4DOS

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

4DOS
4DOS icon.png
開発者JPソフトウェア
安定リリース
8.00(2009年のオープンソース)/ 7.50.130(2004年のJPSoft)
オペレーティング·システムDOSWindows
タイプコマンドシェル
ライセンスOpenSourceInitiativeまたはFreeSoftwareFoundation標準によってオープンソースとして認定されていない変更されたMITライセンス
Webサイト4dos.info

4DOSは、 JP SoftwareによるコマンドラインインタプリタCOMMAND.COMであり、MicrosoftDOSおよびWindowsのデフォルトのコマンドインタプリタを置き換えるように設計されていますRex C.ConnとTomRawsonによって作成され、1989年に最初にリリースされました。デフォルトと比較すると、多数の拡張機能があります。

4OS24NTは、それぞれOS/2WindowsNTcmd.exe置き換わる同様の製品です

概要

4DOSは、次のオペレーティングシステムのコマンドラインの代替として最もよく使用されます。

WindowsNTとWindows2000にはとの両方が含まれているためCOMMAND.COMcmd.exe4DOSと4NTおよびその派生物の両方をインストールできます。以前のバージョンの4OS2はWindowsNTで実行でき、OS/2は2つのDOSシェルとWindowsNTシェルを実行できます。3つすべてをWindowsNTタイプのマシンとOS/2マルチブートマシンで使用できます。

4DOSの多くのコマンド、ステートメント、および関数の中で、MS-DOS / Windows 95-98に欠けているのは、COMMAND.COMキーボード入力の読み取りと、画面およびテキストの色を操作するためのより簡単な方法です。

4DOSスクリプトのデフォルトのファイル拡張子は.btmです。

Take Commandと呼ばれる4DOS、4OS2、および4NTのグラフィカルバージョンがリリースされ、バージョン4DOS 5.5、4OS2、および4NT 2.5に対応する機能セットが追加され、その後更新されました。この行の開発は、対応するテキストモードバージョンで停止しました。Windows3.1用 のグラフィカルプログラムTakeCommand/16がありました。

4OS2は、IBMのOS/2コマンドインタープリターの同様の代替品です。これは、4DOSバージョン4と同時に最初にリリースされ、同様の機能セットを備えています。4DOSと同様に、これはオープンソースとしてリリースされています。これは、2011年のeComStation 2.10の機能セット、フリーウェアos2freeプロジェクトに登場し、 ArcaOSに含まれています。

4NTは、Windows NT用の4DOS (バージョン1.x、2.x)として最初にリリースされましたが、バージョン8以降の再構築まで4NTになりました。プログラムは4OS2の再コンパイルであり、OS / 2のコマンドプロセッサの機能を引き続き備えています(cmd.exe)、REXXスクリプトの実行、EXTPROCサポートなど。これに対応するTakeCommand / 32が存在し、バージョン1は4NT2.5に対応します。4NTとTakeCommand/ 32は、ANSI(Windows 9x)とUnicode(Windows NT)の両方の形式でリリースされ、ANSIバージョンはバージョン5で削除されました。

新しいWin32プログラムのタブ付きコマンドインターフェイス(TCI)は、4NTバージョン7の時点でリリースされました。このプログラムを使用すると、タブ付きコンソールを1つのウィンドウに接続(画面の乱雑さを減らす)および切り離すことができます。このプログラムには、WindowsXP以降が必要です。

新しいバージョンのTakeCommandは、元のタブ付きコマンドインターフェイスを拡張し、追加のウィンドウで拡張して、入力を構成したり、ディレクトリやファイルをグラフィカルにナビゲートしたり、追加の機能を提供したりします。4NTはTakeCommandConsoleとしてバンドルされています。TCCの軽量機能が削減されたバージョンが無料ダウンロードとしてリリースされています。

その後、JPソフトウェアがリリースされました。

  • TC(TCI + TCCのフルパック)
  • TCLE(TCI + TCC / LE)
  • TCC(コマンドユーティリティのみ)
  • TCC / LE

これは、基盤となる4NT/TCCバージョンに対応するバージョン9から12.1にリリースされました。

機能

4DOSは、以下と比較して多くの拡張機能を備えていますCOMMAND.COM[1]

