危害原理

危害原則では、個人の行動は他の個人への危害を防ぐ目的にのみ制限されるべきであると考えられています。ジョン・スチュアート・ミルは1859年のエッセイ『自由について』でこの原則を明確に述べ、「文明社会の構成員に対して、本人の意志に反して権力が正当に行使できる唯一の目的は、他者への危害を防ぐことである」と主張した。[1] これと同等のことは、1789 年のフランスの人間および市民の権利宣言で以前に次のように述べられていました。社会の他の構成員に同じ権利の享有を保証するものを除き、制限はありません。これらの制限は法律によってのみ決定されます。」これより前の表現は、トーマス・ジェファーソンの 1785 年の「バージニア州に関するメモ」の質問 17 (宗教) にあり、「政府の正当な権限は、他人に害を与えるような行為にのみ及ぶ。」と書いています。[2]

意味

「他人の自由な行為を侵害しない限り、誰も自分が選択した方法で行動することを強制的に妨げられるべきではない」という信念は、リバタリアン政治の基本原則の 1 つとなっています。[3]

カナダ最高裁判所は、R v Malmo-Levine事件で、危害原則は以下の法​​廷で基本的な正義の原則であると判明し、すべての主要文書で発見されたにもかかわらず、危害原則など存在しないと主張した。西洋社会における正義の概念の形成。これには、イギリスおよびフランスの憲法、ジョン・スチュアート・ミルの『自由について』、および現代の判例法が含まれますが、これらに限定されません。

危害原則は、1647 年に制定された最初の英語憲法の第 5 条にあります。「共通の権利と自由を根拠として、堅固で現在の平和を求める国民の合意…」、陸軍評議会に提出されました。 E. 412、21. 1647 年 10 月 28 日:

法律は平等であるべきであり、そのため法律は善良なものでなければならず、人々の安全と幸福を明らかに破壊するものであってはなりません。

危害原則は、1789 年に制定された最初のフランス憲法 (および最初に全国的に採択された憲法) の第 4 条と第 5 条に記載されています。1789 年 8 月 26 日の人権および市民の権利の宣言:

自由とは、他人に危害を加えないことを何でもできるということである。したがって、すべての人間の自然権の行使には、社会の他の構成員が同じ権利の享有を保証するもの以外には制限はない。これらの境界は法律によってのみ決定されなければなりません。法律には、社会に有害な行為のみを禁止する権利があります。法律で禁止されていないことは妨げられてはならず、また、法律が定めていないことを行うことを強制されることはありません。

危害原則は、イギリスの哲学者ジョン・スチュアート・ミル[JSM] (1806–1873) によって、『自由について』 (1859 年)の第 1 章で初めて完全に明確にされました[1]。そこで彼は次のように主張しました。

このエッセイの目的は、使用される手段が法的罰の形での物理的力であれ、道徳的手段であれ、強制と支配という形で個人に対する社会の対応を絶対的に統治する権利があるという、非常に単純な原則を主張することである。世論の強制。その原則とは、人類が個人的にも集団的にも、あらゆる人々の行動の自由を妨害する際に正当化される唯一の目的は自己防衛である、というものである。文明社会の構成員に対して、本人の意志に反して権力が正当に行使できる唯一の目的は、他人への危害を防ぐことである。彼自身の身体的または道徳的利益は、十分な令状ではありません。そうする方が彼にとって良いから、その方が幸せになるから、他の人の意見ではそうするのが賢明、あるいは正しいとさえ思われるからといって、彼にそうすることや我慢することを正当に強制されることはできません。社会に従うべき人の行動の一部は、他人に関わることです。単に自分自身に関係する部分においては、彼の独立性は当然のことながら絶対的なものである。自分自身、自分の身体と精神に対して、個人は主権者です。

ミルはまた、自由から生じる権利のリストに危害原則を含めた。それは彼の政治的権利(他人に害を及ぼさない政治的活動)のリストの中に含まれていたが、彼の非政治的自由の権利、つまり彼の「趣味と追求」、つまり政治に関与せず他人に害を及ぼさない活動にも含まれていた。その他:

