オープンソースソフトウェア

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Cinnamonデスクトップ環境実行しているManjaroスクリーンショットMediaWikiを使用するWikipediaにアクセスするFirefoxLibreOffice WriterVimGNOME CalculatorVLC、およびNemoファイルマネージャー。これらはすべてオープンソースソフトウェアです。

オープンソースソフトウェアOSS)は著作権所有者がユーザーにソフトウェアとそのソースコードを使用、調査、変更、および配布する権利をユーザーに付与するライセンスの下でリリースされるコンピューターソフトウェアです。[1] [2]オープンソースソフトウェアは、共同で公的な方法で開発される場合がありますオープンソースソフトウェアはオープンコラボレーションの顕著な例です。つまり、有能なユーザーなら誰でもオンラインで参加できます。開発中、可能な貢献者の数を不定にします。コードを調べる機能により、ソフトウェアに対する一般の信頼が高まります。[3]

オープンソースソフトウェア開発は、単一の企業の視点を超えた多様な視点をもたらすことができます。Standish Groupによる2008年のレポートによると、オープンソースソフトウェアモデルの採用により、消費者は年間約600億ドルの節約になりました。[4] [5]

オープンソースコードは学習に使用でき、有能なエンドユーザーがユーザースクリプトやカスタムスタイルシートでWebサイトに許可するのと同様の方法でソフトウェアを個人のニーズに適合させ、最終的には同様の設定を持つユーザーのフォークとして変更を公開できます。プルリクエストとして可能な改善を直接送信します

歴史

1990年代の終わり:オープンソースイニシアチブの設立

コンピューティングの初期の頃、プログラマーと開発者は、お互いから学び、コンピューティングの分野を進化させるためにソフトウェアを共有していました。最終的に、オープンソースの概念は、1970年から1980年にかけてソフトウェアの商業化の道端に移りました。ただし、学者は依然としてソフトウェアを共同で開発することがよくあります。例としては、1979年にTeX植字システムを使用したDonald Knuth [6]、1983年にGNUオペレーティングシステムを使用したRichardStallmanがあります。[7] 1997年、エリック・レイモンドは伽藍とバザールを出版しました、ハッカーコミュニティと自由ソフトウェアの原則の反省的分析。この論文は1998年の初めに大きな注目を集め、NetscapeCommunicationsCorporationが人気のあるNetscapeCommunicatorインターネットスイートをフリーソフトウェアとしてリリースする動機となった要因1でしこのソースコードはその後、 SeaMonkeyMozilla FirefoxThunderbirdKompoZerの背後にある基盤となりました

ネットスケープの行為は、レイモンドと他の人々に、フリーソフトウェアファウンデーションの自由ソフトウェアのアイデアと認識された利益を商用ソフトウェア業界にもたらす方法を調査するように促しました。彼らは、FSFの社会的活動はNetscapeのような企業にとって魅力的ではないと結論付け、ソフトウェアソースコードの共有とコラボレーションのビジネスの可能性を強調するために自由ソフトウェア運動のブランドを変更する方法を探しました。[8]彼らが選んだ新しい用語は「オープンソース」であり、ブルース・ペレンズ、出版社のティム・オライリーリーナス・トーバルズなどによってすぐに採用されました。オープンソースイニシアチブ新しい用語の使用を奨励し、オープンソースの原則を広めるために1998年2月に設立されました。[9]

オープンソースイニシアチブは、新しい用語の使用を奨励し、それが遵守する原則を広めることを目指しましたが、商用ソフトウェアベンダーは、自由に配布されるソフトウェアとアプリケーションのソースコードへのユニバーサルアクセスの概念にますます脅威にさらされていることに気付きました。マイクロソフトの幹部ジム・オールチンは2001年に、「オープンソースは知的財産の破壊者である。ソフトウェア事業と知的財産事業にとってこれよりも悪いことは想像できない」と公に述べた。[10]しかし、フリーでオープンソースのソフトウェアは歴史的にプライベートソフトウェア開発の主流の外で役割を果たしてきましたが、マイクロソフトと同じくらい大きな企業はインターネット上で公式のオープンソースプレゼンスを開発し始めました。IBM、Oracle、Google、およびState Farmは、今日の競争の激しいオープンソース市場に深刻な公的利害関係を持つ企業のほんの一部です。FOSSの開発に関する企業理念に大きな変化がありました[11]

自由ソフトウェア運動1983年に開始されました。1998年に、個人のグループは、自由ソフトウェアという用語を、曖昧さの少ない表現としてオープンソースソフトウェア(OSS)に置き換える必要があると提唱しました[12] [13] [14]そして、企業の世界にとってより快適です。[15]ソフトウェア開発者は、オープンソースライセンスでソフトウェアを公開したいと思うかもしれません。そうすれば、誰でも同じソフトウェアを開発したり、その内部機能を理解したりできます。オープンソースソフトウェアでは、一般的に、誰でもその変更を作成し、新しいオペレーティングシステムや命令セットアーキテクチャに移植することができます。、他の人と共有するか、場合によってはそれを販売します。学者のCassonとRyanは、オープンソースを採用するいくつかのポリシーベースの理由を指摘しています。特に、次のカテゴリでオープンソースからの価値提案が高まっています(ほとんどのプロプライエタリフォーマットと比較した場合)。

  • 安全
  • 手頃な価格
  • 透明性
  • 永久
  • 相互運用性
  • 柔軟性
  • ローカリゼーション–特に地方自治体(ソフトウェアの決定を行う)のコンテキストで。CassonとRyanは、プロプライエタリソフトウェアの購入またはオープンソースオプションの実装を決定する際にこれらの要因を注意深く分析することを含め、「政府には納税者に対する固有の責任と受託者義務がある」と主張しています。[16]

オープンソースの定義は、オープンソースの哲学を提示し、オープンソースソフトウェアの使用条件、変更、および再配布をさらに定義します。ソフトウェアライセンスは、著作権法によって著作権所有者に留保されるユーザーに権利を付与します。いくつかのオープンソースソフトウェアライセンスは、オープンソースの定義の範囲内で認定されています。最も有名で人気のある例は、GNU General Public License(GPL)です。これは、「さらなる開発とアプリケーションが同じライセンスの下に置かれるという条件の下で無料配布を許可する」ため、これも無料です。[17]

オープンソースラベルは、1998年4月7日にパロアルトで開催された戦略セッションから生まれました。これは、 Netscapeが1998年1月にナビゲーターMozillaとして)のソースコードリリースを発表したことに反応したものです。セッションの個人グループには、ティム・オライリーリーナス・トーバルズ、トム・パキン、ジェイミー・ザウィンスキーラリー・ウォールブライアン・ベーレンドルフ、サミール・パレクエリック・オールマン、グレッグ・オルソン、ポール・ヴィクシージョン・オースターハウトグイド・ヴァン・ロッサムフィリップ・ジマーマンが含まれていました。ジョンギルモアエリックS.レイモンド[18]彼らは、ナビゲーターのソースコードがリリースされる前の機会を利用して、英語の「無料」という単語のあいまいさによって引き起こされる潜在的な混乱を明らかにしました

