国立植物遺伝資源センター: ポーランドジーンバンク

国立植物遺伝資源センター: ポーランド ジーンバンク (NCPGR) は、国立研究所の植物育種および順化研究所の研究部門です。 NCPGR は、国家作物植物遺伝資源保護プログラムのコーディネーターおよび実施者です。このプログラムは、ポーランドの遺伝子侵食によって絶滅の危機に瀕している作物の生物多様性を保護することを目的としており、農業省から資金提供を受けています。[1] [2]主な任務には、遺伝子侵食の脅威にさらされている作物および野生植物の個体群と品種の収集、収集された材料の説明と評価、それらの生存能力と遺伝的純度の保存が含まれます。このプログラムは、ポーランドが批准した国際条約に定められた規定の実施です。

目的

NCPGR は、遺伝的浸食の脅威にさらされている作物および野生植物の個体群と栽培品種を収集しています[3]収集された資料は特性評価され、評価され、文書化されます。

種子サンプルとクローンは、生存可能な状態と遺伝的純度に維持されます。 NCPGR は世界中の他の機関とサンプルを交換し、育種および研究プログラムに初期の植物材料を提供します。[4]

組織構造

植物収集評価研究室

当研究所では植物遺伝資源を収集する遠征隊を組織しています。植物は自然の場所から収集されるか、農家や地元の市場から入手されます。[5]収集された材料は複製され、遺伝子バンクに保管されます。また、研究室では、選択された種の変異と遺伝構造の研究を実施し、実際の育種のための選択された種の初期材料を準備します。[6]

文書と種子の長期保管のための研究室

この研究所では、作物の遺伝資源に関する文書の作成を担当し、他のジーンバンクと情報交換を行っています。[7]また、国内外の育種センターから作物の種子サンプルも入手しています。長期保存に関しては、種子サンプルを調製し、温度制御されたチャンバーに保存する前に生存率をテストする必要があります。 NCPGR には、3 つの長期保管チャンバー (-18 °C) と 5 つの中期保管チャンバー (0 °C) があります。

長期保存された種子は、生存率と生化学的変化が検査されます。種子の生存率が低い、または種子の量が不十分な種子サンプルは再生のために送られます。研究所では、育種、研究、教育用の種子サンプルを提供しています。[要出典]

土壌再生プラント研究室

当研究所では、荒廃した環境の極限条件への適応能力が向上した在来種および外来種の植物種を探索し、収集しています。もう一つの目的は、荒廃した土地や定期的に農業利用から除外されている土地を埋め立てるための代替植物コレクションの再生と生存能力の維持です。 [要出典]

選択された植物種は、さまざまなタイプの工業地域および共同体の派生地域に定着する能力があるかどうか分析されます。また、エネルギー源やその他の経済的用途として機能する高い生物学的収量の可能性を持つ植物に関して、形態学的およびその他の有用な植物の形質についても説明されています。[要出典]

研究室は、代替作物の育種プログラムのための初期資料を準備します。

ブィドゴシュチュの植物園

植物園の主な活動は、草の遺伝資源の評価と保存です。さまざまな気候帯に由来する植物は、高度に専門化されたさまざまなコレクションに保管されています。[8]植物園の天然資源には次のものが含まれます。

  • 草種のコレクション、
  • 元気いっぱいの植物コレクション、
  • 繁殖目的に使用できる植物の収集、
  • 埋め立て植物のコレクション。

こちらも参照

参考文献

  1. ^ エドワード・アルセニューク (2008)。ポーランドの食料と農業のための植物遺伝資源
  2. ^ L.マッジョーニ編。 (2002年)。 「議論と勧告:国内コレクションの現状」。穀物マメ科植物に関する作業部会の報告書: 第 3 回会合、2001 年 7 月 5 ~ 7 日。バイオバーシティ・インターナショナル。 p. 85.ISBN 97892904352732017 年7 月 9 日に取得
  3. ^ 農業農村開発省 (2016).ポーランドの研究機関に関するガイドブック。ポーランド。{{cite book}}: CS1 メイン: 発行元の場所がありません (リンク)
  4. ^ エドワード・アルセニューク (2008)。ポーランドの食料と農業のための植物遺伝資源。ポーランド。ISBN 978-8390096582{{cite book}}: CS1 メイン: 発行元の場所がありません (リンク)
  5. ^ 大臣2 ロールニクトワ・イ・ロズウォジュ・ウィスィ (2015).情報提供者nt.スターリヒ・オドミアン・ロシュリン・ロルニチチ・イ・オグロドニチフ。ワルシャワ。{{cite book}}: CS1 メイン: 発行元の場所がありません (リンク)
  6. ^ 植物育種および順化研究所 - ディレクトリ。 2007年。
  7. ^ エドワード・アルセニューク (2001)。Monigrafie i rozprawy naukowe IHAR
  8. ^ “植物園”.

外部リンク

  • 植物育種馴致研究所
Retrieved from "https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=National_Centre_for_Plant_Genetic_Resources:_Polish_Genebank&oldid=1182624098"