モーセ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

モーセ
Guido Reni - Moses with the Tables of the Law - WGA19289.jpg
グイド・レーニボルゲーゼ美術館)による法の表を持つモーゼス(1624年
生まれ
死亡しました
国籍イスラエル人
で知られている預言者
配偶者たち)チッポラ/クシテ女[1]
子供達
両親)
親族

モーセ[注1] / ˈmoʊzɪz -zɪs / [ 2 ]ユダヤ教で最も重要な預言者[ 3 ] [4]であり、キリスト教最も重要な預言者の1人であるイスラム教ドルーズの信仰[5] [6]バハイ教と他アブラハムの宗教聖書コーランの両方によると[7]モーセはトーラー(聖書の最初の5冊)著者、または「天国からの買収」が原因であるイスラエル人立法者。[8]

出エジプト記によると、モーセは、奴隷にされた少数民族であるイスラエル人の人口が増加し、その結果、エジプトのファラオがエジプトの敵と同盟を結ぶのではないかと心配していた時代に生まれました。[9]モーセのヘブライ人の母親、ヨケベテは、ファラオがイスラエル人の人口を減らすためにすべての生まれたばかりのヘブライ人の少年を殺すように命じたとき、密かに彼を隠しました。ファラオの娘(ミドラーシュビシア女王として特定された)を通して、子供はナイル川からのファウンドリングとして養子縁組されましたエジプトの王室と一緒に育ちました。ヘブライ人を殴っていたエジプトの奴隷主人を殺した後、モーセは紅海を越えてミディアンに逃げ、そこで主の天使に出会い[10]ホレブ山の燃える茨の中から彼に話しかけた。神の山。

はモーセをエジプトに送り返し、イスラエル人を奴隷制から解放するよう要求しました。モーセは雄弁に話すことができないと言ったので[11]、神は彼の兄であるアーロン[12]が彼のスポークスマンになることを許されました。十の災いの後、モーセはイスラエル人の出エジプトをエジプトから紅海を越えて導きました。その後、モーセは十戒を受けたシナイ山に拠点を置きました砂漠を40年間さまよった後、モーセは約束の地の視界内でネボ山で120歳で亡くなりました。[13]

一般的に、モーセは伝説的な人物と見なされていますが、モーセまたはモーセのような人物が紀元前13世紀に存在した可能性を保持しています。[14] [15] [16] [17] [18] ラビ・ユダヤ教は、紀元前1391年から1271年に対応するモーセの寿命を計算しました。ジェロームは紀元前1592年を提案し[ 20]ジェームズ・アッシャーは紀元前1571年を彼の誕生年として提案した。[21] [注2]

名前の語源

エジプト語源msy (「子」)は、たとえばトトメス(「トートの子」)やラメセス(「ラーの子」)などのエジプトの名前のように、おそらく授かった名前の省略形である可能性のある語源と見なされています。[24]神の名前は省略されています。アブラハム・ヤフダは、タナクで与えられた綴りに基づいて、「水」または「種」と「池、水の広がり」を組み合わせて、「ナイルの子」の感覚を生み出すと主張しています(mw -- š)。[25]しかし、ヘブライ語のm-š-hの音は、関連する期間のエジプトのmsyの発音に対応していないため、この名前のエジプトの起源はありそうもないと主張しました。[26]

モーセの誕生に関する聖書の記述は、彼の名前の表向きの意味を説明するための民間語源を彼に提供します。[24] [27]彼はファラオの娘からそれを受け取ったと言われている:「彼は彼女の息子になった。彼女は彼をモーセ(מֹשֶׁה Mōše)と名付けた。[28] [29]この説明は、それを「引き出す」を意味するセム語の語根משׁה m-š-hにリンクしています。[29] [30] 11世紀のトサフィスト アイザックb。Asher haLeviは、王女が彼をアクティブな分詞Drawer-out(מֹשֶׁה mōše )と名付けていると述べました。)、受動分詞Drawn-out(נִמְשֶׁה nīmše)ではなく、事実上、モーセが他の人を(エジプトから)引き抜くことを予言しています。これは一部の学者によって受け入れられています。[31] [32]

聖書物語のヘブライ語の語源は、モーセのエジプトの起源の痕跡を打ち消そうとする試みを反映している可能性があります[32]彼の名前のエジプト人の性格は、フィロヨセフスのような古代ユダヤ人の作家によってそのように認識されていた[32]フィロは、モーセの名前(古代ギリシャ語 Μωϋσῆς ローマ字 Mōysēs  lit。'Mōusḗs 'ナイルと聖書の民間語源[33]ヨセフスは、ユダヤ古代誌の中で、2番目の要素である-esêsは「救われた人々」を意味すると主張している。ヨセフスにテルムティス(タルムスとして識別)として知られているエジプトの王女[29]歴代誌上第4章18節にビティアとして知られている[34]は、ヘブライ語で困惑した中世のユダヤ人コメンテーター、アブラハム・イブン・エズラヒゼキヤ・ベン・マノアをどのように知っていたのかという問題。ヒゼキヤは、彼女が改宗したか、ヨケベテから助言を得たと提案しました。[35] [36]

聖書の物語

パリのシリア語聖書からの6世紀のミニチュアであるファラオの前のモーセ

イスラエルの預言者と救出者

イスラエル人はヨセフヤコブの時代にゴシェンの地に定住していましたが、イスラエルの人々を抑圧した新しいファラオが生まれました。この時、モーセは、ヤコブの家と共にエジプトに入ったレビ人ケハテ息子(または子孫)であるアムラムに生まれました。彼の母親は、ケハテと同類のヨケベテ(ヨケベテ)でした。モーセには、1人の姉(7歳まで)と1人の兄(3歳まで)のアーロンがいました。[注3] ファラオは、生まれたヘブライ人の男性の子供たち全員をナイル川で溺死させるように命じましたが、モーセの母親は彼を箱舟に入れ、川岸のまかり通って箱舟を隠しました。そこで赤ちゃんはファラオの娘によって発見され、養子にされました。エジプト人として。ある日、モーセは成人期に達した後、ヘブライ語を打ち負かしていたエジプト人を殺しました。モーセは、ファラオの死刑を免れるために、ミディアン(ユダの南の砂漠の国)に逃げ、そこでジッポラと結婚しました。[38]

そこで、ホレブ山で、神は燃える茨の茂みとしてモーセに現れ、モーセに彼の名前YHWH(おそらくヤハウェと発音されます)[39]を明らかにし、エジプトに戻って彼の選民(イスラエル)を束縛から解放し、約束の地カナン)。[40] 旅の間、神はモーセを殺そうとした[41] 、チッポラは彼の命を救ったモーセは神の命令を実行するために戻ったが、神はファラオを拒否させ、そして神がエジプトを十の災いにさらした後でのみファラオは容赦しませんでした。モーセはイスラエル人をエジプトの国境に導きましたが、そこで神はファラオの心をもう一度固め、紅海の交差点でファラオとその軍隊をイスラエルと諸国民への力のしるしとして滅ぼすことができました。[42]

主よ、勝利!、ジョン・エヴァレット・ミレーによる1871年の絵画は、モーセがスタッフを抱え、アロンハーの助けを借りて、アマレクとの戦い中に腕を上げてます。

レフィディムアマレカイト打ち負かした後[43] 、モーセはイスラエル人シナイ山に導き、そこで石の板に書かれた神からの十戒を与えられました。しかし、モーセは山に長くとどまっていたので、死んでしまうのではないかと恐れ、金の子牛の像を作って崇拝し、神とモーセに背いて怒りました。モーセは怒りから錠剤を壊し、後に溶けて偶像主義者に与えられた黄金の像を崇拝していた人々の排除を命じました。[44]彼はまた、新しい錠剤のセットに十戒を書きました。後にシナイ山で、モーセと長老たちは契約を結びました。それによってイスラエルは彼の律法に従い、YHWHの民となり、YHWHは彼らの神となりました。モーセは神の律法をイスラエルに伝え、モーセの兄弟アロンの息子たちの下で神権を確立し、彼の崇拝から離れたイスラエル人を滅ぼしました。シナイでの彼の最後の行為で、神はモーセに幕屋、つまり彼がイスラエルと共に約束の地に旅する移動神殿についての指示を与えました。[45]

シナイから、モーセはイスラエル人をカナンの国境にあるパランの荒野に導きました。そこから彼は12人のスパイを土地に送りました。スパイは土地の肥沃度のサンプルを持って戻ってきましたが、その住民は巨人であると警告しました。人々は恐れてエジプトに戻りたいと思っていました、そして何人かはモーセと神に反抗しました。モーセはイスラエル人に、彼らは土地を相続する価値がなく、カナンへの入国を拒否した世代が死ぬまで40年間荒野をさまよい、土地を所有するのは彼らの子供であると語った。[46]その後、コラはモーセに対する反乱を主導したことで罰せられた。

40年が経過したとき、モーセはイスラエル人を死海の周りで東にエドムモアブの領土に導きましたそこで彼らは偶像主義の誘惑から逃れ、トランスヨルダンのオグシホン地を征服し、預言者バラムを通して神の祝福を受け、出エジプトの旅の終わりまでに彼らの悪名高いためにイスラエル人の敵となったミディアン人を虐殺しましたイスラエル人に神に対して罪を犯させるように仕向ける役割モーセは約束の地に入る前に死ぬという通知を2度与えられました。27:13、彼はアバリム山の視点から約束の地を見た後、そして再びミディアン人との戦いに勝った後、番号31:1で。

ヨルダン川のほとりで、土地を見て、モーセは部族を集めました。彼らの放浪を思い出した後、彼は彼らが土地に住まなければならない神の律法を伝え、賛美の歌を歌い、人々に祝福を宣言し、そして彼らが土地を所有するジョシュアに彼の権威を渡しました。モーセはそれからネボ山に登り、彼の前に広がる約束の地を見渡して、120歳で亡くなりました。

イスラエルの立法者

モーセと十戒を破るレンブラント、1659年

モーセは今日、「イスラエルの立法者」としてユダヤ人の間で名誉を与えられており、4冊の本の中でいくつかの法則を提供しています。一つ目は契約法であり[47] 、神がシナイ山でイスラエル人に提供する契約の条件です。契約には、十戒[48]と契約の書が埋め込まれています。[49] [50]レビ記全体が第2の法体系を構成し、民数記はさらに別のセットで始まり、申命記は別のセットで始まります。[要出典]

モーセは伝統的に、これらの4冊本と創世記の著者と見なされてきました。これらは一緒にヘブライ語聖書の最初のセクションであるトーラーを構成しています。[51]

歴史性

学者は、奨学金におけるモーセの地位についてさまざまな意見を持っています。[52] [53]たとえば、ウィリアム・G・デヴァーによれば、現代の学術的コンセンサスは、モーセの聖書の人物は大部分が神話的であると同時に、「モーセのような人物がトランスヨルダン南部のどこかに存在した可能性がある」というものです。紀元前13世紀半ばから後半」とその「考古学は何もできない」ことを証明または確認します。[54] [53]しかし、ソロモン・ニゴシアンによれば、聖書学者の間には実際には3つの一般的な見解があります。1つはモーセが歴史上の人物ではないという見方、もう1つはイスラエルの宗教で彼が果たした決定的な役割を固定しようとしているという見方、そして3番目の見解は「これらの問題は学者の間で未解決の問題について熱く議論されている」という歴史と伝説の両方。[52]ブライアン・ブリットによれば、グリッドロックを脅かすモーセに関する問題を議論するとき、学者の間で分裂があります。[55]

