Oracleデータベース

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Oracleデータベース
Oraclelogo.svg
開発者オラクル株式会社
初回リリース1979 ; 43年前 (1979)
安定リリース
19c [1] ウィキデータでこれを編集する / 2019年2月13日; 3年前 (13 February 2019)
で書かれているアセンブリ言語CC ++ [2]
タイプマルチモデルデータベース
ライセンス専有[3]
Webサイトwww .oracle .com / database /

Oracle Database(一般にOracle DBMSまたは単にOracleと呼ばれる)は、OracleCorporationによって製造および販売されているマルチモデル[4] データベース管理システムです。

これは、オンライントランザクション処理(OLTP)、データウェアハウジング(DW)、および混合(OLTP&DW)データベースワークロードを実行するために一般的に使用されるデータベースです。Oracle Databaseは、オンプレミスオンクラウド、またはハイブリッドクラウドインストールとして、複数のサービスプロバイダーから利用できます。サードパーティのサーバーとOracleハードウェア(Exadataオンプレミス、Oracle Cloud、またはCloud at Customer [5]) で実行できます。

歴史

LarryEllisonと彼の2人の友人および元同僚であるBobMinerEdOatesは、1977年にSoftware Development Laboratories(SDL)と呼ばれるコンサルタントを開始しました。SDLはOracleソフトウェアのオリジナルバージョンを開発しました。Oracleという名前は、Ellisonが以前Ampexに雇用されていたときに取り組んだCIAが資金提供したプロジェクトのコードネームに由来しています[6]

リリースとバージョン

Oracle製品は、カスタムのリリース番号と命名規則に従います。現在のリリースであるOracleDatabase 21cの「c」は、「Cloud」を表します。以前のリリース(Oracle Database10gやOracle9iDatabaseなど)では、それぞれ「グリッド」と「インターネット」を表す「g」と「i」のサフィックスが使用されていました。Oracle8i Databaseがリリースされる前は、OracleDatabaseの命名規則に接尾辞は含まれていませんでした。共同創設者のLarryEllisonは、 「誰もバージョン1を購入したくないことを知っていた」ため、OracleDatabaseのv1は存在しなかったことに注意してください。[7]