多くの人々は、1969年以来、インターネットの誕生がオープンソース運動を開始したと主張しましたが、他の人々はオープンソース運動とフリーソフトウェア運動を区別していません。[19]

1985年に設立されたフリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、「無料」という言葉は、配布の自由(または「言論の自由のように無料」)を意味し、費用の自由(または「無料のビールのように無料」)を意味するものではありません。多くの自由ソフトウェアはすでに無料であった(そして今もなお無料である)ので、そのような自由ソフトウェアはゼロコストに関連付けられるようになり、それは反商業的であるように思われた。[8]

オープンソースイニシアチブ(OSI)は、1998年2月にEricRaymondとBrucePerensによって設立されました。クローズドソフトウェア開発とオープン開発のケースヒストリーから少なくとも20年の証拠がインターネット開発者コミュニティによってすでに提供されているため、OSIは「オープンソース」ケースをNetscapeなどの商用ビジネスに提示しました。OSIは、ForesightInstituteのChristinePeterson [7] [20]によって提案された用語である「オープンソース」というラベルの使用を望んでいました。戦略セッションでは、特に「自由ソフトウェア」を反商業的であると認識している個人にとって、あいまいさを排除します。彼らは、自由に利用できるソースコードの実用的な利点をより高く評価することを目指し、主要なソフトウェアビジネスやその他のハイテク産業をオープンソースにすることを望んでいました。Perensは「オープンソース」をOSIのサービスマークとして登録しようとしましたが、その試みは商標基準では実用的ではありませんでした。一方、レイモンドの論文がネットスケープの上級管理職に提示されたため、レイモンドはプレスリリースを読んだときにのみ発見され[21] 、ネットスケープのCEOであるジムバークスデールから呼び出されました。その日の後半のPA—Netscapeはナビゲーターソースコードをオープンソースとしてリリースし、好結果をもたらしました。[22]

定義

オープンソースイニシアチブ(OSI)の定義は、国際的にいくつかの政府によって[23]標準または事実上の定義として認識さますさらに、Debian、Drupal Association、FreeBSD Foundation、Linux Foundation、OpenSUSE Foundation、Mozilla Foundation、Wikimedia Foundation、Wordpress Foundationなど、世界最大のオープンソースソフトウェアプロジェクトと貢献者の多くが、OSIの使命を守ることを約束しています[24]。 OSIアフィリエイト契約によるオープンソース定義。[25]

OSIは、オープンソース定義を使用して、ソフトウェアライセンスをオープンソースと見なすかどうかを決定します。この定義は、主にペレンズによって作成および適合されたDebianフリーソフトウェアガイドラインに基づいています。[26] [27] [28]ペレンスは、後に広く利用可能になったフリーソフトウェアファウンデーション(FSF)の「4つの自由」に基づいて執筆していませんでした。[29]

Perensの定義では、オープンソースは、コードの使用と変更に関する制限が緩和されているか存在しない状態で、ソースコードを一般の人々が利用できるようにする幅広いソフトウェアライセンスです。ソフトウェアの急速な進化を可能にするために、組織またはユーザーによる使用または配布にほとんど制限を課さないことは、オープンソースの明示的な「機能」です。[30]

最初はそれを受け入れたが[31] 、FSFのリチャード・ストールマンは現在、彼らが「フリーソフトウェア」と呼ぶものに適用される「オープンソース」という用語にきっぱりと反対している。彼は、2つの用語が「ほぼ同じカテゴリのソフトウェア」を表すことに同意しますが、ストールマンは、これらの用語を不正確で誤解を招くものと見なしていると考えています。[32]ストールマンはまた、オープンソースイニシアチブの公言された実用主義に反対している。彼は、ソフトウェアの自由に関するFSFの理想的な基準を妥協することによって、自由とコミュニティの自由ソフトウェアの理想が脅かされることを恐れている。[33] FSFは、フリーソフトウェアをオープンソースソフトウェアのサブセットと見なしており、RichardStallmanはDRMについて説明しました。たとえば、ソフトウェアは、ユーザーに自由を与えない(制限する)にもかかわらず、オープンソースとして開発することができるため、フリーソフトウェアとしての資格はありません。[34]

オープンソースソフトウェアライセンス

作成者がオープンソースプロジェクト(Apache.orgなど)にコードを提供する場合、明示的なライセンス(Apache Contributor License Agreementなど)または暗黙的なライセンス(プロジェクトの対象となるオープンソースライセンスなど)の下で提供します。すでにライセンスコード)。一部のオープンソースプロジェクトは、ライセンスに基づいて寄稿コードを取得しませんが、プロジェクトへのコード寄稿を受け入れるには、実際には作成者の著作権を共同で割り当てる必要があります。[35]

無料のソフトウェアライセンス/オープンソースライセンスの例には、ApacheライセンスBSDライセンスGNU General Public LicenseGNU Lesser General Public LicenseMIT LicenseEclipse Public LicenseMozillaPublicLicenseが含まれます。

オープンソースライセンスの急増は、ライセンス間の違いの法的な意味を理解することが難しい場合が多いため、オープンソース運動のマイナス面です。180,000を超えるオープンソースプロジェクトが利用可能であり、1400を超える固有のライセンスがあるため、「クローズドソース」の営利企業内でのオープンソースの使用を管理する方法を決定する複雑さが劇的に高まっています。自家製のものもあれば、Berkeley Software Distribution( "BSD")、Apache、MITスタイル(マサチューセッツ工科大学)、GNU General Public License( "GPL")などの主流のFOSSライセンスをモデルにしたものもあります。これを考慮して、オープンソースの実践者は、FOSSを使用した分類スキームを使用し始めています。ライセンスはグループ化されます(通常、コピーレフト条項によって課せられる存在と義務、コピーレフト条項の強さに基づいて)。[36]

オープンソース/フリーソフトウェア運動の重要な法的マイルストーンは2008年に可決され、米国連邦控訴裁判所は、フリーソフトウェアライセンスは著作権で保護された作品の使用に法的拘束力のある条件を確実に設定し、したがって既存の著作権法の下で強制力があると裁定しました。 その結果、エンドユーザーがライセンス条件に違反した場合、そのライセンスは消滅し、著作権を侵害していることになります。[37] このライセンスリスクにもかかわらず、ほとんどの商用ソフトウェアベンダーは、Apacheライセンスを活用するなど、ライセンス条件を満たしながら、商用製品でオープンソースソフトウェアを使用しています。[38]

認定

認定は、ユーザーの信頼を築くのに役立ちます。認証は、最も単純なコンポーネント、ソフトウェアシステム全体に適用できます。国連大学国際ソフトウェア技術研究所[ 39]は、「グローバルデスクトッププロジェクト」として知られるプロジェクトを開始しました。このプロジェクトは、すべてのエンドユーザーが理解して対話できるデスクトップインターフェイスを構築し、言語や文化の壁を越えることを目的としています。このプロジェクトは、開発途上国の情報システムへのアクセスを改善するでしょう。UNU / IISTは、認証を導入することにより、ソフトウェアの品質を妥協することなくこれを達成したいと考えています。[40]

