ニューイングランド

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標44° N71°W / 44°N 71°W / 44; -71

ニューイングランド
Boston skyline from Longfellow Bridge September 2017 panorama 2.jpg
Connecticut River Valley (8575464880).jpg
Presidential Range 51.JPG
Burlington vermont skyline.jpg
Gay Head or Aquinah.jpg
Portland HeadLight (cropped).jpg
Providence, RI skyline .jpg
Official logo of New England
モットー: 
公式ではありません。「天国へのアピール」と「Nunquamlibertasgratior extat」(ラテン語:「自由がより優雅な形で現れることは決してない」)は、一般的な事実上のモットーです。
New England within the US, highlighted red
アメリカ合衆国のニューイングランド(赤)の場所
Location of New England in North America
北米のニューイングランド(赤)の場所
構成
最大の大都市圏
最大の都市ボストン
領域
 • 合計71,991.8平方マイル(186,458 km 2
 • 土地62,688.4平方マイル(162,362 km 2
人口
 (2020年国勢調査)
 • 合計15,116,205
 • 密度210 /平方マイル(81 / km 2
住民の呼称ニューイングランド人ヤンキー[1]
GDP(名目)
 • 合計1.148兆ドル(2019)
 • 一人あたり77,000ドル(2019)
方言ニューイングランド英語ニューイングランドフランス語

New England is a region comprising six states in the Northeastern United States: Connecticut, Maine, Massachusetts, New Hampshire, Rhode Island, and Vermont. It is bordered by the state of New York to the west and by the Canadian provinces of New Brunswick to the northeast and Quebec to the north. The Atlantic Ocean is to the east and southeast, and Long Island Sound is to the southwest. Boston is New England's largest city, as well as the capital of Massachusetts. Greater Bostonニューイングランドの人口のほぼ3分の1を占める、最大の大都市圏です。この地域には、マサチューセッツ州ウースター(ニューイングランドで2番目に大きい都市)、ニューハンプシャー州マンチェスターニューハンプシャー州で最大の都市)、ロードアイランド州プロビデンス(ロードアイランド州の州都で最大の都市)が含まれます。

In 1620, the Pilgrims, Puritan Separatists from England, established Plymouth Colony, the second successful English settlement in America, following the Jamestown Settlement in Virginia founded in 1607. Ten years later, more Puritans established Massachusetts Bay Colony north of Plymouth Colony. Over the next 126 years, people in the region fought in four French and Indian Wars, until the English colonists and their Iroquois allies defeated the French and their Algonquian allies in America. In 1692, the town of Salem, Massachusetts, and surrounding areas experienced the Salem witch trialsアメリカの歴史の中で最も悪名高い集団ヒステリーの症例の1つ[3]

18世紀後半、ニューイングランド植民地の政治指導者たちは、入植者の同意なしに英国の税金に対する抵抗を開始しましたロードアイランドの住民は、不人気な貿易制限を実施していたイギリスの船捕まえて燃やし、ボストンの住民はイギリスのお茶を港に投げ入れました。英国は、植民地人が「耐え難き諸法と呼んだマサチューセッツ州の自治を剥奪する一連の懲罰的法律で対応したこれらの対立はアメリカ独立戦争の最初の戦いにつながりました1775年にイギリス当局がこの地域から追放された1776年春。この地域は米国の奴隷制廃止運動において重要な役割を果たし、当初は中心となっ産業革命によって変革された米国の最初の地域でした。上のブラックストーンメリマック川の渓谷。

ニューイングランドの物理的な地理は、そのような小さな地域では多様です。ニューイングランド南東部は狭い海岸平野に覆われていますが、西部と北部の地域は、アパラチア山脈の北端のなだらかな丘とすり減った山頂に支配されています。大西洋の落下線は海岸の近くにあり、この地域を南北に二分するコネチカット川など、多くの都市が多くの川に沿って水力を利用することを可能にしました

各州は通常、タウンと呼ばれる小さな自治体に細分されており、その多くはタウンミーティングによって統治されています法人化されていない地域は存在しますが、ニューハンプシャー州とバーモント州の孤立した人口の少ない北部地域とともに、メイン州の約半分に制限されています。ニューイングランドは、米国国勢調査局の9つの地域区分のひとつであり、明確で一貫した境界を持つ唯一の多州地域です。それは文化的アイデンティティの強い感覚を維持します[4]、このアイデンティティの用語はしばしば対照的であり、ピューリタニズムと自由主義、農耕生活と産業、そして孤立と移民を組み合わせています。

歴史

現在のニューイングランド南部の1600年頃の先住民の領土

ニューイングランドの最も初期の既知の住民は、さまざまな東部アルゴンキン語を話すネイティブアメリカンでした[5]著名な部族は含まAbenakisミクマクペノブスコットPequotsMohegansNarragansettsPocumtucks、及びワンパノアグを[5]ヨーロッパの入植者が到着する前は、西部のアベナキ族は、現代のニューハンプシャー、ニューヨーク、バーモント、およびケベックの一部とメイン州西部に住んでいました。[6]彼らの主要な町は、現在のメイン州のノーリッジウォックでした。[7]

ペノブスコットは、現代のメイン州のペノブスコット川沿いに住んでいました。ナラガンセットとその主権下の小さな部族は、ブロック島を含むナラガンセット湾の西にあるロードアイランドとして今日知られている場所に住んでいました。ワンパノアグは、マサチューセッツ州南東部の近代的なロード島、マーサズヴィニヤードナンタケット島を占領しました。ポコムトゥクは現在のマサチューセッツ州西部に住んでおり、モヒガン族とピクォート族は現在のコネチカット地域に住んでいました。コネチカットリバーバレーは文化的、言語的、そして政治的に多数の部族をリンク。[5]

As early as 1600, French, Dutch, and English traders began exploring the New World, trading metal, glass, and cloth for local beaver pelts.[5][8]

Colonial period

Soldier and explorer John Smith coined the name "New England" in 1616.

1606年4月10日、イギリスのジェームズ1世は、ロンドン会社プリマス会社で構成されるバージニア会社の憲章を発行しました。これらの2つの民間資金によるベンチャーは、イングランドのために土地を要求し、貿易を行い、利益を返すことを目的としていました。 1620年、巡礼者たちはメイフラワー号に到着し、マサチューセッツ州にプリマス植民地を設立し、ニューイングランドでのヨーロッパの恒久的な植民地化の歴史を始めました。[9]

入植者の到着により、多くのネイティブアメリカンが奴隷制のために誘拐されました。1605年のジョージウェイマウスや1611年のハーロウのようなイギリスの船員は、先住民を捕らえて奴隷にしました。[10] 1700年まで、ネイティブアメリカンの奴隷制はニューイングランドに存在する非白人労働者の大部分を占めていた。[11]

In 1616, English explorer John Smith named the region "New England".[12] The name was officially sanctioned on November 3, 1620,[13] when the charter of the Virginia Company of Plymouth was replaced by a royal charter for the Plymouth Council for New England, a joint-stock company established to colonize and govern the region.[14] The Pilgrims wrote and signed the Mayflower Compact before leaving the ship,[15] and it became their first governing document.[16] The Massachusetts Bay Colony came to dominate the area and was established by royal charter in 1629[17][18]ボストンの主要な町と港は1630年に設立されました。[19]

マサチューセッツのピューリタンは早くも1633年にコネチカットでの地位を確立し始めた。[20] ロジャー・ウィリアムズは異端のためにマサチューセッツから追放され、グループを南に導き、1636年にロードアイランド植民地とプロビデンスプランテーションとなった地域にプロビデンスプランテーションを設立した[21] [22]この時点で、バーモントは植民地化されておらず、ニューハンプシャーとメインの領土はマサチューセッツによって主張され統治されていた。この地域が成長するにつれ、その宗教的寛容、経済、そしてより長い平均余命のために、ヨーロッパから多くの移民を受け入れました。[23]

On October 19, 1652, the Massachusetts General Court decreed that "for the prevention of clipping of all such pieces of money as shall be coined with-in this jurisdiction, it is ordered by this Courte and the authorite thereof, that henceforth all pieces of money coined shall have a double ring on either side, with this inscription, Massachusetts, and a tree in the center on one side, and New England and the yeare of our Lord on the other side. "These coins were the famous "tree" pieces. There were Willow Tree Shillings, Oak Tree Shillings, and Pine Tree Shillings" minted by John Hull and Robert Sanderson in the "Hull Mint" on Summer Street in Boston「松の木は最後に造られたものであり、今日では標本が存在します。そのため、これらの初期の硬貨はすべて松の木のシリングと呼ばれています。」[24]   「ハルミント」は1683年に閉鎖を余儀なくされた。1684年にマサチューセッツの憲章はチャールズ2世によって取り消された。 

フレンチ・インディアン戦争

ミスティック虐殺を描いた1638年の彫刻
ニューイングランドの英語の地図c。1670年には、ニューハンプシャー州ポーツマス周辺の地域が描かれています。

入植者と地元のインディアン部族との関係は、平和と武装した小競り合いの間で交互になりましたその最も血なまぐさいのは、1637年ピクォート戦争であり、ミスティック虐殺をもたらしました[25] 1643年5月19日、マサチューセッツ湾、プリマス、ニューヘブン、コネチカットの植民地はニューイングランド連合(正式には「ニューイングランド連合植民地」)と呼ばれるゆるいコンパクトに合流した。連合会議は主に相互防衛を調整するために設計され、フィリップ王戦争中にある程度の重要性を獲得しました[26]。これは、1675年6月から1678年4月にかけての広範囲にわたるインドの蜂起に対して入植者とそのインドの同盟国を戦わせ、その結果、両側で殺害と虐殺が発生した。[27]

During the next 74 years, there were six colonial wars that took place primarily between New England and New France,[28] during which New England was allied with the Iroquois Confederacy and New France was allied with the Wabanaki Confederacy. Mainland Nova Scotia came under the control of New England after the Siege of Port Royal (1710), but both New Brunswick and most of Maine remained contested territory between New England and New France. The British eventually defeated the French in 1763, opening the Connecticut River Valley for British settlement into western New Hampshire and Vermont.

ニューイングランド植民地は、主に比較的自給自足になった農民によって定住しました。その後、ニューイングランドの経済は、イギリスから完成品を輸入しながら農業生産に焦点を合わせた南部植民地とは対照的に、プリタンの労働倫理に助けられて工芸品と貿易に焦点を合わせ始めました。[29]

ニューイングランド自治領

ニューイングランドエンサイン、歴史的にニューイングランドに関連付けられているいくつかの旗の1つこの旗は、1686年にニューイングランドの港から出航する植民地商船によって使用されたと伝えられています。1737年。[30] [31] [32] [33] [34]
ピーターモナミーによるニューイングランドのルイブール包囲(1745年)

1686年までに、ジェームズ2世は、自治憲章、航海条例の公然たる非難、軍事力の増大など、植民地のますます独立した方法について懸念を抱くようになりました。そのため、彼はニューイングランド自治領を設立しました。これは、ニューイングランド植民地のすべてで構成される行政組合です。[35] 1688年、ニューヨークイーストニュージャージーウェストニュージャージーの旧オランダ植民地が支配権に加わった。組合は外部から押し付けられ、この地域の根付いた民主主義の伝統に反しており、入植者の間では非常に人気がありませんでした。[36]

領土は植民地の憲章を大幅に変更し、ほぼすべての植民地に王立知事を任命した。王立知事、その役員、および植民地の選出された統治機関の間には不安な緊張があった。知事は無制限の権限を望んでおり、地元で選出された役人のさまざまな層がしばしば彼らに抵抗しました。ほとんどの場合、地方自治体は、知事が任命される前と同じように、自治組織として活動を続けました。[37]

After the Glorious Revolution in 1689, Bostonians overthrew royal governor Sir Edmund Andros. They seized dominion officials and adherents to the Church of England during a popular and bloodless uprising.[38] These tensions eventually culminated in the American Revolution, boiling over with the outbreak of the War of American Independence in 1775. The first battles of the war were fought in Lexington and Concord, Massachusetts, later leading to the Siege of Boston by continental troops. In March 1776, British forces were compelled to retreat from Boston.

New England in the new nation

ニューイングランド自治領の解散後、ニューイングランドの植民地は統一された政治単位として機能することをやめましたが、定義された文化圏のままでした。領土管轄権をめぐる紛争が頻繁に発生し、同等の土地ニューハンプシャーグラントに関するものなどの土地交換につながりました[39]

1784年までに、この地域のすべての州は奴隷制度の廃止に向けた措置を講じ、バーモント州とマサチューセッツ州はそれぞれ1777年と1783年に完全廃止を導入しました。[40]ニックネーム「ヤンキーランド」は、特に南部人とイギリス人の間で、ニューイングランド地域を表すために時々使用された。[41]

バーモント州は、ニューヨークとの紛争を解決した後、1791年に州に入ることが認められました。メイン州の領土はマサチューセッツ州の一部でしたが、ミズーリ妥協の一環として1820年3月15日にとして認められました[42]今日、ニューイングランドはメイン州、バーモント州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州の6つの州として定義されている。[43]

New England's economic growth relied heavily on trade with the British Empire,[44] and the region's merchants and politicians strongly opposed trade restrictions. As the United States and the United Kingdom fought the War of 1812, New England Federalists organized the Hartford Convention in the winter of 1814 to discuss the region's grievances concerning the war, and to propose changes to the U.S. constitution to protect the region's interests and maintain its political power.[45] Radical delegates within the convention proposed the region's secession from the United States, but they were outnumbered by moderates who opposed the idea.[46]

Politically, the region often disagreed with the rest of the country.[47] Massachusetts and Connecticut were among the last refuges of the Federalist Party, and New England became the strongest bastion of the new Whig Party when the Second Party System began in the 1830s. The Whigs were usually dominant throughout New England, except in the more Democratic Maine and New Hampshire. Leading statesmen hailed from the region, including Daniel Webster.

