Open Shortest Path First

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to navigation Jump to search

Open Shortest Path First
Communication protocol
PurposeRouting protocol
Introduction1989; 33 years ago (1989
RFC(s)1131, 1247, 1583, 2178, 2328, 3101, 5709, 6549, 6845...
OSPF for IPv6
Communication protocol
Introduction1999; 23 years ago (1999
RFC(s)2740, 5340, 6845, 6860, 7503, 8362...

Open Shortest Path FirstOSPF)は、インターネットプロトコル(IP)ネットワークのルーティングプロトコルです。リンクステートルーティング(LSR)アルゴリズムを使用し、単一の自律システム(AS)内で動作するInterior Gateway Protocol(IGP)のグループに分類ます

OSPFは、使用可能なルーターからリンク状態情報を収集し、ネットワークのトポロジマップを構築します。トポロジは、宛先IPアドレスでパケットをルーティングするためのインターネット層へのルーティングテーブルとして表示されます。OSPFは、インターネットプロトコルバージョン4(IPv4)およびインターネットプロトコルバージョン6(IPv6)ネットワークをサポートし、クラスレスドメイン間ルーティング(CIDR)アドレス指定モデルをサポートします。

OSPFは、大規模なエンタープライズネットワークで広く使用されています別のLSRベースのプロトコルであるIS-ISは、大規模なサービスプロバイダーネットワークでより一般的です。

Originally designed in the 1980s, OSPF is defined for IPv4 in protocol version 2 by RFC 2328 (1998).[1] The updates for IPv6 are specified as OSPF Version 3 in RFC 5340 (2008).[2] OSPF supports the Classless Inter-Domain Routing (CIDR) addressing model.

コンセプト

OSPFは、自律システムなどの単一のルーティングドメイン内でインターネットプロトコル(IP)パケットをルーティングするためのInterior Gateway Protocol(IGP)です利用可能なルーターからリンク状態情報を収集し、ネットワークのトポロジマップを構築します。トポロジは、宛先IPアドレスのみに基づいてパケットをルーティングするインターネット層へのルーティングテーブルとして提示されます。

OSPFは、リンク障害などのトポロジの変更を検出し、数秒以内に新しいループのないルーティング構造に収束します。[3]ダイクストラのアルゴリズムに基づく方法を使用して、各ルートの最短経路ツリーを計算しますルートテーブルを構築するためのOSPFルーティングポリシーは、各ルーティングインターフェイスに関連付けられたリンクメトリックによって管理されます。コスト要因は、ルーターの距離(ラウンドトリップ時間)、リンクのデータスループット、またはリンクの可用性と信頼性であり、単純な無次元数で表されます。これにより、同じコストのルート間のトラフィック負荷分散の動的なプロセスが提供されます。

OSPFは、ネットワークをルーティングエリアに分割して、管理を簡素化し、トラフィックとリソースの使用率を最適化します。エリアは32ビットの数値で識別され、単純に10進数で表されるか、多くの場合、IPv4アドレスに使用されるのと同じオクテットベースのドット10進表記で表されます。慣例により、エリア0(ゼロ)または0.0.0.0は、コアまたはバックボーンを表しますOSPFネットワークのエリア。他のエリアのIDは自由に選択できますが、管理者は多くの場合、エリアIDとしてエリア内のメインルーターのIPアドレスを選択します。追加の各エリアには、OSPFバックボーンエリアへの接続が必要です。このような接続は、エリア境界ルーター(ABR)と呼ばれる相互接続ルーターによって維持されます。ABRは、サービスを提供するエリアごとに個別のリンクステートデータベースを維持し、ネットワーク内のすべてのエリアの 要約されたルートを維持します。

OSPFは、インターネットプロトコルバージョン4(IPv4)およびインターネットプロトコルバージョン6 (IPv6)で実行されますが、 UDPTCPなどのトランスポートプロトコルを使用しませんデータをプロトコル番号89のIPパケットに直接カプセル化しますこれは、ルーティング情報プロトコル(RIP)やボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)などの他のルーティングプロトコルとは対照的です。OSPFは、独自のトランスポートエラー検出および訂正機能を実装しています。OSPFは、ブロードキャストドメイン内でルート情報を配信するためにマルチキャストアドレス指定を使用します。マルチキャストアドレスを予約しますすべてのSPF /リンクステートルーター(AllSPFRouters)の場合は224.0.0.5(IPv4)およびFF02 :: 5(IPv6)、すべての指定ルーター(AllDRouters)の場合は224.0.0.6(IPv4)およびFF02 :: 6(IPv6)。[4] [5]非ブロードキャストネットワークの場合、構成に関する特別な規定により、近隣探索が容易になります。[1]OSPFマルチキャストIPパケットは、IPルーターを通過することはなく、複数のホップを通過することもありません。したがって、このプロトコルはリンク層プロトコルと見なすことができますが、TCP / IPモデルのアプリケーション層にも起因することがよくあります。複数のホップにまたがる隣接トンネルを作成するために使用できる仮想リンク機能があります。OSPF over IPv4は、ルーター間で安全に動作できます。オプションで、さまざまな認証方法を使用して、信頼できるルーターのみがルーティングに参加できるようにします。OSPFv3(IPv6)は、標準のIPv6プロトコルセキュリティ( IPsec )に依存しており、内部認証方法はありません。

IPマルチキャストトラフィックをルーティングするために、OSPFはマルチキャストOpen Shortest Path First(MOSPF)プロトコルをサポートします。[6]シスコはOSPF実装にMOSPFを含めていません。[7] OSPFまたは他のIGPと組み合わせた ProtocolIndependent Multicast (PIM)は、広く展開されています。

OSPF version 3 introduces modifications to the IPv4 implementation of the protocol.[2] Except for virtual links, all neighbor exchanges use IPv6 link-local addressing exclusively. The IPv6 protocol runs per link, rather than based on the subnet. All IP prefix information has been removed from the link-state advertisements and from the hello discovery packet making OSPFv3 essentially protocol-independent. Despite the expanded IP addressing to 128 bits in IPv6, area and router Identifications are still based on 32-bit numbers.

