カナダの軍事史

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Ceremonial Guard stand watch over Canada's national memorial, The Response, with the Tomb of the Unknown Soldier in the foreground.

カナダの軍事史は、現代のカナダを含む領土での数百年にわたる武力行動と、世界中の紛争と平和維持へのカナダ軍による介入で構成されています。何千年もの間、カナダになる地域は、アボリジニの人々の間で散発的な部族間の紛争の場所でした17世紀から18世紀にかけて、カナダはノバスコシアとアカディアでニューフランスニューイングランドの間で4回の植民地戦争と2回の追加戦争が行われた場所でした。それぞれがさまざまな先住民グループと同盟を結んでいたため、紛争はほぼ70年に及びました。

1763年、最後の植民地戦争である七年戦争の後、イギリスは勝利を収め、イギリスが同化することを望んでいたフランスの民間人は「イギリスの主題」と宣言されました。1774年にケベック法が可決され、カナダ人に新しい体制の下での最初の権利憲章が与えられた後、北部の植民地はアメリカ独立戦争に参加しないことを選択し、イギリスの王冠に忠実であり続けました。アメリカ人は1775年と1812年に侵略を開始しました。どちらの場合も、アメリカ人はカナダ軍によって拒絶されました。しかし、この脅威は19世紀まで十分に残り、1867年に カナダ連邦を部分的に促進しました。

連合の後、そして多くの論争の中で、本格的なカナダ軍が創設されました。しかし、カナダは依然としてイギリスの領土であり、カナダ軍は第二次ボーア戦争第一次世界大戦でイギリス軍に加わった。独立はウェストミンスター憲章に従ったが、カナダとイギリスとのつながりは依然として強く、第二次世界大戦中、イギリスは再びカナダ人の支持を得た。それ以来、カナダは多国間主義に取り​​組んでおり朝鮮戦争湾岸戦争コソボ戦争、そしてアフガニスタン戦争

先住民族

ヨーロッパのマスケット銃を持ったイロコイの戦士c。1730年

先住民族の戦争は、部族の独立、資源、個人的および部族の名誉、つまり自分自身または自分の部族に対して犯された認識された過ちに対する復讐を超える傾向がありました。[1]ヨーロッパの植民地化以前は、先住民の戦争は形式的で儀式的である傾向があり、死傷者はほとんどいませんでした。[2]ベオスック人によるニューファンドランドのドーセット文化の完全な追放など、他の人による一部の先住民グループの完全な大量虐殺でさえ、はるかに激しい戦争の証拠がいくつかあります。[3]戦争は、十分な人口密度を持つ亜寒帯の先住民の間でも一般的でした。[4] 北極圏北部のイヌイットグループは、主に人口が少ないため、一般的に直接戦争に従事せず、代わりに紛争を解決するために伝統的な法律に依存していました。 [5]

戦いで捕らえられた人々は必ずしも殺されたわけではありません。部族はしばしば襲撃や戦闘で失われた戦士の代わりに捕虜を採用し[6]、捕虜交換にも捕虜が使用された。[7] [8]奴隷制は遺伝的であり、奴隷は捕虜とその子孫であった。[8]トリンギットハイダなどの漁業社会の奴隷所有部族は、現在のアラスカからカリフォルニアまでの海岸沿いに住んでいた。[9]太平洋岸北西部沿岸の先住民の間では、人口の約4分の1が奴隷でした。[8]

ヨーロッパ人と先住民の間の最初の紛争は、北アメリカの北東海岸に沿って北欧人の政党が恒久的な入植地を設立しようとした西暦1003年頃に発生した可能性があります(ランスオメドーを参照)。[10] Norse sagasよると、ヴィンランドのスクレリングは非常に熱心に反応したため、新参者は最終的に撤退し、この地域に定住する計画を断念した。[11]

セントローレンス川渓谷にフランス人が入植する前は、おそらく隣人のアルゴンキン族との戦争のために、地元のイロコイ族はほぼ完全に追放されていました。[12]イロコイ連盟は、ヨーロッパの主要な接触の前に設立されました。ほとんどの考古学者と人類学者は、リーグが1450年から1600年の間に形成されたと信じています。[13]既存の先住民同盟は、17世紀から18世紀の北米覇権闘争における植民地勢力にとって重要になるでしょう。[14]

ヨーロッパに到着した後、特に部族がヨーロッパの入植者の経済的および軍事的競争に巻き込まれたため、先住民グループ間の戦いはより血まみれで決定的な傾向がありました。17世紀の終わりまでに、北東部の森林地帯東部の亜寒帯、およびメティス(先住民族とヨーロッパ系の人々[15])の先住民族は、伝統的な弓に取って代わり、銃器の使用を急速に採用しました。[16]銃器の採用により、死亡者数が大幅に増加した。[17]紛争中の流血は、競合する先住民グループ間での銃器と馬の不均一な分布によっても劇的に増加した。[18]

17世紀

17世紀の北アメリカの政治的分裂の地図で、ヨーロッパの入植地が占める砦、町、地域を示しています。イギリス(ピンク)、フランス(青)、スペインの主張(オレンジ)。

1605年にフランス人がポートロイヤル(ポートロイヤル(アカディア)アナポリスロイヤルも参照)を設立してから5年後、イギリス人は最初の入植地をクーパーズコーブで始めました。[19] 1706年までに、フランスの人口は約16,000人になり、さまざまな要因によりゆっくりと増加しました。[20] [21] [22]この移民の欠如により、1700年代半ばまでにヌーベルフランスは13植民地のイギリス人人口の10分の1を占めるようになった。[23]

ラサールの探検により、フランスはミシシッピ川の渓谷を主張しました。そこでは、毛皮の罠猟師と数人の入植者が散居村を設立しました。[24]ヌーベルフランスの植民地:ファンディ湾のアカディアとセントローレンス川のカナダは、主に毛皮貿易に基づいており、フランスの君主制からの生ぬるい支援しかありませんでした。[25]困難な地理的および気候的状況を考えると、ヌーベルフランスの植民地はゆっくりと成長した。[26]南部のより有利な場所にあるニューイングランド植民地は、多様な経済を発展させ、移民から繁栄した。[27]1670年から、ハドソン湾会社を通じて、イギリス人はハドソン湾とその流域(ルパートランドとして知られる)を主張し、ニューファンドランドのいくつかの植民地と季節の漁業集落をチャーターしました。[28]

ニューフランスの初期の軍隊は、フランス陸軍(カリニャンサリエール連隊フランス海軍(海兵隊とフランス領カナダの防衛軍)の正規兵の混合で構成され、地元の小さなボランティア民兵部隊(植民地民兵)によって支援されました。[29]初期の軍隊のほとんどはフランスから派遣されたが、植民地の成長後のローカリゼーションは、1690年代までに多くがヌーベルフランスの入植者からの志願兵であり、1750年代までにほとんどの軍隊が元のフランス住民の子孫であったことを意味した。[30]さらに、フランスで生まれた初期の軍隊と将校の多くは、彼らの奉仕が終わった後も植民地に残り、世代の奉仕と軍のエリートに貢献しました。[30] [31]フランス人はニューファンドランドからルイジアナまで一連の砦を建設し、1600年代から1700年代後半にイギリス軍から捕獲された他の砦を建設した。[32]いくつかは、軍事基地と交易要塞が混在していた[32]

英蘭戦争

二次英蘭戦争(1665 – 1667)は、海と交易路の支配を部分的にめぐって、イングランドオランダ共和国の間の紛争でした。第二次英蘭戦争が始まる1年前の1664年、ミヒール・デ・ロイテルは1664年9月1日にマラガで、西インド諸島のイギリス海運を攻撃するために大西洋を横断し、ロバート・ホームズがオランダを占領したことに対する報復としてニューファウンドランドの漁業で指示を受けました。西インド会社は西アフリカ沿岸で交易所と船を扱っています。[33] 1665年6月にマルティニーク島から北に向かって航海し、デ・ルイターはニューファンドランドに向かった。、イギリスの商船を捕獲し、ヨーロッパに戻る前にセントジョンズの町を占領しました。[34] [35]

三次英蘭戦争中、セントジョンズの住民は1673年に2度目のオランダの攻撃をかわしました。この都市はイギリスの商人船長であるクリストファーマーティンによって守られました。マーティンは彼の船エリアス・アンドリュースから6門の大砲を上陸させ、チェインロックの近くに土製の胸壁と砲台を建設し、港に通じるナロウズを指揮しました。

ビーバー戦争

ビーバー戦争(フランス戦争およびイロコイ戦争としても知られる)は、ほぼ1世紀の間断続的に続き、1701年モントリオール大いなる和平で終わりました。 3年後のケベック市でのシャンプランは、他の先住民との対立をもたらした既存の先住民同盟にすぐに参加しました。[37]シャンプランは、イロコイ連邦(5/6カ国)に対するヒューロン-アルゴンキン同盟に加わった[38]最初の戦いでは、優れたフランスの火力が先住民の集団を急速に分散させました。イロコイ族は、彼らの狩猟スキルと地形に関する深い知識をオランダから入手した銃器の使用と統合することによって戦術を変えました。[39]彼らは非常に効果的な形態のゲリラ戦を展開し、すぐに少数の要塞都市を除くすべての都市にとって重大な脅威となった。さらに、フランス人は彼らの先住民の同盟国に少数の銃を与えました。[40]

植民地の存在の最初の世紀の間、ヌーベルフランスの住民への主な脅威はイロコイ連邦、特に最東端のモホーク族から来ました。[41]この地域の部族の大多数はフランスの同盟国であったが、イロコイ連邦の部族は最初にオランダの植民者、次にイギリスの植民者と連携した。[42]イロコイの脅威に応えて、フランス政府はカリニャン・サリエール連隊を派遣した。これは、今日のカナダの土地に足を踏み入れた最初の制服を着たプロの兵士のグループである。[43]平和が達成された後、この連隊はカナダで解散しました。兵士たちはセントローレンス渓谷に定住し、17世紀後半に、地元の民兵であるフランス領カナダの防衛軍の中核を形成しました。その後、民兵はより大きな荘園の土地システムで開発されました。[44]

アカディアの内戦

シャルル・ド・オルネイの派閥がセントジョンを攻撃します。戦いはアカディア内戦に終止符を打ちました。戦争は植民地の統治をめぐって戦いました。

17世紀半ば、アカディアは一部の歴史家が内戦と表現したものに突入しました。戦争は、アカディア・シャルル・ド・メヌー・ダルネイ・ド・シャルニサイ知事が駐屯していたポート・ロイヤルと、現在のニューブランズウィック州セント・ジョン、チャールズ・デ・サン・エティエンヌ・デ・ラ・トゥール知事の本拠地との間で行われた。[46]紛争中、4つの主要な戦いがあった。ラトゥールは1640年にポートロイヤルでダルネイを攻撃した。[47]攻撃に応じて、ダルネイはポートロイヤルを出航し、セントジョンにあるラトゥールの砦を5か月間封鎖した。 1643年。[48]ラトゥールは1643年にポートロイヤルで再びダルネイを攻撃しました。[48]ダルネイとポートロイヤルは、1645年のセントジョンズの包囲戦で最終的にラトゥールとの戦いに勝利した。[49]しかし、1650年にダルネイが亡くなった後、ラトゥールはアカディアに再建した。[48]

ウィリアム王戦争

ウィリアム王戦争(1689–1697)の間に、17世紀のケベックに対する次の最も深刻な脅威は1690年に起こり、小柄なゲレの攻撃に警戒し[50]、ニューイングランド植民地はサーの下で武装遠征隊を北に送った。ウィリアム・フィップス、ケベック自体を占領する。[51]この遠征は組織化が不十分で、セントローレンスが凍結する直前の10月中旬に到着したため、目的を達成する時間がほとんどなかった。[51]遠征隊は、カナダの軍事史で最も有名な宣言の1つを引き出す責任がありました。フィップスから降伏を求められたとき、年老いたフロンテナック知事「私は答えます...私の大砲の口と私のマスケット銃のショットだけで」と答えました。ケベック市の東にあるボーポート海岸に1回の不法着陸を行った後、イギリス軍はセントローレンス川の氷の海を撤退させた。[53]

1690年のケベックの戦いでは、ケベック市の砲台がイギリス艦隊を攻撃しました。

戦争中、アカディアでの軍事紛争には次のものが含まれていました。チェダブクト(ガイスバラ)での戦いポートロワイヤルの戦い(1690) ;ファンディ湾での海戦(1696年7月14日の行動);シグネクト奇襲(1696年)ナッシュワーク砦の包囲戦(1696年)セントジョン川のメダクティックにある本部のマリシートは、戦争中にニューイングランドとの多数の襲撃と戦闘参加[55]

1695年、ピエールルモインディバービルは、アバロン半島キャンペーンでニューファンドランドの大西洋岸に沿ったイギリスの基地を攻撃するよう求められました[56]アイバービルは、3隻の船でニューファンドランドのフランスの首都プラセンチア(プレザンス)に向けて出航した。イギリス人とフランス人の漁師は、1687年の条約の制裁の下、ニューファンドランドのそれぞれの集落からグランドバンクスの漁業を利用しましたが、1696年の新しいフランス遠征の目的は、イギリス人をニューファンドランドから追放することでした。[57]セントジョンズに火を放った後、アイバービルのカナダ人はニューファンドランドの東岸に沿ったイギリスの漁業をほぼ完全に破壊しました。[58]

小さな襲撃隊が遠隔の湾と入り江の集落を攻撃し、捕虜を燃やし、略奪し、連れて行った。[58] 1697年3月末までに、ボナビスタカーボニアだけがイギリス軍の手に残った。4か月の襲撃で、アイバービルは36の集落の破壊に責任がありました。[59]戦争の終わりに、イングランドはレイスウェイク条約で領土をフランスに戻した。[60]

18世紀

18世紀(ユトレヒト条約(1713)後、パリ条約(1763)前)の北米の政治的分裂の地図。ヨーロッパの入植地が占める砦、町、地域を示しています–イギリス(ピンクと紫)、フランス(青)、およびスペインの主張(オレンジ;カリフォルニア、太平洋北西部、および大盆地は示されていない)

18世紀、ヨーロッパでの競争が激化するにつれ、カナダでの英仏闘争は激化した。[61]フランス政府は、北米の植民地にますます多くの軍事費を注ぎ込んだ。高価な守備隊が遠くの毛皮交易所に維持され、ケベック市の要塞が改良されて増強され、イルロワイヤルの東海岸、またはルイブール要塞であるケープブレトン島に新しい要塞都市が建設さまし。北」または「アメリカのダンケルク」。[62]

ニューフランスとニューイングランドは18世紀に3回互いに戦争をしていました。[61] 2番目と3番目の植民地戦争であるアン女王戦争ジョージ王戦争は、スペイン継承戦争(1702–13)、オーストリア継承戦争(1744–48)というヨーロッパのより大きな紛争の地方分派でした最後のフレンチ・インディアン戦争七年戦争)は、オハイオ渓谷で始まりました。カナディアンズの小柄なゲレはニューイングランドの北部の町や村を荒廃させ、時にはバージニアまで南に到達しました。[63]戦争はハドソン湾岸沿いの砦にも広がった。[64]

アン女王戦争

アン女王戦争(1702〜 1713年)の間に、イギリス軍が1710年に現在のノバスコシアのアカディアの首都であるポートロイヤルアナポリスロイヤルも参照)を占領したとき、イギリスはアカディアを征服しました。 [65]ニューファウンドランド、フランス人は1705年にセントジョンズを攻撃し(セントジョンズの包囲戦)、1708年にそれを捕獲し(セントジョンズの戦い)、各インスタンスに火をつけて民間の建造物を破壊しました。[66]その結果、フランスはユトレヒト条約(1713年)でニューファンドランドとノバスコシア本土の支配権を英国に譲渡することを余儀なくされ、現在のニューブランズウィックを紛争地域とイルセントとして残した。ジャン(プリンスエドワード島)、およびイルロワイヤル(現在のケープブレトン島)はフランス人の手に渡っています。イギリスによるハドソン湾の所有は、同じ条約によって保証されていました。[67]アン女王戦争中、ノバスコシアでの軍事紛争には、グランプレ奇襲、ポートロワイヤルの包囲戦(1707)ポートロワイヤルの包囲戦(1710)ブラッディクリークの戦い(1711)が含まれていました。[68]

ラル神父戦争

ラル神父戦争(ラル神父戦争としても知られる)に先立つエスカレーションの間に、ミクマクはキャンソの新しい砦を襲撃しました(1720年)。包囲の可能性があるため、1722年5月、ジョンドゥーセット副知事は、首都が攻撃されるのを防ぐために、アナポリスロイヤルで22ミクマクを人質に取りました。 [69] 1722年7月、アベナキ族とミクマク族は首都を飢えさせる目的でアナポリスロイヤルの封鎖を作成した。[70]ミクマクは、現在のヤーマスからキャンソまでの地域で18隻の漁船と囚人を捕らえた[71]