オープンソースソフトウェア開発

開発モデル

1997年のエッセイ「伽藍とバザール[41] で、オープンソースのエバンジェリストである エリックS.レイモンドは、バザールモデルとして知られるOSSを開発するためのモデルを提案しています。レイモンドは、伝統的な方法論によるソフトウェアの開発を、「見事な孤立で働く個々の魔法使いまたは魔術師の小さなバンドによって慎重に作成された」大聖堂の建設に例えています。[41]彼は、すべてのソフトウェアはバザールスタイルを使用して開発されるべきであると提案し、彼はそれを「異なる議題とアプローチの素晴らしいせせらぎバザール」と表現した。[41]

彼が大聖堂モデルと呼んだ伝統的な開発モデルでは、開発は集中的に行われます。役割は明確に定義されています。役割には、設計に専念する人(アーキテクト)、プロジェクトの管理を担当する人、および実装を担当する人が含まれます。従来のソフトウェアエンジニアリングは、大聖堂モデルに従います。

ただし、バザールモデルは異なります。このモデルでは、役割は明確に定義されていません。グレゴリオ・ロブレス[42]は、バザールモデルを使用して開発されたソフトウェアは次のパターンを示す必要があることを示唆しています。

ユーザーは共同開発者として扱われるべきです
ユーザーは共同開発者のように扱われるため、ソフトウェアのソースコードにアクセスできる必要があります。さらに、ユーザーは、ソフトウェアへの追加、ソフトウェアのコード修正、バグレポート、ドキュメントなどを提出することをお勧めします。共同開発者が増えると、ソフトウェアの進化の速度が上がります。リーナスの法則は、「十分な眼球があれば、すべてのバグは浅い」と述べています。これは、多くのユーザーがソースコードを表示すると、最終的にすべてのバグを見つけて、それらを修正する方法を提案することを意味します。一部のユーザーは高度なプログラミングスキルを持っており、さらに、各ユーザーのマシンは追加のテスト環境を提供することに注意してください。この新しいテスト環境は、新しいバグを見つけて修正する機能を提供します。
初期リリース
ソフトウェアの最初のバージョンは、共同開発者を早期に見つける可能性を高めるために、できるだけ早くリリースする必要があります。
頻繁な統合
プロジェクトのライフサイクルの最後に多数のバグを修正するオーバーヘッドを回避するために、コードの変更をできるだけ頻繁に統合(共有コードベースにマージ)する必要があります。一部のオープンソースプロジェクトには、統合が毎日自動的に行われるナイトリービルドがあります。
いくつかのバージョン
ソフトウェアには少なくとも2つのバージョンが必要です。より多くの機能を備えたバギーバージョンと、より少ない機能を備えたより安定したバージョンがあるはずです。バグのあるバージョン(開発バージョンとも呼ばれます)は、最新の機能をすぐに使用したいユーザー向けであり、まだ十分にテストされていないコードを使用するリスクを受け入れます。その後、ユーザーは共同開発者として行動し、バグを報告し、バグ修正を提供できます。
高度なモジュール化
ソフトウェアの一般的な構造はモジュール式である必要があり、独立したコンポーネントでの並列開発が可能になります。
動的な意思決定構造
ユーザーの要件の変化やその他の要因に応じて戦略的な意思決定を行う、公式または非公式の意思決定構造が必要です。エクストリームプログラミングと比較してください

ただし、データによると、OSSはバザールモデルが示唆するほど民主的ではありません。31,999人の開発者による50億バイトの無料/オープンソースコードの分析は、コードの74%が最もアクティブな10%の作者によって書かれたことを示しています。プロジェクトに関与した著者の平均数は5.1人で、中央値は2人でした。 [43]

長所と短所

オープンソースソフトウェアは通常、プロプライエタリソフトウェアよりも入手が容易であり、多くの場合、使用が増加します。さらに、標準のオープンソース実装が利用できることで、その標準の採用を増やすことができます。[44]開発者が権限を与えられ、最終製品の所有権を持っていると感じるので、開発者の忠誠心を構築するのにも役立ちました。[45]

さらに、OSSにはマーケティングおよびロジスティクスサービスの低コストが必要です。これは、商品を含む企業のイメージを宣伝するための優れたツールです。[46] OSS開発アプローチは、信頼性が高く高品質のソフトウェアを迅速かつ安価に作成するのに役立ちました。[47]

オープンソース開発は、より迅速なイノベーションとイノベーションと社会的価値の創造の可能性を提供します。たとえばフランスでは、無料のオープンソースソフトウェアを支持するよう政府に働きかけた政策は、年間60万件近くのOSS貢献に増加し、オープンソースソフトウェアの量と質を高めることで社会的価値を生み出しました。このポリシーにより、技術系スタートアップの最大18%が増加し、IT部門で雇用される人の数が14%増加すると推定されています。[48]

通常、ソフトウェアのバグをテストおよび修正する数千人の独立したプログラマーがいるため、信頼性が高いと言われています。オープンソースは、それを最初に作成した会社や作者に依存していません。会社が失敗した場合でも、コードは存在し続け、ユーザーによって開発されます。また、誰もがアクセスできるオープンスタンダードを使用しています。したがって、プロプライエタリソフトウェアに存在する可能性のある互換性のないフォーマットの問題はありません。

モジュラーシステムではプログラマーがカスタムインターフェイスを構築したり、新しい機能を追加したりできるため柔軟性があり、オープンソースプログラムは多数の異なるプログラマー間のコラボレーションの産物であるため革新的です。多様な視点、企業目標、および個人的な目標を組み合わせることで、イノベーションが加速します。[49]

さらに、純粋に技術的な要件に従って自由ソフトウェアを開発することができます。ソフトウェアの品質を低下させることが多い商業的圧力について考える必要はありません。従来のソフトウェア開発者は、セキュリティ要件よりも顧客の要件に注意を払うようになっています。これは、そのような機能が顧客には見えないためです。[50]

オープンソース開発プロセスが明確に定義されておらず、システムテストやドキュメントなどの開発プロセスの段階が無視されている可能性があると言われることがあります。ただし、これは小規模な(ほとんどがシングルプログラマーの)プロジェクトにのみ当てはまります。大規模で成功したプロジェクトでは、チームワークを可能にするために必要なルールを少なくともいくつか定義して適用します。[51] [52]最も複雑なプロジェクトでは、これらのルールは、2人の独立した開発者による小さな変更でさえレビューするのと同じくらい厳格かもしれません。[53]

すべてのOSSイニシアチブが成功しているわけではありません。たとえば、SourceXchangeやEazelです。[45]オープンソースの品質システムを生み出す能力に納得していないソフトウェアの専門家や研究者は、不明確なプロセス、遅れた欠陥の発見、経験的証拠の欠如を最も重要な問題(生産性と品質に関する収集データ)として特定しています。[54]オープンソースパラダイムを中心に商業的に健全なビジネスモデルを設計することも困難です。したがって、技術的な要件のみが満たされ、市場の要件は満たされない可能性があります。[54]セキュリティの観点から、オープンソースを使用すると、ハッカーはクローズドソースソフトウェアよりもソフトウェアの弱点や抜け穴を簡単に知ることができます。仮想組織に参加する自律エージェントの効果的なパフォーマンスを作成するには、制御メカニズムに依存します。[55]