Oracle Databaseのリリース番号は、次のコードを使用しています。

Oracle
データベースの
バージョン
初期
リリース
バージョン
初期
リリース
ターミナル
パッチセット/ RU
バージョン
ターミナル
パッチセット/ RU
日付
マーキーの
機能
Old version, no longer maintained:Oracle v2 2.3 1979年 いくつかの基本的なSQLクエリと単純な結合を実装する最初の市販のSQLベースのRDBMS [8]
Old version, no longer maintained:Oracle v3 3.1.3 1983年 同時実行制御、データ分散、およびスケーラビリティ
Old version, no longer maintained:Oracle v4 4.1.4.0 1984年 4.1.4.4 マルチバージョン読み取りの一貫性。MS-DOSで利用可能な最初のバージョン[9] [10]
Old version, no longer maintained:Oracle v5 5.0.22(5.1.17) 1985年 5.1.22 クライアント/サーバーコンピューティング分散データベースシステムのサポートOS / 2で利用可能な最初のバージョン[11]
Old version, no longer maintained:Oracle v6 6.0.17 1988年 6.0.37 行レベルのロック、スケーラビリティ、オンラインのバックアップとリカバリ、PL / SQLNovell Netware386で利用可能な最初のバージョン[12]
Old version, no longer maintained:Oracle 6.2 6.2.0 Oracle Parallel Server
Old version, no longer maintained:Oracle7 7.0.12 1992年6月 PL / SQLストアド・プロシージャ、トリガ、分散2フェーズ・コミット、共有カーソル、コストベースのオプティマイザ
Old version, no longer maintained:Oracle 7.1 7.1.0 1994年5月 並列SQL実行。WindowsNTで利用可能な最初のバージョン[13]
Old version, no longer maintained:Oracle 7.2 7.2.0 1995年5月 共有サーバー、XAトランザクション、透過的なアプリケーションフェイルオーバー
Old version, no longer maintained:Oracle 7.3 7.3.0 1996年2月 7.3.4 オブジェクトリレーショナルデータベース
Old version, no longer maintained:Oracle8データベース 8.0.3 1997年6月 8.0.6 リカバリマネージャ、パーティショニング。Linuxで利用可能な最初のバージョン。[14]
Old version, no longer maintained:Oracle8iデータベース _ 8.1.5.0 1998年 8.1.7.4 2000年8月 ネイティブインターネットプロトコルとJava、仮想プライベートデータベース
Old version, no longer maintained:Oracle9iデータベース _ 9.0.1.0 2001年 9.0.1.5 2003年12月 Oracle Real Application Clusters(RAC)、Oracle XML DB
Old version, no longer maintained:Oracle9iデータベースリリース2 9.2.0.1 2002年 9.2.0.8 2007年4月 高度なキューイングデータマイニング、ストリーム、論理スタンバイ
Old version, no longer maintained:Oracle Database 10gリリース1 10.1.0.2 2003年 10.1.0.5 2006年2月 自動データベース管理、自動データベース診断モニター、グリッドインフラストラクチャ、Oracle ASM、フラッシュバックデータベース
Old version, no longer maintained:Oracle Database 10gリリース2 10.2.0.1 2005年7月[15] 10.2.0.5 2010年4月 実際のアプリケーションテスト、データベースボールト、オンラインインデックス作成、高度な圧縮、Data Guard Fast-Startフェイルオーバー、透過的なデータ暗号化
Old version, no longer maintained:Oracle Database 11gリリース1 11.1.0.6 2007年9月 11.1.0.7 2008年9月 Active Data Guard、Secure Files、Exadata
Older version, yet still maintained:Oracle Database 11gリリース2 11.2.0.1 2009年9月[16] 11.2.0.4 2013年8月 エディションベースの再定義、データ編集、ハイブリッド列型圧縮、クラスターファイルシステム、ゴールデンゲートレプリケーション、データベースアプライアンス
Older version, yet still maintained:Oracle Database 12cリリース1 12.1.0.1 2013年7月[17] 12.1.0.2 2014年7月 マルチテナントアーキテクチャ、インメモリ列ストア、ネイティブJSON、SQLパターンマッチング、データベースクラウドサービス
Older version, yet still maintained:Oracle Database 12cリリース2 12.2.0.1 2016年8月(クラウド)

2017年3月(オンプレミス)

12.2.0.1 2017年3月 ネイティブシャーディング、ゼロデータロスリカバリアプライアンス、Exadata Cloud Service、Cloud at Customer
Old version, no longer maintained:Oracle Database 18c 18.1.0 // 12.2.0.2 2018年2月(クラウド、Exadata)[18]

2018年7月(その他)[19]

18.17.0 2022年1月 ポリモーフィックテーブル関数、Active Directory統合、透過的なアプリケーションの継続性、近似トップNクエリ処理、PDBスナップショットカルーセル、パーティションとサブパーティションのオンラインマージ
Older version, yet still maintained:Oracle Database 19c 19.1.0 // 12.2.0.3 2019年2月(Exadata)[20]

2019年4月(Linux)[21] 2019年6月(クラウド)

Active Data Guard DMLリダイレクト、自動インデックス作成、リアルタイム統計メンテナンス、オブジェクトストアでのSQLクエリ、IoTデータストリームのインメモリ、ハイブリッドパーティションテーブル、自動SQLプラン管理、SQL検疫、ゼロダウンタイムグリッドインフラストラクチャパッチ、より詳細-粒度補足ロギング、自動PDB再配置
Current stable version: Oracle Database 21c 21.1.0 2020年12月(クラウド)[22]

2021年8月(Linux)[23]