激化する紛争の結果、マサチューセッツ州知事のサミュエル・シュートは1722年7月22日にアベナキ族との戦争を公式に宣言した。 [72]レイル神父の戦争の初期の作戦はノバスコシア劇場で起こった。[73] [74] 1724年7月、60人のミクマクとマリシートのグループがアナポリスロイヤルを襲撃した。[75]戦争を終結させた条約は、ミクマクおよびマリシートとのヨーロッパの関係に大きな変化をもたらした。ヨーロッパ帝国は初めて、ノバスコシアに対する自治領をこの地域の先住民と交渉する必要があることを正式に認めました。この条約は、ドナルド・マーシャル事件で1999年に発動されました。[76]

ジョージ王戦争

1745年のルイブールの包囲戦。イギリス軍は長期にわたる包囲戦の後で要塞を占領しましたが、その後の平和でフランス軍に返還しました。

オーストリア継承戦争( 1744–1748)とも呼ばれるジョージ王戦争中、イギリス海軍ウィリアム・ペッパーレルピーター・ウォーレン提督の下でのニューイングランド民兵部隊は、1745年にルイブールを占領することに成功した1748年に戦争を終結させたエクスラシャペルは、オランダインドでの征服の一部と引き換えにルイブールの支配を再開しました。ニューイングランド人は憤慨し、ルイブールでのフランスの強さの継続に対するカウンターウェイトとして、イギリス人は1749年にハリファックスの軍事集落を設立した。[78]ジョージ王戦争中、ノバスコシアでの軍事紛争には次のものが含まれていましたアナポリスロイヤルの包囲戦(1744) ; ルイブールの包囲戦(1745年) ; ダンヴィユ公爵の遠征グランプレの戦い[79]

ル・ロウター神父の戦争

ル・ロウター神父の戦争( 1749–1755 )は、主にニューイングランドのレンジャーである ジョン・ゴーハムとイギリスの将校チャールズ・ローレンス指導の下、アカディアとノバスコシアでイギリス人とニューイングランド人によってミクマクとフランスの司祭ジャン=ルイ・ル・ルートルが率いるアカディア人[81]戦争は、イギリスがハリファックスを設立したときに始まった。その結果、アカディア人とミクマクの人々は、ChignectoGrand-PréDartmouth、Canso、Halifax、CountryHarbour攻撃を調整しました。[82]フランス人は現在のセントジョン、シグネクト、フォートガスパローに砦を建てました。イギリス軍は、ミクマクとアカディア人をミルリゲッシュ(後にルーネンバーグとして知られる)、チグネクト、セントクロアで攻撃することで対応した。[83]イギリス人はまた、ルーネンバーグとローレンスタウンにコミュニティを設立した。最後に、イギリス軍はウィンザー、グランプレ、チグネクトのアカディア人コミュニティに砦を建設しました。[84]

戦争中、ミクマクとアカディア人はノバスコシアのイギリスの要塞と新しく設立されたプロテスタントの集落を攻撃しました。彼らはイギリス人の入植を遅らせ、フランスがアカディア人の第三国定住計画を実施するための時間を稼ぎたいと考えていました。[85]ボーセジュール砦の戦いでミクマク、アカディア人、フランス人が敗北し、6年後に戦争は終結した[84]この戦争の間、カナダ大西洋岸は、この地域でこれまでになく多くの人口移動、より多くの要塞建設、およびより多くの軍隊の割り当てを目撃した。[81]アカディア人とミクマクは、アカディア人の退去中にノバスコシアを離れ、フランス植民地帝国のイルサンジャン(プリンスエドワード島)に向かった。)とイルロワイヤル(ケープブレトン島)。[86]

フレンチ・インディアン戦争

イギリス軍はフランスの軍艦Prudentを燃やし、1758年のルイブールの包囲戦でBienfaisantを捕らえました。

18世紀の4番目で最後の植民地戦争は、フレンチ・インディアン戦争(1754–1763)でした。イギリス軍は、アカディア人を国外追放することにより、潜在的な軍事的脅威を中和し、ルイブールへの重要な補給線を遮断しようとした。[87]イギリス軍は、ファンディ湾方面作戦(1755年)でアカディア人の追放を開始した。次の9年間で、12,000人を超えるアカディア人がノバスコシアから連れ去られました。[88]海事劇場では、紛争が含まれていました:ボーセジュール砦の戦い;ファンディ湾方面作戦(1755);プティクーディアク戦い;ルーネンバーグ奇襲(1756;ルイブール遠征1757) ;ブラッディクリークの戦い(1757) ;ルイブールの包囲戦(1758年)プティクーディアク川キャンペーンセントローレンス湾方面作戦(1758年)セントジョン川方面作戦レスティガッチ川の戦い[89]

紛争のセントローレンス劇場とモホーク劇場では、フランス人は、アパラチア山脈の西にあるオハイオ国での覇権をめぐって、英米の商人土地投機家の主張に異議を唱え始めていました。勅許でのイギリスの植民地。 1753年、フランス人は一連の砦を建設することでオハイオ国の軍事占領を開始しました。[90] 1755年、イギリス軍はこれらの砦からフランス人を追い出すために2個連隊を北アメリカに送ったが、これらはフランス系カナダ人と先住民がドゥケイン砦に接近したときに破壊された[91]戦争は1756年に正式に宣言され、フランスの6個連隊、または戦列歩兵が、新しく到着した将軍、44歳のモンカルム侯爵の指揮下に置かれまし[92]

1760年のサントフォワの戦い。戦いで勝利したものの、フランス軍はケベックを奪還できませんでした。

彼らの新しい指揮官の下で、フランス人は最初にシャンプレーン湖の南にあるウィリアム・ヘンリー砦で、イギリス軍に対して多くの驚くべき勝利を収めました。[93]翌年、イギリス軍(ジェームズ・アバクロンビー少将の下で約15,000人)がカリヨンでのフランスの要塞への攻撃で敗北したとき、さらに大きな勝利を収めた[94] 1758年6月、ジェフリー・アマースト少将の指揮下にある13,000人の常連のイギリス軍がジェームズ・ウルフを旅団の1人として上陸し、ルイブール要塞を永久に占領した。[95]

ウルフは翌年、ケベックシティの占領を試みることを決定しました。ボーポールの戦いとモンモランシーキャンプの戦いでの特に血なまぐさい敗北を含むいくつかの失敗した上陸の試みの後、ウルフは彼の軍​​隊を上陸させることに成功し、9月12日にアブラハムの平原でランクを形成した彼の将校のうち、イギリス軍に会うために数値的に劣った部隊で出てきた。その後の戦いで、ウルフは殺され、モンカルムは致命傷を負い、イギリス軍658人とフランス人644人が死傷者となった。[97]しかし、1760年の春、最後のフランス将軍フランソワ・ガストン・ド・レヴィスがモントリオールからケベックに戻り、イギリス軍を敗北させた。前年と同様の戦いでのサントフォワの戦い。現在、状況は逆転し、フランス軍はケベックの要塞を包囲し、その背後でイギリス軍は撤退しました。[98]しかし、フランス人はついに譲歩を余儀なくされ、北米の所有物のほとんどすべてを失った。[99]フランス人は、パリ条約に署名した1763年に北アメリカの大部分から正式に撤退した。

アメリカ独立戦争

イギリスの常連とカナダのミリシアは、ケベックの戦いでの激しいストリートファイトでアメリカ軍の列を粉砕しました

フランスの脅威が排除されると、イギリスのアメリカ植民地はますます落ち着きを取り戻しました。彼らは明らかな敵がいないときに大規模な軍事施設を支援するために税金を払うことに憤慨した。[100]この憤慨は、オハイオ渓谷と以前にフランスが主張した他の西部領土が既存のイギリス植民地、特にこの地域に対して長年の主張を持っていたペンシルベニアとバージニアに併合されなかったときのイギリスの動機のさらなる疑惑によって増強された。代わりに、ケベック法の下で、この領土は先住民のために取っておかれました。アメリカ独立戦争(1776–1783)は、革命家が力を使ってイギリスの支配から脱却し、これらの西部の土地を主張するのを見ました。[101]

1775年、大陸軍は戦争の最初の軍事的イニシアチブであるイギリスのケベック植民地への侵攻に着手しました。アメリカ軍はモントリオールとリシュリュー渓谷の要塞の鎖を奪いましたが、革命家によるケベックシティの奪取の試みは撃退されました。[102]この間、ほとんどのフランス系カナダ人は中立を保っていた。イギリス軍が州を強化した後、反撃が開始され、アメリカ軍をタイコンデロガ砦に押し戻した。反撃はケベックでの軍事作戦に終止符を打ち、1777年に ニューヨーク州北部とバーモント州での軍事作戦の舞台を整えました。

戦争中、アメリカの私掠船は沿岸地域の多くを襲撃し、海事経済を荒廃させました。[104]ルーネンバーグへの襲撃(1782年) 、ノバスコシア州リバプールへの多数の襲撃(1776年10月、1777年3月、1777年9月、1778年5月、1780年9月)など、アメリカとフランスの民間人による絶え間ない攻撃があった。アナポリスロイヤル、ノバスコシア(1781年)。[105]私掠船も1775年にカンソを襲撃し、1779年に戻って漁業を破壊した。[106]

ルーネンバーグへのアメリカの襲撃、1782年。戦争中、カナダ大西洋岸の沿岸地域はアメリカの私掠船による襲撃の対象となりました。

このような攻撃を防ぐために、第84歩兵連隊(ロイヤルハイランド移民)がカナダ大西洋岸周辺の砦に駐屯しました。ウィンザーのフォートエドワード(ノバスコシア)は、ファンディ湾からのハリファックスへのアメリカの土地攻撃の可能性を防ぐための本部になりました。陸路によるノバスコシアへのアメリカの攻撃、カンバーランド砦の戦い、それに続くセントジョンの包囲戦(1777年)がありました。[107]

戦争中、アメリカの私掠船はノバスコシアの港を出港または到着する225隻の船を捕獲しました。[108]たとえば、1781年、イギリスに対する仏米同盟の結果として、ケープブレトン島のスパニッシュリバー近くのノバスコシア州シドニーでフランス艦隊との海軍の交戦があった。[109]イギリス軍は、特にハリファックス沖の海軍戦闘で、多くのアメリカ人私掠船を捕らえたイギリス海軍は、第二次マチャイアスの戦い(1777)など、ニューイングランドへの攻撃を開始するための基地としてハリファックスを使用しました。[110]

革命家が現在のカナダで成功を収めることができなかったこと、および一部の入植者の英国への忠誠が続いたことにより、英国の北米帝国が分裂した。[111]王党派として知られる王党派に忠実なままだった多くのアメリカ人は北に移動し、イギリス領北アメリカとして知られるようになった英語圏の人口を大幅に拡大した[112] [113]アメリカ合衆国の独立共和国が南に出現した。[112]

フランス革命戦争

一次対仏大同盟の戦争中、ニューファンドランド植民地の海岸で一連の艦隊作戦と水陸両用上陸が行われましたフランスの遠征隊には、ジョセフ・ド・リチェリー少将の下で戦列艦7隻とフリゲート艦3隻が含まれ、ホセ・ソラーノ・イ・ボテ将軍の指揮下で戦列艦10隻からなるスペイン戦隊が同行しました連合艦隊はスペインのロタから出航しその年の初めにロタでフランス人を封鎖したイギリス軍を追い払うために、スペインの戦隊がフランスの戦隊に同行しました。ニューファンドランドへの遠征は、リチェリーの遠征の最後の部分でした彼がフランスに戻る前に。

統合された海軍戦隊を目撃したことで、1796年8月にニューファンドランドのセントジョンズで防御の準備が整いまし。 、およびプラセンティア湾の駐屯地。ニューファンドランドへの襲撃の後、戦隊は分割され、半分は隣接するサンピエール島とミクロン島への襲撃に移り、残りの半分はラブラドール沖の季節漁船隊を迎撃するために移動した

19世紀

1812年の戦争

「頑張って、勇敢なヨークのボランティア!」致命傷を負ったゼネラルブロックは、クィーンストンハイツの戦いの最中にヨークミリティアを前進させる[115]

アメリカ独立戦争の終わりに敵対行為が停止した後、アメリカとイギリスの間で敵意と疑惑が続き[116]、アメリカ人がイギリスとの宣戦布告をした1812年に噴火した。戦争の理由の中には、進行中のナポレオン戦争への英国の関与の副産物である、米国の船に対する英国の嫌がらせ(英国海軍への米国の船員の徴募を含む)がありました。アメリカ人はイギリス海軍に挑戦できる海軍を持っていなかったので、大英帝国を攻撃する唯一の実行可能な手段としてカナダの侵略が提案されました。[116]西部開拓時代のアメリカ人はまた、侵略が米国の西方への拡大に対する先住民の抵抗に対する英国の支持を終わらせるだけでなく、西部領土に対する彼らの主張を終わらせることを望んでいた。[116]

1812年7月にアメリカ人が侵略を開始した後[116] 、戦争はアッパーカナダの国境に沿って、陸地と五大湖の水域で前後に激怒したイギリス軍は7月と10月にデトロイトを占領することに成功した。7月12日、ウィリアム・ハル米軍将軍がサンドウィッチ(後にウィンザーとして知られる)でカナダを侵略した[117] [自費出版の情報源]侵略はすぐに止められ、ハルは撤退し、アイザック・ブロック将軍に以前の命令を放棄してデトロイトに進むために必要な言い訳を与え、ショーニー族の酋長テカムセの援助を確保した。[118]この時点で、彼の先住民の同盟国でさえ、ブロックはおよそ2対1で数が多かった。[119]しかし、ブロックはハルを臆病な男として、特にテカムセの同盟を恐れていると評価していた。したがって、彼はハルに降伏するよう説得することができました。[120]デトロイトの敗北は完全で完全だった。[121]アイザック・ブロック卿が命を落としたクィーンストン・ハイツの戦いで、ナイアガラの国境を越えたアメリカの主要な推進力が打ち負かされた[122]

1813年、シャトーゲーの戦いで、地元のフェンシブル連隊民兵モホーク族の戦士が、モントリオールに対するアメリカの攻撃を撃退しました。

1813年、米国はデトロイトを再建し、エリー湖の西端に沿って一連の成功を収め、エリー湖の戦い(9月10日)と10月5日のモラヴィアタウンの戦いまたはテムズの戦いで最高潮に達しました[123]海軍の戦いは、エリー湖とヒューロン湖の米国の支配を確保しました。モラヴィアンタウンで、イギリス軍は彼らの主要な指揮官の1人であるテカムセを失いました。[124]さらに東では、アメリカ人はヨーク(後のトロント)を占領して燃やし、年末まで開催していたナイアガラでジョージ砦を占領することに成功した。しかし、同じ年に、2人のアメリカ人がモントリオールに反対しましたセントローレンス川の南西にあるクライスラー農園の戦いで、主にイギリス軍の常連軍によって敗北した。もう1つは、シャトーゲーの戦いで都市の南にある、チャールズ・デ・サラベリーの指揮下にあるフランス系カナダ人の正規兵と民兵の部隊によるものです。[125]

ワシントンDCを占領した後、9月のブレードンズバーグの戦いで[ 126]、イギリス軍はホワイトハウスや他の政府の建物を焼き払ったがボルティモアの戦いのために北に移動したときに撃退された。ニューオーリンズの戦いの最中、深刻な犠牲者を出した後、敗走した。[127]

1813年に捕獲されたアメリカのフリゲート艦USSチェサピークハリファックス港に導くHMSシャノン。

1812年の米英戦争中、ノバスコシアの戦争努力への貢献は、アメリカの船を包囲するためにさまざまな私掠船を購入または建造するコミュニティによって行われました。ノバスコシア州ルーネンバーグのコミュニティの3人のメンバーが私掠船を購入し、1814年8月8日にルーネンバーグと名付けた。[ 129 ]この船は7隻のアメリカ船を捕獲した。別の私掠船であるノバスコシア州リバプールからリバプールパケットは、紛争中に50隻の船を捕獲したとされています。 [130]おそらく、ノバスコシアの戦争で最も劇的な瞬間は、HMSシャノンでした。捕獲されたアメリカのフリゲート艦USSチェサピークハリファックス港(1813年)に導いた。[131]捕虜の多くは、ハリファックスのデッドマンズ島で投獄され、死亡した。[132]

アイザック・ブロック卿は、イギリスにルーツがあるにもかかわらず、殉教したカナダの英雄になりました。[133]カナダの防衛の成功は、カナダのミリシア、イギリスの正規軍(北アメリカ内で採用された「フェンシブル」部隊を含む)、イギリス海軍および先住民の同盟国に依存していた。[134]戦争のどちらの側も完全な勝利を主張することはできません。[135]