Router relationships

OSPFは、バックアップルーターを含む複数のルーターを備えた複雑なネットワークをサポートし、他のサブネットへの複数のリンクのトラフィック負荷を分散します。同じブロードキャストドメイン内またはポイントツーポイントリンクの両端にある隣接ルーターは、OSPFプロトコルを介して相互に通信します。ルーターは、相互に検出すると隣接関係を形成します。この検出は、ルータがhelloプロトコルパケットで自身を識別するときに開始されます。承認されると、これにより双方向の状態と最も基本的な関係が確立されます。イーサネットまたはフレームリレーネットワーク内のルーターは、指定ルーター(DR)とバックアップ指定ルーターを選択します (BDR) which act as a hub to reduce traffic between routers. OSPF uses both unicast and multicast transmission modes to send "hello" packets and link-state updates.

As a link-state routing protocol, OSPF establishes and maintains neighbor relationships for exchanging routing updates with other routers. The neighbor relationship table is called an adjacency database2つのOSPFルーターが同じサブネットのメンバーであり、同じエリアID、サブネットマスク、タイマー、および認証を共有している場合、それらはネイバーです。本質的に、OSPFネイバーシップは、2つのルーター間の関係であり、ルーターがお互いを確認して理解できるようにしますが、それ以上のことはできません。OSPFネイバーは、ルーティング情報を交換しません。交換するパケットはhelloパケットのみです。OSPF隣接関係は、選択されたネイバー間で形成され、ルーティング情報を交換できるようにします。2つのルーターは、最初に隣接している必要があり、その後、隣接するようになります。2つのルーターは、少なくとも1つが指定ルーターまたはバックアップ指定ルーター(マルチアクセスタイプのネットワーク上)であるか、ポイントツーポイントまたはポイントツーマルチポイントネットワークタイプで相互接続されている場合に隣接します。間の隣接関係を形成するために、関係を形成するために使用されるインターフェイスは、同じOSPFエリアにある必要があります。インターフェイスは複数のエリアに属するように構成できますが、これは通常は実行されません。2番目のエリアで設定する場合、インターフェイスはセカンダリインターフェイスとして設定する必要があります。

Operation modes

The OSPF can have different operation modes on the following setups on an interface/network:

  • Broadcast (default), each router advertises itself by periodically multicasting hello packets, and the use of designated routers. Using multicast
  • Non-broadcast multi-access, with the use of designated routers. May need static configuration. Packets are sent as unicast,
  • Point-to-multipoint, where OSPF treats neighbours as point-to-point links. No designated router is elected. Using multicast. Separate hello packets are sent to each neighbor.
  • ポイントツーポイント各ルーターは、helloパケットを定期的にマルチキャストすることによって自身をアドバタイズします。指定ルーターは選出されません。インターフェイスには、IP番号を付けないようにすることができます(一意のIPアドレスを割り当てる必要はありません)。マルチキャストを使用します。
  • 仮想リンク、パケットはユニキャストとして送信されます。非バックボーンエリアでのみ設定できます(スタブエリアでは設定できません)。エンドポイントはABRである必要があり、仮想リンクは番号のないポイントツーポイント接続として動作します。2つのルーター間のエリア内パスのコストがリンクに追加されます。
  • Generic Routing Encapsulation(GRE)を介した仮想リンク。OSPFは他のエリアの仮想リンクをサポートしていないため、バックボーンです。回避策は、バックボーン領域でGREを使用することです。[8]同じIPまたはルーターIDが使用されている場合、リンクは宛先への2つの等コストルートを作成することに注意してください。[9]
  • 偽のリンク[10] [11] [12]同じOSPFエリアに属し、MPLSVPNバックボーンを介してOSPFバックドアリンクを共有するサイトを接続するリンク。

隣接ステートマシン

ネットワーク内の各OSPFルーターは、各接続インターフェイス上の他の隣接ルーターと通信して、すべての隣接関係の状態を確立します。このようなすべての通信シーケンスは、通信するネイバーのルーターIDのペアによって識別される個別の会話です。RFC 2328は、これらの会話を開始するためのプロトコル(Hello Protocol)と完全な隣接関係を確立するためのプロトコル(Database Description PacketsLink State Request Packets)を指定しています。その過程で、各ルーターの会話は、ステートマシンによって定義された最大8つの条件を介して遷移します。[1] [13]

  1. Down: The state down represents the initial state of a conversation when no information has been exchanged and retained between routers with the Hello Protocol.
  2. Attempt: The Attempt state is similar to the Down state, except that a router is in the process of efforts to establish a conversation with another router, but is only used on NBMA networks.
  3. Init: The Init state indicates that a HELLO packet has been received from a neighbor, but the router has not established a two-way conversation.
  4. 2-Way: The 2-Way state indicates the establishment of a bidirectional conversation between two routers. This state immediately precedes the establishment of adjacency. This is the lowest state of a router that may be considered as a Designated Router.
  5. ExStart: The ExStart state is the first step of adjacency of two routers.
  6. Exchange: In the Exchange state, a router is sending its link-state database information to the adjacent neighbor. At this state, a router is able to exchange all OSPF routing protocol packets.
  7. Loading: In the Loading state, a router requests the most recent link-state advertisements (LSAs) from its neighbor discovered in the previous state.
  8. Full: The Full state concludes the conversation when the routers are fully adjacent, and the state appears in all router- and network-LSAs. The link state databases of the neighbors are fully synchronized.

OSPF areas

A network is divided into OSPF areas that are logical groupings of hosts and networks. An area includes its connecting router having an interface for each connected network link. Each router maintains a separate link-state database for the area whose information may be summarized towards the rest of the network by the connecting router. Thus, the topology of an area is unknown outside the area. This reduces the routing traffic between parts of an autonomous system.

OSPFは、ネットワークに多数のルートとローエンドデバイスが含まれている場合に、転送情報ベース(FIB)テーブルの容量に到達することを懸念して、数千のルーターを処理できます。[14]最新のローエンドルーターにはフルギガバイトのRAM [15]があり、エリア0で多くのルーターを処理できます。多くのリソース[16]は、20年以上前のOSPFガイドを参照しています。 RAMのMB。

エリアは32ビット番号で一意に識別されます。エリア識別子は通常、IPv4アドレス指定でよく知られているドット付き10進表記で記述されます。ただし、これらはIPアドレスではなく、競合することなくIPv4アドレスと重複する可能性があります。IPv6実装(OSPFv3)のエリア識別子も、同じ表記で記述された32ビット識別子を使用します。ドット形式を省略すると、ほとんどの実装でエリア1がエリア識別子0.0.0.1に拡張されますが、 1.0.0.0として拡張されることが知られている実装もあります[要出典]

Several vendors (Cisco, Allied Telesis, Juniper, Alcatel-Lucent, Huawei, Quagga), implement Totally stubby and NSSA totally stubby area for stub and not-so-stubby areas. Although not covered by RFC standards, they are considered by many to be standard features in OSPF implementations.

