音楽業界

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

レコーディングスタジオで働くミュージシャン
コンサートを見ている群衆

音楽業界は、作曲の作成、 録音された音楽楽譜の作成と販売コンサートの開催、音楽クリエイターの支援、トレーニング、代表、提供を行うことで収益を上げる個人や組織で構成されています。業界で活動している多くの個人や組織には、次のようなものがあります。曲や音楽作品を書くソングライター作曲家。歌手ミュージシャン指揮者バンドリーダー音楽を演奏する人。レコードレーベル音楽出版社レコーディングスタジオ音楽プロデューサーオーディオエンジニア、小売店およびデジタルミュージックストア、および録音された音楽と楽譜を作成および販売する演奏権団体。コンサートの企画と販売を手伝う予約エージェントプロモーター音楽会場ロードクルー、オーディオエンジニア。

業界には、歌手やミュージシャンの音楽キャリアを支援するさまざまな専門家も含まれています。これらには、タレントマネージャーアーティストおよびレパートリーマネージャー、ビジネスマネージャーエンターテインメント弁護士が含まれます。オーディオまたはビデオ音楽コンテンツを放送する人(衛星インターネットラジオ局放送ラジオおよびテレビ局); 音楽ジャーナリスト音楽評論家; DJ ; 音楽教育者と教師; 楽器メーカー; 他の多くの人と同様に。ビジネスやアーティストに加えて、ミュージシャンの組合(例:アメリカ音楽家連盟)、非営利の演奏権団体(例:アメリカ作曲家作詞家協会など、重要な役割を果たす組織もあります。協会(例:女性の作曲家や音楽家を擁護する非営利団体、International Alliance for Women in Music)。

現代の西洋音楽産業は、1930年代から1950年代にかけて、音楽ビジネスで最も重要な製品としてレコードが楽譜に取って代わったときに出現しました。商業の世界では、曲や曲の演奏を録音し、録音物を販売することを指す「録音業界」は、「音楽業界」の緩い同義語として使用されるようになりました。2000年代、音楽市場の大部分は、フランスが所有するユニバーサルミュージックグループ、日本が所有するソニーミュージックエンタテインメント[1]米国が所有するワーナーミュージックグループの3つの主要な企業レーベルによって支配されていました。これらの3つの主要なラベル以外のラベルは、独立したラベルと呼ばれます(または「インディーズ」)。コンサートやツアーのライブ音楽市場の大部分は、最大のプロモーターであり音楽会場の所有者であるLiveNationによって管理されています。Live Nationは、米国で最大のラジオ局の所有者であるiHeartMediaIncの元子会社です

2000年代の最初の数十年間、インターネットを介した音楽のデジタル配信の普及により、音楽業界は劇的な変化を遂げました(これには、曲の違法なファイル共有とオンラインミュージックストアでの合法的な音楽購入の両方が含まれます)。これらの変化の顕著な指標は、音楽の総売上高です。2000年以降、録音された音楽の売上高は大幅に減少し[2] [3]ライブ音楽の重要性が増しています。[4] 2011年、世界最大の録音音楽小売業者は、現在、コンピューター会社であるAppleInc。のオンラインiTunesStoreが運営するデジタルのインターネットベースのプラットフォームでした。[5] 2011年以来、音楽業界は一貫した売上成長を遂げており、ストリーミングは現在、デジタルダウンロードよりも年間収益が多くなっています。SpotifyApple MusicAmazon Musicは、加入者数で最大のストリーミングサービスです。[6]

事業構造

音楽業界の主な部門は、ライブ音楽業界、録音業界、およびミュージシャンのトレーニング、サポート、供給、代表を行うすべての企業です。

レコーディング業界は、楽曲(曲、曲、歌詞)、レコーディング(オーディオとビデオ)、メディアCDMP3DVDなど)の3つの製品を製造しています。これらはそれぞれプロパティのタイプです。通常、作曲は作曲家が所有し、レコードはレコード会社が所有し、メディアは消費者が所有します。単一の楽曲の多くの録音が存在する可能性があり、通常、単一の録音は多くのメディアを介して配布されます。たとえば、「マイウェイ」という曲は、作曲家のポールアンカクロードフランソワフランクシナトラが所有しています。の「MyWay」のレコーディングはCapitolRecordsが所有しSidViciousの「 MyWay」のレコーディングはVirginRecordsが所有し、これらのレコーディングを再生できる数百万のCDとビニールレコードは数百万の個人消費者が所有しています

作曲

、器楽、その他の楽曲は、ソングライターまたは作曲家によって作成され、元々は作曲家が所有していますが、販売されたり、権利が割り当てられたりする場合があります。たとえば、職務著作の場合、作品はすぐに別の当事者によって所有されます。伝統的に、著作権所有者は、出版契約によって、出版社に権利の一部をライセンス供与または「譲渡」します。出版社(またはそのような多くの出版社、ソングライター、作曲家に代わって運営されている収集協会)は、料金を徴収します(「出版使用料」として知られています。")作曲を使用する場合。契約条件に応じて、著作権使用料の一部が出版社から著作権所有者に支払われます。楽譜は、作曲家とその出版社にのみ支払われる収入源を提供します。通常(普遍的ではありませんが)、出版社は、出版契約が締結されたときに、所有者に将来の収入に対する前払い金を提供します。出版社は、テレビ映画で曲の「プレースメント」を取得するなどして、作曲を宣伝します。

録音

レコーディングスタジオのミュージシャン。

レコーディングは、通常、レコードプロデューサーオーディオエンジニアの支援と指導を受けて、歌手ミュージシャンセッションミュージシャンを含む)、音楽アンサンブルバックバンドリズムセクションオーケストラなど)を含むレコーディングアーティストによって作成されます。それらは伝統的にレコーディングスタジオ(日額または時給でレンタルされます)でレコーディングセッションで作られていました。21世紀には、デジタルレコーディング技術の進歩により、多くのプロデューサーやアーティストが「ホームスタジオ」を作成できるようになりました。「ハイエンドのコンピューターとProToolsのようなデジタルレコーディングプログラムを使用し、商用レコーディングスタジオの従来の役割をバイパスします。レコードプロデューサーはレコーディングのすべての側面を監督し、アーティストと協力してロジスティック、財務、芸術の決定の多くを行います。レコードプロデューサーには、素材の選択や作曲家との協力、セッションミュージシャンの採用、曲のアレンジの支援、ミュージシャンのパフォーマンスの監督、録音およびミキシング中のオーディオエンジニアへの指示など、さまざまな責任があります。オーディオエンジニアレコーディングミキシングマスタリングエンジニアを含む))録音中に良好なオーディオ品質を確保する責任があります。彼らはマイクを選択してセットアップし、エフェクトユニットミキシングコンソールを使用して音楽のサウンドとレベルを調整します。レコーディングセッションでは、アレンジャーオーケストレータースタジオミュージシャンセッションミュージシャンボーカルコーチ、または歌詞や作詞作曲を手伝うために慎重に雇われたゴーストライターのサービスも必要になる場合があります