歴史家は、ネイティブアメリカンが戦争の主な敗者であったことに同意します。イギリス人は中西部に中立のインド国家を作る計画を打ち切り、テカムセが構築した連立は1813年の彼の死で崩壊しました。先住民はもはやアメリカのフロンティアの西方への拡大に対する大きな脅威ではありませんでした。[136]

防御の構築

アメリカ人が再びカナダを征服しようとするかもしれないという恐れは、少なくとも次の半世紀の間深刻な懸念であり続け、植民地に大きなイギリス軍の駐屯軍が留まる主な理由でした。[137] 1820年代から1840年代にかけて、イギリス軍がアメリカ軍の侵攻の際に防御部隊が中心となる強力な地点を作ろうとしたため、要塞が広範囲に建設された。これらには、ケベックシティの城塞ハリファックスの城塞のキングストンのヘンリー砦が含まれます。[137]

リドー運河は、戦時中の船がモントリオールからキングストンまでより北のルートを移動できるように建設されました。[138]慣習的な平時のルートはセントローレンス川であり、これはアメリカ国境の北端を構成していたため、敵の攻撃や干渉に対して脆弱であった。[138]

1837年の反乱

サントゥスタッシュの戦いの描写、ローワーカナダの反乱への決定的な関与

この期間中のイギリス軍とカナダのミリシアによる最も重要な行動の1つは、1837年の反乱、1837年から1838年までのローワーカナダアッパーカナダでの2つの別々の反乱の鎮圧でした[139]反乱の結果、カナダは単一の植民地、カナダ植民地に統合された

アッパーカナダ反乱、イギリス軍とカナダのミリシアによって迅速かつ断固として敗北しました。[140]翌年、カナダの土地で支払われると予想されていた米国の不規則なハンターズ・ロッジによる攻撃は、1838年にピーリー島戦いと風車の戦いで押しつぶされた。ローワーカナダの反乱はイギリス軍にとってより大きな脅威であり、反乱軍は1837年11月23日のサンドニの戦いで勝利した。 [141] 2日後、反乱軍はサンシャルルの戦いで敗北した。 12月14日、彼らはついにサンユースタッシュの戦いに敗れた。[142]

イギリスの撤退

1850年代までに、アメリカ軍の侵攻に対する恐れは減り始め、イギリス軍は駐屯軍の規模を縮小し始めることができると感じました。1854年にカナダと米国の間で交渉され互恵条約は、懸念をさらに緩和するのに役立ちました。[143]しかし、南北戦争( 1861–65 )の間に緊張が再び高まり、1861年後半から1862年初頭のトレント号事件でピーク達した[ 144]。そして2つの南軍を削除しました英国行きの役人。イギリス政府は憤慨し、戦争が差し迫っているように見えたため、北米の駐屯軍を強化するための措置を講じ、4,000人から18,000人に増強した。[144]しかし、戦争は回避され、危機感はおさまった。この事件は、双方が友好的な関係の恩恵をますます説得するようになったため、北米における英米の軍事対立の最後の主要なエピソードであることが証明されました。同時に、多くのカナダ人が南北戦争で戦うために南下し、ほとんどが北軍側に加わったが、南軍に同情した者もいた。[145]

英国は当時、家の近くでの軍事的脅威に懸念を抱き、1867年以降、カナダの自治植民地に統合された植民地に駐屯地を維持するために支払うことに不満を抱いていました。[146]その結果、1871年にイギリス軍の駐屯軍はカナダから完全に撤退したが、ハリファックスとエスキマルトを除いて、イギリス軍の駐屯地は純粋に帝国戦略の理由でその場に留まった。[147]

イギリス軍への入隊

カナダ連邦以前は、イギリス陸軍によってカナダの植民地でいくつかの連隊が編成されました。これには、第40歩兵連隊、第100(ウェールズ王子のロイヤルカナディアン)連隊が含まれます。多くのノバスコシア人がクリミア戦争で戦いました。ノバスコシア州ハリファックスにあるウェルズフォードパーカー記念碑は、北米で唯一のクリミア戦争記念碑です。記念碑自体は、1860年に建てられたカナダで4番目に古い戦争記念碑でもあります。[148]セヴァストポリ包囲戦(1854〜 1855年)を記念しています。カナダのビクトリア十字章の最初の受賞者、アレクサンダーロバーツダン、戦争で役立った。[149]

1857年のインド大反乱のメリーランド州の元アメリカ人奴隷の子孫であるウィリアム・ネルソン・ホールは、ビクトリア十字章を受け取った最初の黒人カナダ人であり、最初の黒人ノバスコシア人でした。[150]彼はラクナウ包囲戦での行動でメダルを受け取った[151]

フェニアン襲撃

エクルズヒルの戦いの間にフェニアンと戦う第50ボランティア大隊のメンバー

カナダへの最後の侵攻が起こったのは、カナダにおけるイギリス軍のプレゼンスの再検討とその最終的な撤退の時期でした。それは公式の米国政府軍によってではなく、フェニアンと呼ばれる組織によって実行されました。[152]フェニアン襲撃(1866–1871)は、アイルランド系アメリカ人のグループによって行われ、主に南北戦争の北軍の退役軍人であり、カナダを占領することで、アイルランドでの政策に関してイギリス政府から譲歩がもたらされると信じていた。[152]フェニアンはまた、アイルランド系カナダ人を誤って想定していたカナダでは非常に多くの人々が、政治的にも軍事的にも彼らの侵略的な努力を支援するでしょう。しかし、当時のアッパーカナダのほとんどのアイルランド人入植者はプロテスタントであり、大部分はイギリス国王に忠実でした。[152]

南北戦争の出来事の後、反英国感情は米国で高かった。[153] イギリス製の南軍の軍艦は、戦争中に米国の商取引に大混乱をもたらした。アイルランド系アメリカ人は、特に北東部の州の一部で、大きくて政治的に重要な構成員であり、多数のアイルランド系アメリカ人の連隊が戦争に参加していました。したがって、フェニアンについて深く懸念している間、ウィリアム・H・スワード国務長官が率いる米国政府[154]は、一般に彼らの努力を無視した。陸軍キャンプ。[155]アメリカ人はイギリスとの戦争の危険を冒す準備ができておらず、フェニアンがアメリカの中立を危険にさらすと脅したときに介入した。[156]フェニアンは北軍の退役軍人であり、武装していたため、カナダにとって深刻な脅威であった。[157]失敗にもかかわらず、襲撃はカナダの政治家にいくらかの影響を及ぼし、その後、1867年の連合合意に至るまでの交渉に閉じ込められた。[158]

19世紀後半のカナダのミリシア

バトッシュの戦いは、カナダの兵士が先住民とメティスの人々の軍隊を打ち負かした決定的な交戦でした。戦いは事実上北西の抵抗を終わらせた。

連合が設置され、イギリス軍の駐屯軍が去ったことで、カナダは自国の防衛に全責任を負った。カナダ議会は、カナダ植民地の立法府によって可決された、1855年の以前の民兵法をモデルにした1868年の民兵法を可決しました。しかし、深刻な緊急事態が発生した場合、英国は援助を送ることが理解されており、イギリス海軍は海上防衛を提供し続けました。[159]

ケベックシティとキングストンに小型のプロ用砲台が設置されました[160] 1883年に、第3砲台が追加され、小さな騎兵と歩兵の学校が設立された。[160]これらは、カナダの防衛努力の大部分を形成することになっていたパーマネントアクティブミリティアの専門的なバックボーンを提供することを目的としていました。理論的には、18歳から60歳までのすべての健常者は民兵に徴兵されがちでしたが、実際には、国の防衛はパーマネントアクティブ民兵を構成するボランティアの奉仕にかかっていました。[161] [162]伝統的な座りがちな民兵連隊は、非永続的活動民兵として保持された

民兵の最も重要な初期のテストは、カナダ西部のルイ・リエルの反乱軍に対する遠征でした。イギリス軍と民兵隊が混在するウォルズリー遠征隊は、1870年のレッド川の反乱後に秩序を回復[ 163] 1885年の北西の抵抗は、1812年の戦争の終わり以来カナダの地で行われた最大の軍事的努力を見た。 :[164]一方の側でメティスとその第一国の同盟国の間で、もう一方の側で民兵と北西のマウントされた警察との一連の戦い[164]

ダックレイク戦い、フィッシュクリーク戦い、カットナイフヒルの戦いで多くの初期の敗北と逆転に苦しんだにもかかわらず、政府軍は最終的に勝利を収めました[165]数が多く、弾薬が不足していたため、北西の抵抗のメティス部分は包囲とバトッシュの戦いで崩壊した。[166]この紛争を終わらせたルーンレイクの戦いは、カナダの地で戦われた最後の戦いとして注目に値する。北西の抵抗中の政府の損失は、58人が死亡、93人が負傷した。[167]

ナイル遠征は、カルトゥームチャールズゴードンが率いるイギリス軍を救援するために派遣されましたカナダ政府はイギリスを支援するために386人の航海者を派遣しました。

1884年、英国は初めてカナダに帝国防衛の支援を要請し、経験豊富な船頭にスーダンでのマハディ蜂起からチャールズゴードン少将を救助するよう要請しました[168]しかしながら、政府は従うことに消極的であり、最終的に総督ランズダウンはカナダのミリシア将校の指揮下に置かれた386人の航海者の私軍を採用した。[169]ナイル川航海士として知られるこの部隊はスーダンで奉仕し、海外で奉仕する最初のカナダ軍となった。[170]キャンペーン中に16人の航海者が死亡した。 [170]

20世紀

ボーア戦争

英国に対するカナダの軍事援助の問題は、南アフリカでの第二次ボーア戦争(1899–1902)の間に再び発生しました。[171]イギリス軍は紛争でカナダの援助を求め、保守党は南アフリカでの奉仕のために8000人の軍隊を編成することに断固として賛成した。[172] イギリス系カナダ人の意見もまた、戦争への積極的なカナダ人の参加を圧倒的に支持していた。[173]しかしながら、フランス系カナダ人は、他のいくつかのグループがそうであったように、ほぼ普遍的に戦争に反対した。[173]これは、支持を親帝国の英国系カナダ人と反帝国のフランス系カナダ人の両方に依存していたため、統治自由党を深く分裂させた。首相ウィルフリッド・ローリエ卿は妥協の男でした。兵士を南アフリカに派遣することを決定したとき、ローリエは銃後のアングロカナダ人とフランス系カナダ人の間の紛争について心配していました。[174]彼の内閣に脅迫された[174]ローリエは当初、ロイヤルカナディアン連隊の第2(特別サービス)大隊の1,000人の兵士を派遣した[175]その後、他の部隊、第1連隊、カナダ騎馬ライフル、ロイヤルカナディアン連隊の第3大隊(第2カナダ部隊として)が派遣され、私的に育てられたストラスコーナの馬(第3カナダ部隊として)が含まれた。[176]

カナダ軍は戦争の初期とイギリス軍のブラックウィークの大敗を逃した。南アフリカのカナダ人は、戦争の最初の決定的な勝利の1つであるパールデベルグの第二次戦いで起訴を主導したことで多くの称賛を勝ち取りました。[177] 1900年11月7日のレリーフォンテン戦いで、3人のカナダ人、ターナー中尉、コックバーン中尉オランダ軍曹アーサー・リチャードソン後退軍の後部を保護したことでビクトリア十字章を授与された。[178]最終的に、8,600人以上のカナダ人が戦うことを志願しました。[179]しかしながら、ハロルド・ロスロップ・ボーデン中尉は、第二次ボーア戦争で最も有名なカナダ人の死傷者となった。[180]南アフリカでは、多くの女性看護師を含む[181 ]約7,400人のカナダ人が奉仕した。[182]これらのうち、224人が死亡し、252人が負傷し、いくつかはビクトリア十字章で飾られていた。[183]カナダ軍はイギリス主導の強制収容所プログラムにも参加し、数千人のボーア人民間人が死亡した。[184]

民兵の拡大

1898年のカナダ民兵の制服。民兵は現在のカナダ陸軍の前身でした。

1763年から1867年のカナダ連邦以前まで、イギリス陸軍はカナダの主要な防衛を提供しましたが、多くのカナダ人はさまざまな紛争でイギリス軍に仕えました。[185]イギリス軍が19世紀後半から20世紀初頭にカナダを離れるにつれ、民兵(さまざまな騎兵、砲兵、歩兵、技術者ユニットを含む)の重要性がより顕著になった。 1883年、カナダ政府は最初の恒久的な軍事力を確立しました。[186]カナダが第二次ボーア戦争に突入した直後、カナダが独自の軍隊を持つべきかどうかについての議論が展開された。[187]その結果、軍を指揮する最後の将校(カナダ)であるダンドナルド卿は、カナダが独自の技術部門と支援部門を獲得する一連の改革を開始しました。[188] 1904年、軍を指揮する将校はカナダの参謀総長に交代した。新しいさまざまな「軍団」には、エンジニア軍団(1903)、信号軍団(1903)、サービス軍団(1903)、兵器店軍団(1903)、ガイド軍団(1903)、医療軍団(1904)、スタッフクラーク(1905 )が含まれていました。 )、および陸軍給料軍団(1906)。[189]第一次世界大戦の前と最中に、最初の独立した軍用歯科用軍団を含む追加の軍団が作られました。[190]

カナダ海軍の創設

HMSレインボウはカナダに提示され、1910年にHMCSレインボウとして再就役しました。

カナダは長い間、海洋水産局に小さな漁業保護部隊を配置していましたが、海事保護を英国に依存していました。イギリスはますますドイツとの軍拡競争に従事し、1908年に植民地に海軍の支援を求めた。[191]保守党は、カナダは単にいくつかのイギリス海軍の船の購入と維持にお金を寄付するべきであると主張した。[191]フランス系カナダ人のナショナリストの中には、援助を送るべきではないと感じた人もいた。他の人々は、必要なときにイギリスを助けることができる独立したカナダ海軍を提唱しました。[191]

最終的に、ロリエ首相はこの妥協の立場に従うことを決定し、カナダ海軍は1910年に創設され、1911年8月にカナダ海軍に指定緊急時には、艦隊はイギリス軍に引き渡される可能性があります。[193]この規定は、ケベックの民族主義者アンリ・ブラッサによる法案への激しい反対につながった[194]法案は、5隻の巡洋艦と6の駆逐艦で構成される海軍を建造するという目標を設定しました[194]最初の2隻はニオベレインボーでした、英国から購入したやや古くて時代遅れの船。[195] 1911年の保守党の選挙で、一部には自由党がケベックで支持を失ったため、海軍は資金に飢えたが、第一次世界大戦中に大幅に拡大した。[196]

第一次世界大戦

カナダの砲兵は、ソンムの正面にある60ポンド野砲の砲弾に季節のメッセージを追加します

1914年8月4日、イギリスはドイツとの戦争を宣言して第一次世界大戦(1914–1918)に入りました。英国の宣戦布告は、カナダが英国に従属しているという法的地位のために、自動的にカナダを戦争に巻き込みました。[197]しかしながら、カナダ政府は戦争への関与のレベルを決定する自由を持っていた。[197]民兵は動員されず、代わりに独立したカナダ海外派遣軍が編成された。[198]第一次世界大戦中のカナダ軍の功績の最高点は、ソンムヴィミーパッシェンデールの戦い、そして後に「カナダの百日」。[199]

カナダ軍団は、フランスに2カナダ師団が到着した後、1915年9月にカナダ海外派遣軍から結成されました。[200] 1915年12月に第3カナダ師団が、 1916年8月に第4カナダ師団が追加されたことにより、軍団は拡大した。[200]第5カナダ師団の組織は、1917年2月に始まったが、それは1918年2月に解体され、その部隊は他の4つの師団を強化するために使用されました。[200]軍団はイギリス陸軍の指揮下にあったが、、特にソンムの戦いの後、カナダの指導者の間で、軍団が分裂を広げるのではなく、単一のユニットとして戦うようにというかなりの圧力がありました。[200]第2カナダ軍団と2つの追加師団の計画は破棄され、海外勤務の徴兵に関する分割国家対話が開始された。[201]

他の主要な戦闘員のほとんどは、彼らが苦しんでいた大規模な死傷者を置き換えるために徴兵制を導入しました。カナダの軍事的貢献の継続性を維持したいと考えていたロバート・ボーデン卿が先頭に立って、徴兵制を導入して施行するという急増する圧力を受けて、軍事サービス法が批准されました。[202]徴兵に対する反応はカナダ英語では好意的だったが、ケベックではその考えは非常に人気がなかった[203] 1917年の徴兵危機は、カナダにおけるフランス語と英語を話すカナダ人の間の分裂を浮き彫りにするために多くのことを行った。[204] 1918年6月、HMHS ランダバリー城はUボートで沈められました。死者の数に関しては、沈没は戦争の最も重大なカナダ海軍の災害でした。[205]戦争の後期において、カナダ軍団は西部戦線の軍隊の中で最も効果的で尊敬されていた[187]

