モッドプローブ

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ


modprobeは、Rusty Russellによって最初に作成されたLinuxプログラムであり、ロード可能なカーネル モジュールLinux カーネルに追加するか、カーネルからロード可能なカーネル モジュールを削除するために使用されます。通常、間接的に使用されます。udevは modprobe に依存して、自動的に検出されたハードウェアのドライバーをロードします。[要出典]

Modprobe は、ソフトウェア パッケージ「kmod」[1] (Lucas De Marchi ほかが管理) の一部として配布されています。以前は次のように開発されました。

  • "module-init-tools"、[2] Linux カーネル バージョン 2.6 以降用 ( Jon Mastersなどによって維持)
  • Linux バージョン 2.2.x および 2.4.x で使用するための「modutils」[3] 。.

操作

modprobeプログラムは、より基本的な insmod および rmmod ユーティリティよりも多くの機能を備えた「スイスアーミー ナイフ」機能を提供利点があります。

  • どのモジュールをロードするかについて、より直感的な決定を行う機能
  • モジュールの依存関係を認識し、モジュールのロードが要求されたときにmodprobeが他の必要なモジュールを最初に追加するようにします
  • 必要に応じた再帰的なモジュール依存関係の解決

スイッチなしで呼び出された場合、プログラムはデフォルトで、指定されたモジュールをカーネルに追加/挿入/インストールします。 通常、これらの変更には root権限が必要です。

モジュール名の後にある引数はすべてカーネルに渡されます (構成ファイルにリストされているオプションに加えて)。

modprobe の一部のバージョンでは、構成ファイルは modprobe.conf と呼ばれ、他のバージョンでは、同等のファイルは /etc/modprobe.d ディレクトリ内の <modulename> と呼ばれるファイルのコレクションです。

modprobe は標準モジュール ディレクトリのみを検索します。作業ディレクトリからモジュールをインストールするには、insmod が必要です。ユーザーは、モジュールの標準パスへのシンボリック リンクを作成することもできます。そのため、depmod は他のインストール済みモジュールと同じようにそれを見つけてロードします。

機能

modprobeプログラムには、他の同様のユーティリティよりも多くの構成機能もあります。モジュールのエイリアスを定義して、モジュールの自動ロードを可能にすることができます。カーネルがモジュールを要求すると、実際に modprobe を実行して要求します。ただし、カーネルには一部のモジュール プロパティ (デバイスのメジャー番号やネットワーク プロトコルの番号など) の記述しかなく、modprobe はエイリアスを介してそれを実際のモジュール名に変換します。

このプログラムには、特定のモジュールをロードまたはアンロードする前または後にプログラムを実行する機能もあります。たとえば、サウンド カードモジュールをロードした直後にミキサーを設定したり、デバイスを有効にする直前にファームウェアをデバイスにアップロードしたりします。これらのアクションは外部プログラムによって実装する必要がありますが、modprobe はそれらの実行をモジュールのロード/アンロードと同期させます。

ブラックリスト

2 つ以上のモジュールが両方とも同じデバイスをサポートしている場合や、モジュールがデバイスをサポートしていると無効に主張している場合があります。blacklist キーワードは、特定のモジュールの内部エイリアスをすべて無視することを示します。[4]

モジュールをブラックリストに登録するにはいくつかの方法があり、ロードに使用される方法に応じて、これが構成されている場所によって異なります。

modprobe を使用してモジュールをブラックリストに登録するには、modprobe.conf システムを使用する 2 つの方法があります。1 つ目は、/etc/modprobe.d/ でブラックリスト システムを使用する方法です。.conf で終わる任意のファイル名を使用できます。

猫 /etc/modprobe.d/blacklist.conf
ブラックリスト ieee1394
ブラックリスト ohci1394
ブラックリスト eth1394
ブラックリスト sbp2

インストール プリミティブは構成ファイルで最も優先度が高く、上記のブラックリスト方式の代わりに使用され、この 2 番目の方式が必要になります。

猫/etc/modprobe.d/ieee1394.conf
ieee1394 /bin/true をインストールします
インストール ohci1394 /bin/true
eth1394 /bin/true をインストールします
インストール sbp2 /bin/true

または、/etc/modprobe.conf を変更できます。

エイリアス sub_module /dev/null
エイリアス module_main /dev/null
options module_main needed_option=0

も参照

参考文献

  1. ^ "kernel/kmod/kmod.git - kmod - モジュール管理" .
  2. ^ "/Pub/Linux/Utils/Kernel/Module-init-tools のインデックス" . 2008-06-09にオリジナルからアーカイブ2008 年9 月22 日閲覧
  3. ^ 「/Pub/Linux/Utils/Kernel/Modutils のインデックス」 . 2009-02-23にオリジナルからアーカイブ2008 年9 月22 日閲覧
  4. ^ modprobe.conf(5) - Linux の man ページ

外部リンク