ネットエコシステム生産

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

生態学陸水学海洋学における純生態系生産(NEP)は、総一次生産(GPP)と純生態系呼吸の違いです。[1]正味の生態系生産は、動物、他の従属栄養生物、または植物自体 によって呼吸されない、光合成によって水中の植物によって生産されるすべての炭素を表します。

概要

正味の生態系生産量は、貯蔵、輸出、または二酸化炭素ガスに酸化して戻すことができる生態系の総炭素を表します。NEPは、1時間あたりの単位面積あたりの炭素の質量の単位で記述されます。たとえば、1平方メートルあたり1年あたりの炭素のグラム数(g C m -2 yr -1)です。特定の生態系では、正味の生態系生産として定量化された炭素は、最終的には、紫外線によって酸化されたり、バイオマスとして蓄積されたり、有機炭素として別のシステムに輸出されたり、堆積物土壌に蓄積されたりする可能性があります。NEPとして分類される炭素は、粒子の形をとることができます。植物プランクトン 細胞(生きている)やデトリタス(生きていない)などの粒子状有機炭素(POC)プール、または溶存有機炭素(DOC)プールでまだ分解されていない溶存物質の形をとることができます。[2]いずれの形態でも、炭素が生物(植物、動物、細菌、またはその他の微視的生物)によって呼吸または分解されて二酸化炭素を放出した場合、その炭素はNEPとしてカウントされなくなります。[1]

  • NEP=GPP-呼吸[植物による]-呼吸[動物および他の従属栄養生物による]

純生態系生産対純一次生産

正味の生態系生産は、植物や動物や微生物などの従属栄養生物による呼吸を含め、呼吸されていないすべての炭素です。対照的に、純一次生産(NPP)は、植物(独立栄養生物)が吸収するすべての炭素から、植物自体が細胞呼吸によって呼吸する炭素を差し引いたものです。

  • NPP=GPP-呼吸[植物による]

正味の生態系生産と正味のコミュニティ生産

正味の生態系生産は、植物または従属栄養生物のいずれによっても呼吸されていない炭素です。対照的に、純コミュニティ生産(NCP)は、動物と従属栄養生物のみによる総一次生産と呼吸の違いです。[3]

  • NCP=GPP-呼吸[動物および他の従属栄養生物による]

年間純コミュニティ生産量(ANCP)は、この年間推定炭素プールです。[3]たとえば、熱帯 の南太平洋における年間の純コミュニティ生産量はゼロに非常に近い可能性があります。つまり、生産されるすべての炭素は従属栄養生物によって呼吸されます。太平洋の残りの部分では、年間の純コミュニティ生産量は2.0〜2.4 mol C m -2 yr -1の範囲である可能性があります。つまり、植物プランクトンによって生成される炭素(植物プランクトンが自ら呼吸するものを差し引いたもの)は、特定の年に生成される炭素よりも多くなります。従属栄養生物によって呼吸された[4]

も参照してください

参照

  1. ^ a b Lovett、Gary M .; コール、ジョナサンJ .; ペース、マイケルL.(2006-02-01)。「正味の生態系生産は生態系炭素蓄積と等しいか?」エコシステム9(1):152–155。土井10.1007/s10021-005-0036-3ISSN1435-0629 _ S2CID5890190 _
  2. ^ チェスター、ロイ; Jickells、Tim(2012)。海洋地球化学ジョン・ワイリー&サンズ。土井10.1002/9781118349083ISBN 9781118349083
  3. ^ a b エマーソン、スティーブン(2014)。「年間の純コミュニティ生産と海洋における生物学的炭素フラックス」グローバルな生物地球化学的循環28(1):14–28。Bibcode2014GBioC..28...14E土井10.1002/2013GB004680ISSN1944-9224_ 
  4. ^ ヤン、ボー; エマーソン、スティーブンR .; ブシンスキー、セスM.(2017)。「プロファイリングフロートのその場酸素測定からの亜熱帯太平洋における年間純群集生産」グローバルな生物地球化学的循環31(4):728–744。Bibcode2017GBioC..31..728Y土井10.1002/2016GB005545ISSN1944-9224_