ヤン・アスマンは、伝統の外にモーセの痕跡がないため、モーセがこれまでに生きたかどうかを知ることはできないと主張しています。[56]聖書の物語におけるモーセと他の人の名前はエジプト人であり、本物のエジプトの要素を含んでいますが、聖書外の情報源はモーセを明確に示していません。[57] [58] [59]モーセが生きていたと信じられてからずっと後の、紀元前4世紀以前のエジプトの資料にはモーセへの言及はありません。現代のエジプトの情報源は、モーセや出エジプト記-申命記の出来事について言及しておらず、彼が中心人物であるという物語を裏付ける考古学的証拠もエジプトやシナイの荒野で発見されていません。[60] デビッド・アダムズ・リーミングモーセは神話の英雄であり、ヘブライ神話の中心人物であると述べています。[61]しかし、ジョン・ファン・セッターズによれば、モーセに関する情報源の神話的要素は、モーセが存在しなかったことや、物語に歴史的情報が含まれていないことを示していませんが、トーラーでは、記憶が歴史を修正し、神話を作り上げていますそれの。[62]

聖書のオックスフォード・コンパニオンは、モーセの不在は説明できない空白を残すので、モーセの歴史性が彼についてなされる最も合理的な仮定であると述べています。[63] オックスフォード聖書学は、モーセ自身がトーラーの5冊の本を書いたという伝統的な見方を支持することをいとわない現代の学者はほとんどいないが、モーセのリーダーシップがイスラエルの企業記憶にしっかりと基づいていると考える人は確かにいると述べています。敬虔なフィクションとして却下されました。[64]

モーセの発見の物語は、謙虚な起源から立ち上がった支配者の古代近東 神話の記述でおなじみのモチーフを取り上げています。[65]したがって、彼自身の起源 のアッカドアッカド語の説明のサルゴンは実行されます:

女教皇である私の母は思いついた。ひそかに彼女は私を産んだ。
彼女は私を急いでバスケットに入れ、瀝青で私のふたを封印
した。彼女は私を川に投げ込んだ。[66]

モーセの話は、他の家長の話と同様に、おそらくかなりの口頭の先史時代があり[67](彼はエレミヤ書[68]イザヤ書[69]で言及されています)、彼の名前は明らかに非常に古く、出エジプト記に見られる伝統はもはやその本来の意味を理解していないからです。[24] [70]それにもかかわらず、トーラーの完成と、追放後のユダヤ教の中心への昇格は、新しいテキストを書くことと同じくらい古いテキストを組み合わせることにありました–最終的なペンタチュークは既存の伝統に基づいていました。[71] イザヤ[72]亡命中(すなわち、紀元前6世紀の前半)に書かれたもので、ユダの人々と帰国した亡命後のユダヤ人(「ゴラ」)との間の緊張を証言し、神はイスラエルの父であり、イスラエルの歴史は、アブラハムではなく、出エジプトから始まります。[73]これと同様の証拠(例えば、エズラ記とネヘミヤ記)から推測される結論は、モーセの姿と出エジプトの物語は、ユダの人々の間で卓越していたに違いないということです。亡命後の時代、帰国した亡命者の主張に反対する土地に対する彼らの主張を支持するのに役立つ。[73]

影響力があることが証明された1872年にコルネーリス・ティーレによって開発された理論は、ヤハウェミディアン人の神であり、義父のエトロがミディアン人の司祭であったモーセによってイスラエル人に紹介されたと主張しました。[74]ヤハウェが彼の本名を明らかにしたのは、そのようなモーセであり、エル・シャダイとしてのみ彼を知っていた族長から隠されていた。[75]この見方に反して、イスラエル人のほとんどはパレスチナ出身であるという現代のコンセンサスがあります。[76]マルティン・ノートは、五書は もともとトランスヨルダンの征服の伝説にリンクされていたモーセの姿を、その作品の5つの元々独立したテーマのうちの4つを溶接するための物語のブラケットまたは後期の編集装置として使用します。[77] [78] ManfredGörg [79]RolfKrauss [80]後者はややセンセーショナルな方法で[81] 、モーセの物語は歴史的なファラオの歪曲または変容であると示唆しているアメンモセ(西暦前1200年頃)。彼は解任され、後に名前がmsy(モーセ)に簡略化されました。エイダン・ドドソンこの仮説を「興味をそそるが、証明を超えている」と見なします。[82]ルドルフ・スメントは、モーセについて歴史的である可能性が最も高い2つの詳細は、エジプト出身の彼の名前と、イスラエル人によって発明された可能性が低いと思われるミディアン人の女性との結婚であると主張している。スメンドの見解では、聖書の物語で与えられた他のすべての詳細は、正確なデータとして見るにはあまりにも神話的にチャージされています。[83]

モアブのメシャ王名前は、モーセの名前に関連付けられています。メシャはまた、出エジプトと征服の物語に関連付けられており、彼についての物語のいくつかのモチーフは、出エジプトの物語とイスラエルのモアブとの戦争に関するものと共有されています(列王記下第3章)。モーセのように、抑圧に反抗するモアブは、モーセがエジプトから行ったように、彼の民をイスラエルから導き出します。そして、イスラエルの長男が出エジプト記で虐殺されたと非難されているので、彼の長男はキルハレスの壁で虐殺されます。カルヴァン主義の神学者ピーター・ライトハートが「彼の敵に対して怒りが燃えている間、メシャを届ける地獄の過越祭」と述べたものの中で。[84]

モーセの物語と交差するエジプト版の物語はマネトにあります。マネトヨセフス要約によれアメプホテプ3ハプの息子であるアメンホテプは、神々を見ることができるように土地を浄化するために、エジプトのすべてのハンセン病患者を隔離させました。ハンセン病患者は、ヒクソスのかつての首都であるアヴァリスにバンドルされています、オサルセフは彼らのためにエジプトで禁じられているすべてのものを規定し、エジプトで許可されているすべてのものを規定している。彼らはヒクソスにエジプトへの再侵攻を呼びかけ、13年間彼らと共に統治し、オサルセフはモーセという名前になり、その後追い出されます。[85]

歴史的なモーセのような人物の候補として仮定されている他のエジプトの人物には、ファラオのアフメス1世の息子であったアフメスアンク王子とラモセ王子、またはファラオのトトメス3世の家族に関連する人物が含まれます。[86] [87]イスラエル・ノールは、モーセをイルスと同一視することを提案した。シャス人は、パピルス・ハリス1世とエレファンティネ・ステルによれば、死後、「アジア人」(レバントの人々)の支援を受けてエジプトで権力を握った。クイーントゥースレットの; 権力を握った後、イルスと彼の支持者たちはエジプトの儀式を混乱させ、「神々を人々のように扱い」、エジプトの神々への捧げ物を止めました。彼らは最終的に新しいファラオセトナクトによって敗北し、追放され、逃げる間、彼らは神殿から盗んだ大量の金と銀を捨てました。[88]

ヘレニズム文学

ヨルダン、ネボ山、モーセの記念碑

モーセの役割に関連したユダヤ人に関する非聖書的な書物は、紀元前323年から紀元前146年までのヘレニズム時代の初めに最初に登場します。シュムエルは、「この文学の特徴は、東方の人々一般とこれらの人々の間のいくつかの特定のグループを保持しているという高い名誉である」と述べています。[89]

ユダヤ・ローマまたはユダヤ・ギリシャの歴史家アルタパヌスユーポレムスヨセフスフィロに加えて、アブデラのヘカテウス(ディオドロス・シキュラスによる引用)、アレクサンダー・ポリヒストリー、マネトアピオンアレクサンドリアのチェレモン含む少数の非ユダヤ人の歴史家そして、ポルフィリーも彼に言及しています。これらのアカウントのいずれかが以前のソースにどの程度依存しているかは不明です。[90]モーセは、ミシュナー(西暦200年頃)、ミドラーシュなどの他の宗教文書にも登場します。(200–1200 CE)、[91]およびコーラン(c。610–653)。[要出典]

ヘレニズムの歴史学におけるオサルセフの姿は、ファラオに対してハンセン病の軍隊を率いて、最終的にエジプトから追放され、彼の名前をモーセに変えた、反逆的なエジプトの司祭です。[92]

ヘカテウス

ギリシャ文学におけるモーセへの最初の既存の言及は、アブデラのヘカテウスのエジプトの歴史(紀元前4世紀)に見られます。モーセについての彼の記述の残りはすべて、ディオドロス・シキュラスによってなされた2つの言及であり、歴史家アーサー・ドロージは、「モーセを、エジプトを去り、ユデアに植民地化した賢明で勇敢な指導者として記述している」と書いています。[93]ヘカテウスによって記述された多くの業績の中で、モーセは都市を設立し、神殿と宗教的カルトを設立し、法律を発行しました。

神話の説明によると、神々と英雄の時代にエジプトで定住生活が確立された後、最初に...書面による法律を使用するように多数の人々を説得したのはMneves [モーゼス]でした。魂の偉大な人であるだけでなく、彼の人生の中で、名前が記録されているすべての法律家の中で最も公的な精神を持った人です。[93]

ドロージはまた、ヘカテウスによるこの声明は、その後ユーポレムスによってなされた声明と類似していたと指摘している。[93]

Artapanus

アマレカイトとの戦い中に腕を上げているクネセットメノラのモーセの描写

ユダヤ人の歴史家アレクサンドリアのアルタパヌス(紀元前2世紀)は、モーセを文化英雄として描写し、ファラオの宮廷とは異質でした。神学者のジョン・バークリーによれば、アルタパヌスのモーセは「明らかにユダヤ人の運命を担っており、彼の個人的、文化的、軍事的素晴らしさにおいて、ユダヤ人全体に信用をもたらしています」。[94]

モーセの優れた資質への嫉妬により、シェネフレスはエチオピアへの軍事遠征に未熟な軍隊を連れて彼を送り、そこで彼は大きな勝利を収めました。エルモポリスの街を建てた後、彼は人々に蛇に対する保護としてのトキの価値を教え、鳥を街の神聖な守護霊にしましそれから彼は割礼を導入しました。メンフィスに戻った後、モーセは人々に農業のための牛の価値を教えました、そしてモーセによる同じものの奉献はアピスのカルトを引き起こしました。最後に、王によって送られた加害者を殺すことによって別の陰謀を逃れた後、モーセはアラビアに逃げました、そこで彼は地区の支配者であるラグエル[ジェスロ]の娘と結婚しました。[95]

アルタパヌスは、モーセがアーロンと一緒にエジプトに戻り、投獄された方法を説明し続けますが、出エジプトを導くために奇跡的にYHWHの名前を逃れます。この記述はさらに、モーセの奇跡に使用されたものを記念して、その後イシスのすべてのエジプトの神殿に棒が含まれていたことを証明しています。彼はモーセを80歳で、「背が高くて血色が良く、長い白い髪をしていて、威厳がある」と説明しています。[96]

しかし、一部の歴史家は、「アルタパヌスの作品の多くの謝罪の性質」 [97]を指摘し、ジェスロへの言及など、聖書外の詳細を追加しました。彼の娘たち、そして彼の息子としてモーセを採用することを選択します。[98]

ストラボン

ギリシャの歴史家、地理学者、哲学者であるストラボンは、地理学(西暦24年頃)で、故郷の状況を嘆き悲しみ、それによって神を尊敬する多くの信者を引き付けたエジプト人と見なしたモーセについて詳しく書いています。 。彼は、例えば、モーセが人間または動物の形での神の描写に反対し、神は陸と海のすべてを包含する実体であると確信したと書いています:[99]

