モナセス(貴族)

モナセス(ギリシャ語: Μοναίσης Monaísēs ;モネセスまたはモンネセスとも綴られる) はパルティアの貴族でした。

紀元前 37 年、彼はパルティア王フラーテス 4 世からローマの三頭政治家マーク・アントニウスのもとへ逃亡しましたWW タルン(CAH 10.71)によって「西方行軍の監視人」 (西軍がシリアからパルティア進入) と呼ばれたモナエセスは、パルティアの王位だけでなく、一時的に(永久ではないが)、アントニウスが一種の「亡命政府」としてモナセスに与えた「シリア東部の小さな公国」からの収入は、ラリッサ(現代のシャイザールの3つのギリシャ都市から構成されていた。アレトゥーサ(アル・ラスタン))、およびヒエラポリスキュレスティカ(マンビジ)。」[1]

しかし、「アントニウスの計画(前線を迅速に前進させるために荷物列をはるかに後方に留めておく)を知った後、彼はパルティアに戻り、アントニウスに対するパルティア軍の指揮を執った(CAH 10.71-72)」。[2]モナエセスはその後パルティア王と和解し(間違いなくアントニウスよりも多額の賄賂を贈り返した)、パルティアに戻ったため、紀元前 36 年にアントニウスはパルティアに対して遠征し、モナエセスはパルティアで重要な役割を果たす準備ができ。アトロパテネで荷物列車と攻城兵器を攻撃したアントニウスの敗北。

アントニウスは、今後数年間のパルティアでの広範な計画に必要な残りのローマの友好的なパルティア貴族を遠ざけることを恐れて、この裏切りへの報復としてモナセスを滅ぼすことはできなかった。モナセスもアントニウスを完全に疎遠にしたくなかったので、後にいとこであるミトラダテスにアントニウスに退却ルートを示させた。[3] [4]

参考文献

  1. ^ Reinhold, Meyer、『From Republic to Principate』、1988 年、Scholars Press、ジョージア州アトランタ、59-60 ページ。ディオ49.24.2の解説
  2. ^ Reinhold 1988:59、Dio 49.23.5 の解説
  3. ^ マーティン・ショットキー (Pretzfeld) (2006 年 10 月 1 日)。「モナセス」。サラザール著、クリスティーン F. (編)。ブリルのニューポーリー土井:10.1163/1574-9347_bnp_e808670。ISBN 9789004122598
  4. ^ ドゥベヴォワーズ、ニールソン・カレル(1938)。パルティアの政治史シカゴ大学出版局。121-130 ページ