OSPF defines several area types:

  • Backbone
  • Non-Backbone/regular
  • Stub,
  • Totally stubby
  • Not-so-stubby
  • Totally Not-so-stubby
  • Transit.

Backbone area

バックボーンの例、エリア0、2つのルーター、R1とR2

バックボーンエリア(エリア0またはエリア0.0.0.0とも呼ばれます)は、OSPFネットワークのコアを形成します。他のすべてのエリアは、直接または他のルーターを介して接続されています。OSPFでは、ルーティングループを防ぐためにこれが必要です。[17]エリア間ルーティングは、バックボーンエリアおよびそれらの関連エリアに接続されたルーターを介して行われます。これは「OSPFドメイン」の論理的および物理的構造であり、OSPFドメイン内のすべての非ゼロ領域に接続されます。OSPFでは、自律システム境界ルーター(ASBR)という用語は歴史的であり、多くのOSPFドメインが同じインターネットから見える自律システム、RFC1996に共存できることに注意してください。[18] [19]

すべてのOSPFエリアは、バックボーンエリアに接続する必要があります。ただし、この接続は仮想リンクを介して行うことができます。たとえば、エリア0.0.0.1がエリア0.0.0.0に物理的に接続されているとします。さらに、エリア0.0.0.2にはバックボーンへの直接接続がないが、このエリアにはエリア0.0.0.1への接続があると仮定します。エリア0.0.0.2は、トランジットエリア0.0.0.1を介した仮想リンクを使用してバックボーンに到達できます。トランジットエリアであるためには、エリアはトランジット属性を持っている必要があるので、決してずんぐりすることはできません。

レギュラーエリア

図は、1つのルーターを共有する2つのエリア(エリア0とエリア122)を持つ3つのルーターを示しています。

通常のエリアは、特定の機能がなく、サマリーおよび外部LSAを生成および受信する非バックボーン(非ゼロ)エリアです。バックボーンエリアは、そのようなエリアの特殊なタイプです。

トランジットエリア

OSPF-Trasitエリア仮想linkfigur.drawio.png

トランジットエリアは、2つ以上のOSPFボーダールーターがあるエリアであり、隣接するエリアから別のエリアにネットワークトラフィックを渡すために使用されます。トランジットエリアはこのトラフィックの発信元ではなく、そのようなトラフィックの宛先ではありません。バックボーンエリアは、特別なタイプのトランジットエリアです。
この例:

  • バックボーンエリア
  • OSPFでは、仮想リンクを使用する必要がない場合は、すべてのエリアをバックボーンエリアに直接接続する必要があり、通過するエリアはトランジットエリアと呼ばれます

スタブエリア

OSPF-スタビーエリアfigur.drawio.png
helloパケットでは、Eフラグは高くなく、「外部ルーティング:機能していません」と表示されます。

スタブエリアは、ASの外部のルートアドバタイズメントを受信しないエリアであり、エリア内からのルーティングは完全にデフォルトルートに基づいています。ABRは、タイプ4、5のLSAを内部ルータから削除し、それらにデフォルトルート0.0.0.0を送信して、それ自体をデフォルトゲートウェイに変えます。これにより、内部ルーターのLSDBとルーティングテーブルのサイズが削減されます。

スタブエリアの基本概念の変更は、シスコシステムズのルーティング機器 の拡張である、完全スタビーエリア(TSA)やそれほどスタビーではないエリア(NSSA)などのシステムベンダーによって実装されています。

完全にずんぐりしたエリア

OSPF-完全にずんぐりしたエリアfigur.drawio.png

完全にスタブな領域は、スタブ領域に似ています。ただし、このエリアでは、外部ルートがないことに加えて、サマリールートは許可されません。つまり、エリア間(IA)ルートは、完全にずんぐりしたエリアにまとめられません。トラフィックがエリア外にルーティングされる唯一の方法は、エリアにアドバタイズされる唯一のタイプ3LSAであるデフォルトルートです。エリア外のルートが1つしかない場合は、ルートプロセッサが行う必要のあるルーティング決定が少なくなり、システムリソースの使用率が低下します。

時折、TSAは1つのABRしか持てないと言われています。[20]

あまりずんぐりしたエリア

OSPF-NSSA figur.drawio.png
helloパケットでは、Nフラグが高く設定され、「NSSA:サポートされています」と表示されます。

Not -so-stubby area(NSSA)は、自律システムの外部ルートをインポートして他のエリアに送信できるが、他のエリアからAS外部ルートを受信できないタイプのスタブエリアです。[21]
NSSAは、スタブエリア機能の拡張であり、スタブエリアへの外部ルートの注入を制限された方法で可能にします。ケーススタディは、外部アドレスをインポートできないというスタブエリアの問題を回避するNSSAをシミュレートします。ASBRはタイプ7LSAで外部アドレスをインポートし、ABRはタイプ7 LSAをタイプ5に変換して他のエリアにフラッディングし、ABRは他のエリアの「ASBR」として機能します。ASBRはタイプ5LSAを取得せず、そのエリアのタイプ7LSAに変換します。

まったくずんぐりしたエリア

OSPF-完全にNSSAfigur.drawio.png

NSSAの標準機能に加えて、完全にずんぐりしたNSSAは、TSAの属性を引き継ぐNSSAです。つまり、タイプ3および4のサマリールートがこのタイプのエリアにフラッディングされません。完全にスタビーとそれほどスタビーではないエリアの両方を宣言することもできます。つまり、エリアはエリア0.0.0.0からデフォルトルートのみを受信しますが、外部を受け入れる自律システム境界ルーター(ASBR)を含めることもできます。ルーティング情報をローカルエリアに注入し、ローカルエリアからエリア0.0.0.0に注入します。

NSSAエリアに再配布すると、タイプ7と呼ばれる特殊なタイプのLSAが作成されます。これは、NSSAエリアにのみ存在できます。NSSA ASBRはこのLSAを生成し、NSSAABRルーターはそれをタイプ5LSAに変換し、OSPFドメインに伝播します。

新たに買収した子会社は、ASBRを設置する実際の場所が完全にずんぐりしたエリアの端にある場合、そのエリアがそれほどずんぐりしていないと同時に完全にずんぐりしているエリアに適している可能性がある一例です。このような場合、ASBRは外部を完全にずんぐりしたエリアに送信し、そのエリア内のOSPFスピーカーが利用できます。シスコの実装では、外部ルートを要約してから、完全にずんぐりした領域に注入することができます。一般に、ASBRはデフォルトをTSA-NSSAにアドバタイズするべきではありませんが、このようなアドバタイズが意味をなす限られた特殊なケースでは、非常に注意深い設計と操作で機能します。