開発ツール

OSS開発では、ツールを使用して製品の開発と開発プロセス自体をサポートします。[56]

Concurrent Versions System(CVS)やそれ以降のSubversion(SVN)やGitなどのリビジョン管理システムはツールの例であり、多くの場合、それ自体がオープンソースであり、ソフトウェアプロジェクトのソースコードファイルとそれらのファイルへの変更を管理するのに役立ちます。[57]プロジェクトは、 LaunchpadGitHubGitLabSourceForgeなどのソースコードホスティング機能でホストおよび公開される「リポジトリ」に頻繁に保存されます[58]

オープンソースプロジェクトは、「形式化されたプロセスモデリングまたはサポートがほとんどない」状態で大まかに編成されることがよくありますが、問題追跡システムなどのユーティリティは、オープンソースソフトウェア開発を編成するためによく使用されます。[56]一般的に使用されるバグトラッカーには、 BugzillaRedmineが含まれます。[59]

メーリングリストIRCなどのツールは、開発者間の調整手段を提供します。[56]一元化されたコードホスティングサイトには、開発者が通信できるソーシャル機能もあります。[58]

組織

OSS開発に関与する「より著名な組織」には、ApacheWebサーバーの作成者であるApacheSoftwareFoundationが含まれます。Linux Foundation、2012年の時点でLinuxオペレーティングシステムカーネルの作成者であるLinusTorvaldsを採用している非営利団体です。Eclipseソフトウェア開発プラットフォームの本拠地であるEclipseFoundation 影響力のあるDebianGNU /Linuxディストリビューションの作成者であるDebianプロジェクト。FirefoxWebブラウザのホームであるMozillaFoundation OW2 、オープンソースミドルウェアを開発しているヨーロッパ生まれのコミュニティ。新しい組織は、より洗練されたガバナンスモデルを持つ傾向があり、そのメンバーシップは、多くの場合、法人メンバーによって形成されます。[60]

オープンソースソフトウェアインスティテュートは、2001年に設立された会員制の非営利(501(c)(6))組織であり、米国連邦、州、地方自治体の機関内でオープンソースソフトウェアソリューションの開発と実装を推進しています。OSSIの取り組みは、連邦政府、国防および国土安全保障省のコミュニティ内でのオープンソースソフトウェアプログラムとポリシーの採用を促進することに重点を置いています。[61]

Open Source for Americaは、オープンソースソフトウェアの利点について米国連邦政府の認識を高めるために作成されたグループです。彼らが表明した目標は、政府によるオープンソースソフトウェアの使用、オープンソースソフトウェアプロジェクトへの参加、および政府の透明性を高めるためのオープンソースコミュニティダイナミクスの組み込みを奨励することです。[62]

Mil-OSSは、軍隊でのOSSの使用と作成の進歩に専念するグループです。[63]

資金

オープンソースソフトウェアの開発をビジネスの中心とする企業は、さまざまなビジネスモデルを採用して、定義上無料でライセンス供与されているソフトウェアを提供して収益を上げる方法の課題を解決しています。これらの各ビジネス戦略は、オープンソーステクノロジーのユーザーが独自のライセンスの下で追加のソフトウェア機能を購入するか、ビジネスの中核となるオープンソースソフトウェアを補完する他のサービスや価値のある要素を購入することをいとわないという前提に基づいています。この付加価値は、エンタープライズグレードの機能と稼働時間の保証(多くの場合、サービスレベル契約による)である可能性がありますが、これらに限定されません。)ビジネスまたはコンプライアンスの要件を満たすために、オープンソースバージョンではまだ利用できない機能、法的保護(著作権または特許侵害からの補償など)、またはプロプライエタリソフトウェアアプリケーションに典型的な専門的なサポート/トレーニング/コンサルティングによるパフォーマンスと効率の向上。

他のソフトウェアライセンス/開発モデルとの比較

クローズドソース/プロプライエタリソフトウェア

オープンソースクローズドソースプロプライエタリソフトウェアとも呼ばれる)についての議論は、時として白熱します。

個人または組織がオープンソースソフトウェアを選択する 理由の上位4つ(オープンソースビジネス会議の調査[64]で提供)は次のとおりです。

  1. より低いコストで
  2. 安全
  3. ベンダーロックインなし
  4. より良い品質

革新的な企業はもはやソフトウェアの販売に大きく依存していないため、プロプライエタリソフトウェアの必要性は少なくなっています。[65]そのため、オープンソースのコンテンツ管理システム(またはCMS)の展開などが一般的になりつつあります。2009年、[66]米国のホワイトハウスは、CMSシステムを独自のシステムからDrupalオープンソースCMSに切り替えました。さらに、Novell(伝統的にソフトウェアを昔ながらの方法で販売していた)のような企業は、製品提供の一部をすでにオープンソースコードに切り替えているため、オープンソースの可用性に切り替えることの利点について継続的に議論しています。[67]このように、オープンソースソフトウェアは固有または特定の問題に対する解決策を提供します。このように、それは報告されます[68]エンタープライズレベルの企業の98%が、ある程度の能力でオープンソースソフトウェア製品を使用しています。

この市場の変化に伴い、より重要なシステムがオープンソースの提供に依存し始めており[69] 、 「セキュリティバグの捜索」を支援するためのより多くの資金(米国国土安全保障省の助成金[69]など)が可能になっています。OSSを採用している(または採用していない)組織のパイロット調査によると、マネージャーの信念には次の統計的有意性の要因が観察されました:(a)結果に対する態度、(b)他者の影響と行動、および(c)行動する能力。[70]

プロプライエタリソースディストリビューターは、市場シェアの変化によりオープンソースコミュニティの開発と貢献を開始しました。これは、競争力を維持するためにモデルを再発明する必要があるためです。[71]

多くの支持者は、誰でもコードを表示、編集、変更できるため、オープンソースソフトウェアは本質的に安全であると主張しています。[72] Linuxソースコードの調査では、1000行のコードあたり0.17のバグがありますが、プロプライエタリソフトウェアは通常、1000行あたり20〜30のバグを記録します。[73]

自由ソフトウェア

自由ソフトウェア運動のリーダーであるリチャード・ストールマンによると、主な違いは、一方の用語をもう一方の用語(つまり「オープンソース」または「フリーソフトウェア」)から選択することで、他の人に自分の目標が何であるかを知らせることです。ソースは開発方法論であり、自由ソフトウェアは社会運動です。」[33]それにもかかわらず、オープンソースソフトウェアとフリーソフトウェアの間にはかなりの重複があります。[34]

FSF [74]は、「オープンソース」という用語は、ソースの単なる利用可能性と、それを使用、変更、および再配布する自由とを混同するような、異なる種類のあいまいさを助長すると述べました。一方、「フリーソフトウェア」という用語は、「無料」という言葉が「無料で利用可能」であるという曖昧さのために批判されまし。学期。[8] [76] [77]

