OSIモデル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Open Systems InterconnectionモデルOSIモデル)は、基礎となる内部構造やテクノロジに関係なく、電気通信またはコンピューティングシステムの通信機能を特徴づけて標準化する概念モデルです。その目標は、さまざまな通信システムと標準の通信プロトコルとの相互運用性です。

このモデルは、通信システム内のデータの流れを、通信媒体を介してビットを送信する物理的な実装から、分散アプリケーションのデータの最高レベルの表現まで、7つの抽象化レイヤーに分割します。各中間層は、その上の層に機能のクラスを提供し、その下の層によって提供されます。機能のクラスは、標準化された通信プロトコルによってソフトウェアで実現されます。

OSIモデルは、1970年代後半から開発され、世界の大規模な全国的なネットワーキングの取り組みでのアプリケーションをめぐって競合していた多様なコンピューターネットワーキング手法の出現をサポートしています。1980年代に、このモデルは国際標準化機構(ISO)のオープンシステム相互接続グループの実用的な製品になりました。ネットワーキングの包括的な説明を提供しようとしたが、モデルは初期のインターネットの設計においてソフトウェアアーキテクトによる信頼を獲得できなかった。これは、主にインターネットエンジニアリングタスクフォースの支援の下で後援された、より規範的でないインターネットプロトコルスイートに反映されている。(IETF)。

OSIモデルでの通信(レイヤー3から5の例)

歴史

1970年代初頭から中期にかけて、ネットワーキングは主に政府が後援する(英国のNPLネットワーク、米国のARPANET 、フランスのCYCLADES )か、 IBMSystems NetworkArchitectureDigitalなどの独自の標準を使用してベンダーが開発しました。EquipmentCorporationDECnetパブリックデータネットワークはまだ出現し始めたばかりであり、これらは1970年代後半にX.25標準を使用し始めました。[2] [3]

1973年から1975年頃の英国の実験的パケット交換システムは、より高いレベルのプロトコルを定義する必要性を特定しました。[2]コンピュータシステムの将来の構成に関するかなりの研究から生まれた英国国立コンピューティングセンターの出版物「WhyDistributedComputing」 [4]の結果、英国は、 1977年3月のシドニー。[5]

1977年以降、国際標準化機構(ISO)は、ネットワークの一般的な標準と方法を開発するためのプログラムを実施しました。同様のプロセスは、国際電信電話諮問委員会(CCITT、フランス語から:ComitéConsultatifInternationalTéléphoniqueetTélégraphique)でも発展しました。両機関は、同様のネットワークモデルを定義するドキュメントを開発しました。OSIモデルは、 1978年2月にフランスのHubert ZimmermannによってワシントンDCで未加工の形式で最初に定義され、1980年にISOによって洗練されたまだドラフトの標準が公開されました。[6]

参照モデルの起草者は、多くの競合する優先順位や利益と戦わなければなりませんでした。技術の変化の速度により、事後に手順を標準化するのではなく、新しいシステムが収束できる標準を定義する必要がありました。標準を開発するための従来のアプローチの逆。[7]それ自体は標準ではありませんが、将来の標準を定義できるフレームワークでした。[8]

1983年に、CCITTとISOのドキュメントが統合され、オープンシステム相互接続の基本参照モデルが形成されました。これは通常、オープンシステム相互接続参照モデルOSI参照モデル、または単にOSIモデルと呼ばれます。これは、1984年にISOによって標準ISO 7498として公開され、CCITT(現在は国際電気通信連合またはITU-Tの電気通信標準化セクターと呼ばれています)の名前が標準X.200として公開されました。

OSIには、基本参照モデルまたは7層モデルと呼ばれるネットワークの抽象モデルと特定のプロトコルのセットという2つの主要なコンポーネントがありました。OSI参照モデルは、ネットワーク概念の標準化における大きな進歩でした。これは、ネットワークデバイスとソフトウェア間の相互運用性を定義する、プロトコル層の一貫したモデルのアイデアを促進しました。