レコーディングスタジオでオーディオミキサーを使用するスタジオエンジニア

レコーディングは(伝統的に)レコード会社が所有しています。一部のアーティストは独自のレコード会社を所有しています(例:Ani DiFranco)。レコード契約は、レコーディングアーティストとレコード会社の間のビジネス関係を指定します。従来の契約では、会社は、会社が所有するレコーディングを行うことに同意したアーティストに前払い金を提供します。レコード会社のA&R部門は、新しい才能を見つけ、レコーディングプロセスを監督する責任があります。会社は、記録費用と記録の宣伝マーケティングの費用を支払います。物理メディア(CDなど)の場合、会社は製造費も支払います物理的な記録配布します。小規模なレコード会社(「インディーズ」と呼ばれる)は、これらのタスクの多くを処理するために他の会社とビジネス関係を形成します。レコード会社は、レコーディングの販売による収入の一部をレコーディングアーティストに支払います。これは「ロイヤルティ」とも呼ばれますが、これは上記の出版ロイヤルティとは異なります。この部分はパーセンテージに似ていますが、レコード契約で指定されているいくつかの要因(無料の商品、回収可能な費用、ボーナスなど)によって制限または拡張される場合があります。セッションミュージシャンオーケストラメンバー(および特別市場の数人のレコーディングアーティスト)は、職務著作物を提供する契約を結んでいます。; 通常、継続的なロイヤルティではなく、サービスに対して1回限りの料金または通常の賃金のみが支払われます。

メディア

物理メディア(CDやレコードなど)は音楽小売業者によって販売され、消費者が購入した後に所有します。購入者は通常、購入したCDやその他のメディアからデジタルコピーを作成したり、CDをレンタルまたはリースしたりする権利を持っていません。これは、CDの録音を所有しておらず、個々の物理CDのみを所有しているためです。音楽ディストリビューターは、パッケージ化された物理メディアの箱を製造業者から小売業者に配送し、小売業者やレコード会社との商取引関係を維持します。音楽小売業者はディストリビューターに支払いを行い、ディストリビューターはレコーディング会社にレコーディングの料金を支払います。レコード会社は機械的使用料を支払いますコレクション協会を通じて出版社と作曲家に。その後、レコード会社は、契約上義務付けられている場合、レコーディングアーティストにロイヤルティを支払います。

音楽がデジタルでダウンロードまたはストリーミングされる場合、ポータブルメディアプレーヤーまたはラップトップには、消費者のコンピュータメモリ以外の物理メディアはありません。このため、テイラースウィフト、ポールマッカートニー、キングスオブレオンなどのアーティストは、ソーシャルメディアがロイヤルティを支払わずに音楽をストリーミングする権利を拒否する法改正を求めています。[7] 2000年代のデジタルおよびオンライン音楽市場では、ディストリビューターはオプションになります。大規模なオンラインショップはラベルを直接支払う場合がありますが、大小のベンダーに配布サービスを提供するデジタルディストリビューターが存在します。デジタルダウンロードを購入したり、音楽ストリーミングを聴いたりする場合、消費者は、著作権; たとえば、一部のサービスでは、消費者が録音を自由に共有できますが、他のサービスでは、ユーザーが特定の数のハードドライブまたはデバイスに音楽を保存することを制限できます。

放送、サウンドトラック、ストリーミング

録音が放送されると(ラジオまたはMuzakなどのバックグラウンドミュージックサービスによって)、演奏権団体(米国のASCAPBMI、カナダのSOCAN 、英国のMCPSPRSなど)は、3分の1を収集します。パフォーマンスロイヤルティと呼ばれるタイプのロイヤルティで、ソングライター、作曲家、レコーディングアーティストに支払われます。この使用料は通常、出版や機械的な使用料よりもはるかに少ないです。過去10年間で、ストリーミングサービスのトラックの「15〜30%」以上が特定のアーティストによって識別されていません。ジェフ・プライスは、「オンライン音楽ストリーミングサービスであるAudiamは、オンラインストリーミングからロイヤルティを集めることで、過去1年間で数十万ドル以上を稼ぎ出しました。[8] Kings of Leon、CheapTrickなどのマネージャーであるKenLevitanによると」 Youtubeは子供向けのラジオになりました」。YouTubeとオフラインストリーミングの乱用により、アルバムの売り上げは過去数年間で60%減少しました。[7]録音がテレビ映画で使用される場合、作曲家とその出版社は通常、同期ライセンスを通じて支払われます2000年代には、オンラインサブスクリプションサービス(Rhapsodyなど)も、レコード会社に直接収入源を提供し、それらを介して、契約が許す限りアーティストに収入源を提供します。

ライブミュージック

2013年ケルンプライドでの生演奏。

プロモーターは、舞台芸術家と会場所有者を結びつけ、契約を手配します。予約代理店は、プロモーターにアーティストを代表し、取引を行い、パフォーマンスを予約します。消費者は通常、会場またはチケットマスターなどのチケット配布サービスからチケットを購入します米国では、Live Nationがこれらすべての役割において支配的な会社です。彼らは米国の大規模な会場のほとんどを所有し、最大のプロモーターであり、Ticketmasterを所有しています。ツアーの場所と時期の選択は、アーティストの経営陣とアーティストが決定し、レコード会社と相談することもあります。レコード会社は、レコーディングの販売促進に役立つことを期待して、ツアーに資金を提供する場合があります。しかし、21世紀になると、レコーディングの販売を促進するためにツアーを予約するよりも、ライブショーのチケット販売を促進するためにレコーディングをリリースすることが一般的になりました。

主要な成功したアーティストは通常​​、ロードクルーを雇用します。これは、コンサートシリーズ中にアーティストと一緒に旅行する半永久的なツアー組織です。ロードクルーはツアーマネージャーが率いています。クルーメンバーは、舞台照明ライブSR楽器のメンテナンス輸送を提供します。大規模なツアーでは、ロードクルーには、会計士、舞台監督、ボディーガード、美容師、メイクアップアーティスト、ケータリングも含まれる場合があります。スタッフ。地元の乗組員は通常、機器をステージに出し入れするのを手伝うために雇われます。財政的支援が少ない小さなツアーでは、これらの仕事はすべて、ほんの数人のローディーまたはミュージシャン自身によって処理される可能性があります。小さな「インディー」レーベルで署名されたバンドや、ハードコアパンクなどのジャンルのバンドは、ロードクルーなしで、または最小限のサポートでツアーを行う可能性が高くなります。

アーティストの管理、表現、スタッフ

歌手やミュージシャンなどのアーティストは、他の分野から数人を雇って彼らのキャリアを支援することがあります。アーティストマネージャーは、アーティストの収入の一部と引き換えに、アーティストのキャリアのすべての側面を監督しますエンターテインメント弁護士は、レコード会社との契約やその他の取引の詳細について彼らを支援します。ビジネスマネージャーは、金融取引、税金、簿記を処理します。AFTRAや米国音楽家連盟などの組合は、ミュージシャンに健康保険と楽器保険を提供しています。成功したアーティストはブランドとして市場で機能しますそのため、商品、個人的な推薦、イベントへの出演(出演なし)、インターネットベースのサービスなど、他の多くのストリームから収入を得ることができます。[9]これらは通常、アーティストのマネージャーによって監督され、アーティストとこれらの製品を専門とする企業との間の関係の形をとります。歌手はまた、彼らを助けるために、ボーカルコーチダンスインストラクター演技コーチパーソナルトレーナーまたはライフコーチを雇うかもしれません。

