Moon ((G)I-dleの曲)

"月"
(G)I-dle
アルバム「アイ・バーン」より
リリースされました2021年1月11日 ( 2021-01-11 )
スタジオキューブスタジオ
ジャンルポップ
長さ3:20 _ _
ラベル
ソングライター
プロデューサー
オーディオビデオ
YouTube「月」

Moon」(すべて大文字で様式化)は、韓国のガールズグループ(G)I-dleの 4 番目の韓国語延長劇「I Burn」(2021) の曲です。この曲はソヨンとそのプロデューサーであるミニー、FCM Houdini、FCM 667によって書かれました。この曲はアルバムの3番目のトラックとして2021年1月11日にリリースされました。

バックグラウンド

Hypebaeとのインタビューで(G)I-dleは「Moon」は自分の感情を隠したいという欲求に触れていると説明した。「Moon」の作曲を担当したミニーは、この曲には他人には見せられない正直な気持ちが込められていると述べている[1] 。「個人的にとても大切にしています。」この曲はミニーが月の思いを込めて作曲したもので、「あまりにも明るいので自分の姿が見え、あまりに悲しかったので感情や恐れを隠した」と彼女は説明した [2 ] [3]歌詞を書くのは大変だったかという質問に、ミニーは「『Moon』では、歌に関しては信頼できるソヨンさんなので歌詞を任せました。本当に良かったです、とても気に入りました」と答えた。 「月のことを考えてこの曲を書きました。それをソヨンさんに伝えました。とても素敵な歌詞を書いてくださって、本当に感謝しています」と語った。[4]

音楽と歌詞

「Moon」は、ダンサブルなディスコリズム、ベース、シンセサイザーと中毒性のあるフックメロディーを組み上げたポップジャンルの曲と言われています。月が明るい夜から闇が抜けた状況を描いた曲で、人には見せられない素直な気持ちがあることを歌っています。[5]楽譜の点では、この曲はイ短調キーで構成され、テンポは 96 ビート/分で、長さは 3 分 20 秒です。[6]

クリティカルな受信

リリースに際し、ザ・クワイエタスのヴェロニカ・A・バスタルドは、「古典的なヒップホップ/ポップ/EDM/アイム・ア・バダス・アンド-といったスタイルに合わせた数多くのK-POPガールズグループの間で迷うのは簡単だ」と書いた。 「見せてあげる」サウンドと、バブルガム・ポップ/ダンスホール/隣の家の高音の声など、ジャンルのミックスを試して、音楽的に大胆なトラックリストを聴くのは新鮮だそして脆弱性と比喩的な物語を通して普遍的な感情を探求します。」さらに、「特徴的な東アジアの楽器演奏とエレクトロ・ロックを組み合わせた『Moon』のように、暗闇の中で悲しみを隠すことができるように、光るのをやめてほしいと夜行性の衛星に懇願する曲です。」と付け加えた。[7] メロンマガジンはこの曲を「独特の夢のようなもの」と呼んだ。 JTアーリーは、この曲が「アルバムのハイライト」であると述べ、「感情を処理することの重要性を詳述し、怒りが消え去ったら、生々しい感情の余波に対処する必要があることを強調している」と述べた。著者は「Moon」を「負った傷を癒すために暗闇の中に隠れていたいという美しくダイナミックな曲」であり、「弾かれた弦、ギター、オルガン、シンセからなる魅惑的なプロダクションが神秘的な雰囲気に達する」と説明した。 。」また、このグループは「別れた後の広場恐怖症、つまり心が打ち砕かれた後、自分の空間に留まって癒される必要性について、叙情的に正直に表現できる」と称賛された。[9] The Krazeのライター、スカイ・サットン彼女の曲には「常に一定のセンスがあり、[...]業界では非常に新鮮である」ため、この曲にはミニーの「特徴的なサウンド」があることに同意しました。彼女はまた、この曲を「気づき、否定、回復の中間段階にいるような、かなりニュートラルな感覚を与えてくれる素晴らしい曲」と呼んだ。[10]