7層モデルの概念は、Honeywell InformationSystemsのCharlesBachmanの作業によって提供さまし[9] OSI設計のさまざまな側面は​​、NPLネットワーク、ARPANET、CYCLADES、EIN、およびInternational Networking Working GroupIFIP WG6.1)での経験から発展しました。このモデルでは、ネットワークシステムがレイヤーに分割されました。各レイヤー内で、1つ以上のエンティティがその機能を実装します。各エンティティは、そのすぐ下のレイヤーとのみ直接対話し、その上のレイヤーで使用するための機能を提供しました。

OSI標準文書は、X.200シリーズの推奨事項としてITU-Tから入手できます。[10]プロトコル仕様の一部は、ITU-TXシリーズの一部としても利用可能でした。OSIモデルと同等のISOおよびISO / IEC規格は、ISOから入手できました。すべてが無料というわけではありません。[11]

OSIは業界の取り組みであり、業界の参加者に、マルチベンダーの相互運用性を提供するための共通のネットワーク標準に​​ついて合意させようとしました。[12]大規模なネットワークでは、複数のネットワークプロトコルスイートをサポートするのが一般的でした。共通のプロトコルがないため、多くのデバイスが他のデバイスと相互運用できませんでした。1980年代後半から1990年代初頭にかけて、エンジニア、組織、および国は、どの標準、OSIモデル、またはインターネットプロトコルスイートが最良で最も堅牢なコンピュータネットワークをもたらすかという問題について二極化しました。[5] [13] [14]ただし、OSIは1980年代後半にネットワーク標準を開発しましたが、[15] [16] TCP / IP インターネットワーキング用のマルチベンダーネットワークで広く使用されるようになりました

OSIモデルは、教育と文書化の参照として引き続き使用されます。[17]しかし、このモデルのために最初に考案されたOSIプロトコルは人気を博しませんでした。一部のエンジニアは、OSI参照モデルが依然としてクラウドコンピューティングに関連していると主張しています。[18]他の人は、元のOSIモデルが今日のネットワークプロトコルに適合しないと言い、代わりに単純化されたアプローチを提案しました。[19] [20]

定義

通信プロトコルにより、あるホストのエンティティが別のホストの同じレイヤーにある対応するエンティティと対話できるようになります。OSIモデルのようなサービス定義は、(N-1)層によって(N)層に提供される機能を抽象的に記述します。ここで、Nはローカルホストで動作するプロトコルの7つの層の1つです。

各レベルNで、通信デバイス(レイヤーNピア)の2つのエンティティが、レイヤーNプロトコルを使用してプロトコルデータユニット(PDU)を交換します各PDUには、サービスデータユニット(SDU)と呼ばれるペイロードと、プロトコル関連のヘッダーまたはフッターが含まれています。

通信する2つのOSI互換デバイスによるデータ処理は次のように進行します。

  1. 送信されるデータは、送信装置の最上層(層)でプロトコルデータユニットPDU)に構成されている。
  2. PDUはレイヤーN-1に渡され、サービスデータユニットSDU )と呼ばれます。
  3. レイヤーN-1で、SDUヘッダー、フッター、またはその両方と連結され、レイヤーN-1PDUを生成します。次に、レイヤーN-2に渡されます。
  4. このプロセスは、データが受信デバイスに送信される最下位レベルに到達するまで続きます。
  5. 受信デバイスでは、データは一連のSDUとして最下位層から最上位層に渡され、各層のヘッダーまたはフッターから最上層に到達するまで連続的に削除され、そこで最後のデータが消費されます。

標準文書

OSIモデルは、ISO / IEC 7498で定義されており、次の部分で構成されています。

  • ISO / IEC7498-1基本モデル
  • ISO / IEC7498-2セキュリティアーキテクチャ
  • ISO / IEC7498-3の命名とアドレス指定
  • ISO / IEC7498-4管理フレームワーク

