利きで、通常は杖を持って歩いていた。彼は真っ白なクーフィーヤを着ていましたビンラーディンは、伝統的なサウジアラビアの男性クーフィーヤの着用をやめ、代わりに伝統的なイエメンの男性クーフィーヤを着用していました。[60]ビンラーディンは、穏やかな口調で穏やかな態度であると説明された。[61]

信念とイデオロギー

ビンラーディンのイデオロギーの主要な要素は、女性や子供を含む敵国の民間人がジハード主義者の殺害の正当な標的であるという概念でした。[62] [63] CIAのオサマビンラーディン捜索を主導した元CIAアナリストのマイケルシューアーよると、アルカイダの指導者は、米国の外交政策が中東のイスラム教徒を抑圧、殺害、またはその他の方法で害したという信念に動機付けられた。東。[64]このように、米国の国家安全保障への脅威は、アルカイダがアメリカが何であるかによってではなく、アメリカが何をするかによって怒られることから生じるか、またはシューアーの言葉で、「彼ら(アルカイダ)は私たち(アメリカ人)を私たちのために憎む私たちが誰であるかではなく、そうしてください。」それにもかかわらず、ビンラディンはイスラム教に変換するために、アメリカ人呼びかけ、ガバナンスのその世俗的な形のために米国を批判し、不道徳な行為拒否姦淫同性愛intoxicantsギャンブル、と高利貸しを、2002年後半に発表された手紙の中で[65]

ビンラーディンは、イスラム世界は危機に瀕しており、シャリーア法の完全な回復がイスラム世界に物事を正しく設定する唯一の方法であると信じていました。彼は、世俗的な政府[65]や、汎アラブ主義社会主義共産主義民主主義などの代替案に反対した[66]はイスラム神学のアタリ文学者)学校に加入した[67]

これらの信念は、暴力的なジハードと関連して、サイイド・クトゥブによって促進された後、クトゥブ主義と呼ばれることがあります[68]ビンラーディンは、ムラー・オマールタリバンの支配下にあるアフガニスタンがイスラム世界で「唯一のイスラム国」であると信じていた[69]ビンラーディンは一貫して、合衆国および時には他の非イスラム国家によって行われたイスラム教徒に対する不公正であると彼が信じていたものを正すための暴力的なジハードの必要性にこだわった。[70]彼はまたイスラエルの排除を求めた、そして米国に、中東からだけでなく、世界のすべてのイスラム国から、すべての民間人と軍人を撤退させるよう求めた。

彼の視点とそれらを達成する方法は、彼が学者によってテロリストに指定されることにつながっていた[71] [72]からジャーナリストニューヨーク・タイムズ[73] [74] BBC[75]とカタールのニュース局アルジャジーラ[76]などのアナリストピーターベルゲン[77] マイケル・シェアー[78] マーク・セージマン[79]及びブルース・ホフマン[80] [81]彼は、マドリッド、ニューヨーク市、およびトリポリ[82]

1997年、彼は、広島へ原爆投下をテロと見なさなかったという偽善の罪で米国を非難した。 2001年11月、彼は、イスラム法は敵が人間の盾を使用している場合でも侵入者を攻撃することを信者に許可していると主張したため、アメリカ人の復讐殺害は正当化されると主張した。しかし、ローデンベックによれば、「この古典的な立場は、もともと、非戦闘員を意図的に標的にする根拠としてではなく、非常に限られた状況下での民間人の偶発的な殺害の法的正当化として意図されていた」。[83]数ヶ月後の2002年の書簡で、彼はこの正当化については言及しなかったが、「米国は民主主義であるため、すべての市民が政府の行動に責任を負い、したがって民間人は公正な標的である」と主張した。[83] [84]

ソビエト連邦や米国などのはるかに大きな敵に対して彼の目標を達成するためのビンラーディンの全体的な戦略は、イスラム諸国での長い消耗戦に彼らを誘い込み、決して降伏しない多くのジハード主義者を引き付けることでした。彼は、これが敵国を「出血」させて乾燥させることにより、敵国の経済的崩壊つながると信じていた。[85]アルカイダのマニュアルはこの戦略を表現している。アルジャジーラが放送た2004年のテープで、ビンラーディンは「アメリカを破産するまで出血させた」と語った。[86]

ビンラーディンの主張における多くの誤りと矛盾は、マックス・ローデンベックノア・フェルドマンなどの著者によって主張されてきました。彼は、西側の政治システムの欺瞞と詐欺の例として民主主義を呼びかけました—アメリカの法律は「裕福で裕福な法律」である[87] —そして民間人が彼らの政府の行動に責任があるので合法的に罰せられる理由として死によって。[88]彼は民主主義を人為的な法律を発行することによってイスラム教に違反する「無知の宗教」として非難したが、後の声明でスペインの西側の民主主義を支配者が責任を負うイスラム世界と有利に比較している。ローデンベックは、「明らかに、[ビンラーディン]は、人々の意志は必然的に全知の神の意志を反映しなければならないという考えに基づいて、民主主義の神学的正当化を聞いたことがない」と述べています。[83]

ビンラーディンは非常に反ユダヤ主義的であり、世界で起こった否定的な出来事のほとんどはユダヤ人の行動の直接の結果であると述べた。 1998年12月のパキスタンのジャーナリストRahimullahYusufzaiとのインタビューで、ビンラーディンは、砂漠の狐作戦イスラエルのユダヤ人が米国と英国の政府を支配し、できるだけ多くのイスラム教徒を殺すように指示した証拠であると述べた[89] 2002年後半に発表された手紙の中で、彼はユダヤ人が合衆国の民間メディア、政治、および経済機関を支配していると述べた。[65] 1998年5月のABCへのインタビューのジョン・ミラー、ビンラーディンは、イスラエル国家の究極の目標は、彼が「大イスラエルと呼んだものの一部としてアラビア半島と中東をその領土に併合し、その民族を奴隷にすることであったと述べた。[90]彼は、ユダヤ人とイスラム教徒は決して仲良くすることができず、戦争は彼らの間で「避けられない」と述べ、さらに米国が反イスラム感情をかき立てたと非難した[90]彼は、イスラエル国の目標を達成することを唯一の目的として米国国務省米国国防総省がユダヤ人によって支配されていると主張した[90]彼はしばしば、ユダヤ人の陰謀の疑いに対して警告を発した。「これらのユダヤ人は高利貸しの達人であり、裏切りの指導者である。彼らはこの世界でも次の世界でもあなたに何も残さないだろう」。[91] シーア派イスラム教徒は、異端者、アメリカ、イスラエルとともに、ビンラーディンのアルカ​​イダ組織のイデオロギークラスでイスラム教の4つの主要な敵としてリストされている[92]

ビンラーディンは宗教的な理由で音楽に反対し[93]テクノロジーに対する彼の態度はまちまちだった。彼は一方では土木機械と植物の遺伝子工学に興味を持っていましたが、他方では冷水を拒絶しました。[94]

ビンラーディンはまた、気候変動が深刻な脅威であると信じ、「運命を脅かす有害ガスから人類を救う」という合理的な決定を下すためにバラクオバマ大統領協力するようアメリカ人に促す手紙を書いた[95] [96]

過激で政治的な経歴

アフガニスタンのムジャヒディン

1979年に大学を卒業した後、ビンラーディンはパキスタンに行き、アブドゥッラーアッザムに加わり、彼自身の建設会社からのお金と機械を使って、ソビエト-アフガニスタン戦争におけるムジャヒディンの抵抗を助けました[97]彼は後にジャーナリストに、「アフガニスタンの人々に対して不正が行われたことに憤慨した」と語った。[98] 1979年から1992年まで、米国(アフガニスタンでのCIA活動、特にサイクロン作戦の一環として)、サウジアラビア、および中国は、パキスタンを通じて数万のムジャヒディンに60〜120億ドル相当の財政援助と武器を提供した。軍統合情報局(ISI)。[99]英国のジャーナリスト、ジェイソンバークは、「1980年代、米国から直接の資金提供や訓練を受けていなかった。彼の信奉者も受けなかった。パキスタンのISI諜報機関を通じて、アフガニスタンのムジャヒディンは両方を大量に受け取った。アラブ人はソビエトと戦っていますが、重要なことは何もありません。」[100]ビンラーディンはパキスタン軍の3つ星将軍あり、ISI機関の長であったハミード・グルと会い、関係を築いた。米国はお金と武器を提供しましたが、過激派グループの訓練は完全にパキスタン軍とISIによって行われました [101]一部のCIA役員によると、1980年初頭から、ビンラーディンはサウジアラビア総合情報院(GIP)とアフガニスタンの軍閥の間の連絡役を務めたが、CIAとビンラーディンの間の接触の証拠はCIAアーカイブに存在しない。スティーブ・コルは、ビンラーディンは正式な有給のGIPエージェントではなかったかもしれないが、「ビンラーディンがサウジアラビアの諜報機関と実質的な関係を持っていたことは明らかだ」と述べている。 [102]ビンラーディンの最初のトレーナーは、米特殊部隊のコマンドー、アリ・モハメドだった [103]

1984年までに、ビンラーディンとアザムはマクタブアルキダマットを設立し、アラブ世界からアフガニスタンに資金、武器、戦闘機を注ぎ込みました。アルハダマットを通じて、ビンラーディンの相続した家族の財産[104]は、航空券と宿泊費を支払い、パキスタン当局との事務処理を支払い、ジハード戦闘機に他のそのようなサービスを提供しました。ビンラーディンは、パキスタンのカイバルパクトゥンクワ内にキャンプを設立し、ソビエトが支援する政権であるアフガニスタン民主共和国と戦うために、イスラム世界全体からボランティアを訓練しました。 1986年から1987年の間に、ビンラーディンはアフガニスタン東部に数十人のアラブ兵のための基地を設立しました。[105]このベースから、ビンラディンのような、ソ連に対して、いくつかの戦闘活動に参加しJajiの戦い1987年[105]その少し戦略的な重要性にもかかわらず、戦いが主流アラブプレスでもてはやされました。[105]彼が多くのアラブ人によって偶像化されたのは、この時期であった。[13]

1988年ギルギット虐殺

1988年5月、シーアによるスンニ派虐殺の噂に応えて、パキスタンのギルギットとその周辺からの多数のシーア派が虐殺で殺害された。[106]シーア派の民間人もレイプを受けた。[107]

虐殺がで主張されているB.ラマン、インドの創設者調査と分析ウィング[108]による反乱に対応してきたのはシーア派ギルギットの軍事独裁者の支配中のジア-ULハク[109]彼は、パキスタン軍がオサマ・ビンラーディンにアフガニスタン北西辺境州からスンニ派部族の武装集団ギルギットとその周辺地域に導き、反乱を鎮圧したと主張した[110]

アルカイダの形成と構造化

1988年までに、ビンラーディンはマクタブアルキダマットから分裂しました。アザムがアフガニスタンの戦闘機の支援を務めた一方で、ビンラーディンはより軍事的な役割を望んでいました。分裂とアルカイダの創設につながった主要なポイントの1つは、アラブの戦闘機が別個の戦闘部隊を形成するのではなく、アフガニスタンの戦闘グループに統合されるというアザムの主張でした。[111] 1988年8月20日のビンラーディンらの会合のメモは、アルカイダがその時までに正式なグループであったことを示している。勝利した宗教。」メンバーシップの要件のリストには、リスニング能力、マナー、服従、上司に従うことを誓約すること(バヤット)が記載されています。[112]

ライトによれば、グループの本名は、その存在が依然として秘密にされていたため、公の声明では使用されなかった。[113]彼の研究によると、アルカイダは1988年8月11日、エジプトのイスラム聖戦の上級指導者アブドゥッラー・アッザムとビンラーディンの間で会合し、ビンラーディンの資金に参加することが合意された。ソビエトがアフガニスタンから撤退した後、イスラム聖戦組織と他の場所でジハード団の大義を取り上げます。[114]

1989年2月にソビエト連邦がアフガニスタンから撤退した後、オサマ・ビンラーディンはジハードの英雄としてサウジアラビアに戻った。[115]彼のアラブ軍団と共に、彼はソビエト連邦の強力な超大国を倒したと考えられていた。[116]サウジアラビアに戻った後、ビンラーディンは彼の家業のために働いている間、サウジアラビア君主制への反対運動に従事した[115]彼はアルカイダを派遣して南イエメンのソビエトと同盟を結んだイエメン社会党政府を打倒することを申し出たが、トゥルキー・ビン・ファイサル王子によって拒絶された。その後、彼はイエメン統一を崩壊させようとしましたYSP指導者を暗殺することによりプロセスを進めたが、アリ・アブドラ・サレハ大統領がファハド王に不満を述べた、サウジアラビア内務大臣のナエフ・ビン・アブドゥルアジズ王子によって停止された[117]彼はまた、アフガニスタン人の間での部族間の戦いにも腹を立てた。[13]しかし、彼はサウジアラビアのGIDとパキスタンのISIと協力し続けた。彼は1990年のアフガニスタンのクーデターの試みに資金を提供し、またパキスタン国会にロビー活動を行い、ベナジルブット首相に対して不信任決議を実行しました[118]

