全米山火事調整グループ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
全米山火事調整グループのロゴの画像
全米山火事調整グループのロゴ

全米山火事調整グループNWCG )は、ラグナ火災を含む1970年の主要な山火事シーズンの余波の結果として、米国で結成されました

1970年の火災シーズンは、さまざまな機関で標準化される一連の全国的な訓練および設備基準の必要性を強調しました。NWCGには、米国森林局、土地管理局国立公園局、インディアン局米国魚類野生生物局、および全米山火事協会の代表者が含まれていました。

1970年代初頭の一連の会議の後、NWCGは1976年 に内務農業長官によって正式にチャーターされました。

NWCGの注目すべき結果の中には、消防士の間で「レッドカード」資格システムとしてより一般的に知られている省庁間火災資格評価システムの採用ありますレッドカードシステムに関連する一連のトレーニングクラスの確立(基本的な荒野の火のコース、S-130 / S-190など)。アリゾナ州マラーナに省庁間火災訓練センターを設立FirelineHandbookなどのトレーニングマニュアルの発行およびリソース注文ステータスシステム

NWCGは、1970年代に、より大きな省庁間調整の必要性から形成された他の2つのプログラムとは独立して形成されました。BoiseInteragencyFireCenter(現在はNational Interagency Fire Center)と南カリフォルニア のFIRESCOPEプログラムです。

SmoC

NWCGは、全国の火災および燃料プログラム内の煙に対処するための戦略とガイダンスに取り組む諮問グループである煙委員会(SmoC)を監督しています。

委員会のウェブページは、大気資源と荒野の火災管理プログラムと加盟機関が、消防士と公共の安全と健康に対する火災排出と大気質の影響に関する共同の関心のある技術的、規制的、政策的問題について話し合い、解決を試みるフォーラムとしてそれ自体を説明しています。計画的および計画外の火災。[1]

National Incident Management Organization

2003年、省庁間チームはインシデント管理を改善するための戦略を特定しました。NWCGは2005年に調査の結論を受け入れ、National Incident Management Organization(NIMO)が設立されました。NIMOは、複雑なインシデント管理を主な焦点とするプロのインシデントマネージャーの7人のメンバーからなるチームです。インシデント管理に加えて、NIMOはトレーニング、リーダーシップ開発、およびその他のサポート活動を提供します。[2]

参考文献

  1. ^ 「SmoC」全米山火事調整グループ。2010年5月27日にオリジナルからアーカイブされました2010年10月18日取得
  2. ^ 「NationalIncidentManagementOrganizationとは何ですか?」

外部リンク