ISO / IEC 7498-1は、ITU-T勧告X.200としても公開されています。

レイヤーアーキテクチャ

推奨事項X.200は、1〜7のラベルが付いた7つのレイヤーについて説明しています。レイヤー1は、このモデルの最下位レイヤーです。

OSIモデル
プロトコルデータユニット(PDU) 機能[21]
ホスト
レイヤー
7 申し込み データ リソース共有、リモートファイルアクセスなど の高レベルAPI
6 プレゼンテーション ネットワークサービスとアプリケーション間のデータの変換。文字エンコードデータ圧縮暗号化/復号化を含む
5 セッション 通信セッションの管理、つまり、2つのノード間の複数の往復送信の形での継続的な情報交換
4 輸送 セグメントデータグラム セグメンテーション確認応答多重化など、ネットワーク上のポイント間のデータセグメントの信頼性の高い送信
メディア
レイヤー
3 通信網 パケット アドレス指定ルーティングトラフィック制御など、マルチノードネットワークの構造化と管理
2 データリンク フレーム 物理層で接続された2つのノード間のデータフレームの信頼性の高い伝送
1 物理的 ビットシンボル 物理媒体を介した生のビットストリームの送受信


レイヤー1:物理レイヤー

物理層は、デバイスと物理伝送媒体の間の非構造化生データの送受信を担当します。デジタルビットを電気信号、無線信号、または光信号に変換します。層の仕様は、電圧レベル、電圧変化のタイミング、物理データレート、最大伝送距離、変調方式、チャネルアクセス方法、物理コネクタなどの特性を定義します。これには、ピンのレイアウト電圧、ラインインピーダンス、ケーブルの仕様、ワイヤレスデバイスの信号タイミングと周波数が含まれます。ビットレート制御は物理層で行われ、伝送モードをシンプレックスハーフデュプレックスとして定義できます。、および全二重物理層のコンポーネントは、ネットワークトポロジの観点から説明できます。物理層の仕様は、ユビキタスなBluetoothイーサネット、およびUSB規格の仕様に含まれています。あまり知られていない物理層の仕様の例は、CAN標準の場合です。

レイヤー2:データリンクレイヤー

データリンク層は、ノード間データ転送(2つの直接接続されたノード間のリンク)を提供します。物理層で発生する可能性のあるエラーを検出し、場合によっては修正します。これは、物理的に接続された2つのデバイス間の接続を確立および終了するためのプロトコルを定義します。また、それらの間のフロー制御のプロトコルも定義します

IEEE 802は、データリンク層を2つのサブ層に分割します。[22]

  • 媒体アクセス制御(MAC)層–ネットワーク内のデバイスが媒体へのアクセスとデータ送信の許可を取得する方法を制御する役割を果たします。
  • 論理リンク制御(LLC)層–ネットワーク層プロトコルの識別とカプセル化を担当し、エラーチェックとフレーム同期を制御します。

802.3 イーサネット802.11 Wi-Fi802.15.4ZigBee などのIEEE802ネットワークのMAC層とLLC層は、データリンク層で動作します

ポイントツーポイントプロトコル(PPP)は、同期および非同期シリアル回線 など、いくつかの異なる物理層で動作できるデータリンク層プロトコルです。

ITU-T G.hn規格は、既存のワイヤ(電力線、電話回線、同軸ケーブル)を介した高速ローカルエリアネットワーキングを提供し、選択的な手段によってエラー修正とフロー制御の両方を提供する完全なデータリンク層を含みます。 -スライディングウィンドウプロトコルを繰り返し ます。

この層のセキュリティ、特に(認証された)暗号化は、MACSecを使用して適用できます。

レイヤー3:ネットワークレイヤー

ネットワーク層は、「異なるネットワーク」に接続されたあるノードから別のノードにパケットを転送する機能的および手続き的な手段を提供します。ネットワークは、多くのノードを接続できる媒体であり、すべてのノードにアドレスがあり、ネットワークに接続されているノードは、メッセージの内容と宛先のアドレスを提供するだけで、接続されている他のノードにメッセージを転送できます。ノードとネットワークにメッセージを宛先ノードに配信する方法を見つけさせ、場合によってはルーティング中間ノードを介してそれ。メッセージが大きすぎて、これらのノード間のデータリンク層で1つのノードから別のノードに送信できない場合、ネットワークは、メッセージを1つのノードで複数のフラグメントに分割し、フラグメントを個別に送信し、でフラグメントを再アセンブルすることによってメッセージ配信を実装できます。別のノード。配信エラーを報告する場合がありますが、報告する必要はありません。