35.下エジプトと呼ばれる国の一部を所有していたモーセという名前のエジプトの司祭は、そこに確立された制度に不満を持って、そこを去り、神性を崇拝する大勢の人々と共にユデアにやって来ました。彼は、エジプト人とアフリカ人が野獣と野の牛のように神性を代表することで、誤った感情を楽しませたことを宣言し、教えました。ギリシア人もまた、人間の形の後に彼らの神々のイメージを作るのに誤りがあったことを神にとっては、私たち全員、私たちが天国、宇宙、または物事の性質と呼ぶ陸と海を包含するこの1つのものかもしれません。

36.そのような教義によって、モーセは大勢の善意の人々を説得して、エルサレムが現在立っ ている場所に彼を同行させました

ストラボンが理解したユダヤ教の歴史に関する著作の中で、彼はその発展のさまざまな段階を説明しています。最初の段階から、モーセと彼の直接の相続人を含みます。「エルサレム神殿は引き続き神聖なオーラに囲まれている」という最終段階へ。ストラボンの「モーセの個性に対する前向きで明白な評価は、すべての古代文学の中で最も同情的です。」[101]モーセの彼の描写は、 「モーセを知恵と勇気に優れた人として描写した」ヘカテウスの著作に類似していると言われています。[101]

エジプト学者のヤン・アスマンは、ストラボンは「一神教として、そして明白な反宗教としてモーセの宗教の構築に最も近づいた」歴史家であったと結論付けています。それは、「イメージが表現できない唯一の神聖な存在... [そして]この神に近づく唯一の方法は、美徳と正義の中で生きることである」と認識しました。[102]

タキトゥス

ローマの歴史家タキトゥス(西暦56〜120年頃)は、ユダヤ教が一神教であり、明確なイメージがなかったことに注目して、モーセについて言及しています。彼がユダヤ哲学を説明している彼の主な作品は、彼の歴史(c。100)であり、18世紀の翻訳者であり、アイルランドの劇作家であるアーサーマーフィーによれば、ユダヤ人が1つの神を崇拝した結果、異教の神話は軽蔑されました。 。」[103]タキトゥスは、ユダヤ人の民族性に関して彼の時代に現在さまざまな意見があるにもかかわらず、彼の情報源のほとんどはエジプトからの出エジプトがあったことに同意していると述べています。彼の説明によると、疫病に苦しんでいるファラオ・ボッチョリス、ゼウス神の神託に応えてユダヤ人を追放した-アメン

このようにして、雑多な群衆が集められ、砂漠に捨てられました。他のすべての追放者はぼんやりと嘆き悲しんでいますが、モーセという名前の彼らの1人は、両方が彼らを捨てたので、神や人への助けを探すのではなく、むしろ自分自身を信頼し、最初の人の導きを神として受け入れるように彼らに忠告しました存在することによって、彼らは彼らの現在の窮状から抜け出すべきです。[104]

このバージョンでは、モーセとユダヤ人はわずか6日間砂漠をさまよって、7日に聖地を占領します。[104]

ロンギヌス

モーセは真ちゅうの蛇を持ち上げ、ベンジャミン・ウエストの絵の中で有毒なヘビに噛まれたイスラエル人を治します。

ヘブライ語聖書のギリシャ語版であるセプトゥアギントは、伝統的にロンギノスに帰せられ、有名な文芸批評の古典的な本、偽ロンギヌスの異教徒の作家に感銘を与えました。作曲の日付は不明ですが、一般的に西暦1世紀後半に割り当てられています[105]。

作家は創世記を「彼の純粋で偉大な存在にふさわしい方法で神の性質を提示するスタイル」で引用していますが、彼はモーセを名前で言及せず、彼を「偶然のない人」と呼んでいます(οὐχὁτυχὼνἀνήρ)がユダヤ人の「弁護士」(θεσμοθέτηςthesmothete )、「彼をリカーガスミノスと同等にする用語[106]シセロ への言及を除いて、モーセはこの作品で引用されている唯一の非ギリシャ人作家です。文脈上、彼はホーマーと同等に置かれている。[98]そして彼は、「ヘカテウスストラボンのように、モーセを敬意を持って扱ったギリシャの作家よりもはるかに称賛されている[107]

ジョセフス

ヨセフス(西暦37年から100年頃)のユダヤ古代誌では、モーセが随所に言及されています。たとえば、Book VIIICh。IVは、契約のが最初に新しく建てられた神殿に移され たときの、第一神殿としても知られるソロモンの神殿について説明しています。

ソロモン王これらの作品、これらの大きくて美しい建物を完成させ、神殿に寄付をし、7年の間にこれらすべてを行い、その中で彼の富と敏捷性を示しました。...彼はまた、ヘブライ人の支配者と長老たちに手紙を書き、すべての人々に、彼が建てた神殿を見るため、そして神の箱をそこに移すために、エルサレムに集まるように命じました。そして、エルサレムに来る人々の全身のこの招待がどこでも海外に運ばれたとき、...仮庵祭りの饗宴同時に、ヘブライ人によって最も神聖で最も著名なごちそうとして守られていたのです。それで彼らはモーセが投げた箱舟と幕屋、そして神のいけにえに仕えるためのすべての器を運び、神殿に運びました。...今や箱舟には、神がシナイ山のモーセに語られ、それらに刻まれた十戒を保存した2つの石の板しか含まれていませんでした... [108]

フェルドマンによれば、ヨセフスはまた、モーセが「知恵、勇気、節制、正義の枢要徳」を所有していることを特に重要視しています。彼はまた、追加の5番目の美徳として信心深さを含みます。さらに、彼は「モーセの苦労への意欲と賄賂の慎重な回避を強調しています。プラトン哲学者王のように、モーセは教育者として優れています。」[109]

ヌメニオス

シリアのアパメア出身のギリシャの哲学者ヌメニオスは、西暦2世紀の後半に書いた。歴史家のケニース・ガスリーは、「ヌメニオスは、モーセ、預言者、そしてイエスの生涯を明確に研究した、おそらく唯一認められているギリシャの哲学者です...」と書いています[110]

ヌメニオスは世界の人でした。彼はギリシャとエジプトの謎に限らず、バラモンマギの神話についてよく話していましたしかし、彼を他のギリシャの哲学者と区別したのは、彼の知識とヘブライ語聖書の使用です。彼はモーセを単に「預言者」と呼んでいます。彼にとってホメロスは詩人です。プラトンはギリシャのモーセと呼ばれています。[111]

ユスティノス

他の専門家によると、キリスト教の聖人で宗教哲学者のユスティノス( 103–165 CE)は、ヌメニオスと同じ結論を導き出しました。神学者のポール・ブラッカムは、ジャスティンがモーセを「ギリシャの哲学者よりも年上であるため、より信頼でき、深遠で、真実である」と考えたと述べています。[112] 彼は彼を引用します:

それでは、私たちの最初の預言者であり立法者であるモーセから始めましょう...ギリシャの歴史が示すように、賢人、詩人、歴史家、哲学者、または立法者であるかどうかにかかわらず、すべての教師の中で、はるかに古いことを知っているかもしれません私たち、私たちの最初の宗教教師であったモーセでした。[112]

アブラハムの宗教

預言者モーセ
MosesStrikingTheRock GREBBER.jpg
岩を打つモーセ、1630年ピーテル・デ・グレバー
預言者、聖人、予言者、立法者、ファラオへの使徒、改革者、神の予言者
生まれゴセン下エジプト
死亡しましたネボ山モアブ
で崇拝ユダヤ教キリスト教イスラム教ドゥルーズ派の信仰[5] [6] バハイ教
饗宴東方正教会カトリック教会:9月4日、7月20日、4月14日
属性法の板

ユダヤ教

聖書のモーセについて知られていることのほとんどは、出エジプト記レビ記民数記申命記から来ています。[113]学者の大多数は、これらの本の編集をペルシャ時代、紀元前538年から332年に遡ると考えていますが、以前の書面と口頭の伝統に基づいています。[114] [115]ユダヤ教の外典、ミドラーシュとして知られるラビの 聖書釈義のジャンル、そしてユダヤ教の口伝律法の主要な著作であるミシュナーには、モーセに関する豊富な物語と追加情報があります。タルムードモーセはまた、ユダヤ人の伝統の中で多くの名前が付けられています。ミドラーシュは、モーセをさまざまな名前で呼ばれた7つの聖書の人物の1人として特定しています。[116]モーセの他の名前は、ジェクティエル(母親による)、ヘーバー(父親による)、ジェレド(ミリアムによる)、アビザノア(アーロンによる)、アビゲドール(コハテによる)、アビソコ(乳母による)でした。 、Shemaiah ben Nethanel(イスラエルの人々による)。[117]モーセはまた、トヴィア(名として)、レビ(家族名として)(ヴァイクラ・ラバ1:3)、ヘマン、[118]メチョケイク(立法者) [1​​19 ]、およびエール・ガヴ・イシュ(民数記12章3節)。[120]別の聖書釈義では、モーセはホレブ山で神のビジョンを見た後、 7番目まで最初の天国に昇り、生きたままパラダイス地獄を訪れ[121]

ユーポレムスのようなアレクサンドリアに住んでいたユダヤ人の歴史家は、トートの伝説と同様にフェニキア人にアルファベットを教えたという偉業をモーセに帰した[122]アレクサンドリアのアルタパヌスは、モーセをトート/エルメスだけでなく、ギリシャの人物ムサエウス(彼は「オルフェウスの教師」と呼んだ)とも明確に識別し、エジプトを36の地区に分割し、それぞれが独自の典礼を持っていると考えました。彼はモーセを養子にした王女をファラオ・シェネフレスの妻であるメリスと名付けました。[123]

ユダヤ人の伝統では、モーセはこれまでに生きた中で最も偉大な預言者であると考えられています。[124] [125]彼の重要性にもかかわらず、ユダヤ教はモーセが人間であり、したがって崇拝されるべきではないと強調している。[要出典]ユダヤ教で崇拝するに値するのは神だけです。[要出典]

正統派ユダヤ教徒にとってモーセはモシェ・ラベヌと呼ばれ、「イブ・ハシェム、アヴィ・ハネヴィム・ザヤ」a:「私たちの指導者モシェ、神の僕、すべての預言者の父(彼の功績が私たちを守ってくれますように)」。モーセはトーラだけでなく、明らかにされた(書面と口頭の)そして隠された(ユダヤ教にラシュビのゾハールアリ・ハカドシュトーラ、そして天国のイェシバで議論されているすべてのものを与えた「ホクマット・ニスターの教え」を受け取りましたラムハルと彼の主人の間で)。[引用が必要]

彼の死の年齢(申命記34:7によると120歳)と「彼の目は薄暗くならず、彼の活力は衰えていなかった」から部分的に生じ、「あなたは120歳まで生きることができます」というフレーズが一般的になりましたユダヤ人の間の祝福(創世記6章3節では、120歳がノアのすべての子孫の 最大年齢として述べられています)。

キリスト教

モーセは、他のどの旧約聖書の人物よりも新約聖書で頻繁に言及されています。クリスチャンにとって、モーセはしばしば神の律法の象徴であり、イエスの教えで補強され、説明されています。新約聖書の作家は、イエスの使命を説明するために、しばしばイエスの言葉と行いをモーセの言葉と比較しました。たとえば、使徒7:39–43、51–53では、金の子牛を崇拝したユダヤ人によるモーセの拒絶、伝統的なユダヤ教で続いたユダヤ人によるイエスの拒絶に例えられています。[126] [127]