したがって、これは人間の自由の適切な領域です。それはまず、意識の内向きの領域を構成します。最も包括的な意味での良心の自由を要求する。思想と伐採の自由。すべての主題に関する意見と感情の絶対的な自由。実践的であれ、思索的であれ、科学的であれ、道徳的であれ、神学的であれ。意見を表明し公表するという原則は、個人の行為のうち他人に関係する部分に属するため、別の原則に該当するように見えるかもしれません。しかし、思想の自由そのものとほぼ同じくらい重要であり、大部分が同じ理由に基づいており、実質的に思想の自由から切り離すことはできない。第二に、原則は好みや追求の自由を要求します。自分自身の性格に合わせて人生の計画を立てること。後に起こる可能性のある結果を前提として、自分の好きなように行動すること。たとえ彼らが私たちの行動を愚かで、ひねくれていて、間違っていると考えたとしても、私たちが行うことが彼らに害を及ぼさない限り、私たちの同胞からの妨害を受けることはありません。

1776 年の米国独立宣言で言及された「幸福の追求」は、ミルが念頭に置いていた「嗜好と追求」の 1 つであると正しく主張する人もいるかもしれません。

私たちは、これらの真実は自明であると考えます。すべての人間は平等に創造され、人間には創造主から譲ることのできない特定の権利が与えられており、その中には生命、自由、幸福の追求が含まれます。 。 。

危害原則は、最近の米国の判例にも見られます。2002 年 5 月にカリフォルニア州最高裁判所で下された人民対アルバレス事件です。

すべての刑事裁判において、検察は犯罪の内容、つまり犯罪そのもの、つまり傷害、紛失、危害の事実、およびその原因としての刑事機関の存在を証明しなければなりません。

危害原則は、1994 年と 2009 年に再びコロンビアの麻薬法に導入されました。

2009年7月、コロンビア最高裁判所は1994年の憲法裁判所の判決を再確認し、事件が「個人的な権利の行使で起こった場合、個人使用のための薬物の所持はいかなる刑罰の対象にもならない」との判決を下した。私権、[そして]被告人は他人に危害を加えなかった。

最高裁判所は、R 対マルメ・レヴァイン事件の 判決において、危害原則が 1) 基本的正義の原則ではないこと、および 2) 基本的正義のこれらすべての情報源に見られる理由の両方を説明していません。

たとえ自己に配慮した行動が自分自身に害を及ぼす結果となったとしても、それは依然として国家による正当な強制の範囲を超えています。

危害自体は非道徳的な概念ではありません。他人に危害を加えることが、行為を間違ったものにするのです。[5]

義務の不履行によって損害が生じることもあります。道徳は義務を生み出します。義務は借金と同じように人から強制されることがあり、人がそれを履行することを正当に強制される可能性があることは義務の概念の一部です。[4] [5]

制限

J・S・ミルは『自由について』の中で、精神障害者、「野蛮人」(未成年者と同化した)、未成年者と判断された人には彼の原則は適用されないと書いている[6]が、人間と市民の権利宣言は関係していない女性、奴隷、外国人、未成年者は国民ではありませんでした。

この原理の現代的な解釈では、人種や性別が区別されていないことがよくあります。

危害のより広い定義

同じエッセイの中で、ミルはこの原理を 2 つの格率の関数としてさらに説明しています。

その格言は、第一に、個人は自分以外の誰の利益にも関係しない限り、自分の行動について社会に対して責任を負わないということである。他人が自分の利益のために必要と考える場合、他人によるアドバイス、指導、説得、回避が、社会がその人の行為に対する嫌悪感や不支持を正当に表明できる唯一の手段である。第二に、他者の利益を損なうような行為に対しては、個人は責任を負い、社会がそのどちらかを保護するために必要であると考えている場合には、社会的または法的処罰のいずれかの対象となる可能性があります。 (LV2)

これらの格言の 2 番目は、社会的権威の原則として知られるようになりました。[7]

しかし、2 番目の格率は、社会への危害を含む、より広い危害の定義の問題も引き起こします。危害の概念は、他の個人に対する危害に限定されず、特定の個人を定義することなく、複数の個人に対する危害を意味する場合があります。

