音楽ダウンロード

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

iTunes Storeには示して、携帯電話を介してアクセスピンク・フロイドのアルバム・ムーンのダークサイドを

音楽ダウンロードは、(一般に呼ばれるデジタルダウンロード)された音楽のデジタル転送を経由してインターネットなど、デコードし、それを再生できるデバイスへのパーソナルコンピュータポータブルメディアプレーヤーMP3プレーヤースマートフォン。この用語には、合法的なダウンロードと、許可または合法的な支払いなしでの著作権保護された素材のダウンロードの両方が含まれますニールセンのレポートによると、ダウンロード可能な音楽は、2012年の米国の音楽売上の55.9%を占めました。[nb 1] [1]2011年の初めまで、AppleのiTunes Storeには、一人で作られた米$その会計年度第1四半期の売上高の11億を。[2]音楽のダウンロードは通常、修正離散コサイン変換(MDCT)オーディオデータ圧縮、特にiTunesで使用されるAdvanced Audio Coding(AAC)フォーマットとMP3 オーディオコーディングフォーマットでエンコードされます[3]

オンラインミュージックストア

有料ダウンロードは、特定のデジタルオーディオプレーヤーでの音楽のコピーや購入した曲の再生を制限するデジタル著作権管理エンコードされる場合がありますほとんどの場合不可逆コーデック(通常はMPEG-1レイヤー3、Windowsメディア、またはAAC)を使用して圧縮されるため、ファイルサイズと帯域幅の要件が軽減されます。これらの音楽リソースは、音楽への簡単で迅速なアクセスを求める顧客のテクノロジーとニーズの拡大に対応するために作成されました。彼らのビジネスモデルは、法律サービスをユーザーにとって魅力的なものにすることで、「ダウンロード革命」に対応しています。

合法的な音楽ダウンロードでさえ、アーティスト、レコードレーベル、アメリカレコード協会からの多くの課題に直面しています。 2007年7月、ユニバーサルミュージックグループは、iTunesとの長期契約を更新しないことを決定しました。この決定は主に曲の価格設定の問題に基づいていました。Universalはアーティストに応じて多かれ少なかれ課金できるようにしたかったため、当時のiTunesの標準から1曲あたり99セントの価格設定に移行しました。多くの業界リーダーは、これがAppleInc とさまざまなレコードレーベルとの間の多くの対決の最初のものにすぎないと感じています。[4]

ウェブサイトTorrentFreakの調査によると、スウェーデンのアーティストの38%がファイル共有のダウンロードをサポートしており、キャリアの初期段階でアーティストを支援すると主張しています。スウェーデンのロックグループLamontを含むアーティストは、ファイル共有から利益を得ています。[5]

違法ダウンロードに対するRIAA

全米レコード協会(RIAA)が公表され、音楽制作、流通、米国での製造の約85パーセントを監督しています。彼らが表明した目標は、アーティストの創造性をサポートし、違法なダウンロードによってアーティストがお金からだまされないようにすることです。[6]全米レコード協会は違法から音楽ファイルをダウンロードした人に対して、2003年9月8日に初の訴訟を開始したのKazaa FastTrackインタネットワーク。

キャンペーンが開始されてから2年後、キャンペーンは少なくとも1つの主要な法的課題を乗り越えました。[要出典] RIAAは、インターネット音楽の著作権侵害に終止符を打つことを期待して、音楽ファイルを無料でダウンロードする個人に対して2006年2月に750件の訴訟を起こしたと述べた[7]。 RIAAは、彼らのキャンペーンが人々に音楽レーベルの著作権を尊重し、最終的には違法ダウンロードの数を最小限に抑えることを強制することを望んでいます。[8]

公式チャート会社でのダウンロードを組み込むために始めた英国シングルチャートラジオ1は、別のダウンロード・チャート、放送停止した時点で2005年4月17日、上の[要出典]をチャートがまだコンパイルされているが。当初、これは、曲に同時に物理的なメディアリリースが必要であるという条件でした。このルールは2007年1月1日に完全に解除されました。つまり、すべてのダウンロード販売がチャートで適格になりました。[要出典]

販売記録

イギリス

音楽のダウンロードは2004年からオフィシャルチャートカンパニーによって測定され、2005年からメインのUKシングルチャートに含まれています。2014年9月の時点で、英国で最もダウンロードされた曲はファレルウィリアムズのハッピーで、180万回以上ダウンロードされました。[9]