ネットワーク層でのメッセージ配信は、必ずしも信頼できるとは限りません。ネットワーク層プロトコルは信頼性の高いメッセージ配信を提供する場合がありますが、そうする必要はありません。

管理付属書ISO7498 / 4で定義されている機能である多くの層管理プロトコルは、ネットワーク層に属しています。これらには、ルーティングプロトコル、マルチキャストグループ管理、ネットワーク層の情報とエラー、およびネットワーク層のアドレス割り当てが含まれます。これらを運ぶプロトコルではなく、これらをネットワーク層に属するようにするのはペイロードの機能です。[23]

レイヤー4:トランスポートレイヤー

トランスポート層は、サービス品質機能を維持しながら、送信元から宛先ホストに可変長データシーケンスを転送する機能的および手続き的な手段を提供します。

トランスポート層は、フロー制御、セグメンテーション/デセグメンテーション、およびエラー制御を通じて、特定のリンクの信頼性を制御できます。一部のプロトコルは、状態指向およびコネクション型です。これは、トランスポート層がセグメントを追跡し、配信に失敗したセグメントを再送信できることを意味します。トランスポート層は、データ送信が成功したことを確認し、エラーが発生しなかった場合は次のデータを送信することもできます。トランスポート層は、アプリケーション層から受信したメッセージからセグメントを作成します。セグメンテーションは、長いメッセージを小さなメッセージに分割するプロセスです。

ただし、信頼性はトランスポート層内の厳密な要件ではありません。たとえば、 UDPのようなプロトコルは、パケット損失、並べ替え、エラー、または重複を受け入れるアプリケーションで使用されます。ストリーミングメディア、リアルタイムマルチプレイヤーゲーム、Voice over IP(VoIP)は、パケットの損失が通常は致命的な問題ではないアプリケーションの例です。

OSIは、クラス0(TP0とも呼ばれ、機能が最も少ない)からクラス4(TP4、インターネットと同様に信頼性の低いネットワーク用に設計された)までの5つのクラスの接続モードトランスポートプロトコルを定義します。クラス0にはエラー回復が含まれておらず、エラーのない接続を提供するネットワーク層で使用するために設計されました。クラス4はTCPに最も近いですが、TCPには、OSIがセッション層に割り当てるグレースフルクローズなどの機能が含まれています。また、すべてのOSI TP接続モードプロトコルクラスは、迅速なデータとレコード境界の保持を提供します。TP0-4クラスの詳細な特性を次の表に示します。[24]

機能名 TP0 TP1 TP2 TP3 TP4
コネクション型ネットワーク はい はい はい はい はい
コネクションレス型ネットワーク 番号 番号 番号 番号 はい
連結と分離 番号 はい はい はい はい
セグメンテーションと再組み立て はい はい はい はい はい
エラー回復 番号 はい はい はい はい
接続を再開します 番号 はい 番号 はい 番号
単一の仮想回線での多重化/逆多重化 番号 番号 はい はい はい
明示的なフロー制御 番号 番号 はい はい はい
タイムアウト時の再送信 番号 番号 番号 番号 はい
信頼できる輸送サービス 番号 はい 番号 はい はい
a過剰な数のPDUが確認応答されていない場合。

トランスポート層を視覚化する簡単な方法は、郵便局と比較することです。郵便局は、送信された郵便物と小包の発送と分類を処理します。郵便局は、郵便物の外封筒のみを検査して配達を決定します。上位層には、宛先のみが読み取ることができる暗号化プレゼンテーションサービスなど、二重エンベロープに相当するものが含まれる場合があります。大まかに言えば、トンネリングプロトコルは、 IBMSNANovellIPXなどの非IPプロトコルをIPネットワーク経由で伝送したり、 IPsecを使用したエンドツーエンド暗号化を実行したりするなど、トランスポート層で動作します。Generic RoutingEncapsulation(GRE)はネットワーク層プロトコルのように見える場合があります。ペイロードのカプセル化がエンドポイントでのみ行われる場合、GREは、IPヘッダーを使用するが、に配信する完全なレイヤー2フレームまたはレイヤー3パケットを含むトランスポートプロトコルに近づきます。エンドポイント。L2TPは、トランスポートセグメント内でPPPフレームを伝送します。