1990年8月2日のサダムフセインの下でイラクのクウェート侵攻は、サウジ王国と王室を危険にさらしました。サウジ国境にイラク軍がいる中、汎アラブ主義へのサダムの訴えは潜在的に内部の反対意見を扇動していた。ファハド国防長官のディック・チェイニー国防長官による米軍援助の申し出に同意してから1週間後、ビンラディンはファハド国防長官とサウジアラビア国防相スルタン会い、米国などからの非イスラム教徒の援助に頼らないように言った。彼のアラブ軍団でサウジアラビアを守るのを助けることを申し出た。スルタンが、サダムがイラクの化学兵器と生物兵器を使用した場合、ビンラーディンが戦闘機をどのように防御するかを尋ねたとき彼らに対して彼は「私たちは信仰をもって彼と戦う」と答えました。[119]ビンラーディンの申し出は拒否され、サウジアラビアの君主制はサウジアラビア領土への米軍の配備を招いた。[120]

ビンラディンは、サウジアラビアの米軍への依存を公に非難し、コーランは非イスラム教徒がアラビア半島に足を踏み入れることを禁じており、イスラム教の預言者ムハンマドが受け入れて引用した都市であるイスラム教の2つの最も神聖な神社であるメッカメディナを非難した。アッラーのメッセージは、イスラム教徒によってのみ擁護されるべきです。ビンラーディンはサウジアラビアのウラマーにアメリカ軍の配備を非難するファトワを発行するよう説得しようとしたが、上級聖職者は弾圧を恐れて拒否した。[121]ビンラーディンがサウジアラビアの君主制を批判したことで、彼らは彼を沈黙させようとした。米国第82空挺師団 サウジアラビア北東部の都市ダーランに上陸し、メディナからわずか400マイルの砂漠に配備されました。[13]

一方、1990年11月8日、FBIアルカイダの工作員アリモハメドの仲間であるエルサイードノセアのニュージャージー州の家を襲撃しまし彼らは、ニューヨーク市の高層ビルを爆破する計画を含む、テロ計画の豊富な証拠を発見しました。これは、イスラム諸国以外でアルカイダのテロ計画が最初に発見されたことを示しています。[122] Nosairは最終的に関連して有罪判決を受けた世界貿易センター爆破事件、以降ラビの殺害のための有罪を認めたメイル・カハネ1990年11月5日にニューヨーク市では。

スーダンに移動

1991年、ビンラーディンは、米国とのサウジ同盟を繰り返し批判した後、その政権によってサウジアラビアから追放されました。[115] [123]彼と彼の追随者たちは、最初にアフガニスタンに移り、1992年までにスーダンに移住した[115] [123]。これは、アリ・モハメドが仲介した取引である。[124]ビンラーディンの個人的なセキュリティの詳細は、彼が個人的に選択したボディーガードで構成されていた。彼らの兵器には、SA-7スティンガーミサイルAK-47RPGPK機関銃が含まれていました[125]一方、1992年3月から4月にかけて、ビンラーディンはエスカレートする中で鎮静化の役割を果たそうとした。アフガニスタンでの内戦カブールを自分で征服しようとするのではなく、軍閥グルブッディーン・ヘクマティアル連立政権を交渉する他のムジャヒディン指導者に加わるよう促した。[126]

米国の諜報機関は、スーダンのビンラーディンを監視し、工作員を使って毎日走り、彼の敷地内での活動を撮影し、諜報機関の安全な家信号使って監視し、彼の動きを記録しました。[127]

スーダンとアフガニスタンに戻る

スーダンでは、ビンラーディンがハルツームにムジャヒディン作戦の新しい拠点を設立しました。彼は裕福なアルリヤド地区のアルマシュタル通りにを購入し、ブルーナイルのそば隠れ家を購入しまし[128] [129]スーダン滞在中、彼はインフラ、農業、ビジネスに多額の投資を行った。彼はイギリスの会社のためのスーダンのエージェントだった狩猟調査[130]と、彼はアフガニスタンでの構築物の山のトラックに採用したのと同じブルドーザーを使用して構築された道路。彼の労働者の多くは、ソビエト連邦との戦争で彼の同志であったのと同じ戦闘機でした。彼は貧しい人々に寛大で、人々に人気がありました。[131] [132]彼はサウジアラビアのファハド王を批判し続けた。それに応えて、1994年にファハドはビンラーディンからサウジアラビアの市民権を剥奪し、家族に年間700万ドルの給付金を削減するよう説得した。[133] [134]

その時までに、ビンラーディンはアルカイダの中核を構成するエジプトのイスラムジハード(EIJ)とリンクされていました。1995年、EIJはエジプトのホスニームバラク大統領を暗殺しようとした試みは失敗し、スーダンはEIJを追放した。

米国国務省は、スーダンが国際テロのスポンサーである非難し、ビンラーディンがスーダンの砂漠でテロリストの訓練キャンプを運営していると非難した。しかし、スーダン当局者によると、イスラム教徒の政治指導者ハッサン・アル・トゥラビが自国で影響力を失ったため、このスタンスは時代遅れになりました。スーダン人は米国との関わりを望んでいたが、アメリカ当局はビンラーディンを追放した後も彼らとの会談を拒否した。国務省が米国の諜報当局にスーダンを訪問することを許可したのは2000年になってからでした。[130]

9/11委員会レポートの状態:

ビンラーディンがまだスーダンにいた1995年後半、国務省と中央情報局(CIA)は、スーダン当局がビンラーディンを追放する可能性についてサウジアラビア政府と話し合っていることを知りました。 CIAの準軍組織の将校ビリー・ウォーはスーダンのビンラーディンを追跡し、彼を逮捕するための作戦を準備したが、許可を拒否された。[135]米国大使のティモシー・カーニーはスーダン人にこのコースを追求するように勧めた。しかし、サウジアラビアはビンラーディンを望んでおらず、その理由として彼の市民権の取り消しを挙げた​​。スーダン国防相、ファティ・エルワは、スーダンがビンラーディンを米国に引き渡すことを申し出たと主張した。委員会は、これがそうであったという信頼できる証拠を発見しませんでした。カーニー大使は、スーダン人にビンラーディンを追放するように促すだけの指示を持っていた。カーニー大使は、当時、どの国でもビンラーディンに対して未解決の起訴状がなかったため、スーダン人にさらに多くを求める法的根拠はありませんでした。[136]

9/11委員会報告書はさらに次のように述べています。

1996年2月、スーダン当局者は、米国や他の政府の当局者に、彼らの行動が外国の圧力を和らげる可能性があるかどうかを尋ね始めた。サウジアラビア当局者との秘密の会合で、スーダンはビンラーディンをサウジアラビアに追放することを申し出、サウジアラビアに彼を許すように頼んだ。米国当局は、確かに3月までに、これらの秘密の議論に気づきました。サウジアラビア当局は、ビンラーディンがスーダンから追放されることを望んでいたようです。しかし、彼らはすでに彼の市民権を取り消しており、彼らの国での彼の存在を容認しませんでした。また、ビンラーディンは、エジプトまたはサウジアラビアの政権の仕事であると信じ、CIAによって支払われた少なくとも1回の暗殺未遂をすでに逃れていたスーダンでは、もはや安全であるとは感じていなかったかもしれません

サウジアラビア、エジプト、および米国からスーダンへの圧力が高まっているため、ビンラーディンは彼の選択した国に向けて出発することを許可されました。彼は1996年5月18日にチャーター便に乗ってアフガニスタンのジャララバードに戻ることを選びました。そこで彼は、ムラ・モハメッド・オマールと緊密な関係を築きました[137] [138] 9/11委員会によると、スーダンからの追放はビンラーディンと彼の組織を著しく弱体化させた。[139]一部のアフリカの諜報筋は、追放がビンラーディンをフルタイムの過激派になる以外の選択肢なしに残し、彼と一緒に去った300人のアフガニスタンアラブ人のほとんどがその後テロリストになったと主張している。[130]さまざまな情報源は、ビンラーディンがスーダンで2000万ドル[140]から3億ドル[141]失ったと報告している政府は彼の建設機械を押収し、ビンラーディンは彼の事業、土地、そして彼の馬さえも清算することを余儀なくされました。

1996年の宣戦布告と1998年のファトワ

1996年8月、ビンラーディンは米国に対する宣戦布告を行いました。[142] 1990年にジョージHWブッシュ大統領ファハド王に保証したにもかかわらず、イラクの脅威が処理された後、サウジアラビアに拠点を置くすべての米軍は撤退するだろうと、1996年までにアメリカ人はまだそこにいた。ブッシュ大統領は、サダム政権の残党(ブッシュ大統領が破壊しないことを選択した)に対処する必要性を引用した。ビンラーディンの見解は、「中東の「悪」は、アメリカがこの地域を乗っ取ろうとしたことと、イスラエルへの支援から生じた。サウジアラビアはアメリカの植民地に変わっていた」というものだった。[15]

1998年に彼は米国に対してファトワーを発行しました。これはロンドンを拠点とする新聞Al- QudsAl -Arabiに最初に掲載されました。それは「二つの聖地の土地を占領しているアメリカ人に対する宣戦布告」と題された。[143]サウジアラビアは、イスラム教で最も神聖な場所であるメッカとメディナにちなんで「2つの聖モスクの守護神の国」と呼ばれることもあります。ファトワでの占領への言及は、サザンウォッチ作戦として知られるイラクの空域を管理する目的でサウジアラビアに拠点を置く米軍に言及しました

アフガニスタンでは、ビンラーディンとアルカイダがソビエトのジハードの時代からドナーから、そしてパキスタンのISIから資金を集めて、ムジャヒディンの戦闘機のための訓練キャンプをさらに設立した。[144]ビンラーディンは、アラブ首長国連邦とパキスタンを通じてイスラム過激派、武器、現金、アヘンを運んアリアナアフガン航空を効果的に乗っ取り、ビンラーディンのテロリストネットワークのメンバーに誤った身分証明書を提供した。[145]武器密輸業者のビクトル・ボウトは、飛行機の維持と貨物の積み込みを行い、航空会社の運営を支援した。CIAのビンラーディンユニットの責任者であるマイケルシューアーは、アリアナがテロリストのタクシーサービスとして使用されていたと結論付けました。[146]

初期の攻撃と攻撃の支援

ビンラディンを含む最初の爆撃の攻撃は1992年12月29日の爆撃だったと考えられているゴールドMihorホテルアデン2人が死亡されました。[115]

パキスタンのジャーナリスト、ハミド・ミルが1997年にオサマビンラーディンにインタビューしました。背景にあるAKS-74Uは、スペツナズから捕獲されたため、ソビエトに対するムジャディンの勝利の象徴です

この爆撃の後、アルカイダは無実の人々を殺害する正当性を確立したと報告された。発行されたファトワによるマムドゥ・マフムード・サリム任意の無実の傍観者は、に行く、死で適切な報酬を見つけるために、敵の近くに立って、誰かの殺害は正当化されるJannah彼らは良いイスラム教徒だった場合(楽園)とのJahannam(地獄)場合彼らは悪いか非信者でした。[147]ファトワはアルカイダのメンバーに発行されたが、一般の人々には発行されなかった。

1990年代、ビンラーディンのアルカ​​イダはアルジェリア、エジプト、アフガニスタンでジハードを財政的に、時には軍事的に支援しました。 1992年または1993年に、ビンラーディンはイスラム主義者を支援し、政府との交渉ではなく戦争を促すために、40,000ドルの使者Qariel-Saidをアルジェリアに送った。彼らのアドバイスには注意が払われた。その後の戦争は15万〜20万人のアルジェリア人の死を引き起こし、イスラム教徒が政府に降伏したことで終わりました。 1996年1月、CIAは、ビンラーディンの活動を追跡および実行するために、コードネーム「アレックステーション」と呼ばれるビンラーディン発行ステーションと呼ばれるテロ対策センター(CTC)の新しいユニットを立ち上げました。ビンラディンイシューステーションはマイケルシューアーが率いていました、CTCのイスラム過激派支部のベテラン。[148]

1990年代後半の攻撃

ビンラーディンは1997年11月17日のルクソール虐殺資金を提供し[149] [150] [151]、62人の民間人を殺害し、エジプト国民を憤慨させたと主張されている1997年半ば、北部同盟はジャララバードを制圧すると脅迫し、ビンラーディンはナジムジハードの化合物を放棄し、南部のタルナック農場事業を移した[152]

別の成功した攻撃は、アフガニスタンのマザリシャリフ市で行われました。ビンラーディンは、数百人のアフガニスタンのアラブ戦闘機を派遣してタリバンとの同盟関係を強化し、タリバンが都市を制圧した5〜6千人のハザーラ人を殺害するのを支援した[153]

