ムジャア・イブン・シール

ムジャアー・イブン・シール・アル・サディー・アル・タミーミーアラビア語: مُجّاعة بن سعر بن خليفة السعدي التميمي)は、ウマーンの副総督であり、後にイラクと東部の総督の下でシンド総督を務めた。アリフェート、アル=ハッジャジ・イブン・ユスフ[1]アル・ハッジャジは彼をクラサーン副総督に任命することを検討したが、カリフのアブド・アル・マリクに思いとどまられ、最終的にクタイバ・イブン・ムスリムを選んだ[1] [2]

オマーンの征服

残りのカリフ国家とは異なり、オマーン地域はウマイヤ朝の直接統治の対象外のままでした[3] [4]カリフ・アブド・アル・マリク(685年 - 705年)の下で、イラク総督アル・ハッジャージ・ブン・ユスフは、オマーンを含むペルシャ湾全体にウマイヤ朝の支配を回復し、拡大することに着手した。[3] [5]この地域はジュラン朝のアズディー王朝によって自治統治されていた。[3] [5]アル・ハッジャジの最初の試みは撃退され、ムジャアの弟アル・カシム率いる大規模な遠征軍が派遣された。[6]後者は殺害され、軍隊は敗走したため、アル=ハッジャジは代わりにムジャアを任命することになった。[6]ムジャアには、バスラ守備隊のムダル族とアズド族の派閥からの軍隊からなる4万人の強力な軍隊が装備されていた[7]軍の半分は陸から攻撃し、ムジャアは残りの半分を海から率いた。陸上軍はスレイマン・イブン・アッバド・イブン・ジュランダに敗れ、ムジャアはサマリルでスレイマンの弟サイードと交戦した。[8]サイードとスレイマンはジャバル・アル・アムハラに撤退し、そこでムジャアの軍隊をほのめかした。その後彼らはマスカット近くの海岸沖に停泊しているムジャアの船を待ち伏せし、戦闘でムジャアを破った。アル・ハッジャジはアブド・アル・ラフマン・イブン・スレイマン指揮下に5,000人の援軍を送った。[9]アル・ハッジャージの将軍らの圧力が合わさったため、ジュラン朝兄弟はザンジ海岸(アフリカの角)への逃亡を余儀なくされ、ムジャアとアブド・アルラフマーンはオマーンをウマイヤ朝の支配下に置いた。[3] [9]

参考文献

  1. ^ ab クローネ 1980、p. 136.
  2. ^ ハインズ、1990 年、p. 85.
  3. ^ abcd ランデン、1967 年、p. 44.
  4. ^ Badger 1871、p. 1.
  5. ^ ab Badger 1871、p. 1-2。
  6. ^ ab Badger 1871、p. 2.
  7. ^ ab Badger 1871、p. 3.
  8. ^ Badger 1871、p. 4.
  9. ^ ab Badger 1871、p. 5.

参考文献

  • アナグマ、ジョージ パーシー (1871)。オマーンのイマームとセイイドの歴史、サリル・イブン・リスク著ハクルート協会。
  • パトリシア・クローネ(1980年)。馬上の奴隷: イスラム国家の進化。ケンブリッジ: ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-52940-9
  • ハインズ、マーティン(1990年)。アル・リ・アバリの歴史、第 XXIII 巻: マルワーン朝の絶頂期: アブド・アル・マリクとアル・ワリドのカリフの晩年、西暦 700 ~ 715 年 / 紀元 81 ~ 95 年。近東研究のSUNYシリーズ。ニューヨーク州アルバニー: ニューヨーク州立大学出版局。ISBN 978-0-88706-721-1
  • ランデン、ロバート・ジェラン (1967)。1856 年以降のオマーン: 伝統的なアラブ社会における破壊的な近代化。プリンストン大学出版局。ISBN 9781400878277
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Mujja%27a_ibn_Si%27r&oldid=1172383314」から取得