NetBIOS

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

NetBIOS/ ˈnɛtbaɪɒs / )は、 Network Ba ​​sic Input / OutputSystem頭字語ですOSIモデルのセッション層関連するサービスを提供し、別々のコンピューター上のアプリケーションがローカルエリアネットワークを介して通信できるようにします。厳密にはAPIであるため、NetBIOSはネットワークプロトコルではありません。古いオペレーティングシステム[説明が必要]は、 NetBIOSフレームを使用してIEEE802.2およびIPX / SPX上でNetBIOSを実行していました(NBF)およびNetBIOS over IPX / SPX(NBX)プロトコル。最近のネットワークでは、NetBIOSは通常、 NetBIOS over TCP / IP(NBT)プロトコルを介してTCP / IP上で実行されます。これにより、ネットワーク内の各コンピューターは、(おそらく異なる)ホスト名に対応するIPアドレスとNetBIOS名の両方を持ちます。NetBIOSは、TCP / IP(Windows)でシステム名を識別するためにも使用されます。簡単に言うと、LAN内のOSIモデルのセッション層を介したファイルとプリンターの通信を可能にするプロトコルです。[説明が必要]

歴史と用語

NetBIOSは、ルーティング不可能なOSIセッション層5プロトコルであり、コンピューター上のアプリケーションがローカルエリアネットワーク(LAN)を介して相互に通信できるようにするサービスです。NetBIOSは、1983年にSytekIncによって開発されました。IBMPCネットワークLANテクノロジーを介したソフトウェア通信用APIとして。[1] IBM PCネットワークでは、APIとしてのみ、NetBIOSはネットワークを介した通信に独自のSytekネットワークプロトコルに依存していました。[要出典] LANで最大80台のPCをサポートしているにもかかわらず、NetBIOSは業界標準になりました。[1]

1985年、IBMはトークンリングネットワークスキームを推進し、PCネットワーク時代のNetBIOS対応アプリケーションがこの新しい設計を処理できるようにするためにNetBIOSエミュレーターが作成されました。NetBIOS拡張ユーザーインターフェイス(NetBEUI)という名前のこのエミュレーターは、基本のNetBIOS APIを拡張し、特にトークンリングのより大きなノード容量を処理する機能を備えています。新しいネットワークプロトコルであるNBFが同時に作成され、NetBEUI(NetBIOS)がトークンリングを介して、特にIEEE802.2 論理リンク制御層でサービスを提供できるようになりました。

1985年、MicrosoftはMS-NetネットワーキングテクノロジのNetBIOS実装を作成しました。IBMのトークンリングの場合と同様に、MicrosoftのNetBIOS実装のサービスは、 NBFプロトコルによってIEEE802.2論理リンク制御層を介して提供されました。[引用が必要] Microsoftがホスト名のドメインネームシステム(DNS)解決を採用するまで、MicrosoftオペレーティングシステムはNetBIOSを使用してWindowsクライアントサーバーネットワークの名前を解決していました。[1]

1986年、Novellは自社のNetBIOSエミュレータを搭載したAdvanced Novell NetWare2.0をリリースしました。そのサービスは、 NetBIOS over IPX / SPX(NBX)プロトコル を使用してNetWareのIPX / SPXプロトコル内にカプセル化されました。

1987年に、NetBIOSをTCPおよびUDPパケットにカプセル化する方法であるNetBIOS over TCP / IP(NBT)が公開されました。これは、RFC 1001(「TCP / UDPトランスポートでのNetBIOSサービスのプロトコル標準:概念と方法」)およびRFC 1002(「TCP / UDPトランスポートでのNetBIOSサービスのプロトコル標準:詳細な仕様」)で説明されています。NBTプロトコルは、「[NetBIOSアプリケーションの]実装を、TCP / IPプロトコルスイートが利用可能なほぼすべてのタイプのシステムで構築できるようにする」ため、および「インターネットでのNetBIOS相互運用を可能にする」ために開発されました。

PS / 2コンピューターが1987年に市場に出た後、IBMはNetBIOS用のドライバーを含むPCLANサポートプログラムをリリースしました。

NetBIOSとNetBEUIの名前の間にはいくつかの混乱があります。NetBEUIは、厳密には、トークンリング用のIBMの拡張1985NetBIOSエミュレーターのモニカとして生まれました。当時、他社によるNetBIOS実装は、そのエミュレーターにあるAPI拡張機能が組み込まれているかどうかに関係なく、単にNetBIOSと呼ばれていたことを考えると、NetBEUIという名前はそこで消滅したはずです。ただし、MS-Netの場合、MicrosoftはNBFプロトコルの実装に「NetBEUI」という名前を付けることを選択しました。これは、IBMの2番目のバージョンのAPIにちなんでトランスポートプロトコルの実装に名前を付けます。その結果、イーサネットを介したMicrosoftのファイルとプリンターの共有は引き続きNetBEUIと呼ばれ、NetBIOSという名前はファイルとプリンターの共有にのみ一般的に使用されます。TCP / IPより正確には、前者はNetBIOSフレーム(NBF)であり、後者はNetBIOS over TCP / IP(NBT)です。

