ムラガリ・アクメツァノヴィチ・ヤウシェフ

ムラガリ・アクメツァノヴィチ・ヤウシェフ
Муллагали Ахметжанович Яузев
ムラガリ・アクメッツァノヴィチ・ヤウシェフの肖像
生まれる( 1864-12-05 )1864年12月5日
トロイツク、トロイツク・ウイズド、オレンブルク県
死亡しました1926年(1926-00-00)(61~62歳)
職業起業家、著名人
子供たち2人の息子と6人の娘
  • アクメツハン・ゲイシッチ・ヤウシェフ(父)

ムラガリ・アクメツァノヴィチ (ガリ・アクメトヴィチ) ヤウシェフ(ロシア語: Муллагали Ахметжанович (Гали Ахметович) Яузев ; 1864 年 12 月 5 日 - 1926 年) は、第一ギルドの商人でした彼は「ヤウシェフ兄弟の商社」の当主であり、ヴォルガ・タタールの有名な商家であるヤウシェフ家の商人王朝の影響力のあるメンバーでした。

キャリア

ヤウシェフはアブドゥルバリ・アクメツァノヴィチ・ヤウシェフの弟でした。1906 年に亡くなった後、ヤウシェフは家業を率いました。[1]ヤウシェフ家の主な事業は、自ら生産した商品を含む工業製品や農産物の販売でした。

ムラガリ・ヤウシェフの指導の下、ヤウシェフ兄弟商社は、トロイツク(1911 年)、チェリャビンスク(1913 年)、タシケント(1915 年)、クスタナイ(1915 年) など、いくつかの大規模な近代的なショッピング アーケードを建設しました。[2]トロイツクの 4 階建て通路ビル 1 棟の建設には 300,000 ルーブルがかかり、そのビルには 125 人が雇用されていました。1915 年、ヤウシェフは商業顧問の名誉称号を授与されました。

業務外での活動

政治活動

ヤウシェフは、1906年1月にサンクトペテルブルクで開催された第2回全ロシア・イスラム教徒会議の代表であった。彼はタタール自由主義運動[3]ジャディード運動に積極的に参加した。1914年から1917年まで、トロイツク市議会およびトロイツク郡ゼムストヴォ議会の議員を務めた。[4]

チャリティー

1901 年から 1906 年まで、ヤウシェフはトロイツク イスラム慈善協会の名誉会員でした。1907 年から 1917 年まで、彼はその会長を務めました。1901年に彼は財務長官に選出された。ヤウシェフはイスラム教徒孤児院の執行委員会の委員長を務めた。1906年以降、ヤウシェフはトロイツク市立2年制ロシア・タタール学校とロシア第2トロイツク市立4年制学校の名誉後見人となった。[5] 1909 年、彼はクスタナイのイスラム慈善協会の創設者の 1 人でした1914 年に、彼は小学校の生徒のケアのためのトロイツク シャムロック協会の創設者の 1 人になりました。1914 年、ヤウシェフは家族とともにトロイツクに女性マドラサを設立しました。[6]彼はサンクトペテルブルクのモスクの建設のために 1000 ルーブルを寄付しました

出国と帰国

十月革命とロシア内戦の勃発、ヤウシェフは家族とともにウラジオストクに移住し、その後まず中国のハルビンと日本横浜に移住した。家族は1923年まで横浜に滞在しました。米国への移住の機会が近づいてきたため、ヤウシェフ一家はソビエト・ロシアに戻ることを決意しました。帰国後、一家はタシケントで貧しい生活を送り、ヤウシェフの元従業員に助けられた。[要出典]

ヤウシェフには 2 人の息子と 6 人の娘がいましたが、彼の唯一の著名な子孫は、孫でソ連のジャーナリストであるファリド・セイフル=ムリュコフです。[7]

参考文献

  1. ^ “Костанайская соборная мечеть - Карта Культуры”. 2017年2月6日。2017年2月6日のオリジナルからアーカイブ2019 年11 月 14 日に取得{{cite web}}: CS1 メイン: ボット: 元の URL 状況不明 (リンク)
  2. ^ "Челябинск, музей искусств, картинная галерея, пассаж Яузевых, 100 лет, торговый дом, дореволющионная архитектура челябинска、памятник архитектуры федерального значения、интерьер начала ХХ века」。2016 年 10 月 16 日。2016 年 10 月 16 日のオリジナルからアーカイブ2019 年11 月 14 日に取得
  3. ^ ラウフ・ギザトゥリン: ヴォルガ中部のブルガリア人。トロイツクは 19 世紀に現代の寛容のモデルを実証しました - 南ウラル パノラマ、2015 年 8 月 11 日
  4. ^ “Яулевы | Бастаново”. 2017年2月6日。2017年2月6日のオリジナルからアーカイブ2019 年11 月 28 日に取得{{cite web}}: CS1 メイン: ボット: 元の URL 状況不明 (リンク)
  5. ^ “Яузев Абдулвали Ахметжанович - История Российского Предпринимательства”. ヒストリービズ.ru
  6. ^ 10月には、チェリャビンスクの注目すべき建物の一つ、旧ヤウシェフ通路が築100年を迎える - 南ウラルパノラマ、2013年9月25日
  7. ^ “Фарид Сейфуль-Мулюков – внук Гали Ахмедовича Яузева…”. Письма о Тазкенте2010 年 7 月 28 日。