アメリカ合衆国

2005年11月、米国で最も売れたダウンロードシングルのレコードは、グウェンステファニーの「ホラバックガールによって保持され、100万ダウンロードを超え、プラチナダウンロードステータスを達成した最初の曲になりました。[10] 2012年7月の時点では、ベストセラーのレコードは、iTunes Storeでの米国内の単一のダウンロードはで開催されるザ・ブラック・アイド・ピーズの「Iガッタ感800万ダウンロード以上を販売しています」、。[11] [12]

2009年に亡くなった直後、マイケルジャクソンは、インターネット経由でダウンロードした100万曲以上を1週間で販売した最初のアーティストになりました。[13]しかし、アデルは1週間に1曲で販売されたダウンロード数が最も多く、「ハロー」は2015年11月に112万部を販売しました。

エミネムの7番目のスタジオアルバムであるRecovery(2010)は、100万枚のデジタルコピーを販売した最初のアルバムになりました。[14]

ビヨンセのセルフタイトルの5番目のスタジオアルバムは、2013年12月のリリース後24時間以内にiTunesの歴史の中で最も売れたアルバムになりました。発売から24時間以内に、アルバムは43万枚のデジタルコピーを販売しました。アデルの3番目のスタジオアルバム25は、2015年11月20日にリリースされてから、iTunes史上1週間で最も売れたアルバムになりました。最初の週に164万枚のデジタルコピーを販売しました(アルバムのリードのリリース以降、iTunesストアでの予約注文を含みます)。 2015年10月のシングル「Hello」)。

日本

2006年、日本レコード協会は、2000年代初頭以降のデータを編集し、日本でデジタルリリースされた音楽の認証の発行を開始しました。[15]最も売れている曲は、福島を拠点とするボーカルグループのGreeeenの曲「Kiseki」(2008)で、2008年から2015年の間に400万回の合法的なダウンロードが認定された[16]、続いてR&B歌手の青山テルマ' ■ 2008年から2014年の間に300万回のダウンロードが認定されたラッパーSoulJaをフィーチャーしたそばにいるね」(2008年)[17]250万件のダウンロードを2007年から2009年の間追跡でGReeeeNのの曲「愛唄」(2007)、三番目に高い公認ソングとしてランク[18] [19]さらに二つの曲が販売している200万人以上の有料ダウンロードを:絢香の"三日月「(2006)」と小袋の「つぼみ」(2007)。[20]日本で最も成功した着信音は、モルドバ、ルーマニアのバンドであるO-ゾーンの「Dragostea DIN TEI『恋のMaiahi』としてローカルに知られている」(2003)、 恋のマイアヒ 400万個の単位を有すると認定されました、販売しました。[15]

日本では、RIAJによるデジタル認証を受けたアルバムは2枚のみです。最初でしたソングス・フォー・ジャパン(2011)、のために利益を上げるチャリティーコンピレーションアルバム東北地方太平洋沖地震2011年6月10万のダウンロードのために金を認定された、[21]セカンドアルバムはの日本語キャスト記録した冷凍2014年3月のリリースから2015年1月までの間に10万枚を売り上げたサウンドトラック。[22]

韓国

韓国では、カオンデジタルチャートは、公表データによると、2009年最も成功した曲があるので、デジタル販売を追跡してきたバスカー・バスカーの「エンディング桜2012年と2017年の間で700万回ダウンロードされました」(2012)、。[23] [24] [25] [26] 2011年、T-araのRoly-Polyは今年最も成功した曲で、410万部のデジタルコピーを販売しました。[27] 「RolyPoly」も韓国の歴史の中で最も売れ行きの良い曲になり、暦年で最初に400万ダウンロードに達しました(RolyPolyは5か月で+400万ダウンロードを達成しました)。 2012年にこの称賛はPsyに行きました'NS "江南スタイル」、380万本を販売した後。[23]