IBMのテクニカルリファレンスブックで最初に公開されて以来、NetBIOSAPI仕様は事実上の標準になりました。

サービス

NetBIOSは、次の3つの異なるサービスを提供します。

(注:上位層であるSMBは、Session ServiceおよびDatagramサービス上で実行されるサービスであり、NetBIOS自体の必要かつ不可欠な部分と混同しないでください。TCP上で実行できるようになりました。各SMBメッセージにパケット長を追加するアダプテーションレイヤー。TCPはパケット境界の概念を持たないバイトストリームサービスのみを提供するため、これが必要です。)

ネームサービス

セッションを開始したり、データグラムを配布したりするには、アプリケーションはネームサービスを使用してNetBIOS名を登録する必要があります。NetBIOS名の長さは16オクテットで、特定の実装によって異なります。多くの場合、NetBIOSサフィックスと呼ばれる16番目のオクテットは、リソースのタイプを指定し、システムが提供するサービスのタイプを他のアプリケーションに通知するために使用できます。NBTでは、ネームサービスはUDPポート137で動作します(TCPポート137も使用できますが、ほとんど使用されません)。

NetBIOSが提供するネームサービスプリミティブは次のとおりです。

  • 名前の追加–NetBIOS名を登録します。
  • グループ名の追加–NetBIOSの「グループ」名を登録します。
  • 名前の削除–NetBIOS名またはグループ名の登録を解除します。
  • 名前の検索–ネットワーク上でNetBIOS名を検索します。

NetBIOSの名前解決は、Microsoft for Internet Protocolバージョン6(IPv6)ではサポートされていません。

データグラム配布サービス

データグラムモードはコネクションレス型です; アプリケーションは、エラーの検出と回復を担当します。NBTでは、データグラムサービスはUDPポート138で実行されます。

NetBIOSが提供するデータグラムサービスプリミティブは次のとおりです。

  • データグラムの送信–データグラムをリモートのNetBIOS名に送信します。
  • ブロードキャストデータグラムの送信–ネットワーク上のすべてのNetBIOS名にデータグラムを送信します。
  • データグラムの受信–データグラムの送信操作からパケットが到着するのを待ちます。
  • ブロードキャストデータグラムの受信–ブロードキャストデータグラムの送信操作からパケットが到着するのを待ちます。

セッションサービス

セッションモードでは、2台のコンピューターが接続を確立し、メッセージが複数のパケットにまたがることができ、エラーの検出と回復が可能になります。NBTでは、セッションサービスはTCPポート139で実行されます。

NetBIOSが提供するセッションサービスプリミティブは次のとおりです。

  • 呼び出し–リモートNetBIOS名へのセッションを開きます。
  • リッスン–NetBIOS名へのセッションを開こうとする試みをリッスンします。
  • 電話を切る–セッションを閉じます。
  • 送信–セッションのもう一方の端にあるコンピューターにパケットを送信します。
  • Send No Ack – Sendと同様ですが、確認応答は必要ありません。
  • 受信–セッションのもう一方の端にある送信からパケットが到着するのを待ちます。

PC-NetworkにNetworkBIOSサービスを実装するために使用された元のプロトコルでは、セッションを確立するために、開始コンピューターはOpen要求を送信し、Open確認応答によって応答されます。次に、セッションを開始したコンピューターは、セッション要求パケットを送信します。このパケットは、セッション受け入れパケットまたはセッション拒否パケットのいずれかを要求します。

確立されたセッション中に、送信された各パケットは、肯定応答(ACK)または否定応答(NAK)のいずれかの応答によって応答されます。NAKは、データの再送信を促します。セッションは、終了要求を送信することにより、非開始コンピューターによって閉じられます。セッションを開始したコンピューターは、最後のセッションのクローズパケットを促すクローズ応答で応答します。

NetBIOS名とインターネットホスト名

NetBIOSをインターネットプロトコル(NBTなど)と組み合わせて実行する場合、各コンピューターには複数の名前が付けられる場合があります。1つ以上のNetBIOSネームサービス名と1つ以上のインターネットホスト名です。

NetBIOS名

NetBIOS名は16ASCII文字ですが、Microsoftはホスト名を15文字に制限し、16番目の文字をNetBIOSサフィックスとして予約しています。[2]このサフィックスは、ホストレコード、マスターブラウザレコード、ドメインコントローラレコード、またはその他のサービスなどのサービスまたは名前レコードタイプを示します。ホスト名(または短いホスト名)は、Windowsネットワークのインストール/構成時に指定されます。登録されるサフィックスは、ホストが提供する個々のサービスによって決定されます。NetBIOS名を介してTCP / IPを実行しているコンピューターに接続するには、名前をネットワークアドレスに解決する必要があります。現在、これは通常IPアドレスです(NetBIOS名からIPアドレスへの解決は、多くの場合、ブロードキャストまたはWINSのいずれかによって行われます。サーバー– NetBIOSネームサーバー)。コンピューターのNetBIOS名は、15文字に切り捨てられますが、多くの場合、そのコンピューターのホスト名(以下を参照)と同じですが、完全に異なる場合もあります。

