国家建設

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

国家建設とは、国家の力を利用して国民的アイデンティティを構築または構築することです。[1] [2]国造りは、州内の人々を統一し、長期的に政治的に安定し、実行可能であり続けることを目的としています。ハリス・ミロナスによれば、「現代の国民国家における正当な権威は、大衆の支配、多数派に関係している。国民形成は、これらの多数派が構築されるプロセスである」。[3]

国家建設者は、軍の徴兵制や国家コンテンツの大量教育などの政府プログラムを通じて国家コミュニティを発展させるための主導権を握る州のメンバーです。[4] [5] [6]国造りには、社会的調和と経済成長を促進するためのプロパガンダまたは主要なインフラ開発の使用が含まれる場合があります。コロンビア大学の社会学者アンドレアス・ウィマーによれば、3つの要因が長期的な国造りの成功を決定する傾向があります。「市民社会組織の初期の発展、領土全体に均等に公共財を提供できる国家の台頭、そして、コミュニケーションの共有媒体の出現。」[7] [8] [9]

概要

現代では、国造りは、国家政府、教育軍事防衛選挙土地登録輸入税関外国貿易外国外交銀行金融課税の信頼できる機関を設立するための、新たに独立した国の努力を指しました会社登録警察法律裁判所ヘルスケア市民権市民権および自由結婚登録出生登録移民交通インフラおよび/または地方自治体の統治憲章国造りには、アフリカバルカン半島のように、民族的、宗教的、またはその他の境界に関係なく、植民地の権力や帝国によって切り開かれた領土の大衆を再定義する試みも含まれます。[10] [11]これらの改革された国家は、その後、実行可能で首尾一貫した国家組織になる可能性があります。[12]

国造りには、腕のコート国歌、建国記念国立競技場国営航空会社国語国神話などの国の道具の作成も含まれます。[13] [14]より深いレベルでは、特に多くの新しく設立された州では分割統治の植民地慣行が民族的に異質な人口をもたらした ため、国民アイデンティティは異なる民族グループを国に形成することによって意図的に構築される可能性があります。[15]

国造りの機能的理解では、経済的要因と社会的要因の両方が影響力があると見なされています。[9] さまざまな時代と場所での国民国家の発展は、さまざまな条件の影響を受けます。英国、フランス、米国のエリートと大衆は、これらの州が設立されるにつれてゆっくりとお互いを識別し、より多くの人々が政治的に参加し、公共財を受け取ることができるようになるにつれてナショナリズムが発展したことが示唆されてます税金地理的に多様なポストコロニアル地域における国民国家の最近の発展は、基礎となる条件の違いのために比較できない可能性があります。[9]

多くの新しい州は、えこひいき(友人を除くすべての人を除く)に悩まされていました。信頼を損なう腐敗。部族主義(国内の民族グループ間の競争)。これにより、1970年にビアフラナイジェリアから脱退しようとしたり、エチオピアオガデン地域のソマリ人が完全な独立を求め続けたりするなど、彼らは崩壊に近づくことがありました。ルワンダ虐殺、およびスーダンが経験した再発する問題、また、国内の民族的、宗教的、または人種的結束の欠如に関連している可能性があります。民族的だが植民地的背景が異なる州を統一することはしばしば困難であることが証明されています。[16]

言語の違いは、国造りの過程で特に克服するのが難しいかもしれません。[9]カメルーンが成功の例であると考える人もいますが、骨折は英語圏の問題の形で現れています。[16]セネガンビア連合のような失敗は、フランコフォンアングロフォンの領土を統合することの問題を示しています。[17] [18]