1998年2月、オサマビンラーディンとアイマンアルザワーヒリは、ユダヤ人と十字軍に対するジハードの世界イスラム戦線の名の下にファトワ共同署名し、北米人とその同盟国の殺害を「すべてのイスラム教徒の個人的義務」と宣言しました。アルアクサモスクエルサレム)と聖なるモスク(メッカ)を彼らの支配から解放すること[154] [155]公の発表で、ファトワ・ビンラーディンは北アメリカ人が「非常に簡単な標的」であると発表した。彼は出席したジャーナリストに、「あなたはこれの結果を非常に短い時間で見るでしょう」と言いました。[156]

ビンラディンとアル・ザワヒリは6月24日、1998年にアルカイダ会議を組織し、[157] 1998年米国大使館爆破事件は、 1998年8月7日に発生した一連の攻撃があったが、その中で何百人もの人々が一斉に殺されたトラック爆弾アメリカで爆発大使館の主要な東アフリカの都市でダルエスサラームタンザニア、およびナイロビ、ケニア。[158]攻撃はエジプトのイスラムジハード団の地元のメンバーに関連しており、オサマ・ビンラーディンとアイマン・ザワーヒリを初めて米国国民の注意を引いた。アルカイダは後に爆撃の責任を主張した。[158]

大使館爆破事件への報復として、ビル・クリントン大統領1998年8月20日にスーダンとアフガニスタンのビンラーディン関連の標的に対する一連の巡航ミサイル攻撃命じた[158] 1998年12月、中央情報テロ対策センター長は大統領に報告した。アルカイダがアメリカ合衆国での攻撃に備えていたクリントン。これには、航空機を乗っ取るための要員の訓練も含まれます。[159] 1999年6月7日、米国連邦捜査局はビンラーディンを最重要指名手配10人のリストに載せた。[160]

2000年の終わりに、リチャードクラークは、ビンラーディンが率いるイスラム過激派が2000年1月3日にトリプル攻撃を計画していたことを明らかにしました。これにはアンマンのラディソンSASホテルのヨルダンでの爆撃、ネボ山の観光客、およびサイトが含まれます。上のヨルダン川だけでなく、駆逐艦の沈没USS ザ・サリバンズイエメンでは、米国内のターゲットへの攻撃。計画は、ヨルダンのテロリストの独房の逮捕、駆逐艦を標的とする爆発物で満たされたスキフの沈没、およびアーメド・レッサムの逮捕によって失敗しました[161]

ユーゴスラビア戦争

2001年10月の元米国務省当局者は、ボスニア・ヘルツェゴビナをテロリストにとって安全な避難所である説明し、元サラエボ政府の過激派が過激派を保護していると主張しました。[162] 1997年、ポーランド最大の日刊紙の1つであるRzeczpospolitaは、北欧-ポーランドSFOR旅団の諜報機関が、イスラム諸国からのテロリストを訓練するセンターがボスニアのMaglaj近くのBocinaDonja村にあると疑ったと報告した。ヘルツェゴビナ。 1992年、何百人ものボランティアが、病院と礼拝堂のある廃墟となった丘の中腹の工場にあるエルムジャヒドと呼ばれるムジャヒディーンのユニットに加わりました。

中東の諜報機関の報告によると、ビンラーディンはスーダンでの事業を通じてアラブ世界からの新兵の小さな船団に資金を提供した。その中には、米国で爆撃を企てたとして告発されたアルジェリア人のグループの文書偽造者として当局によって特定されたカリム・サイード・アトマニがいた。[163]彼は、1999年12月中旬にニトログリセリンと爆弾製造材料でいっぱいの車でカナダと米国の国境逮捕されたアハメド・レッサムの元ルームメイトである。[164] [165]彼は、フランスの裁判所によってオサマ・ビンラーディンと共謀した罪で有罪判決を受けた。[166]

ボスニア政府によるパスポートと居住記録の調査は、米国の要請で行われ、同じアルジェリアのグループまたはテロ容疑者の他のグループにリンクされ、100 km(60マイル)の地域に住んでいた他の元ムジャヒディンを明らかにしました)過去数年間、首都サラエボの北。Khalil al-Deekは、観光地を爆破する計画に関与した疑いで、1999年12月下旬にヨルダンで逮捕されました。ボスニア市民権を持つ2人目の男性、ハミド・アイヒは、アトマニと同時にカナダに住み、オサマ・ビンラーディンに関連する慈善団体で働いていました。 1997年6月26日、ニューヨークタイムズのサウジアラビアのリヤドにあるアルコバールビルの爆撃に関する報告逮捕された人々はボスニアのイスラム教徒軍に仕えることを自白したと述べた。さらに、捕らえられた男性はまた、オサマ・ビンラーディンとの関係を認めた。[167] [168] [検証が必要]

1999年、マスコミは、ビンラーディンと彼のチュニジアの助手であるMehrez Aodouniが、1993年にサラエボの政府から市民権とボスニアのパスポートを付与されたと報じました。ボスニア政府は9月11日の攻撃を受けてこの情報を否定しましたが、後にアオドウニがトルコで逮捕され、当時ボスニアのパスポートを所持していたことが判明しました。この啓示に続いて、ビンラーディンは自分のボスニアパスポートを個人的に収集しておらず、パスポートを発行したウィーンのボスニア大使館の職員は、ビンラーディンが当時誰であったかを知ることができなかったという新しい説明が与えられました。[167] [168] [検証が必要]

2001年に発表されたボスニアの日刊紙オスロボジェニエは、ビンラーディンと関係があると思われる3人の男性が2001年7月にサラエボで逮捕されました。同紙は、容疑者のうち2人がボスニアのパスポートを所持していたと述べた。[要出典]

SHISHのヘッドFatosKlosiは、オサマが人道組織を装っコソボ戦争に参加するためアルバニアでテロネットワークを運営しており、1994年に開始されたと報告されたと述べた。メンバーであったClaudeKaderは証言した。彼の裁判中のその存在。[169] 1998年までに、エジプトのイスラムジハード(EIJ)の4人のメンバーがアルバニアで逮捕され、エジプトに引き渡された。[170]ムジャヒディンの戦闘機は、彼とザウィヒリと同盟した西ヨーロッパのイスラム指導者によって組織された。[171]

旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所での裁判中に、セルビアの元大統領スロボダン・ミロシェビッチは、ビンラーディンのアルカ​​イダがバルカン半島に存在し、コソボ解放軍を支援したとされるFBIの報告から引用した。彼は、ビンラーディンがこの地域とヨーロッパでの暴力の出発点としてアルバニアを使用したと主張した。彼は、KLAがアルカイダによって支援されていることをリチャードホルブルックに知らせたと主張したが1998年の米国大使館爆破事件にもかかわらず、米国はKLAに協力し、したがって間接的にオサマに協力することを決定した。ミロシェビッチは、米国がテロリストを支援したと主張し、1999年の支援で最高潮に達した。コソボ戦争中のユーゴスラビアのNATO爆撃[172] [173] [174] [175]

9月11日の攻撃

は塔を攻撃することが私たちの心を越えなかったことを知っていますが、状況が耐えられなくなった後、そして私たちはパレスチナとレバノンの人々に対するアメリカとイスラエルの同盟の不正と専制政治を目撃しました。私はそれについて考えました。そして、私に直接影響を与えた出来事は、1982年の出来事とその後の出来事でした。アメリカがイスラエル人にレバノンへの侵攻を許可したとき、アメリカの第6艦隊の助けを借りましたレバノン破壊された塔を見いると、同じように不当な罰を与えることになりました。アメリカの塔を破壊して、私たちが味わっているものの一部を味わい、子供や女性を殺すことをやめさせることです。

— オサマ・ビンラーディン、2004年[176]
ユナイテッド航空175便がサウスタワーに墜落

彼の最初の拒否、後に[177] [178] [179]の攻撃をきっかけに、ビンラディンは、どのような米国が今日味わっていることは、我々は何十年も味わってきたものに比べて何もありません」、発表しました。私たちのウンマはこの屈辱を知っていましたその息子たちは殺され、その血はこぼれ、その聖地は攻撃され、そしてそれはアッラーの命令に従って統治されていません。それにもかかわらず、誰も気にしません。」[180]攻撃に応じて、米国は対テロ戦争を開始し、アフガニスタンのタリバン政権を解任し、アルカイダの工作員を捕らえ、いくつかの国は将来の攻撃を排除するためにテロ対策法を強化した。 CIAの特別活動部門ビンラーディンを追跡し、殺害または捕獲することにおいて主導権を与えられた。[181] 連邦捜査局は、アルカイダとビンラーディンを9月11日の攻撃に結び付ける分類された[182]証拠は明確で反駁できないと述べた。[183]英国政府は、9月11日の攻撃に対するアルカイダとオサマビンラーディンの責任に関して同様の結論に達したが、政府の報告は、提示された証拠が必ずしも事件を起訴するのに十分ではないと述べた。[184]

ビンラーディンは当初、攻撃への関与を否定した。2001年9月16日、ビンラーディンは後にカタールのアルジャジーラ衛星チャンネルによって放送された攻撃の責任を否定する声明を読みました[185] 2001年11月にジャララバードで米軍によって回収されたビデオテープで、ビンラーディンが予知を示す方法でハレドアルハルビとの攻撃について話し合っているのが見られた[186]テープは、2001年12月13日にさまざまなニュースネットワークで放送されました。この翻訳のメリットについては異議が唱えられています。アラビア人のアブデル・エル・M・フセイニ博士は、「この翻訳は非常に問題がある。ビンラーディンの罪を証明するために開催される最も重要な場所では、アラビア語と同じではない」と述べた。[187]

ビンラーディンの2001年のビデオ

2004ビデオ、ビンラディンは、過去の発言を後退させることなく、彼の否定を放棄しました。その中で彼は、19人のハイジャック犯を個人的に指揮したと述べた。[188] [189]アメリカ大統領選挙の4日前にアルジャジーラで再生された18分間のテープで、ビンラーディンは9月11日の飛行機ハイジャックジョージWブッシュ米国大統領を怠慢だと非難した[188] ]テープによると、ビンラーディンは、1982年のレバノン戦争中にイスラエルがレバノンの塔を破壊したのを見た後、世界貿易センターを破壊するように促されたと主張した。[190]

2006年にアルジャジーラによって放映された他の2本のテープを通じて、オサマビンラーディンは「私は19人の兄弟を担当している。...私は19人の兄弟に...襲撃を委託する責任があった」と発表した(5月23日、 2006)。[191]テープでは、ラムジー・ビン・アル・シブと、9.11ハイジャック犯の2人、ハムザ・アル・ガムディワイル・アル・シェリが攻撃の準備をしているところを目撃された(9月7日放送のビデオテープ) 、2006)。[192] 9月11日の攻撃の特定された動機には、米国によるイスラエル支援、サウジアラビア王国における米軍の存在、および米国によるイラクに対する制裁

刑事責任

1998年3月16日、リビアはビンラーディンと他の3人に対して最初の公式インターポール 逮捕状を発行しました彼らは、1994年3月10日、ドイツ国内諜報機関である連邦憲法擁護庁の代理人であるシルバン・ベッカーとリビアの妻ベラを殺害した罪で起訴された[82] [193]ビン・ラディン彼の死の時にまだリビア政府によって望まれていました[194] [195]オサマ・ビンラーディンは大陪審によって最初に起訴された1998年6月8日、米国の防衛ユーティリティを攻撃する陰謀の容疑で米国の議員と検察官はさらに、ビンラーディンがアルカイダと呼ばれるテロ組織の長であり、彼が世界中のイスラム戦闘機。[196]で1998年11月4日、オサマ・ビンラディンがで起訴された米連邦大陪審ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所の電荷に、殺人米国民に米国、陰謀外米国民の殺人アメリカ合衆国外、および死に至る連邦施設への攻撃[197]1998年のケニアとタンザニアでの米国大使館爆破事件での彼の主張された役割に対して。ビンラーディンに対する証拠には、元アルカイダのメンバーによる法廷での証言と、米国のアルカイダ調達エージェントであるズィヤードカリール彼のために購入した電話からの衛星電話の記録が含まれていました[198] [199]しかしながら、タリバーンは、起訴状に公表された証拠が不十分であり、非イスラム教徒の裁判所がイスラム教徒を裁判にかける立場に欠けているという理由で、ビンラーディンを引き渡さないことを決定した。[200]

ビンラディンはなった列挙された456人の彼はのために他の人と一緒に彼の起訴後、1999年6月7日に添加した場合、fbi10大最重要指名手配リストに資本犯罪1998大使館攻撃インチ2001年10月のアフガニスタン爆撃の前に、暗殺の試みとビンラーディンのアフガニスタンからの引き渡しの要求は失敗に終わった。[201] 1999年、ビル・クリントン米国大統領は国連にアフガニスタンに対する制裁を課すよう説得した。タリバンに彼を引き渡すように強制しようとします。[202]

2001年10月10日、ビンラーディンは、9月11日の攻撃に直接対応して、米国大統領ジョージW.ブッシュによって一般に公開されたトップ22のFBI最重要指名手配テロリストの最初のリストにも登場しました。 、しかしこれも1998年の大使館攻撃の起訴に基づいていた。ビンラーディンは、1998年の大使館爆破事件について質問した後のリストに、逃亡した13人のテロリストのグループの1人でした。ビンラーディンは、FBIの両方の逃亡者リストに掲載された唯一の逃亡者であり続けています。