履歴と現在のステータス

もともとシェアウェアとして配布されていた4DOSは、後にサポートされていないフリーウェアとしてリリースされました。現在、ソースコードは修正されたMITライセンスの下で利用可能ですが、「Rex C. Connからの書面による許可なしに、商用製品で使用することはできません」[3]および「 FreeDOS以外のオペレーティングシステムで使用するためにコンパイルすることはできません。 "-したがって、OpenSourceInitiativeで定義されているオープンソースとしての資格はありません[4] [5]

JP Softwareによる最後のアップデートは、2004年8月にリリースされたバージョン7.50.130でした。15年の歴史の中で、4DOSは多数のアップデートを受けました。ここに最も重要なものがいくつかあります。

バージョン リリース済み 新機能
2.00 1989-02-15 オリジナルリリース。改善されたコマンドライン編集、ファイル名の補完、コマンド履歴、エイリアス、改善されたワイルドカード、オンラインヘルプ、内部変数、ディスクまたはEMSへのスワップ、ファイルの説明、[2]コマンドセパレーター、キースタッカー。
2.20 1989-07-05 実行可能拡張。
3.00 1990-03-07 BTMバッチファイル(速度を上げるためにメモリにキャッシュ)、拡張メモリ(XMS)スワッピング、変数関数、ブラケット変数名構文。
4.00 1991-11-01 色付きのディレクトリリスト、4DOS.INI構成ファイルには、リスト、コマンドグループ、暗黙のCDD、DOS 5アッパーメモリブロック(UMB)のサポートが含まれます。
5.00 1993-11-23 日付、時刻、およびサイズの範囲。圧縮されたバッチファイル。
5.51 1995-08-22 長いファイル名のサポート、.BATファイル のREXX (PC DOS 7.0の場合と同様)。
6.00 1997-07-24 拡張ディレクトリ検索、対話型構成(OPTIONコマンド)、除外範囲、対話型バッチファイルデバッガー。
7.00 2001-06-18 @fileリスト(DR-DOSのように)。
7.50 2003-02-24 ユーザー定義関数。
7.50.1 2006-11-13 7.50のオープンソースバージョン。LuchezarGeorgievとJaelaniUtomoは4DOSの開発を続けています。[6]
8.00 2009-02-27 最新バージョン。[1]

NDOS

Norton Utilities for DOSの一部のバージョンには、 NDOSと呼ばれる4DOSの変更されたコピーが含まれていました。NDOSの最後のバージョンはNortonUtilities8にバンドルされており、4DOS4.03に対応していました。

も参照してください

参照

  1. ^ a b ブラザーズ、ハーディン; ローソン、トム; Conn、Rex C .; ポール、マティアスR .; 染料、チャールズE .; Georgiev、Luchezar I.(2002-02-27)。4DOS8.00オンラインヘルプ
  2. ^ ab "テクニカルノート-DESCRIPT.ION使用" 。米国メリーランド州チェスタータウン:JP Software Inc.1989.2016-03-18のオリジナルからアーカイブ(注:既知のIDには、 XMP形式0x10の一般的なメタデータ('#')が含まれます。これは、CP(コードページ)などの拡張属性としてファイルプロパティを保持するテキストキー=値のペアのスペースで区切られたリストに対してMatthias R. )、PC(言語コード)、CW(ビット幅)、XS(ページ幅)、YS(ページ長)、XO(印刷xオフセット)、YO(印刷yオフセット)、CR(著作権)、URL(ソースリンク)など('%')は、CUI_LIBを使用して疑似環境変数を格納するプログラムによって使用され、 Digital Research / Novell / Caldera用に予約されておりTotalCommanderによって使用されます。0x230x250xED0xC2複数行のファイル記述およびFreeDOS0xFD。)
  3. ^ 「4DOS7.50.1」(README.TXT)。2006-11-13。2016-03-03にオリジナルからアーカイブされました。
  4. ^ ホール、ジェームズF. 「4DOS発表」 [デッドリンク]
  5. ^ ホール、ジェームズF.(2006-11-14)。「オープンソースソフトウェアとしてリリースされた4DOS」freedos-devel2008年4月4日にオリジナルからアーカイブされました
  6. ^ 「復活した4DOSへようこそ!」2009年12月26日にオリジナルからアーカイブされました

外部リンク