ブロックチェーンテーブル、多言語エンジン-データベースでのJavaScript実行、バイナリJSONデータ型、PDBごとのデータガードフィジカルスタンバイ(別名マルチテナントデータガード)、PDBごとのGoldenGate変更キャプチャ、自己管理型インメモリ、インメモリハイブリッド列型スキャン、SIMDとのメモリ内ベクトル結合、シャーディングアドバイザツール、プロパティグラフ視覚化スタジオ、自動マテリアライズドビュー、自動ゾーンマップ、SQLマクロ、段階的なパスワードロールオーバー
伝説:
古いバージョン
古いバージョン、まだ維持されています
最新バージョン
Latest preview version
Future release

Oracle Databaseの概要には、OracleDatabaseの各メジャーリリースで導入された主要な革新のいくつかに関する簡単な歴史が含まれています。

現在のOracleデータベースのリリースとそのパッチ適用の終了日 については、 My Oracle Support(MOS)ノートの現在のデータベースリリースのリリーススケジュール(Doc ID 742060.1)を参照してください。

パッチの更新とセキュリティアラート

Oracle Database 18cより前に、Oracle Corporationは、セキュリティの脆弱性をクローズするために、クリティカルパッチアップデート(CPU)とセキュリティパッチアップデート(SPU)[24]およびセキュリティアラートをリリースしました。これらのリリースは四半期ごとに発行されます。これらのリリースの一部には、次の四半期リリースの前に発行された更新があります。

Oracle Database 18c以降、Oracle Corporationはリリース更新(RU)およびリリース更新リビジョン(RUR)をリリースします。[25] RUには通常、セキュリティ、リグレッション(バグ)、オプティマイザー、および機能拡張も含まれる可能性のある機能修正が含まれています。RURには、対応するRUからのすべての修正が含まれますが、新しいセキュリティとリグレッションの修正のみが追加されます。ただし、新しいオプティマイザや機能の修正は含まれていません。

マーケットポジション

2016年のGartnerのレポートによると、Oracleは、 MicrosoftIBMSAPTeradataの4つの最も近い競合他社に先駆けて、収益シェアに基づいて世界で1位のRDBMS市場シェアを保持しています[26] [検証が必要] [説明が必要]

コンペティション

リレーショナルデータベースの市場では、OracleDatabaseはIBMのDB2UDBやMicrosoftSQLServerなどの商用製品と競合しますOracleとIBMは、UnixおよびLinuxプラットフォームのミッドレンジデータベース市場をめぐって争う傾向がありますが、MicrosoftはMicrosoftWindowsプラットフォームのミッドレンジデータベース市場を支配しています。ただし、同じ顧客の多くを共有しているため、OracleとIBMは、多くのミドルウェアおよびアプリケーションカテゴリ(たとえば、 WebSpherePeopleSoft、およびSiebel Systems CRM )で互いの製品をサポートする傾向があり、IBMのハードウェア部門は緊密に連携しています[引用が必要]パフォーマンスを最適化するサーバーテクノロジー(たとえば、IBM Z上のLinux)に関するOracleとの連携。ニッチな商用競合企業には、Teradata(データウェアハウジングおよびビジネスインテリジェンス)、Software AGのADABASSybase、IBMのInformixなどがあります。

Oracleデータベース製品は、 PostgreSQLMongoDBCouchbaseNeo4jなどのオープンソースソフトウェアのリレーショナルおよび非リレーショナルデータベースシステムとますます競合しています。オラクルは、 MySQLへのInnoDBコードベースのサプライヤであるInnobaseを買収し、一部はオープンソースの代替品との競争力を高め、2010年にMySQLの所有者であるSunMicrosystemsを買収しました。ソース定義。無料で配布でき、ロイヤリティやその他のライセンス料もかかりません。