完全にずんぐりしたエリアをNSSAとして宣言することにより、デフォルトルートを除いて、バックボーンからの外部ルートは、議論されているエリアに入りません。外部はTSA-NSSAを介してエリア0.0.0.0に到達しますが、デフォルトルート以外のルートはTSA-NSSAに入りません。TSA-NSSAのルーターは、ASBRによってアドバタイズされたルートを除いて、すべてのトラフィックをABRに送信します。

ルーターの種類

OSPFは、次の重複するルータのカテゴリを定義しています。

内部ルーター(IR)
内部ルーターには、すべてのインターフェースが同じエリアに属しています。
エリアボーダールーター(ABR)
エリア境界ルーター は、1つ以上のエリアをメインバックボーンネットワークに接続するルーターです接続されているすべてのエリアのメンバーと見なされます。ABRは、リンクステートデータベースの複数のインスタンスをメモリに保持します。1つは、そのルータが接続されているエリアごとに1つです。
バックボーンルーター(BR)
バックボーンルータには、バックボーンエリアへのインターフェイスがあります。バックボーンルーターはエリアルーターでもかまいませんが、そうである必要はありません。
自律システム境界ルーター(ASBR)
自律システム境界ルーターは、複数のルーティングプロトコルを使用して接続され、ルーターの自律システムとルーティング情報を交換するルーターですASBRは通常、外部ルーティングプロトコル(BGPなど)を実行するか、静的ルートを使用するか、またはその両方を行います。ASBRは、他の外部ASから受信したルートを独自の自律システム全体に分散するために使用されます。ASBRは、外部アドレスの外部LSAを作成し、ABRを介してそれらをすべてのエリアにフラッディングします。他のエリアのルーターは、外部アドレスにアクセスするためのネクストホップとしてABRを使用します。次に、ABRは、外部アドレスをアナウンスするASBRにパケットを転送します。

ルータータイプは、OSPFプロセスの属性です。特定の物理ルーターには、1つ以上のOSPFプロセスが含まれる場合があります。たとえば、複数のエリアに接続され、別のASに接続されたBGPプロセスからルートを受信するルーターは、エリア境界ルーターと自律システム境界ルーターの両方です。

各ルーターには識別子があり、通常はIPアドレスのドット付き10進形式(1.2.3.4など)で記述されます。この識別子は、すべてのOSPFインスタンスで確立する必要があります。明示的に構成されていない場合、最上位の論理IPアドレスがルーターIDとして複製されます。ただし、ルーター識別子はIPアドレスではないため、ネットワーク内のルーティング可能なサブネットの一部である必要はなく、混乱を避けることはできません。

非ポイントツーポイントネットワーク

OSPFタイプ2ネットワーク-LSAfigur.drawio

指定ルーター(DR)およびバックアップ指定ルーター(BDR)のシステムとして2つ以上のOSPFルーターを備えたネットワーク(同じサブネット)では、ルーティング更新のソースを提供することにより、ネットワークトラフィックを削減するために使用されます。これは、マルチキャストアドレスを使用して行われます。

  • 224.0.0.5、トポロジ内のすべてのルーターはそのマルチキャストアドレスでリッスンします。
  • 224.0.0.6、DRとBRDはそのマルチキャストアドレスをリッスンします。

DRとBDRは、ネットワークの完全なトポロジテーブルを維持し、マルチキャストを介して他のルーターに更新を送信します。マルチアクセスネットワークセグメント内のすべてのルーターは、DRおよびBDRとスレーブ/マスター関係を形成します。それらは、DRおよびBDRとのみ隣接関係を形成します。ルーターが更新を送信するたびに、マルチキャストアドレス224.0.0.6のDRおよびBDRに更新を送信します。次に、DRは、そのエリア内の他のすべてのルーターに、マルチキャストアドレス224.0.0.5に更新を送信します。このように、すべてのルーターは常に相互に更新する必要はなく、単一のソースからすべての更新を取得できます。マルチキャストを使用すると、ネットワークの負荷がさらに軽減されます。DRとBDRは、OSPFブロードキャストネットワークで常にセットアップ/選出されます。DRは、フレームリレーやATMなどのNBMA(非ブロードキャストマルチアクセス)ネットワークでも選出できます。リンクの両側にある2つのルーターは完全に隣接している必要があり、それらの間の帯域幅をさらに最適化できないため、DRまたはBDRはポイントツーポイントリンク(ポイントツーポイントWAN接続など)では選出されません。DRルーターと非DRルーターは、DD、Request、およびUpdateを交換することにより、双方向から完全な隣接関係に進化します。

指定ルーター

指定ルーター(DR)は、特定のマルチアクセスネットワークセグメント上のすべてのルーターから選出されるルーターインターフェイスであり、通常、ブロードキャストマルチアクセスと見なされます。非ブロードキャストマルチアクセス(NBMA)メディアでDR機能をサポートするには、多くの場合ベンダーに依存する特別な手法が必要になる場合があります。通常、NBMAサブネットの個々の仮想回線を個々のポイントツーポイント回線として構成することをお勧めします。使用される手法は実装に依存します。

指定ルーターのバックアップ

バックアップ指定ルーター(BDR)は、現在の指定ルーターに問題があるか、障害が発生した場合に指定ルーターになるルーターです。BDRは、前回の選出時に2番目に優先度の高いOSPFルーターです。

特定のルーターは、指定された(DR)インターフェースとバックアップ指定された(BDR)インターフェース、および指定されていないインターフェースを持つことができます。特定のサブネット上にDRまたはBDRであるルーターがない場合、最初にBDRが選出され、次にDRに対して2回目の選出が行われます。[1] :75 