上記の複数の起訴と複数の要求にもかかわらず、タリバーンはオサマ・ビンラーディンを引き渡すことを拒否した。しかし、9月11日の攻撃へのオサマビンラーディンの関与の証拠が提供された場合、彼らはイスラム法廷で彼を試すことを申し出た。 2001年10月にアフガニスタンの爆撃が始まってから8日後、タリバンは最終的に、米国が爆撃を終わらせる見返りに、オサマ・ビンラーディンを裁判のために第三者国に引き渡すことを申し出た。この申し出はブッシュ大統領によって拒否され、これはもはや交渉可能ではないと述べ、ブッシュは「無実や有罪について議論する必要はない。彼が有罪であることを知っている」と答えた。[203]

2011年6月15日、アメリカ合衆国の連邦検察官は、5月のオサマ・ビンラーディンの死後、オサマ・ビンラーディンに対するすべての刑事告発を公式に取り下げました。[204]

米国による追跡

アフガニスタンで使用されている米国のプロパガンダリーフレット、ビンラーディンとアイマンアルザワヒリ

クリントン政権

オサマ・ビンラーディンを捕まえることは、ビル・クリントン政権以来、米国政府の目的でした[205] 9月11日の攻撃の直後に、クリントン大統領がビンラーディンを逮捕し、1998年の米国の後に裁判にかけるために彼を米国に連れて行くことをCIA(そして特に彼らのエリート特別活動部門)に許可する指令に署名したことが明らかになった。アフリカの大使館爆破事件。ビンラーディンを生きたままにすることが不可能であると見なされた場合、致命的な力が承認されました。[206] 1998年8月20日、アラビア海で米海軍の艦艇が発射した66基の巡航ミサイルが、ホスト近くのビンラーディンの訓練キャンプを攻撃した。アフガニスタンでは、数時間で彼がいなくなった。[207] 1999年、CIAはパキスタンの軍事諜報機関とともに、アフガニスタンに潜入してビンラーディンを捕まえたり殺したりするために約60人のパキスタンコマンドのチームを準備したが、計画は1999年のパキスタンクーデターによって中止され[207] 2000年、CIAに代わって活動している外国の工作員は、ビンラーディンがアフガニスタンの山々を通過していた車両の護送船団にロケット推進グレネード発射し、ビンを搭載した車両ではなく、車両の1つに衝突した。荷物を積んでいた。[206]

2000年、9月11日の攻撃の前に、ポール・ブレマークリントン政権をビンラーディンに正しく焦点を合わせていると特徴づけ、ロバート・オークリーはオサマへの執着を批判しました。[161]

ブッシュ政権

2001年11月にビンラーディンを捜索している間、アフガニスタンの民間人を装ったデルタフォースの地理情報システム
ビンラーディンは、トラボラ戦での米国の攻撃の前に、アフガニスタンのホワイトマウンテンにいました。

9月11日の同時多発テロの直後、米国政府当局者はビンラーディンとアルカイダ組織を主な容疑者として指名し、彼の逮捕または死亡につながる情報に対して2,500万ドルの報奨金を提供しました。[29] [208] 2007年7月13日、上院は報酬を2倍の5,000万ドルに投票したが、金額は変更されなかった。[209]ザ・エアラインパイロット協会航空輸送協会は、追加の$ 2百万の報酬を提供しました。[210]

ビンラーディンはパキスタン国境近くのアフガニスタン東部ホワイトマウンテン(スピンガー)隠れていると信じられていた[211] [212]ワシントンポスト紙によると、米国政府は、トラボラ戦中にオサマビンラーディンが存在したと結論付けた。、2001年後半のアフガニスタン、そして直接の知識を持つ民間および軍の当局者によると、彼を狩るのに十分な米陸軍をコミットするための米国による失敗は彼の脱出につながり、アルカイダ。諜報当局は、ビンラーディンがアフガニスタンの山岳東部国境沿いの洞窟群内でトラボラ戦を開始したという、現代およびその後の尋問と傍受された通信から、決定的な証拠であると信じているものを集めました。[213]

ワシントンポスト紙はまた、ビンラーディンの捕獲に専念する特殊作戦準軍組織で構成されるCIAユニットが2005年後半に閉鎖されたと報告した。[214]

米軍とアフガニスタン軍は、2007年8月14日から16日まで、トラボラの山の洞窟を襲撃しました。アルカイダのメンバーが開催したラマダン前の会議の情報を受け取った後、軍はこの地域に引き寄せられました数十人のアルカイダとタリバンのメンバーを殺害した後、彼らはオサマ・ビンラーディンもアイマン・ザワーヒリも見つけられなかった。[215]

オバマ政権

オバマ政権のメンバーがビンラーディンを殺害した任務を追跡するホワイトハウスシチュエーションルーム

2008年10月7日、外交政策に関する第2回大統領討論会で、当時の大統領候補バラク・オバマは「ビンラーディンを殺害する。アルカイダを粉砕する。それが私たちの国家安全保障上の最大の優先事項でなければならない」と誓約した。[216]選出されると、オバマ大統領は、テロリストの捜索を急ぐために彼の国家安全保障顧問によると、アルカイダの指導者オサマ・ビンラーディンを見つけるという米国のコミットメントを更新する計画を表明した。[216]オバマ大統領は、アルカイダからハマス、ヒズボラまでのすべてのテロの脅威を混同し、アルカイダとそのスポーンに秘密のレーザーのような焦点を当てるというブッシュ政権のビンラーディン政策を拒否した。[217] [218]

US Secretary of Defense Robert Gates said in December 2009 that officials had had no reliable information on bin Laden's whereabouts for years. One week later, General Stanley McChrystal, the top US commander in Afghanistan said in December 2009 that al-Qaeda would not be defeated unless its leader, Osama bin Laden, were captured or killed. Testifying to the US Congress, he said that bin Laden had become an iconic figure, whose survival emboldens al-Qaeda as a franchising organization across the world, and that Obama's deployment of 30,000 extra troops to Afghanistan meant that success would be possible. "I don't think that we can finally defeat al-Qaeda until he's captured or killed", McChrystal said of bin Laden. According to him, killing or capturing bin Laden would not spell the end of al-Qaeda, but the movement could not be eradicated while he remained at large.[219]

In April 2011, President Obama ordered a covert operation to kill or capture bin Laden. On May 2, 2011, the White House announced that SEAL Team Six had successfully carried out the operation, killing him in his Abbottabad compound in Pakistan.[220]

Activities and whereabouts after the September 11 attacks

While referring to Osama bin Laden in a CNN film clip on September 17, 2001, then-President George W. Bush stated, "I want justice. There is an old poster out west, as I recall, that said, 'Wanted: Dead or alive'".[221] Subsequently, bin Laden retreated further from public contact to avoid capture. Numerous speculative press reports were issued about his whereabouts or even death; some placed bin Laden in different locations during overlapping time periods. None were ever definitively proven. After military offensives in Afghanistan failed to uncover his whereabouts, Pakistan was regularly identified as his suspected hiding place. Some of the conflicting reports regarding bin Laden's whereabouts and mistaken claims about his death follow:

  • On December 11, 2005, a letter from Atiyah Abd al-Rahman to Abu Musab al-Zarqawi indicated that bin Laden and the al-Qaeda leadership were based in the Waziristan region of Pakistan at the time. In the letter, translated by the United States military's Combating Terrorism Center at West Point, Atiyah instructs Zarqawi to send messengers to Waziristan so that they meet with the brothers of the leadership. Al-Rahman also indicates that bin Laden and al-Qaeda are weak and have many of their own problems. The letter has been deemed authentic by military and counterterrorism officials, according to The Washington Post.[222][223]
  • Al-Qaeda continued to release time-sensitive and professionally verified videos demonstrating bin Laden's continued survival, including in August 2007.[224] Bin Laden claimed sole responsibility for the September 11 attacks and specifically denied any prior knowledge of them by the Taliban or the Afghan people.[225]
  • In 2009, a research team led by Thomas W. Gillespie and John A. Agnew of UCLA used satellite-aided geographical analysis to pinpoint three compounds in Parachinar as bin Laden's likely hideouts.[226]
  • In March 2009, the New York Daily News reported that the hunt for bin Laden had centered in the Chitral District of Pakistan, including the Kalam Valley. Author Rohan Gunaratna stated that captured al-Qaeda leaders had confirmed that bin Laden was hiding in Chitral.[227]
  • In the first week of December 2009, a Taliban detainee in Pakistan said he had information that bin Laden was in Afghanistan in 2009. The detainee reported that in January or February (2009) he met a trusted contact who had seen bin Laden in Afghanistan about 15 to 20 days earlier. However, on December 6, 2009, US Secretary of Defense Robert Gates stated that the United States had had no reliable information on the whereabouts of bin Laden in years.[228] Pakistan's Prime Minister Gillani rejected claims that Osama bin Laden was hiding in Pakistan.[229]
  • On December 9, 2009, BBC News reported that US Army General Stanley A. McChrystal (Commander of US and ISAF forces in Afghanistan from June 15, 2009 to June 23, 2010) emphasized the continued importance of the capture or killing of bin Laden, thus indicating that the US high command believed that bin Laden was still alive.[230]
  • On February 2, 2010, Afghan president Hamid Karzai arrived in Saudi Arabia for an official visit. The agenda included a discussion of a possible Saudi role in Karzai's plan to reintegrate Taliban militants. During the visit, an anonymous official of the Saudi Foreign Affairs Ministry declared that the kingdom had no intention of getting involved in peacemaking in Afghanistan unless the Taliban severed ties with extremists and expelled Osama bin Laden.[231]
  • On June 7, 2010, the Kuwaiti newspaper Al-Seyassah reported that bin Laden was hiding out in the mountainous town of Sabzevar, in northeastern Iran.[232] On June 9, The Australian News' online edition repeated the claim.[233] This report turned out to be false.
  • On October 18, 2010, an unnamed NATO official suggested that bin Laden was alive, well, and living comfortably in Pakistan, protected by elements of the country's intelligence services. A senior Pakistani official denied the allegations and said that the accusations were designed to put pressure on the Pakistani government ahead of talks aimed at strengthening ties between Pakistan and the United States.[234]

On March 29, 2012, Pakistani newspaper Dawn acquired a report produced by Pakistani security officials, based on interrogation of his three surviving wives, that detailed his movements while living underground in Pakistan.[235]

In a 2010 letter, bin Laden chastised followers who had reinterpreted al-tatarrus—an Islamic doctrine meant to excuse the unintended killing of non-combatants in unusual circumstances—to justify routine massacres of Muslim civilians, which had turned Muslims against the extremist movement. Of the groups affiliated with al-Qaeda, Bin Laden condemned Tehrik-i-Taliban Pakistan for an attack on members of a hostile tribe, declaring that the operation is not justified, as there were casualties of noncombatants. Bin Laden wrote that the tatarrus doctrine needs to be revisited based on the modern-day context and clear boundaries established. He asked a subordinate to draw up a jihadist code of conduct that would constrain military operations in order to avoid civilian casualties. In Yemen, Bin Laden urged his allies to seek a truce that would bring the country stability or would at least show the people that we are careful in keeping the Muslims safe on the basis of peace. In Somalia, he called attention to the extreme poverty caused by constant warfare, and he advised al-Shabab to pursue economic development. He instructed his followers around the world to focus on education and persuasion rather than entering into confrontations with Islamic political parties.[236]

Whereabouts just before his death

In April 2011, various US intelligence outlets were able to pinpoint Bin Laden's suspected location near Abbottabad, Pakistan. It was previously believed that bin Laden was hiding near the border between Afghanistan and Pakistan's Federally Administered Tribal Areas, but he was found 160 km (100 mi) away in a three-story windowless mansion in Abbottabad at 34°10′9.51″N 73°14′32.78″E / 34.1693083°N 73.2424389°E / 34.1693083; 73.2424389.[237][238][239] Bin Laden's mansion was located 1.3 km (0.8 mi) southwest of the Pakistan Military Academy.[240][241][242][243] Google Earth maps show that the compound was not present in 2001, but it was present in images taken in 2005.[244]

Death and aftermath

Website of the Federal Bureau of Investigation listing bin Laden as deceased on the Most Wanted List on May 3, 2011

Osama bin Laden was killed in Abbottabad, Pakistan, on May 2, 2011, shortly after 1:00 AM local time (4:00 PM eastern time)[note 1][245][246] by a United States military special operations unit.