Many notable literary and intellectual figures were New Englanders, including Ralph Waldo Emerson, Henry David Thoreau, Nathaniel Hawthorne, Henry Wadsworth Longfellow, John Greenleaf Whittier, George Bancroft, and William H. Prescott.[48]

Industrial Revolution

Bread and Roses Strike. Massachusetts National Guard troops surround unarmed strikers in Lawrence, Massachusetts, 1912.

New England was key to the industrial revolution in the United States.[49] The Blackstone Valley running through Massachusetts and Rhode Island has been called the birthplace of America's industrial revolution.[50] In 1787, the first cotton mill in America was founded in the North Shore seaport of Beverly, Massachusetts, as the Beverly Cotton Manufactory.[51] The Manufactory was also considered the largest cotton mill of its time. Technological developments and achievements from the Manufactory led to the development of more advanced cotton mills, including Slater Mill in Pawtucket, Rhode Island. Towns such as Lawrence, Massachusetts, Lowell, Massachusetts, Woonsocket, Rhode Island, and Lewiston, Maine, became centers of the textile industry following the innovations at Slater Mill and the Beverly Cotton Manufactory.[citation needed]

The Connecticut River Valley became a crucible for industrial innovation, particularly the Springfield Armory, pioneering such advances as interchangeable parts and the assembly line which influenced manufacturing processes all around the world.[52] From early in the nineteenth century until the mid-twentieth, the region surrounding Springfield, Massachusetts and Hartford, Connecticut served as the United States' epicenter for advanced manufacturing, drawing skilled workers from all over the world.[53][54]

1815年から1860年にかけてニューイングランドで繊維製造が急速に成長したため、労働者が不足しました。田舎から若い女性や子供たちを工場で働かせるために、工場のエージェントに採用担当者が雇われました。 1830年から1860年の間に、有名なローウェルミルガールズなど、近くの工場で働くために有給の雇用がなかった農村地域から何千人もの農場の少女たちが引っ越しました。繊維産業が成長するにつれて、移民も成長しました。 1850年代までに、移民、特にフランス系カナダ人アイルランド人が工場で働き始めました[55]

ニューイングランドは全体として米国で最も工業化された地域でした。1850年までに、この地域は国のすべての製造業価値の4分の1以上、そしてその産業労働力の3分の1以上を占めていました。[56]それはまた、国内で最も識字率が高く、最も教育を受けた地域でした。[56]

During the same period, New England and areas settled by New Englanders (upstate New York, Ohio's Western Reserve, and the upper midwestern states of Michigan and Wisconsin) were the center of the strongest abolitionist and anti-slavery movements in the United States, coinciding with the Protestant Great Awakening in the region.[57] Abolitionists who demanded immediate emancipation such as William Lloyd Garrison, John Greenleaf Whittier and Wendell Phillips had their base in the region. So too did anti-slavery politicians who wanted to limit the growth of slavery, such as John Quincy Adams, Charles Sumner, and John P. Hale. When the anti-slavery Republican Party was formed in the 1850s, all of New England, including areas that had previously been strongholds for both the Whig and the Democratic Parties, became strongly Republican. New England remained solidly Republican until Catholics began to mobilize behind the Democrats, especially in 1928, and up until the Republican party realigned its politics in a shift known as the Southern strategy. This led to the end of "Yankee Republicanism" and began New England's relatively swift transition into a consistently Democratic stronghold in national elections.[58]

20th century and beyond

ニューイングランドの秋、水彩、モーリスプレンダーガスト、1910〜1913年頃

移民の流れは、1840年代から第一次世界大戦によって遮断されるまで、着実なペースで続きました最も多いのは1890年以前はアイルランドとイギリスで、その後はケベック、イタリア、南ヨーロッパでした。移民は、工場労働者、職人、および未熟練労働者の階級を満たしました。アイルランド人は都市と州全体の民主党でますます大きな役割を担いましたが、地方は共和党のままでした。ヤンキースは農場を去りましたが、それは決して生産性が高くありませんでした。多くは西に向かったが、他の人々はニューイングランドの都市で専門家やビジネスマンになった。

The Great Depression in the United States of the 1930s hit the region hard, with high unemployment in the industrial cities. The Boston Stock Exchange rivaled the New York Stock Exchange in 1930. In the beginning of 1930 John C. Hull, first Securities Director of Massachusetts (1930-36), helped to mitigate the consequences of the Wall Street Crash of 1929 and the Great Depression. He was helpful in the passing of the Securities Exchange Act of 1934 with his war on "unlisted securities".[59]  Hull gave testimony to the US Senate (Sen. Duncan Upshaw Fletcher) for work on the Pecora Commission, which revealed that neither Albert H. Wiggin (born in Medfield, MA) nor J. P. Morgan Jr. had paid any income taxes in 1931 and 1932; a public outcry ensued.[60] 

On the subject of securities laws in the early 1930s in response to the Great Depression, Boston figured prominently. Three Harvard professors, Felix Frankfurter, Benjamin V. Cohen and James M. Landis, drafted both the Securities Act of 1933 and the Securities Exchange Act of 1934. Joseph P. Kennedy Sr., the first chair of the U.S. Securities and Exchange Commission, was from Boston.[61]

民主党員は工場労働者、特にカトリック教徒に訴え、彼らをニューディール連合に引き込み、かつての共和党の地域を密接に分割された地域にした。しかし、第二次世界大戦中の軍需品、船、電子機器、およびユニフォームへの莫大な支出は、すべてのセクターで繁栄の爆発を引き起こしました。

この地域は、1930年代に繊維が失われたことから始まり、1960年以降悪化して、ほとんどの工場を失いました。ニューイングランド経済は、第二次世界大戦後に根本的に変化しました。工場経済は事実上姿を消した。ラストベルトの都会の中心部のように、かつては賑わっていたニューイングランドのコミュニティは、この地域の産業基盤の飛行に続いて経済的衰退に陥りました。 1920年代から1970年代にかけて、繊維工場は1つずつ廃業しました。たとえば、クロンプトン社は178年の事業を経て、1984年に破産し、5つの州で2,450人の労働者の仕事を犠牲にしました。主な理由は、安価な輸入、ドル高、輸出の減少、多様化の失敗でした。[62]その後、靴産業もこの地域を去った。

Cambridge, Massachusetts, has a high concentration of startups and technology companies.

What remains is very high technology manufacturing, such as jet engines, nuclear submarines, pharmaceuticals, robotics, scientific instruments, and medical devices. MIT (the Massachusetts Institute of Technology) invented the format for university-industry relations in high tech fields and spawned many software and hardware firms, some of which grew rapidly.[63] By the 21st century, the region had become famous for its leadership roles in the fields of education, medicine, medical research, high-technology, finance, and tourism.[64]

Some industrial areas were slow in adjusting to the new service economy. In 2000, New England had two of the ten poorest cities in the U.S. (by percentage living below the poverty line): the state capitals of Providence, Rhode Island and Hartford, Connecticut.[65] They were no longer in the bottom ten by 2010; Connecticut, Massachusetts, and New Hampshire remain among the ten wealthiest states in the United States in terms of median household income and per capita income.[66]

Geography

A political and geographical map of New England shows the coastal plains in the southeast, and hills, mountains and valleys in the west and the north.
A portion of the north-central Pioneer Valley in Sunderland, Massachusetts

The states of New England have a combined area of 71,991.8 square miles (186,458 km2), making the region slightly larger than the state of Washington and slightly smaller than Great Britain.[67][68] Maine alone constitutes nearly one-half of the total area of New England, yet is only the 39th-largest state, slightly smaller than Indiana. The remaining states are among the smallest in the U.S., including the smallest state—Rhode Island.

The areas of the states (including water area) are:

Geology

New England's long rolling hills, mountains, and jagged coastline are glacial landforms resulting from the retreat of ice sheets approximately 18,000 years ago, during the last glacial period.[70][71]

New England is geologically a part of the New England province, an exotic terrane region consisting of the Appalachian Mountains, the New England highlands and the seaboard lowlands.[72] The Appalachian Mountains roughly follow the border between New England and New York. The Berkshires in Massachusetts and Connecticut, and the Green Mountains in Vermont, as well as the Taconic Mountains, form a spine of Precambrian rock.[73]

アパラチア山脈は北に向かってホワイトマウンテンとしてニューハンプシャーに伸び、次にメイン州とカナダに伸びています。ニューハンプシャー州のワシントン山は、米国東部の10の最高峰の中にはありませんが、北東部の最高峰です。[74]地球上で2番目に高い記録された風速の場所であり[75] [76]、世界で最も厳しい天候を持っているという評判があります。[77] [78]

The coast of the region, extending from southwestern Connecticut to northeastern Maine, is dotted with lakes, hills, marshes and wetlands, and sandy beaches.[71] Important valleys in the region include the Champlain Valley, the Connecticut River Valley and the Merrimack Valley.[71] The longest river is the Connecticut River, which flows from northeastern New Hampshire for 407 mi (655 km), emptying into Long Island Sound, roughly bisecting the region. Lake Champlain, which forms part of the border between Vermont and New York, is the largest lake in the region, followed by Moosehead Lake in Maine and ニューハンプシャー州のウィニペソーキー湖[71]

気候

ニューイングランドのケッペンの気候タイプ
ニューハンプシャーホワイトマウンテンは、アパラチア山脈の一部です

ニューイングランドの気候は、メイン州北部からコネチカット州南部までの500マイル(800 km)にわたって大きく異なります。

メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、およびマサチューセッツ州西部は、湿潤大陸性気候です(ケッペンの気候区分のDfb )。この地域では、冬は長くて寒く、大雪が一般的です(この地域では、ほとんどの場所で年間60〜120インチ(1,500〜3,000 mm)の雪が降ります)。夏はやや短く、年間を通じて降雨量はありますが、夏は適度に暖かくなります。

マサチューセッツ州中部と東部、ロードアイランド州北部、コネチカット州北部では、同じ湿潤大陸性気候(Dfa)が優勢ですが、夏は暖かくて暑く、冬は短く、降雪量は少なくなります(特に温暖な沿岸地域では特にそうです)。 )。

コネチカット州南部と沿岸部は、北の寒い大陸気候から南の穏やかな亜熱帯気候への広い移行帯です。霜のない季節は、コネチカット州南部/沿岸部、ロードアイランド州沿岸部、および島々(ナンタケット島とマーサズヴィニヤード島)で180日を超えています。冬はまた、ニューイングランドの他の地域と比較して、コネチカット州南部とロードアイランド州南部ではるかに日当たりが良い傾向があります。[79]

地域

NEの地域cropped.png

最大の都市

2020年の米国国勢調査の時点で最も人口の多い都市は(括弧内の大都市圏)でした:[80] [81]

  1. マサチューセッツ マサチューセッツ州ボストン:675,647(4,941,632)
  2. マサチューセッツ州ウースター:206,518(923,672)
  3. ロードアイランド ロードアイランド州プロビデンス:190,934(1,604,291)
  4. マサチューセッツ州スプリングフィールド:155,929(699,162)
  5. コネチカット コネチカット州ブリッジポート:148,654(939,904)
  6. コネチカット州スタンフォード:135,470(ブリッジポートのMSAの一部)
  7. コネチカット州ニューヘブン:134,023(862,477)
  8. コネチカット州ハートフォード:121,054(1,214,295)
  9. マサチューセッツ州ケンブリッジ:118,403(ボストン大都市圏の一部
  10. New Hampshire ニューハンプシャー州マンチェスター:115,644(406,678)

During the 20th century, urban expansion in regions surrounding New York City has become an important economic influence on neighboring Connecticut, parts of which belong to the New York metropolitan area. The U.S. Census Bureau groups Fairfield, New Haven and Litchfield counties in western Connecticut together with New York City and other parts of New York and New Jersey as a combined statistical area.[82]

大都市圏と首都

大都市圏

以下は、米国国勢調査局によって定義された大都市統計地域です。

州都

Demographics

Largest self-reported ancestry groups in New England. Americans of Irish descent form a plurality in most of Massachusetts, while Americans of English descent form a plurality in much of the central parts of Vermont and New Hampshire as well as nearly all of Maine.

In 2020, New England had a population of 15,116,205, a growth of 4.6% from 2010.[84] Massachusetts is the most populous state with 7,029,917 residents, while Vermont is the least populous state with 643,077 residents.[84] Boston is by far the region's most populous city and metropolitan area.