エドワード8世は、1936年にヴィミーメモリアルでカナダの母を発表しました。このメモリアルは、第一次世界大戦中に殺害されたCEF職員に捧げられました。

800万人の国にとって、カナダの戦争努力は注目に値するものと広く見なされていました。第一次世界大戦でカナダ軍に仕えた男女は合計619,636人で、そのうち59,544人が死亡し、さらに154,361人が負傷しました。[187]カナダの犠牲は、フランスとベルギーの8つの記念碑で記念されています。[206] 8つのうち2つはデザインがユニークで、巨大な白いヴィミー記念碑と聖ジュリアン記念碑の独特の陰気な兵士です。他の6つは、円形の小道に囲まれた花崗岩のモニュメントの標準的なパターンに従います。ベルギーのヒル62メモリアルパッシェンデールメモリアル、およびブルロンウッドメモリアルです。フランスのCourceletteMemorialDury MemorialLeQuesnelMemorial第一次世界大戦におけるニューファンドランド(1949年まで連合に参加しなかった)の兵士の行動を記念するための別個の戦争記念碑もあります。最大のものは、セントジョンズにあるボーモンハメルニューファンドランドメモリアルニューファンドランド国立戦争メモリアルです。[207]カナダ社会への戦争の影響はまた、死者を記念するためにカナダに多くの戦争記念碑の建設につながった。国定記念建造物を作成する提案は、1923年に最初に提案されました。キャストの作業は1933年まで完了していませんでしたが、カナダ国立戦争記念碑がありました1939年にオタワで発表された。[208]記念碑は現在、20世紀と21世紀のいくつかの紛争でカナダが戦死したことを記念している。[208]

1919年、カナダは連合国のロシア内戦への介入を支援するためにカナダのシベリア遠征軍を派遣しました。[209]これらの軍隊の大多数はウラジオストクに拠点を置いており、他の外国軍とともに撤退する前にほとんど戦闘を見なかった。[210]

カナダ空軍の創設

1918年のカナダ空軍のRAFアッパーヘイフォードで、ソッピースドルフィンズが第1戦闘飛行隊の一部となった

第一次世界大戦は、カナダの空軍の形成のきっかけとなりました。戦争の勃発時には、独立したカナダ空軍はありませんでしたが、多くのカナダ人がイギリス陸軍航空イギリス海軍航空隊と共に飛行しました。[211] 1914年、カナダ政府はカナダ航空部隊の結成を承認しました。[212]軍団はヨーロッパへのカナダ海外派遣軍に同行することになっており、使用されなかった1機の航空機、バージェス・ダンで構成されていた。[213]カナダ航空部隊は1915年に解散した。[214]カナダ空軍を結成する2回目の試みは、1918年に、ヨーロッパの英国空軍省によって2つのカナダ飛行隊(爆撃機1機と戦闘機1機)が結成されたときに行われました。カナダ政府は、カナダ空軍を結成することにより、2個飛行隊を支配しました。[215]しかしながら、この空軍は就役することはなく、1921年までに完全に解散した。[215]

1920年代、英国政府はカナダに数機の余剰航空機を提供することで平時空軍を設立するよう奨励しました。1920年に、航空委員会によって監督された新しいカナダ空軍(CAF)が、飛行再訓練を提供するパートタイムまたは民兵サービスとして結成されました。[216]再編成後、CAFは民間航空を含むカナダでのすべての飛行操作を担当するようになりました。航空委員会とCAFの民間飛行の責任は、1924年4月の創設後、カナダ空軍(RCAF)によって処理されました。 [212]第二次世界大戦により、RCAFは真の兵役になります。[212]

スペイン内戦

マッケンジー-パピノー大隊のイッカ機関銃会社。大隊はスペイン内戦中に共和党軍のために戦った志願兵部隊でした

マッケンジー-パピノー大隊(カナダ政府によって承認または支援されていないボランティアユニット)はスペイン内戦(1936〜1939)で共和党側で戦った。 [217]紛争の最初のカナダ人は主にアメリカのエイブラハム・リンカーン大隊に派遣され、後に北アメリカのジョージ・ワシントン大隊に派遣され、各グループに約40人のカナダ人が仕えた。 1937年の夏までに、約1,200人のカナダ人が紛争に巻き込まれました。[218]彼らは最初、1937年2月から6月にかけてマドリード近郊のハラマ川の戦いでファシストと交戦し、続いて7月にブルネテの戦いに参加した。[219]翌年、カナダ人はテルエルの戦い、アラゴン攻撃エブロ川の戦いの3つの主要な戦いで戦った。[219]彼らが戦った戦いでは、スペインで戦ったことが知られている1,546人のカナダ人のうち721人が殺された。[220]マッケンジー・パピノー大隊記念碑の除幕式中にミカエル・ジャンが行った演説によると、「スペインでボランティアとして人口の大部分をカナダほど多く与えた国は他にない」。[221]

第二次世界大戦

ニューウェストミンスターで行進しているBC連隊(DCOR)パパの写真1940年10月1日にクロードP.デットロフによって。

二次世界大戦(1939–1945)は、1939年9月1日にナチスドイツがポーランドに侵攻した後に始まりました。カナダ議会は、イギリスとフランスの1週間後の9月10日にドイツに戦争を宣言するという政府の決定を支持しました。カナダの空軍兵はバトルオブブリテン小さいが重要な役割を果たし[ 223]カナダ海軍とカナダの商船は大西洋の戦いで重要な役割を果たした。[224] Cフォース、2個のカナダ歩兵大隊、[225]は、香港の防衛の失敗に関与していた。 [226]第2カナダ師団の部隊も1942年8月の悲惨なディエップ襲撃で主導的な役割を果たした。 [227]1カナダ師団と独立した第1カナダ装甲旅団の戦車は1943年7月以降にシシリーに上陸した。 38日間のキャンペーンは、連合軍のイタリア侵攻の成功に参加しました。[228]カナダ軍は、イタリアを北上する長い前進において重要な役割を果たし、モロ川とオルトーナでの高額な戦闘の後、1944年初頭に最終的には自軍の本部の下に置かれた[229]

1944年6月6日、第3カナダ師団(独立した第2カナダ機甲旅団の戦車に支援された)がノルマンディーの戦いでジュノビーチに上陸しました[230]カナダの空挺部隊もまた、その日の早い時期に浜辺に上陸した。[231]一日の終わりまでに、カナダ人は5つの海上侵攻軍のいずれかの内陸に最も深く侵入した。カナダはその後のノルマンディーでの戦闘で重要な役割を果たし、 7月に第2カナダ歩兵師団、8月に第4カナダ師団が上陸しました。両方の軍団本部(カナダ第2軍団)そして最終的には、カナダの軍事史上初めて陸軍本部が活性化されました。スヘルデの戦いで、最初のカナダ軍は、アントワープを連合国の海運に開放するのを助けるために、多大な費用をかけて定着したドイツ軍を打ち負かしました。[232]最初のカナダ軍はさらに2つの大規模なキャンペーンで戦った。1945年2月と3月のラインラントで、襲撃の交差とその後の戦争の最後の数週間のライン川の向こう側での戦闘を見越して、ライン川への道を切り開いた。[233] Iカナダ軍団は、1945年初頭にイタリアから北西ヨーロッパに戻り、再会した最初のカナダ軍の一部として、オランダの解放(飢餓に近い状態からの多くのオランダ人の救出を含む)とドイツの侵略[234]

イギリス空軍の空軍兵はイギリス空軍の戦闘機と爆撃機の戦隊に仕え、バトル・オブ・ブリテン、大西洋の戦いでの対潜戦、ドイツに対する爆撃作戦で重要な役割を果たしました。[235]多くのRCAF要員がRAFに仕えたにもかかわらず、第6グループ RAF爆撃機司令部は完全にRCAF飛行隊で構成されていた。カナダ空軍の要員はまた、ノルマンディーの戦いとその後のヨーロッパでの陸上作戦の間、連合軍に緊密な支援を提供しました。積極的な運用または訓練の任務に必要とされた男性のRCAF職員を解放するために、RCAF女性部門1941年に結成されました。戦争の終わりまでに、カナダ空軍は4番目に大きな連合国空軍になるでしょう。[236]他の英連邦諸国と同様に、カナダ女性軍団と題された女性軍団が、RCAF女性部門と同様に、最前線の任務のために男性を解放するために設立された。軍団は1941年から1946年まで存在し、1948年に再編成され、最終的に1964年に解散しました(第二次世界大戦中のカナダ人女性を参照)。[237]

カナダの援軍は、1944年のノルマンディー上陸作戦中にジュノビーチに到着しました。ジュノビーチの占領は、連合軍の海軍爆撃部隊の支援を受けて、カナダ軍の責任でした。

陸軍と航空部隊に加えて、何千人ものカナダ人がカナダの商人海軍にも仕えました。[238]約1150万人の人口のうち、110万人のカナダ人が第二次世界大戦中に軍隊に仕えた。全部で45,000人以上が死亡し、さらに55,000人が負傷した。[239] 1944年の徴兵制危機は、銃後のフランス人とイギリス人を話すカナダ人の団結に大きな影響を与えたが、第一次世界大戦の徴兵制危機ほど政治的に侵入的ではなかった。[240]カナダは、アメリカのGI法案と同様の福利厚生プログラムを運営していました第二次世界大戦の退役軍人のために、アメリカの場合と同様の強い経済的影響を持っています。[241]

冷戦時代

第二次世界大戦の終結直後、冷戦(1946–1991)が始まりました。冷戦の正式な始まりは、通常、1945年にオタワのイゴーリ・グゼンコで働いていたソビエトの暗号書記官が亡命したことによるものです。[242]これは、冷戦の最中に共産主義の共感者を特定して拘留するカナダ政府の極秘計画である「 PROFUNC 」につながった最初の出来事でした。 [243] NATOの創設メンバーであり、米国とのNORAD条約への署名者として、カナダは共産圏に対する同盟にコミットした[244]カナダ軍は冷戦中ずっとドイツに駐留し、カナダはアメリカ人と協力して、DEWラインなどのソビエト攻撃に対する防御を構築しました。[245]ミドルパワーとして、カナダの政策立案者は、カナダがそれ自体では軍事的にほとんど何もできないことを認識し、したがって、カナダの国際的な軍事的努力がより大きな連合の一部となる多国間主義の政策が採用された。[246]これにより、カナダは、緊密な同盟国、特にベトナム戦争第二次イラク戦争の参加にもかかわらず、いくつかの戦争から離れることを選択したが、カナダは間接的な支援を提供し、カナダ市民は両方の紛争で外国軍に仕えた。[247][248]

ヨーロッパの軍隊

カナダは、カナダのNATOの取り組みの一環として、1950年代(当初は第27カナダ歩兵旅団、後に4戦闘グループおよび4カナダ機械化旅団と名付けられました)から1990年代まで、西ドイツで機械化歩兵旅団を維持していました。[249]この旅団はほぼ完全な力で維持され、ワルシャワ条約機構が西に侵攻した場合に旅団が迅速に移動しなければならないと予想されたため、カナダの最先端の車両と兵器システムを備えていた。カナダ空軍は、1950年代初頭に、ヨーロッパでのカナダのNATO防空公約を満たすために第1航空師団を設立しました。[250]

朝鮮戦争

USS バックは朝鮮戦争中に弾薬をHMCS ハイダに移しました。

第二次世界大戦後、カナダは急速に復員しました。[251]朝鮮戦争(1950年から1953年)が勃発したとき、カナダはその軍事力を強化するのに数ヶ月を要し、最終的には大韓民国軍の一部を形成した。[252]このように、カナダ陸軍は、戦争の減少段階が大部分開始された1951年まで到着しなかったため、初期の前後のキャンペーンのほとんどを逃した。[253]

カナダ軍は第1連邦師団の一部として戦い、カピョンの戦いやその他の陸軍で際立っていましたHMCSハイダとカナダ海軍の他の船は朝鮮戦争で活発に使用されていました。カナダ空軍は韓国で戦闘の役割を果たしていませんでしたが、22人のカナダ空軍の戦闘機パイロットが韓国のUSAFとの交換任務で飛行しました。[254]カナダ空軍は、朝鮮戦争を支援するための人員と物資の輸送にも関与していた。[255]

カナダは韓国で戦うために26,791人の軍隊を派遣しました。[256]カナダ人の死傷者は1,558人で、そのうち516人が死亡した。[257]朝鮮は、ほとんどのカナダ人にとって、2つの世界大戦へのカナダの貢献によって影が薄くなっているため、しばしば「忘れられた戦争」と呼ばれてきました。[258]カナダは元の1953年の休戦協定に署名しているが、1955年以降韓国に駐屯地を維持しなかった。[259]

統一

1964年、カナダ政府は、カナダ空軍、カナダ海軍、カナダ陸軍を統合してカナダ軍を結成することを決定しました。合併の目的は、コストを削減し、運用効率を高めることでした。[260]国防大臣ポール・ヘリヤーは1966年に、「合併は、カナダが将来の軍事的要件を最も効果的に満たすことができる柔軟性を提供するだろう。また、カナダを疑う余地のない指導者として確立するだろう」と主張した。軍事組織の分野。」[261] 1968年2月1日、統一が完了した。[260]

オクトーバークライシス

10月の危機の間にモントリオールのダウンタウンにいたカナダの兵士危機は、政府当局者がFLQに拉致された後に引き起こされました

オクトーバークライシスは、1970年10月にケベック州、主にモントリオール大都市圏でケベック解放戦線(FLQ)のメンバーが政府関係者を2回誘拐したことによって引き起こされた一連の出来事でした国内テロ危機の際、ピエール・トルドー首相は、問題の解決にどこまで進んでいくのかと尋ねられたとき、カナダの伝承で有名になった「ただ私を見てください」と答えました。[262] 3日後の10月16日、状況は最終的にカナダの歴史の中で唯一の戦時措置法の平時の使用に至った。[263]この法律の発動により、ケベック州全体に12,500人のカナダ軍が広範囲に配備され、7,500人の軍隊がモントリオール地域に駐留しました。[264] [265]

ベトナム戦争

カナダはベトナム戦争(1955年から1975年)では戦わず、公式には「非交戦状態」の地位にありました。[266]カナダ軍の関与は、パリ協定の施行を支援するために1973年に小さな派遣団に限定された[267]それにもかかわらず、戦争はカナダ人にかなりの影響を及ぼした。[266]アメリカの兵役逃れと脱走兵のカナダへの移動とは逆流して、約3万人のカナダ人が東南アジアで戦うことを志願した。[268]ボランティアの中には、モントリオール近くのカナワク保護区からの50人のモホーク族がいた。[269] 110人のカナダ人がベトナムで亡くなり、7人は次のように記載されたままである行方不明[270]

ポスト冷戦時代

オカの衝突

Pte。「ヴァンドゥー」の境界歩哨であるパトリック・クルーティエと、アニシナアベ族の抗議者であるブラッド・ラロックは、オカの衝突の際に対面しました。

オカの衝突は、1990年7月11日に始まり、1990年9月26日まで続いた、モホーク族とケベック南部オカの町との間の土地紛争でした。彼が「市民権力の援助」で軍事支援を要求するために国防法のセクション275を呼び出したという記者会見。 [271]紛争中に1人の警察官と2人のモホーク族が殺害された後に制定された州政府が利用できる権利。[272]統合参謀総長ジョン・ド・シャステレン将軍 州当局を支援するために、ケベックを拠点とする連邦軍を配置しました。サロン作戦に、約2,500人の正規軍と予備軍が動員されました。[273]偵察機が情報を収集するためにモホークの領土上空の写真ミッションを上演している間、軍隊と機械化された装備が岡とモントリオール周辺のステージングエリアで動員された。[272]軍と先住民軍の間の高い緊張にもかかわらず、ショットは交換されなかった。1990年9月1日、フリーランスの写真家Shaney Komulainenが、メディアのFace to Faceによって吹き替えられた、お互いを見つめている男性の写真を撮りました。これは、カナダで最も有名な画像の1つになりました。[274]

湾岸戦争

フリクション作戦中のHMCS プロテクター湾岸戦争中の連合軍を支援するために軍事作戦が開始された

カナダは、イラクのクウェート侵攻を非難した最初の国の1つであり、米国主導の連立に参加することにすぐに同意しました。1990年8月、ブライアンマルルーニー首相は、カナダ軍に海軍タスクグループの配備を約束しました。[275]駆逐艦HMCS テラノヴァHMCS アサバスカは、補給船HMCSプロテクター 支援する海上阻止部隊に加わった。カナダタスクグループは、ペルシャ湾の連立海運ロジスティクス部隊を率いていました。4番目の船であるHMCS ヒューロンは、敵対行為が終わった後に劇場に到着し、クウェートを訪問した最初の連合国の船でした。[276]