モーセはまた、イエスのメッセージのいくつかを理解しています。ヨハネによる福音書の第3章で夜にパリサイ人 ニコデモに会ったとき、彼はモーセが荒野で青銅の蛇を持ち上げたのを、イスラエル人なら誰でも見て癒すことができたのと、自分自身の持ち上げ(彼の死によって)と比較しました。復活)人々が見て、癒されるために。第6章では、イエスはモーセが荒野でマナを提供したという人々の主張に応えて、モーセではなく神が提供したと述べました。イエスは自分自身を「命のパン」と呼び、神の民を養うために与えられたと述べました。[128]

モーセは、エリヤとともに、それぞれマタイ17章マルコ9章、ルカ9章のイエスの変容に関する3つの共観福音書すべてでイエスとの出会いとして紹介されています。マタイ23章では、このラビの用法(ギリシャ語-アラム語קתדראדמשה)を参照するフレーズの最初の証明された使用法で、イエスは彼らに批判的な箇所で、筆記者とパリサイ人を「上に座った」と呼んでいます。モーセの椅子」(ギリシャ語ἘπὶτῆςΜωϋσέωςκαθέδραςepìtēsMōüséōskathédras[129] [130]

現代キリスト教との彼の関連性は衰えていません。モーセはいくつかの教会によって聖人であると考えられています。そして、9月4日に東方正教会ローマカトリック教会ルター派教会それぞれの聖人暦で預言者として記念されます。9月4日の東方正教会の儀式では、モーセは「聖なる預言者と神-予言者モーゼス、ネボ山で」。[131] [132] [注4]正教会はまた、キリスト降誕の2日前の日曜日、祖先の日曜日に彼を記念しています。[134]モーセはまた、7月20日にアーロンエリヤエリシャ[135]と、4月14日にすべての聖シナイ僧侶と記念されます。[136]

アルメニアの使徒教会は、7月30日の聖人暦で彼を聖人の一人として記念しています。 [137]

モルモン教

末日聖徒イエス・キリスト教会(口語的にはモルモンと呼ばれる)の会員は、一般的に他のクリスチャンと同じようにモーセを見ています。しかし、モーセの聖書の記述を受け入れることに加えて、モルモン教徒は彼らの聖書正典の一部としてモーセ書からの選択を含みます。[138]この本はモーセの翻訳された著作であると信じられており、高価な真珠に含まれています。[139]

末日聖徒はまた、モーセが死を味わうことなく天国に連れて行かれたと信じている点でも独特です(翻訳されています)。さらに、ジョセフ・スミスオリバー・カウドリは、1836年4月3日、モーセがカートランド寺院オハイオ州カートランドにある)に栄光を与え、不滅の、肉体的な形で現れ、「地球の4つの部分からのイスラエル、そして北の土地からの10の部族の先導者。」[140]

イスラム教

モーセは他のどの個人よりもコーランで言及されており、彼の人生は他のどのイスラム教の預言者よりも多く語られ、語られています。[141] イスラム教では、モーセはイスラム教の預言者ムハンマドと同じように描写されています。[142]ムハンマドのように、モーセはコーランで預言者(ナビ)とメッセンジャー(ラスール)の両方として定義されており、後者の用語は彼が彼の民に経典と法をもたらした預言者の一人であることを示しています。[143] [144]

モーセはコーランで502回言及されています。聖書で語られているモーセの人生の重要な出来事のほとんどは、コーランのさまざまな章(スワル)に散らばっていて、聖書にはないキドルとの出会いについての話があります。[141]

コーランに関連するモーセの物語では、ヨケベテはモーセを箱舟に入れてナイル川の水に投げ込むように神から命じられ、それによって彼を完全に神の保護のために捨てました。[141] [145]ファラオの妻アシヤは、娘ではなく、モーセがナイル川の水に浮かんでいるのを発見した。彼女はファラオが子供たちに恵まれていなかったので、彼を息子として保つように説得しました。[146] [147] [148]

コーランの記述は、ファラオに神の神のメッセージを受け入れ[149]、イスラエル人に救いを与えるというモーセの使命を強調しています。[141] [150]コーランによれば、モーセはイスラエル人がカナンに入ることを奨励しているが、彼らはカナン人と戦うことを望まず、特定の敗北を恐れている。モーセは、彼と彼の兄弟アーロンが反抗的なイスラエル人から離れていることをアッラーに懇願することによって応答します。その後、イスラエル人は40年間さまよいます。[151]

ハディースの1つ、またはムハンマドの生活についての伝統的な物語は、モーセとムハンマドの間の天国での出会いを説明しています。その結果、イスラム教徒は毎日5回の祈りを観察しました。[152] ヒューストン・スミスは、これは「ムハンマドの人生における重大な出来事の1つ」であったと述べています。[153]

いくつかのイスラムの伝統によれば、モーセはジェリコ近くのマカムエルナビムーサに埋葬されていると考えられています[154]

バハイ教

モーセは、バハイ教における神の使者の中で最も重要なものの1つであり、神の顕現に指定されています。[155]バハイ教の経典におけるモーセの形容詞は、「神と会話した者」です。[156]

バハオラの信仰によれば、信仰の創設者であるバハオラは、燃える茨の茂みからモーセに話しかけた人です[157]

アブドル・バハは、モーセがアブラハムのように歴史上の偉大な人物の素質を持っていなかったという事実を強調しましたが、神の助けによって彼は多くの偉大なことを成し遂げることができました。彼は「長い間荒野で羊飼いであった」、吃音を持っていた、そしてファラオと彼の時代の古代エジプト人によって「大いに憎まれ、嫌われた」と言われています彼は抑圧的な家庭で育ち、エジプトでは殺人を犯した男として知られていたと言われていますが、残酷な行為を防ぐために殺人を犯しました。[158]

それにもかかわらず、アブラハムのように、神の助けを借りて、彼は素晴らしいことを成し遂げ、レバントを超えてさえ名声を得ましたこれらの業績の中で最も重要なのは、彼の民であるヘブライ人をエジプトでの束縛から解放し、「彼らを聖地に導く」ことでした。彼はイスラエルに「すべての国の間で名誉」を与え、世界のさまざまな地域に彼らの名声を広めた「宗教法と民法」を授けた人と見なされています。[159] [検証に失敗しました]

さらに、法律を通じて、モーセはヘブライ人を「その時代に可能な限り最高の文明に導いた」と信じられています。Abdul'l-Bahaは、古代ギリシャの哲学者が「イスラエルの著名な人々を完璧のモデルと見なした」と主張しています。[検証に失敗しました]これらの哲学者の中で最も重要なのは、「シリアを訪れ、イスラエルの子供たちから神の一致と魂の不死の教えを取り入れた」ソクラテスだったと彼は言います。[159]

モーセはさらに、バハオラと彼の究極の啓示への道を開いていると見られており、その教えは彼の時代の習慣に沿っていた真理の教師として見られています。[160]

ドゥルーズ派の信仰

モーセは、ドゥルーズ派の信仰において神の重要な預言者と見なされており、歴史のさまざまな時期に登場した7人の預言者の1人です。[5] [6]

政治と法における遺産

キリスト教の伝統の比喩的な意味で、「モーセ」は人々をひどい状況から救うリーダーと呼ばれてきました。モーセの象徴を使用したことが知られている米国大統領の中には、ハリーS.トルーマンジミーカーターロナルドレーガンビルクリントンジョージW.ブッシュバラクオバマがいて、彼の支持者を「モーセ世代」と呼んでいました。[161]

その後、神学者たちは十戒を初期の民主主義の形成と結びつけました。スコットランドの神学者ウィリアム・バークレーは、彼らを「すべてのものの普遍的な基盤…それなしでは国家は不可能である。…私たちの社会はそれに基づいている。[162] 教皇フランシスコは、 2015年に米国議会で、すべての人々がそうする必要があると述べた」と述べた。ただの立法によって彼らの一体感を生かし続けてください... [そして]モーセの姿は私たちを直接神に導き、したがって人間の超越的な尊厳に導きます。[163]

米国の歴史において

巡礼者

巡礼者のジョン・カーバーウィリアム・ブラッドフォードマイルス・スタンディッシュが、北米への航海中に祈りを捧げました。ロバートウォルターウィアーによる1844年の絵画

モーセへの言及は、北アメリカで宗教的および個人的な自由を求める巡礼者の生活に意味と希望を与えるためにモーセの物語に依存したピューリタンによって使用されました。ジョン・カーバープリマス植民地の最初の知事であり、メイフラワーコンパクトの最初の署名者であり、1620年にメイフラワー号の3か月間の航海中に書いたものです。彼は「地上の壮大さと神聖な目的の感覚」で巡礼者にインスピレーションを与え、歴史家のジョン・ミーチャム[164]は指摘し、「巡礼者のモーゼ」と呼ばれていました。[165]初期のアメリカ人作家ジェイムズ・ラッセル・ローウェルは、巡礼者によるアメリカの創設とモーセによる 古代イスラエルの創設との類似性を指摘しました。

モーセがエジプトから導き出した逃亡者の隣に、プリマスに上陸した追放者の小さな船積みは、世界の未来に影響を与える運命にあります。[166]

翌年のカーバーの死後、ウィリアム・ブラッドフォードが知事に就任した。彼は、残りの巡礼者が新しい土地の苦難を乗り越えられず、彼らの人々の半分が到着してから数ヶ月以内にすでに亡くなっていることを恐れていました。ブラッドフォードは、弱体化した絶望的な巡礼者にモーセのシンボルを呼び起こし、彼らを落ち着かせ、希望を与えるのを助けました。「暴力はすべてを壊します。モーセの柔和で謙虚な精神はどこにありますか?」[167] ウィリアム・G・デヴァーは巡礼者の態度を次のように説明しています。マニフェストデスティニーだった」[168] [169]

アメリカ合衆国建国の父

1776年に最初に提案された米国の国章

1776年7月4日、独立宣言が正式に可決された直後、大陸会議ジョンアダムズトーマスジェファーソンベンジャミンフランクリンに、新しいアメリカ合衆国のシンボルを明確に表すシールをデザインするように依頼しました。彼らはイスラエル人を自由に導くモーセの象徴を選びました。[170]

1799年にジョージワシントンが亡くなった後、彼の賛辞の3分の2は彼を「アメリカのモーセ」と呼び、ある演説者は「ワシントンは私たちにとってモーセがイスラエルの子供たちと同じだった」と述べました。[171]

ベンジャミン・フランクリンは、1788年に、新しく独立したアメリカの州のいくつかが政府を形成する際に抱えていた困難を見て、新しい法典が合意されるまで、それらは「モーセの律法」によって統治されるべきであると提案しました。旧約聖書に含まれているように。[172] は、法律が聖書の時代に機能していたことを説明することによって彼の提案を正当化した。全国、彼らの遵守のための憲法と法典。[173]

アメリカ合衆国の第2代大統領であるジョン・アダムズは、アメリカ合衆国憲法を制定するためにギリシャの哲学よりもモーセの法則に依存した理由を次のように述べています。世界を啓蒙し、文明化するために。モーセはすべての立法者や哲学者よりも多くのことをしました。」[164] スウェーデンの歴史家ヒューゴ・バレンティンは、モーセを「人の権利を最初に宣言した」と認めた。[174]