Although a great disparity exists between New England's northern and southern portions, the region's average population density is 234.93 inhabitants/sq mi (90.7/km2). New England has a significantly higher population density than that of the U.S. as a whole (79.56/sq mi), or even just the contiguous 48 states (94.48/sq mi). Three-quarters of the population of New England, and most of the major cities, are in the states of Connecticut, Massachusetts and Rhode Island. The combined population density of these states is 786.83/sq mi, compared to northern New England's 63.56/sq mi (2000 census).

2006 – 08年のアメリカンコミュニティサーベイによると、ニューイングランド人の48.7%が男性で、51.3%が女性でした。人口の約22.4%が18歳未満でした。13.5%は65歳以上でした。ニューイングランドの6つの州は米国で最も低い出生率を持っています[85]

ボストンで世界最大のアイルランドの旗アイルランドを主張する人々は、ニューイングランドで最大の民族グループを構成しています。

White Americans make up the majority of New England's population at 83.4% of the total population, Hispanic and Latino Americans are New England's largest minority, and they are the second-largest group in the region behind non-Hispanic European Americans. As of 2014, Hispanics and Latinos of any race made up 10.2% of New England's population. Connecticut had the highest proportion at 13.9%, while Vermont had the lowest at 1.3%. There were nearly 1.5 million Hispanic and Latino individuals reported in New England in 2014.

Puerto Ricans were the most numerous of the Hispanic and Latino subgroups. Over 660,000 Puerto Ricans lived in New England in 2014, forming 4.5% of the population. The Dominican population is over 200,000, and the Mexican and Guatemalan populations are each over 100,000.[86] Americans of Cuban descent are scant in number; there were roughly 26,000 Cuban Americans in the region in 2014. People of all other Hispanic and Latino ancestries, including Salvadoran, Colombian and Bolivian, formed 2.5% of New England's population and numbered over 361,000 combined.[86]

According to the 2014 American Community Survey, the top ten largest reported European ancestries were the following:[87] Irish: 19.2% (2.8 million), Italian: 13.6% (2.0 million), French and French Canadian: 13.1% (1.9 million), English: 11.9% (1.7 million),[88] German: 7.4% (1.1 million), Polish: 4.9% (roughly 715,000), Portuguese: 3.2% (467,000), Scottish: 2.5% (370,000), Russian: 1.4% (206,000), and Greek: 1.0% (152,000).

英語は、家庭で話される最も一般的な言語です。 5歳以上の全居住者(1130万人)の約81.3%が自宅で英語しか話せませんでした。約1,085,000人(人口の7.8%)が自宅でスペイン語を話し、約970,000人(人口の7.0%)が自宅で他のインドヨーロッパ語族話しました。 403,000人以上(人口の2.9%)が自宅でアジアまたは太平洋諸島の言語を話しました[89]自宅でフランス語を話す人はわずかに少ない(約1%)[90]が、この数字は、フランコフォンのケベックと国境を接するニューイングランド北部では20%を超えている。[要出典] Roughly 99,000 people (0.7% of the population) spoke languages other than these at home.[89]

As of 2014, approximately 87% of New England's inhabitants were born in the U.S., while over 12% were foreign-born.[91] 35.8% of foreign-born residents were born in Latin America, 28.6% were born in Asia,[92] 22.9% were born in Europe, and 8.5% were born in Africa.[93]

Southern New England forms an integral part of the BosWash megalopolis, a conglomeration of urban centers that spans from Boston to Washington, D.C. The region includes three of the four most densely populated states in the U.S.; only New Jersey has a higher population density than the states of Rhode Island, Massachusetts, and Connecticut.

Greater Boston, which includes parts of southern New Hampshire, has a total population of approximately 4.8 million,[80] while over half the population of New England falls inside Boston's Combined Statistical Area of over 8.2 million.[94]

Economy

The Port of Portland in Portland, Maine, is the largest tonnage seaport in New England.

Several factors combine to make the New England economy unique. The region is distant from the geographic center of the country, and it is a relatively small region but densely populated. It historically has been an important center of industry and manufacturing and a supplier of natural resource products, such as granite, lobster, and codfish. The service industry is important, including tourism, education, financial and insurance services, and architectural, building and construction services. The U.S. Department of Commerce has called the New England economy a microcosm for the entire U.S. economy.[95]

この地域は、伝統的な製造会社が中西部に移転し、繊維や家具の製造が南部に移住したため、20世紀の前半に長い期間の産業空洞化を経験しました。 20世紀後半、地域経済の増加する部分には、ハイテクノロジー、軍事防衛産業、金融および保険サービス、教育および医療サービスが含まれていました。 2018年の時点で、ニューイングランドのGDPは1.1兆ドルでした。[96]

New England exports food products ranging from fish to lobster, cranberries, potatoes, and maple syrup. About half of the region's exports consist of industrial and commercial machinery, such as computers and electronic and electrical equipment. Granite is quarried at Barre, Vermont,[97] guns made at Springfield, Massachusetts, and Saco, Maine, submarines at Groton, Connecticut, surface naval vessels at Bath, Maine, and hand tools at Turners Falls, Massachusetts.

Urban centers

The Hartford headquarters of Aetna is housed in a 1931 Colonial Revival building.

2017年、ボストンは世界で9番目に競争力のある金融センター、米国で4番目に競争力のある金融センターとしてランク付けされました。[98]ボストンを拠点とするフィデリティ・インベストメンツは、1980年代に投資信託の普及に貢献し、ボストンを米国でトップの金融センターの1つにしました。[99] [100]この都市には、サンタンデール銀行の本部とベンチャーキャピタル企業の中心があります。ステートストリートコーポレーションは、資産管理と保管サービスを専門としており、市内に拠点を置いています。

Boston is also a printing and publishing center.[101] Houghton Mifflin Harcourt is headquartered there, along with Bedford-St. Martin's and Beacon Press. The city is also home to the Hynes Convention Center in the Back Bay and the Seaport Hotel and Seaport World Trade Center and Boston Convention and Exhibition Center on the South Boston waterfront.[102]

The General Electric Corporation announced its decision to move the company's global headquarters to the Boston Seaport District from Fairfield, Connecticut, in 2016, citing factors including Boston's preeminence in the realm of higher education.[103] The city also holds the headquarters to several major athletic and footwear companies, including Converse, New Balance and Reebok. Rockport, Puma and Wolverine World Wide have headquarters or regional offices[104] just outside the city.[105]

Hartford is the historic international center of the insurance industry, with companies such as Aetna, Conning & Company, The Hartford, Harvard Pilgrim Health Care, The Phoenix Companies and Hartford Steam Boiler based in the city, and The Travelers Companies and Lincoln National Corporation have major operations in the city. It is also home to the corporate headquarters of U.S. Fire Arms Mfg. Co., United Technologies, and Virtus Investment Partners.[106]

Fairfield County, Connecticut, has a large concentration of investment management firms in the area, most notably Bridgewater Associates (one of the world's largest hedge fund companies), Aladdin Capital Management and Point72 Asset Management. Moreover, many international banks have their North American headquarters in Fairfield County, such as NatWest Group and UBS.

Agriculture

A plowed field in Bethel, Vermont

農業は、この地域の岩だらけの土壌、涼しい気候、そして小さな地域によって制限されています。ただし、ニューイングランドの一部の州は、特定の生産分野で米国の州の中で上位にランクされています。メイン州は水産養殖9位にランクされており[107]、北東部にはジャガイモ畑が豊富にあります。バーモント州は乳製品で15位、[108]、コネチカット州とマサチューセッツ州はそれぞれタバコで7位と11位です。[109] [110]クランベリーはマサチューセッツ州のケープコッド-プリマス-サウスショア地域で栽培され、ブルーベリーはメイン州で栽培されています。

エネルギー

この地域は、米国全体と比較してほとんどエネルギー効率が高く、メイン州を除くすべての州が最もエネルギー効率の高い10州にランクされています。[111]ニューイングランドのすべての州も、電気料金で最も高い10州にランクされています。[112] 主にオフショアソースからの風力発電は、2020年代に市場シェアを獲得すると予想されています。

雇用

ニューイングランドの失業率
雇用エリア 2010年10月 2011年10月 2012年10月 2013年10月 2014年12月 2015年12月[113] 2016年12月[114] 正味変化
アメリカ 9.7 9.0 7.9 7.2 5.6 5.0 4.7 −5.0
ニューイングランド 8.3 7.6 7.4 7.1 5.4 4.3 3.5 −4.7
コネチカット 9.1 8.7 9.0 7.6 6.4 5.2 4.4 −4.7
メイン 7.6 7.3 7.4 6.5 5.5 4.0 4.0 3.8 −3.8
マサチューセッツ 8.3 7.3 6.6 7.2 5.5 4.7 2.8 −5.5
ニューハンプシャー 5.7 5.3 5.7 5.2 4.0 4.0 3.1 2.62.6 −3.1
ロードアイランド 11.5 10.4 10.4 9.4 6.8 5.1 5.0 −6.5
Vermont 5.9 5.6 5.5 4.4 4.2 3.6 3.1 −2.8

As of January 2017, employment is stronger in New England than in the rest of the United States. During the Great Recession, unemployment rates ballooned across New England as elsewhere; however, in the years that followed, these rates declined steadily, with New Hampshire and Massachusetts having the lowest unemployment rates in the country, respectively. The most extreme swing was in Rhode Island, which had an unemployment rate above 10% following the recession, but which saw this rate decline by over 6% in six years.

2016年12月の時点で、失業率が最も低い2.1%大都市統計地域(MSA)は、バーモント州バーリントンサウスバーリントンでした。最も高い割合である4.9%のMSAは、コネチカット州ウォーターベリーでした。[115]

全体的な税負担

2018年には、ニューイングランドの6州のうち4州が、納税者1人あたりの納税額で国内の上位10州に含まれていました。ランキングには、#3メイン(11.02%)、#4バーモント(10.94%)、#6コネチカット(10.19%)、#7ロードアイランド(10.14%)が含まれていました。さらに、ニューハンプシャー、バーモント、メイン、ロードアイランドは、「個人所得の割合としての最高固定資産税」の上位5位のうち4位を獲得しました。[116]

Government

Town meetings

New England town meetings were derived from meetings held by church elders, and are still an integral part of government in many New England towns. At such meetings, any citizen of the town may discuss issues with other members of the community and vote on them. This is the strongest example of direct democracy in the U.S. today, and the strong democratic tradition was even apparent in the early 19th century, when Alexis de Tocqueville wrote in Democracy in America:

New England, where education and liberty are the daughters of morality and religion, where society has acquired age and stability enough to enable it to form principles and hold fixed habits, the common people are accustomed to respect intellectual and moral superiority and to submit to it without complaint, although they set at naught all those privileges which wealth and birth have introduced among mankind. In New England, consequently, the democracy makes a more judicious choice than it does elsewhere.[117]

By contrast, James Madison wrote in Federalist No. 55 that, regardless of the assembly, "passion never fails to wrest the scepter from reason. Had every Athenian citizen been a Socrates, every Athenian assembly would still have been a mob."[118] The use and effectiveness of town meetings is still discussed by scholars, as well as the possible application of the format to other regions and countries.[119]

Politics

Elections

ニューイングランドの州および全国の選出された役人は最近、主に民主党から選出されました。[120]この地域は一般に米国で最もリベラルであると考えられており、他の場所のアメリカ人よりも多くのニューイングランド人がリベラルであると特定している。2010年には、ニューイングランドの6つの州のうち4つが、米国で最もリベラルな国として投票されました。[121]

ニューイングランド知事会議(NEGC)の旗

As of 2021, five of the six states of New England have voted for every Democratic presidential nominee since 1992. In that time, New Hampshire has voted for Democratic nominees in every presidential election except 2000, when George W. Bush narrowly won the state. 2020 was a particularly strong year for Democratic nominee Joe Biden in New England, winning 61.2% of the total vote in the six states, the highest percentage for Democrats since the landslide election of 1964.[122] As of the 117th Congress, all members of the House of Representatives from New England are members of the Democratic Party, and all but one of its senators caucus with the Democrats. Two of those senators, although caucusing with Democrats, are the only two independents currently serving in the Senate: Bernie Sanders, a self-described democratic socialist,[123][124] representing Vermont and Angus King, an Independent representing Maine.

In the 2008 presidential election, Barack Obama carried all six New England states by 9 percentage points or more.[125] He carried every county in New England except for Piscataquis County, Maine, which he lost by 4% to Senator John McCain (R-AZ). Pursuant to the reapportionment following the 2010 census, New England collectively has 33 electoral votes.