指定ルーター選出

DRは、次のデフォルト基準に基づいて選出されます。

  • OSPFルーターの優先順位設定が0に設定されている場合、それはDRまたはBDRになることができないことを意味します。
  • DRが失敗し、BDRが引き継ぐ場合、誰が代替BDRになるかを確認するための別の選挙があります。
  • 優先度が最も高いHelloパケットを送信するルーターが、選出に勝ちます。
  • 2つ以上のルーターが最高の優先順位設定で接続されている場合、最高のRID(ルーターID)でHelloを送信しているルーターが優先されます。注:RIDは、ルーターに構成されている最大の論理(ループバック)IPアドレスです。論理/ループバックIPアドレスが設定されていない場合、ルーターはアクティブなインターフェイスに構成されている最大のIPアドレスを使用します(たとえば、192.168.0.1は10.1よりも大きくなります)。 .1.2)。
  • 通常、優先順位番号が2番目に高いルータがBDRになります。
  • 優先度の値の範囲は0〜255であり[22]、値が高いほどDRまたはBDRになる可能性が高くなります。
  • 選出が行われた後に優先度の高いOSPFルーターがオンラインになった場合、(少なくとも)DRとBDRに障害が発生するまで、DRまたはBDRにはなりません。
  • 現在のDRが「ダウン」した場合、現在のBDRが新しいDRになり、別のBDRを見つけるために新しい選択が行われます。新しいDRが「ダウン」し、元のDRが使用可能になった場合、以前に選択されたBDRがDRになります。

プロトコルメッセージ

OSPF v2パケット形式、バイト単位のフィールド長
1 1 2 4 4 2 2 8 変数
ヘッダー24バイト データ
バージョン2 タイプ パケット長 ルーターID エリアID チェックサム AuType 認証
OSPF v3パケット形式、バイト単位のフィールド長
1 1 2 4 4 2 1 1 変数
ヘッダー16バイト データ
バージョン3 タイプ パケット長 ルーターID エリアID チェックサム インスタンスID 予約済み
OSPF v2パケット形式、バイト単位のフィールド長
1 1 2 4 4 2 2 8 変数
ヘッダー24バイト データ
バージョン#2 タイプ パケット長 ルーターID エリアID チェックサム AuType 認証
OSPF v3パケット形式、バイト単位のフィールド長
1 1 2 4 4 2 1 1 変数
Header 16 Byte Data
Version #3 Type Packet length Router ID Area ID Checksum Instance ID reserved

他のルーティングプロトコルとは異なり、OSPFは、ユーザーデータグラムプロトコル(UDP)や伝送制御プロトコル(TCP)などのトランスポートプロトコルを介してデータを伝送しません。代わりに、OSPFはIPデータグラムを直接形成し、IPプロトコルフィールドにプロトコル番号89を使用してパッケージ化します。OSPFは、さまざまなタイプの通信に対して、5つの異なるメッセージタイプを定義します。フレームごとに複数のパケットを送信できます。

OSFPは、次のパケット5タイプを使用します。

  • こんにちは
  • データベースの説明
  • リンクステートリクエスト
  • リンク状態の更新
  • リンクステート確認応答

こんにちはパケット

OSPF v2 Helloパケット、フィールド長(バイト単位)
24 4 2 1 1 4 4 4 4
ヘッダ
ネットワークマスク こんにちはインターバル オプション ルーターの優先度 ルーターのデッドインターバル 指定ルーターID バックアップ指定ルーターID ネイバーID
OSPF v3 Helloパケット、バイト単位のフィールド長
16 4 1 3 2 2 4 4 4
Header
Interface ID Router Priority Options Hello Interval Router Dead Interval Designated Router ID Backup Designated Router ID Neighbor ID

OSPFのHelloメッセージは、グリーティングの形式として使用され、ルータがローカルリンクおよびネットワーク上の他の隣接ルータを検出できるようにします。メッセージは、隣接デバイス間の関係(隣接と呼ばれる)を確立し、自律システムまたはエリアでOSPFがどのように使用されるかに関する重要なパラメータを伝達します。通常の動作中、ルータは定期的にhelloメッセージをネイバーに送信します(hello間隔)。ルータがネイバーからのhelloメッセージの受信を停止した場合、設定された期間(デッドインターバル)が経過すると、ルータはネイバーがダウンしたと見なします。

データベースの説明DBD

OSPF v2およびv3データベースの説明、フィールド長(バイト単位)
16または24 2 1 1 1 4 変数
ヘッダ
インターフェイスMTU こんにちはインターバル オプション フラグ DDシーケンス番号 LSAヘッダー

データベース記述メッセージには、自律システムまたは領域のトポロジーの記述が含まれています。これらは、あるルータから別のルータにエリアのリンクステートデータベース(LSDB)の内容を伝達します。大規模なLSDBの通信では、送信デバイスをマスターデバイスとして指定し、メッセージを順番に送信して、スレーブ(LSDB情報の受信者)が確認応答で応答することにより、複数のメッセージを送信する必要がある場合があります。

リンクステートパケット

OSPF v2リンク状態要求、バイト単位のフィールド長
24 4 4 4
Header
LS Type Link State ID Advertising Router
OSPF v3リンク状態要求、バイト単位のフィールド長
16 2 2 4 4
Header
0's LS Type Link State ID Advertising Router
リンクステートリクエスト(LSR
リンク状態要求メッセージは、あるルータが別のルータにLSDBの一部に関する更新情報を要求するために使用されます。メッセージは、要求元のデバイスがより最新の情報を必要としているリンクを指定します。
OSPF v2およびv3リンク状態更新パケット、バイト単位のフィールド長
24または16 4 4-
Header
# LSAs list of LSAs
リンクステートアップデート(LSU
リンク状態更新メッセージには、LSDB上の特定のリンクの状態に関する更新情報が含まれています。これらは、リンク状態要求メッセージに応答して送信され、ルーターによって定期的にブロードキャストまたはマルチキャストされます。それらの内容は、それらを受信するルーターのLSDB内の情報を更新するために使用されます。
OSPF v2およびv3リンク状態確認応答、バイト単位のフィールド長
24または16 4-
Header
list of LSAs
リンク状態確認応答(LSAck
リンクステート確認メッセージは、リンクステート更新メッセージの受信を明示的に確認することにより、リンクステート交換プロセスに信頼性を提供します。
OSPFリンクステートアドバタイズメント
LSタイプ LS名 によって生成されます 説明
1 ルーター-LSA エリア内の各内部ルーター
OSPFタイプ1figur.drawio.png

タイプ1LSAのリンクステートIDは、発信元ルータIDです。Router-LSAは、次のタイプのインターフェースについて説明します。

  • 別のルーターへのポイントツーポイント接続
  • トランジットネットワークへの接続
  • スタブネットワークへの接続(v3で予約済み)
  • 仮想リンク
2 ネットワーク-LSA DR
OSPFタイプ2ネットワーク-LSAfigur.drawio.png
指定ルーターによるブロードキャストおよびNBMAネットワーク用に発信されました。このLSAには、ネットワークに接続されているルーターのリストが含まれています。タイプ2LSAのリンクステートIDは、DRのIPインターフェイスアドレスです。
3 まとめ-LSA ABR
OSPF-type3の概要-LSAfigur.drawio.png
タイプ3の要約-LSAはネットワークへのルートを記述します。