新たなビジネスモデル

2000年代には、かつて歌手、楽器奏者、出版社、レコード会社、流通業者、小売店、家電製品を分けていた伝統的な線がぼやけたり消えたりしました。アーティストは、ハイエンドのラップトップとPro Toolsなどのデジタルレコーディングプログラムを使用してホームスタジオでレコーディングしたり、 Kickstarterを使用して、レコード会社を関与させずに高価なスタジオレコーディングセッションの資金を調達したりできます。アーティストは、 YouTubeなどの無料のオンラインビデオ共有サービスのみを使用するか、ソーシャルメディアWebサイトを使用して、レコード会社による従来のプロモーションやマーケティングをバイパスして、独占的に宣伝およびマーケティングすることを選択できます。2000年代には、家電製品アップルコンピュータなどのコンピュータ会社は、デジタル音楽小売業者になりました。新しいデジタル音楽配信テクノロジーと、古い曲を新しい曲にサンプリングしたり、異なる曲をブレンドして「マッシュアップ」録音を作成したりする傾向も、政府と音楽業界の両方に、知的財産の定義とすべての人の権利を再検討することを余儀なくさせています。関係者。また、著作権の境界を定義する問題を複雑にしているのは、「ロイヤルティ」と「著作権」の定義が国ごと、地域ごとに異なるという事実です。これにより、これらのビジネス関係の一部の条件が変わります。

15年ほどのインターネット経済の後、 iTunesSpotifyGoogle Playなどのデジタル音楽業界のプラットフォームは、初期の違法なファイル共有の時代に比べて大幅に改善されています。ただし、多数のサービスと収益モデルにより、それぞれの真の価値と、ミュージシャンや音楽会社に提供できるものを理解することは困難です。同様に、時代遅れの技術によって引き起こされる音楽業界全体の主要な透明性の問題があります。ストリーミングプラットフォームやオンライン音楽サービスなどの新しいビジネスモデルの出現により、大量のデータが処理されます。[10]ビッグデータへのアクセスは、業界の透明性を高める可能性があります。[11]

印刷された音楽と録音された音楽の歴史

初期の歴史:ヨーロッパの印刷された音楽

印刷機が発明される前は、楽譜をコピーする唯一の方法は手作業であり、費用と時間のかかるプロセスでした。写真は、ボード・コルディエによる1300年代後半のフランスのアルス・スブティリオール・シャンソン(歌)の愛についての手書きの音楽原稿で、「ベル、ボンヌ、セージ」と題されています。ハートの形で書かれ、リズミカルな変化を示す赤い音符が付いているという点で、楽譜は珍しいものです

15世紀半ばのルネサンス音楽時代に開発された機械印刷された楽譜を使用した音楽出版。音楽出版の発展は、通常の本を印刷するために最初に開発された印刷技術の進化に続きました。15世紀半ば以降、楽譜を印刷するための機械的技術が最初に開発されました。最も初期の例である典礼の聖歌のセットは、グーテンベルク聖書の直後の1465年頃にさかのぼります。印刷されました。これまでは、音楽を手作業でコピーする必要がありました。記譜法を手作業でコピーすることは、非常に費用と労力と時間がかかるプロセスであったため、通常、教会のために神聖な音楽を保存しようとしている僧侶と司祭によってのみ行われていました。現存する世俗的な(非宗教的な)音楽のいくつかのコレクションは、裕福な貴族によって委託され、所有されていました。例としては、イタリアのトレチェント音楽のスクアルチャルーピコーデックスやフランスのアルススブティリオール音楽のシャンティー写本があります。

印刷を使用することで、楽譜を手でコピーするよりもはるかに迅速かつ低コストで楽譜を再生することができました。これにより、音楽スタイルが他の都市や国にすばやく広まり、音楽をより遠くの地域に広めることができました。音楽印刷が発明される前は、作曲家の音楽は彼女が住んでいた都市とその周辺の町でしか知られていない可能性がありました。裕福な貴族だけが彼女の音楽のハンドコピーを手に入れることができたからです。ただし、音楽印刷を使用すると、作曲家の音楽を比較的低コストで印刷して、地理的に広い地域の購入者に販売することができます。主要な作曲家の作品や歌の楽譜がより広い地域で印刷され配布されるようになると、作曲家や聴衆は新しいスタイルや形式の音楽を聞くことができるようになりました。ドイツの作曲家はイタリア語または英語の作曲家が書いた曲を購入でき、イタリアの作曲家はオランダの作曲家が書いた曲を購入して、彼らがどのように音楽を書いたかを学ぶことができます。これにより、さまざまな国や地域の音楽スタイルがさらに融合しました。

現代音楽印刷のパイオニアは 、16世紀にヴェネツィアで印刷音楽を20年間独占することができた印刷業者兼出版社、オッタヴィアーノペトルッチ(1466年にフォッソンブローネで生まれ、1539年にヴェネツィアで亡くなりました)でした。ヴェネツィアは、この時期の主要なビジネスと音楽の中心地の1つでした。彼のHarmoniceMusices Odhecatonは、1501年に印刷されたシャンソンのコレクションであり、一般に、活字から印刷された最初の楽譜の本と誤認されています。その区別は、1476年のローマの印刷業者ウルリッヒハンのミサレロマナムに属します。それにもかかわらず、ペトルッチのその後の作品は、彼の白い計量記譜法の複雑さと彼のフォントの小ささのために並外れたものでした。彼は最初の本を印刷しました活字を使ったポリフォニー(2本以上の独立した旋律のある音楽)。彼はまた、ジョスカン・デ・プレアントワーヌ・ブリュメルなど、ルネッサンスの最も高く評価されている作曲家による数多くの作品を発表しました彼は、ルネサンス音楽の時代にヨーロッパ中で非常に人気があったため、イタリア語ではなくフランドル語の作品に焦点を当てることで繁栄しました彼の印刷所では、1枚の紙を3回プレスするトリプルインプレッション方式を使用していました。第一印象は五線、第二印象は言葉、第三印象は音符でした。この方法は、時間と費用がかかりましたが、非常にクリーンで読みやすい結果が得られました。

18世紀まで、正式な作曲と音楽の印刷のプロセスは、ほとんどの場合、貴族教会からの支援を受けて行われていました。18世紀半ばから後半にかけて、ヴォルフガングアマデウスモーツァルトなどのパフォーマーや作曲家は、自分たちの音楽やパフォーマンスを一般の人々に売り込むためのより多くの商業的機会を模索し始めました。モーツァルトの死後、彼の妻(コンスタンツェウェーバー)は、前例のない一連の記念コンサートを通じて彼の音楽の商業化のプロセスを続け、彼の原稿を販売し、モーツァルトの伝記で彼女の2番目の夫であるゲオルクニッセンと協力しました。[12]