The following table presents the vote percentage for the popular-vote winner for each New England state, New England as a whole, and the United States as a whole, in each presidential election from 1900 to 2020, with the vote percentage for the Republican candidate shaded in red and the vote percentage for the Democratic candidate shaded in blue:

Year コネチカット メイン マサチューセッツ ニューハンプシャー ロードアイランド バーモント ニューイングランド アメリカ
2020 59.2% 53.1% 65.6% 52.7% 59.4% 66.1% 61.2% 51.3%
2016年 54.6% 47.8% 60.0% 46.8% 54.4% 56.7% 55.3% 48.2%
2012年 58.1% 56.3% 60.7% 52.0% 62.7% 66.6% 59.1% 51.1%
2008年 60.6% 57.7% 61.8% 54.1% 62.9% 67.5% 60.6% 52.9%
2004年 54.3% 53.6% 61.9% 50.2% 59.4% 58.9% 57.7% 50.7%
2000年 55.9% 49.1% 59.8% 48.1% 61.0% 50.6% 56.1% 48.4%
1996年 52.8% 51.6% 61.5% 49.3% 59.7% 53.4% 56.8% 49.2%
1992年 42.2% 38.8% 47.5% 38.9% 47.0% 46.1% 44.4% 43.0%
1988年 52.0% 55.3% 53.2% 62.5% 55.6% 51.1% 49.5% 53.4%
1984年 60.7% 60.8% 51.2% 68.7% 51.7% 57.9% 56.2% 58.8%
1980年 48.2% 45.6% 41.9% 57.7% 47.7% 44.4% 44.7% 50.8%
1976年 52.1% 48.9% 56.1% 54.7% 55.4% 54.3% 51.7% 50.1%
1972年 58.6% 61.5% 54.2% 64.0% 53.0% 62.7% 52.5% 60.7%
1968年 49.5% 55.3% 63.0% 52.1% 64.0% 52.8% 56.1% 43.4%
1964年 67.8% 68.8% 76.2% 63.9% 80.9% 66.3% 72.8% 61.1%
1960年 53.7% 57.0% 60.2% 53.4% 63.6% 58.6% 56.0% 49.7%
1956年 63.7% 70.9% 59.3% 66.1% 58.3% 72.2% 62.0% 57.4%
1952年 55.7% 66.0% 54.2% 60.9% 50.9% 71.5% 56.1% 55.2%
1948年 49.5% 56.7% 54.7% 52.4% 57.6% 61.5% 51.5% 49.6%
1944年 52.3% 52.4% 52.8% 52.1% 58.6% 57.1% 52.4% 53.4%
1940年 53.4% 51.1% 53.1% 53.2% 56.7% 54.8% 52.8% 54.7%
1936年 55.3% 55.5% 51.2% 49.7% 53.1% 56.4% 50.9% 60.8%
1932年 48.5% 55.8% 50.6% 50.4% 55.1% 57.7% 49.1% 57.4%
1928年 53.6% 68.6% 50.2% 58.7% 50.2% 66.9% 53.2% 58.2%
1924年 61.5% 72.0% 62.3% 59.8% 59.6% 78.2% 63.3% 54.0%
1920年 62.7% 68.9% 68.5% 59.8% 64.0% 75.8% 66.7% 60.3%
1916年 49.8% 51.0% 50.5% 49.1% 51.1% 62.4% 51.1% 49.2%
1912年 39.2% 39.4% 35.5% 39.5% 39.0% 37.1% 36.6% 41.8%
1908年 59.4% 63.0% 58.2% 59.3% 60.8% 75.1% 60.2% 51.6%
1904年 58.1% 67.4% 57.9% 60.1% 60.6% 78.0% 60.4% 56.4%
1900年 56.9% 61.9% 57.6% 59.3% 59.7% 75.7% 59.4% 51.6%

政党の強さ

Judging purely by party registration rather than voting patterns, New England today is one of the most Democratic regions in the U.S.[126][127][128] According to Gallup, Connecticut, Massachusetts, Rhode Island, and Vermont are "solidly Democratic", Maine "leans Democratic", and New Hampshire is a swing state.[129] Though New England is today considered a Democratic Party stronghold, much of the region was staunchly Republican before the mid-twentieth century. This changed in the late 20th century, in large part due to demographic shifts[130] and the Republican Party's adoption of socially conservative platforms as part of their strategic shift towards the South.[58] For example, Vermont voted Republican in every presidential election but one from 1856 through 1988 with the exception of 1964, and has voted Democratic every election since. Maine and Vermont were the only two states in the nation to vote against Democrat Franklin D. Roosevelt all four times he ran for president. Republicans in New England are today considered by both liberals and conservatives to be more moderate (socially liberal) compared to Republicans in other parts of the U.S.[131]

State Governor Senior U.S. Senator Junior U.S. Senator U.S. House Delegation Upper House Majority Lower House Majority
CT N. Lamont R.ブルーメンタール C.マーフィー 民主主義5–0 民主主義23–13 民主主義97–54
自分 J.ミルズ S.コリンズ A.キング[†] 民主主義2-0 民主主義21–13 民主主義80–66–5
MA C.ベイカー E.ウォーレン E.マーキー 民主主義9–0 民主主義37–3 民主主義128–30–1
NH C.スヌヌ J.シャヒーン M.ハッサン 民主主義2-0 共和党14–10 共和党212-187
RI D.マッキー J.リード S.ホワイトハウス 民主主義2–0 民主主義33–5 民主主義65-10
VT P.スコット P.リーヒー B.サンダース[†] 民主主義1–0 民主主義21–7–2 民主主義93–46–6–5
独立して選出されたが、民主党との党員集会。

ニューハンプシャープライマリー

セントアンセルム大学の同窓会ホール、ニューハンプシャー州の初等協会でのメディア報道の背景として役立ってきました

歴史的に、ニューハンプシャー州の予備選挙は、4年ごとに米国で行われる一連の全国的な政党予備選挙の最初のものでした。ニューハンプシャー州で開催され、通常、米国大統領選挙プロセスの始まりを示します。ニューハンプシャーから選ばれた代表者はほとんどいませんが、予備選挙は常にニューイングランドとアメリカの両方の政治にとって極めて重要でした。特に1つの大学、セントアンセルム大学は、多数の大統領選挙討論会と候補者によるキャンパスへの訪問の本拠地でした。[132]

教育

カレッジと大学

ニューイングランドには、8つのアイビーリーグ大学のうち4つがあります。ここに描かれているのは、ハーバード大学のハーバードヤードです。

ニューイングランドには、米国および世界で最も古く、最も有名な高等教育機関がいくつかあります。ハーバード大学は、1636年にマサチューセッツ州ケンブリッジに説教者を養成するために設立された最初のそのような機関でしたイェール大学1701年コネチカット州セイブルックに設立され、1861年に米国で最初の博士号を取得しました。イェール大学は1718年にコネチカット州ニューヘブンに移り、現在に至っています。

Brown University was the first college in the nation to accept students of all religious affiliations, and is the seventh oldest U.S. institution of higher learning. It was founded in Providence, Rhode Island, in 1764. Dartmouth College was founded five years later in Hanover, New Hampshire, with the mission of educating the local American Indian population as well as English youth. The University of Vermont, the fifth oldest university in New England, was founded in 1791, the same year that Vermont joined the Union.

8つの4つのアウトに加えて、アイビーリーグの学校、ニューイングランドは含まれていマサチューセッツ工科大学(MIT)、「として識別されている教育機関のバルクリトル・アイヴィー」、オリジナルの4セブンシスターズ、8元の1をパブリックアイビーマサチューセッツ州中部のウースター大学コンソーシアム、マサチューセッツ工科大学西部のファイブカレッジコンソーシアム。メイン大学ニューハンプシャー大学コネチカット大学マサチューセッツ大学アマースト校ロードアイランド大学、およびバーモント大学は、地域の主力州立大学です。

私立および独立した中等学校

大学入学前のレベルでは、ニューイングランドには多くのアメリカの独立した学校(私立学校としても知られています)があります。エリートの「ニューイングランド予備校」(予備校)と「プレッピー」ライフスタイルのコンセプトは、この地域のイメージの象徴的な部分です。[133]

各州の私立学校のリストを参照してください:
コネチカットマサチューセッツメインニューハンプシャーロードアイランドバーモント

公教育

1635年に設立されたボストンラテンスクールは、米国で最も古い公立学校です。[134]

ニューイングランドには、国内で最も古い公立学校がいくつかあります。ボストンラテンスクールはアメリカで最も古い公立学校であり、独立宣言のいくつかの署名者が出席しました。[135] ハートフォード公立高校は、米国で2番目に古い運営高校です[136]。

2005年の時点で、全米教育協会はコネチカットを国内で最も給与の高い教師がいるとランク付けしました。マサチューセッツとロードアイランドはそれぞれ8位と9位でした。

ニューハンプシャー州、ロードアイランド州、バーモント州は、落ちこぼれ防止ガイドラインに基づくニューイングランド共通評価プログラムのテストの開発に協力しています。これらの状態は、結果のスコアを互いに比較できます。

メインラーニング・テクノロジー・イニシアチブのプログラムが持つすべての学生を提供するアップル のMacBookのラップトップ。

学術雑誌とを押し

There are several academic journals and publishing companies in the region, including The New England Journal of Medicine, Harvard University Press and Yale University Press. Some of its institutions lead the open access alternative to conventional academic publication, including MIT, the University of Connecticut, and the University of Maine. The Federal Reserve Bank of Boston publishes the New England Economic Review.[137]

Culture

Flag of New England flying in Massachusetts. New Englanders maintain a strong sense of regional and cultural identity.[138]

ニューイングランドには、主にヨーロッパからの移民の波によって形作られた共通の遺産と文化があります。[139]他のアメリカの地域とは対照的に、ニューイングランドの初期のピューリタン入植者の多くはイングランド東部から来ており、ニューイングランドの独特のアクセント、食べ物、習慣、社会構造に貢献している。[140] :30–50 現代のニューイングランドでは、人口密度の高い海岸線に沿って住む都市部のニューイングランド人と、人口密度の高いマサチューセッツ州西部、コネチカット州北西部と北東部、バーモント州、ニューハンプシャー州、メイン州の農村部のニューイングランド人との間に文化的な隔たりがあります。低い。[141]

宗教

古典的なニューイングランド会衆教会ピーチァム、バーモント州

今日、ニューイングランドは米国で最も宗教の少ない地域です。2009年、メイン州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、バーモント州で調査された人々の半数未満が、宗教は日常生活の重要な部分であると主張しました。コネチカット州とロードアイランド州は、宗教が最も少ない10州のひとつであり、世論調査を行った州の55%と53%がそれぞれ重要であると主張しています。[142]によれば、アメリカの宗教的身分調査は、Vermontersの34%が無宗教を持っていないと主張しました。ニューイングランド人の4人に1人は、米国の他のどの地域よりも宗教がないと特定しています[143]ニューイングランドは、米国でカトリック教徒の割合が最も高い国の1つでした。この数は1990年の50%から36%に減少しました。 2008年。[143]

文化的ルーツ

ニューイングランドの最初のヨーロッパ人入植者の多くは、農業に加えて、捕鯨(1650年頃に最初に言及された)[144]と漁業に向け海事志向を持っていたニューイングランドは、独特の料理方言建築、そして政府を発展させてきましたニューイングランド料理は、シーフードと乳製品に重点を置いていることで定評があります。クラムチャウダー、ロブスター、その他の海の産物は、この地域で最も人気のある食品の1つです。

ニューイングランドは、特に歴史的な場所で、その地域の特徴を大部分保存してきました。アイルランド、ケベック、イタリア、ポルトガル、ドイツ、ポーランド、スカンジナビア、アジア、ラテンアメリカ、アフリカ、米国の他の地域などからの移民の波が見られ、この地域はより民族的に多様化しています。この地域では、交通ロータリー、バーモント州北部、メイン州、ニューハンプシャー州のフランス語と英語のバイリンガルの町、英語の町と郡の名前が非常に普及していること、そしてそのユニークな、多くの場合、イングランド南東部を彷彿とさせるrhotic沿岸方言。

ニューイングランド内では、多くの町の名前(およびいくつかの郡)が州から州へと繰り返されています。これは主に、地域全体の入植者が古い町にちなんで新しい町に名前を付けたためです。たとえば、メイン州ノースヤーマスの町は、マサチューセッツ州ヤーマスからの入植者によって名付けられました。この入植者は、イギリスのグレートヤーマスちなんで名付けられました。別の例として、ニューイングランドのすべての州にはウォーレンという名前の町があり、ロードアイランドを除くすべての州にはアンドーバー、ブリッジウォーター、チェスター、フランクリン、マンチェスター、プリマス、ワシントン、ウィンザーという名前の都市または町があります。さらに、コネチカットを除くすべての州にはリンカーンとリッチモンドがあり、マサチューセッツ、バーモント、メインにはそれぞれフランクリン郡があります。

料理

ニューイングランドは独特の料理と食文化を維持しています。この地域の初期の食べ物は、ネイティブアメリカンとイギリス料理の影響を受けていました。初期の入植者はしばしば彼らのオリジナルの料理をその地域で利用可能な食べ物に合うように適応させました。ニューイングランドのステープルは、以下のようなアメリカインディアンとピルグリム料理の収束、反映johnnycakessuccotashコーンブレッドや様々な魚介類のレシピを。Wabanaki部族国家が作られたナッツミルクを[145]

ニューイングランドにも独特の食の言語があります。地域特有の用語には、海底サンドイッチの「グラインダー」や、ロードアイランドでは「キャビネット」と呼ばれる濃厚なミルクセーキの「フラッペ」などがあります。この地域に自生する他の食品には、ステーキチップ(マリネしたサーロインステーキ)、バルキーロールメープルシロップクランベリーレシピ、クラムチャウダーなどがあります。[146]

