新連邦条約

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
(赤)連邦を支持した連合共和国(8月のクーデターの前後の両方)。(オレンジ)連邦を支持したが、8月のクーデター後に独立に向かって動いた連合共和国。(黒)完全な独立を要求して連邦をボイコットした連合共和国。

連邦条約(ロシア語:Новыйсоюзныйдоговорローマ字:  Novyy soyuznyy dogovor)は、ソビエト連邦を救済し改革するためのソ連の創設に関する1922年の条約に取って代わる条約草案でした。条約に署名するロシアSFSRの式典は、1991年8月20日に予定されていましたが、前日の8月のクーデターによって阻止されました。[1]この条約の準備は、ノボオガリョボプロセス(новоогаревскийпроцесс)として知られており、文書の作業が行われた政府の財産​​であるノボオガリョボにちなんで名付けられました。ソビエト大統領CPSU の事務総長 ミハイルゴルバチョフは連合共和国の指導者と話し合った[2]

1990年7月の共産党大会で、ゴルバチョフはあまり中央集権化されていない連邦制度を提案しました新連邦条約の草案は、1990年11月23日にソビエト連邦最高ソビエトに提出されました。起草委員会は1991年1月1日にテキストの作業を開始しました。しかし、15のソビエト共和国のうち6つは参加しませんでした。条約の起草:アルメニアジョージアモルドバエストニアラトビアリトアニアこの提案は3月6日に連邦会議長によって承認され、各共和国の最高会議に送られました。承認を求めて。連合と共和国の間の権力の分配について合意に達することができず、提案は承認されなかった。追加の制限要素として、一部の自治共和国は、地位を高め、新しいソビエト条約の締約国になりたいという願望を表明しました。

ゴルバチョフはその提案に対する一般的な支持を得ようとした。1991年3月17日、9つの共和国(ロシアビエロロシアウクライナアゼルバイジャンカザフスタンキルギジアタジキスタントルクメニアウズベキスタン)で国民投票が行われました。)条約の起草に参加した。国民投票では、投票者の76%が、9つの共和国すべての過半数を含むソビエト連邦の連邦制度の維持を支持しました。反対はレニングラードやモスクワのような大都市で最大でした。他の6つの共和国では、すでに独立に向かっているため、国民投票はほとんどボイコットされました。

ソビエト中央政府と9つの共和国の間の協定、いわゆる「9 + 1」協定は、4月23日にノボオガリョボで最終的に署名されました。新連邦条約はソビエト連邦を独立共和国の連合に変えたでしょう。共通の大統領、外交政策、そして軍隊と。

8月までに、ウクライナを除く9つの共和国のうち8つが、いくつかの条件付きで新条約の草案を承認しました。ウクライナは条約の条件に同意しませんでした。3月17日の国民投票では、ウクライナの住民の大多数は、ウクライナが主権国家であると宣言した場合にのみ、組合への加入を支持しました。

条約は、ほとんどの産業と資源の管轄権、および課税と公的支出の管理は、それに署名した共和国に委ねられ、それらの主権が認められ、署名しないものは独自に行くことができると述べました仕方。中央政府は国の軍隊と治安機関の管理を維持しますが、規模は縮小され、通貨を発行するソビエト・ルーブルとともに共和国議会による監視の対象となります。共和国はそれらを共有する権利を持っていますが、その金とダイヤモンドの資源の管理。共和国と中央政府は、軍事および外交政策を共同で決定し、経済、燃料、およびエネルギー資源に関する政策を策定します。人民代議員会議は解散します。政府省庁の数が減り、一部の省庁は共和国に移管され、一部の省庁は人員を削減するか廃止するか、共和党の省庁を支援する小さな調整機関になります。共和国はまた、自国の領土の鉱床を含むほぼすべての天然資源の所有権と、外国との直接的な外交および貿易関係を確立する権利を与えられます。共和国とセンターの間の問題を解決するために、新しい憲法裁判所も設立されたであろう。最後に、共和国法は全連合法よりも優先されます。

条約は組合を救うことを目的としていましたが、強硬派は、一部の小さな共和国がリトアニアの主導に従い、完全な独立を求めることを奨励することを恐れていました。8月18日、強硬派は、ゴルバチョフが条約に署名するためにモスクワに戻るのを阻止するために、ゴルバチョフをクリミアのダーチャに閉じ込めた後、政府を支配しました。小さな共和国だけでなく、大きな共和国、特にロシアからの圧倒的な反対に直面して、8月のクーデターは崩壊しました。

条約は最終的に署名されなかったため、12月のウクライナ独立の余波でさえ、共和国の指導者たちは、12の新たに独立した国家の同盟である独立国家共同体を組織しました。バルト諸国はCISに参加したことはありませんジョージアは1993年までメンバーではなく、2008年に脱退しました。[要出典]

提案された州の名前

1991年7月に発表された条約の最初の草案では、新しい政治の宣言された名前はソビエト連邦共和国(ロシア語:СоюзСоветскихСуверенныхРеспубликローマ字:  Soyuz Sovetskikh Suverenny)でした。この名前は、ロシア語の「СССР」の頭字語、および英語やその他の言語での「ソ連」と「ソビエト連邦」を保護するために提案されました。

1991年9月までに、ソビエト連邦を保護するための全体的な支援は、ソビエト連邦を主権国家の連合に改革するために変化しました。最終草案は、提案された州の名前を主権国家連合に変更しました(ロシア語:СоюзСуверенныхГосударствローマ字:  Soyuz Suverennykh Gosudarstv)。いかなる形であれソビエト体制が継続する可能性は全体的に低下し続け、すぐに放棄された。8月のクーデターに続いて、新しい連合条約はさらに独立国家共同体に改革されました。[3]

提案された加盟共和国、自治共和国(ASSR)および自治州(AO)

連合共和国(SSR)

旧自治共和国(ASSR)と自治州(AO)

条約を拒否した共和国(SSR)、自治共和国(ASSR)、および自治州(AO)

旧連合共和国(SSR)

旧自治共和国(ASSR)と自治州(AO)

も参照してください

メモ

参考文献

  1. ^ 「主権国家の連合」Encyclopedia.com2021年11月28日。{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  2. ^ 「ミハイルゴルバチョフ」伝記2021年11月28日。{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  3. ^ 「独立国家共同体」ブリタニカ2021年11月28日。{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)