機械的に印刷された楽譜の例。

19世紀には、楽譜出版社が音楽業界を支配していました。録音技術が発明される前は、音楽愛好家が新しい交響曲やオペラアリア(歌)を聞く主な方法は、楽譜(多くの場合、ピアノや小さな室内楽グループ用に編曲されたもの)を購入し、生活の中で音楽を演奏することでした。部屋、アマチュアミュージシャンや歌手だった友達を使って。アメリカでは、「ブラックフェイスミンストレルの台頭と並行して音楽業界が誕生しました。ブラックフェイスは、主に黒人以外のパフォーマーが黒人を表すために使用する舞台化粧の一種です。この慣習は19世紀に人気を博し、アフリカ系アメリカ人の否定的な人種的ステレオタイプの普及に貢献しました。[13]

世紀の後半に、米国でポピュラー音楽を支配した音楽出版社とソングライターのグループは、ティンパンアレイとして知られるようになりました。名前はもともと特定の場所を指しています。マンハッタンの5番街と6番街の間の西28番街と、ブロードウェイと6番街の間の28番街の歩道にある飾り額(下記参照)はそれを記念しています。ティンパンアレーの始まりは通常、マンハッタンの同じ地区にいくつかの音楽出版社が店を構えた1885年頃にさかのぼります。ティンパンアレーの終わりはあまり明確ではありません。蓄音機とラジオに取って代わった1930年代の大恐慌の始まりにさかのぼる人もいます。アメリカのポピュラー音楽の原動力としての楽譜、他の人はティンパンアレーがロックンロールの台頭によって初期のスタイルのアメリカのポピュラー音楽が上演された1950年代まで続いたと考えています。

録音された音楽とラジオ放送の出現

フランシス・デンスモアが1916年にシリンダー蓄音機でブラックフット族のチーフマウンテンチーフを録音
1906年からのラジオ放送システム。

20世紀初頭の夜明けに、録音物の開発は、楽譜を出版した商業的利益に対する破壊的技術として機能し始めました。楽譜の時代、一般の人が人気のある新曲を聴きたい場合は、楽譜を購入して自宅でピアノで演奏したり、自宅でピアノやギターの伴奏パートを演奏しながらその曲を習得したりしていました。1880年代後半から利用可能になり、その後広くラジオ放送が開始された、商業的にリリースされた音楽演奏のレコード、1920年代から、音楽の聴き方や聴き方が一変しました。オペラハウス、コンサートホール、クラブは音楽を制作し続け、ミュージシャンや歌手はライブを続けましたが、ラジオの力により、以前は1つの地域でしか演奏していなかったバンド、アンサンブル、歌手が全国で、時には世界規模。さらに、トップシンフォニーやオペラのコンサートへの参加は、以前はラジオ放送のあるラジオ前の世界の高収入の人々に制限されていましたが、低中所得の人々を含むはるかに広い範囲の人々が最高のオーケストラを聞くことができました、ビッグバンド、人気の歌手やオペラショー。

「レコード業界」は、音楽業界の最大の力として、最終的に楽譜出版社に取って代わった。多数のレコードレーベルが出入りしました。初期の数十年の注目すべきレーベルには、Columbia Records、Crystalate、Decca Records、Edison Bell、The Gramophone Company、Invicta、Kalliope、PathéVictor Talking MachineCompanyなどがあります。[14]多くのレコード会社は、設立と同時に消滅し、1980年代の終わりまでに、「ビッグシックス」— EMICBSBMGPolyGramWEAMCA—業界を支配しました。ソニーは1987年にCBSレコードを買収し、1991年にその名前をソニーミュージックに変更しました。1998年半ばに、ポリグラムミュージックグループはMCAミュージックエンタテインメントと合併し、現在ユニバーサルミュージックグループとして知られています。それ以来、ソニーとBMGは2004年に合併し[15] ユニバーサルは2012年にEMIの録音された音楽の関心の大部分を引き継ぎました。ソニー/ ATVミュージックパブリッシングの子会社としてのソニー[17]他の業界と同様に、レコード業界は、大企業だけでなく中堅企業にとっても、多くの合併や買収が特徴です(最近の例は、ベルギーのグループPIASとフランスのグループHarmonia Mundiによって示されています)。[18]

ジャンル的には、音楽起業家は業界モデルをフォークミュージックのような分野に拡大しました。フォークミュージックでは、作曲と演奏がアドホックな自立ベースで何世紀にもわたって続けられてきました。インディーズが同じ金融を提供することはできませんが、インディーズレコードレーベル、または「インディーズ」レーベルを形成すること、またはそのようなレーベルに署名することは、特にハードコアパンクエクストリームメタルなどのジャンルで、新進気鋭のミュージシャンに人気のある選択肢であり続けますメジャーレーベルの裏付け。一部のバンドはインディーズレーベルで署名することを好みます。これらのレーベルは通常、パフォーマーにより芸術的な自由を与えるからです。

デジタルオンライン配信の台頭

外部画像
RIAA US録音音楽販売チャート(インタラクティブ); フォーマット別の収益とボリューム。(1973-)
画像アイコン フォーマット別の販売レベネウス
画像アイコン 2018年の収益の内訳
画像アイコン フォーマット別の販売量
画像アイコン 2018年の販売量の内訳
Apple Inc.のオンラインiTunesストアのロゴ。曲や楽曲のデジタルファイルを、テレビ番組映画のデジタルファイルなどの他のさまざまなコンテンツとともに販売しています

2000年代の最初の10年間で、デジタルでダウンロードおよびストリーミングされた音楽は、物理的な録音( CDレコードテープなど)を購入するよりも人気がありました。これにより、消費者は、複数のデバイスにわたって、これまでになく幅広い種類の音楽にほぼ「摩擦なし」でアクセスできるようになりました。同時に、消費者は、1990年代に比べて、録音された音楽(物理的およびデジタル配信の両方)に費やすお金が少なくなりました。[19] Forrester Researchによると、米国の「音楽ビジネス」の総収益は、1999年の146億ドルから、2009年には63億ドルへと半減しました[20] CD、ビニール、カセット、およびIFPIによると、デジタルダウンロードは2000年の369億ドル[21]から2010年には159億ドル[22]に減少しました。エコノミストニューヨークタイムズは、下降傾向が当面続くと予想されたと報告しました。[23] [24]この劇的な収益の減少により、業界内で大規模なレイオフが発生し、より由緒ある小売業者(タワーレコードなど)が廃業し、レコード会社、レコードプロデューサー、スタジオ、レコーディングエンジニア、ミュージシャンが新しいビジネスモデルを探す[7]

デジタル音楽録音の違法なファイル共有の蔓延に対応して、レコード業界は積極的な法的措置を講じました。2001年には、ポピュラー音楽のWebサイトであるNapsterの閉鎖に成功し、音楽の歌のサウンドファイルの共有に参加した何千人もの個人に対して訴訟を起こすと脅迫しました。[7]しかし、これは音楽録音収入の減少を遅らせることはできず、音楽業界にとって広報活動の惨事を証明しました。[7] いくつかの学術研究は、ダウンロードが録音物の売り上げの減少を引き起こさなかったことを示唆しています。[25] 2008年の英国音楽権調査[26]英国の人々の80%が合法的なピアツーピア(P2P)ファイル共有サービスを望んでいたことを示しましたが、回答者の半分だけが音楽の作成者に報酬を支払うべきだと考えていました。この調査は、オープンミュージックモデルの基礎となった米国で実施された以前の調査結果と一致していました[27]