OSI参照モデルの下で開発されておらず、トランスポート層のOSI定義に厳密に準拠していませんが、インターネットプロトコルスイートの伝送制御プロトコル(TCP)とユーザーデータグラムプロトコル(UDP)は、通常、 OSI。

トランスポート層セキュリティ(TLS)も、モデル内に厳密には適合しません。トランスポートレイヤーとプレゼンテーションレイヤーの特性が含まれています。[25] [26]

レイヤー5:セッションレイヤー

セッション層は、コンピューター間の対話(接続)を制御します。ローカルアプリケーションとリモートアプリケーション間の接続を確立、管理、および終了します。全二重半二重、またはシンプレックス操作を提供し、セッションのチェックポイント、一時停止、再開、および終了の手順を確立します。OSIモデルでは、この層がセッションを正常に閉じる役割を果たします。この層は、セッションのチェックポイントと回復も担当します。これは通常、インターネットプロトコルスイートでは使用されません。セッション層は通常、リモートプロシージャコールを使用するアプリケーション環境で明示的に実装されます

最新のTCP / IPシステムでは、セッション層は存在せず、TCPプロトコルの一部にすぎません。

レイヤー6:プレゼンテーションレイヤー

プレゼンテーション層は、アプリケーション層エンティティ間のコンテキストを確立します。プレゼンテーションサービスがそれらの間のマッピングを提供する場合、アプリケーション層エンティティは異なる構文とセマンティクスを使用できます。マッピングが利用可能な場合、プレゼンテーションプロトコルデータユニットはセッションプロトコルデータユニットにカプセル化され、プロトコルスタックに渡されます。

このレイヤーは、アプリケーション形式とネットワーク形式の間で変換することにより、データ表現からの独立性を提供します。プレゼンテーション層は、データをアプリケーションが受け入れる形式に変換します。このレイヤーは、ネットワークを介して送信されるデータをフォーマットします。構文レイヤーと呼ばれることもあります。[27]プレゼンテーション層には、圧縮機能を含めることができます。[28]プレゼンテーション層は転送構文をネゴシエートします。

元の表示構造は、 EBCDICコード化テキストファイルASCIIコード化ファイルに変換したりオブジェクトやその他のデータ構造XMLとの間でシリアル化したりする機能を備えた、抽象構文表記1(ASN.1)の基本符号化規則を使用していました。 ASN.1は、構文に関してアプリケーションプロトコルを効果的に不変にします。

レイヤー7:アプリケーションレイヤー

アプリケーションはエンドユーザーに最も近いOSI層です。これは、OSIアプリケーション層とユーザーの両方がソフトウェアアプリケーションと直接対話することを意味します。この層は、通信コンポーネントを実装するソフトウェアアプリケーションと相互作用します。このようなアプリケーションプログラムは、OSIモデルの範囲外です。アプリケーション層の機能には、通常、通信パートナーの識別、リソースの可用性の決定、および通信の同期が含まれます。通信パートナーを識別する場合、アプリケーション層は、送信するデータを持つアプリケーションの通信パートナーのIDと可用性を決定します。アプリケーション層で最も重要な違いは、アプリケーションエンティティとアプリケーションの違いです。たとえば、予約Webサイトには2つのアプリケーションエンティティがある場合があります。ユーザーと通信するためのHTTPと、予約を記録するためのリモートデータベースプロトコル用のHTTP。これらのプロトコルはどちらも予約とは何の関係もありません。そのロジックはアプリケーション自体にあります。アプリケーション層には、ネットワーク内のリソースの可用性を判断する手段がありません。

クロスレイヤー機能

クロスレイヤー機能は、特定のレイヤーに関連付けられていないサービスですが、複数のレイヤーに影響を与える可能性があります。[29]管理やセキュリティなどのいくつかの直交する側面には、すべての層が関係しています(ITU-T X.800勧告[30]を参照)。これらのサービスは、送信されるデータのCIAトライアド機密性、整合性、および可用性)を改善することを目的としています。通信サービスの可用性はネットワーク設計ネットワーク管理プロトコル 間の相互作用によって決定されるため、実際には、クロスレイヤー機能が標準です。