A version of India pale ale has recently become popular known as the "New England India Pale Ale" (NEIPA), developed in Vermont in the 2010s.[147][148] Other regional beverages include Moxie, one of the first mass-produced soft drinks in the United States, introduced in Lowell, Massachusetts, in 1876; it remains popular in New England, particularly in Maine today.[149] Coffee milk is associated with Rhode Island as the official state drink.[150]

Portuguese cuisine is an important element in the annual Feast of the Blessed Sacrament in New Bedford, Massachusetts, the largest ethnic heritage festival in New England.[151]

Accents and dialects

この地域ではいくつかのアメリカ英語の方言が話されており、最も有名なのはボストンのアクセントであり[152]、ニューイングランドの北東沿岸地域に自生しています。ボストンのアクセントの最も識別可能な特徴は[誰によって? ]ブロードA最後のRの削除などの機能を共有する、イングランドの容認発音に由来します。もう1つの情報源は、ピューリタン移民の多くが生まれたイーストアングリアリンカンシャーでの17世紀の演説でした。[要出典]東アングリアの「whine」はヤンキーの「twang」に発展しました。[140]ボストンのアクセントは、ある時点でいわゆる「イースタン・エスタブリッシュメント」とボストンの上流階級最も強く関連していたが、今日では、グッド・ウィル・ハンティングザ・ザ・出発しました。ボストンのアクセントとそれに密接に関連するアクセントは、マサチューセッツ州東部、ニューハンプシャー州、メイン州をカバーしています。[153]

ロードアイランド州民の中には、「ブルックリン」アクセントや、「水」が「ワタ」になるニューヨークとボストンのアクセントのクロスに匹敵する、非rhoticアクセントで話す人もいます。多くのロードアイランド州民、ニュージャージーで聞こえるかもしれないようにaw[ ɔː ]を区別します。例えば、単語"コーヒー"は顕著である/ K ɔː F I / KAWの-fee[154]このタイプのアクセントは、17世紀半ばのピューリタン移住の際にイングランド東部からの初期の入植者によってこの地域にもたらされた。[140] :13–207 

社会活動と音楽

アカディアケベックの文化は、ニューイングランドの田舎の多く、特にメイン州の音楽とダンスに含まれています。コントルダンスとカントリースクエアダンスはニューイングランド全体で人気があり、通常はアイルランド、アカディア、その他のフォークミュージックの生演奏に支えられています。鼓笛隊は、特にニューイングランド南部、より具体的にはコネチカット一般的であり、主にケルト人、英語、そして地元出身の音楽があります。

ニューイングランドは、一人当たりのアイスクリーム消費量で米国をリードしています。[155] [156]

Candlepin bowling is essentially confined to New England, where it was invented in the 19th century.[157]

Boston's Symphony Hall is the home of the Boston Symphony Orchestra—the second-oldest of the Big Five American symphony orchestras.

New England was an important center of American classical music for some time. The First New England School of composers was active between 1770 and 1820, and the Second New England School about a century later. Prominent modernist composers also come from the region, including Charles Ives and John Adams. Boston is the site of the New England Conservatory, Boston Conservatory at Berklee, and the Boston Symphony Orchestra.

ポピュラー音楽では、領域が生産しているドナ・サマージョジョ新版ボビー・ブラウンベル・ビヴ・デヴォーパッションピットMGMTメーガン・トレイナーニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック、レイチェル・プラッテンジョン・メイヤーを。ロックミュージックでは、この地域はロブゾンビエアロスミスモダンラヴァーズフィッシュピクシーズカーズJ。ガイルズバンドマイティマイティボスストーンズを生み出しましたGrace Potter, GG Allin, The Dresden Dolls, Dinosaur Jr., the Dropkick Murphys and Boston. Quincy, Massachusetts native Dick Dale helped popularize surf rock. Hip hop acts hailing from New England include Gang Starr.

Media

米国を代表するケーブルテレビスポーツ放送局ESPN、コネチカット州ブリストルに本社を置いています。ニューイングランドには、ニューイングランドケーブルニュース(NECN)やニューイングランドスポーツネットワーク(NESN)など、いくつかの地域ケーブルネットワークがあります。ニューイングランドケーブルニュースは、米国で最大の地域の24時間 ケーブルニュースネットワークであり、ニューイングランドのすべての州の320万以上の家庭に放送されています。そのスタジオはボストン郊外のマサチューセッツ州ニュートンにあり、ニューハンプシャー州マンチェスターに支局を置いています。コネチカット州ハートフォード;マサチューセッツ州ウースター;メイン州ポートランド;そして、バーリントン、バーモント州[158]コネチカット、リッチフィールド、フェアフィールド、ニューヘブンの各郡では、ニューヨークを拠点とするニュース番組も放送しています。これは、ニューヨークがこの地域の経済と文化に多大な影響を及ぼしていることと、コネチカットの放送局に能力を与えることによるものです。ニューヨーク地域の放送局からの重複するメディア報道と競争するため。

NESNは、コネチカット州フェアフィールド郡を除いてボストンレッドソックス野球とボストンブルーインズホッケーを地域全体に放送しています。[159]コネチカットも受けるYESネットワークのゲーム放送し、ニューヨーク・ヤンキースブルックリン・ネッツなどのSportsNetニューヨークブロードキャスト(SNY)、ニューヨーク・メッツのゲームを。

NBC Sports Bostonは、ボストンセルティックスニューイングランドレボリューションボストンキャノンズの試合を、フェアフィールド郡を除くすべてのニューイングランドに放送しています。

While most New England cities have daily newspapers, The Boston Globe and The New York Times are distributed widely throughout the region. Major newspapers also include The Providence Journal, Portland Press Herald, and Hartford Courant, the oldest continuously published newspaper in the U.S.[160]

Comedy

ニューイングランド人はアメリカのコメディーでよく表されます。シンプソンズや深夜のテレビ番組の作家は、ハーバードランプーン経由でやってくることがよくあります。数サタデー・ナイト・ライブ(SNL)はから、メンバーはニューイングランドにルーツを持つキャストアダム・サンドラーエイミー・ポーラーもで主演、NBCのテレビシリーズパークス・アンド・レクリエーション。元デイリーショー特派員のジョンホッジマンロブコードリースティーブカレルはマサチューセッツ州出身です。カレルは、フィルムに巻き込まれたとアメリカの適応オフィス(マサチューセッツ州出身のミンディ・カリングB・J・ノヴァクジョン・クラシンスキーと並んで、コネチカット州スタンフォードニューハンプシャー州ナシュアにあるダンダー・ミフリン支部が特徴です

深夜のテレビホストであるジェイレノコナンオブライエンはボストン地域にルーツを持っています。注目すべきスタンドアップコメディアンには、地域からでもあるビル・バースティーブ・スウィーニースティーヴン・ライトサラ・シルバーマンリサ・ランパネリデニス・リアリーレニー・クラークパトリス・オニールルイCKSNLのキャストメンバーであるセスマイヤーズはかつて、ボストングローブとともに、この地域のアメリカのユーモアへの痕跡を、「自分自身を大事にしようとしている人を指摘するような、ニューイングランドの怒りっぽい感覚」に起因すると考えていました。皮肉と皮肉がそのトレードマークであり、アイルランドの影響であること示唆しています。[161]

文学

ニューイングランドの地域主義詩人ロバート・フロスト[162] [163]

New Englanders have made significant contributions to literature. The first printing press in America was set up in Cambridge, Massachusetts, by Stephen Daye in the 17th century.[citation needed] Writers in New England produced many works on religious subjects, particularly on Puritan theology and poetry during colonial times and on Enlightenment ideas during the American Revolution. The literature of New England has had an enduring influence on American literature in general, with themes that are emblematic of the larger concerns of American letters, such as religion, race, the individual versus society, social repression and nature.[164]

19世紀のニューイングランドは進歩的な理想の中心地であり、多くの奴隷制度廃止論者超絶主義者の道が作られました。主要な超絶主義者は、ヘンリー・デイヴィッド・ソローラルフ・ワルド・エマーソンフレデリック・ヘンリー・ヘッジなどのニューイングランド出身でした。コネチカット州在住のハリエット・ビーチャー・ストウの小説「アンクル・トムの小屋」は、奴隷制度廃止論者の考えを広める上で影響力のある本であり、「南北戦争の土台を築いた」と言われています。[165]他の著名なニューイングランドの小説家には、ジョン・アーヴィングエドガー・アラン・ポーLouisa May AlcottSarah Orne JewettHP LovecraftAnnie ProulxStephen KingJack KerouacGeorge V. HigginsNathanielHawthorne

ボストンは、主に地元の作家の力で、19世紀半ばにニューヨークに追い抜かれる前は、数年間、アメリカの出版業界の中心地でした。ボストンは、出版社のホートンミフリンピアソンエデュケーションの本拠地であり、文芸雑誌「アトランティックマンスリー長年の本拠地でしたMerriam-Webster、マサチューセッツ州スプリングフィールドを拠点としています。ヤンキーは、ニューハンプシャー州ダブリンを拠点とするニューイングランド人向けの雑誌です

多くのニューイングランドの詩人は、アメリカの詩でも傑出しています。著名な詩人は、ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローデヴィッド・リンゼイ=アベアー、E・アニー・プルー、エドウィン・アーリントンロビンソンエイミー・ローウェルジョン・チーバーエミリー・ディキンソンエリザベス・ビショップスタンリー・クニッツEEカミングスエドナ・ミレイロバートPT棺リチャード・ウィルバーを「芸術機関」と評されたロバート・フロスト[166]ニューイングランドの田舎の生活について頻繁に書いています。コンフェッショナル詩の動きが顕著含むニューイングランドの作家備えロバート・ローウェルアン・セクストンシルヴィア・プラスを

映画、テレビ、演技

ニューイングランドはの豊富な歴史がある映画製作の夜明けにデートの背中を、動画時には吹き替え20世紀の変わり目時代、ハリウッド東映画批評家を。ボストンのワシントンストリート547番地にある劇場は、バイタスコープによって投影された写真をデビューさせた2番目の場所でした。その後まもなく、スカーレットレターハウスオブセブンゲーブルズなど、いくつかの小説がスクリーンに採用され、ニューイングランドを舞台にしました[167]ニューイングランド地域は、ジョーズなどの大ヒット作を含め、20世紀の間、全国平均を上回るペースで映画を大量生産し続けたGood Will Hunting and The Departed, all of which won Academy Awards. The New England area became known for a number of themes that recurred in films made during this era, including the development of yankee characters, smalltown life contrasted with city values, seafaring tales, family secrets and haunted New England.[168] These themes are rooted in centuries of New England culture and are complemented by the region's diverse natural landscape and architecture, from the Atlantic Ocean and brilliant fall foliage to church steeples and skyscrapers.

ミレニアムの変わり目以来、ボストンとニューイングランド地域は、映画製作者をこの地域に引き付けるために地方自治体によって実施された税制上の優遇措置のおかげもあり、数多くの映画やテレビシリーズの制作の本拠地となっています。[169]

ニューイングランド地域から来た著名な俳優や女優には、ベン・アフレックマット・デイモンクリス・エバンスライアン・オニールエイミー・ポーラーエリザベス・バンクススティーブ・カレルルース・ゴードンジョン・クラシンスキーエドワード・ノートンマーク・ウォールバーグマシュー・ペリーが含まれますマサチューセッツからのものの完全なリストはここにあり、この地域制作された注目すべき映画やテレビシリーズのリストはここにあります

博物館、歴史協会、図書館

ニューイングランド中、特にボストン大都市圏には多くの美術館があります。これらの美術館には、公的機関だけでなく、個人所有のコレクションも含まれています。これらの博物館の最も注目すべきは、美術館現代美術研究所、ボストンイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館ウースター美術館、とピーボディ・エセックス博物館。米国で継続的に運営されている最古の公立博物館は、マサチューセッツ州プリマスにあるピルグリムホール博物館、1824年に開館しました。

The Boston Public Library is the largest public library in the region with over 8 million materials in its collection. The largest academic research library in the world is the Harvard Library in Cambridge, Massachusetts. The W. E. B. Du Bois Library of the University of Massachusetts Amherst is the tallest academic library in the world.[170]

この地域には多くの歴史的社会もありますヒストリックニューイングランドは、歴史的保存の名の下に博物館や史跡を運営しています。 HNEに属する多くの施設には、ニューイングランドとアメリカの歴史における著名人の保存された家の博物館含まれています。その他の社会には、マサチューセッツ州歴史協会エセックス大学アメリカの古物協会、およびボストニアン社会を。 1791年に設立されたマサチューセッツ歴史協会は、米国で最も古くから運営されています。[171] ニューイングランド中の多くの都市や町は、地元の遺跡の歴史的保存と地元の歴史の記録に焦点を当てた独自の歴史的社会を運営しています。

スポーツ

ニューイングランドには陸上競技の強い遺産があり、バスケットボールバレーボールアメリカンフットボールなど、多くの国際的に人気のあるスポーツがこの地域で発明され、成文化されました