法的なデジタルダウンロードは、2003年のApple iTunes Storeのデビューとともに広く利用可能になりました。 [28]インターネットを介した音楽配信の人気は高まり[29]、2011年までにデジタル音楽の売上は音楽の物理的な売上を上回りました。[30] Atlantic Recordsは、デジタル販売が物理的な販売を上回ったと報告しています。[23] しかし、エコノミストが報告したように、「有料のデジタルダウンロードは急速に成長したが、CDからの収益の損失を埋め合わせ始めなかった」。[24]

2010年以降、 DeezerPandoraSpotifyAppleのiTunes Radioなどのインターネットベースのサービスは、サブスクリプションベースの「有料ストリーミング」の提供を開始しました。「インターネットを介したサービス。ストリーミングサービスでは、ユーザーは図書館から曲やその他のメディアを聴く権利について会社にサブスクリプションを支払います。一方、合法的なデジタルダウンロードサービスでは、購入者は曲のデジタルコピーを所有します(ストリーミングサービスを使用すると、ユーザーは曲ファイルをダウンロードしたり、曲ファイルを所有したりすることはありません。サブスクライバーは、ストリーミングサブスクリプションの支払いを継続している間のみ、曲を聴くことができます。 。ユーザーがサブスクリプションの支払いを停止すると、会社のリポジトリからの音声を聞くことができなくなります。ストリーミングサービスは、2014年に業界に深刻な影響を及ぼし始めました。

Spotifyは、一般的な音楽ストリーミング業界とともに、ダウンロードされた音楽の売り上げが減少し、音楽ストリーミングが増加しているため、アーティストからの批判に直面しています。曲またはアルバムごとに固定価格を支払う物理的またはダウンロード販売とは異なり、Spotifyは、「マーケットシェア」(サービスでストリーミングされる全曲の割合としての曲のストリーム数)に基づいてアーティストに支払います。[31] Spotifyは約70%を権利所有者に分配し、権利所有者は契約に基づいてアーティストに支払いを行います。変数、および(一部の人は)この補償の不適切な性質[32]批判につながっています。Spotifyは、ストリームごとに平均0.006ドルから0.008ドルを支払っていると報告しています。懸念に応えて、Spotifyは、ユーザーに有料サービスの使用を奨励することで、「著作権侵害や収益性の低いプラットフォームから離れ、以前よりもはるかに高いロイヤルティを生み出すことができるようにする」ことで、音楽ビジネスに利益をもたらしていると主張しています。[33] [34]

アメリカレコード協会(RIAA)は、2015年の収益レポートで、ストリーミングサービスが今年の米国の録音音楽業界の収益の34.3%を占め、前年から29%増加し、最大の収入源になったことを明らかにしました。約24億ドルで。[35] [36]米国のストリーミング収益は2016年上半期に57%増加して16億ドルになり、業界の売上のほぼ半分を占めました。[37]これは、1999年に米国の音楽業界がCDの販売から受け取った146億ドルの収益とは対照的です。

2000年代の録音音楽業界の混乱は、アーティスト、レコード会社、プロモーター、小売音楽店、消費者の間の20世紀のバランスを変えました。2010年の時点でウォルマートベストバイなどの大型店は、音楽業界の主要プレーヤーとしての機能を失った音楽のみのCD店よりも多くのレコードを販売しています。現在、音楽を演奏するアーティストは、収入の大部分をライブパフォーマンス商品販売(Tシャツ、スウェットシャツなど)に依存しているため、20世紀以前のミュージシャンのように、今では常連客に依存するようになっています。LiveNationなどの音楽プロモーターに代表される(ツアープロモーションを支配し、多数の音楽会場を所有または管理しています)。[4]アーティストのすべての収入源から利益を得るために、レコード会社は、2007年にロビーウィリアムズとEMIによって開拓された新しいビジネス関係である「 360ディール」にますます依存しています。 [38] 他の極端な場合、レコード会社は簡単な製造および流通取引を提供できます。これにより、アーティストに高い割合が与えられますが、マーケティングおよびプロモーションの費用はカバーされません。

Kickstarterのような企業は、インディーズミュージシャンが聴きたいバンドに資金を提供するファンを通じてアルバムを制作するのを支援しています。[39]多くの新しいアーティストは、レコード契約をビジネスプランの不可欠な部分とはまったく見なしていません安価な録音ハードウェアとソフトウェアにより、寝室のラップトップでリーズナブルな品質の音楽を録音し、インターネットを介して世界中の視聴者に配信することができます。[40]これにより、レコーディングスタジオ、レコードプロデューサー、オーディオエンジニアに問題が発生しました。ロサンゼルスタイムズは、その都市のレコーディング施設の半分が故障したと報告しています。[41] 音楽業界の変化により、消費者はこれまでになく幅広い種類の音楽にアクセスできるようになり、価格は徐々にゼロに近づいています。[7]しかし、音楽関連のソフトウェアとハ​​ードウェアへの消費者支出は過去10年間で劇的に増加し、AppleInc。やPandoraRadioなどのテクノロジー企業に貴重な新しい収入源提供まし

販売統計

2014年のデジタルアルバム販売量の伸び

IFPIによると[42]、2014年の世界のデジタルアルバムの売り上げは6.9%増加しました。

パーセンテージ
我ら + 2.1%
イギリス −2.8%
フランス −3.4%
グローバル(推定) + 6.9%

出典:Nielsen SoundScan、Official Charts Company / BPI、GfK、IFPIの見積もり。

統合

IFPI(2005)によると、世界の音楽市場の売上シェア

  EMI(13.4%)
  WMG(11.3%)
  ソニーBMG(21.5%)
  UMG(25.5%)
  独立(28.4%)

1998年12月以前は、業界は「ビッグシックス」によって支配されていました。ソニーミュージックとBMGはまだ合併しておらず、ポリグラムはまだユニバーサルミュージックグループに吸収されていませんでした。PolyGram-Universalの合併後、MEI World Report 2000によると、1998年の市場シェアは「ビッグファイブ」を反映しており、市場の77.4%を占めています。

  • ユニバーサルミュージックグループ— 21.1%
  • ソニーミュージックエンタテインメント— 17.4%
  • EMI — 14.1%
  • ワーナーミュージックグループ— 13.4%
  • BMG — 11.4%
  • インディーズレーベルの組み合わせ— 22.6%

2004年、ソニーとBMGの合弁事業は、世界市場が300〜400億ドルと見積もられていた時期に、「ビッグフォー」を創設しました。[43] 2004年の年間総売上高(CD、ミュージックビデオ、MP3)は30億でした。さらに、2005年8月に発行されたIFPIレポートによると、[44]ビッグ4は小売音楽売上の71.7%を占めました。

  • ユニバーサルミュージックグループ—25.5%
  • ソニーBMGミュージックエンターテインメント—21.5%
  • EMIグループ—13.4%
  • ワーナーミュージックグループ—11.3%
  • インディーズレーベルの組み合わせ—28.3%