国連が承認したイラクに対する武力行使に続いて、カナダ軍は、地上戦争による犠牲者に対処するために、 CF-18ホーネットシコルスキーCH-124シーキング戦隊を支援要員とともに配備しました。[277]空中戦が始まったとき、カナダのCF-18は連合軍に統合され、空中カバーを提供し、地上目標を攻撃する任務を負った。朝鮮戦争以来、カナダ軍が攻撃的な戦闘作戦に参加したのはこれが初めてでした。[278]紛争中に公式の勝利を記録した唯一のCF-18ホーネットは、イラク海軍に対するブービヤンの戦い。[278]カナダの工兵連隊は、クウェートの地雷原で八つ裂きの死体でポーズをとっているメンバーを示した1991年の写真の公開に続いて調査された[279]

ユーゴスラビア戦争

カナダの軍隊は、1990年代のユーゴスラビア戦争中のクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナ国連平和維持軍であるUNPROFORの一部でした。[280]その紛争中のメダック作戦ポケットは、朝鮮戦争以来カナダ軍が戦った最大の戦いだった。[281]カナダ政府は、国連派遣団内のカナダ軍がクロアチア軍と衝突し、27人のクロアチア兵が殺害されたと報告されたと主張している。[282] 2002年、第2大隊パトリシア王女カナダ軽歩兵戦闘群が司令官ユニット表彰を授与された。 「メダックポケット作戦中の英雄的でプロの使命のために」。[283]

ソマリア内戦

1992年の作戦解放中のソマリアのカナダ兵。

ソマリア内戦中ブライアン・マルルーニー首相は、国連安全保障理事会決議751の後、カナダをUNOSOMIにコミットしました。[284] UNOSOM Iは、国連が仲介した停戦を監視しながら、ソマリアで安全と人道的救済を提供するための国連の対応努力の最初の部分でした。 [285]カナダ軍は、 Operation Deliveranceという名前で、アメリカ主導のOperation RestoreHopeに参加し。 1993年5月、この作戦は国連の指揮下に置かれ、UNOSOMIIに改名されました。[286]その終わりまでに、任務はカナダ軍にとって政治的惨事に変わっていた。[287]人道的任務の間に、カナダの兵士はソマリアのティーンエイジャーを拷問して死に至らしめ、ソマリア事件に至った。[288]調査の後、エリートカナダ空挺連隊は解散し、カナダ軍の評判はカナダ国内で損なわれた。[289]

レッドリバーの洪水

1997年のレッド川の洪水は、 1826年以来、ノースダコタ州マニトバ州に影響を及ぼした、北のレッド川の最も深刻な洪水でした。 「公共福祉緊急事態」が洪水地帯で宣言されました。 「世紀の洪水」と呼ばれる時期に、8,500人以上の軍人がマニトバに派遣され、朝鮮戦争以来最大のカナダ軍の単一配備である避難、堤防の建設、その他の洪水対策を支援しました。[290]作戦支援は、軍の「広報大当たり」と呼ばれた。5月中旬に軍の護送船団がウィニペグを出発したとき、何千人もの民間人が彼らを応援するために通りに並んだ。 [291] [292] [293]

北米のアイスストーム

「OperationRecuperation」は、1998年の北米の氷の嵐、ヒューロン湖からケベック南部、ノバスコシアまでの比較的狭い範囲の土地、およびニューヨーク北部の国境地帯を襲う連続した氷の嵐の大規模な組み合わせに対応したものでした。米国の中央メインに。大雪や倒木、送電線の破損、厚い氷の層で覆われているため、道路は通行できず、緊急車両はほとんど移動できませんでした。1月7日、ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ケベック州がカナダ軍に援助を要請し、1月8日から16,000人の軍隊が配備されて復興作戦が開始されました。[294]これは、自然災害対応してカナダの土壌に奉仕するためのこれまでで最大の軍隊の配備であり[292] 、朝鮮戦争以来のカナダ軍人員の最大の運用配備でした[295]

21世紀

アフガニスタン戦争

カナダは2001年のアフガニスタン攻撃で米国主導の連立に加わった戦争は9.11テロ攻撃への対応であり、タリバーン政府を打ち負かし、アルカイダを敗走させることを目的としていましたカナダは特殊部隊と地上部隊を紛争に送りました。この戦争では、カナダの狙撃兵が最長距離の殺害で世界記録を樹立しました。[296] 2002年の初めに、カナダのJTF2軍が、拘束されたタリバーンの囚人を米軍に引き渡す写真を撮られ、ジュネーブ条約の議論を引き起こした[297] 2005年11月、カナダ軍の参加はカブールのISAFからアーチャー作戦、カンダハールとその周辺の不朽の自由作戦の一部。[298] 2006年5月17日、カナダ王立馬砲兵隊のキャプテン・ニコラ・ゴダードがカナダ初の女性戦闘犠牲者となった。[299]

これまでのアフガニスタンでのカナダ軍の最も注目すべき作戦の1つは、カナダ主導のメデューサ作戦であり、その間に2回目のパンジャウイの戦いが行われました。[300] 2006年の終わりに、カナダの兵士は、アフガニスタンでの戦争のためにカナダの報道機関によってカナダのニュースメーカーオブザイヤーに選ばれました。 [301] 2010年11月27日、第22王立連隊の第1大隊がカンダハーでの作戦を引き継ぎ、カナダがアフガニスタンから撤退する前の最終ローテーションをマークした。[302] 2011年7月、カナダ軍の小部隊がNATOトレーニングミッション-アフガニスタンは2014年までアフガニスタン国軍アフガニスタン警察の訓練を継続する。 [303]

ブリティッシュコロンビア州の森林火災

「ペレグリン作戦」は2003年8月3日から9月16日までの間に行われた国内軍事作戦であった。[304] 2003年8月初旬、ブリティッシュコロンビアは800回以上の別々の森林火災に圧倒された。[304]地方の消防隊は限界点まで伸び、何万人もの人々が彼らの家から避難することを余儀なくされた。州政府は連邦政府の援助を要請し、数日以内に2,200人以上のカナダ軍の要員が動員されました。作戦は45日間続き、その高さで2,600人以上の軍人が活動していた。[304]これは、1998年の氷の嵐に対応した「作戦回復」に続いて、最近の国内展開で3番目に大きいカナダ軍であり、「1997年のレッド川洪水に対応した「作戦支援」 。[304]

イラク戦争

イラク戦争(2003年から2011年)は、2003年3月20日のイラク侵攻から始まりました。カナダ政府は、イラクに対する戦争を公式に宣言していませんでした。それにもかかわらず、米国との参加と関係は、その戦争のさまざまな時点で再定義されました。[305]カナダ軍は船の護衛任務に関与し、アメリカ海軍の資産を解放するためにタスクフォース151への参加を拡大した。 [306]約100人のカナダの交換官が、アメリカの部隊との交換で、イラク侵攻に参加した。[307]カナダでの紛争に関連した多数の抗議と反対抗議があり[308]、一部の米軍メンバーは、イラクへの配備を避けるために彼らのポストを捨てた後、国に避難を求めた。[309]

リビア内戦

リビア内戦中、イギリスのタンカーからの給油を待っているカナダ空軍CF-18ホーネット

2011年3月19日、多国間連合は、 2011年のリビア内戦に対応して国連安全保障理事会決議1973 [310]を実施するためにリビアで軍事介入を開始しました。[311]カナダの貢献には、作戦の一部としてグループ化された多数の海軍および航​​空資産の配備が含まれていました[312] NATOは3月25日に軍事行動の支配権を握り、カナダ空軍中尉のチャールズ・ブシャールが指揮を執った。[313]ムアンマル・カダフィに忠実な政府軍が空襲を行うのを防ぐために、内戦中に飛行禁止区域が発効した。反カダフィ勢力と民間人。[311]軍事介入は、NATOのユニファイドプロテクター作戦によって実施され、武器禁輸、飛行禁止区域、およびリビアの民間人と民間人が住む地域を保護するために必要なあらゆる手段を使用する義務が含まれていました。[310] [314] 2011年10月28日、スティーブンハーパー首相は、NATOの軍事任務が無事に終了したと発表した。[315]

マリ紛争

2012年の初めから、マリのいくつかの反乱グループが国を乗っ取り始めました。 2013年1月、マリは反政府勢力の反乱国をなくすためにフランスに支援を求めました。 12月、国連は西アフリカ諸国経済共同体の承認を得てアフリカの介入を承認しました。その後、フランスはNATOの同盟国に参加を要請し、カナダはC-17グローブマスターと共に軍隊の輸送を支援することでこの取り組みに参加しました。[316]これに続いて、首都バマコにカナダ大使館を確保するために入国した24人のJoint Task Force2メンバーが参加した。[317]2015年2月19日アルジェリアのアルジェで停戦協定が調印されましたが、散発的なテロ攻撃は依然として発生しています。[318]

ISILに対する軍事介入

カナダ空軍CF-18ホーネットは、イラク上空での給油を完了した後、USAFKC -135ストラトタンカーから離脱しました。ホーネットは、オペレーションインパクトを支援する使命を帯びていました

オペレーションインパクトは、 2014年9月に始まったイラクのイスラム国とレバントに対する軍事介入へのカナダの貢献の名前です。 [319]イスラム国の標的に対する最初のカナダの空爆は11月2日に発生しました。CF-18は、ファルージャ市近くのユーフラテス川を迂回させるために使用された重機を破壊することに成功したと報告されました[320] 10月、当時の首相は、ジャスティン・トルドーがバラク・オバマ大統領に、カナダがイラクとシリアに地上部隊を維持しながら戦闘機を撤退させる意向であることを通知した。 [321]

最近の支出

カナダの憲法は、連邦政府に国防に対する独占的な責任を与えており、したがって、支出は連邦予算に概説されています。2007〜2010会計年度の防衛費に割り当てられた金額は、国のGDPの1.4%である61億5000万カナダドルでした。[322] [323]この定期的な資金は、2005年に5年間で125億カナダドルの追加で増額され、同期間に通常の部隊のレベルを5,000人増やし、一次予備軍を4,500人増やすことを約束した。[324]2010年には、5年間でさらに53億カナダドルが提供され、13,000人の正規軍人、10,000人の予備予備要員、およびカナダ陸軍、輸送機、ヘリコプター用の新しいトラックの購入に171億カナダドルが提供されました。カナダ空軍のために、そしてカナダ海軍のための共同支援船。 [325] 2010年7月、カナダの軍事史上最大の購入であり、65機のF-35戦闘機の買収のために合計90億カナダドルが連邦政府によって発表された。[326]カナダは、F-35の開発を支援し、プログラムに1億6800万カナダドル以上を投資したいくつかの国の1つです。 [327]2010年、カナダの軍事費は合計で約1,225億カナダドルになりました。[328]

カナダの王冠と軍隊

聖エドワード王冠をかぶったカナダ軍のエンブレム軍隊におけるカナダの王冠の役割は、憲法および成文法によって確立されています。

カナダ軍は、王室の要素を含むものを含め、英国の軍隊、海軍、空軍から多くの伝統とシンボルを引き出してきました。しかし、現代のアイコンと儀式は、カナダとカナダの君主制を反映する要素を含むように進化しました国の王室のメンバーはまた、軍が複雑なプロトコルを開発している軍の師団や連隊との個人的な関係を維持するという2世紀前の慣習を続けています。[329] [330]カナダ軍におけるカナダの王冠の役割憲法と成文法の両方を通じて確立されています。国防法は、「カナダ軍はカナダによって育てられた陛下の軍隊である」と述べており[331]憲法法、1867年はこれらの軍の最高司令官を主権に委ねている。[332] [333] [334]

カナダのすべての名誉は、名誉の源泉と見なされている国の君主[335]から発せられます。[336] [337]カナダ人を称える注文、装飾、メダルの複雑なシステムが進化しました。[338]ビクトリア・クロスミリタリー・メリットのオーダークロス・オブ・バロールスター・オブ・勇気メダル・オブ・ブレイブリーは、軍事的立場で奉仕するカナダ人のために作成された軍事賞の一部です。[339]ビクトリア十字章は、94人のカナダ人と2人のニューファンドランド人に贈られました[340]。1856年の創設から、カナダのビクトリア十字章が制定された1993年までの間に。[339]しかしながら、1945年以来カナダ人はどちらの名誉も受けていません。[341]

1960年代の軍の統一のに、支部の改名が行われ、その結果、海軍と空軍の「王室の指定」が放棄されました。[260] 2011年8月16日、カナダ政府は、「空軍司令部」という名前が空軍の元の歴史的な名前であるカナダ海軍を再想定し、「陸軍司令部」がカナダ軍の名前を再想定したと発表した。そして「海軍司令部」は、カナダ海軍の名前を再び想定していました。[342]変更は、カナダの軍事遺産をよりよく反映し、軍隊が王室の指定を使用する他の主要な英連邦とカナダを一致させるために行われました。[342]

平和維持

多国間主義へのカナダのコミットメントと密接に関連しているのは、平和維持活動への強力な支援です。[343] 20世紀と21世紀の間のカナダの平和維持の役割は、その世界的なイメージにおいて主要な役割を果たしてきました。[344]スエズ危機におけるカナダの役割の前に、カナダは世界的な問題において取るに足らないものとして多くの人から見られていました。紛争におけるカナダの成功した役割は、カナダに信頼を与え、すべての国の「共通善」のために戦う国としてカナダを確立しました。[345]カナダは、発足から1989年までのすべての国連平和維持活動に参加した。[346]しかし、1995年以降、国連平和維持活動へのカナダの直接参加は大幅に減少しました。[346]たとえば、2006年7月、カナダは国連平和維持軍のリストで51位にランクされ、70,000を超える国連の総展開のうち130人の平和維持軍に貢献しました。[347] 1990年11月にカナダが10,304の国連配備全体のうち1,002の軍隊を持っていたところ、[348]カナダが直接国連にではなく、NATOを通じて国連認可の軍事作戦への参加を指示し始めたため、その数は大幅に減少した。[349]

平和維持記念碑、平和維持活動に参加した兵士を記念しています。

カナダのノーベル平和賞受賞者であるレスターB.ピアソンは、現代の平和維持活動の父と見なされています。[350]ピアソンは、幼少期に国連で非常に著名な人物になり、1956年のスエズ危機の際に独特の立場にあった。[351]ピアソンとカナダは、最も近い同盟国の対立の間に立ち往生していることに気付いた。解決策を見つけるために見ました。[352]国連会議中に、レスター・B・ピアソンは安全保障理事会に、この地域でのさらなる紛争を防ぐために国連警察を設立し、関係国が決議を整理する機会を与えることを提案した。[353]ピアソンの提案と1,000人のカナダ兵をその目的に捧げるという申し出は、別の戦争を妨げる素晴らしい政治的動きと見なされていました。[352]

正式な国連システムが創設される前でさえ、最初のカナダの平和維持ミッションは、2回目のカシミール紛争への1948年のミッションでした。[354]他の重要な任務には、キプロスコンゴ、ソマリア、ユーゴスラビアでの任務、およびシナイ半島ゴラン高原での観測任務が含まれる[355] 1974年に彼らのバッファロー461がシリア上空で撃墜されたときの9人のカナダの平和維持要員の喪失は、カナダの平和維持の歴史の中で最大の単一の命の喪失のままである。[356]1988年に、ノーベル平和賞が国連平和維持軍に授与され、カナダ軍の元メンバー、王立カナダ騎馬警察のメンバー、その他の警察サービスを含むカナダ人を表彰するカナダ平和維持サービス勲章の創設を促しました。特定の任務で平和に貢献した民間人。[357]