Football is the most popular sport in the region and was developed by Walter Camp in New Haven, Connecticut, in the 1870s and 1880s. The New England Patriots are based in Foxborough, Massachusetts, and are the most popular professional sports team in New England. The Patriots have won six Super Bowl championships and are one of the most winning teams in the National Football League. There are also high-profile collegiate and high school football rivalries in New England. These games are most often played on Thanksgiving Day and are some of the oldest sports rivalries in the United States. The high school rivalry between Wellesley High Schoolそしてニーダム高校マサチューセッツ州では1882年に開始した、全米最古のサッカーのライバル関係であると考えられている[172] [173] [174] [175]

現代の野球規則が登場する前は、マサチューセッツゲームと呼ばれる別の形式がプレイされていまし。このバージョンの野球は、ニューヨークのニッカーボッカールールの初期のライバルであり、ニューイングランド全体でプレーされました。 1869年には、マサチューセッツの規則に従ってプレーした地域全体に59のチームがありました。ニューヨークのルールは徐々に米国全体で人気が高まり、プロおよびセミプロのクラブが登場し始めました。初期のチームには、プロビデンスグレイズウースターウースターズハートフォードダークブルースが含まれていました。これらは長くは続かなかったが、ボストンブレーブスボストンレッドソックスなどの他のチームは有名になりました。フェンウェイパークは1912年に建設され、メジャーリーグで現在も使用されている最古の球場です。[176]この地域の他のプロ野球チームには、ハートフォードヤードゴーツローウェルスピナーズニューハンプシャーフィッシャーキャッツバーモントレイクモンスターズポートランドシードッグスブリッジポートブルーフィッシュニューブリテンビーズポータケットレッドソックスが含まれます。[177] [178]

バスケットボールは、1891年にジェームズネイスミスによってマサチューセッツ州スプリングフィールドで開発されました。ナイスミスは、ニューイングランドの冬の間、アスリートが健康を維持できるように、屋内でプレイできるゲームを作成しようとしていました。ボストン・セルティックスは、 1946年に設立され、最も成功したの一つですし、NBAの17個のタイトルを獲得、チーム。NBA Gリーグのチームがメイン・レッドクローズがに基づいており、ポートランド、メイン州女子バスケットボール協会コネチカット日はに基づいてアンキャスヴィル、コネチカットUConnのハスキー女子バスケットボール team is the most successful women's collegiate team in the nation,[citation needed] winning 11 NCAA Division I titles. The Basketball Hall of Fame is located in Springfield, Massachusetts.

ウィンタースポーツは非常に人気があり、アルペンスキースノーボードノルディックスキーなど、この地域では長い歴史があります。アイスホッケーも人気のあるスポーツです。ボストン・ブルーインズは、として1924年に設立されたオリジナルシックスチーム、そして彼らが持つ歴史的なライバル意識持っモントリオール・カナディアンズを。ブルーインズは、ボストンセルティックスと共有する会場であるTDガーデンプレーします。カレッジホッケーも人気の観客スポーツであり、ノースイースタン大学ボストン大学ハーバード大学のでボストンの毎年恒例のビーンポットトーナメントが開催されます。 and Boston College. Other hockey teams include the Maine Mariners, Providence Bruins, Springfield Thunderbirds, Worcester Railers, Bridgeport Sound Tigers and the Hartford Wolf Pack. The Connecticut Whale hockey team and the Boston Pride are two of the four teams of the National Women's Hockey League. The region's largest ice hockey and skating facility is the New England Sports Center in Marlborough, Massachusetts, home to the Skating Club of Boston, one of the oldest ice skating clubs in the United States.[179][180]

Volleyball was invented in Holyoke, Massachusetts, in 1895 by William G. Morgan. Morgan was an instructor at a YMCA and wanted to create an indoor game for his athletes. The game was based on badminton and was spread as a sport through YMCA facilities. The international Volleyball Hall of Fame is located in Holyoke.

Rowing, sailing, and yacht racing are also popular events in New England. The Head of the Charles race is held on the Charles River in October every year and attracts over 10,000 athletes and over 200,000 spectators each year. Sailing regattas include the Newport Bermuda Race, the Marblehead to Halifax Ocean Race, and the Single-Handed Trans-Atlantic Race. The New York Times considers the Newport and Marblehead races to be among the most prestigious in the world.[181]

ボストンマラソンは、上で実行されるペイトリオッツの日は毎年最初それが1897年に実行されたワールドマラソンメジャーズとによって運営され、ボストン体育協会。レースルートは、マサチューセッツ州ホプキントンからグレーターボストンを通り、ボストンのコプリースクエア終わります。このレースは他の多くのマラソンよりもはるかに少ない賞金を提供しますが、その難しさと長い歴史により、世界で最も権威のあるマラソンの1つになっています。[182]これはニューイングランド最大のスポーツイベントであり、毎年50万人近くの観客が訪れます。[183]

New England is represented in professional soccer by the New England Revolution, an inaugural team of the Major League Soccer founded in 1994 and playing in Gillette Stadium which it shares with the New England Patriots. The Revolution have won a U.S. Open Cup and a SuperLiga Championship, and they have appeared in five MLS finals.

Transportation

The Green Line in Boston
The MBTA Commuter Rail serves eastern Massachusetts and parts of Rhode Island, radiating from downtown Boston, with planned service to New Hampshire.[184][185] The CTrail system operates the Shore Line East and Hartford Line, covering coastal Connecticut, Hartford, and Springfield, Massachusetts.

ニューイングランドの各州には独自の運輸省があり、運輸システムを計画および開発していますが、一部の運輸当局は州および地方自治体の路線を越えて運営されています。マサチューセッツ湾交通局(MBTA)は、グレーターボストン地域の公共交通機関を監督しています。これはそのような最大の機関であり、マサチューセッツ州東部からロードアイランド州まで運営されています。 MBTAは、米国で最も古い地下鉄システム(トレモントストリート地下鉄)と2番目に使用されているライトレールライン(グリーンライン)、および全国に残っている5つのトロリーバスシステムの1つを監督しています沿岸コネチカットメトロポリタン交通局を利用しています of New York due to the connection of that region to New York's economy. The MTA operates the Metro-North Railroad in coordination with the Connecticut Department of Transportation. CTrail is a division of the Connecticut Department of Transportation which operates the Shore Line East along its southern coast, terminating in Old Saybrook and New London. It also operates the Hartford Line, leading south to New Haven and north to Springfield. Commuter rail service is provided north of Springfield to Greenfield, Massachusetts, as part of the Valley Flyer Amtrak route.

アムトラックはニューイングランド全域で州間鉄道サービスを提供しています。ボストンは、北東回廊の北端ですバーモンターは一方で、マサチューセッツ州とコネチカットにバーモント州を結ぶDowneasterはボストンにメインをリンクします。長距離のレイクショアリミテッドトレインは、アルバニー分割された後、2つの東端があります。そのうちの1つはボストンです。これにより、同名の都市間を走るボストンアンドオルバニー鉄道鉄道サービスが提供されますレイクショアリミテッドの残りの部分はニューヨーク市に続きます。

バス輸送はほとんどの都市部で利用可能であり、地域および地方自治体によって管理されています。パイオニアバレー交通局メトロウエスト地域交通局は、より多くの郊外や農村社会を支える公共バス輸送の例です。

South Station in Boston is a major center for bus, rail, and light rail lines. Major interstate highways traversing the region include I-95, I-93, I-91, I-89, I-84, and I-90 (the Massachusetts Turnpike). Logan Airport is the busiest transportation hub in the region in terms of number of passengers and total cargo, opened in 1923 and located in East Boston and Winthrop, Massachusetts. It is a hub for Cape Air and Delta Air Lines, and a focus city for JetBlue. It is the 米国で16番目に混雑する空港。この地域の他の空港には、バーリントン国際空港ブラッドリー国際空港TFグリーン空港マンチェスターボストン地域空港ポートランド国際ジェットポートがあります。