Nielsen SoundScan(2011)によると、米国の音楽市場シェア

  EMI(9.62%)
  WMG(19.13%)
  SME(29.29%)
  UMG(29.85%)
  独立(12.11%)

Nielsen SoundScanは、2011年のレポートで、「ビッグ4」が市場の約88%を支配していると述べています。[45]

2011年12月にソニーミュージックエンタテインメントとユニバーサルミュージックグループがEMIを吸収した後、「ビッグスリー」が作成され、合併後の2013年1月8日に、EMIから40人の労働者が解雇されました。ヨーロッパの規制当局は、ユニバーサルミュージックにEMI資産のスピンオフを強制し、ワーナーミュージックグループに買収されたパーロフォンレーベルグループになりました。[46] Nielsen SoundScanは2012年にレポートを発行し、これらのラベルが市場の88.5%を支配していることを指摘し、さらに次のように述べています。[47]

注:IFPIとNielsen Soundscanは異なる方法を使用しているため、数値を気軽に比較することは困難であり、科学的に比較することは不可能です。[48]

2018年9月現在の現在の市場シェアは次のとおりです。[49]

  • ワーナーミュージックグループ— 25.1%
  • ユニバーサルミュージックグループ— 24.3%
  • ソニー株式会社— 22.1%
  • その他— 28.5%

この業界の最大のプレーヤーは、100以上の補助レコードレーベルまたはサブレーベルを所有しており、それぞれが特定の市場ニッチに特化しています。業界で最も人気のあるアーティストだけがメジャーレーベルに直接署名しています。これらの企業は、米国の市場シェアの半分以上を占めています。ただし、新しいデジタル環境により、より小さなラベルがより効果的に競争できるようになるため、これは近年やや低下しています。[49]

アルバムの売上と市場価値

21世紀の初めの数十年でアルバムの総売上高は減少し、一部の音楽評論家はアルバムの死を宣言しました。(たとえば、2014年に米国でプラチナになったアルバムはディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」とテイラースウィフトの1989年のサウンドトラックだけでし、2013年には数人のアーティストがプラチナになりました。)[50] [51]次の表は、アルバムの売り上げと2014年の世界の市場価値。

音楽市場、総小売価格、および物理的、デジタルレコードのシェア、2014年
ランキング 市場 小売価格
US $
(百万)
% 変化する 物理的 デジタル 演奏権 同期
1 アメリカ 4,898.3 2.1% 26% 71% 0% 4%
2 日本 2,627.9 −5.5% 78% 17% 3% 1%
3 ドイツ 1,404.8 1.9% 70% 22% 7% 1%
4 イギリス 1,334.6 −2.8% 41% 45% 12% 2%
5 フランス 842.8 −3.4% 57% 27% 13% 3%
6 オーストラリア 376.1 −6.8% 32% 56% 9% 2%
7 カナダ 342.5 -11.3% 38% 53% 6% 2%
8 韓国 265.8 19.2% 38% 58% 3% 1%
9 ブラジル 246.5 2.0% 41% 37% 21% 1%
10 イタリア 235.2 4.1% 51% 33% 13% 3%
11 オランダ 204.8 2.1% 45% 38% 16 1%
12 スウェーデン 189.4 1.3% 15% 73% 10% 2%
13 スペイン 181.1 15.2% 47% 35% 17% 1%
14 メキシコ 130.3 −1.4% 41% 53% 4% 2%
15 ノルウェー 119.9 0.1% 14% 72% 12% 2%
16 オーストリア 114.9 −2.7% 65% 22% 13% 1%
17 ベルギー 111.2 −5.8% 49% 28% 22% 0%
18 スイス 108.2 −8.1% 52% 38% 9% 0%
19 中国 105.2 5.6% 12% 87% 0% 1%
20 インド 100.2 -10.1% 31% 58% 8% 3%

出典:IFPI2014年次報告書。[52]

録音された音楽小売売上高

2000

シーグラムは、米国証券取引委員会に提出された2000年6月30日の年次報告書で、ユニバーサルミュージックグループが前年の世界のクラシック音楽の売上の40%を占めたと報告しました。[53]

2005

2005年の中間の物理的な小売売上高。すべての数字は百万単位。

国情報 単位 価値 変化 (%)
ランキング 国の名前 シングル CD DVD 総ユニット数 $(米ドル) 現地通貨 単位 価値
1 米国 14.7 300.5 11.6 326.8 4783.2 4783.2 −5.70% −5.30%
2 日本 28.5 93.7 8.5 113.5 2258.2 239759 −6.90% −9.20%
3 イギリス 24.3 66.8 2.9 74.8 1248.5 666.7 -1.70% −4.00%
4 ドイツ 8.5 58.7 4.4 71 887.7 689.7 −7.70% −5.80%
5 フランス 11.5 47.3 4.5 56.9 861.1 669.1 7.50% −2.50%
6 イタリア 0.5 14.7 0.7 17 278 216 −8.40% −12.30%
7 カナダ 0.1 20.8 1.5 22.3 262.9 325 0.70% −4.60%
8 オーストラリア 3.6 14.5 1.5 17.2 259.6 335.9 −22.90% −11.80%
9 インド 10.9 55.3 239.6 11500 −19.20% −2.40%
10 スペイン 1 17.5 1.1 19.1 231.6 180 −13.40% −15.70%
11 オランダ 1.2 8.7 1.9 11.1 190.3 147.9 −31.30% −19.80%
12 ロシア 25.5 0.1 42.7 187.9 5234.7 −9.40% 21.20%
13 メキシコ 0.1 33.4 0.8 34.6 187.9 2082.3 44.00% 21.50%
14 ブラジル 0.01 17.6 2.4 24 151.7 390.3 −20.40% −16.50%
15 オーストリア 0.6 0.6 4.5 0.2 5 120.5 93.6 -1.50% −9.60%
16 スイス ** 0.8 7.1 0.2 7.8 115.8 139.2 該当なし 該当なし
17 ベルギー 1.4 6.7 0.5 7.7 115.4 89.7 -13.80% −8.90%
18 ノルウェー 0.3 4.5 0.1 4.8 103.4 655.6 −19.70% -10.40%
19 スウェーデン 0.6 0.6 6.6 0.2 7.2 98.5 701.1 −29.00% −20.30%
20 デンマーク 0.1 4 0.1 4.2 73.1 423.5 3.70% −4.20%
トップ20 74.5 757.1 42.8 915.2 12378.7 −6.60% −6.30%

2003–2007

2003年の総CD売上高の約21%は、中古CDの売上に起因する可能性があります。[要出典]この数は2007年に約27%に増加しました。[要出典]この増加は、Amazon.comなどの販売店による中古製品のオンライン販売の増加によるものであり、中古音楽メディアの成長は今後も続くと予想されます。デジタルダウンロードのコストが上昇し続けるにつれて成長します。[要出典]中古品の販売はベンダーやオンラインマーケットプレイスに経済的に利益をもたらしますが、米国ではファーストセールドクトリン著作権所有者(通常、レコードレーベルや出版社)が中古音楽の販売に対する課税を通じて「ダブルディッピング」するのを防ぎます。

2011

2011年半ば、RIAAは、2010年に比べて売上高が5%増加し、「おそらく1つの理由はない」と述べました。[54]