The operation, code-named Operation Neptune Spear, was ordered by United States President Barack Obama and carried out in a US Central Intelligence Agency (CIA) operation by a team of United States Navy SEALs from the United States Naval Special Warfare Development Group (also known as DEVGRU or informally by its former name, SEAL Team Six) of the Joint Special Operations Command,[247] with support from CIA operatives on the ground.[248][249] The raid on bin Laden's compound in Abbottabad was launched from Afghanistan.[250] After the raid, reports at the time stated that US forces had taken bin Laden's body to Afghanistan for positive identification, then buried it at sea, in accordance with Islamic law, within 24 hours of his death.[251] Subsequent reporting has called this account into question—citing, for example, the absence of evidence that there was an imam on board the USS Carl Vinson, where the burial was said to have taken place.[252]

Pakistani authorities later demolished the compound in February 2012[253] to prevent it from becoming a neo-Islamist shrine.[254][255][256][257][258][259][excessive citations] In February 2013, Pakistan announced plans to build a ₨265 million PKR ($30 million USD) amusement park in the area, including the property of the former hideout.[260]

In an interview in 2019, Pakistani prime minister Imran Khan claimed that Pakistani intelligence led the CIA to Osama bin Laden.[261][262][263][264][265][266][267]

Allegations of Pakistan-support protection of bin Laden

Bin Laden was killed within the fortified complex of buildings that were probably built for him,[268] and had reportedly been his home for at least five years.[269][270] The compound was located less than a mile from Pakistan Military Academy and less than 100 kilometers' drive from Pakistan's capital.[248][271] While the United States and Pakistan governments both claimed, and later maintained, that no Pakistani officials, including senior military leaders, knew bin Laden's whereabouts or had prior knowledge of the US strike,[272][273] Carlotta Gall, writing in The New York Times Magazine in 2014, reported that ISI Director General Ahmad Shuja Pasha knew of bin Laden's presence in Abbottabad.[274] In a 2015 London Review of Books article, investigative reporter Seymour M. Hersh asserted—citing US sources—that bin Laden had been a prisoner of the ISI at the Abbottabad compound since 2006; that Pasha knew of the US mission in advance, and authorized the helicopters delivering the SEALs to enter Pakistani airspace; and that the CIA learned of bin Laden's whereabouts from a former senior Pakistani intelligence officer, who was paid an estimated $25 million for the information.[252] Both stories were denied by US and Pakistani officials.

Mosharraf Zia, a leading Pakistani columnist, stated, "It seems deeply improbable that bin Laden could have been where he was killed without the knowledge of some parts of the Pakistani state."[275] Pakistan's United States envoy, Ambassador Husain Haqqani, promised a "full inquiry" into how Pakistani intelligence services could have failed to find bin Laden in a fortified compound so close to Islamabad. "Obviously bin Laden did have a support system", he said. "The issue is, was that support system within the government and the state of Pakistan, or within the society of Pakistan?"[276]

Others argued that bin Laden lived in the compound with a local family, and never used the internet or a mobile phone, which would have made him much easier to locate.[277] Pakistan's president Asif Ali Zardari denied that his country's security forces sheltered bin Laden, and called any supposed support for bin Laden by the Pakistani government baseless speculation.[278][279] Government officials said that the country's limited resources had been committed to its war against the Pakistan Taliban, and other insurgents who posed an active threat to it, rather than to finding or sheltering bin Laden.[280]

See also

Notes

  1. ^ Depending on the time zone, the date of his death may be different locally.