奴隷制と公民権

地下鉄道の指揮者であり、南北戦争のベテランであるハリエット・タブマンは、アメリカの自由州で奴隷から逃れた奴隷を解放し、自由に運ぶという彼女のさまざまな任務のために、「モーゼス」と呼ばれました[175]

歴史家のグラディスL.ナイトは、合衆国での奴隷制が合法であった期間中およびその後に現れた指導者が、モーセのシンボルをしばしば擬人化した方法を説明しています。「モーセの象徴は、自由の必要性を増幅するのに役立ったという点で力を与えていました。」[176]したがって、奴隷制を非合法化する憲法改正が可決された後、1865年にエイブラハムリンカーンが暗殺されたとき黒人アメリカ人は「彼らのモーセ」を失ったと言った。[177]リンカーンの伝記作家チャールズ・カールトン・コフィンは、「エイブラハム・リンカーンが奴隷制から救出した何百万人もの人々は、彼をイスラエルの救出者であるモーセに例えるだろう」と書いています。[178]同様に、約70人の奴隷にされた家族や友人を救出したハリエット・タブマンも、彼女の人々の「モーゼ」と呼ばれていました。[179]

1960年代、公民権運動の第一人者は「現代のモーセ」と呼ばれマーティンルーサーキングジュニアであり、彼の演説でモーセにしばしば言及しました。「モーセの闘争、彼の献身的な信者の闘争は次のように彼らはエジプトから脱出しようとしました。これは、自由を求めて奮闘しているすべての人々の物語のようなものです。」[180]

文化的描写と参考文献

美術

モーゼ、角のある、ミケランジェロ、1513-15、ローマ、ヴィンコリのサンピエトロ大聖堂

モーセはキリスト教芸術によく登場し、教皇の私設礼拝堂であるシスティーナ礼拝堂には、キリストの生涯とのセットの反対側に、南の壁にモーセの生涯の6つのフレスコ画の大きなシーケンスがあります。それらは、サンドロ・ボッティチェッリピエトロ・ペルジーノを含むほとんどがフィレンツェの芸術家のグループによって1481年から82年に描かれましたモーセの顔がコルヌタムとして記述されている、聖書のジェロームラテン語ウルガタ翻訳のあいまいさのために(「輝く」または「角のある」を意味する)タブレットを持ってシナイ山から降りるとき、モーセは通常、小さな角のあるルネッサンスまで西洋美術で示されます。これは、少なくとも便利な識別属性として機能しました。[181]

預言者エリヤと共に、彼はキリスト教芸術におけるイエスの変容に必要な人物であり、東方正教会の芸術で長い歴史を持つ主題であり、1475年から1535年の間に西洋の芸術で人気がありました。[182]

ミケランジェロの像

ローマのヴィンコリにあるサンピエトロ教会にあるミケランジェロモーゼ像(1513–15)は、世界で最も身近な像の1つです。モーセの頭に含まれている彫刻家の角は、ヘブライ語聖書をミケランジェロがよく知っていたラテン語のウルガタ聖書に誤って翻訳した結果です。出エジプト記から取られたヘブライ語は、「角」または「照射」のいずれかを意味します。アメリカ考古学協会の専門家は、モーセが「人間の目が立つことができる限り多くの主の栄光を見た後、彼の民に戻った」とき、そして彼の顔が「輝きを反映した」ときにこの用語が使われたことを示しています。さらに、モーセはしばしば「頭から光線が出ている状態で示されます」。[184]

米国政府の建物の描写

モーセは、立法者としての彼の遺産のために、いくつかの米国政府の建物に描かれています。アメリカ議会図書館には、使徒パウロの像と並んでモーゼの大きな像が立っていますモーセは、アメリカ合衆国下院の米国下院の部屋にある大理石の 浅浮き彫り描かれた23人の弁護士の1人ですプラークの概要には、「モーセ(紀元前1350年から1250年頃)のヘブライ人の預言者と立法者、放浪する人々を国に変え、十戒を受けた」と記されています。[185]

他の22の図は、プロファイルがモーセに向けられています。モーセは、唯一の前向きの浅浮き彫りです。[186] [187]

モーセは、最高裁判所の大広間の天井を囲む彫刻に8回登場します。彼の顔は、ソロモン、ギリシャの神ゼウス、ローマの知恵の女神ミネルバなどの他の古代の人物と一緒に提示されます。最高裁判所ビルの東側のペディメントには、モーセが2つの錠剤を持っている様子が描かれています。十戒を表すタブレットは、オークの法廷のドア、法廷の青銅の門のサポートフレーム、および図書館の木工品に刻まれています。物議を醸しているイメージは、米国最高裁判所長官の頭の真上にあるイメージです長さ40フィートのスペイン産大理石の彫刻の中央には、ローマ数字を表示するタブレットがあります。IからXまで、一部の数字は部分的に非表示になっています。[188]

文学

映画とテレビ

モーセへの批判

ヘブライ人によって捕らえられたミディアン主導の女性、 ジェームズ・ティソットc.1900

18世紀後半、理神論者のトマス・ペインは、理性の時代(1794、1795、および1807)のモーセの法則について詳細にコメントしました。ペインはモーセを「忌まわしい悪役」と見なし、彼の「例のない残虐行為」の例として番号31を引用しました。[206]通路では、イスラエル軍がミディアンの征服から戻った後、モーセはイスラエル人のために飼われていた処女の少女を除いてミディアン人の殺害を命じた。

あなたがたはすべての女性を生かして救ったのですか。見よ、これらはイスラエルの人々にバラムの助言を通して、ペオルの問題で主に対して不法侵入を犯させ、主の会衆の間に疫病があった。ですから、今、小さな子たちの中のすべての男性を殺し、男性を知っているすべての女性を彼と一緒に横になって殺します。しかし、彼と一緒に横たわって男を知らなかったすべての女性-子供たちは、あなた自身のために生き続けます。

— 番号31 [207]

ラビ・ジョエル・グロスマンは、この物語は「欲望裏切りの強力な寓話」であり、モーセによる女性の処刑は、セックスと欲望を悪の目的に変えようとする人々の象徴的な非難であると主張しました。[208]彼は、ミッドディアナイトの女性は「彼らの性的魅力を利用して、イスラエル人の男性を[ヤハウェ]神から遠ざけ、バアル・ペオール[別のカナン神話]の崇拝に向かわせた」と述べている。[209] Rabbi Grossmanは、ユダヤ人男性を誘惑しなかった女性を含むすべてのMiddianiteの非処女女性の虐殺は、「不適切な理由」でセックスをしたために公正であったと主張している。[209]改革 の教育スペシャリスト、アラン・レビン運動は、同様に、「ユダヤ人の次の世代に彼ら自身の偶像崇拝的な行動を見るように警告する」ために、物語が注意物語として受け取られるべきであることを示唆しました。[210] チャサム・ゾーファーは、この戦争はモーセの命令で戦われたのではなく、ミディアン人の女性に対する復讐の行為として神によって命じられたと強調している[211]。罪。

モーセはまた、多くのフェミニスト批評の対象となっています。ウーマニストの聖書学者であるニャシャ・ジュニアは、モーセがフェミニストの探究の対象になる可能性があると主張しています。[212]

も参照してください

ノート

  1. ^ ヘブライ語 מֹשֶׁה Mōše ; Moshe Rabbenuとしても知られていヘブライ語 מֹשֶׁהרַבֵּנוּ lit。 "Moshe our Teacher"); シリア Mūše ; アラビア語 موسى Mūsā ; ギリシャ語 Mωϋσῆς Mōÿsēs
  2. ^ アウグスティヌスは、モーセが神の国で生まれたときの王の名前を記録しています
    オルソポリスは、紀元前1596年から1533年までの63年間、シキオンの12番目の王として君臨しました。クリアスは紀元前1637年から1583年までの54年間、アルゴスの5番目の王として君臨しました。[23]
  3. ^ マネトによると、彼の生まれた場所は古代都市ヘリオポリスでした。[37]
  4. ^ 正教会の月課によると 9月4日はモーセが約束の地を見た日でした。[133]