用語:国造り国家建設

伝統的に、国造りという用語の使用と造りという用語の使用の間にはいくつかの混乱がありました(これらの用語は北米では同じ意味で使用されることがあります)。どちらも政治学においてかなり狭く異なる定義を持っており、前者は国民のアイデンティティを指し、後者はインフラストラクチャ、および国家の制度を指します。国家建設に関する2つの非常に異なる考え方の学校の存在によって、議論はさらに曇っています。最初の(メディアで普及している)は、介入主義者としての国家建設を描写しています外国による行動。2つ目(より学術的な起源であり、国際機関によってますます受け入れられている)は、国家建設を先住民のプロセスと見なしています。定義上の問題の議論については、国家建設、キャロリン・スティーブンソンのエッセイ[19]、および以下に引用されているWhaites、CPC / IPA、またはODIによる論文を参照してください。

用語の混乱は、最近では、国造りが完全に異なる文脈で使用されるようになったことを意味し、その支持者によって「紛争の余波での武力の使用が支えになっている」と簡潔に説明されています。民主主義への永続的な移行」。[20]この意味で、国造りは、よりよく国家建設と呼ば、外国勢力により馴染みがあるかもしれないが、より馴染みのあるモデルに従って、国家政府の制度を建設または設置するための外国勢力による意図的な努力を説明している。多くの場合、異質で不安定でさえあると見なされます。[21] この意味で、国家建設は通常、大規模な投資軍事的占領によって特徴付けられます暫定政府、および政府の政策を伝達するためのプロパガンダの使用。[22] [23]

国造りにおける教育の役割

小学校の提供の拡大は、国造りの過程における重要な推進力であるとしばしば信じられています。19世紀のヨーロッパの統治者は、州が管理する小学校に依存して、科目に共通の言語、共通のアイデンティティ、および政権に対する義務感と忠誠心を教えました。プロイセンでは、「王への忠誠、従順、献身」を育むために大規模な初等教育が導入されました。[24] [25]主権への忠誠を形成する教育の力についてのこれらの信念は、非民主的および民主的文脈の両方で、世界の他の地域の州によっても採用されました。ソビエト連邦の学校に関する報告は、政府が後援する教育プログラムが学術的な内容とスキルだけでなく、「国への愛と敵への無慈悲、困難を克服するための頑固さ、鉄の規律、そして愛」を強調したという事実を示しています抑圧された人々の、冒険の精神と絶え間ない努力」。[26] [25]

外交政策運営

第二次世界大戦後のドイツと日本

第二次世界大戦後、連合国の勝利者は大規模な国造りに従事し、ドイツでかなりの成功を収めました。米国、英国、フランスは西ドイツとなったセクターを運営していました。ソビエト連邦は東ドイツになるセクターを運営していました。日本では、勝利者が名目上責任を負っていましたが、実際には、米国が完全に支配しており、再びかなりの政治的、社会的、経済的影響を及ぼしました。[27]

NATO

1989年にユーゴスラビアで共産主義が崩壊した後、一連の内戦が勃発しました。デイトン合意(デイトン合意とも呼ばれる)に続いて、NATO(北大西洋条約機構)および欧州連合は、内戦の阻止、より多くの犯罪者の処罰、および特にボスニア・ヘルツェゴビナでの国造りプログラムの運営に従事しました。 、[28]およびコソボ。[29]

アフガニスタン

ソビエトの努力

アフガニスタンは、ソビエト・アフガニスタン戦争中のソビエト式国造りの標的でした[疑わしい ]しかし、冷戦の地政学のために外国(主に米国)がムジャヒディンを支持したアフガニスタンの抵抗のためにソビエトの努力は行き詰まったソビエト連邦は最終的に1988年に撤退し、紛争を終わらせました。[30]

NATOの取り組み2002–2021

ソビエトが去った後、タリバンはアフガニスタンの多くの事実上の支配を確立した。それは、2001年9月11日の米国への攻撃を実行したアルカイダ軍を容認しましたNATOは米国のリーダーシップの下で対応した。[31] 2001年12月、タリバーン政権が崩壊した後、ハミド・カルザイの下でアフガニスタン暫定政権が結成された。国際治安支援部隊(ISAF)は、カルザイ政権を支援し、基本的な安全を提供するために国連安全保障理事会によって設立されました。2001年までに、内戦と飢饉の20年後[どれ?]、平均余命が最も低く[要出典]、人口の多くが空腹でした[要出典]多くの外国人ドナー[どれ?] —全部で51—戦争で荒廃した国を再建するための援助と援助を提供し始めました[いつ?]たとえば、ノルウェーはファリヤブ州を担当していました。ノルウェー主導の地方復興チームは、2005年から2012年にかけて、安全保障、優れた統治、および経済発展に影響を与えるという使命を持っていました。