References

  1. ^ a b c d Davies, William D.; Dubinsky, Stanley (2018). Language Conflict and Language Rights: Ethnolinguistic Perspectives on Human Conflict. Cambridge University Press. p. 74. ISBN 978-1-107-02209-6.
  2. ^ Fair, C. Christine; Watson, Sarah J. (February 18, 2015). Pakistan's Enduring Challenges. University of Pennsylvania Press. p. 246. ISBN 978-0-8122-4690-2. Archived from the original on January 31, 2016. Osama bin Laden was a hard-core Salafi who openly espoused violence against the United States in order to achieve Salafi goals.
  3. ^ Brown, Amy Benson; Poremski, Karen M. (December 18, 2014). Roads to Reconciliation: Conflict and Dialogue in the Twenty-first Century. Routledge. p. 81. ISBN 978-1-317-46076-3. Archived from the original on January 31, 2016.
  4. ^ Osama Bin Laden (2007) Suzanne J. Murdico
  5. ^ Armstrong, Karen (July 11, 2005). "The label of Catholic terror was never used about the IRA". The Guardian. Archived from the original on December 26, 2016.
  6. ^ "Usama BIN LADEN". FBI.gov. Archived from the original on May 26, 2016. Retrieved October 5, 2015.
  7. ^ The common transliteration is based on Afghan Persian; according to standard Arabic pronunciation, his name would be rendered in English as Usamah bin Muhammad bin Awad bin Ladin.
  8. ^ "Usama Bin Laden". Rewards for Justice. December 29, 2006. Archived from the original on December 29, 2006.
  9. ^ "FBI – USAMA BIN LADEN". September 25, 2012. Archived from the original on September 25, 2012.
  10. ^ Scheuer, Michael (February 7, 2008). "Yemen still close to al Qaeda's heart". Asia Times Online. Archived from the original on July 2, 2016. Retrieved May 6, 2011.CS1 maint: unfit URL (link)
  11. ^ Strozier, Charles B.; Offer, Daniel; Abdyli, Oliger (May 24, 2011). The Leader: Psychological Essays. Springer Science & Business Media. ISBN 978-1-4419-8387-9.
  12. ^ Scheuer, Michael (February 17, 2011). Osama Bin Laden. Oxford University Press, USA. ISBN 978-0-19-973866-3.
  13. ^ a b c d Fisk, Robert (2005). The Great War for Civilisation. p. 4.
  14. ^ United States v. Usama bin Laden et al., S (7) 98 Cr. 1023, Testimony of Jamal Ahmed Mohamed al-Fadl (SDNY February 6, 2001).
  15. ^ a b Fisk, Robert (2005). The Great War for Civilisation. p. 22.
  16. ^ "FBI Ten Most Wanted Fugitives". FBI.gov. Archived from the original on January 3, 2008. Retrieved May 26, 2010.
  17. ^ Eggen, Dan (August 28, 2006). "Bin Laden, Most Wanted For Embassy Bombings?". The Washington Post. Archived from the original on January 15, 2010. Retrieved May 26, 2010.
  18. ^ "'Most wanted terrorists' list released". CNN. October 10, 2001. Archived from the original on April 10, 2005. Retrieved March 2, 2018.
  19. ^ "Fbi – Usama Bin Laden". Fbi.gov. August 7, 1998. Archived from the original on May 15, 2011. Retrieved May 15, 2011.
  20. ^ "Ten Most Wanted Fugitives 401 to 500". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on November 1, 2019. Retrieved October 10, 2019.
  21. ^ "The Navy SEAL Who Shot Bin Laden Is: Rob O'Neill From Butte Montana". Soldier of Fortune Magazine. November 6, 2014. Archived from the original on December 3, 2014. Retrieved July 8, 2015.
  22. ^ "USS Carl Vinson: Osama Bin Laden's Burial at Sea". USA: ABC News. May 1, 2011. Archived from the original on May 4, 2011. Retrieved May 1, 2011.
  23. ^ "Death of Osama bin Ladin". Pakistani Ministry of Foreign Affairs. May 1, 2011. Archived from the original on May 4, 2011. Retrieved January 9, 2012.
  24. ^ Baker, Peter; Cooper, Helene; Mazzetti, Mark (May 1, 2011). "Bin Laden Dead, US Officials Say". The New York Times. Archived from the original on May 5, 2011.
  25. ^ Maqbool, Aleem (May 1, 2011). "Osama Bin Laden, al Qaeda leader, dead – Barack Obama". BBC News. Archived from the original on February 4, 2015. Retrieved January 12, 2015.
  26. ^ Whitaker, Brian. "Arabic words and the Roman alphabet". Al-Bab.com. Archived from the original on April 25, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  27. ^ "Lādin Ali al-Qatani". Archived from the original on November 16, 2016.
  28. ^ bin Laden, Najwa; bin Laden, Omar; Sasson, Jean (2009). Growing up Bin Laden: Osama's Wife and Son Take Us Inside Their Secret World. New York: St. Martin's Press. p. 301. ISBN 978-0-312-56016-4. Archived from the original on April 7, 2015.
  29. ^ a b "Most Wanted Terrorist – Usama Bin Laden". FBI. Archived from the original on March 10, 2006. Retrieved May 26, 2010.
  30. ^ "Meaning of Usama". English–Arabic Almaany Dictionary. 2011. Archived from the original on September 3, 2011. Retrieved May 9, 2011.
  31. ^ Warrick, Joby (September 8, 2007). "In a New Video, Bin Laden Predicts U.S. Failure in Iraq". The Washington Post. Archived from the original on February 24, 2011. Retrieved May 26, 2010.
  32. ^ "Frontline: Hunting Bin Laden: Who is Bin Laden?: Chronology". PBS. Archived from the original on February 10, 2006. Retrieved May 26, 2010.
  33. ^ Johnson, David. "Osama bin Laden". infoplease. Archived from the original on January 20, 2008. Retrieved May 26, 2010.
  34. ^ a b c Coll, Steve (December 12, 2005). "Letter From Jedda: Young Osama- How he learned radicalism, and may have seen America". The New Yorker. Archived from the original on January 17, 2010. Retrieved May 26, 2010.
  35. ^ "Osama bin Laden". GlobalSecurity.org. January 11, 2006. Archived from the original on March 29, 2010. Retrieved May 26, 2010.
  36. ^ "The Mysterious Death of Osama Bin Laden". August 3, 2011. Archived from the original on April 25, 2012. Retrieved November 4, 2011.
  37. ^ "Osama bin Laden Archived May 20, 2011, at the Wayback Machine", The Economist, May 5, 2011, p. 93.
  38. ^ Beyer, Lisa (September 24, 2001). "The Most Wanted Man in the World". Time. Archived from the original on September 16, 2001. Retrieved May 26, 2010.
  39. ^ Bergen 2006, p. 52
  40. ^ Messages to the World: The Statements of Osama bin Laden, Verso, 2005, p. xii.
  41. ^ Encyclopedia of World Biography Supplement, 22, Gale Group, 2002, archived from the original on May 18, 2008
  42. ^ "A Biography of Osama Bin Laden". PBS Frontline. Archived from the original on March 29, 2010. Retrieved May 26, 2010.
  43. ^ "Bin Laden's Oxford days". BBC News. October 12, 2001. Archived from the original on September 4, 2017. in, Burke, Jason; Kareem, Shaheen. "This article is more than 2 years old Bin Laden's disdain for the west grew in Shakespeare's birthplace, journal shows". The Guardian 1 November 2017 20.50 GMT. Guardian News & Media Limited. Archived from the original on November 2, 2017. Retrieved March 9, 2020.
  44. ^ Hug, Aziz (January 19, 2006). "The Real Osama". The American Prospect. Archived from the original on April 30, 2008. Retrieved January 6, 2012.
  45. ^ Gunaratna, Rohan (2003). Inside Al Qaeda (3rd ed.). Berkley Books. p. 22. ISBN 0-231-12692-1.
  46. ^ Wright 2006, p. 79
  47. ^ Hirst, Michael (September 24, 2008). "Analysing Osama's jihadi poetry". BBC News. Archived from the original on September 30, 2009. Retrieved May 26, 2010.
  48. ^ "Osama bin Laden's bodyguard: I had orders to kill him if the Americans tried to take him alive". Daily Mirror. May 4, 2011. Archived from the original on June 10, 2012. Retrieved April 20, 2012.
  49. ^ Slackman, Michael (November 13, 2001). "Osama Kin Wait and Worry". Los Angeles Times. Archived from the original on September 26, 2009. Retrieved May 26, 2010.
  50. ^ Todd, Brian; Lister, Tim (May 5, 2011). "Bin Laden's wives – and daughter who would 'kill enemies of Islam'". CNN Edition: International. Archived from the original on May 6, 2011. Retrieved May 5, 2011.
  51. ^ "Osama's Women". CNN. March 12, 2002. Archived from the original on May 5, 2011. Retrieved May 26, 2010.
  52. ^ Zalman, Amy. "Profile: Osama bin Laden". About.com. Archived from the original on July 7, 2011. Retrieved May 26, 2010.
  53. ^ "Osama bin Laden's family 'stranded' in Iran, son says". The Daily Telegraph. July 19, 2010. Archived from the original on March 12, 2011.
  54. ^ Al-Bahri, Nasser (June 2013). Guarding bin Laden: My Life in al-Qaeda. London: Thin Man Press. pp. 150–160. ISBN 978-0-9562473-6-0.
  55. ^ "Blood Brothers: Could Osama Have Been Tamed?". ABC News. Archived from the original on January 1, 2016.
  56. ^ "Interview with US Author Steve Coll: 'Osama bin Laden is Planning Something for the US Election'". Der Spiegel. April 2, 2008. Archived from the original on February 13, 2011. Retrieved January 26, 2011.
  57. ^ "Best of the Web: Osama's Brother Died in San Antonio, Red Velvet Onion Rings-WOAI: San Antonio News". January 13, 2012. Archived from the original on January 13, 2012.
  58. ^ Wright 2006, p. 83
  59. ^ Mangan, Dan (August 2, 2011). "Wanted: dead – not alive!". New York Post. Archived from the original on April 29, 2017.
  60. ^ "Most Wanted Terrorist – Usama Bin Laden". FBI. Archived from the original on March 10, 2006. Retrieved June 8, 2006.
  61. ^ "I met Osama Bin Laden". BBC News. March 26, 2004. Archived from the original on March 16, 2006. Retrieved May 15, 2006.
  62. ^ Messages, (2005) p. 70. Al Jazeera, December 1998, following Kenya and Tanzania embassy attacks.
  63. ^ Messages, (2005), p. 119, October 21, 2001, interview with Taysir Alluni of Al Jazeera.
  64. ^ Scheuer, Michael (2004). Imperial Hubris. Dulles, Virginia: Brassey's, Inc. p. 9. ISBN 978-0-9655139-4-4. The focused and lethal threat posed to U.S. national security arises not from Muslims being offended by what America is, but rather from their plausible perception that the things they most love and value—God, Islam, their brethren, and Muslim lands—are being attacked by America.
  65. ^ a b c October 6, 2002. Appeared in Al-Qala'a website and then The Observer and The Guardian on November 24, 2002.
  66. ^ Messages, 2005, p. 218. "Resist the New Rome", audiotape delivered to al-Jazeera and broadcast by it on January 4, 2004.
  67. ^ Halverson, Jeffry R. (2010). Theology and Creed in Sunni Islam: The Muslim Brotherhood, Ash'arism, and Political Sunnism. Palgrave Macmillan. p. 80. ISBN 978-0-230-10658-1. Archived from the original on January 1, 2016. It was there that he met the Athari-Wahhabite militant Osama bin Laden ...
  68. ^ Eikmeier, Dale C. (Spring 2007). "Qutbism: An Ideology of Islamic-Fascism". Parameters: 85–98. Archived from the original on June 9, 2007. Retrieved May 26, 2010.
  69. ^ Messages, (2005), p. 143. from an interview published in Al-Quds Al-Arabi in London, November 12, 2001 (originally published in Pakistani daily, Ausaf, Nov. 7)
  70. ^ Messages to the World, (2005), pp. xix–xx, editor Bruce Lawrence.
  71. ^ Randal, John (2005). Osama: The Making of a Terrorist. I B Tauris & Co Ltd.
  72. ^ A Capitol Idea Donald E. Abelson p. 208.
  73. ^ Goodnough, Abby (July 8, 2007). "Mysteries, Legal and Sartorial, at Padilla Trial". The New York Times. Archived from the original on November 5, 2013. Retrieved May 26, 2010.
  74. ^ Gordon, Michael R. (September 17, 2001). "After the attacks: the strategy; A New War And Its Scale". The New York Times. Archived from the original on December 1, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  75. ^ "Is global terror threat falling?". BBC News. May 21, 2008. Archived from the original on February 16, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  76. ^ ""Osama bin Laden's operation" has "perpetrated the worst act of terrorism ever witnessed on U.S. soil". Al Jazeera. August 17, 2008. Archived from the original on June 5, 2011. Retrieved February 11, 2011.
  77. ^ Bergen 2006
  78. ^ Scheuer 2002
  79. ^ Sageman, Marc (2008). Leaderless Jihad: Terror Networks in the Twenty-First Century. University of Pennsylvania Press. ISBN 9780812240658. JSTOR j.ctt3fhbht.
  80. ^ Hoffman, Bruce (Spring 2004). "Redefining Counterterrorism: The Terrorist Leader as CEO". RAND Review. Archived from the original on May 28, 2004.
  81. ^ A Devil's Triangle: Terrorism, Weapons Of Mass Destruction, And Rogue States Peter Brookes Rowman & Littlefield, 2005.
  82. ^ a b "Wanted: Bin Laden, Usama". Interpol. Archived from the original on March 3, 2008. Retrieved September 3, 2011.
  83. ^ a b c Rodenbeck, Max (March 9, 2006). "Their Master's Voice, [a review of Messages to the World: The Statements of Osama bin Laden]". The New York Review of Books. Archived from the original on December 2, 2020. Retrieved March 29, 2018.
  84. ^ Feldman, Noah (February 12, 2006). "Becoming bin Laden". The New York Times. Archived from the original on September 14, 2019. Retrieved June 12, 2019.
  85. ^ "Bin Laden: Goal is to bankrupt U.S." CNN. November 2, 2004. Archived from the original on March 5, 2016.
  86. ^ "Full transcript of bin Ladin's speech". Al Jazeera. November 1, 2004. Archived from the original on November 16, 2008. Retrieved November 16, 2008.
  87. ^ Messages to the World, Statements of Osama bin Laden, Verso, 2005, p. 168
  88. ^ Shirazi, S (March 31, 2006). "Listening to Bin Laden". printculture.com. Archived from the original on November 22, 2006. Retrieved March 29, 2018.
  89. ^ "Conversation With Terror". Time. January 1999. Archived from the original on February 5, 2016. Retrieved March 22, 2015.
  90. ^ a b c "frontline: the terrorist and the superpower: who is bin laden?: interview with osama bin laden (in may 1998)". pbs.org. Archived from the original on May 8, 1999.
  91. ^ Messages, (2005), p. 190. from a 53-minute audiotape that "was circulated on various websites" dated February 14, 2003. "Among a Band of Knights"
  92. ^ Wright 2006, p. 303 "From interview with Ali Soufan – a Lebanese Sunni FBI agent"
  93. ^ Wright 2006, p. 167
  94. ^ Wright 2006, p. 172
  95. ^ Landay, Jonathan (March 1, 2016). "Bin Laden called for Americans to rise up over climate change". Reuters. Archived from the original on April 3, 2016. Retrieved April 3, 2016.
  96. ^ Chasmar, Jessica (March 2, 2016). "Osama bin Laden called for Americans to help Obama fight climate change". The Washington Times. Archived from the original on April 3, 2016. Retrieved April 3, 2016.
  97. ^ "Who is Osama Bin Laden?". BBC News. September 18, 2001. Archived from the original on December 24, 2008. Retrieved May 28, 2010.
  98. ^ Interview with Robert Fisk, March 22, 1997, The Great War For Civilisation, 2005, p. 7.
  99. ^ Coll, Steve (2004). Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and Bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001. Penguin Group. pp. 144–145, 238. ISBN 9781594200076.
  100. ^ Burke, Jason (May 11, 2011). "The 10 key myths about Osama bin Laden". The Guardian. Archived from the original on December 28, 2019. Retrieved October 10, 2020.
  101. ^ Hiro, Dilip (January 28, 1999). "The Cost of an Afghan 'Victory'". The Nation. Archived from the original on March 2, 2014.