開発者は、フリーとオープンソースソフトウェアFOSS)、またはフリー/リブレとオープンソースソフトウェア(FLOSS)という代替用語を使用して、 フリーソフトウェアでもあるオープンソースソフトウェアを説明しています。[78]オープンソースソフトウェアの定義はFSFのフリーソフトウェア定義[79]に非常に似ていますが、 Debianフリーソフトウェアガイドラインに基づいており、主にBrucePerensによってEricS.Raymondなどの意見を取り入れて作成および適合されています。[80]

「オープンソース」という用語は、もともと商標登録を目的としていました。ただし、この用語は説明的すぎると見なされたため、商標は存在しません。[81] OSIは、人々がオープンソースを商標であるかのように扱い、OSI承認ライセンスの下でライセンスされたソフトウェアを説明するためにのみ使用することを望んでいます。[82]

OSI Certifiedは、OpenSourceInitiativeのリストに記載されているライセンスに基づいてライセンスされたソフトウェアを配布している人にのみライセンスされている商標です。[83]

オープンソースとソース利用可能

「オープンソースソフトウェア」のOSI定義は広く受け入れられていますが、少数の人々や組織が、ソースを表示できるが、法的に変更または再配布できないソフトウェアを指すためにこの用語を使用しています。このようなソフトウェアは、2001年にマイクロソフトによって造られた用語であるソースアベイラブルまたは共有ソースと呼ばれることがよくあります。 [84] 2007年にMicrosoftのシェアードソースイニシアチブライセンスのうち2つがOSIによって認定されましたが、ほとんどのライセンスはSSIプログラムからのものです。まだソースでのみ利用可能です[85]

オープンソーシング

オープンソースとは、オープンソースの動きを広める行為であり、ほとんどの場合、オープンソース/フリーソフトウェアライセンスの下で以前のプロプライエタリソフトウェアをリリースすることを指しますが[86]、オープンソースソフトウェアのプログラミングやオープンソースソフトウェアのインストールを指すこともあります。

以前はプロプライエタリであり、オープンソース化された注目すべきソフトウェアパッケージには次のものがあります。

ソフトウェアのライセンスを変更する前に、ディストリビューターは通常、サードパーティのライセンスコードのソースコードを監査します。サードパーティのライセンスコードは、削除するか、再ライセンスの許可を取得する必要があります。バックドアやその他のマルウェアも、コードのリリース後に簡単に発見される可能性があるため、削除する必要があります。

現在のアプリケーションと採用

「安定性と信頼性の高いオペレーティングシステムが必要だったため、主要な機能をWindowsからLinuxに移行しました。これにより、社内で制御できるようになりました。したがって、パッチ、調整、または適応が必要な場合は、可能でした。」

国際宇宙ステーション(ISS)のコンピューターシステムを管理するユナイテッドスペースアライアンスの公式声明。ISSでWindowsからDebian GNU/Linuxに切り替えることを選択した理由[87] [88]

広く使われているオープンソースソフトウェア

オープンソースソフトウェアプロジェクトは、ボランティアプログラマーのネットワークによって構築および保守されており、無料の製品だけでなく商用製品でも広く使用されています。[38]オープンソース製品の代表的な例は、Apache HTTPサーバー、eコマースプラットフォームosCommerce、インターネットブラウザMozilla FirefoxおよびChromium (フリーウェアGoogle Chromeの開発の大部分が行われるプロジェクト)およびフルオフィスです。スイートLibreOffice最も成功しているオープンソース製品の1つは、GNU / Linuxオペレーティングシステム、オープンソースのUnixライクなオペレーティングシステム、およびその派生Androidです。、モバイルデバイス用のオペレーティングシステム。[89] [90]一部の業界では、オープンソースソフトウェアが標準です。[91]

ソフトウェア以外で使用するための拡張機能

「オープンソース」という用語は、もともとソフトウェアのソースコードにのみ適用されていましたが、[92]オープンソースエコロジー[94]などの多くの分野にも適用されています。それらを使用することができます。ただし、部分的にしか重複しない、異なる競合する原則を持つ他の領域に誤用されることがよくあります。

オープンソースソフトウェアの根底にあるのと同じ原則は、オープンソースハードウェアウィキペディアオープンアクセスパブリッシングなどの他の多くのベンチャーにも見られます。総称して、これらの原則は、オープンソース、オープンコンテンツ、およびオープンコラボレーションとして知られています貢献者と非貢献者の両方が利用できるようにする価値。」[3]

この「文化」またはイデオロギーは、企業で一般的に使用されるような開発のより集中化されたモデルとは対照的に、原則がより一般的に適用され、さまざまなアジェンダ、アプローチ、および優先順位の同時入力を容易にするという見解を取ります。[96]