も参照してください

参考文献

引用

  1. ^ 「ヤンキー」アメリカヘリテッジ辞書マサチューセッツ州ボストン:ホートンミフリンカンパニー。2000 2011年3月28日取得
  2. ^ 「州、第4四半期および年次2019年の国内総生産」(PDF)(プレスリリース)。経済分析局。2020年4月7日2021年8月30日取得
  3. ^ "The 1692 Salem Witch Trials". SalemWitchTrialsMuseum.com. Retrieved April 21, 2015.
  4. ^ Chiu, Monica (2009). Asian Americans in New England: Culture and Community. Lebanon, NH: University of New Hampshire Press. p. 44. ISBN 9781584657941. Retrieved October 12, 2016.
  5. ^ a b c d Bain, Angela Goebel; Manring, Lynne; and Mathews, Barbara. Native Peoples in New England. Retrieved July 21, 2010, from Pocumtuck Valley Memorial Association.
  6. ^ "Abenaki History". abenakination.org. Retrieved March 28, 2011.
  7. ^ Allen, William (1849). The History of Norridgewock. Norridgewock ME: Edward J. Peet. p. 10. ISBN 9780665608186. Retrieved March 28, 2011. Norridgewock history.
  8. ^ Wiseman, Fred M. "The Voice of the Dawn: An Autohistory of the Abenaki Nation". p. 70. Retrieved March 28, 2011.
  9. ^ "What are the oldest cities in America?". Glo-con.com. Archived from the original on September 28, 2007. Retrieved August 11, 2007.
  10. ^ Tetek, R. (2010). Relations between English Settlers and Indians in 17th Century New England (unpublished master's thesis). Masaryk University Brno. Retrieved September 19, 2020
  11. ^ Newell, M. E. (2009). "Indian slavery in colonial America." In A. Gallay (Ed.), Indian slavery in colonial America (pp. 33-66). University of Nebraska Press.
  12. ^ クレッシー、デビッド(1987)。やってくる:17世紀のイギリスとニューイングランドの間の移住とコミュニケーションNS。4.ケンブリッジ大学出版局
  13. ^ Swindler、William F.、ed; アメリカ合衆国憲法の出典と文書10巻; ドブスフェリー、ニューヨーク; Oceana Publications、1973〜 1979年。第5巻:16〜26ページ。
  14. ^ "...joint stock company organized in 1620 by a charter from the British crown with authority to colonize and govern the area now known as New England." New England, Council for. (2006). In Encyclopædia Britannica. Retrieved July 13, 2006, from Encyclopædia Britannica Premium Service: Britannica.com Archived February 12, 2005, at the Wayback Machine
  15. ^ Haxtun, Anne Arnoux (1896). Signers of the Mayflower Compact, vol. 1. New York: The Mail and Express Publishing Company. Retrieved March 29, 2011.
  16. ^ タウンゼント、エドワードウォーターマン(1906)。私たちの憲法:それがどのようにそしてなぜ作られたのかニューヨーク:モファット、ヤード&カンパニー。NS。 42 2011年3月29日取得メイフラワーコンパクト。
  17. ^ マサチューセッツ州の長官。「公共記録:マサチューセッツ州の武器と大印章の歴史」sec.state.ma.us 2011年3月29日取得
  18. ^ ノースエンド、ウィリアム・ダマー(1896)。ベイコロニー:マサチューセッツ植民地の市民的、宗教的、社会的歴史ボストン:エステスとラウリアット。NS。 305チャーター。
  19. ^ 「ボストンの歴史、マサチューセッツ」US-History.com 2016年8月17日取得
  20. ^ コネチカット州。「コネチカットについて」CT.gov。2011年4月29日にオリジナルからアーカイブされまし2011年3月28日取得
  21. ^ 平和、ナンシーE.(1976年11月)。「ロジャーウィリアムズ—歴史的エッセイ」(PDF)ロードアイランドの歴史プロビデンスRI:ロードアイランド歴史協会。pp。103–115 2011年3月28日取得
  22. ^ 「歴史と有名なロードアイランド州民」ロードアイランド州観光局2011年3月28日取得
  23. ^ ホール、ハイランド(1868)。バーモントの歴史:発見から連合への入会までニューヨーク州アルバニー:ジョエルマンセル。NS。 3バーモントの歴史。
  24. ^ 「植民地時代のお金の歴史」bostonfed.org 2021年8月30日取得
  25. ^ 「1637年-ピクォート戦争」コネチカット州の植民地戦争協会2013年12月14日取得
  26. ^ Howe, Daniel Wait (1899). The Puritan Republic of the Massachusetts Bay in New England. Indianapolis: Bowen-Merrill. pp. 308–311.
  27. ^ "1675 - King Philip's War". The Society of Colonial Wars in the State of Connecticut. Retrieved December 14, 2013.
  28. ^ See the French and Indian Wars as well as Father Rale's War and Father Le Loutre's War for more information.
  29. ^ Morison, Samuel Eliot (1972). The Oxford History of the American People. New York City: Mentor. p. 112. ISBN 0-451-62600-1.
  30. ^ マルトゥッチ、デビッドB. 「ニューイングランドの旗」D.マルトゥッチ。2007年4月1日にオリジナルからアーカイブされまし2008年7月25日取得
  31. ^ 「初期の北アメリカの植民地および探検家の旗」私たちの祖先の歴史的な旗
  32. ^ リープソン、マーク(2007)。旗:アメリカの伝記ニューヨーク:トーマスダンブックス。NS。14. ISBN 9781429906470
  33. ^ さまざま(1908)。第1回ニューイングランド会議の議事録:1908年11月23日、24日、ボストンのニューイングランド州知事によって呼び出されましたボストン:ライト&ポッター印刷会社。NS。6.6。
  34. ^ プレブル、ジョージヘンリー(1880)。アメリカ合衆国の旗の歴史:そして、海軍とヨットクラブの信号、封印、武器、およびアメリカ合衆国の主要な国民の歌の歴史、シンボル、基準、旗、および古代の旗のクロニクルと現代の国々ボストン:A。ウィリアムズ。NS。 190
  35. ^ スターク、ブルースP. 「ニューイングランド自治領」コネチカットヒューマニティーズカウンシル2011年3月30日取得
  36. ^ Palfrey、John Gorham(1865)。ニューイングランドの歴史、vol。3ボストン:リトル、ブラウン、カンパニー。pp。561–590 2011年3月30日取得
  37. ^ Palfrey、John Gorham(1873)。ニューイングランドの大げさな歴史、vol。3ボストン:HCシェパード2011年3月30日取得
  38. ^ ウェズリー・フランク・クレイヴン、移行期のコロニー、1660 – 1713(1968)。NS。224。
  39. ^ 「同等の土地およびフォートダマー」ブラトルボロの歴史谷の歴史家2017年3月10日取得
  40. ^ ハーパー、ダグラス。「ニューハンプシャーの奴隷制」Slavenorth.com 2016年8月17日取得
  41. ^ "Yankeeland". The Random House Dictionary. Boston: Random House. 2013. Retrieved September 5, 2013.
  42. ^ Library of Congress. "Missouri Compromise: Primary Documents of American History". Library of Congress. Retrieved March 30, 2011.
  43. ^ "New England". Encyclopædia Britannica. Retrieved October 16, 2010.
  44. ^ James Schouler, History of the United States, Vol. 1 (New York: Dodd, Mead & Company. 1891; copyright expired)
  45. ^ ドワイト、セオドア(1833)。ハートフォード会議の歴史ニューヨーク:N.&J。ホワイト2011年3月30日取得ハートフォード会議。
  46. ^ ヒッキー、ドナルドR. 1812年の戦争:忘れられた対立イリノイ大学出版局NS。233。
  47. ^ クーパー、トーマスバレンタイン; フェントン、ヘクター・ティンデル(1884)。初めから今日までのアメリカの政治(非党派)、第3巻シカゴ:CRBrodix。pp。64–69。
  48. ^ ケアンズ、ウィリアムB.(1912年)。アメリカ文学の歴史ニューヨーク:オックスフォード大学出版局NS。 197 2011年3月30日取得ニューイングランド。
  49. ^ 「ニューイングランド」、 Microsoftエンカルタオンライン百科事典2006。アーカイブされたコピー2006年10月13日にオリジナルからアーカイブされました2009年11月22日取得CS1 maint: archived copy as title (link) CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)
  50. ^ 「歴史と文化:アメリカの産業革命の発祥の地」ブラックストーンリバーバレー国立遺産回廊、マサチューセッツ州、RI国立公園局。2009年6月11日2016年4月4日取得
  51. ^ Bagnall, William R. The Textile Industries of the United States: Including Sketches and Notices of Cotton, Woolen, Silk, and Linen Manufacturers in the Colonial Period. Vol. I. pg. 97. The Riverside Press, 1893.
  52. ^ "Forging Arms for the Nation". Springfield Armory National Historic Site, Massachusetts. National Park Service. Retrieved April 4, 2016.
  53. ^ Coen, Scott (May 13, 2011). "The Springfield Armory: The Heartbeat of the 19th Century Industrial Revolution". MassLive.com. Retrieved April 4, 2016.
  54. ^ ルーカー、サラ。「産業革命:コネチカットリバーバレーの概要」産業革命を教える歴史の流れ。2016年3月5日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  55. ^ ダブリン、トーマス。「ローウェルミルハンズ」。女性の仕事の変革(1994)pp。77–118。
  56. ^ a b "1850年の国勢調査データ"歴史的な国勢調査ブラウザバージニア大学図書館。2016年4月24日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  57. ^ ワイアットブラウン、バートラム。「アメリカの奴隷制度廃止論と宗教」神聖なアメリカ:アメリカの歴史における宗教国立人文センターTeacherServe 2016年4月4日取得
  58. ^ a b Tarr、David; ベネンソン、ボン(2012)。Zへの選挙のAサウザンドオークス、カリフォルニア州:CQプレス。NS。542. ISBN 978-0-87289-769-42015年4月19日取得
  59. ^ 「上院:1933年3月31日金曜日」(PDF)議会記録–上院NS。1069 2021年8月30日取得
  60. ^ Thorndike、Joseph J.(2003年11月10日)。「歴史的展望:ペコラ公聴会は税の道徳性、税制改革の議論を引き起こします」taxhistory.org 2021年8月30日取得
  61. ^ 431日:ジョセフP.ケネディとSECの創設(1934-35)(進歩的な改革と証券法)| ギャラリー| バーチャルミュージアムと金融規制の歴史のアーカイブ(sechistorical.org)
  62. ^ ミンチン、ティモシーJ.(2013)。「クロンプトンクロージング:輸入とアメリカ最古の繊維会社の衰退」。アメリカ研究ジャーナル47(1):231–260。土井10.1017 / S0021875812000709S2CID 145693630 
  63. ^ Henry Etzkowitz、 MITおよび起業家科学の台頭 Routledge 2007)
  64. ^ デビッド・コイスティネン、衰退立ち向かう:20世紀のニューイングランドにおける非産業化の政治経済(2013)
  65. ^ Bishaw、Alemayehu; アイスランド、ジョン(2003年5月)。「貧困:1999」(PDF)国勢調査2000概要米国国勢調査局2016年8月17日取得
  66. ^ 「過去12か月の収入(2014年のインフレ調整後のドル):2014年のアメリカンコミュニティサーベイの1年間の見積もり(S1901)」アメリカのファクトファインダーアメリカ合衆国国勢調査局。2020年2月13日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  67. ^ 「パート1:人口と住宅ユニット数」(PDF)2000年国勢調査–米国要約:2000年アメリカ合衆国国勢調査局。2004年4月2016年4月4日取得
  68. ^ 「イギリス諸島およびそのすべて...」ヘリオットワット大学、エジンバラ2011年3月7日取得
  69. ^ 「州の面積測定と内部ポイント座標」米国国勢調査局地理課2021年5月13日取得
  70. ^ 「エキゾチックなテレーンの氷河地形」米国北東部の地球科学への教師に優しいガイド古生物学研究機関2016年4月4日取得
  71. ^ a b c d エマーソン、フィリップ(1922)。ニューイングランドの地理ニューヨーク:マクミラン社2011年3月28日取得
  72. ^ 「隣接する米国の生理学的区分」米国地質調査所2011年12月23日取得
  73. ^ 「アパラチア/ピードモント地域2の地形」米国北東部の地球科学への教師に優しいガイド古生物学研究機関2016年4月4日取得
  74. ^ ショー、イーサン。「ミシシッピの東にある10の最も高い山」USAトゥデイ2016年4月4日取得
  75. ^ 「世界記録の風」マウントワシントン天文台2016年4月4日取得
  76. ^ 「世界記録の突風:408 km / h」世界気象機関2010年1月22日。2011年7月22日のオリジナルからアーカイブ2011年5月27日取得
  77. ^ 「私達について」マウントワシントン天文台2016年4月4日取得
  78. ^ Hrin、Eric(2011年3月26日)。「ウルフは本への愛をキャリアに変えるトロイの図書館の100周年が近づいている」デイリーレビューペンシルバニア州トワンダ。2012年7月30日にオリジナルからアーカイブされまし2011年5月28日取得
  79. ^ "New England's Fall Foliage". Discover New England. Archived from the original on August 16, 2007. Retrieved May 28, 2011.
  80. ^ a b "Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2015 - United States -- Metropolitan and Micropolitan Statistical Area: 2015 Population Estimates (GCT-PEPANNRES)". American Factfinder. U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 13, 2020. Retrieved April 4, 2016.
  81. ^ "Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014". U.S. Census Bureau. Archived from the original on May 22, 2015. Retrieved April 4, 2016.
  82. ^ "TIGERweb". U.S. Census Bureau. (Combined Statistical Areas checkbox). Retrieved April 4, 2016.
  83. ^ "Montpelier". Fodor's. April 1, 2016. Retrieved March 19, 2021.
  84. ^ a b "Change in Resident Population of the 50 States, the District of Columbia, and Puerto Rico: 1910 to 2020" (PDF). United States Census Bureau. Retrieved June 13, 2021.
  85. ^ Martin, Joyce A.; Hamilton, Brady E.; Sutton, Paul D.; Ventura, Stephanie J.; Mathews, T.J.; Osterman, Michelle J.K. (December 8, 2010). "Births: Final Data for 2008" (PDF). National Vital Statistics Reports. 59 (1): 1, 3–71. PMID 22145497. Retrieved April 4, 2016.
  86. ^ a b 「特定の起源によるヒスパニックまたはラテンアメリカ人の起源:2014 American Community Survey 1-Year Estimates:New England Division(B03001)」アメリカのファクトファインダー米国国勢調査局。2020年2月13日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  87. ^ 「PeopleReportingAncestry:2014 American Community Survey 1-Year Estimates:New England Division(B04006)」アメリカのファクトファインダー米国国勢調査局。2020年2月13日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  88. ^ 英語と「英国」が含まれますが、スコットランドまたはウェールズは含まれません。
  89. ^ a b "Language Spoken at Home: 2014 American Community Survey 1-Year Estimates: New England Division (S1601)". American Factfinder. U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 13, 2020. Retrieved April 4, 2016.
  90. ^ "Language Spoken at Home by Ability to Speak English for the Population 5 Years and Over: 2014 American Community Survey 1-Year Estimates: New England Division (B16001)". American Factfinder. U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 13, 2020. Retrieved April 4, 2016.
  91. ^ 「ネイティブおよび外国生まれの人口の選択された特性:2014年のアメリカのコミュニティ調査1年の見積もり:ニューイングランド部門(S0501)」アメリカのファクトファインダー米国国勢調査局。2020年2月13日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  92. ^ モニカ・チウ編 ニューイングランドのアジア系アメリカ人:文化とコミュニティ(ニューハンプシャー大学プレス、2009年)252pp。
  93. ^ "Place of Birth for the Foreign-Born Population in the United States: 2014 American Community Survey 1-Year Estimates: New England Division (B05006)". American Factfinder. U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 13, 2020. Retrieved April 4, 2016.
  94. ^ "Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2015 - United States -- Combined Statistical Area: 2015 Population Estimates (GCT-PEPANNRES)". American Factfinder. U.S. Census Bureau. Archived from the original on February 13, 2020. Retrieved April 4, 2016.
  95. ^ 「ニューイングランド経済の背景」米国商務省。2002年9月19日にオリジナルからアーカイブされまし
  96. ^ 「地域データ:GDPおよび個人所得」経済分析局米国商務省2014年9月21日取得
  97. ^ リッチ、ジャックC.(1988)。彫刻の材料と方法ドーバー出版。
  98. ^ 「グローバル金融センター指数21」(PDF)ロングファイナンス。2017年3月。2017年6月11日のオリジナル(PDF)からアーカイブ
  99. ^ イェンドル、マーク(2011年3月)。「グローバル金融センター指数9」(PDF)シンクタンクグループNS。4. 2012年10月14日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし2013年1月31日取得
  100. ^ 「金融のキャリアのためのトップ10都市」Investopedia.com 2010年5月13日取得
  101. ^ 「ボストンの経済の歴史–成長と移行1970–1998」(PDF)ボストン再開発公社。1999年11月。p。9. 2013年7月23日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし2013年3月12日取得
  102. ^ Morris, Marie (2006). Frommer's Boston 2007 (2 ed.). John Wiley & Sons. p. 59. ISBN 978-0-470-08401-4.
  103. ^ "General Electric To Move Corporate Headquarters To Boston". CBS Local Media. January 13, 2016. Retrieved January 15, 2016.
  104. ^ "Top shoe brands, like Reebok and Converse, move headquarters to Boston". Omaha.com. Retrieved January 19, 2017.
  105. ^ "Reebok Is Moving to Boston". Boston Magazine. Retrieved January 19, 2017.
  106. ^ スタッフ、クーラント。「コネチカットにはフォーチュン500リストに19社があります」courant.com 2017年5月19日取得
  107. ^ 「メイン州の農業の概要-2004年」(PDF)USDA全国農業統計サービス。2006年3月5日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし
  108. ^ 「バーモント州の農業の概要-2006年」(PDF)USDA全国農業統計サービス。2006年7月22日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし
  109. ^ "Connecticut State Agriculture Overview - 2005" (PDF). USDA National Agricultural Statistics Service. Archived from the original (PDF) on November 1, 2006. Retrieved November 14, 2006.
  110. ^ "Massachusetts State Agriculture Overview - 2005" (PDF). USDA National Agricultural Statistics Service. Archived from the original (PDF) on November 10, 2006. Retrieved November 14, 2006.
  111. ^ 米国エネルギー省。「州のエネルギープロファイル:州のランキング-州のランキング7. 1人あたりの総エネルギー消費量、2013年(百万Btu)」2016年4月4日取得
  112. ^ 米国エネルギー省。「州のエネルギープロファイル:州のランキング-州のランキング9.住宅セクターへの電力の平均小売価格、2015年12月(セント/ kWh)」2016年4月4日取得
  113. ^ 「全米州議会議員会議州の失業率2015」(PDF)全米州議会議員会議2017年2月24日取得
  114. ^ "Unemployment Rates for States". Bureau of Labor Statistics. United States Government. Retrieved March 17, 2015.
  115. ^ "New England — Labor Force Statistics". U.S. Department of Labor. Retrieved December 18, 2011.
  116. ^ McCann, Adam. "2018's Tax Burden by State". WalletHub.
  117. ^ De Tocqueville, Alexis. Democracy in America. Quotation attributed at [1] Archived June 7, 2010, at the Wayback Machine . Retrieved July 20, 2010.
  118. ^ マディソン、ジェームズ。フェデラリストNo.55引用はに帰属Ilsr.org アーカイブで、2020年1月13日ウェイバックマシン2006年7月19日取得。
  119. ^ ハーバード大学の講師であるRobertI.Rotbergによる「RealDemocracy:New England Town Meeting and how it workat Democraciaparticipativa.net(2006年7月19日閲覧)」(スペイン語と英語)を参照してくださいアーカイブで2007年9月28日、ウェイバックマシン
  120. ^ 「ニューイングランドUSAクイックファクト」ニューイングランドを発見してください。2015年8月12日にオリジナルからアーカイブされまし2016年4月4日取得
  121. ^ "Wyoming, Mississippi, Utah Rank as Most Conservative States". Gallup.com. Retrieved December 31, 2013.
  122. ^ "Presidential Election Results: Biden Wins". Nytimes.com. Retrieved April 17, 2021.
  123. ^ "Sanders Socialist Successes". April 22, 2009. Retrieved April 4, 2016.
  124. ^ Lerer, Lisa (July 16, 2009). "AIG: Where's the outrage?". Politico. Retrieved April 4, 2016.
  125. ^ 「選挙センター2008」CNN 2008年10月4日取得
  126. ^ Salzman、Avi(2005年12月18日)。「リベラルのための実験室?」ニューヨークタイムズ2016年4月4日取得
  127. ^ 「ニューイングランドは最初の処刑に取り組む」コンコルドモニター2005年5月13日。2011年5月15日のオリジナルからアーカイブ2010年7月20日取得
  128. ^ Grynbaum、Michael M.(2006年6月8日)。「グレッグは、修正に反対票を投じる州の権限を引用している」ボストングローブ2016年4月4日取得
  129. ^ ジョーンズ、ジェフリーM.(2015年2月4日)。「マサチューセッツ、メリーランド州のほとんどの民主主義国家」ギャラップ2016年4月4日取得
  130. ^ カジン、マイケル; エドワーズ、レベッカ; ロスマン、アダム(2011)。アメリカの政治史の簡潔なプリンストン百科事典プリンストン大学出版局。pp。360–365。ISBN 978-1400839469
  131. ^ Purple, Matt (April 1, 2010). "No More 'New England Republicans'". The American Spectator. Archived from the original on December 15, 2013. Retrieved April 4, 2016.
  132. ^ "Mike Huckabee: Mike Huckabee's Weekly Schedule for Sept. 24". All American Patriots website. September 25, 2007. Archived from the original on March 21, 2012. Retrieved March 21, 2012.
  133. ^ Muther, Christopher (July 1, 2010). "Prepping for a party". The Boston Globe. Retrieved April 4, 2016.
  134. ^ "A golden ticket: Efforts to diversify Boston's elite high schools spur hope and outrage". NBC News. Retrieved March 19, 2021.
  135. ^ "Boston Latin School". Encyclopædia Britannica Online.
  136. ^ Varhola, Michael (2011). Life in Civil War America. F+W Media. ISBN 9781440310881. Retrieved June 22, 2012.
  137. ^ 「FRBB:ニューイングランド経済レビュー」ボストン連邦準備銀行2008年7月25日取得
  138. ^ 「UConn世論調査:ニューイングランド人および地域のアイデンティティ」news.uconn.edu 2020年4月8日取得
  139. ^ McWilliams、John P.(2004)。ニューイングランドの危機と文化的記憶ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 97811394537382016年4月4日取得ニューイングランドの危機と文化的記憶。
  140. ^ a b c フィッシャー、デビッドハケット(1991)。アルビオンの種:アメリカの4つのブリティッシュフォークウェイオックスフォード大学出版局米国。ISBN 01950690562016年4月4日取得
  141. ^ 「ニューイングランドの人口の歴史」ブラウン大学。2008年9月5日にオリジナルからアーカイブされまし2008年8月26日取得
  142. ^ ニューポート、フランク(2009年1月28日)。「国家の状態:宗教の重要性」ギャラップ2016年4月4日取得
  143. ^ a b Kosmin、Barry A。; キーサー、アリエラ(2009年3月)。「ARIS2008レポート:パートIIIC –地理と宗教」(PDF)アメリカの宗教的身分証明書調査2016年4月4日取得
  144. ^ スターバック、アレクサンダー(1878)。アメリカのクジラ漁業の初期から1876年までの歴史マサチューセッツ州ウォルサム:アレクサンダースターバック2014年10月8日取得
  145. ^ カミラ、エイブリーエール(2020年11月8日)。「アメリカ人は少なくとも4世紀の間ナッツミルクとナッツバターを楽しんでいます」ポートランドプレスヘラルド2021年1月6日取得
  146. ^ タッカー、エイミー(2019年9月12日)。「75クラシックニューイングランドフーズ」ニューイングランドトゥデイ
  147. ^ ノエル、ジョシュ。「私が心配するのをやめて、かすんでいるIPAを愛することをどのように学んだか—いくつかのかすんでいるIPA」chicagotribune.com
  148. ^ ジェイソン&トッドアルストロム。「それは公式です:ニューイングランドインドペールエールはスタイルです」BeerAdvocate
  149. ^ Whittle、Patrick(2018年8月28日)。「コカ・コーラがメイン州で愛されているソーダブランドのモキシーを買収」USAトゥデイ2019年1月26日取得
  150. ^ 「独裁者-ツバメが教えてくれる|ロードツアー」ロードツアー2018年3月29日取得
  151. ^ 「祝福された聖餐の毎年恒例のポルトガルの饗宴|ニューイングランドを発見してください」Discovernewengland.org 2020年8月18日取得
  152. ^ 「ボストンアクセントの共通の特徴」Boston.com 2018年1月3日取得
  153. ^ メトカーフ、アラン。話し方:今日のアメリカ地域英語ホートンミフリン
  154. ^ 「ロードアイランド言語のものへのガイド」Quahog.org 2007年5月30日取得
  155. ^ ネルソン、ジェニファー(2007年4月27日)。「ニューイングランドで最高のアイスクリーム」ボストングローブ2008年7月18日にオリジナルからアーカイブされまし2008年1月14日取得
  156. ^ 「ニューイングランドの冬を生き抜く:あなたは悲鳴を上げる、私は悲鳴を上げる、アイスクリーム!」ハーバードハーバード2005年12月5日2016年4月4日取得
  157. ^ 「キャンドルピンボウリングの歴史」マサチューセッツボウリング協会。2007年8月26日にオリジナルからアーカイブされまし2007年8月23日取得
  158. ^ ニューイングランドケーブルニュース。利用可能なBoston.com アーカイブで2013年12月16日、ウェイバックマシン2006年7月19日取得。
  159. ^ ニューイングランドスポーツネットワーク、アーカイブ: "Boston.com"2005年11月7日にオリジナルからアーカイブされました2005年11月7日取得CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)、2006年7月19日取得
  160. ^ 「国より古い」ハートフォード・クーラント2016年4月4日取得
  161. ^ ページ、ジャニス(2004年1月25日)。"何がそんなに面白いですか?" Boston.com 2010年1月27日取得
  162. ^ ケンプ、ジョンC.ロバートフロストおよびニューイングランド:地域主義者としての詩人プリンストン大学出版局、1979年。JSTOR、www.jstor.org / stable /j.ctt13x0t68。
  163. ^ 財団、詩(2020年4月7日)。「ロバートフロスト」ポエトリーファウンデーション2020年4月8日取得
  164. ^ Gates, David (June 29, 2006). "Destination: New England". Salon. Retrieved April 4, 2016.
  165. ^ Kaufman, Will (2006). The Civil War in American Culture. Edinburgh University Press. p. 18. ISBN 9780748619351.
  166. ^ Contemporary Literary Criticism. Ed. Jean C. Stine, Bridget Broderick, and Daniel G. Marowski. Vol. 26. Detroit: Gale Research, 1983. p110
  167. ^ Kharfen, Stephen. "A History of Boston Films" (PDF). Retrieved February 24, 2014.
  168. ^ Sheldon, Karan. "New England in Feature Films". Retrieved February 24, 2014.
  169. ^ Rotella, Carlo. "Hollywood on the Charles: Why the movie industry is crazy for Boston". Boston Magazine. Archived from the original on January 6, 2014. Retrieved December 13, 2013.
  170. ^ "Library World Records | Books | Libraries". Scribd. Retrieved April 8, 2020.
  171. ^ "Massachusetts Historical Society: About the MHS". www.masshist.org. Retrieved April 8, 2020.
  172. ^ 「ニーダム-ウェルズリーゲームの秘密の歴史|ニーダム歴史センター&博物館」needhamhistory.org 2020年4月8日取得
  173. ^ 「ウェルズリー(マサチューセッツ州)は、国内最古の感謝祭のフットボールのライバルの最新版を獲得しました」2017年11月23日2020年4月8日取得
  174. ^ 「大学フットボールの歴史のトップ25の競争をランク付けする」AthlonSports.com 2020年4月8日取得
  175. ^ "WebCite query result" (PDF). www.webcitation.org. Archived from the original (PDF) on June 13, 2010. Retrieved April 8, 2020. Cite uses generic title (help)
  176. ^ "The Great Fenway Park Writers Series - Writers Speaking About the Books They Write". December 10, 2007. Archived from the original on December 10, 2007. Retrieved April 8, 2020.
  177. ^ "Top 10 Greatest Rivalries In Sports | The Sports Dish". May 20, 2011. Archived from the original on May 20, 2011. Retrieved April 8, 2020.
  178. ^ Shaughnessy, Dan (April 8, 2005). "Reversing the curse : inside the 2004 Boston Red Sox". Boston, MA : Houghton Mifflin. Retrieved April 8, 2020 – via Internet Archive.
  179. ^ "History – The Skating Club of Boston". Retrieved April 8, 2020.
  180. ^ "New England Sports Center". Nes.com. Retrieved April 8, 2020.
  181. ^ Fawcett, Dennis (June 18, 1989). "THE VIEW FROM: THE INDIAN HARBOR YACHT CLUB IN GREENWICH; In Sail of a Second Century of Seamanship and Camaraderie". Retrieved April 8, 2020 – via NYTimes.com.
  182. ^ "In marathoning, it has a foothold – History means Boston can give any race in the world a run for its money", by John Powers, The Boston Globe, April 10, 2005
  183. ^ "Boston Marathon Facts". August 11, 2014. Archived from the original on August 11, 2014. Retrieved April 8, 2020.
  184. ^ "Haverhill chamber chief supports train stop in Plaistow". Eagletribune.com. Archived from the original on January 22, 2013. Retrieved November 11, 2012.
  185. ^ "Plaistow officials hopeful MBTA considers rail extension". Eagletribune.com. March 9, 2008. Archived from the original on July 29, 2012. Retrieved November 11, 2012.

