近隣探索プロトコル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
近隣探索プロトコル
通信プロトコル
ICMPヘッダー-General-en.svg
メッセージを定義するとき、NDPはICMPv6メッセージ形式に従います。
目的IPv6の補助プロトコル
開発者インターネットエンジニアリングタスクフォース
序章1996年3月; 25年前 (1996-03
OSI層ネットワーク層
RFC(s)
  • RFC 1970
  • RFC 2461
  • RFC 4861

近隣探索プロトコルNDP)、または単に近隣探索(ND)は、インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)で使用されるインターネットプロトコルスイートのプロトコルです。[1]インターネットモデルのリンク層で 動作し[2] [3]、ローカル接続やドメインネームサーバーおよびゲートウェイの構成など、ネットワーク通信に必要なさまざまな情報を収集します。[4]

このプロトコルは、 IPv4のアドレス解決プロトコル(ARP)およびインターネット制御メッセージプロトコル(ICMP)ルーター検出およびルーターリダイレクトプロトコルと同様の機能を実行するために、5つのICMPv6パケットタイプを定義しますこれは、IPv4の対応物(RFC 4861、セ​​クション3.1)に比べて多くの改善を提供します。たとえば、Neighbor Unreachability Detection(NUD)が含まれているため、ルーターやリンク、またはモバイルノードに障害が発生した場合のパケット配信の堅牢性が向上します。

Inverse Neighbor DiscoveryIND )プロトコル拡張( RFC 3122)を使用すると、ノードは、IPv4のReverse ARPと同様に、特定のリンク層アドレスに対応するIPv6アドレスを決定してアドバタイズできます。

NDPのセキュリティ拡張機能であるSecureNeighbor Discovery Protocol(SEND)は、暗号化生成アドレス(CGA)とリソース公開鍵インフラストラクチャ(RPKI)を使用して、 IPsecに依存しない暗号化方式でNDPを保護するための代替メカニズムを提供します近隣探索プロキシ(NDプロキシ)(RFC 4389)は、IPv4プロキシARPと同様のサービスを提供し、リンクレイヤーでブリッジングを実行できない場合に、単一のサブネットプレフィックス内で複数のネットワークセグメントをブリッジングできるようにします。

関数

NDPは、ルーター要請、ルーターアドバタイズメント、ネイバー勧誘、ネイバーアドバタイズメント、およびネットワークリダイレクトの目的で5つのICMPv6パケットタイプを定義します。[4]

ルーター要請(タイプ133)
ホストはルーター要請メッセージで問い合わせて、接続されたリンク上のルーターを見つけます。[6]アドレス指定されていないパケットを転送するルーターは、次にスケジュールされた時刻ではなく、このメッセージを受信するとすぐにルーターアドバタイズメントを生成します。
ルーターアドバタイズメント(タイプ134)
ルーターは、定期的に、またはルーター要請メッセージに応答して、さまざまなリンクおよびインターネットパラメーターとともにその存在をアドバタイズします。
近隣要請(タイプ135)
ネイバー要請は、ノードがネイバーのリンク層アドレスを決定するため、またはキャッシュされたリンク層アドレスを介してネイバーに到達可能であることを確認するために使用されます。
近隣アドバタイズメント(タイプ136)
近隣アドバタイズメントは、近隣要請メッセージに応答するためにノードによって使用されます。
リダイレクト(タイプ137)
ルーターは、宛先に適したファーストホップルーターをホストに通知する場合があります。

これらのメッセージは、次の機能を提供するために使用されます。

  • ルーターの検出:ホストは、接続されたリンク上にあるルーターを見つけることができます。
  • プレフィックス検出:ホストは、接続されたリンクのリンク上にあるアドレスプレフィックスを検出できます。
  • パラメータの検出:ホストはリンクパラメータ( MTUなど)を見つけることができます
  • アドレス自動構成:ネットワークインターフェイスのアドレスのオプションのステートレス構成(IPv6§ステートレスアドレス自動構成(SLAAC)およびIPv6アドレス§ステートレスアドレス自動構成を参照)。
  • アドレス解決:IPアドレスとリンク層アドレス間のマッピング。
  • ネクストホップの決定:ホストは、宛先のネクストホップルーターを見つけることができます。
  • ネイバー到達不能検出(NUD):リンク上でネイバーに到達できなくなったことを確認します。
  • 重複アドレス検出(DAD):ノードは、アドレスがすでに使用されているかどうかを確認できます。
  • ルーターアドバタイズメント(RA)オプションを介した再帰DNSサーバー(RDNSS)およびDNS検索リスト(DNSSL)の割り当て。[7]これは2010年以降に提案された標準[8]であり、2017年3月に更新されましたが、すべてのクライアントでサポートされているわけではありません。
  • 特定の宛先により良いネクストホップルートを提供するためのパケットリダイレクション。

IANAは、公開されている現在のすべてのNDPオプションのリストを保持しています。[9]

メッセージフォーマット

も参照してください

参考文献

  1. ^ トーマスナルテン; エリックノードマーク; ウィリアムアレンシンプソン; ヘシャムソリマン(2005年3月1日)。「IPバージョン6(IPv6)の近隣探索」ietf.orgインターネット技術特別調査委員会(IETF)。p。3. 2007年9月2日にオリジナルからアーカイブされました2016年6月7日取得
  2. ^ RFC 1970、T。Marten、E。Nordmark、W。Simpson、 Neighbor Discovery for IP Version 6(IPv6)、IETF、1996
  3. ^ RFC 1122
  4. ^ a b RFC 4861、 IPバージョン6(IPv6 の近隣探索、 T。Nartenetal (2007年9月)
  5. ^ W. Richard Stevens、 TCP / IP Illustrated、Volume 1:The Protocols、Addison Wesley、1994、ISBN0-201-63346-9。
  6. ^ トーマスナルテン; エリックノードマーク; ウィリアムアレンシンプソン; ヘシャムソリマン(2005年3月1日)。「IPバージョン6(IPv6)の近隣探索」ietf.orgインターネット技術特別調査委員会(IETF)。p。9. 2007年9月2日にオリジナルからアーカイブされました2013年3月2日取得ルーターの検出:ホストが接続されたリンク上にあるルーターを見つける方法。
  7. ^ チョン、ジェフンポール; パク・スホンダニエル; ブロイユ、リュック; マダナパリ、シャム(2017年3月)。DNS構成のIPv6ルーターアドバタイズメントオプション土井10.17487 / RFC8106RFC8106_
  8. ^ チョン、ジェフンポール; パク・スホンダニエル; ブロイユ、リュック; マダナパリ、シャム(2010年11月)。DNS構成のIPv6ルーターアドバタイズメントオプション土井10.17487 / RFC6106RFC6106_
  9. ^ 「IPv6近隣探索オプションの形式」インターネット制御メッセージプロトコルバージョン6(ICMPv6)パラメーターInternet Assigned NumbersAuthority。2017-12-05 2017年12月16日取得