も参照してください

参照

  1. ^ St. Laurent、Andrew M.(2008)。オープンソースと自由ソフトウェアライセンスを理解するオライリーメディア。p。4. ISBN 9780596553951
  2. ^ コーブリー、ジェームズ・エドワード(2014年9月25日)。「フリーソフトウェアの代替案:フリーウェア、オープンソースソフトウェア、およびライブラリ」情報技術と図書館33(3):65. doi10.6017/ital.v33i3.5105ISSN2163-5226_ 
  3. ^ a b Levine、Sheen S .; Prietula、Michael J.(2013年12月30日)。「イノベーションのためのオープンコラボレーション:原則とパフォーマンス」。組織科学25(5):1414–1433。arXiv1406.7541土井10.1287/orsc.2013.0872ISSN1047-7039_ S2CID6583883_  
  4. ^ ロスウェル、リチャード(2008年8月5日)。「自由ソフトウェアで富を生み出す」自由ソフトウェアマガジン2008年9月8日にオリジナルからアーカイブされました2008年9月8日取得
  5. ^ 「StandishNewsroom—オープンソース」(プレスリリース)。ボストン2008年4月16日。2012年1月18日のオリジナルからアーカイブ2008年9月8日取得
  6. ^ Gaudeul、Alexia(2007)。「オープンソース開発者は競争に対応しますか?LaTeXのケーススタディ」。ネットワーク経済学のレビュー6(2)。土井10.2202/1446-9022.1119ISSN1446-9022_ S2CID201097782_  
  7. ^ a b VMブラッサー(2018)。オープンソースであなたの未来を築きましょう実用的なプログラマー。ISBN 978-1-68050-301-2
  8. ^ a b c カール・フォーゲル(2016)。「オープンソースソフトウェアの作成–無料のソフトウェアプロジェクトを成功させる方法」オライリーメディア2016年4月11日取得しかし、問題はそれよりも深刻でした。「無料」という言葉には、避けられない道徳的な意味が含まれています。自由がそれ自体の目的である場合、特定の状況で特定のビジネスにとって、自由ソフトウェアがたまたまより優れているか、より収益性が高いかは問題ではありませんでした。それらは、根本的には技術的でも商業的でもないが道徳的であった動機の単なる楽しい副作用でした。さらに、「自由のように自由」という立場は、ビジネスのある側面で特定の無料プログラムをサポートしたいが、他の側面ではプロプライエタリソフトウェアのマーケティングを続けたいと考えている企業に明白な矛盾を強いました。
  9. ^ 「OSIの歴史」Opensource.org。
  10. ^ B.チャーニー(2001年5月3日)。「MicrosoftRapsオープンソースアプローチ」CNET。
  11. ^ ジェフリー・ヴォアス、キース・W・ミラー、トム・コステロ。無料のオープンソースソフトウェア。IT Professional 12(6)(2010年11月)、pg。14–16。
  12. ^ エリックS.レイモンド「さようなら、「自由ソフトウェア」;こんにちは、「オープンソース」"。catb.org。問題は2つあります。1つ目は...「無料」という用語は非常にあいまいです...2つ目は、この用語は多くの企業タイプを神経質にします。
  13. ^ Kelty、Christpher M.(2008)。「自由ソフトウェアの文化的重要性– 2ビット」(PDF)デューク大学出版会–ダーラムとロンドン。p。99. 1998年以前は、フリーソフトウェアは、フリーソフトウェアファウンデーション(およびストールマンの注意深いマイクロマネージングアイ)、またはさまざまな名前:ソースウェア、フリーウェア、シェアウェア、オープンソフトウェア、パブリックドメインソフトウェアなど。対照的に、オープンソースという用語は、それらすべてを1つの動きにまとめようとしました。
  14. ^ シア、トム(1983年6月23日)。「フリーソフトウェア–フリーソフトウェアはソフトウェアスペアパーツのジャンクヤードです」InfoWorld2016年2月10日取得「商用ソフトウェアとは対照的に、パブリックドメインに存在する自由ソフトウェアの大規模で成長している本体です。パブリックドメインソフトウェアは、マイクロコンピュータ愛好家(「ハッカー」としても知られています)によって書かれ、その多くは仕事のプロのプログラマーです。 [...]誰もがソースコードにアクセスできるので、多くのルーチンが使用されただけでなく、他のプログラマーによって劇的に改善されました。」
  15. ^ レイモンド、エリックS.(1998年2月8日)。「さようなら、「自由ソフトウェア」;こんにちは、「オープンソース」" 。 2008年8月13日取得1月にNetscapeの発表が発表された後、私は次のフェーズ、つまり「フリーソフトウェア」を主流の企業の世界で受け入れられるようにするための真剣な取り組みについて多くのことを考えました。 「フリーソフトウェア」そのもの。具体的には、「フリーソフトウェア」という言葉自体に問題があり、概念ではないので、そういう言葉を使わないといけないと思いました。
  16. ^ ライアン、パトリックS .; キャッソン、トニー(2006年5月)。「オープンスタンダード、公共部門でのオープンソースの採​​用、およびTony Casson、Patrick S. Ryan::SSRNによるMicrosoftの市場支配との関係」。Papers.ssrn.com。SSRN1656616_  {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  17. ^ Holtgrewe、Ursula(2004)。「インターネットの速度を明確にする:オープンソース/フリーソフトウェアの場合」時間と社会(投稿原稿)。13:129–146。土井10.1177/0961463X04040750S2CID61327593_ 
  18. ^ 「オープンソースのパイオニアは歴史的なサミットで会う」1998年4月14日2014年9月20日取得
  19. ^ Muffatto、Moreno(2006)。オープンソース:学際的なアプローチインペリアルカレッジプレス。ISBN 978-1-86094-665-3
  20. ^ 「私が「オープンソース」という用語をどのように作り出したか"
  21. ^ 「NETSCAPEは次世代コミュニケーターのソースコードをネット上で無料で利用できるようにする計画を発表しました」ネットスケープコミュニケーションズ株式会社1998年1月22日。2007年4月1日のオリジナルからアーカイブ2013年8月8日取得何千ものインターネット開発者の創造力を活用するための大胆な動き。会社は、すべてのユーザーがNETSCAPE NAVIGATORおよびCOMMUNICATOR4.0をすぐに無料で利用できるようにし、エンタープライズおよびNETCENTERビジネスのシードマーケットを実現します。
  22. ^ 「カリフォルニア州マウンテンビュー、4月1日/ PRNewswire /-Netscape Communicationsとオープンソース開発者は、1999年3月31日、Netscapeのブラウザソースコードがmozilla.orgにリリースされてから1周年を迎えます。 」NetscapeCommunications1999年3月31日2013年1月10日取得[...]次世代のNetscapeのブラウザおよび通信ソフトウェアに取り組んでいるオープンソース開発者を管理する組織。このイベントは、ネットスケープがソースコードを公開した最初の主要な商用ソフトウェア会社となり、その後他のいくつかの企業がこの傾向をたどったことから、インターネットにとって歴史的なマイルストーンとなりました。コードが最初にインターネットで公開されて以来、何千もの個人や組織がそれをダウンロードし、ソフトウェアに何百もの貢献をしてきました。Mozilla.orgは現在、サンフランシスコで木曜日の夜にパーティーを開き、この1周年を祝っています。
  23. ^ 「国際的な権威と認識」Opensource.org。
  24. ^ 「OSIアフィリエイトのリスト」Opensource.org。
  25. ^ 「OSIアフィリエイト契約」Opensource.org。
  26. ^ ペレンズ、ブルース。オープンソース:オープンソース革命からの声オライリーメディア1999年。
  27. ^ ディボナ、クリス; オックマン、サム(1999年1月)。ブルース・ペレンズによるオープンソースの定義ISBN 978-1-56592-582-3
  28. ^ 「オープンソースの定義」、オープンソースイニシアチブに従ったオープンソースの定義