参考文献

  1. ^ フィラー、エラッド。「モーセとクシテの女性:古典的な解釈とフィロの寓話」TheTorah.com 2019年5月11日取得
  2. ^ モーセ。」ランダムハウスウェブスターの簡略化されていない辞書
  3. ^ 申命記34:10
  4. ^ マイモニデス信仰の13の原則、第7の原則
  5. ^ a b c ヒッティ、フィリップK.(1928)。ドゥルーズ派の人々と宗教の起源:彼らの神聖な書物からの抜粋を使ってアレクサンドリア図書館。p。37. ISBN 9781465546623
  6. ^ a b c Dana、Nissim(2008)。中東のドゥルーズ派:彼らの信仰、リーダーシップ、アイデンティティ、ステータスミシガン大学出版局。p。17. ISBN 9781903900369
  7. ^ 「モーセ」オックスフォードイスラム研究2020年12月6日取得
  8. ^ Dever、William G.(2001)。「「歴史の裏にある歴史」にたどり着く"聖書の作家は何を知っていましたか、そしていつ彼らはそれを知っていましたか?:古代イスラエルの現実について考古学は私たちに教えくれます 978-0-8028-2126-3OCLC46394298 _
  9. ^ 出エジプト記1:10
  10. ^ ダグラス・K・スチュアート(2006)。出エジプト記:聖書の聖書釈義と神学的解説B&Hパブリッシンググループ。pp。110–13。
  11. ^ 出エジプト記4:10
  12. ^ 出エジプト記7:7
  13. ^ Kugler、Gili(2018年12月)。羊飼い、デビッド; Tiemeyer、Lena-Sofia(編)。「モーセは死に、人々は先に進みました:申命記の隠された物語」。旧約聖書の研究のためのジャーナルSAGEPublications43(2):191–204。土井10.1177 / 0309089217711030ISSN1476-6728_ S2CID171688935_  
  14. ^ Nigosian、SA(1993)。「彼らが彼を見たモーセ」。VetusTestamentum43(3):339–350。土井10.1163 / 156853393X00160ソース分析または歴史的に批判的な方法に基づく3つの見解は、聖書学者の間で優勢であるように思われます。第一に、マイヤーやホルシャーなどの多くの学者は、モーセの人やイスラエルの宗教で果たした役割についての歴史的価値を否定することによって、モーセに起因するすべての特権を奪うことを目指しています。第二に、他の学者は、....最初の見解に正反対であり、モーセがイスラエルの宗教で確固たる環境で果たした決定的な役割を固定しようと努めています。そして第三に、中間の立場をとる人々は...後の伝説的な付加物の上部構造からモーセの確かな歴史的識別を描写します....言うまでもなく、これらの問題は学者の間で熱く議論されている未解決の問題です。したがって、トーラーの歴史的要素と非歴史的要素を分離する試みは、もしあったとしても、ほとんど得られませんでした。モーセの姿やイスラエルの宗教で彼が果たした役割に関して肯定的な結果が得られました。J.ヴァンセッターズが「歴史的なモーセの探求は無駄な運動である。彼は今では伝説にのみ属している」と結論付けたのも不思議ではありません。
  15. ^ ウィリアムG.デバー(2001)。聖書の作家は何を知っていましたか、そしていつ彼らはそれを知っていましたか?:考古学は古代イスラエルの現実について私たちに何を教えてくれますかうーん。B. EerdmansPublishing。p。99. ISBN 978-0-8028-2126-3モーセのような人物は、13世紀半ばから後半にかけて、トランスヨルダン南部のどこかに存在した可能性があります。多くの学者は、ヤハウェ神に関する聖書の伝統が生まれたと考えています。
  16. ^ ビーグル、デューイ。「モーセ」ブリタニカ百科事典。
  17. ^ 「モーセ」オックスフォード聖書研究オンライン
  18. ^ Miller II、Robert D.(2013年11月25日)。イルミネーションモーゼス:出エジプト記からルネッサンスまでのレセプションの歴史ブリル。pp。21、24。ISBN _ 978-90-04-25854-9ヴァン・セッターズは次のように結論づけました。「歴史的なモーセの探求は無駄な運動です。彼は今や伝説にのみ属しています。」...「これは、歴史的なモーセがなく、物語に歴史的な情報が含まれていないことを意味するものではありません。しかし、五書では、歴史は記念になりました。記念は、歴史を改訂し、記憶を再構築し、歴史から神話を作ります。
  19. ^ Seder Olam Rabbah [完全な引用が必要]
  20. ^ ジェロームクロニコン(4世紀)はモーセの誕生のために1592を与えます
  21. ^ 17世紀のアッシャーの年表は紀元前1571年を計算します(世界の年報、1658年の段落164)
  22. ^ セントオーガスティン神の都ブックXVIII。第8章-モーセが生まれたときに王だったのは誰か、そしてその時神々が崇拝され始めたのは何か。
  23. ^ Hoeh、Herman L(1967)、世界史大要(論文)、vol。1、大使大学学部、神学研究科、1962年
  24. ^ a b c Hays、Christopher B. 2014. Hidden Riches:A Sourcebook for the Comparison Study of the Hebrew Bible and Ancient NearEastPresbyterian PublishingCorpp。116。
  25. ^ ウルマー、リヴカ。2009.ミドラーシュのエジプト文化アイコンdeGruyterp。269。
  26. ^ ケネスA.キッチン、旧約聖書の信頼性についてモーセの名前は、そもそもエジプト人ではない可能性が高いです!歯擦音は本来のように一致しておらず、これを説明することはできません。圧倒的に、エジプトの「s」はヘブライ語と西セム語では「s」(samekh)として表示され、ヘブライ語と西セム語の「s」(samekh)はエジプト語では「tj」として表示されます。逆に、エジプトの「sh」=ヘブライ語の「sh」、またはその逆。子供が自分の母親によって(出エジプト記2:10b)、元々は「マシュ」、「引き抜かれた者」(「モシェ」、「引き抜かれた者」、すなわち、彼が彼らを導き出したとき、奴隷制からの彼の人々)。14世紀/ 13世紀のエジプトでは、「モース」は実際には「マス」と発音されていました。そのため、若いヘブライ語のマシュがエジプト人の仲間からマスと呼ばれた可能性は十分にあります。しかし、これは口頭でのしゃれであり、どちらの方法でも借用ではありません。」
  27. ^ Naomi E. Pasachoff、Robert J. Littman、 A Concise History of the Jewish People、Rowman&Littlefield、(1995)2005p。5.5。
  28. ^ 出エジプト記2:10
  29. ^ a bcMaciá 、 LorenaMiralles 2014年。「架空の伝記の報告による異邦人の聖書の性格のユダヤ教化:ラビの解釈によると、ベシア、ファラオの娘、モーセの母の場合。」Pp。ナラトロジー、エルメノイティクス、ミッドラッシュの145–75 :古代後期から現代までのユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒の物語、 C。コルドニとG.ランガーが編集。Vandenhoeck&Ruprecht
  30. ^ Dozeman 2009、81〜82ページ。
  31. ^ 「律法のリヴァ、出エジプト記2:10:1」www.sefaria.org 2021-03-14を取得
  32. ^ a b c Greifenhagen、Franz V. 2003.ペンタチュークのイデオロギーマップ上のエジプト:聖書のイスラエルのアイデンティティの構築ブルームズベリー出版社。pp。60ff[62] n.65。[63]。
  33. ^

    εἶταδίδωσινὄνομαθεμένηΜωυσῆνἐτύμωςδιὰτὸἐκτοῦὕδατοςαὐτὸνἀνελέσθαι・τὸγὰρὕδωρμῶυὀνομάζουσινΑἰγύπτιοι