も参照してください

軍事施設
記念館と博物館
リスト

参考文献

  1. ^ Walter Echo-Hawk(2011)。征服者の法廷で支点。pp。220–。ISBN 978-1-4596-0276-2
  2. ^ ブルース・E・ヨハンセン; バリー・プリツカー(2008)。アメリカインディアンの歴史の百科事典ABC-CLIO。p。1066. ISBN 978-1-85109-817-0
  3. ^ クリスチャンF.フィースト(1999)。インド人とヨーロッパ:学際的なエッセイのコレクションネブラスカ大学出版。p。 64ISBN 978-0-8032-6897-5
  4. ^ リチャードJ.チャコン; RubénG。Mendoza(2007)。北米先住民の戦争と儀式の暴力アリゾナ大学出版。p。55. ISBN 978-0-8165-2532-4
  5. ^ ロベルトJ.ゴンザレス(2010)。軍事化する文化:戦争状態に関するエッセイ左海岸プレス。p。25. ISBN 978-1-59874-560-3
  6. ^ アルフレッドA.ケイブ(2004)。フレンチ・インディアン戦争グリーンウッド出版グループ。p。33. ISBN 978-0-313-32168-9
  7. ^ ドロシーシュナイダー; カールJ.シュナイダー(2006)。アメリカの奴隷制インフォベース出版。p。216. ISBN 978-0-8160-6241-6
  8. ^ a b c ロバートジェームスマックル(2007)。ブリティッシュコロンビア州の先住民:人類学的調査UBCプレス。p。60. ISBN 978-0-7748-4010-1
  9. ^ デビッドF.アーノルド(2009)。漁師のフロンティア:アラスカ南東部の人々と鮭ワシントン大学出版局。p。31. ISBN 978-0-295-98975-4
  10. ^ アルヴィンM.ジョセフィー(1991)。アメリカのインドの遺産ホートンミフリンハーコート。p。 295ISBN 978-0-395-57320-4
  11. ^ ウェンディS.ウィルソン; ロイドM.トンプソン(1997)。ネイティブアメリカン:収束する文化に関するテーマ別ユニットウォルチパブリッシング。p。14. ISBN 978-0-8251-3332-9
  12. ^ ダニエルP.バー(2006)。征服されていない:植民地時代のアメリカの戦争でのイロコイ連盟グリーンウッド出版グループ。p。 24ISBN 978-0-275-98466-3
  13. ^ ティモシーJ.シャノン(2009)。初期のアメリカのフロンティアにおけるイロコイ外交ペンギン。p。22. ISBN 978-0-14-311529-8
  14. ^ ブリタニカ教育(2010)。ネイティブアメリカンの歴史ローゼン出版グループ。p。182. ISBN 978-1-61530-265-9
  15. ^ ポール・R・マゴッチ; オンタリオ多文化歴史協会(1999)。カナダの人々の百科事典トロント大学出版局。p。71. ISBN 978-0-8020-2938-6
  16. ^ アームストロングスターキー(1998)。ヨーロッパとネイティブアメリカンの戦争、1675年から1815年オクラホマ大学出版局。p。 21ISBN 978-0-8061-3075-0
  17. ^ ブライアンジェームスギブン(1994)。最も有害なこと:初期の接触期間における銃の取引と自国の戦争マギルクイーンズプレス(MQUP)。p。107. ISBN 978-0-88629-223-2
  18. ^ ウィリアムC.スターテバント(1988)。北米インディアンのハンドブック:インディアンと白人の関係の歴史政府印刷局。p。357. ISBN 978-0-16-004583-7
  19. ^ ケビンメジャー海によって天国に近い:ニューファウンドランドとラブラドールの歴史、2001、 ISBN 0-14-027864-8 
  20. ^ 「カナダの推定人口、1605年から現在まで」カナダ統計局。2009 2010年8月26日取得
  21. ^ ロナルドJ.デール(2004)。ヌーベルフランスの崩壊:フランス人が北アメリカ帝国を失った方法1754–1763ジェームズロリマー&カンパニー。p。2. ISBN 978-1-55028-840-7
  22. ^ ジョンE.フィンドリング; フランク・W・サッカレー(2011)。何が起こったのか?:アメリカを永遠に変えた出来事の百科事典ABC-CLIO。p。38. ISBN 978-1-59884-621-8
  23. ^ アダムハートデイビス(2012)。歴史:文明の夜明けから現在までDKパブリッシング。p。483. ISBN 978-0-7566-9858-4
  24. ^ 「私たちの歴史:人々」ハドソン湾会社2007年11月14日取得
  25. ^ ウィリアムジョンエクルズ(1983)。カナダのフロンティア、1534年から1760年UNMプレス。p。217. ISBN 978-0-8263-0706-4
  26. ^ ポール・S・ボイヤー; クリフォードE.クラークジュニア; ジョセフ・F・ケット; ニールソールズベリー; ハーバード・シトコフ(2008)。永続的なビジョン:アメリカ人の歴史センゲージラーニング。p。84. ISBN 978-0-547-05211-3
  27. ^ リチャードミドルトン; アンロンバード(2011)。植民地時代のアメリカ:1763年までの歴史ジョン・ワイリー&サンズ。p。88. ISBN 978-1-4443-9628-7
  28. ^ アンドリューニールポーター(1994)。イギリスの海外展開のアトラスラウトレッジ。p。60. ISBN 978-0-415-06347-0
  29. ^ レスリー・チョケット; レスリー・チョケット(2009)。フランス人から農民へ:フランスのカナダの人々の現代性と伝統ハーバード大学出版局。p。14. ISBN 978-0-674-02954-5
  30. ^ ab 「カナダ軍 遺産」カナダの軍事史ゲートウェイ。2011 2014年2月27日取得
  31. ^ ジェラルドJ.ブラウルト(1986)。ニューイングランドのフランス系カナダ人の遺産UPNE。p。110. ISBN 978-0-87451-359-2
  32. ^ a b ルネチャートランド(2013)。北アメリカのフランスの要塞1535–1763:ケベック、モントリオール、ルイブール、ニューオーリンズオスプレーパブリッシング。pp。3–5。ISBN 978-1-4728-0317-7
  33. ^ Bruijn、JR(1993)。17世紀と18世紀のオランダ海軍コロンビア:サウスカロライナ大学出版局。pp。68–69。ISBN 9780872498754
  34. ^ Kloster、W。(2016)。オランダの瞬間:17世紀の大西洋世界における戦争、貿易、および定住イサカ:コーネル大学出版局。p。103. ISBN  9781501706677
  35. ^ スタッフライター(nd)。「セントジョンズの歴史」2016年1月28日にオリジナルからアーカイブされました。
  36. ^ Kurt A. Raaflaub(2007)。古代世界の戦争と平和ワイリー-ブラックウェル。p。359. ISBN 978-1-4051-4526-8
  37. ^ リチャード・コール・ハリス; ジェフリーJ.マシューズ(1993)。カナダの歴史地図トロント大学出版局。p。82. ISBN 978-0-8020-2495-4
  38. ^ スペンサーC.タッカー; ジェームズアーノルド; ロベルタウィーナー(2011)。北米インド戦争百科事典、1607年から1890年:政治的、社会的、軍事的歴史ABC-CLIO。p。12. ISBN 978-1-85109-697-8
  39. ^ ブルース・オルデン・コックス(1987)。先住民、先住民:カナダのインディアン、イヌイット、メティスマギルクイーンズプレス(MQUP)。p。7. ISBN 978-0-88629-062-7
  40. ^ JoséAntónioBrandão(2000)。あなたのファイアはもう燃えない:1701年までのヌーベルフランスとその先住民の同盟国に向けたイロコイ政策ネブラスカ大学出版。p。100. ISBN 978-0-8032-6177-8
  41. ^ マイケルジョンソン; ジョナサン・スミス(2003)。イロコイ連邦の部族オスプレーパブリッシング。pp。3–17。ISBN 978-1-84176-490-0
  42. ^ ジョージT.ハント(1967)。イロコイの戦争:部族間の貿易関係の研究ウィスコンシン大学プレス。p。69. ISBN 978-0-299-00164-3
  43. ^ ジョン・M・マリン; ポールE.ジョンソン; ジェームズM.マクファーソン; アリス・ファハ; ゲイリー・ガーストル(2011)。自由、平等、権力:アメリカ人の歴史、第1巻:1877年までセンゲージラーニング。p。85. ISBN 978-0-495-91587-4
  44. ^ ベルントホーン(2011)。荒野での戦いの叫び:七年戦争における北アメリカのための闘争ダンダーンプレス。p。39. ISBN 978-1-4597-0077-2
  45. ^ JMS不注意(2011)。カナダ:挑戦の物語ケンブリッジ大学出版局。p。57. ISBN 978-1-107-67581-0
  46. ^ カール・A・ブラソー(1997)。ニューアカディアの創設:ルイジアナでのアカディア人の生活の始まり、1765年から1803年LSUプレス。pp。7–9。ISBN 978-0-8071-2099-6
  47. ^ カナダ、北の帝国忘れられた本。p。65. ISBN 978-1-4510-0695-7
  48. ^ a b c Derek Hayes(2008)。カナダ:図解された歴史ダグラス&マッキンタイア。p。29. ISBN 978-1-55365-259-5
  49. ^ ディーンジョブ(2005)。アカディア人:亡命と勝利の人々の物語ジョン・ワイリー&サンズ。p。33. ISBN 978-0-470-83610-1
  50. ^ ロバート・マーシャル・アトリー; ウィルコムE.ウォッシュバーン(2001)。インディアン戦争ホートンミフリンハーコート。p。63. ISBN 978-0-618-15464-7
  51. ^ a b スティーブンイームズ(2011)。素朴な戦士:ニューイングランドフロンティアの戦争と地方の兵士、1689年から1748年NYUプレス。p。3. ISBN 978-0-8147-2270-1
  52. ^ デスモンドモートン(2007)。カナダの軍事史ランダムハウスデジタル。p。27. ISBN 978-0-7710-6481-4
  53. ^ スペンサーC.タッカー; ジェームズアーノルド; ロベルタウィーナー(2011)。北米インド戦争百科事典、1607年から1890年:政治的、社会的、軍事的歴史ABC-CLIO。p。41. ISBN 978-1-85109-697-8
  54. ^ Spencer C. Tucker; James Arnold; Roberta Wiener (2011). The Encyclopedia of North American Indian Wars, 1607–1890: A Political, Social, and Military History. ABC-CLIO. p. 306. ISBN 978-1-85109-697-8.
  55. ^ Wilson D. Wallis; Ruth Sawtell Wallis (1955). The Micmac Indians of Eastern Canada. University of Minnesota Press. p. 203. ISBN 978-0-8166-6014-8.
  56. ^ Bill Marshall (2005). France and the Americas: culture, politics, and history: a multidisciplinary encyclopedia. ABC-CLIO. p. 593. ISBN 978-1-85109-411-0.
  57. ^ John Frost (1852). Indian wars of the United States, from the discovery to the present time: With accounts of the origin, manners, superstitions, &c., of the aborigines. From the best authorities. W. A. Leary. p. 151.
  58. ^ a b Stephen Schneider (2009). Iced: The Story of Organized Crime in Canada. John Wiley & Sons. p. 17. ISBN 978-0-470-83500-5.
  59. ^ Jennifer Crump (2010). Canada Under Attack. Dundurn Press. p. 23. ISBN 978-1-55488-731-6.
  60. ^ Serge Courville; Richard Howard (2009). Quebec: A Historical Geography. UBC Press. p. 9. ISBN 978-0-7748-1426-3.
  61. ^ a b Geoffrey J. Matthews; Byron Moldofsky (1998). Concise historical atlas of Canada. University of Toronto Press. p. 74. ISBN 978-0-8020-4203-3.
  62. ^ Fred Anderson (2000). Crucible of war: the Seven Years' War and the fate of empire in British North America, 1754–1766. Random House Digital. p. 250. ISBN 978-0-375-70636-3.
  63. ^ J. L. Granatstein (2011). Canada's Army: Waging War and Keeping the Peace. University of Toronto Press. pp. 28–52. ISBN 978-1-4426-1178-8.
  64. ^ Rene Chartrand (2012). Tomahawk and Musket – French and Indian Raids in the Ohio Valley 1758. Osprey Publishing. p. 10. ISBN 978-1-84908-564-9.
  65. ^ John G. Reid (2004). The "conquest" of Acadia, 1710: imperial, colonial, and aboriginal constructions. University of Toronto Press. p. 22. ISBN 978-0-8020-8538-2.
  66. ^ "The Early Settlement of St. John's". Heritage.nf.ca. Archived from the original on January 6, 2011. Retrieved January 2, 2011.
  67. ^ R. D. Francis; Donald B. Smith; Richard Jones (2009). Journeys: A History of Canada. Cengage Learning. p. 81. ISBN 978-0-17-644244-6.
  68. ^ Howard H. Peckham (1965). The colonial wars, 1689–1762. University of Chicago Press. p. 57. ISBN 978-0-226-65314-3.
  69. ^ John Grenier (2008). The far reaches of empire: war in Nova Scotia, 1710–1760. University of Oklahoma Press. p. 56. ISBN 978-0-8061-3876-3.
  70. ^ Beamish Murdoch (1865). A History of Nova-Scotia, Or Acadie. Vol. I. Halifax: J. Barnes. p. 339.
  71. ^ James Rodger Miller (1991). Sweet promises: a reader on Indian-white relations in Canada. University of Toronto Press. p. 55. ISBN 978-0-8020-6818-7.
  72. ^ Spencer C. Tucker (September 19, 2011). The encyclopedia of North American Indian wars, 1607–1890. ABC-CLIO. p. 559. ISBN 978-1-85109-603-9.
  73. ^ John Grenier (2008). The far reaches of empire: war in Nova Scotia, 1710–1760. University of Oklahoma Press. p. 75. ISBN 978-0-8061-3876-3.
  74. ^ John Grenier (2008). The far reaches of empire: war in Nova Scotia, 1710–1760. University of Oklahoma Press. p. 62. ISBN 978-0-8061-3876-3.
  75. ^ John Mack Faragher (2006). A great and noble scheme: the tragic story of the expulsion of the French Acadians from their American Homeland. W.W Norton. pp. 164–165. ISBN 978-0-393-32827-1.
  76. ^ William Wicken (2002). Mi'kmaq treaties on trial: history, land and Donald Marshall Junior. University of Toronto Press. p. 21. ISBN 978-0-8020-7665-6.
  77. ^ William R. Nester (2000). The first global war: Britain, France, and the fate of North America, 1756–1775. Greenwood Publishing Group. p. 48. ISBN 978-0-275-96771-0.
  78. ^ Richard Cole Harris; Geoffrey J. Matthews (1993). Historical atlas of Canada. University of Toronto Press. p. 76. ISBN 978-0-8020-2495-4.
  79. ^ David Lea; Colette Milward; Annamarie Rowe (2001). A political chronology of the Americas. Psychology Press. p. 49. ISBN 978-1-85743-118-6.
  80. ^ John Grenier (2008). The far reaches of empire: war in Nova Scotia, 1710–1760. University of Oklahoma Press. p. 139. ISBN 978-0-8061-3876-3.
  81. ^ a b Geoffrey Plank (2003). An Unsettled Conquest: The British Campaign Against the Peoples of Acadia. University of Pennsylvania Press. p. 99. ISBN 978-0-8122-1869-5.
  82. ^ William Wicken (2002). Mi'kmaq treaties on trial: history, land and Donald Marshall Junior. University of Toronto Press. p. 131. ISBN 978-0-8020-7665-6.
  83. ^ Lance Q. Zedric; Michael F. Dilley (1996). Elite Warriors: 300 Years of America's Best Fighting Troops. Pathfinder Publishing. p. 31. ISBN 978-0-934793-60-5.
  84. ^ a b Jean-Denis G.G. Lepage (2009). French Fortifications, 1715–1815: An Illustrated History. McFarland. p. 101. ISBN 978-0-7864-4477-9.
  85. ^ Acadiensis. University of New Brunswick Department of History. 1993. p. 47.
  86. ^ Andrew John Bayly Johnston (2008). Endgame 1758: the promise, the glory, and the despair of Louisbourg's last decade. University of Nebraska Press. p. 39. ISBN 978-0-8032-6009-2.
  87. ^ Stephen E. Patterson (1998). "Indian-White Relations in Nova Scotia, 1749–61: A Study in Political Interaction". In P. Buckner; G. Campbell; D. Frank (eds.). The Acadiensis Reader. Vol. 1: Atlantic Canada Before Confederation. pp. 105–106.
  88. ^ Bill Marshall (2005). France and the Americas: culture, politics, and history : a multidisciplinary encyclopedia. ABC-CLIO. p. 51. ISBN 978-1-85109-411-0.
  89. ^ David Marley (1998). Wars of the Americas: a chronology of armed conflict in the New World, 1492 to the present. ABC-CLIO. pp. 275–278. ISBN 978-0-87436-837-6.
  90. ^ Joseph L. Peyser (1996). Jacques Legardeur de Saint-Pierre: officer, gentleman, entrepreneur. Michigan State University Press. pp. 201–207. ISBN 978-0-87013-418-0.
  91. ^ Center of Military History (2004). American Military History. Kessinger Publishing. p. 40. ISBN 978-1-4191-0001-7.
  92. ^ William Fowler (2006). Empires at War: The Seven Years' War and the Struggle for North America, 1754–1763. D&M Publishers. p. 207. ISBN 978-1-55365-181-9.
  93. ^ John Stewart Bowman (2003). Chronology of Wars. Infobase Publishing. p. 27. ISBN 978-0-8160-4941-7.
  94. ^ Roger E. Riendeau (2007). A brief history of Canada. Infobase Publishing. p. 77. ISBN 978-0-8160-6335-2.
  95. ^ Jeremy Black (1999). Britain as a military power, 1688–1815. Psychology Press. p. 140. ISBN 978-1-85728-772-1.
  96. ^ D. Peter McLeod (2010). Northern Armageddon: The Battle of the Plains of Abraham. Renouf Publishing Company. p. 25. ISBN 978-1-55365-315-8.
  97. ^ Spencer Tucker (2010). Battles That Changed History: An Encyclopedia of World Conflict. ABC-CLIO. p. 240. ISBN 978-1-59884-429-0.
  98. ^ Spencer Tucker (2009). A global chronology of conflict: from the ancient world to the modern Middle East. ABC-CLIO. p. 786. ISBN 978-1-85109-667-1.
  99. ^ Daniel Marston (2002). The French-Indian War, 1754–1760. Osprey Publishing. p. 84. ISBN 978-1-84176-456-6.
  100. ^ James L. Stokesbury (1993). A short history of the American revolution. HarperCollins. p. 31. ISBN 978-0-688-12304-8.
  101. ^ Houman A. Sadri; Madelyn Flammia (2011). Intercultural Communication: A New Approach to International Relations and Global Challenges. Continuum International Publishing Group. p. 19. ISBN 978-1-4411-0309-3.
  102. ^ Theodore P. Savas; J. David Dameron (2010). A Guide to the Battles of the American Revolution. Casemate Publishers. p. 36. ISBN 978-1-932714-94-4.
  103. ^ Lester D. Langley (2010). America and the Americas: the United States in the Western Hemisphere (2nd ed.). University of Georgia Press. p. 8. ISBN 978-0-8203-2888-1.
  104. ^ James S. Leamon (1995). Revolution Downeast: The War for American Independence in Maine. University of Massachusetts Press. p. 102. ISBN 978-0-87023-959-5.
  105. ^ Richard Cole Harris; Geoffrey J. Matthews (1993). Historical atlas of Canada. University of Toronto Press. p. 51. ISBN 978-0-8020-2495-4.
  106. ^ Harold Horwood; Ed Butts (1988). Bandits and Privateers: Canada in the Age of Gunpowder. Formac Publishing Company. p. 39. ISBN 978-0-88780-157-0.
  107. ^ Terry M. Mays (2009). Historical dictionary of the American Revolution. Scarecrow Press. p. 29. ISBN 978-0-8108-6066-7.
  108. ^ Julian Gwyn (2003). Frigates and foremasts: the North American Squadron in Nova Scotia waters, 1745–1815. UBC Press. p. 56. ISBN 978-0-7748-0911-5.