エリア間ルーターについて他のエリアに通知するため。これらのルートも要約できます。

4 ASBR-要約 ABR タイプ4は、そのエリアを超えたAS境界ルーターへのルートを記述します。

エリア境界ルータ(ABR)は、このLSAを生成して、OSPFドメイン内の他のルータに、一致するルータが自律システム境界ルータ(ASBR)であることを通知します。これにより、送信された外部LSA(タイプ5 /タイプ7)が適切に送信されます。独自の領域外で解決されました。

5 AS-外部-LSA ASBR
OSPF-Type-4およびType-5figur.drawio.png
タイプ5これらは、ASBRによってアドバタイズされるルートを記述します。

LSAには、他のルーティングプロセスからOSPFにインポートされた情報が含まれています。タイプ4と一緒に、彼らは外部ルートへの道を説明します。

7 NSSA外部リンクステートアドバタイズメント ASBR、それほどずんぐりしたエリア内 タイプ7-LSAはタイプ5LSAと同じです。
タイプ7LSAは、NSSA内でのみフラッディングされます。
エリア境界ルータでは、選択されたタイプ7 LSAがタイプ5-LSAに変換され、バックボーンにフラッディングされます。
8 リンク-LSA(v3) リンク内の各内部ルーター ローカルルーターのリンクローカルアドレスを、ローカルネットワーク上の他のすべてのルーターに提供します。
9 Intra-Area-Prefix-LSA(v3) エリア内の各内部ルーター Router-LSAの機能の一部を置き換えます。スタブネットワークセグメント、または接続されたトランジットネットワークセグメント。

OSPFv2エリアタイプと受け入れられたLSA

すべてのエリアタイプがすべてのLSAを使用するわけではありません。以下は、受け入れられたLSAのマトリックスです。

OSPFエリアタイプと受け入れられたLSAの概要: [23] [24]
単一のエリア内 インターエリア
エリアタイプ LSA1-ルーター LSA2-ネットワーク LSA7-NSSA外部 LSA3-ネットワークの概要 LSA4-ASBRの概要 LSA5-外部として
背骨 はい はい いいえ、ABRによってタイプ5に変換されました はい はい はい
非バックボーン はい はい いいえ、ABRによってタイプ5に変換されました はい はい はい
スタブ はい はい いいえ、デフォルトルート はい いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート
完全にずんぐりした はい はい いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート
それほどずんぐりしていません はい はい はい はい いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート
まったくずんぐりしていません はい はい はい いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート いいえ、デフォルトルート

ルーティングメトリック

OSPFは、パスコストを基本的なルーティングメトリックとして使用します。これは、速度などの標準値と等しくないように標準で定義されているため、ネットワーク設計者は設計にとって重要なメトリックを選択できます。実際には、インターフェイスの速度をOSPFプロセスの基準帯域幅と比較することによって決定されます。コストは、参照帯域幅をインターフェイス速度で割ることによって決定されます(ただし、任意のインターフェイスのコストは手動で上書きできます)。参照帯域幅が「10000」に設定されている場合、10 Gbit / sリンクのコストは1になります。1未満の速度は1に切り上げられます。[25]これは、ルーティングメトリックまたはインターフェイスでの「コスト計算」。

  • タイプ1LSAのサイズは16ビットフィールド(10進数で65,535)です[26]。
  • タイプ3LSAのサイズは24ビットフィールド(10進数で16,777,216)です。
基準速度の計算
インターフェース速度 リンクコスト 用途
デフォルト(100 Mbit / s) 200ギガビット/秒
200ギガビット/秒 1 1 SFP-DD
40ギガビット/秒 1 5 QSFP +
25ギガビット/秒 1 8 SFP28
10ギガビット/秒 1 20 10 GigE、データセンターで一般的
5ギガビット/秒 1 40 NBase-T、Wi-Fiルーター
1ギガビット/秒 1 200 共通ギガビットポート
100 Mbit / s 1 2000 ローエンドポート
10 Mbit / s 10 20000 1990年代のスピード。

OSPFはレイヤー3プロトコルです。OSPFを実行している2つのデバイス間にレイヤー2スイッチがある場合、一方の側がもう一方の側とは異なる速度をネゴシエートする可能性があります。これにより、リンク上に非対称ルーティングが作成される可能性があり(ルーター1からルーター2へのコストは「1」、リターンパスのコストは「10」になる可能性があります)、意図しない結果につながる可能性があります。

ただし、メトリックは、同じタイプの場合にのみ直接比較できます。4種類のメトリックが認識されます。優先度が低くなると、これらのタイプは次のようになります(たとえば、メトリックに関係なく、エリア内ルートが外部ルートよりも常に優先されます)。

  1. エリア内
  2. エリア間
  3. 外部タイプ1。これには、外部パスコストと、ルートをアドバタイズするASBRへの内部パスコストの合計の両方が含まれます[27]。
  4. 外部タイプ2、その値は外部パスコストの値のみであり、

OSPF v3

OSPFバージョン3では、プロトコルのIPv4実装に変更が加えられています。[2] IPv6ではIPアドレスが128ビットに拡張されていますが、エリアとルーターの識別は依然として32ビットの数値に基づいています。

高レベルの変更

  • 仮想リンクを除いて、すべてのネイバーエクスチェンジはIPv6リンクローカルアドレッシングを排他的に使用します。IPv6プロトコルは、サブネットに基づくのではなく、リンクごとに実行されます
  • すべてのIPプレフィックス情報がリンクステートアドバタイズメントおよびhelloディスカバリパケットから削除され、OSPFv3は基本的にプロトコルに依存しなくなりました。
  • LSAの3つの個別のフラッディングスコープ:
    • リンクローカルスコープ、LSAはローカルリンクでのみフラッディングされ、それ以上はフラッディングされません。
    • エリアスコープ、LSAは単一のOSPFエリア全体にフラッディングされます。
    • ASスコープ。LSAは、ルーティングドメイン全体にフラッディングされます。
  • 近隣探索、自動構成のためのIPv6リンクローカルアドレスの使用。
  • 認証はIP認証ヘッダーに移動されました

OSPF v3で導入され、ベンダーによってv2にバックポートされた変更

  • リンクごとの複数のインスタンスの明示的なサポート[28]