2012

Nielsen Company&Billboardの2012年業界レポートによると、音楽全体の売上は2011年に比べて3.1%増加しました。デジタル売上は、この増加を引き起こし、デジタルアルバムの売上は14.1%、デジタルトラックの売上は5.1%増加しましたが、フィジカルミュージックの売上は12.8%減少しました。 2011年と比較して。減少にもかかわらず、物理的なアルバムは依然として主要なアルバム形式でした。ビニールレコードの売上高は17.7%増加し、ホリデーシーズンアルバムの売上高は7.1%減少しました。[47]

年ごとの総収入

IFPIによる世界貿易収入

収益 変化する ノート
2005年 207億ドル –3% [55] [56]
2006年 196億ドル –5% [55]
2007年 188億ドル −4% [57]
2008年 184億ドル −2% [58]
2009年 174億ドル −5% [59]
2010年 168億ドル −3.4% [8]
2011 162億ドル −4% [8] [60](同期収益を含む)
2012年 165億ドル + 2% [60]
2013年 150億ドル −9% [61]
2014年 149.7億ドル -0.2% [62]
2015年 150億ドル + 3.2% [63] [64]
2016年 157億ドル + 5% [65]
2017年 174億ドル + 10.8% [66]
2018年 191億ドル + 9.7% [67]
2019年 202億ドル + 8.2% [68]