参考文献

  1. ^ Karl Wolfgang Deutsch、William J. Folt編、 Nation Building in Comparison Contexts、ニューヨーク、アサートン、1966年。
  2. ^ Mylonas、Harris(2017)、「 Nation-building」、 Oxford Bibliographies in InternationalRelationsエド。パトリックジェームス。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。
  3. ^ ミロナス、ハリス(2012)。国民形成の政治:共国民、難民、および少数派を作るニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。p。17. ISBN 978-1107661998
  4. ^ キース・ダーデンとハリス・ミロナス。2016年。「領土保全、全国大衆教育、および言語的共通性への脅威」、比較政治学、Vol。49、No。11:1446-1479
  5. ^ キース・ダーデンとアンナ・グジマラ-バス。2006年。「大いなる分裂:識字能力、ナショナリズム、そして共産主義の崩壊。」世界政治、第59巻(10月):83-115。
  6. ^ バリー・ポーゼン。1993年。「ナショナリズム、大衆軍および軍事力」、国際安全保障、18(2):80-124。
  7. ^ ウィマー、アンドレアス(2018)。「国造り:他の国が崩壊するのに、なぜいくつかの国が一緒になるのか」。サバイバル60(4):151–164。土井10.1080 /00396338.2018.1495442ISSN0039-6338_ S2CID158766905_  
  8. ^ ウィマー、アンドレアス(2018)。国家建設プリンストン大学出版局。土井10.1515 / 9781400888894ISBN 978-1-4008-8889-4
  9. ^ a b c d ミロナス、ハリス; チューダー、マヤ(2021年5月11日)。「ナショナリズム:私たちが知っていることと私たちがまだ知る必要があること」政治学の年次レビュー24(1):109–132。土井10.1146 / annurev-polisci-041719-1018412021年9月27日取得
  10. ^ ミロナス、ハリス(2012)。国民形成の政治:共国民、難民、および少数派を作るケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。p。xx。ISBN 97811070204502013年12月2日取得多くのジャーナリスト、学者、および政策評論家は、最近、米国国防総省が「安定作戦」と呼ぶものの代わりに「国造り」という用語を使用しています。[...] 言い換えると。「国造り」とは、「第三者国家建設」を意味します。彼らはこの用語を使用して、道路や鉄道を建設し、法の支配を施行し、州のインフラを改善する取り組みを説明しています。[...]私はこの最近の用法を手放し、過去50年間、政治学の文献で使用されてきた「国造り」という用語を使用します。[...]国家建設は、国家統合と交換可能に使用されることもあり、統治エリートが国家と国家の境界を一致させるプロセスです。[...]
  11. ^ Deutsch、Karl W.(2010)。ウィリアムJ.フォルツ(編)。比較の文脈での国家建設(新しいペーパーバックの印刷物。編)。ニューブランズウィック[NJ]:AldineTransaction。ISBN 9780202363561
  12. ^ コナー、ウォーカー(2011年7月18日)。「国造りか国か破壊か?」世界政治24(3):319–355。土井10.2307 / 2009753JSTOR2009753_ 
  13. ^ Jochen Hippler、ed。(2005)。国家建設:平和的な紛争変革のための重要な概念?バリーストーンによる翻訳。ロンドン:冥王星。ISBN 978-0745323367