クロスレイヤー機能の具体例は次のとおりです。

  • ITU-T X.800勧告で定義されているセキュリティサービス(通信)[30] 。
  • 管理機能、つまり2つ以上のエンティティの通信を構成、インスタンス化、監視、終了できる機能:特定のアプリケーション層プロトコルであるCommon Management Information Protocol(CMIP)とそれに対応するサービスであるCommon Management Information Service(CMIS )があります。 )、インスタンスを処理するために、すべてのレイヤーと対話する必要があります。
  • マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)、ATM、およびX.25は3aプロトコルです。OSIは、ネットワーク層を3つのサブレイヤーに分割します。3a)サブネットワークアクセス、3b)サブネットワーク依存コンバージェンス、および3c)サブネットワーク非依存コンバージェンス。[31]これは、データグラムベースのサービスモデルを提供する回線ベースのクライアントとパケット交換クライアントの両方に統合されたデータ伝送サービスを提供するように設計されました。IPパケット、ネイティブATM、SONET、イーサネットフレームなど、さまざまな種類のトラフィックを伝送するために使用できます。レイヤー2.5への参照が表示されることがあります。
  • クロスMACおよびPHYスケジューリングは、ワイヤレスチャネルの時間変化する性質のため、ワイヤレスネットワークでは不可欠です。MAC層がPHY層からチャネル状態情報を取得する必要がある好ましいチャネル条件でのみパケット送信をスケジュールすることにより、ネットワークスループットを大幅に改善し、エネルギーの浪費を回避できます。[32]

プログラミングインターフェース

OSI参照モデルもOSIプロトコル仕様も、意図的に抽象的なサービス記述を除いて、プログラミングインターフェイスの概要を示していません。プロトコル仕様はピア間の通信方法を定義しますが、ソフトウェアインターフェイスは実装固有です。

たとえば、Network Driver Interface Specification(NDIS)とOpen Data-Link Interface(ODI)は、メディア(レイヤー2)とネットワークプロトコル(レイヤー3)の間のインターフェイスです。

他のネットワーキングスイートとの比較

次の表は、OSI層のリスト、元のOSIプロトコル、およびいくつかのおおよその最新の一致を示しています。この対応は大まかなものであることに注意することが非常に重要です。OSIモデルには、最新のインターネットのIPスタックなどの後のシステムには見られない特異性が含まれています。[20]

TCP / IPモデルとの比較

インターネットのTCP / IPモデルでのプロトコルの設計は、厳密な階層的カプセル化と階層化には関係しません。[38] RFC 3439には、「有害と見なされる階層化」というタイトルのセクションが含まれています。[39] TCP / IPは、含まれているプロトコルの動作範囲から派生した4つの広範な機能層を認識します。ソフトウェアアプリケーションの範囲。ホスト間のトランスポートパス。インターネットワーキング範囲。ローカルネットワーク上の他のノードへの直接リンクの範囲。[40]

OSIモデルとは異なる階層化の概念を使用しているにもかかわらず、これらの階層は、次の方法でOSI階層化スキームと比較されることがよくあります。

  • インターネットアプリケーション層は、OSIアプリケーション層、プレゼンテーション層、およびほとんどのセッション層にマップされます。
  • TCP / IPトランスポート層は、OSIセッション層およびOSIトランスポート層のグレースフルクローズ機能にマップされます。
  • インターネット層は、OSIネットワーク層のサブセットの機能と同じように機能します
  • リンク層OSIデータリンク層に対応し、物理層と同様の機能、およびOSIのネットワーク層の一部のプロトコルを含む場合があります。

これらの比較は、ネットワーク層の内部構成の改良ではなく、ISO7498で定義されている元の7層プロトコルモデルに基づいています。

OSIプロジェクトの一部として指定されたOSIプロトコルスイートは、多くの人から複雑すぎて非効率的であり、大部分は実装不可能であると考えられていました。[41]ネットワーキングに「フォークリフトアップグレード」アプローチを採用し、既存のネットワーキングプロトコルをすべて削除し、スタックのすべてのレイヤーでそれらを置き換えることを指定しました。これにより実装が困難になり、他のネットワークテクノロジーに多額の投資を行っている多くのベンダーやユーザーから抵抗されました。さらに、プロトコルには非常に多くのオプション機能が含まれていたため、多くのベンダーの実装は相互運用できませんでした。[41]