地域別

協会や組織

音楽協会および組織のリストには、巨大な国際機関から小規模な国内レベルの機関に至るまで、世界中の例が含まれています。

も参照してください

参考文献

引用

  1. ^ ソニー株式会社は2008年10月1日、2008年8月5日に発表されたベルテルスマンのソニーBMGの50%株式の取得を完了したと発表しました。参照:「ソニーによるベルテルスマンのソニーBMGの50%株式の取得完了」(プレスリリース)。ソニーコーポレーションオブアメリカ。2008年10月3日にオリジナルからアーカイブされました。
  2. ^ 「音楽産業」エコノミスト2008年10月15日。
  3. ^ ゴールドマン、デビッド(2010年2月3日)。「音楽の失われた10年:売り上げは半分に減った」
  4. ^ a b ジョン・シーブルック(2009年8月10日)。「チケットの価格」ニューヨーカーエンターテインメント年報。p。34。
  5. ^ 「モバイルワールドコングレス2011」dailywireless.org2011年2月14日。2013年10月21日のオリジナルからアーカイブ2011年2月28日取得アマゾンは現在、世界最大の本の小売業者です。世界最大の音楽小売業者であるアップル。
  6. ^ リー、タイラー; PDT、2020年4月5日15:51。「Spotifyは2019年の最大の音楽ストリーミングサービスでした」Ubergizmo 2021年3月3日取得
  7. ^ a b c d e f Knopper、Steve(2009)。自己破壊への欲求:デジタル時代のレコード業界の壮大なクラッシュフリープレス。ISBN 978-1-4165-5215-4
  8. ^ a b c "IFPI 2012レポート:グローバルミュージックの収益が3%減少、同期、PRO、デジタル収入が増加"ビルボード。2012年3月26日2016年11月21日取得
  9. ^ http://info.dcc-studios.com/blog/why-branding-is-important-for-djs-and-producers/
  10. ^ 「なんと混乱:バークリー音楽大学からの新しいレポートは、老朽化し​​た、壊れたビジネスを修正するように見えます」ビルボード。2015年7月14日2016年11月21日取得
  11. ^ 「音楽産業における透明性の創造」Hypebot.com2015年8月4日2016年11月21日取得
  12. ^ グローバー、ジェーン。「親愛なるコンスタンツェ|音楽」ガーディアン2016年11月21日取得
  13. ^ 「darky」/「coon」の区別については、たとえば、p。の注34を参照してください。エドワード・マルクスとローラ・E・フラニーの注釈付き版の野口米次郎、日本人少女のアメリカ日記、テンプル大学出版会、2007年、 ISBN1-59213-555-2Lewis A. Erenberg(1984)、 Steppin'Out:New York Nightlife and the Transformation of American Culture、1890–1930、University of Chicago Press、p。73ISBN0-226-21515-6「暗い」ステレオタイプの詳細については、J。RonaldGreen(2000)、 Straight Lick:The Cinema of Oscar Micheaux、Indiana University Press、 pp。134、206 、 ISBN0-253-33753-4を参照してください。   ; p。同じ作品の151も、特定の「あらいくま」の原型をほのめかしています。
  14. ^ 「初期のレコードレーベルの歴史」Angelfire.com 2013年2月4日取得
  15. ^ 「EUに裏打ちされたソニーとBMGの合併」、BBCニュース、2004年7月19日
  16. ^ Mark Sweney「Universalの12億ポンドのEMI買収が承認されました–条件付き」 The Guardian(ロンドン)、
  17. ^ 「Sold!EMI Music Publishing to Consortium Led by Sony / ATV、Michael Jackson Estate for $ 22 Billion」 The Hollywood Reporter、2012年6月30日
  18. ^ マリオ・ダンジェロ:「グローバリゼーションは不可解な集中を意味しますか?」Roche F.、Marcq B.、ColoméD。(eds) The Music Industry in the New Economic、Report of the Asia-Europe Seminar(Lyon 2001)IEP de Lyon / Asia-Europe Foundation / European、2002、pp.53 –60。
  19. ^ McCardle、Megan(2010年5月)。「フリーローダー」大西洋2010年12月10日取得業界の収益は過去10年間減少しています
  20. ^ ゴールドマン、デビッド(2010年2月3日)。「音楽の失われた10年:売り上げは半分に減った」2018年12月1日取得[...]レコーディング業界ではすべてが順調に進んでいるように見えます。しかし、昨年末の音楽ビジネスは10年前の半分の価値があり、衰退はすぐには鈍化することはないようです。[...] Forrester Researchによると、米国の音楽販売とライセンスによる総収益は2009年に63億ドルに急落しました。1999年には、その収益額は146億ドルを超えました。
  21. ^ 「2000年の業界の世界販売」(PDF)IFPI年次報告書2001年4月9日2011年7月18日取得
  22. ^ Smirke、Richard(2011年3月30日)。「IFPI2011レポート:世界の録音音楽の売上高は8.4%減少、エミネム、レディーガガのトップインターナショナルセラーズ」ビルボードマガジン2012年7月18日取得
  23. ^ a b Arango、Tim(2008年11月25日)。「大西洋でのデジタル販売はCDを上回っています」ニューヨークタイムズ2009年7月6日取得
  24. ^ ab 音楽業界」エコノミスト2008年1月10日。
  25. ^ ボーランド、ジョン(2004年3月29日)。「音楽の共有はCDの売り上げを損なうものではない」と研究は述べているCネット2009年7月6日取得
  26. ^ AndrewOrlowski80%が合法的なP2Pを望んでいます-調査レジスター、2008年。
  27. ^ ShumanGhosemajumder高度なピアベースのテクノロジービジネスモデルMITスローン経営大学院、2002年。
  28. ^ X. Chen、Brian(2010年4月28日)。「2003年4月28日:AppleがiTunesStoreをオープン」有線2019年11月19日取得
  29. ^ グリッグス、ブランドン(2013年4月26日)。「iTunesが音楽と世界をどのように変えたか」CNN2019年11月19日取得
  30. ^ Segall、Laurie(2012年1月5日)。「デジタル音楽売上高トップフィジカル売上高」CNN 2012年4月24日取得Nielsen and Billboardのレポートによると、2011年の音楽販売の50.3%はデジタル音楽の購入でした。
  31. ^ マーシャル、リー(2015年7月3日)。「」「音楽を特別なものにしましょう。F—Spotify ':オンデマンドストリーミングとアーティストの使用料をめぐる論争」.Creative Industries Journal .8(2):177–189。doi 10.1080 / 17510694.12015.1096618 .hdl 1983 / e268a666-8395-4160-9d07- 4754052dff5d。ISSN1751-0694。S2CID143176746_ _ _ _ _ _  
  32. ^ 浚渫、スチュアート(2015年4月3日)。「ミュージシャンはSpotify、iTunes、YouTubeから実際にどれだけ稼いでいますか?」ガーディアンISSN0261-3077 _ 2016年3月26日取得 
  33. ^ 「独占:ポップの即座にプラチナの驚異であることについてのテイラー・スウィフト...そしてなぜ彼女は小川に逆らって漕いでいるのか」yahoo.com2014年11月6日。
  34. ^ 「テイラースウィフトはストリーミング音楽の「壮大な実験」を避けます」ローリングストーン2014年11月6日。
  35. ^ 比較:「2015RIAAの出荷と収益の統計に関するニュースとメモ」(PDF)RIAA 2018年12月1日取得ストリーミング音楽のすべてのカテゴリ(サブスクリプション、広告サポートのオンデマンド、およびSoundExchangeディストリビューション)を組み合わせると、収益は29%増加して24億ドルになりました。
  36. ^ 「ストリーミングは、デジタルダウンロード、物理的な販売よりも2015年に音楽業界に多くの収益をもたらしました」ワシントンタイムズ2017年1月5日取得
  37. ^ ショー、ルーカス(2016年9月20日)。「音楽業界はついにストリーミングでお金を稼いでいる」Bloomberg.comブルームバーグLP 2017年1月5日取得
  38. ^ ロッソ、ウェイン(2009年1月16日)。「展望:録音業界はもっと悪いニュースに備えるべきだ」CNET 2009年1月17日取得
  39. ^ 「Appleではなく新興企業、音楽業界の再生をリードする」Thestreet.com 2016年11月21日取得
  40. ^ グラハム、ジェファーソン(2009年10月14日)。「ミュージシャンは、GiO forMacなどのテクノロジーのためにスタジオを捨てる」USAトゥデイ
  41. ^ Nathan Olivarez-Giles(2009年10月13日)。「レコーディングスタジオはミックスから除外されています」ロサンゼルスタイムズ
  42. ^ 「デジタル音楽レポート2014」(PDF)p。9 2015年6月7日取得
  43. ^ 2007年5月21日にアーカイブされたRIAAによると、ウェイバックマシンでは、世界の音楽市場は400億ドルと推定されていますが、 IFPI(2004)によると、320億ドルと推定されています。
  44. ^ 「IFPIは録音された音楽の世界市場に関する決定的な統計を発表します」Ifpi.org。2005年8月2日2013年9月17日取得
  45. ^ 「ニールセン社とビルボードの2011年音楽産業レポート」、ビジネスワイヤ(2012年1月5日)
  46. ^ Tom Pakinkis、「米国で報告されたEMIレイオフ」、ミュージックウィーク(2013年1月8日)
  47. ^ a b 「ニールセン社とビルボードの2012年音楽業界レポート」、ビジネスワイヤ(2013年1月4日)
  48. ^ 「デジタル音楽の先物と独立した音楽産業」 Clicknoise.net、2007年2月1日。
  49. ^ a bIBISWorld レポート51221
  50. ^ マッキンタイア、ヒュー(2014年10月16日)。「2014年に1人のアーティストのアルバムがプラチナになったことはありません」フォーブス
  51. ^ サンダース、サム。「テイラー・スウィフト、プラチナ・パーティー・オブ・ワン」NPR.org
  52. ^ 「RIAJイヤーブック2015:IFPI 2013、2014。録音された音楽のグローバル販売」(PDF)日本レコード協会p。24 2015年6月7日取得
  53. ^ 「SeagramCoLtd-6 / 30/00の「10-K405」」SEC情報2016年11月21日取得
  54. ^ 「中年のデジタル音楽のマイルストーン」アメリカレコード協会2011年7月11日。2013年10月21日のオリジナルからアーカイブ2012年10月18日取得おそらく1つの理由はありませんが、従来とは異なる販売店での音楽の販売など、マーケティング活動の強化と、LimeWireの閉鎖などの著作権侵害対策の成功が役立ったと考えています。
  55. ^ abダウンロード 世界的な音楽販売の落ち込みを食い止めることができない TheGuardian
  56. ^ プレスリリース:「デジタルフォーマットは引き続き世界の音楽市場を牽引している」、 IFPI(ロンドン、2006年3月31日)。
  57. ^ 「IFPIは2007年に録音された音楽収入の減少を明らかにしました」音楽同盟国。2008年5月15日2016年11月21日取得
  58. ^ 「2008年の世界の音楽売上高は8%減少:IFPI」ロイター2009年4月21日2016年11月21日取得
  59. ^ 「IFPI2011レポート:世界の録音された音楽の売上高は8.4%減少、エミネム、レディーガガのトップインターナショナルセラーズ」ビルボード。2011年3月30日2016年11月21日取得
  60. ^ a b IFPIデジタルミュージックレポート2013:1999年のビルボード以来初めて世界の録音された音楽収益が上昇
  61. ^ IFPIデジタルミュージックレポート2014:世界で録音された音楽の収益が4% 減少
  62. ^ Smirke、Richard(2015年4月14日)。「世界記録のビジネスはわずかに落ち込み、米国はIFPIの2015年のレポートで上向きに動きます」billboard.com2015年4月20日取得
  63. ^ 「IFPIグローバルレポート:ストリーミングが爆発するにつれて、デジタル収益は初めて物理を上回ります」ビルボード2016年4月12日2016年7月22日取得
  64. ^ 「IFPIグローバルミュージックレポート2016:業界の現状」(PDF)Ifpi.org 2016年7月22日取得
  65. ^ 「ストリーミングは2018年に世界中の音楽収入のほぼ半分を占めました」TechCrunch 2019年10月17日取得
  66. ^ 「ストリーミングは2018年に世界中の音楽収入のほぼ半分を占めました」TechCrunch 2019年10月17日取得
  67. ^ 「ストリーミングは2018年に世界中の音楽収入のほぼ半分を占めました」TechCrunch 2019年10月17日取得
  68. ^ 「グローバルミュージックレポート」IFPI 2020年8月21日取得

ソース

  • クラシロフスキー、M。ウィリアム; ニューハーフ、シドニー; グロス、ジョンM。; ファインスタイン、ジョナサン(2007)、音楽のこのビジネス(第10版)、ビルボードブック、ISBN 0-8230-7729-2

さらに読む

外部リンク