NetBIOS名は、英数字のシーケンスです。次の文字は明示的に許可されていません。\ /:*? "<> |Windows 2000以降、NetBIOS名もDNS名の制限に準拠する必要がありました。数字だけで構成することはできず、ハイフン( "-")またはピリオド( "。")文字が最初または最後の文字として表示されない場合があります。 。Windows 2000以降、Microsoftは、NetBIOS名に終止符( "。")文字を含めないようにアドバイスしています。これにより、アプリケーションは終止符の存在を使用してドメイン名とNetBIOS名を区別できます。[2]

Windows LMHOSTSファイルは、WINSサーバーを使用しない小規模ネットワークに使用できるNetBIOS名前解決方法を提供します。

インターネットホスト名

WindowsマシンのNetBIOS名をコンピューターのインターネットホスト名と混同しないでください(コンピューターがNetBIOSノードであることに加えてインターネットホストでもあると仮定しますが、必ずしもそうである必要はありません)。一般に、インターネットプロトコルを実行しているコンピューター(Windowsマシンであるかどうかに関係なく)には、通常、ホスト名(マシン名とも呼ばれます)があります。もともとこれらの名前はhostsファイルに保存され、提供されていましたが、現在、そのような名前のほとんどは階層型ドメインネームシステム(DNS)の一部です。

通常、Windowsコンピュータのホスト名は、NetBIOS名とプライマリDNSサフィックスに基づいており、どちらも[システムのプロパティ]ダイアログボックスで設定されます。[コントロールパネル]→[ネットワーク]→[TCP / IP]→[詳細プロパティ]の[DNS]タブで表示または変更できる、接続固有のサフィックスがある場合もあります。ホスト名は、 telnetftpWebブラウザなどのアプリケーションで使用されます。その名前を使用してTCP / IPプロトコルを実行しているコンピュータに接続するには、ホスト名を通常DNSサーバーによってIPアドレスに解決する必要があります。(上記の3つを含む多くのTCP / IPベースのアプリケーションをIPアドレスのみを使用して操作することも可能ですが、これは標準ではありません。)

ノードタイプ

Windowsでは、ネットワーク化されたコンピューターのノードタイプは、NetBIOS名をIPアドレスに解決する方法に関連していますこれは、NetBIOSノードにIPアドレスがあることを前提としています。これは、NetBIOSがNBT上で動作する場合にのみ保証されます。したがって、ノードタイプは、NetBIOS自体のプロパティではなく、WindowsOS環境でのNetBIOSとTCP / IP間の相互作用のプロパティです。4つのノードタイプがあります。

  • Bノード:0x01ブロードキャスト
  • Pノード:0x02ピア(WINSのみ)
  • Mノード:0x04混合(ブロードキャスト、次にWINS)
  • Hノード:0x08ハイブリッド(WINS、その後ブロードキャスト)

使用中のノードタイプは、コマンドラインを開いてipconfig / allと入力すると表示されますWindowsコンピュータのレジストリは、ノードタイプの「不明」を表示するように構成することもできます。

NetBIOSサフィックス

NetBIOSサフィックスはNetBIOS終了文字(endchar)とも呼ばれ、NetBIOS名の16番目の文字であり、登録された名前のサービスタイプを示します。レコードタイプの数は255に制限されています。一般的に使用される値は次のとおりです。

一意の名前の場合:

グループ名の場合:

  • 00:ワークステーションサービス(ワークグループ/ドメイン名)
  • 1C:ドメインのドメインコントローラー(最大25個のIPアドレスを持つグループレコード)
  • 1E:ブラウザサービスの選挙

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c Sosinsky、Barrie(2009)。ネットワーキングバイブルJohn Wiley&Sonspp。528  _ ISBN 9780470543429
  2. ^ a b "コンピューター、ドメイン、サイト、およびOUのActiveDirectoryでの命名規則"Microsoft 2017年12月19日取得

さらに読む

  • ハウグダール、J。スコット(1990)。NetBIOSの内部Architecture Technology Corp. ISBN 99914-57-34-8 
  • シルバーシャッツ、アブラハム; ガルビン、ピーターベア; ガニェ、グレッグ(2004)。オペレーティングシステムの概念(第7版)。ジョン・ワイリー&サンズ。ISBN 0-471-69466-5 
  • マイヤーズ、マイケル(2004)。「ネットワークの管理とトラブルシューティング」。マグロウヒル。ISBN 978-0-07-225665-9 
  • タマラディーン。Network + Guide to Networks、pg。206(NetBEUI)

外部リンク