パケットフォーマットの変更

  • OSPFバージョン番号が3に変更されました
  • LSAヘッダーから、[オプション]フィールドが削除されました。
  • Helloパケットとデータベースの説明で、[オプション]フィールドが16ビットから24ビットに変更されました。
  • Helloパケットでは、アドレス情報が削除されています。インターフェイスIDが追加されました。
  • router-LSAには、「Rビット」と「V6ビット」の2つのオプションビットが追加されています。
    • 「Rビット」、マルチホームホストがルーティングプロトコルに参加できるようにします。
    • 「V6ビット」はRビットに特化しています。
  • 同じ論理インターフェイス上で複数のOSPFプロトコルインスタンスを許可する「インスタンスID」を追加します。

LSAフォーマットの変更

  • LSATypeフィールドが16に変更されました。
    • 不明なLSAタイプの処理のサポートを追加します
    • フラッディングスコープのエンコードには、3ビットが使用されます。
  • IPv6では、LSAのアドレスがプレフィックスおよびプレフィックス長として表されるようになりました。
  • Router-LSAおよびnetwork-LSAでは、アドレス情報が削除されます。
  • Router-LSAおよびnetwork-LSAは、ネットワークプロトコルに依存しません。
  • 新しいLSAタイプが追加されましたLink-LSA、Link-LSAは、論理インターフェイスに接続されている他のすべてのルーターにルーターのリンクローカルアドレス、リンクに関連付けるIPv6プレフィックスのリストを提供し、ルーターの機能を反映する情報を送信できます。
  • LSAタイプ3の概要-LSAは「inter-area-prefix-LSA」に名前が変更されました。
  • LSAタイプ4サマリーLSAは、「inter-area-router-LSA」に名前が変更されました。
  • Intra-area-prefix-LSAが追加されました。これは、すべてのIPv6プレフィックス情報を伝送するLSAです。

OSPF over MPLS-VPN

OSPF-MPLS VPN figur.drawio.png
OSPFに対して推移的なBGP拡張コミュニティ[29]
タイプ タイプフィールド サブバリュー 名前
2オクテットAS 0x00 0x05 OSPFドメイン識別子
4オクテットAS 0x02 0x05 OSPFドメイン識別子
IPv4アドレス 0x01 0x05 OSPFドメイン識別子
IPv4アドレス 0x01 0x07 OSPFルートID
不透明 0x03 0x06 OSPFルートタイプ

OSPFルートタイプの BGP拡張コミュニティ属性
4バイト 1バイト 1バイト
エリア番号 ルートタイプ オプション

顧客は、 MPLS -VPNを介してOSPFを使用できます。この場合、サービスプロバイダーはBGPまたはRIPを内部ゲートウェイプロトコルとして使用します。[30] OSPF over MPLS-VPNを使用する場合、VPNバックボーンはOSPFバックボーンエリア0の一部になります。すべてのエリアで、IGPの分離コピーが実行されます。

利点

これを実現するために、非標準のOSPF-BGP再配布が使用されます。すべてのOSPFルートは、送信元LSAタイプとメトリックを保持します。[31] [32] ループを防ぐために、オプションのDNビット[33]がLSAで使用され、ルートがプロバイダーエッジから顧客の機器にすでに送信されていることを示します。

OSPF拡張機能

交通工学

OSPF-TEは、OSPFの拡張機能であり、表現度を拡張して、トラフィックエンジニアリングと非IPネットワークでの使用を可能にします。[34] OSPF-TEを使用すると、 type-length-value要素を運ぶ不透明なLSAを使用して、トポロジに関する詳細情報を交換できます。これらの拡張機能により、OSPF-TEはデータプレーンネットワークの帯域外で完全に実行できます。これは、光ネットワークなどの非IPネットワークでも使用できることを意味します。

OSPF-TEは、GMPLSパスを確立できるトポロジを記述する手段としてGMPLSネットワークで使用されます。GMPLSは、完全なネットワークマップを取得すると、独自のパス設定および転送プロトコルを使用します。

リソース予約プロトコル(RSVP)では、OSPF-TEは、リンクステートデータベース内のラベルスイッチドパスのRSVPシグナリング帯域幅予約を記録およびフラッディングするために使用さます

光ルーティング

RFC  3717ドキュメントは、OSPFおよびIS-ISの拡張に基づくIPの光ルーティングで機能します。[35]

マルチキャストOpenShortest Path First

Multicast Open Shortest Path First(MOSPF)プロトコルは、マルチキャストルーティングをサポートするOSPFの拡張機能です。MOSPFを使用すると、ルータはグループメンバーシップに関する情報を共有できます。

ブロードキャストおよび非ブロードキャストネットワークのOSPF

ブロードキャストマルチアクセスネットワークでは、ネイバー隣接は224.0.0.5へのマルチキャストhelloパケットを使用して動的に形成されます。DRとBDRは正常に選出され、正常に機能します。

ブロードキャストマルチアクセスネットワーク(NBMA)の場合、次の2つの公式モードが定義されています。[1]

  • 非放送
  • ポイントツーマルチポイント

シスコは、NBMAトポロジのOSPFに対して次の3つの追加モードを定義しています。[36]

  • ポイントツーマルチポイント非ブロードキャスト
  • ブロードキャスト
  • ポイントからポイントへ

注目すべき実装

アプリケーション

OSPFは、ネットワークを数秒で収束し、ループのないパスを保証できる、広く展開されているルーティングプロトコルです。これには、ローカルを維持し、ロードシェアリングを行い、ルートを選択的にインポートするために適切なルートの伝播に関するポリシーを課すことができる多くの機能があります。対照的に、IS-ISは、安定したネットワークでオーバーヘッドを低くするように調整できます。これは、エンタープライズネットワークよりもISPで一般的な種類です。IS-ISをISPにとって好ましいIGPにした歴史的な事故がいくつかありますが、今日のISPは、最初にIS-ISの長所と短所を検討した後、OSPFの現在効率的な実装の機能を使用することを選択する可能性があります[37] 。サービスプロバイダー環境。[38]

OSPFは、他のIGPよりも外部リンクでより優れた負荷分散を提供できます。[要出典] ISPへのデフォルトルートが複数のASBRからタイプI外部ルートとしてOSPFに注入され、同じ外部コストが指定されている場合、他のルーターはその場所からのパスコストが最小のASBRに移動します。これは、外部コストを調整することでさらに調整できます。タイプII外部ルートとして、異なるISPからのデフォルトルートに異なる外部コストが注入される場合、低コストのデフォルトがプライマリ出口になり、高コストがバックアップのみになります。