  29. ^ 「いくつのオープンソースライセンスが必要ですか?–スラッシュドット」News.slashdot.org2009年2月16日2012年3月25日取得
  30. ^ オープンソースイニシアチブ。「オープンソースの定義(注釈付き)」opensource.org 2016年7月22日取得
  31. ^ Tiemann、Michael。「OSIの歴史」オープンソースイニシアチブ。2006年9月24日にオリジナルからアーカイブされました2014年5月13日取得
  32. ^ ストールマン、リチャード(2007年6月16日)。「なぜ「オープンソース」は自由ソフトウェアの要点を見逃しているのか」GNUプロジェクトの哲学フリーソフトウェアファウンデーション2007年7月23日取得オープンソースの支持者が新しいユーザーを私たちのコミュニティに引き込むにつれて、私たちの自由ソフトウェア活動家は、自由の問題をそれらの新しいユーザーの注意を引くためにさらに努力しなければなりません。「これは自由ソフトウェアであり、自由を与えてくれます!」と言わざるを得ません。これまで以上に大音量で。「オープンソース」ではなく「フリーソフトウェア」と言うたびに、あなたは私たちのキャンペーンを助けます。
  33. ^ a b ストールマン、リチャード(2007年6月19日)。「なぜ「フリーソフトウェア」が「オープンソース」よりも優れているのか" 。GNUプロジェクトの哲学フリーソフトウェアファウンデーション。 2007年7月23日取得遅かれ早かれ、これらのユーザーは、実用的な利点を得るために独自のソフトウェアに切り替えるよう招待されます。彼らが自由ソフトウェアが彼らに与える自由をそれ自体のために評価することを学んだなら、この考えを広めるのは私たち次第です—そしてそれをするために、私たちは自由について話さなければなりません。 「ビジネスへのアプローチはコミュニティにとって役立つ可能性がありますが、私たちにも十分な自由の話をする必要があります。
  34. ^ a b ストールマン、リチャード(2007年6月16日)。「なぜ「オープンソース」は自由ソフトウェアの要点を見逃しているのか」GNUプロジェクトの哲学フリーソフトウェアファウンデーション2007年7月23日取得映画やレコード会社の圧力の下で、個人が使用するソフトウェアは、ますますそれらを制限するために特別に設計されています。この悪意のある機能は、DRMまたはデジタル制限管理として知られています(DefectiveByDesign.orgを参照)。)、そしてそれは自由ソフトウェアが提供することを目指している自由の精神のアンチテーゼです。[...]それでも、一部のオープンソースサポーターは「オープンソースDRM」ソフトウェアを提案しています。彼らの考えは、暗号化されたメディアへのアクセスを制限するように設計されたプログラムのソースコードを公開し、他の人がそれを変更できるようにすることで、あなたのようなユーザーを制限するためのより強力で信頼性の高いソフトウェアを作成するというものです。その後、変更できないデバイスで配信されます。このソフトウェアは「オープンソース」であり、オープンソース開発モデルを使用している可能性があります。しかし、それは実際にそれを実行するユーザーの自由を尊重しないので、それは自由ソフトウェアではありません。オープンソース開発モデルがこのソフトウェアをより強力で信頼性の高いものにして制限に成功した場合、それはさらに悪化します。
  35. ^ ローゼン、ローレンス。「共同作業–オープンソースライセンス:ソフトウェアの自由と知的財産法」flylib.com 2016年7月22日取得
  36. ^ Andrew T. Pham、Verint Systems Inc.、およびMatthewB.WeinsteinとJamieL.Ryerson。" ABCのように簡単: WaybackMachineで2012年11月8日にアーカイブされたオープンソースライセンス の分類"; www.IPO.org。2010年6月。
  37. ^ シールズ、マギー(2008年8月14日)。「オープンソースの法的なマイルストーン」BBCニュース2008年8月15日取得
  38. ^ a b Popp、Dr。Karl Michael(2015)。オープンソースソフトウェアの商用利用のためのベストプラクティスドイツ、ノルダーシュテット:BooksonDemand。ISBN 978-3738619096
  39. ^ [1] 2007年11月15日にウェイバックマシンでアーカイブ
  40. ^ [2] 2007年12月7日にウェイバックマシンでアーカイブ
  41. ^ a b c Raymond、Eric S.(2000年9月11日)。「大聖堂とバザール」2004年9月19日取得
  42. ^ Robles、Gregorio(2004)。「Libreソフトウェアへのソフトウェアエンジニアリングアプローチ」(PDF)Robert A. Gehring著、Bernd Lutterbeck(ed。)オープンソースJahrbuch2004(PDF)ベルリン:ベルリン工科大学2020年2月11日取得
  43. ^ Ghosh、RA; Robles、G .; Glott、R.(2002)。「フリー/リブレとオープンソースソフトウェア:調査と研究パートV」。マーストリヒト:国際インフォノミクス研究所
  44. ^ 米国国防総省。「オープンソースソフトウェアに関するFAQ」最高情報責任者2016年7月22日取得
  45. ^ a b シャルマ、スリナラヤン; ヴィジャヤン・スグマラン; Balaji Rajagopalan(2002)。「ハイブリッドオープンソースソフトウェアコミュニティを作成するためのフレームワーク」(PDF)情報システムジャーナル12:7–25。土井10.1046/j.1365-2575.2002.00116.xS2CID5815589_  
  46. ^ ランドリー、ジョン; Rajiv Gupta(2000年9月)。「オープンソースからの利益」。ハーバードビジネスレビュー土井10.1225/F00503
  47. ^ レイノルズ、カール; ジェレミーワイアット(2011年2月)。「オープンソース、オープンスタンダード、およびヘルスケア情報システム」Journal of MedicalInternetResearch13(1):e24。土井10.2196/jmir.1521PMC3221346_ PMID21447469_  
  48. ^ ネーグル、フランク(2019年3月3日)。「政府の技術政策、社会的価値、および国家の競争力」ニューヨーク州ロチェスター。 {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  49. ^ Plotkin、Hal(1998年12月)。「オープンソースソフトウェアについて知っておくべきこと(そしてその理由)」。ハーバード管理の更新:8–9。
  50. ^ ペイン、クリスチャン(2002年2月)。「オープンソースソフトウェアのセキュリティについて」。情報システムジャーナル12(1):61–78。土井10.1046/j.1365-2575.2002.00118.xS2CID8123076_ 
  51. ^ 「GNUClasspathハッカーズガイド:GNUClasspathハッカーズガイド」Gnu.org2003年8月11日2012年3月25日取得
  52. ^ メファート、クラウス; ニール・ロスタン(2007)。「JGAPで使用されるコーディングスタイルと実践の簡単な要約」Java遺伝的アルゴリズムパッケージ。2012年12月25日にオリジナルからアーカイブされました2008年9月8日取得
  53. ^ Tripp、Andy(2007年7月16日)。「遅いOpenJDKプロセスに不満を持っているクラスパスハッカー」Javalobby。2012年3月12日にオリジナルからアーカイブされました2008年5月2日取得
  54. ^ a b スタメロス、イオアニス; レフテリスアンジェリス; アポストロスオイコノモウ; Georgios L. Bleris(2002)。「オープンソースソフトウェア開発におけるコード品質分析」。情報システムジャーナル12:43–60。土井10.1109/MS.2007.2S2CID18538582_ 
  55. ^ Gallivan、Michael J.(2001)。「仮想組織における信頼と制御のバランスをとる:オープンソースソフトウェアのケーススタディの内容分析」情報システムジャーナル11(4):277–304。土井10.1046/j.1365-2575.2001.00108.xS2CID11868077_ 
  56. ^ a b c Boldyreff、Cornelia; レイブリー、ジャネット; ナッター、デビッド; ランク、スティーブン。「オープンソース開発プロセスとツール」(PDF)Flosshub 2016年7月22日取得