トラックリスト

  • ダウンロードとストリーミング[11]
  1. 「月」 – 3:20

クレジットと人材

クレジットは Cube Entertainment、[12]、およびNetEase Musicから引用されています。[13]

  • (G)I-dle – ボーカル
    • ミニー– プロデューサー、オーディオエンジニア、バックグラウンドボーカル
    • ソヨン– ソングライター
  • FCM Houdini – プロデューサー、オーディオ エンジニア、ギター、シンセサイザー
  • FCM 667 – プロデューサー、ベース
  • チョン・ジェヒ – バックグラウンドボーカル
  • キム・ドンミン – ギター
  • ハンスル – キーボード
  • シン・ジェビン(Cube Studio) – レコードエンジニアリング、オーディオミキシング
  • Choi Ye-ji (Cube Studio) – レコードエンジニアリング
  • クォン・ナムウ(821 サウンドマスタリング) – オーディオマスタリング
  • チャン・スンホ(821 サウンドマスタリング) – アシスタントオーディオマスタリング

チャート

チャート(2021年) ピーク
位置
韓国 ( Gaon Digital ) [14] 102
韓国 ( K-POP ホット 100 ) [15] 72

参考文献

  1. ^ イェウン、キム (2021年1月11日). 「(G)I-DLE、新しいミニアルバム『I BURN』で愛と失恋の物語を語る」誇大宣伝
  2. ^ ab スヨン、キム (2021年1月12日). (여자)아이들, 한 겨울 불꽃 같은 컴백…'화'로 음원 1위 노린다 [종합] [(G)IDLE、冬の花火のようにカムバック…「火」で音源1位を目指す [総合] ]。韓国経済新聞
  3. ^ ハーマン、テイマー (2021 年 1 月 16 日)。「(G)I-DLEのメンバーが解散、新しいK-POPアルバム『I Burn』、そしてそれが彼らの音楽的、感情的な成長をどのように反映しているかについて語ります。」サウスチャイナ・モーニング・ポスト
  4. ^ ヤング、ハナ (2021年1月11日)。(여자)아이들 민니 "'MOON' 작사, 소연에게 맡겨…예쁘게 만들어줘서 고맙다" [(G)I-dle、Minnie 「『MOON』の歌詞はソヨンにお任せください...ありがとう」綺麗にしてくれたあなた」 ]。デジタル朝鮮2021 年2 月 19 日に取得
  5. ^ “[EP] I burn (G)I-dle”. 2021年1月11日2021 年1 月 21 日に取得Melon経由。
  6. ^ “(G)I-dleのMOONのキーとBPM”. musicstax.com 2021 年1 月 12 日に取得
  7. ^ ベロニカ、A. バスタルド (2021 年 1 月 20 日)。「The Quietus | レビュー | (G)I-DLE | I BURN」。クワイエタス
  8. ^ Melyang、DJ (2021年1月19日)。금주의 HOT!(여자)아이들이 보여주는 넘사벽 클래스 [今週のHOT! (G)I-dleのクラス』。メロンマガジン
  9. ^ JT、アーリー(2021年1月19日)。「アルバムレビュー:(G)I-DLE – I BURN」。1 分あたりのビート数2021 年4 月 17 日に取得
  10. ^ スカイ、サットン (2021年1月16日). 「(G)I-DLE、新作『화(火花)(HWAA)』で熱気を」クレイズ2021 年4 月 17 日に取得
  11. ^ “I burn / (G)I-dle – TIDAL”. 潮汐2021年1月11日2021 年1 月 13 日に取得
  12. ^ “(G)IDLE - アルバム情報を焼きます”. キューブエンターテインメント所属。2021年1月12日。
  13. ^ MOON (G)I-DLE. music.163.comネットイースミュージック2021年1月11日2021 年1 月 23 日に取得
  14. ^ “デジタルチャート – 2021年第3週”. Gaon Chart (韓国語) 2021 年1 月 21 日に取得
  15. ^ “ビルボード韓国 K-POP 100”. 看板2021年1月23日2021 年1 月 21 日に取得

外部リンク