  102. ^ Coll, Steve (2004). Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and Bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001. Penguin Group. pp. 72, 87–88. ISBN 9781594200076.
  103. ^ Interview with FBI special agent Jack Cloonan Archived March 21, 2012, at the Wayback Machine, Frontline, PBS, October 18, 2005.
  104. ^ Wright 2006, p. 145 "Lawrence Wright estimates his share of the Saudi Binladin Group circa fall 1989 as amounted to 27 million Saudi riyals – a little more than [US]$7 million."
  105. ^ a b c Bergen 2006, pp. 49–51
  106. ^ Hunzai, Izhar. "Conflict Dynamics in Gilgit-Baltistan" (PDF). United States Institute of Peace. Archived (PDF) from the original on May 9, 2017. Retrieved July 5, 2017. In 1988, a rumor alleging a Sunni massacre at the hands of Shias resulted in an attack by thousands of armed tribesmen from the south, the killing of nearly four hundred Shias
  107. ^ Murphy, Eamon (2013). The Making of Terrorism in Pakistan: Historical and Social Roots of Extremism. Routledge. p. 134. ISBN 978-0-415-56526-4. Archived from the original on October 3, 2017. Shias in the district of Gilgit were assaulted, killed and raped by an invading Sunni lashkar-armed militia-comprising thousands of jihadis from the North West Frontier Province.
  108. ^ "B Raman, one of RAW founders, passes away". The Indian Express. June 17, 2013. Archived from the original on August 2, 2017. Retrieved July 5, 2017.
  109. ^ Raman, B (October 7, 2003). "The Shia Anger". Outlook. Archived from the original on January 1, 2017. Retrieved December 31, 2016. Because they have not forgotten what happened in 1988. Faced with a revolt by the Shias of the Northern Areas (Gilgit and Baltistan) of Jammu & Kashmir (J&K), under occupation by the Pakistan Army, for a separate Shia State called the Karakoram State, the Pakistan Army transported Osama bin Laden's tribal hordes into Gilgit and let them loose on the Shias. They went around massacring hundreds of Shias – innocent men, women, and children.
  110. ^ Raman, B (February 26, 2003). "The Karachi Attack: The Kashmir Link". Rediiff News. Archived from the original on May 10, 2017. Retrieved December 31, 2016. A revolt by the Shias of Gilgit was ruthlessly suppressed by the Zia-ul Haq regime in 1988, killing hundreds of Shias. An armed group of tribals from Afghanistan and the North-West Frontier Province, led by Osama bin Laden, was inducted by the Pakistan Army into Gilgit and adjoining areas to suppress the revolt.
  111. ^ Bergen 2006, pp. 74–88
  112. ^ Wright 2006, pp. 133–134.
  113. ^ Wright 2006, p. 260.
  114. ^ Asthana, N. C (January 1, 2009). Urban Terrorism : Myths And Realities. Pointer Publishers. p. 108. ISBN 978-81-7132-598-6. Archived from the original on December 2, 2020. Retrieved November 18, 2020.
  115. ^ a b c d e "Who is bin Laden?: Chronology". PBS. Archived from the original on April 14, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  116. ^ Wright 2006, pp. 146
  117. ^ Wright 2006, pp. 173–176
  118. ^ Coll, Steve (2004). Ghost wars : the secret history of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet invasion to September 10, 2001. New York: Penguin Press. ISBN 1-59420-007-6. OCLC 52814066.
  119. ^ Wright 2006, pp. 178–179
  120. ^ Jehl, Douglas (December 27, 2001). "A Nation Challenged: Holy war lured Saudis as rulers looked Away". The New York Times. pp. A1, B4. Archived from the original on November 18, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  121. ^ Wright 2006, p. 180
  122. ^ "USA v. Omar Ahmad Ali Abdel-Rahman et al: 93-CR-181-KTD". MIPT Terrorism Knowledge Base. Archived from the original on January 9, 2008. Retrieved May 28, 2010.
  123. ^ a b "Timeline: Osama bin Laden, over the years". CNN. 2011. Archived from the original on July 17, 2011. Retrieved October 17, 2019.
  124. ^ Emerson, Steve. "Abdullah Assam: The Man Before Osama Bin Laden". International Association of Counterterrorism & Security Professionals. Archived from the original on February 18, 2007. Retrieved May 28, 2010.
  125. ^ Soufan, Ali. The Black Banners: The Inside Story of 9/11 and the War Against al-Qaeda. W.W. Norton and Company. New York and London: 2011.Page 325
  126. ^ Gutman (2008), p. 37.
  127. ^ Jacobsen, Annie (2019). Surprise, Kill, Vanish: The Secret History of CIA Paramilitary Armies, Operators, and Assassins. New York: Little, Brown and Company. pp. 281–288.
  128. ^ Reeve, Simon (June 27, 2002). The new jackals: Ramzi Yousef, Osama Bin Laden and the future of terrorism. UPNE. p. 172. ISBN 978-1-55553-509-4. Archived from the original on May 29, 2013. Retrieved May 7, 2011.
  129. ^ Shay, Shaul; Liberman, Rachel (October 13, 2006). The Red Sea terror triangle: Sudan, Somalia, Yemen, and Islamic terror. Transaction Publishers. p. 43. ISBN 978-1-4128-0620-6. Archived from the original on May 29, 2013. Retrieved May 7, 2011.
  130. ^ a b c Rose, David (January 2002). "The Osama Files". Vanity Fair. Archived from the original on October 8, 2014.
  131. ^ Gallab, Abdullahi A. (2008). The first Islamist republic: development and disintegration of Islamism in Sudan. Ashgate Publishing, Ltd. p. 127. ISBN 978-0-7546-7162-6. Archived from the original on July 27, 2013. Retrieved May 7, 2011.
  132. ^ Fisk, Robert (2005). The Great War for Civilisation. p. 5.
  133. ^ Ackman, Dan (September 14, 2001). "The Cost Of Being Osama Bin Laden". Forbes. Archived from the original on July 29, 2017. Retrieved March 15, 2011.
  134. ^ Wright 2006, p. 195
  135. ^ Hunting the Jackal: A Special Forces and CIA Soldier's Fifty Years on the Frontlines of the War Against Terrorism, 2004.
  136. ^ "Responses to Al Qaeda's Initial Assaults" (PDF). 9/11 Commission. Archived (PDF) from the original on October 15, 2009. Retrieved May 28, 2010.
  137. ^ Stack, Megan K. (December 6, 2001). "Fighters Hunt Former Ally". Los Angeles Times. Archived from the original on September 19, 2009. Retrieved May 28, 2010.
  138. ^ "Profile: Mullah Mohamed Omar". BBC News. September 18, 2001. Archived from the original on July 28, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  139. ^ "The Foundation of the New Terrorism" (PDF). 9/11 Commission. Archived (PDF) from the original on August 27, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  140. ^ Wright 2006, p. 222
  141. ^ Stern 2003, p. 253
  142. ^ Bergen 2008, p. 14.
  143. ^ "Bin Laden's Fatwa". Pbs.org. August 20, 1998. Archived from the original on October 31, 2001. Retrieved June 25, 2011.
  144. ^ Wright 2006, p. 250
  145. ^ Stephen Braun; Judy Pasternak "Long Before Sept. 11, Bin Laden Aircraft Flew Under the Radar" Archived July 15, 2012, at the Wayback Machine, Los Angeles Times. November 18, 2001.
  146. ^ Merchant of Death: Money, Guns, Planes, and the Man Who Makes War Possible (2007), pp. 138–140
  147. ^ testimony of Jamal al-Fadl, US v. Usama bin Laden, et al.
  148. ^ Coll, Steve, "Ghost Wars," (Penguin Books, 2004)
  149. ^ Jailan Halawi, "bin Laden behind Luxor Massacre?", Al-Ahram Weekly, May 20–26, 1999.
  150. ^ Plett, Barbara (May 13, 1999). "Bin Laden 'behind Luxor massacre'". BBC News. Archived from the original on November 21, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  151. ^ "Profile: Ayman al-Zawahiri". BBC News. September 27, 2004. Archived from the original on August 19, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  152. ^ Testimony of Abdurahman Khadr as a witness in the trial against Charkaoui, July 13, 2004.
  153. ^ Rashid, Taliban, p. 139.
  154. ^ Shaykh Usamah Bin-Muhammad Bin-Ladin; al-Zawahiri, Ayman; Abu-Yasir Rifa'i Ahmad Taha; Shaykh Mir Hamzah; Rahman, Fazlur (February 23, 1998). "World Islamic Front for Jihad Against Jews and Crusaders: Initial "Fatwa" Statement". al-Quds al-Arabi (in Arabic). Archived from the original on June 26, 2016. Retrieved May 28, 2010.
  155. ^ Shaykh Usamah Bin-Muhammad Bin-Ladin; al-Zawahiri, Ayman; Abu-Yasir Rifa'i Ahmad Taha; Shaykh Mir Hamzah; Rahman, Fazlur (February 23, 1998). "Jihad Against Jews and Crusaders. World Islamic Front Statement". al-Quds al-Arabi. Archived from the original on April 21, 2010. Retrieved May 28, 2010. English-language version of the fatwa translated by the Federation of American Scientists of the original Arabic document published in the newspaper al-Quds al-Arabi (London, UK) on 1998-02-23, p. 3 Archived June 26, 2016, at the Wayback Machine.
  156. ^ Van Atta, Dale (1998). "Carbombs & cameras: the need for responsible media coverage of terrorism". Harvard International Review. Cambridge, Mass.: Harvard International Relations Council. 20 (4): 66. ISBN 978-0-89526-485-5. ISSN 0739-1854. Retrieved May 28, 2010.
  157. ^ Elbaz, Michel (July 18, 2005). "Russian Secret Services' Links With Al-Qaeda". Axis Globe. Archived from the original on July 3, 2010.
  158. ^ a b c "1998 US Embassies in Africa Bombings Fast Facts". CNN. 2013. Archived from the original on October 24, 2019. Retrieved October 17, 2019.
  159. ^ "Bin Ladin Preparing to Hijack U.S. Aircraft and Other Attacks". Director of Central Intelligence. December 4, 1998. Archived from the original on May 22, 2010. Retrieved March 3, 2016.
  160. ^ "Timeline: Al Qaeda's Global Context". PBS. October 3, 2002. Archived from the original on August 9, 2016. Retrieved October 20, 2019.
  161. ^ a b Loeb, Vernon (December 24, 2000). "Terrorists Plotted Jan. 2000 Attacks". The Washington Post. Archived from the original on May 21, 2018. Retrieved January 6, 2012.
  162. ^ Pyes, Craig; Meyer, Josh; Rempel, William C. (October 15, 2001). "Bosnia – base for terrorism". The Seattle Times. Archived from the original on November 19, 2011. Retrieved May 25, 2010.
  163. ^ Smith, R. Jeffrey (March 11, 2000). "A Bosnian Village's Terrorist Ties". The Washington Post. Archived from the original on July 25, 2012. Retrieved May 25, 2010.
  164. ^ Canadian Security Intelligence Service, Summary of the Security Intelligence Report concerning Hassan Almrei, February 22, 2008.
  165. ^ Baravalle, Giorgio (2004). Rethink: Cause and Consequences of September 11. de-MO. p. 584. ISBN 0-9705768-6-2.
  166. ^ Gossett, Sherrie (August 17, 2005). "Jihadists find convenient base in Bosnia". Assyrian International News Agency. Archived from the original on December 17, 2005. Retrieved May 25, 2010.
  167. ^ a b "Bin Laden was granted Bosnian passport", Agence France-Presse, September 24, 1999.
  168. ^ a b Hedges, Chris (September 23, 1996). "Outsiders Bring Islamic Fervor To the Balkans". The New York Times. Archived from the original on July 5, 2011. Retrieved May 25, 2010.
  169. ^ "Bin Laden, Albania Link Reported". Archived from the original on October 9, 2018. Retrieved October 8, 2018.
  170. ^ Mayer, Jane (2008). The Dark Side. Doubleday. p. 114. ISBN 978-0-385-52639-5. (0-385-52639-3)
  171. ^ Bodansky, Yossef (May 4, 2011). Bin Laden: The Man Who Declared War on America. Crown Publishing Group. pp. 398–403. ISBN 978-0-307-79772-8. Archived from the original on October 19, 2017. Retrieved October 26, 2018.
  172. ^ Roche, Andrew (February 15, 2002). "Milosevic: U.S. was Ally of Al Qaeda in Kosovo". Reuters. Archived from the original on February 20, 2002 – via FindLaw.
  173. ^ Scahill, Jeremy (March 13, 2006). "Rest Easy, Bill Clinton: Milosevic Can't Talk Anymore". Huffington Post. Archived from the original on December 2, 2020. Retrieved June 19, 2020.
  174. ^ "Al-Qaeda 'helped Kosovo rebels'". BBC News. March 8, 2002. Archived from the original on August 9, 2016. Retrieved June 19, 2020.
  175. ^ "US backed Al Qaeda in Kosovo: Milosevic: Chinese embassy bombing termed deliberate". Dawn. February 16, 2002. Retrieved June 19, 2020.
  176. ^ "God knows it did not cross our minds to attack the towers". The Guardian. October 30, 2004. Archived from the original on August 28, 2013. Retrieved May 25, 2010.
  177. ^ "Bin Laden says he wasn't behind attacks". CNN. September 16, 2001. Archived from the original on January 19, 2013. Retrieved January 7, 2012.
  178. ^ * "Pentagon". CNN. Archived from the original on October 7, 2006. Retrieved May 25, 2010.
  179. ^ "9/11 Death Statistics". August 2016. Archived from the original on May 7, 2014.
  180. ^ Hunt, Michael H. (2015). The World Transformed: 1945 to the Present. p. 495. ISBN 978-0-19-937102-0. OCLC 907585907.
  181. ^ Miller, Greg (July 14, 2009). "CIA's secret program: paramilitary teams to strike Al Qaeda". Los Angeles Times. p. A1. Archived from the original on February 5, 2016. Retrieved June 19, 2020.
  182. ^ "President Freezes Terrorists' Assets". The White House. September 24, 2001. Archived from the original on October 30, 2011. Retrieved June 26, 2011.
  183. ^ Watson, Dale L., Executive Assistant Director, Counter terrorism/Counterintelligence Division, FBI (February 6, 2002). "FBI Testimony about 9/11 terrorists' motives". Federal Bureau of Investigation – (RepresentativePress). Archived from the original on May 5, 2011. Retrieved February 11, 2011.CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  184. ^ "Responsibility for the Terrorist Atrocities in the United States, September 11, 2001". 10 Downing Street, Office of the Prime Minister of the UK. May 15, 2003. Archived from the original on May 11, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  185. ^ Cameron, Carl; Lehner, Marla; Wagenseil, Paul (September 16, 2001). "Pakistan to Demand Taliban Give Up Bin Laden as Iran Seals Afghan Border". Fox News Channel. Associated Press. Archived from the original on May 23, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  186. ^ "Bin Laden on tape: Attacks 'benefited Islam greatly'". CNN. December 14, 2001. Archived from the original on December 14, 2013. Retrieved September 17, 2013.
  187. ^ Restle, Georg; Sieker, Ekkehard (December 20, 2001). "Bin-Laden-Video: Falschübersetzung als Beweismittel?". Monitor (in German). Westdeutscher Rundfunk. Archived from the original on February 17, 2003. Retrieved May 28, 2010.
  188. ^ a b "Bin Laden claims responsibility for 9/11". CBC News. October 29, 2004. Archived from the original on October 25, 2006. Retrieved May 25, 2010.
  189. ^ "Al-Jazeera: Bin Laden tape obtained in Pakistan". NBC News. October 30, 2004. Archived from the original on April 15, 2016. Retrieved May 28, 2010.—"In the tape, bin Laden—wearing traditional white robes, a turban and a tan cloak—reads from papers at a lectern against a plain brown background. Speaking quietly in an even voice, he tells the American people that he ordered the September 11 attacks because 'we are a free people' who wanted to 'regain the freedom' of their nation."
  190. ^ "Excerpts: Bin Laden video". BBC News. October 29, 2004. Archived from the original on October 6, 2010. Retrieved May 28, 2010.
  191. ^ "Osama bin Laden tape transcript". NBC News. May 23, 2006. Archived from the original on December 13, 2013. Retrieved February 11, 2011.