  14. ^ スミス、アンソニー。1986年。ジョン・ホール(編)の「国家形成と国家建設」、歴史の国家。オックスフォード:バジルブラックウェル、228–263。
  15. ^ ハリスミロナス。2010.「同化とその代替案:国家建設政策の研究における警告」、暴力の再考:紛争における国家と非国家主体、eds。アドリア・ローレンスエリカ・チェノウェス国際安全保障におけるBCSIA研究、MITプレス。
  16. ^ a b Achankeng、Fonkem(2014)。「フーンバンの「憲法上の」交渉と交渉の事前の意図:カメルーンにおける誤った交渉と政治的発展への影響に関する歴史理論的分析」。Journal of Global Initiatives:Policy、Pedagogy、Perspective9:149。
  17. ^ リッチモンド、エドマンB.(1993)。「セネガンビアと連合:歴史、期待、そして幻滅」第三世界研究ジャーナル10(2):172–194 2021年9月28日取得
  18. ^ Awasom、Nicodemus Fru(2003–2004)。「アフリカの国家建設におけるアングロサクソニズムとガリシズム:歴史的および現代的観点から見たバイリンガルカメルーンとセネガンビア連合の事例」。アフリカザマニ11〜12。{{cite journal}}:CS1 maint:日付形式(リンク
  19. ^ スティーブンソン、キャロリン(2005年1月)。「国造り」難しさを超えて2018年6月27日取得
  20. ^ Dobbins、James、Seth G. Jones、Keith Crane、およびBeth ColeDeGrasse。2007年。国造りの初心者向けガイドカリフォルニア州サンタモニカ:RANDCorporation。
  21. ^ ダーデン、キース; ミロナス、ハリス(2012年3月1日)。「プロメシアンのジレンマ:占領地における第三者国家建設」。民族政治11(1):85–93。土井10.1080 /17449057.2011.596127S2CID145382064_ 
  22. ^ フランシス・フクヤマ。2004年1月/ 2月。「一般教書演説:国造り101」、 AtlanticMonthly
  23. ^ 福山、フランシス、編 (2006)。国造り:アフガニスタンとイラクを超えて([オンライン-オーストラリア]編)。メリーランド州ボルチモア:ジョンズホプキンス大学 押す。ISBN 978-0801883347
  24. ^ Felbiger、Melton 2002、186( Paglayan 2021
  25. ^ a b Paglayan、Agustina S.(2021年2月)。「大衆教育の非民主的なルーツ:200年からの証拠」アメリカの政治学レビュー115(1):179–198。土井10.1017 / S0003055420000647ISSN0003-0554_ 
  26. ^ 米国国務省1954、134( Paglayan 2021
  27. ^ ジェームズ・ドビンズ、国家建設におけるアメリカの役割:ドイツからイラクへ(RAND、2005、pp1-54。
  28. ^ エリック・マーティン、「ボスニア・ヘルツェゴビナの国造り:協力、調整、協力」。South East European Journal of Economics and Business 2.2(2007):7-22オンライン
  29. ^ イグナティエフ、マイケル。エンパイアライト:ボスニア、コソボ、アフガニスタンの国造り。ランダムハウス、2003年。
  30. ^ ポール・ディプ、「アフガニスタンでのソビエトの経験:学ぶべき教訓?」オーストラリア国際問題ジャーナル64.5(2010):495-509。
  31. ^ マレー、ドネットマレー、「あえてその名前を話さない愛?ジョージW.ブッシュ:アフガニスタンの国家と国家の建物、2001–2」 Journal of Intervention and Statebuilding(2013)vol 7 DOI:10.1080 / 17502977.2012.734562