も参照してください

注意事項

  1. ^ 「すべての音楽販売」とは、アルバムとトラックに相当するアルバムを指します。トラック相当のアルバムは10トラックに相当します。

参考文献

  1. ^ Lunden、Ingrid(2013年1月4日)。「DownloadMeMaybe:米国の音楽市場は3.1%増加し、2012年の13億のデジタルトラック販売に後押しされた」とニールセンは述べています。TechCrunch2013年1月6日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年1月21 2013
  2. ^ AppleのiTunesの収益 は、2011年5月12日にWayback Machine FierceMobileContentで2011年1月19日にアーカイブされた第1四半期に11億ドルを超えました。
  3. ^ ファン、Jenq-Neng(2009)。マルチメディアネットワーキング:理論から実践へケンブリッジ大学出版局NS。50. ISBN 9780521882040
  4. ^ リーズ、ジェフ。「iTunesをめぐるAppleとの論争の普遍的」
  5. ^ 「スウェーデンの芸術家はファイル共有を合法化したい」 2011年10月17日
  6. ^ 「レポートを行う学生のために」RIAA。2012年4月10日にオリジナルからアーカイブされまし取得した30年4月2012
  7. ^ 「Riaaは音楽盗難訴訟の新しいラウンドを発表します
  8. ^ ジェイソンクラウス。「ダウンロードの分割」。ABA Journal 92(2006):16、18。研究図書館。ProQuest。ジョージア州立大学図書館ジョージア州アトランタ。2008年11月12日
  9. ^ Copsey、Rob(2014年9月9日)。「ファレルのハッピーは今や英国で最もダウンロードされたトラックです」オフィシャルチャートカンパニー取得した12年10月2014
  10. ^ ハイアット、ブライアン(2006年1月19日)。「ステファニー、エンドウ豆のリードシングルブーム」ローリングストーンウェナーメディア2007年1月9日取得
  11. ^ 「2012年6月24日に終了する週。曲:Elton&The Peas |チャートウォッチ(NEW)」Yahoo.com2012年6月27日2012年11月2日取得
  12. ^ 「2011年3月20日に終了する週:曲:クリスブラウンマター– Yahoo!チャートウォッチ」Yahoo.com2011年3月23日2012年11月2日取得
  13. ^ Zee(2009年7月2日)。「マイケルジャクソンは、1週間で100万ダウンロードを販売した最初の企業です次のWeb 取り出さ年1月18 2014
  14. ^ 「エミネムはデジタル販売記録を設定しますラップレーダー。2011年7月5日取得した19年9月2011
  15. ^ a b レコード協会調査:8月のデジタル音楽ダウンロード認証」。日本レコード協会2006年9月20日取り出さ年1月23 2014
  16. ^ レコード協会調査:7月のデジタル音楽ダウンロード認定 [レコード協会調査:7月デジタル音楽ダウンロード認定]。日本レコード協会2015年8月20日取得した20年8月2015
  17. ^ レコード協会調査:3月デジタル音楽ダウンロード認証 [レコード協会調査:3月度交換音楽ダウンロード認定]。日本レコード協会2014年4月18日取得した26年4月2014
  18. ^ レコード協会調査:8月のデジタル音楽ダウンロード認証」。日本レコード協会2008年9月20日取得した29年4月2015
  19. ^ レコード協会調査:7月のデジタル音楽ダウンロード認定 [レコード協会調査:7月デジタル音楽ダウンロード認定]。日本レコード協会2009年8月20日取り出さ年1月26 2014
  20. ^ レコード協会調査:1月デジタル音楽ダウンロード認定 [レコード協会調査:1月度交換音楽ダウンロード認定]。日本レコード協会2014年2月28日検索された4年3月2014
  21. ^ レコード協会調査:5月のデジタル音楽ダウンロード認証」。日本レコード協会2011年6月20日取り出される4年2月2014
  22. ^ レコード協会調査:1月デジタル音楽ダウンロード認定 [レコード協会調査:1月度交換音楽ダウンロード認定]。日本レコード協会2015年2月20日取得した20年2月2015
  23. ^ a b "2012년ダウンロードチャート"韓国音楽コンテンツ産業協会取得した29年4月2015
  24. ^ 「2013년ダウンロードチャート」韓国音楽コンテンツ産業協会取得した29年4月2015
  25. ^ 「2014년ダウンロードチャート」韓国音楽コンテンツ産業協会取得した29年4月2015
  26. ^ 「2015년ダウンロードチャート」韓国音楽コンテンツ産業協会取り出さ年1月26 2016
  27. ^ 「2011년ダウンロードチャート」韓国音楽コンテンツ産業協会取得した29年4月2015