  192. ^ "Bin Laden 9/11 planning video aired". CBC News. September 7, 2006. Archived from the original on October 13, 2007. Retrieved May 28, 2010.
  193. ^ Flade, Florian (May 2, 2011). "The Untold Story of Gaddafi's Hunt For Osama Bin Laden". Die Welt/Worldcrunch. Archived from the original on November 22, 2011. Retrieved September 3, 2011.
  194. ^ Salama, Sammy (September 2004). "Was Libyan WMD Disarmament a Significant Success for Nonproliferation?". NTI. Archived from the original on June 2, 2011. Retrieved May 28, 2010.
  195. ^ Interpol Arrest Warrant File No. 1998/20232, Control No. A-268/5-1998. Brisard Jean-Charles, Dasquie Guillaume. "Forbidden Truth". (New York: Thunder Mouth Press, 2002), p. 156.
  196. ^ Frontline; The New York Times; Rain Media (c. 2001). "Osama bin Laden: A Chronology of His Political Life". Hunting bin Laden: Who Is bin Laden?. Frontline. WGBH Educational Foundation. Archived from the original on July 17, 2006. Retrieved July 25, 2006.
  197. ^ "Indictment #S(9) 98 Cr. 1023" (PDF). United States District Court, Southern District of New York. Archived from the original (PDF) on March 24, 2012. Retrieved September 2, 2012.
  198. ^ "Embassy bombing defendant linked to bin Laden". CNN. February 14, 2001. Archived from the original on December 26, 2007.
  199. ^ "Profile: Osama bin Laden". Cooperative Research. Archived from the original on December 29, 2010. Retrieved December 16, 2018.
  200. ^ "Osama bin Laden 'innocent'". BBC News. November 21, 1998. Archived from the original on December 23, 2011.
  201. ^ Reeve, William (November 21, 1998). "Osama bin Laden 'innocent'". BBC News. Archived from the original on January 14, 2010. Retrieved May 27, 2010.
  202. ^ "Security Council demands that Taliban turn over Osama bin Laden to appropriate authorities". United Nations. October 15, 1999. Archived from the original on August 16, 2013.
  203. ^ "Bush rejects Taliban offer to hand Bin Laden over". The Guardian. October 14, 2001. Archived from the original on August 25, 2013. Retrieved May 27, 2010.
  204. ^ Bray, Chad (June 17, 2011). "U.S. Formally Drops Charges Against bin Laden". The Wall Street Journal. Archived from the original on July 10, 2017.
  205. ^ "Bill Clinton: I got closer to killing bin Laden". CNN. September 25, 2006. Archived from the original on October 5, 2006. Retrieved May 27, 2010.
  206. ^ a b "Report: Clinton Targeted Bin Laden". CBS News. September 16, 2001. Archived from the original on May 8, 2011.
  207. ^ a b Woodward, Bob; Ricks, Thomas E. (October 3, 2001). "CIA Trained Pakistanis to Nab Terrorist But Military Coup Put an End to 1999 Plot". The Washington Post. Archived from the original on August 28, 2016.
  208. ^ "Five Years Ago Today – Usama bin Laden: Wanted for Murder". Federal Bureau of Investigation. November 5, 2003. Archived from the original on January 9, 2008. Retrieved May 27, 2010.
  209. ^ "Senate doubles Bin Laden reward". BBC News. July 13, 2007. Archived from the original on August 8, 2010. Retrieved May 25, 2010.
  210. ^ Katie Turner; Pam Benson; Peter Bergen; Elise Labott; Nic Robertson (September 24, 2006). "Officials, friends can't confirm Bin Laden death report". CNN. Archived from the original on March 26, 2010. Retrieved May 25, 2010.
  211. ^ https://www.govinfo.gov/content/pkg/CPRT-111SPRT53709/html/CPRT-111SPRT53709.htm
  212. ^ https://www.wsj.com/articles/SB1006946289469823000
  213. ^ Gellman, Barton; Ricks, Thomas E. (April 17, 2002). "U.S. Concludes Bin Laden Escaped at Tora Bora Fight". The Washington Post. Archived from the original on March 1, 2010. Retrieved May 25, 2010.
  214. ^ "CIA Reportedly Disbands Bin Laden Unit". The Washington Post. Associated Press. July 4, 2006. Archived from the original on November 12, 2012. Retrieved May 25, 2010.
  215. ^ Justin Balding; Adam Ciralsky; Jim Miklaszewski; Robert Windrem (September 26, 2007). "Bin Laden may have just escaped U.S. forces". NBC News. Archived from the original on October 11, 2013. Retrieved May 25, 2010.
  216. ^ a b Arena, Kelli (December 28, 2001). "Obama administration to ratchet up hunt for bin Laden". CNN. Archived from the original on January 19, 2013. Retrieved November 15, 2008.
  217. ^ Serwer, Adam (February 7, 2011). "No, killing of Bin Laden does not represent 'continuity' with Bush – The Plum Line". The Washington Post. Archived from the original on May 12, 2011. Retrieved May 15, 2011.
  218. ^ Hirsh, Michael (May 5, 2011). "Obama's War". National Journal. Archived from the original on May 7, 2011. Retrieved May 15, 2011.
  219. ^ "Gen McChrystal: Bin Laden is key to al-Qaeda defeat". BBC News. December 9, 2009. Archived from the original on April 28, 2010. Retrieved May 25, 2010.
  220. ^ "Osama Bin Laden dead, US President Obama confirms". BBC News. May 2, 2011. Archived from the original on May 3, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  221. ^ "2001, President George W. Bush 'Bin Laden, Wanted dead or alive'". CNN. May 2, 2011. Archived from the original on July 22, 2013. Retrieved January 7, 2012.
  222. ^ DeYoung, Karen (October 2, 2006). "Letter Gives Glimpse of Al-Qaeda's Leadership". The Washington Post. Archived from the original on April 25, 2010. Retrieved May 20, 2010.
  223. ^ "Letter Exposes New Leader in Al-Qa'ida High Command (PDF)" (PDF). Combating Terrorism Center at West Point. September 25, 2006. Archived from the original (PDF) on August 8, 2007. Retrieved May 20, 2010.
  224. ^ "Experts warn of attack clues in Bin Laden video". Agence France-Presse. September 6, 2007. Archived from the original on April 8, 2008. Retrieved May 25, 2010.
  225. ^ "Bin Laden urges Europe to quit Afghanistan". Reuters. November 29, 2007. Archived from the original on January 12, 2009.
  226. ^ Gillespie, Thomas W.; et al. (2009). "Finding Osama bin Laden: An Application of Biogeographic Theories and Satellite Imagery" (PDF). MIT International Review. Archived (PDF) from the original on August 5, 2010. Retrieved May 20, 2010.
  227. ^ Meek, James Gordon, "Tighten The Net on Evil", Daily News, 2009-03-15, p. 27.
  228. ^ "No Bin Laden information in years, says Gates". BBC News. December 6, 2009. Archived from the original on December 6, 2009. Retrieved May 20, 2010.
  229. ^ "Bin Laden not in Pakistan, PM says". CNN. December 3, 2009. Archived from the original on December 6, 2009. Retrieved May 20, 2010.
  230. ^ "Gen McChrystal: Bin Laden is key to al-Qaeda defeat". BBC News. December 9, 2009. Archived from the original on July 23, 2012. Retrieved October 21, 2011.
  231. ^ "Saudi Arabia Wants Taliban to Expel Bin Laden". Associated Press. February 2, 2010. Retrieved February 11, 2011.
  232. ^ "Kuwaiti Daily 'Al-Siyassa': Bin Laden, Al-Zawahiri Guarded by Iranian Troops in Iranian Territory". Memrijttm.org. June 7, 2010. Archived from the original on June 13, 2010. Retrieved January 26, 2011.
  233. ^ "Bin Laden, aides 'hiding in Iran'". The Australian. June 9, 2010.
  234. ^ Crilly, Rob (October 18, 2010). "Osama bin Laden 'living comfortably in Pakistan'". The Daily Telegraph. London. Archived from the original on October 20, 2010.
  235. ^ Walsh, Declan (March 30, 2012). "On the Run, Bin Laden Had 4 Children and 5 Houses, a Wife Says". The New York Times. Archived from the original on April 5, 2012. Retrieved March 30, 2012.
  236. ^ Saletan, William (May 4, 2012). "Reflections of a Terrorist". Slate. Archived from the original on May 6, 2012.
  237. ^ Zengerle, Patricia; Bull, Alister (May 2, 2011). "Bin Laden was found at luxurious Pakistan compound". Reuters. Archived from the original on May 3, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  238. ^ Osama bin Laden death: Pakistan locals flock to see villain's lair Archived September 27, 2016, at the Wayback Machine Declan Walsh The Guardian May 5, 2011
  239. ^ "Map of Where Osama bin Laden Was Killed – Map". The New York Times. May 2, 2011. Archived from the original on May 5, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  240. ^ "Osama Bin Laden's death: How it happened". BBC News. June 7, 2011. Archived from the original on May 3, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  241. ^ "Osama bin Laden, the face of terror, killed in Pakistan". CNN. May 2, 2011. Archived from the original on May 6, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  242. ^ "Spitzer: What role did Pakistan play in the killing of Osama bin Laden? – In the Arena". CNN. May 2, 2011. Archived from the original on May 5, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  243. ^ "President Obama Praises Troops Who Killed Osama bin Laden". ABC news. Archived from the original on May 4, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  244. ^ "Finding Osama Bin Laden's Abbottabad mansion with Google Earth". May 2, 2011. Archived from the original on November 7, 2012. Retrieved October 31, 2012.
  245. ^ Miller, Greg (May 5, 2011). "CIA spied on bin Laden from safe house". The Washington Post. Archived from the original on May 10, 2011. Retrieved May 6, 2011.
  246. ^ Cooper, Helene (May 1, 2011). "Obama Announces Killing of Osama bin Laden". The New York Times. Archived from the original on May 2, 2011. Retrieved May 1, 2011.
  247. ^ Finkel, Gal Perl (November 8, 2015). "Back to the ground?". Israel Hayom. Archived from the original on August 17, 2016.
  248. ^ a b Sherwell, Philip (May 7, 2011). "Osama bin Laden killed: Behind the scenes of the deadly raid". The Daily Telegraph. Archived from the original on May 10, 2011. Retrieved May 9, 2011.
  249. ^ Dilanian, Ken (May 2, 2011). "CIA led U.S. special forces mission against Osama bin Laden". Los Angeles Times. Archived from the original on May 24, 2011. Retrieved May 14, 2011.
  250. ^ Fair, C. Christine (May 4, 2011). "The bin Laden aftermath: The U.S. shouldn't hold Pakistan's military against Pakistan's civilians". Foreign Policy. Archived from the original on May 9, 2011. Retrieved May 10, 2011.
  251. ^ "Osama Bin Laden, al-Qaeda leader, dead – Barack Obama". BBC News. May 1, 2011. Archived from the original on May 2, 2011. Retrieved May 2, 2011.
  252. ^ a b Hersh, Seymour M. (May 21, 2015). "The Killing of Osama bin Laden". London Review of Books. pp. 3–12. Archived from the original on May 10, 2015. Retrieved May 3, 2016.
  253. ^ Walsh, Declan (February 25, 2012). "Pakistan Razing House Where Bin Laden Lived". The New York Times. Archived from the original on December 22, 2017. Retrieved February 25, 2012.
  254. ^ Chamkhi, Tarek. "Neo Islamism and the Quest for Islamisation: Case Studies from Turkey, Tunisia, Egypt and Morocco". International Political Science Association. Archived from the original on August 30, 2018. Retrieved August 29, 2018.
  255. ^ "Bin Laden's Compound in Pakistan Demolished". RIA Novosti. February 25, 2012. Archived from the original on February 28, 2012. Retrieved April 28, 2012.
  256. ^ "Osama Bin Laden's Pakistan compound demolished". BBC News. February 26, 2012. Archived from the original on April 22, 2012. Retrieved April 28, 2012.
  257. ^ "4 reasons Pakistan demolished bin Laden's compound". The Week. February 27, 2012. Archived from the original on April 18, 2012. Retrieved April 28, 2012.
  258. ^ "4 reasons Pakistan demolished bin Laden's compound". BBC News. February 27, 2012. Archived from the original on April 18, 2012. Retrieved April 28, 2012.
  259. ^ Ladd, Trevor J. (February 27, 2012). "Osama Bin Laden's Pakistani Compound Demolished". ABC News. Archived from the original on April 14, 2012. Retrieved April 28, 2012.
  260. ^ "Bin Laden hideout to become theme park". News 24. February 6, 2013. Archived from the original on April 27, 2019. Retrieved February 11, 2013.
  261. ^ "Imran Khan claims Pakistani intelligence led CIA to bin Laden". France 24. July 23, 2019. Retrieved May 4, 2021.
  262. ^ "Pakistani intelligence led CIA to bin Laden — Imran Khan". Arab News. July 23, 2019. Retrieved May 4, 2021.
  263. ^ hermesauto (July 23, 2019). "Pakistani intelligence led CIA to Osama bin Laden: PM Khan". The Straits Times. Retrieved May 4, 2021.
  264. ^ "Pakistani intelligence led CIA to bin Laden: Imran Khan". Pakistani intelligence led CIA to bin Laden: Imran Khan. Retrieved May 4, 2021.
  265. ^ "Pakistani intelligence led CIA to Bin Laden: Imran Khan". gulfnews.com. Retrieved May 4, 2021.
  266. ^ Scroll Staff. "Pakistan PM Imran Khan claims ISI helped the United States kill Osama Bin Laden". Scroll.in. Retrieved May 4, 2021.
  267. ^ "Pakistani intelligence led CIA to bin Laden: Imran Khan". news.yahoo.com. Retrieved May 4, 2021.
  268. ^ Westhead, Rick (April 1, 2011). "Questions about bin Laden embarrassing to Pakistan". Toronto Star. Toronto. Archived from the original on December 2, 2020. Retrieved May 3, 2011.
  269. ^ Walker, Peter (May 6, 2011). "Osama bin Laden lived in two rooms for five years, wife says". The Guardian. Archived from the original on September 30, 2013. Retrieved May 12, 2011.
  270. ^ "U.S.: Bin Laden lived in Pakistan compound for at least 5 years". Haaretz. Reuters. May 3, 2011. Archived from the original on May 6, 2011. Retrieved January 7, 2012.
  271. ^ Rodriguez, Alex (May 6, 2011). "Mystery shrouds the quiet man who built Bin Laden's compound". Los Angeles Times. Archived from the original on July 25, 2013. Retrieved May 12, 2011.
  272. ^ Ross, Brian (May 3, 2011). "Osama Bin Laden Killed: U.S. Intelligence Probes Possible Pakistani Support System". ABC News. Archived from the original on May 5, 2011. Retrieved May 3, 2011.
  273. ^ Laskar, Rezaul H (July 26, 2011). "Osama raid took Pakistan Army by surprise". Rediff.com. Press Trust of India. Archived from the original on September 24, 2011.
  274. ^ Gall, Carlotta (March 19, 2014). "What Pakistan Knew About Bin Laden". The New York Times. Archived from the original on March 20, 2014. Retrieved March 20, 2014.
  275. ^ Schultz, Marisa (May 3, 2011). "Levin questions Pakistan's role". The Detroit News. p. 7A.
  276. ^ "Death of Bin Laden: Live report". Yahoo!. Archived from the original on January 18, 2012.
  277. ^ Bowden, Mark (October 12, 2012). "Inside Osama Bin Laden's Final Hours—and How the White House Chose Their Assassination Plot". Vanity Fair. Archived from the original on February 18, 2016.
  278. ^ Toosi, Nahal; Khan, Zarar (May 3, 2011). "Pakistan's president denies harboring bin Laden". Yahoo Finance. Associated Press. Archived from the original on January 19, 2012. Retrieved January 6, 2011.
  279. ^ "Zardari defends Pakistan over intel". Emirates 24/7. Agence France-Presse. May 3, 2011. Archived from the original on June 7, 2020. Retrieved May 3, 2011.
  280. ^ Karon, Tony; Waraich, Omar (December 17, 2009). "Under U.S. Pressure, Pakistan Balks at Helping on Afghan Taliban". Time. Archived from the original on January 1, 2016.

Bibliography

Further reading

External links