  57. ^ スタンズベリー、グレン(2008年9月18日)。「レビューされた7つのバージョン管理システム–スマッシングマガジン」スマッシングマガジン2016年7月22日取得
  58. ^ a b Frantzell、Lennart(2016年7月18日)。「GitHub、Launchpad、BitBucket、今日の分散バージョン管理システムが前例のないグローバルなオープンソース革命をどのように推進しているか」IBMdeveloperworks 2016年7月22日取得
  59. ^ ベイカー、ジェイソン。「トップ4のオープンソース問題追跡ツール」opensource.com 2016年7月22日取得
  60. ^ FrançoisLetellier(2008)、オープンソースソフトウェア:フェデレーションビジネスおよびイノベーションエコシステムにおける非営利団体の役割、AFME2008。
  61. ^ オープンソースソフトウェア研究所。「ホーム」オープンソースソフトウェア研究所2016年7月22日取得
  62. ^ Hellekson、Gunnar。「ホーム」アメリカ向けのオープンソース。2015年12月1日にオリジナルからアーカイブされました2012年3月25日取得
  63. ^ EntandoSrl(Entando)から。「Mil-OSS」2012年3月25日取得
  64. ^ Irina Guseva(@irina_guseva)(2009年3月26日)。「悪い経済はオープンソースに良い」Cmswire.com 2012年3月25日取得
  65. ^ 「オープンソースとプロプライエタリソフトウェア」PCWorldビジネスセンターPcworld.com。2011年11月3日2012年3月25日取得
  66. ^ Geoff Spick(@ Goffee71)(2009年10月26日)。「オープンソース運動はホワイトハウスで友達を見つける」Cmswire.com 2012年3月25日取得
  67. ^ 「オープンソース用のパンドラの箱」CNET2004年2月12日2012年3月25日取得
  68. ^ マーフィー、デビッド(2010年8月15日)。「調査:98%の企業がオープンソースを使用し、29%が貢献しています」PCMag.com 2012年3月25日取得
  69. ^ ab 「国土安全保障はオープンソースコードの保護に役立ちますCNET 2012年3月25日取得
  70. ^ グリーンリー、ニール。「オープンソースソフトウェア調査」2013年6月22日にオリジナルからアーカイブされました2012年10月9日取得
  71. ^ Boulanger、A.(2005)。オープンソースとプロプライエタリソフトウェア:一方は他方よりも信頼性と安全性が高いですか?IBM Systems Journal、44(2)、239–248。
  72. ^ セルツァー、ラリー(2004年5月4日)。「オープンソースは本当に安全ですか?」PCMag.com 2012年3月25日取得
  73. ^ ミシェルデリオ(2004年12月14日)。「Linux:ライバルよりもバグが少ない」有線2016年5月23日取得
  74. ^ 「オープンソースがフリーソフトウェアのポイントを見逃している理由– GNUプロジェクト–フリーソフトウェアファウンデーション」Gnu.org 2015年3月30日取得
  75. ^ 「さようなら、「自由ソフトウェア」;こんにちは、「オープンソース」問題は2つあります。1つ目は...「無料」という用語は非常にあいまいです...2つ目は、この用語は多くの企業タイプを神経質にします。
  76. ^ Kelty、Christpher M.(2008)。「自由ソフトウェアの文化的重要性– 2ビット」(PDF)デューク大学出版会–ダーラムとロンドン。p。99. 1998年以前は、フリーソフトウェアは、フリーソフトウェアファウンデーション(およびストールマンの注意深いマイクロマネージングアイ)、またはさまざまな名前:ソースウェア、フリーウェア、シェアウェア、オープンソフトウェア、パブリックドメインソフトウェアなど。対照的に、オープンソースという用語は、それらすべてを1つの動きにまとめようとしました。
  77. ^ OSI。「OSIの歴史」会議参加者は、過去に「自由ソフトウェア」に関連付けられていた道徳的で対立的な態度を捨て、同じ実用的なビジネスケースの理由でアイデアを厳密に販売する時が来たと判断しました
  78. ^ ストールマン、リチャード。「FLOSSとFOSS」フリーソフトウェアファウンデーション2016年7月22日取得
  79. ^ ストールマン、リチャード(2007年6月16日)。「なぜ「オープンソース」は自由ソフトウェアの要点を見逃しているのか」GNUプロジェクトの哲学GNUプロジェクト2007年7月23日取得
  80. ^ Tiemann、Michael(2006年9月19日)。「OSIの歴史」オープンソースイニシアチブ2008年8月23日取得
  81. ^ ネルソン、ラッセル(2007年3月26日)。「認証マーク」オープンソースイニシアチブ2008年2月6日にオリジナルからアーカイブされました2007年7月22日取得
  82. ^ レイモンド、エリックS.(1998年11月22日)。「OSIローンチアナウンス」オープンソースイニシアチブ2007年7月22日取得
  83. ^ ネルソン、ラッセル(2006年9月19日)。「カテゴリ別のオープンソースライセンス」オープンソースイニシアチブ2007年7月22日取得
  84. ^ 「マイクロソフトはシェアードソースイニシアチブの拡張を発表しました」Geekzone.co.nz。2005年3月21日2015年3月30日取得
  85. ^ 「OSIはMicrosoftライセンスの提出を承認します」opensource.org。2007年10月17日2013年8月8日取得OSI理事会は、ライセンス承認委員長の助言に基づいて、本日、Microsoft Public License(Ms-PL)およびMicrosoft Reciprocal License(Ms-RL)を承認しました。承認の決定は、これらのライセンスがオープンソース定義の10の基準を満たしているため、承認する必要があるというオープンソースコミュニティからの圧倒的な(全会一致ではありませんが)コンセンサスによって通知されました。
  86. ^ Agerfalk、Par and Fitzgerald、Brian(2008)、未知の労働力へのアウトソーシング:グローバルソーシング戦略としてのOpensourcingの調査、 MIS Quarterly、Vol 32、No 2、pp.385–410
  87. ^ ガンター、ジョエル(2013年5月10日)。「LinuxoverWindowsに大胆に対応する国際宇宙ステーション」電信2022年1月11日にオリジナルからアーカイブされました。
  88. ^ ブリッジウォーター、エイドリアン(2013年5月13日)。「国際宇宙ステーションはDebianLinuxを採用し、WindowsとRedHatをエアロックに落とし込みました」ComputerWeekly
  89. ^ Michael J. Gallivan、「仮想組織における信頼と制御のバランスをとる:オープンソースソフトウェアのケーススタディの内容分析」、Info Systems Journal 11(2001):277–304
  90. ^ Hal Plotkin、「オープンソースソフトウェアについて知っておくべきこと(および理由)」Harvard Management Update 12(1998):8–9
  91. ^ いいえ、キャサリン(2011年5月18日)。「オープンソースソフトウェアは今やビジネスの常識です」PCWorld 2016年7月22日取得
  92. ^ ストールマン、リチャード(2007年9月24日)。「なぜ「オープンソース」は自由ソフトウェアの要点を見逃しているのか」GNUプロジェクトの哲学フリーソフトウェアファウンデーション2007年12月6日取得しかし、自由ソフトウェアのすべてのユーザーと開発者が自由ソフトウェア運動の目標に同意したわけではありません。1998年に、自由ソフトウェアコミュニティの一部が分裂し、「オープンソース」の名の下にキャンペーンを開始しました。この用語は当初、「フリーソフトウェア」という用語の誤解を避けるために提案されましたが、すぐに、フリーソフトウェア運動の哲学的見解とはまったく異なる哲学的見解に関連付けられるようになりました。
  93. ^ 「オープンソースとは何ですか?」2013年7月29日取得
  94. ^ 「オープンソースエコロジー」...世界初の複製可能なオープンソースの自給自足の分散型ハイアプライテクパーマカルチャーエコビレッジを構築しています...
  95. ^ 「オープンコラボレーションビットコイン」Informs.org。2014年1月2日2015年3月30日取得
  96. ^ レイモンド、エリックS.大聖堂とバザールed3.0。2000年。

さらに読む

外部リンク