  109. ^ Thomas B. Akins (2010). History of Halifax City. Nabu Press. p. 82. ISBN 978-1-177-66568-1.
  110. ^ Julian Gwyn (2003). Frigates and foremasts the North American Squadron in Nova Scotia waters, 1745–1815. UBC Press. pp. 56–65. ISBN 978-0-7748-0911-5.
  111. ^ Andrew Jackson O'Shaughnessy (2000). An empire divided: the American Revolution and the British Caribbean. University of Pennsylvania Press. p. 12. ISBN 978-0-8122-1732-2.
  112. ^ a b Richard Cole Harris; Geoffrey J. Matthews (1993). Historical atlas of Canada. University of Toronto Press. p. 171. ISBN 978-0-8020-2495-4.
  113. ^ Donald Lee Fixico (2008). Treaties with American Indians: an encyclopedia of rights, conflicts, and sovereignty. ABC-CLIO. p. 212. ISBN 978-1-57607-880-8.
  114. ^ a b "The Defence of the Fisheries". www.heritage.nf.ca. Newfoundland and Labrador Heritage. 2020. Retrieved November 20, 2020.
  115. ^ Wesley B. Turner (2011). The Astonishing General: The Life and Legacy of Sir Isaac Brock. Dundurn Press. p. 184. ISBN 978-1-55488-777-4.
  116. ^ a b c d Ronald J. Dale (2001). The invasion of Canada: battles of the War of 1812. James Lorimer & Company. pp. 12–17. ISBN 978-1-55028-738-7.
  117. ^ Patrick Richard Carstens; Timothy L Sanford (2011). Searching for the Forgotten War – 1812 Canada. Xlibris Corporation. p. 24. ISBN 978-1-4535-8890-1.[self-published source]
  118. ^ J. E. Kaufmann; H. W. Kaufmann (2004). Fortress America: the forts that defended America, 1600 to the present. Da Capo Press. p. 157. ISBN 978-0-306-81294-1.
  119. ^ John K. Mahon (1991). The War of 1812. Da Capo Press. p. 52. ISBN 978-0-306-80429-8.
  120. ^ Liberty, Equality, Power: A History of the American People. Cengage Learning. January 1, 2010. p. 211. ISBN 978-0-495-91038-1.
  121. ^ David Stephen Heidler; Jeanne T. Heidler (2004). Encyclopedia of the War of 1812. Naval Institute Press. p. 534. ISBN 978-1-59114-362-8.
  122. ^ Robert Malcomson (2003). A very brilliant affair: the battle of Queenston Heights, 1812. Naval Institute Press. p. 294. ISBN 978-1-59114-022-1.
  123. ^ James C. Bradford (2003). Atlas of American military history. Oxford University Press. p. 44. ISBN 978-0-19-521661-5.
  124. ^ Robert Malcomson (2006). Historical dictionary of the War of 1812. Scarecrow Press. p. 452. ISBN 978-0-8108-5499-4.
  125. ^ Derek Hayes (2006). Historical atlas of the United States, with original maps. Douglas & McIntyre. p. 132. ISBN 978-1-55365-205-2.
  126. ^ Anthony S. Pitch (2000). The burning of Washington: the British invasion of 1814. Naval Institute Press. p. 71. ISBN 978-1-55750-425-8.
  127. ^ Robert Vincent Remini (1999). The Battle of New Orleans. Penguin. p. 147. ISBN 978-0-14-100179-1.
  128. ^ John Boileau (2005). Half-Hearted Enemies: Nova Scotia, New England and the War of 1812. Formac Publishing Company. p. 53. ISBN 978-0-88780-657-5.
  129. ^ Charles Henry Jeremiah Snider (1928). Under the red jack: privateers of the maritime provinces of Canada in the war of 1812. M. Hopkinson & Company.
  130. ^ James H. Ellis (2009). A ruinous and unhappy war: New England and the War of 1812. Algora Publishing. p. 97. ISBN 978-0-87586-691-8.
  131. ^ David Stephen Heidler; Jeanne T. Heidler (2004). Encyclopedia of the War of 1812. Naval Institute Press. p. 64. ISBN 978-1-59114-362-8.
  132. ^ George C. Daughan (2011). 1812: The Navy's War. Basic Books. p. 401. ISBN 978-0-465-02046-1.
  133. ^ David Hanna (2012). Knights of the Sea: The True Story of the Boxer and the Enterprise and the War of 1812. Penguin. p. 124. ISBN 978-1-101-55947-5.
  134. ^ Barry M. Gough (2006). Through water, ice & fire: schooner Nancy of the War of 1812. Dundurn Press. p. 43. ISBN 978-1-55002-569-9.
  135. ^ Wesley B. Turner (2000). The War of 1812: the war that both sides won. Dundurn Press. p. 9. ISBN 978-1-55002-336-7.
  136. ^ Robert S. Allen (1992). His Majesty's Indian Allies: British Indian Policy in the Defence of Canada, 1774–1815. Dundurn Press. p. 146. ISBN 978-1-55002-175-2.
  137. ^ a b Shannon Ricketts; Leslie Maitland; Jacqueline Hucker (2004). A guide to Canadian architectural styles. University of Toronto Press. p. 22. ISBN 978-1-55111-546-7.
  138. ^ a b Peter Conroy (2002). Our canal: the Rideau Canal in Ottawa. General Store Publishing House. pp. 1–2. ISBN 978-1-894263-63-4.
  139. ^ Frank Murray Greenwood; Barry Wright; Osgoode Society for Canadian Legal History (2003). Canadian State Trials: Rebellion and invasion in the Canadas, 1837–1839. University of Toronto Press. p. 33. ISBN 978-0-8020-3748-0.
  140. ^ John Charles Dent (1885). The story of the Upper Canadian rebellion: largely derived from original sources and documents. C.B. Robinson. p. 296.
  141. ^ Marianne Vardalos (2009). Engaging Terror: A Critical and Interdisciplinary Approach. Universal-Publishers. p. 292. ISBN 978-1-59942-453-8.
  142. ^ R. G. Grant; Robert Doughty (2011). 1001 Battles That Changed the Course of World History. Random House Digital. p. 575. ISBN 978-0-7893-2233-3.
  143. ^ Anne-Marie Mooney Cotter (2008). Just a number: an international legal analysis on age discrimination. Ashgate Publishing. p. 194. ISBN 978-0-7546-7206-7.
  144. ^ a b Kenneth Bourne (1967). Britain and the Balance of Power in North America, 1815–1908. University of California Press. pp. 206, 259. GGKEY:3L4SN26UB05.
  145. ^ Jason Andrew Kaufman (2009). The origins of Canadian and American political differences. Harvard University Press. p. 182. ISBN 978-0-674-03136-4.
  146. ^ Steven Kendall Holloway (2006). Canadian foreign policy: defining the national interest. University of Toronto Press. p. 120. ISBN 978-1-55111-816-1.
  147. ^ Robert Laird Borden (2005). Canadian constitutional studies: the Marfleet lectures, University of Toronto, October 1921. The Lawbook Exchange. p. 97. ISBN 978-1-58477-586-7.
  148. ^ James Cornall (1998). Halifax: South End. Arcadia Publishing. p. 53. ISBN 978-0-7385-7272-7.
  149. ^ Dave Birrell (2000). 50 Roadside Panoramas in the Canadian Rockies. Rocky Mountain Books. p. 27. ISBN 978-0-921102-65-6.
  150. ^ Paul R. Magocsi; Multicultural History Society of Ontario (1999). Encyclopedia of Canada's Peoples. University of Toronto Press. p. 165. ISBN 978-0-8020-2938-6.
  151. ^ "No. 22225". The London Gazette. February 1, 1859. p. 414.
  152. ^ a b c Hereward Senior (1991). The last invasion of Canada: the Fenian raids, 1866–1870. Dundurn Press. pp. 131–134. ISBN 978-1-55002-085-4.
  153. ^ Cole Harris (2009). The Reluctant Land: Society, Space, and Environment in Canada Before Confederation. UBC Press. p. 450. ISBN 978-0-7748-1450-8.
  154. ^ Jackie G. Smith; Jackie Smith; Hank Johnston (2002). Globalization and resistance: transnational dimensions of social movements. Rowman & Littlefield. p. 62. ISBN 978-0-7425-1990-9.
  155. ^ Mitchell Snay (2007). Fenians, freedmen, and southern Whites: race and nationality in the era of Reconstruction. LSU Press. p. 65. ISBN 978-0-8071-3273-9.
  156. ^ Brian Jenkins (2008). The Fenian problem: insurgency and terrorism in a liberal state, 1858–1874. McGill-Queen's University Press (MQUP). pp. 62–64. ISBN 978-0-7735-3426-1.
  157. ^ J. L. Granatstein (2011). Canada's Army: Waging War and Keeping the Peace. University of Toronto Press. p. 21. ISBN 978-1-4426-1178-8.
  158. ^ Christopher Moore (2011). 1867: How the Fathers Made a Deal. Random House Digital. p. 161. ISBN 978-1-55199-483-3.
  159. ^ Eugene R. Fidell; Dwight Hall Sullivan (2002). Evolving military justice. Naval Institute Press. p. 234. ISBN 978-1-55750-292-6.
  160. ^ a b J. L. Granatstein (2011). Canada's Army: Waging War and Keeping the Peace. University of Toronto Press. p. 26. ISBN 978-1-4426-1178-8.
  161. ^ George Sydenham Clarke. Imperial Defence. Elibron.com. p. 190. ISBN 978-1-4021-6979-3.
  162. ^ Elisée Reclus (1890). The earth and its inhabitants, North America. D. Appleton. p. 445.
  163. ^ C. P. Stacey (1940). "The Military Aspect of Canada's Winning of the West 1870–1885". Canadian Historical Review. 21 (1): 1–24. doi:10.3138/CHR-021-01-01.
  164. ^ a b David J. Wishart (2004). Encyclopedia of the Great Plains. University of Nebraska Press. p. 557. ISBN 978-0-8032-4787-1.
  165. ^ Alan Daniel McMillan; Eldon Yellowhorn (2004). First peoples in Canada. Douglas & McIntyre. p. 309. ISBN 978-1-55365-053-9.
  166. ^ R. G. Grant; Robert Doughty (2011). 1001 Battles That Changed the Course of World History. Random House Digital. p. 670. ISBN 978-0-7893-2233-3.
  167. ^ Joseph Kinsey Howard (1994). Strange empire: a narrative of the Northwest. Minnesota Historical Society Press. p. 500. ISBN 978-0-87351-298-5.
  168. ^ Roy MacLaren (1978). Canadians on the Nile, 1882–1898: being the adventures of the voyageurs on the Khartoum Relief Expedition and other exploits. UBC Press. p. 62. ISBN 978-0-7748-0094-5.
  169. ^ Desmond Morton (2007). A Military History of Canada. Random House Digital. p. 118. ISBN 978-0-7710-6481-4.
  170. ^ a b Roy MacLaren (1978). Canadians on the Nile, 1882–1898: being the adventures of the voyageurs on the Khartoum Relief Expedition and other exploits. UBC Press. p. 125. ISBN 978-0-7748-0094-5.
  171. ^ Bruce Vandervort (1998). Wars of imperial conquest in Africa, 1830–1914. Taylor & Francis. p. 39. ISBN 978-1-85728-487-4.
  172. ^ Bernd Horn (2006). The Canadian way of war: serving the national interest. Dundurn Press. p. 137. ISBN 978-1-55002-612-2.
  173. ^ a b Carman Miller (1998). Painting the map red: Canada and the South African War, 1899–1902. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 27. ISBN 978-0-7735-1750-9.
  174. ^ a b Bothwell, Robert (2004). "Back to the Future: Canada and Empires". International Journal. 52 (2): 407–418, page 411.
  175. ^ James Laxer; Robert M. Laxer (1977). The Liberal idea of Canada: Pierre Trudeau and the question of Canada's survival. James Lorimer & Company. p. 158. ISBN 978-0-88862-124-5.
  176. ^ Stephen Badsey (2008). Doctrine and reform in the British cavalry 1880–1918. Ashgate Publishing. p. 96. ISBN 978-0-7546-6467-3.
  177. ^ Phillip Alfred Buckner (2008). Canada and the British Empire. Oxford University Press. p. 85. ISBN 978-0-19-927164-1.
  178. ^ Doug Lennox (2009). Now You Know Canada's Heroes. Dundurn Press. p. 20. ISBN 978-1-55488-444-5.
  179. ^ Canadian War Museum (2008). "Canada and The South African War, 1899–1902". Canadian War Museum. Retrieved May 10, 2008.
  180. ^ "Herold Borden". Canadian Biography Online. Biographi.ca. October 18, 2007. Retrieved January 5, 2012.
  181. ^ Frederick William Perry (1988). The Commonwealth armies: manpower and organisation in two world wars. Manchester University Press ND. p. 126. ISBN 978-0-7190-2595-2.
  182. ^ Christina Bates; Dianne Elizabeth Dodd; Nicole Rousseau; Canadian Museum of Civilization (2005). On all frontiers: four centuries of Canadian nursing. University of Ottawa Press. p. 156. ISBN 978-0-7766-0591-3.
  183. ^ Bernd Horn (2008). Establishing a Legacy: The History of the Royal Canadian Regiment 1883–1953. Dundurn Press. p. 338. ISBN 978-1-55002-817-1.
  184. ^ William Roger Louis; Andrew Porter; Alaine Low (2001). The Oxford History of the British Empire: The nineteenth century. Oxford University Press. p. 618. ISBN 978-0-19-924678-6.
  185. ^ Martin Brook Taylor; Doug Owram (1994). Canadian History: Beginnings to Confederation. University of Toronto Press. p. 399. ISBN 978-0-8020-6826-2.
  186. ^ Sendzikas, Aldona (2011). Stanley Barracks: Toronto's Military Legacy. Toronto, Ontario: Natural Heritage Books. pp. 70–71. ISBN 9781554887880.
  187. ^ a b c Andrew Godefroy (2006). "Canadian Military Effectiveness in the First World War". In Bernd Horn (ed.). The Canadian Way of War: Serving the National Interest. Dundurn Press. pp. 169–194. ISBN 978-1-55002-612-2.
  188. ^ Richard Arthur Preston (1991). To serve Canada: a history of the Royal Military College since the Second World War. University of Ottawa Press. p. 19. ISBN 978-0-7766-0327-8.
  189. ^ Bernier Serge; Jean Pariseau (1988). French Canadians and Bilingualism in the Canadian Forces. Department of National Defence, Directorate of History. p. 64. ISBN 978-0-660-13616-5.
  190. ^ Paramjit Singh (2004). Military Dentistary. Jaypee Brothers Publishers. p. 31. ISBN 978-81-8061-418-7.
  191. ^ a b c Marc Milner (2010). Canada's Navy: The First Century. University of Toronto Press. pp. 14–16. ISBN 978-0-8020-9604-3.
  192. ^ Ken Cox (2011). A Call to the Colours: Tracing Your Canadian Military Ancestors. Dundurn Press. p. 286. GGKEY:SZEF160DUZ8.
  193. ^ Marc Milner (2010). Canada's Navy: The First Century. University of Toronto Press. p. 22. ISBN 978-0-8020-9604-3.
  194. ^ a b R. D. Francis; Donald B. Smith; Richard Jones (2009). Journeys: A History of Canada. Cengage Learning. p. 320. ISBN 978-0-17-644244-6.
  195. ^ Phillip Alfred Buckner (2005). Canada and the end of empire. UBC Press. p. 273. ISBN 978-0-7748-0916-0.
  196. ^ Brian Lavery (2006). Churchill's navy: the ships, men and organisation, 1939–1945. Naval Institute Press. p. 55. ISBN 978-1-84486-035-7.
  197. ^ a b James Ciment; Thaddeus Russell (2007). The home front encyclopedia: United States, Britain, and Canada in World Wars I and II. ABC-CLIO. p. 423. ISBN 978-1-57607-849-5.