OSIモデルは依然として参照されることがよくありますが、インターネットプロトコルスイートがネットワーキングの標準になっています。コンピュータネットワーキングおよび簡略化されたプロトコルの独立した実装に対するTCP / IPの実用的なアプローチは、それを実用的な方法論にしました。[41] OSIスタックの一部のプロトコルと仕様は引き続き使用されています。その一例がIS-ISで、OSIではISO / IEC 10589:2002として指定され、TCP / IPでRFC1142としてインターネットでの使用に適合してます 

も参照してください

さらに読む

  • John Day、「Patterns in Network Architecture:A Return to Fundamentals」(Prentice Hall 2007、 ISBN 978-0-13-225242-3 
  • マーシャル・ローズ、「The Open Book」(Prentice-Hall、Englewood Cliffs、1990)
  • David M. Piscitello、A。LymanChapin、Open Systems Networking(Addison-Wesley、Reading、1993)
  • Andrew S. Tanenbaum、Computer Networks、第4版、(Prentice-Hall、2002)ISBN 0-13-066102-3 
  • ゲイリー・ディクソン; アランロイド(1992年7月)。オープンシステム相互接続/コンピュータ通信規格とゴシップの説明プレンティスホール。ISBN 978-0136401117

参考文献

  1. ^ 「X.225:情報技術–オープンシステム相互接続–コネクション型セッションプロトコル:プロトコル仕様」2021年2月1日にオリジナルからアーカイブされました2021年11月24日取得
  2. ^ a b デイビス、ハワード; ブレッサン、ベアトリス(2010年4月26日)。国際研究ネットワーキングの歴史:それを実現させた人々ジョン・ワイリー&サンズ。pp。2–3。ISBN 978-3-527-32710-2
  3. ^ ロバーツ、ローレンスG.博士(1978年11月)。「パケット交換の進化」(PDF)IEEE招待論文2017年9月10日取得
  4. ^ ダウン、ピータージョン; テイラー、フランク・エドワード(1976)。なぜ分散コンピューティングなのか?:英国での可能性と経験に関するNCCレビューNCC出版物。ISBN 9780850121704
  5. ^ a b Andrew L. Russell(2013年7月30日)。「OSI:そうではなかったインターネット」IEEEスペクトラム50、いいえ。8.8。
  6. ^ 「OSIではなかったインターネット」IEEEスペクトラム2017年3月。
  7. ^ サンシャイン、カールA.(1989)。コンピュータネットワークのアーキテクチャとプロトコルシュプリンガーサイエンス&ビジネスメディア。p。35. ISBN 978-1-4613-0809-6
  8. ^ Hasman、A。(1995)。ヨーロッパの健康情報学における教育と訓練:最先端、ガイドライン、アプリケーションIOSプレス。p。251. ISBN 978-90-5199-234-2
  9. ^ ヤン・リー。「JANリーによるコンピュータパイオニア」IEEEコンピュータソサエティ。
  10. ^ 「ITU-TXシリーズの推奨事項」
  11. ^ 「公に利用可能な標準」Standards.iso.org。2010年7月30日2010年9月11日取得
  12. ^ ラッセル、アンドリューL.(2014年4月28日)。オープンスタンダードとデジタル時代:歴史、イデオロギー、ネットワークケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-1-139-91661-5
  13. ^ Russell、Andrew L. 「ラフコンセンサスと実行中のコード」とインターネット-OSI標準戦争」(PDF)コンピューティングの歴史のIEEE年報。
  14. ^ 「標準戦争」(PDF)2006年。
  15. ^ Inc、IDGネットワ​​ークワールド(1988年2月15日)。ネットワークワールドIDG Network World Inc.
  16. ^ Inc、IDGネットワ​​ークワールド(1988年10月10日)。ネットワークワールドIDG Network World Inc.