さらに読む

  • アーメド、ザヒド・シャハブ。「パキスタンの国造りに対する中国・パキスタン経済回廊の影響。」Journal of Contemporary China 28.117(2019):400–414。
  • バーキー、カレン。帝国後:多民族社会と国造り:ソビエト連邦とロシア、オスマン帝国、ハプスブルク帝国(ラウトレッジ、2018年)。
  • ベンディクス、ラインハルト。国造りと市民権:変化する社会秩序の研究(1964)、影響力のある先駆者
  • Berdal、Mats、およびAstriSuhrke。「良い同盟国:ノルウェーとアフガニスタンの国際国家建設、2001年から2014年。」Journal of Strategic Studies 41.1-2(2018):61–88。オンライン
  • ベレケテアブ、リディー。「ポストコロニアルアフリカにおける国造りの手段としての教育」。民族性とナショナリズムの研究20.1(2020):71–90。オンライン
  • ボカット-リンデル、スペンサー。「米国は世界の警官になりましたか?ニューヨークタイムズ2021年7月20日
  • ディブ、ポール(2010)「アフガニスタンでのソビエトの経験:学ぶべき教訓?」オーストラリア国際問題ジャーナル64.5(2010):495–509。
  • ドビンズ、ジェームズ。国家建設におけるアメリカの役割:ドイツからイラクへ(RAND、2005)。
  • エンギン、ケナン(2013)。「国造り」– Theoretische Betrachtung und Fallbeispiel:Irak (ドイツ語)バーデンバーデンノモスバーデン。ISBN978-3-8487-0684-6_ 
  • エルガン、アイサ。「アゼルバイジャンの市民権、国民的アイデンティティ、および国家建設:過去の遺産と独立の精神の間。」Nationalities Papers(2021):1-18。オンライン
  • エリクセン、トーマス・ハイランド。一般的な分母:モーリシャスの民族性、国造り、妥協(Routledge、2020)。
  • エツィオーニ、アミタイ。「国造りの愚かさ。」National Interest 120(2012):60–68; オンラインでのアメリカの誤った取り組みについて
  • Hodge、Nathan(2011)、Armed Humanitarians:The Rise of the Nation Builders、New York:BloomsburyUSA。
  • イグナティエフ、マイケル。(2003)エンパイアライト:ボスニア、コソボ、アフガニスタンの国造り(ランダムハウス、2003年)。</ ref>
  • ジェームズ、ポール(1996)。国家形成:抽象的な共同体の理論に向けてロンドン:SagePublications。
  • ジェームズ、ポール(2006)。グローバリズム、ナショナリズム、トライバリズム:理論を取り戻す—抽象的なコミュニティの理論に向けての第2巻ロンドン:SagePublications。
  • ユキヒメドリ、ホセアルバレス。「19世紀のスペインにおける国造りのプロセス。」ナショナリズムとイベリア半島の国家ラウトレッジ、2020年)pp。89–106。
  • レイサム、マイケルE.イデオロギーとしての近代化:アメリカの社会科学とケネディ時代の「国家建設」 (Uノースカロライナプレス、(2000)
  • ミロナス、ハリス(2012)。国民形成の政治:共国民、難民、および少数派を作るニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。
  • Mylonas、Harris(2017)、「Nation-building」、Oxford Bibliographies in InternationalRelationsエド。パトリックジェームス。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。
  • Polese、Abel、et al。、eds。社会主義後の日常生活におけるアイデンティティと国民形成(Routledge、2017年)。
  • Safdar、Ghulam、Ghulam Shabir、およびAbdul WajidKhan。「国造りにおけるメディアの役割:社会的、政治的、宗教的、教育的視点。」パキスタン社会科学ジャーナル(PJSS)38.2(2018)。オンライン
  • スコット、ジェームスウェスリー。「中央ヨーロッパの国境政治:ハンガリーと国家規模と国造りの役割。」Geographia Polonica 91.1(2018):17–32。オンライン
  • Seoighe、レイチェル。スリランカの戦争、否定、国造り:終結後(Springer、2017年)。
  • スミス、アンソニー(1986)、ジョン・ホール(編)の「国家形成と国家建設」、歴史の国家。オックスフォード:バジルブラックウェル、228–263。
  • ウィマー、アンドレアス。「国造り:なぜいくつかの国が一緒になり、他の国は崩壊するのか」サバイバル60.4(2018):151–164。

外部リンク

0.036872148513794