    「彼は水から引き上げられていたので、王女は彼にこれに由来する名前を付け、彼をモーセと呼びました。モーはエジプトの水を意味する言葉だからです。」

    アレクサンドリアのフィロDe Vita Mosis、I:4:17。 -コルソン、FH、トランス。1935年。アブラハムについて。ジョセフについて。モーセについて、(ローブクラシカルライブラリー289)。ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ハーバード大学出版局pp。284–85。
  34. ^ スコルニック、ベンジャミン・エディディン2005.エジプト人が紅海で溺死した場合、ファラオの戦車はどこにありますか?:聖書の歴史的側面を探るユニバーシティプレスオブアメリカp。82。
  35. ^ Salkin、Jeffrey K. 2008.ヘブライ語聖書の正義の異端者:神聖な関係のための古代の役割モデルJewish LightsPublishingpp。47ff[54]。
  36. ^ ハリス、モーリスD. 2012年。モーゼス:私たちの間の見知らぬ人WipfおよびStockPublisherspp。22–24。
  37. ^ マクリントック、ジョン; ジェームズ、ストロング(1882)、「モーゼス」、聖書、神学、教会文学のシクロペディア、vol。VI。ME-NEV、ニューヨーク:Harper&Brothers、pp。677–87
  38. ^ 出エジプト記2:21
  39. ^ "私は私が誰であるか"; 彼は言った、「それであなたはイスラエルの子らに言うであろう、 『わたしはあなたにわたしを遣わした』。出エジプト記3:14
  40. ^ 「こうして主は言われる、「わたしの民を行かせて、わたしに仕えさせてください。」出エジプト記8:1シュミット、ナサニエル(1896年2月)、「モーセ:彼の年齢と彼の働き。II "、聖書の世界7(2):105–19 [108]、doi10.1086 / 471808S2CID 222445896それは預言者の呼びかけでした。それはバカの木の下のダビデのような本当の恍惚とした経験でした。 、山のエリヤ、神殿のイザヤケバルのエゼキエルヨルダンイエス ダマスカスの道ポールそれは、神が人間に触れることの永遠の謎でした。
  41. ^ 出エジプト記4:24–26
  42. ^ ギンズバーグ、ルイ(1909)。The Legends of the Jews Vol III:Chapter I(Translated by Henrietta Szold)フィラデルフィア:ユダヤ教出版協会。
  43. ^ トリム、チャーリー(2019年9月)。羊飼い、デビッド; Tiemeyer、Lena-Sofia(編)。「神の杖とモーセの手:神の戦士の役割のターニングポイントとしてのアマレカイトとの戦い」旧約聖書の研究のためのジャーナルSAGEPublications44(1):198–214。土井10.1177 / 0309089218778588ISSN1476-6728_ 
  44. ^ ラド、ゲルハルトフォン; ハンソン、K。C; ニール、スティーブン(2012)。モーセケンブリッジ:ジェームズクラーク。ISBN 978-0-227-17379-42017年6月9日取得
  45. ^ ギンズバーグ、ルイ(1909)。The Legends of the Jews Vol III:The Symbolic Significance of the Tabernacle(Translated by Henrietta Szold)フィラデルフィア:ユダヤ教出版協会。
  46. ^ ギンズバーグ、ルイ(1909)。The Legends of the Jews Vol III:Ingratitude Punished(Translated by Henrietta Szold)フィラデルフィア:ユダヤ教出版協会。
  47. ^ 出エジプト記 20 : 19– 23:33
  48. ^ 十戒出エジプト記20:1–17
  49. ^ 出エジプト記20:22–23:19
  50. ^ ハミルトン2011、p。xxv​​。
  51. ^ ロビンソン、ジョージ(2008)。エッセンシャルトーラー:モーセの5冊の本への完全なガイドKnopfダブルデイパブリッシンググループ。p。97. ISBN 978-0-307-48437-6
  52. ^ a b Nigosian、SA(1993)。「彼らが彼を見たモーセ」。VetusTestamentum43(3):339–350。土井10.1163 / 156853393X00160ソース分析または歴史的に批判的な方法に基づく3つの見解は、聖書学者の間で優勢であるように思われます。第一に、マイヤーやホルシャーなどの多くの学者は、モーセの人やイスラエルの宗教で果たした役割についての歴史的価値を否定することによって、モーセに起因するすべての特権を奪うことを目指しています。第二に、他の学者は、....最初の見解に正反対であり、モーセがイスラエルの宗教で確固たる環境で果たした決定的な役割を固定しようと努めています。そして第三に、中間の立場をとる人々は...後の伝説的な付加物の上部構造からモーセの確かな歴史的識別を描写します....言うまでもなく、これらの問題は学者の間で熱く議論されている未解決の問題です。したがって、トーラーの歴史的要素と非歴史的要素を分離する試みは、もしあったとしても、ほとんど得られませんでした。モーセの姿やイスラエルの宗教で彼が果たした役割に関して肯定的な結果が得られました。J.ヴァンセッターズが「歴史的なモーセの探求は無駄な運動である。彼は今では伝説にのみ属している」と結論付けたのも不思議ではありません。
  53. ^ a b Dever、William G.(1993)。「オルブライトが建てた家の残骸は?」聖書の考古学者シカゴプレス大学。56(1):25–35。土井10.2307 / 3210358ISSN0006-0895_ JSTOR3210358_ S2CID166003641_ 今日の圧倒的な学術的コンセンサスは、モーセは神話上の人物であるということです   
  54. ^ ウィリアムG.デバー(2001)。聖書の作家は何を知っていましたか、そしていつ彼らはそれを知っていましたか?:考古学は古代イスラエルの現実について私たちに何を教えてくれますかうーん。B. EerdmansPublishing。p。99. ISBN 978-0-8028-2126-3モーセのような人物は、13世紀半ばから後半にかけて、トランスヨルダン南部のどこかに存在した可能性があります。多くの学者は、ヤハウェ神に関する聖書の伝統が生まれたと考えています。
  55. ^ ブリット、ブライアン(2004)。「モーセの神話、聖書の歴史を超えて」聖書と解釈アリゾナ大学。
  56. ^ アスマン、1月(1998-10-15)。エジプト人のモーセハーバード大学出版局。pp。2、11。ISBN _ 978-0-674-58739-7モーセが伝統の外に存在した痕跡がないので、モーセがこれまで生きていたことを確信することはできません」(p.2)ミディアン人。この質問は歴史的なモーセに関係しているので、歴史に関係しています。私は記憶の図としてモーセに関心を持っています。記憶の図として、エジプト人のモーセはヘブライ人のモーセや聖書のモーセとは根本的に異なります。
  57. ^ Dever、William(2008年11月17日)。「ヘブライ語聖書の考古学」ノヴァPBS。モーセ」はエジプトの名前です。物語の他の名前のいくつかはエジプト人であり、本物のエジプトの要素があります。しかし、エジプト自体、または直接関係のあるシナイでさえ、テキストやアーティファクトを見つけた人は誰もいません。それが起こらなかったという意味ではありませんが、起こったことはかなり控えめだったと思います。そして聖書の作家たちは物語を拡大しました。
  58. ^ ムーア、ミーガンビショップ; ケレ、ブラッドE.(2011-05-17)。聖書の歴史とイスラエルの過去:聖書と歴史の変化する研究うーん。B. EerdmansPublishing。pp。92–93。ISBN 978-0-8028-6260-0...モーセを明確に指し示す聖書外の情報源はありません。
  59. ^ 「モーセ」オックスフォード聖書研究オンライン
  60. ^ Meyers 2005、pp。5–6。
  61. ^ リーミング、デビッド; リーミング、元英語と比較文学の教授デビッド(2005-11-17)。世界神話へのオックスフォードコンパニオンオックスフォード大学出版局、米国。ISBN 978-0-19-515669-0
  62. ^ Miller II、Robert D.(2013年11月25日)。イルミネーションモーゼス:出エジプト記からルネッサンスまでのレセプションの歴史ブリル。pp。21、24。ISBN _ 978-90-04-25854-9ヴァン・セッターズは次のように結論づけました。「歴史的なモーセの探求は無駄な運動です。彼は今や伝説にのみ属しています。」...「これは、歴史的なモーセがなく、物語に歴史的な情報が含まれていないことを意味するものではありません。しかし、五書では、歴史は記念になりました。記念は、歴史を改訂し、記憶を再構築し、歴史から神話を作ります。
  63. ^ 「出エジプト記」。出エジプト記、ブックオフ(オンライン)聖書のオックスフォードコンパニオンオックスフォードリファレンスオンライン-オックスフォード大学出版局。2004年。ISBN  978-0-19-504645-8モーセの歴史は、モーセについてなされる最も合理的な仮定です。モーセが敬虔な必要性のフィクションと見なされるべきである理由についての実行可能な議論はありません。神権的共同体としてのイスラエルの始まりの場面からの彼の除去は、単に説明することができなかった空白を残すでしょう。
  64. ^ 「モーセ-オックスフォード聖書研究オンライン」www.oxfordbiblicalstudies.com 2021-04-20を取得
  65. ^ クーガン、マイケル・デビッド; クーガン、マイケルD.(2001)。聖書の世界のオックスフォードの歴史オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-513937-2
  66. ^ Finlay、Timothy D.(2005)。ヘブライ語聖書の出生レポートのジャンルForschungen zumAltenTestament。12.モール・ジーベック。p。236. ISBN 978-3-16-148745-3
  67. ^ Pitard 2001、p。27。
  68. ^ エレミヤ15:1
  69. ^ イザヤ63:11–12
  70. ^ Thompson 2002、pp。23–24。
  71. ^ Carr&Conway 2010、p。193。
  72. ^ 63:16
  73. ^ a b Ska 2009、p。44。
  74. ^ 裁判官1:16–3:11 ; 民数記10章29節; 出エジプト記6:2–3
  75. ^ スミス、マークS.(2002)。神の初期の歴史:古代イスラエルのヤハウェと他の神々うーん。B.Eerdmans。p。34. ISBN 978-0-8028-3972-5
  76. ^ van der Toorn、カレル; ベッキング、ボブ; van der Horst、Pieter Willem、eds。(1999)。聖書の神と悪魔の辞書(第2版)。うーん。B.Eerdmans。p。912. ISBN 978-0-8028-2491-2
  77. ^ コート、ジョージW.(1988)。モーゼス:英雄的な男、神の男A&Cブラック。pp。10ff(p。11Albright、pp。29–30、Noth)。ISBN 9780567594204
  78. ^ オットー、エッカルト(2006)。モース:Geschichte und Legende(ドイツ語)。CHベック。pp。25–27。ISBN 978-3-406-53600-7
  79. ^ Görg、Manfred(2000)。「モース–名前とNamensträger。VersucheinerhistorischenAnnäherung」。オットーでは、E。(編)。モース。ÄgyptenunddasAlteTestament(ドイツ語)。シュトゥットガルト:Verlag KatholischesBibelwerk。
  80. ^ クラウス、ロルフ(2001)。DasMoses-Rätsel。Auf den Spuren einer biblischen Erfindung(ドイツ語)。ミュンヘン:UllsteinVerlag。
  81. ^ アスマン、1月(2002年2月2日)。"TagsüberparlierteralsÄgyptologe、nachtsreißterdieBibelauf"フランクフルターアルゲマイネツァイトゥング(ドイツ語)。
  82. ^ ドドソン、エイダン(2010)。毒された遺産:19番目のエジプト王朝の崩壊カイロプレスのアメリカン大学。p。72. ISBN 978-1-61797-071-9
  83. ^ Smend、Rudolf(1995)。「MosealsgeschichtlicheGestalt」。HistorischeZeitschrift260:1〜19。土井10.1524 /hzhz.1995.260.jg.1S2CID164459862_ 
  84. ^ Leithart、Peter J.(2006)。1&2列王記ブラゾスプレス。pp。178ff[181–82]。ISBN 9781587431258
  85. ^ アスマン、1月(2009)。エジプト人モーゼス:西部一神教におけるエジプトの記憶ハーバード大学出版局。pp。31–34。ISBN 978-0-674-02030-6
  86. ^ Samaan、Marla(2002)。「」「ボンデージの家」:ヘブライ人奴隷制の聖書の記述をエジプトの歴史的記録と調和させることができるか?」上級研究プロジェクト.59
  87. ^ ビラウアー、バーバラ(2014)。「モーセ、ツトモス、出エジプト」。SSRN土井10.2139 /ssrn.2429297
  88. ^ 「出エジプト記:物語の背後にある歴史-TheTorah.com」www.thetorah.com 2021-07-01を取得
  89. ^ Shmuel 1976、p。1102。
  90. ^ Shmuel 1976、p。1103。
  91. ^ Hammer、Reuven(1995)、The Classic Midrash:Tannaitic Commentaries on the Bible、Paulist Press、p。15
  92. ^ Safrai、Shemuel; スターン、M。; フラッサー、デビッド; Unnik、Willem Cornelis(1974年11月19日)。1世紀のユダヤ人:歴史地理学、政治史、社会的、文化的、宗教的生活と制度Uitgeverij Van Gorcum ISBN 9789023214366–Googleブックス経由。
  93. ^ a b c Droge 1989、p。18.18。
  94. ^ バークレイ、ジョンMG(1996)。地中海ディアスポラのユダヤ人:アレクサンダーからトラヤヌスまで(紀元前323年から西暦117年)カリフォルニア大学出版。p。130. ISBN 0-520-21843-4
  95. ^ 「モーセ」ジューイッシュエンサイクロペディア2010年3月2日取得
  96. ^ 「カエサレアのエウセビオス:福音の準備(福音の準備)。Tr.EHギフォード(1903)-第9巻」www.tertullian.org 2021年4月30日取得
  97. ^ フェルドマン1998、p。40。
  98. ^ a b Feldman 1998、p。133。
  99. ^ Shmuel 1976、p。1132。
  100. ^ ストラボン。地理学 16.2.35–36、1854年にHCハミルトンとW.ファルコナーによって翻訳された、177–78ページ、
  101. ^ a b Shmuel 1976、p。1133。
  102. ^ Assmann 1997、p。38。
  103. ^ タキトゥス、コーネリアス。Cornelius Tacitusの作品: Arthur Murphy、Thomas WardlePublによる彼の人生と天才に関するエッセイ付き。(1842)p。499
  104. ^ a b タキトゥス、コーネリアス。Tacitus、The Histories、Volume 2、Book V. Chapters 5、6p。208。
  105. ^ Henry JM Day、 Lucan and the Sublime:Power、Representation and Aesthetic Experience、 Cambridge University Press、2013p。12.12。
  106. ^ Louis H. Felkdman、古代世界のユダヤ人と異邦人:アレクサンダーからユスティニアヌスへの態度と相互作用、プリンストン大学出版局1996p。239。
  107. ^ Shmuel 1976、p。1140。
  108. ^ ジョセフス、フラウィウス(1854)、「IV」、作品:ユダヤ古代誌、vol。VIII、トランス。ウィリアム・ホイストン著、pp。254–55
  109. ^ フェルドマン1998、p。130。
  110. ^ ガスリー1917年、p。194。
  111. ^ ガスリー1917年、p。101。
  112. ^ a b Blackham 2005、p。39。
  113. ^ Van Seters 2004、p。194。
  114. ^ Finkelstein、I.、Silberman、NA。、 The Bible Unearthed:Archaeology's New Vision of Ancient Israel and the Origin of its Sacred Texts、p。68
  115. ^ Jean-Louis Ska The Exegesis of the Pentateuch:Exegetical Studies and Basic Questions、 Forschungen zum Alten Testament、Vol 66、Mohr Siebeck、2009p。260。
  116. ^ Midrash Rabbah、Ki Thissa、XL。3-3、Lehrman、p。463
  117. ^ Yalkut Shimoni、Shemot166からChroniclesI 4:18、24:6; Vayikra Rabbah 1:3も参照してください。チャシダp。345
  118. ^ Rashi to Bava Batra 15s、Chasidahp。345
  119. ^ 申命記33:21のバババトラ15a、チャシダp。345
  120. ^ Rashi to Berachot 54a、Chasidahp。345
  121. ^ ギンズバーグ、ルイ(1909)。ユダヤ人の伝説Vol。II:モーセの昇天; モーセが楽園と地獄を訪ねる(ヘンリエッタ・ゾルド訳)フィラデルフィア:ユダヤ教出版協会。
  122. ^ Eusebius Praeparatio evangelicaix26
  123. ^ エウセビオス、lcix。27
  124. ^ ギンズバーグ、ルイ(1909)。ユダヤ人の伝説Vol。III:モーセはすべての敬虔な男性に優れています(ヘンリエッタ・ゾルド訳)フィラデルフィア:ユダヤ教出版協会。
  125. ^ 「ユダヤ教101:モーセ、アロンおよびミリアム」ユダヤ人のFAQ 2010年3月2日取得
  126. ^ Larkin、William J.(1995)。行為(IVP新約聖書解説シリーズ)インターバーシティプレスアカデミック。ISBN 978-0-8308-1805-1
  127. ^ 「聖書のゲートウェイの通路:行為7-新国際版」聖書のゲートウェイ2017年1月8日取得
  128. ^ 「ジョン6:35(KJV)」www.biblegateway.com 2020年1月4日取得イエスは彼らに言われた、「わたしは命のパンです。わたしのところに来る者は決して飢えません。そして、私を信じる者は決して渇きません。
  129. ^ マタイ23:2
  130. ^ Tomson、Peter J.(2019年2月11日)。1世紀と2世紀のユダヤ人とキリスト教徒に関する研究モールジーベック。p。517. ISBN 978-3-16-154619-8
  131. ^ Great Synaxaristes :(ギリシャ語) ὉΠροφήτηςΜωϋσῆς4Σεπτεμβρίου。ΜΕΓΑΣΣΥΝΑΞΑΡΙΣΤΗΣ。
  132. ^ 聖なる預言者と神の予言者モーセOCA –聖人の生活。
  133. ^ 「9月4日:聖なる神の予言者モーセと彼の兄弟アーロン」。で:月課経:第1巻、9月。翻訳 聖なる変容修道院によるギリシャ語から。マサチューセッツ州ボストン、2005年。p。67。
  134. ^ 聖なる先祖の日曜日セントジョンズ正教会、コルチェスター、エセックス、イギリス。
  135. ^ 「Mojżesz」DEON.pl(ポーランド語)2021-09-03を取得しました。
  136. ^ 「ПророкМоисе́йБоговидец」azbyka.ru(ロシア語)2021-09-03を取得しました。
  137. ^ Տոնականօրերアルメニア教会(アルメニア語)2017年8月31日取得
  138. ^ スキナー、アンドリューC.(1992)、「モーセ」ラドロー、ダニエルH(編)、モルモニズム百科事典、ニューヨーク:マクミラン出版社、958〜59ページ、ISBN 978-0-02-879602-4OCLC  24502140
  139. ^ Taylor、Bruce T.(1992)、"Book of Moses"、in Ludlow、Daniel H(ed。)、Encyclopedia of Mormonism、New York:Macmillan Publishing、pp。216–17、ISBN 978-0-02-879602-4OCLC  24502140
  140. ^ 教義と聖約110:11
  141. ^ a b c d Keeler 2005、55〜66ページ。
  142. ^ Keeler 2005、pp。55–56は、イスラム教徒の観点からモーセについて説明しています。ムハンマドの」、そして「コーランでコミュニティの救世主と支配者の最高のモデルとして他の何よりもムハンマドに提示された図として、男は唯一の神の知識と神聖に明らかにされたシステムの両方を提示することを選択しましたモーセがメッセンジャーと立法者としての彼自身の経験からムハンマドに助言する、預言者の奇跡的な昇天のよく知られた伝統において、私たちは彼がムハンマドの先祖のこの役割にはっきりと見出されます。」
  143. ^ Azadpur、M.、2009年。慈善と良い生活:イスラムの予言的倫理について。アブラハムの伝統における危機、呼びかけ、リーダーシップ(pp。153-167)。パルグレイブマクミラン、ニューヨーク。
  144. ^ キーラー2005、p。55。
  145. ^ コーラン 28:7
  146. ^ コーラン 28:9
  147. ^ Wheeler、Brannon M.(2002)。コーランの預言者:コーランとイスラム教徒の聖書釈義の紹介Continuum International PublishingGroup。ISBN 0-8264-4957-3
  148. ^ Shahada Sharelle Abdul Haqq(2012)。信仰の高貴な女性:アシヤ、メアリー、カディヤ、ファティマ(図解版)。トゥグラブックス。ISBN 978-1-59784-268-6
  149. ^ コーラン 79:17–19
  150. ^ コーラン 20:47–48
  151. ^ コーラン 5:20
  152. ^ "Sahih al-Bukhari、Book 97、Hadith142"Sunnah.com 2020年2月13日取得
  153. ^ スミス、ヒューストン(1991)、世界の宗教、ハーパーコリンズ、p。245、ISBN 978-0-06-250811-9
  154. ^ サミュエルカーチス(2005)。今日の原始的なセム族の宗教ケシンガーパブリッシング。pp。163–4。ISBN 1-4179-7346-3
  155. ^ 神とその創造、バハイ国際共同体
  156. ^ Bahá'u'lláh(1988)。オオカミの息子への手紙イリノイ州ウィルメット:BaháʼíPublishingTrust。p。104. ISBN 978-0-87743-048-3
  157. ^ UHJ:事務局(1992年10月15日)。「手紙の中で提起された問題」[個人]への手紙2019年6月10日取得
  158. ^ クリフォード、ローラ(1937)。いくつかの回答済みの質問ニューヨーク:BaháʼíPublishingTrust。pp。14–15。
  159. ^ a b クリフォード、ローラ(1937)。いくつかの回答済みの質問ニューヨーク:BaháʼíPublishingTrust。pp。14–15。
  160. ^ McMullen、Michael(2000)、TheBaháʼí:グローバルアイデンティティの宗教的構築、p。246
  161. ^ Ifil、Gwen(2009)、The Breakthrough:Politics and Race in the Age of Obama、Random House、p。58
  162. ^ バークレー、ウィリアム(1998)[1973]、十戒、ウェストミンスタージョンノックスプレス、p。4
  163. ^ 「PopeFrancisは議会に演説する」 Vox、2015年9月24日
  164. ^ a b Meacham 2006、p。40。
  165. ^ タルボット、アーチー・リー(1930)、ケネベックの新しいプリマス植民地、ブランズウィック:米国議会図書館
  166. ^ ローウェル、ジェイムズラッセル(1913年)、ラウンドテーブル、ボストン:ゴーハムプレス、217〜18ページ、モーセがエジプトから導き出した逃亡者の隣に、プリマスに上陸した追放者のわずかな船積みが未来に影響を与える運命にあります世界の。人類の精神的な渇きは、ヘブライ語の噴水で何年もの間癒されてきました。しかし、18世紀前に人の子によって発せられた人間の真理の制度における具体化は、主にピューリタンの思想とピューリタンの自己献身の仕事でした。…もし彼らの地方自治体の規制がユダヤ教をいくらか叩きのめすなら、それでも彼らよりも崇高な目的やより実践的な知恵はあり得ない。それは、人間の法則を、彼らの最高の概念において、神の法則の生きた対応物にすることでした。
  167. ^ アーバー、エドワード(1897)、巡礼者の父の物語、ホートン、ミフリン&カンパニー、p。345
  168. ^ Dever 2006、pp。ix、234。
  169. ^ モーゼス、アドルフ(1903)、ヤービスムと他の言説、ユダヤ人女性のルイビル評議会、p。93、[巡礼者は明らかに]ヘブライ人の預言者と法を与える者の真の精神によって活気づけられました。彼らは聖書の光に照らされて歩き、社会法と聖書の考えに従って連邦を形成することを決心しました。…彼らはそれ自体がイスラエルの真の子孫であり、預言者の霊的な子供でした。
  170. ^ Feiler 2009、p。35。
  171. ^ Feiler 2009、p。102。
  172. ^ フランクリン1834、p。504。
  173. ^ フランクリン1834、p。211。
  174. ^ Shuldiner、David Philip(1999)、Of Moses and Marx、Greenwood、p。35
  175. ^ クリントン、キャサリン(2004)。ハリエットタブマン:自由への道ニューヨーク:リトルブラウンアンドカンパニー。ISBN 0-316-14492-4
  176. ^ ナイト、グラディスL.アフリカ系アメリカ人の抗議のアイコン第1巻、グリーンウッド(2009)p。183
  177. ^ Hodes、マーサ(2015)。喪リンカーンエール大学プレス。pp。164、237。ISBN  _ _ _ 978-0-300-21356-0
  178. ^ Coffin、Charles Carleton(2012)[1893]、Abraham Lincoln(再版)、Ulan Press、p。534
  179. ^ ジョーンズ、ジョイスストークス; ガルビン、ミケーレジョーンズ(1999–2012)、地下を越えて。ハリエットおばさん、彼女の民のモーセ
  180. ^ King、Martin Luther Jr(2000)[1957、1968]、The Papers、Univ。カリフォルニアプレスの、p。155、