  17. ^ ショー、キース(2018年10月22日)。「OSIモデルの説明:7層ネットワークモデルを理解する(そして覚える)方法」ネットワークワールド2020年5月16日取得
  18. ^ 「クラウド用のOSIモデル」Ciscoブログ2017年2月24日2020年5月16日取得
  19. ^ テイラー、スティーブ; メッツラー、ジム(2008年9月23日)。「なぜOSIモデルを死なせる時が来たのか」ネットワークワールド2020年5月16日取得
  20. ^ a b Crawford、JB(2021年3月27日)。「実際のOSIモデル」
  21. ^ 「WindowsネットワークアーキテクチャとOSIモデル」Microsoftドキュメント2020年6月24日取得
  22. ^ 「エンドステーションの5.2RMの説明」。IEEE Std 802-2014、ローカルおよびメトロポリタンエリアネットワークのIEEE標準:概要とアーキテクチャieee。土井10.1109 /IEEESTD.2014.6847097ISBN 978-0-7381-9219-2
  23. ^ 国際標準化機構(1989年11月15日)。「ISO / IEC7498-4:1989-情報技術-オープンシステム相互接続-基本参照モデル:命名とアドレス指定」ISO規格メンテナンスポータルISO中央事務局2015年8月17日取得
  24. ^ 「ITU-T勧告X.224(11/1995)ISO / IEC 8073、オープンシステム相互接続-接続モードトランスポートサービスを提供するためのプロトコルITU。
  25. ^ フーパー、ハワード(2012)。CCNP Security VPN 642-648公式証明書ガイド(2版)。シスコプレス。p。22. ISBN 9780132966382
  26. ^ スポット、アンドリュー; ネギ、トム; etal。「TLSとは何の層ですか?」情報セキュリティスタック交換
  27. ^ グリゴニス、リチャード(2000)。コンピュータテレフォニー-百科事典CMP。p。331. ISBN 9781578200450
  28. ^ 「ITU-TX.200-情報技術-オープンシステム相互接続-基本参照モデル:基本モデル」
  29. ^ マオ、スティーブン(2009年11月13日)。「第8章:通信ネットワークの基礎」。ウィグリンスキーでは、アレクサンダー; Nekovee、Maziar; ホウ、トーマス(編)。コグニティブ無線通信とネットワーク:原則と実践エルゼビア。p。201. ISBN 978-0-08-087932-1
  30. ^ a b "ITU-T勧告X.800(03/91)、CCITTアプリケーションのオープンシステム相互接続のためのセキュリティアーキテクチャ"ITU 2015年8月14日取得
  31. ^ Hegering、Heinz-Gerd(1999年8月24日)。ネットワークシステムの統合管理:概念、アーキテクチャ、およびそれらの運用アプリケーションモーガンカウフマン。p。54. ISBN 978-1558605718
  32. ^ ミャオ、グオワン; 歌、Guocong(2014)。エネルギーおよびスペクトル効率の高いワイヤレスネットワーク設計ケンブリッジ大学出版局ISBN 978-1107039889
  33. ^ 「ITU-T勧告Q.1400(03/1993)]、OSI概念を使用したシグナリングおよびOA&Mプロトコルの開発のためのアーキテクチャフレームワークITU。pp。4、7。
  34. ^ ITURec。X.227(ISO 8650)、X.217(ISO 8649)。
  35. ^ ITU-T(特にX.711)およびISO9596からのX.700シリーズの推奨事項。
  36. ^ a b "インターネットワーキングテクノロジーハンドブック-インターネットワーキングの基本[インターネットワーキング]"シスコ2014年1月15日2015年8月14日取得
  37. ^ 「3GPP仕様:36.300」3gpp.org 2015年8月14日取得
  38. ^ RFC 3439
  39. ^ 「RFC3439-いくつかのインターネットアーキテクチャガイドラインと哲学」ietf.org 2015年8月14日取得
  40. ^ Walter Goralski(2009)。図解されたネットワーク:現代のネットワークでTCP / IPがどのように機能するか(PDF)モーガンカウフマンp。26. ISBN  978-0123745415
  41. ^ a b c Andrew S. Tanenbaum、Computer Networks、§1.4.4。

外部リンク