  198. ^ Russell Hart (2001). Clash of arms: how the allies won in Normandy. Lynne Rienner Publishers. p. 39. ISBN 978-1-55587-947-1.
  199. ^ Tim Cook (1999). "'A Proper Slaughter': The March 1917 Gas Raid at Vimy" (PDF). Canadian Military History. 8 (2): 7–24. Archived from the original (PDF) on March 27, 2009. Retrieved April 10, 2010.
  200. ^ a b c d G. W. L. Nicholson (1964). Canadian Expeditionary Force 1914–1919: Official History of the Canadian Army in the First World War (PDF). Queen’s Printer. pp. 101–111, 165, 207–210.
  201. ^ Desmond Morton (1994). When Your Number's Up: The Canadian Soldier in the First World War. Random House of Canada. p. 64. ISBN 978-0-394-22388-9.
  202. ^ Ninette Kelley; Michael J. Trebilcock (2010). The making of the mosaic: a history of Canadian immigration policy. University of Toronto Press. p. 176. ISBN 978-0-8020-9536-7.
  203. ^ John Ashley Soames Grenville (2005). A history of the world from the 20th to the 21st century. Routledge. p. 375. ISBN 978-0-415-28954-2.
  204. ^ Elizabeth Armstrong (1974). The Crisis of Quebec, 1914–1918. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 152. ISBN 978-0-7710-9774-4.
  205. ^ Brian Tennyson (2013). The Canadian Experience of the Great War: A Guide to Memoirs. Scarecrow Press. p. 481. ISBN 978-0-8108-8680-3.
  206. ^ Geoffrey Hayes; Michael Bechthold; Laurier Centre for Military, Strategic and Disarmament Studies (2007). Vimy Ridge: a Canadian reassessment. Wilfrid Laurier University Press. p. 280. ISBN 978-0-88920-508-6.
  207. ^ Briton Cooper Busch; Western Front Association (2003). Canada and the Great War: Western Front Association papers. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 150. ISBN 978-0-7735-2570-2.
  208. ^ a b Marsh, James H.; Thomas, Nicki (March 4, 2015). "National war Memorial". The Canadian Encyclopedia. Historica Canada. Retrieved November 20, 2020.
  209. ^ Clifford Kinvig (2007). Churchill's Crusade: The British Invasion of Russia, 1918–1920. Continuum International Publishing Group. p. 63. ISBN 978-1-84725-021-6.
  210. ^ Benjamin Isitt (2010). "From Victoria to Vladivostok: Canada's Siberian Expedition, 1917–19" (PDF). UBC Press.
  211. ^ Jeffrey Grey (2008). A military history of Australia. Cambridge University Press. p. 118. ISBN 978-0-521-87523-3.
  212. ^ a b c Walter J. Boyne (2002). Air Warfare: an International Encyclopedia: M–Z. ABC-CLIO. p. 116. ISBN 978-1-57607-345-2.
  213. ^ Dan McCaffery (2000). Canada's Warplanes: Unique Aircraft in Canada's Aviation Museums. James Lorimer & Company. p. 7. ISBN 978-1-55028-699-1.
  214. ^ Larry Gray (2000). We are the Dead. General Store Publishing House. p. 198. ISBN 978-1-894263-24-5.
  215. ^ a b World War I: A–D. ABC-CLIO. 2005. p. 255. ISBN 978-1-85109-420-2.
  216. ^ William Alexander Binny Douglas; Brereton Greenhous (1995). Out of the shadows: Canada in the Second World War. Dundurn Press. p. 34. ISBN 978-1-55002-151-6.
  217. ^ Michael Petrou (2008). Renegades: Canadians in the Spanish Civil War. UBC Press. p. 12. ISBN 978-0-7748-1418-8.
  218. ^ John Virtue (2008). Fred Taylor: brother in the shadows. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 70. ISBN 978-0-7735-3359-2.
  219. ^ a b William Rayner (2011). Canada on the Doorstep: 1939. Dundurn Press. p. 44. ISBN 978-1-55488-993-8.
  220. ^ Barry M. Gough (2010). Historical Dictionary of Canada. Scarecrow Press. p. 261. ISBN 978-0-8108-5496-3.
  221. ^ Michaëlle Jean (October 20, 2001). "Speech on the Occasion of the Unveiling of the MacKenzie-Papineau Battalion Monument". Office of the Governor General of Canada. Retrieved January 1, 2012.
  222. ^ Charles D. Kipp (2005). Because We Are Canadians: A Battlefield Memoir. Douglas & McIntyre. p. 9. ISBN 978-1-55365-112-3.
  223. ^ Edmund Cosgrove; Brick Billing (2003). Canada's Fighting Pilots. Dundurn Press. p. 21. ISBN 978-0-919614-97-0.
  224. ^ Christopher M. Bell; Bruce A. Elleman (2003). Naval mutinies of the twentieth century: an international perspective. Frank Cass. p. 246. ISBN 978-0-7146-5460-7.
  225. ^ In reality, a small brigade numbering 1,973 soldiers and two civilian supervisors of the Auxiliary Services, commanded by a brigadier. See Stacey, C.P., and Volume I of the Official History of the Canadian Army in the Second World War.
  226. ^ David Jay Bercuson; Sydney F. Wise (1994). The Valour and the horror revisited. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 110. ISBN 978-0-7735-1271-9.
  227. ^ John Alan English (1991). The Canadian Army and the Normandy campaign: a study of failure in high command. Greenwood Publishing Group. p. 75. ISBN 978-0-275-93019-6.
  228. ^ Lance Goddard (2007). Hell & high water: Canada and the Italian campaign. Dundurn Press. p. 61. ISBN 978-1-55002-728-0.
  229. ^ Mark Zuehlke (2004). Ortona: Canada's Epic World War II Battle. Douglas & McIntyre. p. 4. ISBN 978-1-55054-557-9.
  230. ^ Tim Saunders (2004). Juno Beach: 3rd Canadian & 79th armoured divisions. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 8. ISBN 978-0-7735-2792-8.
  231. ^ Anthony Hall; Tony Hall (2004). D-Day: Operation Overlord Day by Day. Zenith Imprint. p. 126. ISBN 978-0-7603-1607-8.
  232. ^ Lance Goddard (2005). Canada and the liberation of the Netherlands, May 1945. Dundurn Press. p. 105. ISBN 978-1-55002-547-7.
  233. ^ Douglas E. Delaney (2012). Corps Commanders: Five British and Canadian Generals at War, 1939–45. UBC Press. p. 167. ISBN 978-0-7748-2090-5.
  234. ^ Lance Goddard (2005). Canada and the liberation of the Netherlands, May 1945. Dundurn Press. pp. 130–131. ISBN 978-1-55002-547-7.
  235. ^ J. T. Copp; Richard Nielsen (1996). No price too high: Canadians and the Second World War. McGraw-Hill Ryerson. p. 103. ISBN 978-0-07-552713-8.
  236. ^ Christopher McCreery (2007). The Maple Leaf and the White Cross: A History of St. John Ambulance and the Most Venerable Order of the Hospital of St. John of Jerusalem in Canada. Dundurn Press. p. 109. ISBN 978-1-55002-740-2.
  237. ^ D. Collett Wadge (1946). Women in uniform. Imperial War Museum. p. 257. ISBN 978-1-901623-61-1.
  238. ^ Mac Johnston (2008). Corvettes Canada: convoy veterans of WWII tell their true stories. John Wiley & Sons. p. 24. ISBN 978-0-470-15429-8.
  239. ^ Stanley Sandler (2002). Ground warfare: an international encyclopedia. ABC-CLIO. p. 159. ISBN 978-1-57607-344-5.
  240. ^ R. D. Francis; Donald B. Smith; Richard Jones; Donald B. Smith (2009). Journeys: A History of Canada. Cengage Learning. p. 428. ISBN 978-0-17-644244-6.
  241. ^ Thomas Lemieux, and David Card. "Education, earnings, and the 'Canadian GI Bill," Canadian Journal of Economics/Revue canadienne d'économique (2001) 34#2 pp: 313–344. online
  242. ^ Amy Knight (2007). How the Cold War Began. Basic Books. p. 15. ISBN 978-0-7867-1938-9.
  243. ^ Franca Iacovetta; Roberto Perin; Angelo Principe (2000). Enemies within: Italian and other internees in Canada and abroad. University of Toronto Press. p. 142. ISBN 978-0-8020-8235-0.
  244. ^ Robert Bothwell (2007). Alliance and illusion: Canada and the world, 1945–1984. UBC Press. p. 214. ISBN 978-0-7748-1368-6.
  245. ^ David J. Bercuson (2002). Blood on the Hills: The Canadian Army in the Korean War. University of Toronto Press. p. 48. ISBN 978-0-8020-8516-0.
  246. ^ Patrick James; Mark J. Kasoff (2008). Canadian studies in the new millennium. University of Toronto Press. p. 265. ISBN 978-0-8020-9468-1.
  247. ^ Fred Gaffen (1995). Cross-border warriors: Canadians in American forces, Americans in Canadian forces: from the Civil War to the Gulf. Dundurn Press. p. 8. ISBN 978-1-55002-225-4.
  248. ^ Rodney P. Carlisle (2007). Iraq War. Infobase Publishing. p. 74. ISBN 978-0-8160-7129-6.
  249. ^ Bernd Horn; Tony Balasevicius (2007). Casting light on the shadows: Canadian perspectives on special operations forces. Dundurn Press. p. 190. ISBN 978-1-55002-694-8.
  250. ^ Peter Pigott (2002). Wings across Canada: an illustrated history of Canadian aviation. Dundurn Press. p. 126. ISBN 978-1-55002-412-8.
  251. ^ Stanley Sandler (2002). Ground warfare: an international encyclopedia. ABC-CLIO. p. 149. ISBN 978-1-57607-344-5.
  252. ^ Andrew Cohen (2011). While Canada Slept: How We Lost Our Place in the World. Random House Digital. p. 31. ISBN 978-1-55199-587-8.
  253. ^ John E. Jessup (1998). An encyclopedic dictionary of conflict and conflict resolution, 1945–1996. Greenwood Publishing Group. p. 405. ISBN 978-0-313-28112-9.
  254. ^ John Melady (2012). Korea: Canada's Forgotten War. Dundurn Press. p. 178. ISBN 978-1-4597-0132-8.
  255. ^ Maurice Isserman; John Stewart Bowman (2003). Korean War. Infobase Publishing. p. 52. ISBN 978-0-8160-4939-4.
  256. ^ Gordon L. Rottman (2002). Korean War order of battle: United States, United Nations, and Communist Ground, Naval, and Air Forces, 1950–1953. Greenwood Publishing Group. p. 126. ISBN 978-0-275-97835-8.
  257. ^ Andrew Cohen (2008). Extraordinary Canadians: Lester B. Pearson. Penguin Canada. p. 99. ISBN 978-0-14-317269-7.
  258. ^ John Melady (December 10, 2011). Korea: Canada's forgotten war (2nd ed.). Dundurn Press. pp. 9–13. ISBN 978-1-4597-0132-8.
  259. ^ David J. Bercuson (2002). Blood on the Hills: The Canadian Army in the Korean War. University of Toronto Press. p. 221. ISBN 978-0-8020-8516-0.
  260. ^ a b c Douglas J. Murray; Paul R. Viotti (1994). The defense policies of nations: a comparative study. JHU Press. p. 84. ISBN 978-0-8018-4794-3.
  261. ^ Larry Milberry (1984). Sixty years: the RCAF and CF Air Command 1924–1984. CANAV Books. p. 367. ISBN 978-0-9690703-4-4.
  262. ^ Andrew Cohen; J. L. Granatstein (2011). Trudeau's Shadow: The Life and Legacy of Pierre Elliott Trudeau. Random House Digital. p. 380. ISBN 978-0-307-36385-5.
  263. ^ Reingard M. Nischik (2008). History of literature in Canada: English-Canadian and French-Canadian. Camden House. p. 287. ISBN 978-1-57113-359-5.
  264. ^ Andrew Cohen (2011). While Canada Slept: How We Lost Our Place in the World. Random House Digital. p. 32. ISBN 978-1-55199-587-8.
  265. ^ J. L. Granatstein (2011). Canada's Army: Waging War and Keeping the Peace. University of Toronto Press. p. 366. ISBN 978-1-4426-1178-8.
  266. ^ a b Sydney Percival Smith; David Scott Smith (2010). Lifting the Silence: A World War II RCAF Bomber Pilot Reunites with His Past. Dundurn Press. p. 208. ISBN 978-1-55488-774-3.
  267. ^ Thomas Park (March 21, 2007). "Why Canada Must Go To Iraq". The Harvard Citizen. Archived from the original on August 28, 2008. Retrieved November 18, 2009.
  268. ^ "Canada's Secret War: Vietnam". CBC. Retrieved April 7, 2007.
  269. ^ Wilbur H. Morrison (2001). The Elephant and the Tiger. Hellgate Press. p. 597. ISBN 978-1-55571-612-7.
  270. ^ Kathleen Malley-Morrison (2009). State Violence and the Right to Peace: Western Europe and North America. ABC-CLIO. p. 167. ISBN 978-0-275-99651-2.
  271. ^ Barry Scott Zellen (2009). On thin ice: the Inuit, the state, and the challenge of Arctic sovereignty. Rowman & Littlefield. p. 197. ISBN 978-0-7391-3278-4.
  272. ^ a b Michael Riordon (2005). An unauthorized biography of the world: oral history on the front lines. Between The Lines. p. 10. ISBN 978-1-896357-93-5.
  273. ^ Harry Swain (2011). Oka: a political crisis and its legacy. Douglas & McIntyre. p. 134. ISBN 978-1-55365-429-2.
  274. ^ Rima, Wilkes; Michael, Kehl (March 13, 2014). "One image, multiple nationalisms: Face to Face and the Siege at Kanehsatà:ke". Nations and Nationalism. 20 (3): 481–502. doi:10.1111/nana.12067. Retrieved December 22, 2015.
  275. ^ Michael L. Hadley; Robert Neil Huebert; Fred W. Crickard (1996). A nation's navy: in quest of Canadian naval identity. McGill-Queen's Press (MQUP). p. 13. ISBN 978-0-7735-1506-2.
  276. ^ Jean H. Morin; Richard Howard Gimblett (1997). Operation Friction, 1990–1991: the Canadian forces in the Persian Gulf. Dundurn Press. p. 253. ISBN 978-1-55002-257-5.
  277. ^ "Canada and Multilateral Operations in Support of Peace and Stability". National Defence. 2010. Archived from the original on April 29, 2011. Retrieved April 15, 2010.
  278. ^ a b Jean H. Morin; Richard Howard Gimblett (1997). Operation Friction, 1990–1991: the Canadian forces in the Persian Gulf. Dundurn Press. pp. 168–170. ISBN 978-1-55002-257-5.
  279. ^ "War photos being probed in Canada". Atlanta Journal. October 11, 1996. p. A8. Retrieved July 31, 2012.
  280. ^ Bernd Horn (2009). Fortune favours the brave: tales of courage and tenacity in Canadian military history. Dundurn Press. p. 339. ISBN 978-1-55002-841-6.
  281. ^ Lee Windsor; David Charters; Brent Wilson (2010). Kandahar tour: the turning point in Canada's Afghan mission. John Wiley & Sons. p. 14. ISBN 978-0-470-15761-9.
  282. ^ "SCONDVA – Transcripts – Monday, April 27, 1998". National Defence. Retrieved August 1, 2012.
  283. ^ Bernd Horn (2009). Fortune favours the brave: tales of courage and tenacity in Canadian military history. Dundurn Press. p. 334. ISBN 978-1-55002-841-6.
  284. ^ Kim Richard Nossal (2002). Diplomatic Departures: Conservative Era in Canadian Foreign Policy. UBC Press. p. 120. ISBN 978-0-7748-0865-1.