主要なISPがOSPFよりもIS-ISを選択することを余儀なくされる可能性がある唯一の実際の制限要因は、850を超えるルーターを備えたネットワークがあるかどうかです。[要出典]

も参照してください

参照

  1. ^ a b c d e J. Moy(1998年4月)。OSPFバージョン2ネットワークワーキンググループ、IETF土井10.17487 / RFC2328OSPFv2。、RFC 5709、RFC 6549、RFC 6845、RFC 6860、RFC 7474、RFC8042によって更新されました。
  2. ^ a b cR。コルトン; D.ファーガソン; J.モイ(2008年7月)。A.リンデム(編)。IPv6のOSPFネットワークワーキンググループ、IETF土井10.17487 / RFC5340OSPFv3。RFC 6845、RFC 6860、RFC 7503、RFC8362によって更新されました。
  3. ^ OSPFコンバージェンス、2009年8月6日、 2016年6月13日取得
  4. ^ 「RFC2328-OSPFバージョン2」Tools.ietf.org。1998年4月2日2011年11月30日取得
  5. ^ 「RFC5340-IPv6用のOSPF」Tools.ietf.org 2011年11月30日取得
  6. ^ RFC 1584、 OSPFへのマルチキャスト拡張、 J。Moy、インターネットソサエティ(1994年3月)
  7. ^ IPルーティング:OSPF設定ガイドCisco Systems 、 2016年6月13日取得CiscoルーターはLSAタイプ6マルチキャストOSPF(MOSPF)をサポートしておらず、そのようなパケットを受信するとsyslogメッセージを生成します。
  8. ^ 「[Junos] GRE構成例-ジュニパーネットワークス」kb.juniper.net 2021年11月28日取得
  9. ^ 「GenericRoutingEncapsulation(GRE)|スイッチ用インターフェースユーザーガイド|ジュニパーネットワークスTechLibrary」www.juniper.net 2021年11月28日取得
  10. ^ エリックC.ローゼン; Peter Psenak; Padma Pillay-Esnault(2006年6月)。BGP / MPLS IP仮想プライベートネットワーク(VPN)のプロバイダー/カスタマーエッジプロトコルとしてのOSPFインターネットエンジニアリングタスクフォース。土井10.17487 / RFC4577RFC4577_
  11. ^ 「OSPFネイバーステート」シスコ2018年10月28日取得
  12. ^ 「ショー134–OSPFデザインパート1–複数領域の神話を暴く」パケットプッシャー。古いシスコの記事に関する50のルーターアドバイスを暴くポッドキャスト
  13. ^ MikrotikRB4011には1GBのRAMがあります。たとえば、mikrotik.com、2021年2月1日取得。
  14. ^ 「スタブエリアデザインゴールデンルール」Groupstudy.com。2000年8月31日にオリジナルからアーカイブされました2011年11月30日取得2020年にはOSPFにとって64MBのRAMが大きな問題でした。
  15. ^ Doyle、Jeff(2007年9月10日)。「私の好きなインタビューの質問」ネットワークワールド2021年12月28日取得
  16. ^ ASGuidelines 1996、p。25)
  17. ^ ホーキンソン、J; T.ベイツ(1996年3月)。「自律システムの作成、選択、および登録に関するガイドライン」インターネットエンジニアリングタスクフォース。ASガイドライン2007年9月28日取得
  18. ^ 「スタブエリアデザインゴールデンルール」Groupstudy.com。2000年8月31日にオリジナルからアーカイブされました2011年11月30日取得注:これは必ずしも正しいとは限りません。高可用性に必要となる可能性がある複数のABRがある場合、TSAの内部にあるルーターは、エリア内メトリックが最も低い(「最も近い」ABR)ABRにエリア内以外のトラフィックを送信しますが、特別な構成が必要です。
  19. ^ マーフィー、P。(2003年1月)。「OSPFNot-So-StubbyArea(NSSA)オプション」インターネットソサエティ2014年6月22日取得
  20. ^ 「CiscoIOSIPルーティング:OSPFコマンドリファレンス」(PDF)シスコシステムズ2011年4月。2012年4月25日のオリジナル(PDF)からアーカイブ。
  21. ^ 「ジュニパーconfiguring-ospf-areas」ジュニパーネットワークス2021年1月18日2021年10月23日取得
  22. ^ 「OSPFエリアの説明」パケットコーダー2019年1月23日2021年10月23日取得
  23. ^ OSPFコストの調整、OReilly.com
  24. ^ 「OSPFスタブルーターアドバタイズメント」インターネットエンジニアリングタスクフォースインターネットエンジニアリングタスクフォース。2001年6月2021年10月23日取得
  25. ^ 外部ルートがタイプ5LSAまたはタイプ7LSA(NSSA)のどちらに基づいているかは、その優先順位に影響しません。RFC 3101、セクション2.5を参照してください。
  26. ^ 「セカンダリ(プロトコルOSPF)-TechLibrary-ジュニパーネットワークス」www.juniper.net 2021年11月7日取得
  27. ^ 「ボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)拡張コミュニティ」www.iana.org 2021年11月28日取得
  28. ^ RFC 4577 
  29. ^ 「MPLSVPNOSPFPEおよびCEサポート」シスコ2021年11月28日取得
  30. ^ シスコ。「MPLSVPN環境でのOSPFの使用」(PDF)2021年11月28日取得 {{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  31. ^ RFC 4576 
  32. ^ カッツ、D; D. Yeung(2003年9月)。OSPFバージョン2へのトラフィックエンジニアリング(TE)拡張インターネットソサエティ。土井10.17487 / RFC3630OSPF-TEextensions 2007年9月28日取得
  33. ^ B。ラジャゴパラン; J.ルシアーニ; D. Awduche(2004年3月)。IP over Optical Networks:フレームワークインターネットエンジニアリングタスクフォース。土井10.17487 / RFC3717RFC3717_
  34. ^ インターフェースのネットワークタイプの変更、 2019年3月1日取得
  35. ^ Berkowitz、ハワード(1999)。ISP向けのOSPFグッズNorth American Network Operators Group NANOG17。モントリオール。2016年6月12日にオリジナルからアーカイブされました。
  36. ^ Katz、Dave(2000)。OSPFとIS-IS:比較解剖学North American Network Operators Group NANOG19。アルバカーキ。2018年6月20日にオリジナルからアーカイブされました。

さらに読む

外部リンク