これは、時間の経過とともに徐々にのみ現れる危害を判断するための重要な原則です。つまり、結果として生じる危害は予測可能ですが、危害を引き起こす行為が行われた時点ではまだ存在していません。この法律は、私有地に広範囲に汚染廃棄物を排出する企業の権利から、ライセンスに関する広範な問題、扇動の権利に至るまで、他の問題にも適用されます。

現代の例

米国自由党

米国リバタリアン党は、公式の党綱領の一部として危害原則のバージョンを含めています。それは次のように述べています:

刑法の適用は、武力や詐欺による他人の権利の侵害、あるいは他人を意図せず重大な危害の危険にさらす意図的な行為に限定されるべきである。したがって、私たちは被害者のいない「犯罪」を生み出すすべての法律の廃止を支持します。 。 。[8]

批判

学者[誰? ]は、危害原則は、どの行為が自分自身または国民にとって有害で​​あるかについての狭い範囲を提供するものではなく、人々がその行為に対して国家によって罰せられるかどうかを決定するために使用することはできないと主張している。国家は、その行為がどのような害をもたらすかを判断することによって、その行為が処罰されるかどうかを決定することができる。道徳的に不当な行為が発生しても、議論の余地のない形での危害が残らない場合、国家が行動を起こし、その行為に対して加害者を罰する正当性はありません。[9]危害原則には、具体的にどのような危害があり、何が国家の介入を正当化するのかについての定義が曖昧である。[9]

学者[誰? ]また、危害原則では、国家が介入戦術を正当化するかどうかについては規定されていないとも述べている。この曖昧さにより、国家が独自の裁量で何が有害な自尊行為とみなされるかを定義する可能性がある。その自由により、個人の自由と権利が危険にさらされる可能性があります。個人以上に国民に悪影響を与える行為に国家が介入することは考えられない。[10]危害原則の適用範囲は、直接従うことや国家による処罰の可能性を実施するには広すぎると説明されている。[10]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ ab 「言論の自由」。スタンフォード哲学百科事典。 2008 年 4 月 17 日2013 年6 月 10 日に取得
  2. ^ 「修正 I (宗教): トーマス ジェファーソン、バージニア州に関するメモ、クエリ 17、157--61」。
  3. ^ ハモウィ、ロナルド編。 (2008年)。リバタリアニズム百科事典。カリフォルニア州サウザンドオークス: SAGE Publications。 p. xxi.ISBN 978-1412965804
  4. ^ ab ミル、ジョン・スチュアート(1859)。リバティについて。イギリス、オックスフォード:オックスフォード大学。 21-22ページ2008 年2 月 27 日に取得
  5. ^ ab メネゼス・オリベイラ、ホルヘ (2012). 「ミルの自由概念における危害と攻撃」。イギリス、オックスフォード:オックスフォード大学。 p. 13.
  6. ^ モナハン、J. (1977 年 12 月)。 「精神障害者の自由についてのジョン・スチュアート・ミル:歴史的メモ」。アメリカ精神医学雑誌134 (12): 1428–1429。土井:10.1176/ajp.134.12.1428。ISSN  0002-953X。PMID  335904。
  7. ^ ロッシ、フィリップ J. (2012).理性の社会的権威。ニューヨーク州アルバニー:SUNY Press。 p. 60.ISBN 978-0791483367
  8. ^ “2016 プラットフォーム”.リバタリアン全国委員会。 2016年2017 年2 月 25 日に取得
  9. ^ ハミッシュ 、スチュワート (2009-08-23)。 「危害原理の限界」。刑法と哲学4 (1): 17-35。土井:10.1007/s11572-009-9082-9。ISSN  1871-9791。S2CID  144027938。
  10. ^ ab サンダース、ベン (2016-08-30). 「ミルの危害原理の再定式化」。125 (500): 1005–1032。土井10.1093/mind/fzv171ISSN  0026-4423。

参考文献

外部リンク

  • ベースライン法理論ブログ
  • 「ミルの道徳と政治哲学」。ミルの道徳哲学および政治哲学: 3.6 危害原則スタンフォード哲学百科事典。スタンフォード大学形而上学研究所。 2018年。
Retrieved from "https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Harm_principle&oldid=1216090403#The_offense_principle"