    今朝、「新しい国の誕生」という題材から説教したいと思います。そして、私たちが一緒に考えるための基礎として、次の世代のメンタルシートに長い間ステンシルで印刷されてきた物語を使用したいと思います。それは出エジプトの物語であり、エジプトの束縛から荒野を通り、そして最後に約束の地へとヘブライ人が飛んだ物語です。…モーセの闘争、彼らがエジプトから抜け出そうとしたときの彼の献身的な信者の闘争。

    そして、私は見ました。そして、私は約束の地を見てきました。私はあなたと一緒にそこに着かないかもしれません。しかし、私はあなたに今夜、私たちが人々として約束の地に着くであろうことを知ってほしい。

  181. ^ ホール、ジェイムズ、ホールの芸術における主題と記号の辞書、p。213、1996 (2nd edn。)、John Murray、 ISBN 0-7195-4147-6 
  182. ^ Schiller、Gertudキリスト教芸術の図像学、Vol。I、pp 146-152、1971(English trans from German)、Lund Humphries、London、 ISBN 0-85331-270-2 
  183. ^ マクリーン、マーガレット。(編)芸術と考古学、Vol。VI、アメリカ考古学協会(1917)p。97
  184. ^ Devore、Gary M.(2008)。古代ローマのウォーキングツアー:永遠の都への世俗的なガイドブックマーキュリーガイド。p。126. ISBN 978-0-615-19497-4
  185. ^ 「モーセは肖像画を和らげる」国会議事堂の建築家
  186. ^ 「立法者の浮き彫りの肖像画:モーセ」国会議事堂の建築家。2009-02-13。2010-03-02にオリジナルからアーカイブされました2010年3月2日取得
  187. ^ 法廷フリーズ:北と南の壁:情報シート(PDF)、合衆国最高裁判所
  188. ^ 「最高裁判所自体で、モーセと彼の法律が展示されている」宗教通信社、キリスト教の索引、 2009年12月7日にオリジナルからアーカイブされた
  189. ^ a b Assmann1997
  190. ^ Yerushalmi、Y、フロイトのモーセ(モノグラフ)
  191. ^ 「アテン大神殿の順序」アテン崇拝。2006年9月1日にオリジナルからアーカイブされまし
  192. ^ Atwell、James E.(2000)。「創世記1のエジプトの情報源」。神学研究ジャーナル51(2):441–77。土井10.1093 / jts /51.2.441
  193. ^ バーンスタイン、リチャードJ.(1998)。フロイトとモーセの遺産ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0-521-63096-2
  194. ^ ブリット、ブライアン(2004)。モーゼの書き直し:テキストの物語の日食ブルームズベリー出版社。p。28. ISBN 978-0-567-38116-3–Googleブックス経由。
  195. ^ クルノス、ジョン(1942年7月26日)。「モーセが再建されました;すべてのトランペットが鳴りました。WGハーディによって」ニューヨークタイムズ2019年12月22日取得
  196. ^ 「オーソンスコットカードによる本-石のテーブル」www.hatrack.com 2021-03-23を取得
  197. ^ Shales、Tom(2006年4月10日)。「」「十戒」:出エジプト記がABCにやってくる」ワシントンポスト2010年5月25日閲覧。
  198. ^ モーゼス・ザ・ローギバー、2019-02-03取得
  199. ^ 「世界の歴史:パートI」IMDb。
  200. ^ 十戒2019-02-03を取得
  201. ^ 「エジプトの王子」IMDb。
  202. ^ Battles BC、Bryan McGowan、Cazzey Louis Cereghino、Brad C. Wilcox 2017年12月9日取得{{citation}}: CS1 maint: others (link)
  203. ^ 「聖書」IMDb
  204. ^ 「出エジプト記:神と王」IMDb
  205. ^ 出エジプト記:神と王2019-02-03を取得
  206. ^ ペイン、トーマス(1796)理性の時代、パートII
  207. ^ 数字31:13–18
  208. ^ Grossman、Joel(2008)、「Matot」 は2016年3月4日にウェイバックマシンでアーカイブされました。テンプルベスアムライブラリーミニヤーン。
  209. ^ a b Grossman、Joel(2008)、"Matot" Archived 2016-03-04 at the WaybackMachineテンプルベスアムライブラリーミニヤーン。
  210. ^ Levin、AlanJ。「一部のメッセージは配信が困難です」私のユダヤ人の学習。
  211. ^ Aliya-by-Aliya Sedra Summary 、Torah Tidbits、OU、2003年8月2日にオリジナルからアーカイブ
  212. ^ シャーウッド、イボンヌ(2017)。聖書とフェミニズム:フィールドの再マッピングオックスフォード大学出版局。p。228. ISBN 978-0-19-103419-0

ソース

参考文献

外部リンク

モーセ
新しいタイトル 立法者 成功