General sources

さらに読む

  • バートレット、レイ他。ニューイングランド旅行ISBN 1-74179-728-4 
  • バーマン、エレノア。目撃者旅行ガイドニューイングランドISBN 0-7566-2697-8 
  • チェノウェス、ジェームズ。Oddity Odyssey:ニューイングランドのカラフルな過去の旅ホルト、1996年。ユーモラスな旅行ガイド。ISBN 0-8050-3671-7 
  • Hall, Donald, Burt Feintuch, and David H. Watters, eds. Encyclopedia of New England (Yale U.P. 2005), 1596 pp; the major scholarly resource to the geography, history and culture of the region. ISBN 0-300-10027-2
  • Koistinen, David. Confronting Decline: The Political Economy of Deindustrialization in Twentieth-Century New England (2013)
  • Muse, Vance. The Smithsonian Guide to Historic America: Northern New England. Stewart, Tabori & Chang, 1998. A photographic guide to historic sites in New England. ISBN 1-55670-635-9
  • Riess, Jana. The Spiritual Traveler Boston and New England: A Guide to Sacred Sites and Peaceful Places, HiddenSpring ISBN 1-58768-008-4
  • スレッチャー、マイケル。ニューイングランド:アメリカの地域文化のグリーンウッド百科事典(2004)
  • ヘンリー・ヴィンセク。歴史的なアメリカへのスミソニアンガイド:ニューイングランド南部スチュワート、タボリ&チャン、1998年。ニューイングランドの史跡への写真ガイド。ISBN 1-55670-633-2 

外部リンク

Political
Historic
Maps
Culture
0.19460606575012