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「OracleDatabase19c:OracleExadataで利用可能になりました」2019年2月13日2020年12月23日取得
  2. ^ Lextrait、Vincent(2016年3月)。「プログラミング言語ビーコン、v16」2012年5月30日にオリジナルからアーカイブされました2016年12月15日取得
  3. ^ 「OTN標準ライセンス」テクニカルネットワーク、Oracle
  4. ^ 「OracleDatabase12cリリース2を使用したマルチモデルデータベース」(PDF)オラクル。2017年4月14日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2017年3月1日取得
  5. ^ 「Exadata」(PDF)テクニカルネットワーク、Oracle
  6. ^ 「ラリーランドへようこそ」ガーディアン2016年8月25日にオリジナルからアーカイブされました2009年12月19日取得
  7. ^ Julie Bort(2014年9月29日)。「ラリーエリソンはCIAのおかげで今日の億万長者です」ビジネスインサイダー2017年1月16日にオリジナルからアーカイブされました2017年1月13日取得
  8. ^ 情報学科。「OracleV2」情報学の仮想展示会クラーゲンフルト大学。2019年9月30日にオリジナルからアーカイブされました2019年9月30日取得
  9. ^ Webster、Robin(1984年11月13日)。「PCリレーショナルデータベース?新しい答えはOracleです」PCマガジン2019年7月1日取得
  10. ^ Gralike、Marco(2006年4月4日)。「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Oracle 4.1 VMアプライアンス)」amis.nl。 _ 2019年7月1日にオリジナルからアーカイブされました2019年7月1日取得
  11. ^ メイス、スコット(1989年1月30日)。「ProfessionalOracle5.1BのDOSバージョンはSQLレポートライターを追加します」InfoWorld2019年9月7日取得
  12. ^ オブライエン、ティモシー(1991年4月29日)。「Linux上のOracle8は約束を示しています」InfoWorld2019年9月7日取得
  13. ^ ナッシュ、キム(1994年10月3日)。「Oracleユーザーは製品の過負荷について熟考しています」InfoworldIDGエンタープライズ2020年7月30日取得
  14. ^ Biggs、Maggie(1998年10月5日)。「Linux上のOracle8は約束を示しています」InfoWorld2019年9月7日取得
  15. ^ 「OracleはOracle®Database10gリリース2の一般提供を発表しました」2005年7月11日。2018年4月5日のオリジナルからアーカイブ2018年4月4日取得
  16. ^ 「Oracle®Database11gリリース2が利用可能になりました」2009年9月1日。2018年4月5日のオリジナルからアーカイブ2018年4月4日取得
  17. ^ 「オラクルは、クラウド向けに設計された最初のデータベースであるOracle Database12cの一般提供を発表しました」2013年7月1日。2013年9月9日のオリジナルからアーカイブ2013年9月9日取得
  18. ^ 「OracleDatabase18c:OracleCloudおよびOracleEngineeredSystemsで利用可能になりました」blogs.oracle.com2018年2月16日2021年4月28日取得
  19. ^ Zagar、Adriana(2018年7月23日)。「OracleDatabase18cがオンプレミスで利用可能になりました」2020年8月8日にオリジナルからアーカイブされました2020年1月16日取得
  20. ^ Giles、1Dominic(2019年2月13日)。「OracleDatabase19cがOracleExadataで利用可能になりました」blogs.oracle.com 2021年4月27日取得
  21. ^ ハーディー、ウィリアム(2019年4月25日)。「OracleDatabase19cがLinuxで利用可能になりました」blogs.oracle.com 2021年4月27日取得
  22. ^ 「OracleDatabase21c」Oracleヘルプセンター2020年12月9日取得
  23. ^ https://blogs.oracle.com/database/post/oracle-database-21c-now-available-on-linux
  24. ^ Baransel、Emre(2013)。Oracle Data Guard11gR2管理ビギナーズガイドPackt Publishing Ltd. ISBN 97818496879112016年11月23日にオリジナルからアーカイブされました2014年1月15日取得CPUの用語が2012年10月からSPUに変更されたため、クリティカルパッチアップデート(CPU)とセキュリティパッチアップデート(SPU)を混同しないでください。
  25. ^ https://docs.oracle.com/en/database/oracle/oracle-database/12.2/dbptc/patch-delivery-methods-for-oracle-database-12c-release-2-12-2-0-1 -and-later-versions-243888991.html
  26. ^ Heudecker、Nick; ファインバーグ、ドナルド; エイドリアン、メルヴ(2017年7月25日)。「運用DBMS市場の状況、2017年」ガートナー2017年12月15日取得

外部リンク