中世英語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

中世英語
チョーサー-カンタベリー物語-miller.jpg
領域イングランド、ウェールズの一部スコットランド南東部、スコットランドのバラ、ある程度アイルランド
時代16世紀までアイルランドで初期近代英語スコットランド人ヨラ語とフィンガリアン語に発展しました
初期の形
言語コード
ISO 639-2enm
ISO 639-3enm
ISO 639-6meng
Glottologmidd1317
この記事には、IPA音声記号が含まれています。適切なレンダリングサポートがないと、 Unicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の入門ガイドについては、Help:IPAを参照してください。

中英語( ME [1]と略される)は、ノルマン人の征服(1066)から15世紀後半まで話されていた英語の一形態でした。古英語時代に続いて、英語は明確な変化と発展を遂げました。学者の意見はさまざまですが、オックスフォード英語辞典では、英語が話された時期は1150年から1500年であると規定されてます

中英語では、語彙、文法、発音、正書法に大きな変化が見られました。中英語時代の書き方は大きく異なりました。生き残ったこの時代からの執筆の例は、広範囲にわたる地域の変化を示しています。より標準化された古英語は断片化され、ローカライズされ、ほとんどの場合、即興で作られていました。[2]期間の終わり(約1470年)までに、ヨハネス・グーテンベルクによる印刷機の発明によって支援された1439年に、ロンドンの方言に基づく標準(Chancery Standard)が確立されました。それ以来発音はかなり変わったが、これは主に現代英語のスペリングの基礎を形成した。中英語は、1650年頃まで続いた初期近代英語によってイギリスで引き継がれました。スコットランド語は、ノーサンブリア方言の変種(イングランド北部で流行し、スコットランド南東部で話されています)から同時に発達しました。

中英語時代には、多くの古英語の文法的特徴が単純化されるか、完全に消滅しました。名詞、形容詞、動詞の語尾変化は、ほとんどの文法的な格の区別を減らす(そして最終的には排除する)ことによって単純化されました。中英語はまた、特に政治、法律、芸術、宗教の分野で、また詩的で感情的な言葉遣いの分野で、ノーマン語彙のかなりの採用を見ました。従来の英語の語彙は、その出典において主にゲルマン語のままであり、古ノルド語の影響がより明らかになりました。特に長い母音と二重母音を含む発音の重要な変化が起こりました。これらは中英語後期に大母音推移

ノーマンの支配と英語ではなくフランス語での執筆に伴う威信のせいもあって、初期の中英語文学はほとんど生き残れません。14世紀には、ジョン・ウィクリフジェフリー・チョーサーなどの作家の作品で新しいスタイルの文学が登場しました。これらの作家のカンタベリー物語は、当時最も研究され、読まれた作品です。[4]

歴史

古英語からの移行

中英語の方言c。 1300

後期古英語から初期中英語への移行は、12世紀のある時点で発生しました。

古ノルド語の影響は、比較的自由な語順の総合的言語から、より厳密な語順のより分析的または孤立語への英語の発展を助けました。[2] [5]古英語と古ノルド語(および後者の子孫であるフェロー語アイスランド語)はどちらも、複雑な語形変化を伴う総合的言語でした。デーンロウのバイキングアングロサクソン人の隣人とコミュニケーションを取りたいという熱意は、両方の言語での語形変化の侵食をもたらしました。[5] [6]古ノルド語は、他のどの言語よりも中期および現代英語の発達に大きな影響を与えた可能性があります。[7] [8] [9]シミオン・ポッターは次のように述べています。[10]

古英語に対するバイキングの影響は、言語のより不可欠な要素で最も明白です。代名詞、法助動詞、比較級、代名詞副詞(「したがって」や「一緒に」など)、接続詞、前置詞は、デンマークの最も顕著な影響を示しています。スカンジナビアの影響の最も良い証拠は、広範な単語の借用に現れますが、構文への影響の特定の証拠を与えるために、この期間からスカンジナビアまたは北イングランドのどちらにもテキストは存在しません。古ノルド語から古英語への変更は、実質的で普及しており、民主的な性格のものでした。[5] [6]親しいいとこのように、古ノルド語と古英語は互いに似ていて、いくつかの共通の言葉で、彼らはお互いを大まかに理解していました。[6]やがて、屈曲が溶けて分析パターンが現れました。[8] [11]多くの単語で、英語とスカンジナビア語は主に語形変化の要素が異なることを認識することが最も重要です。単語の本文は2つの言語でほぼ同じであるため、語尾だけが障害になります。デーンロウに存在した混合集団では、これらの結末は多くの混乱を招き、徐々に曖昧になり、最終的に失われる傾向があったに違いありません。」この人々と言語の融合は、「英文法の簡素化」をもたらしました。[5]

スカンジナビア語の影響はデーンロウ地域とスコットランドの方言で最も強かったが、話された言語の単語は、旧英語から中英語への移行の近くの10世紀と11世紀に出現した。書記言語への影響は13世紀の初めにのみ現れましたが、これはおそらく以前の時代の文学テキストが不足していたためです。[5]

1066年のノルマン人によるイングランドの征服では、英語を話す政治的および教会的階層のトップレベルが、イングランドでアングロノルマン語発展した古フランス語の方言を話すノルマン人の支配者に取って代わられました文学と丁寧な談話の優先言語としてのノルマン語の使用は、この時代の多くのノルマン人が文盲であり、書面によるコミュニケーションと記録管理を聖職者に依存していたにもかかわらず、教育と行政における古英語の役割を根本的に変えました。ノーマンのかなりの数の言葉起源は、同様の意味のネイティブ英語の単語と一緒に英語で現れ始め、/豚肉鶏肉/家禽子牛/子牛肉/牛肉/マトン、木/、家/などの現代英語の同義語を生み出しました邸宅、価値のある/価値のある、大胆な/勇気のある、自由/自由、視力/ビジョン、食べる/食事

政府と法律の言語としてのアングロノルマン語の役割は、アングロノルマン語から派生した政府のメカニズムを表す現代英語の豊富な単語に見ることができます:裁判所裁判官陪審員控訴議会12世紀に生まれた騎士道文化に関連するノーマン由来の用語もたくさんあります。封建制統治主義、十字軍の時代

言葉はしばしばラテン語から、通常はフランス語の伝達を通して取られました。これにより、キングリー(古英語から継承)、ロイヤル(俗ラテン語から継承したフランス語から)、リーガル(古典ラテン語から継承したフランス語から)など、さまざまな同義語が生まれました。その後、フランスの予算は、フランスのノルマン語ではなく、標準から派生しました。結果として得られる同族のペアの例には、warden(Normanから)およびguardian(後のフランス語から。両方とも共通のゲルマン祖語を共有する)という単語が含まれます。

アングロサクソン人の規則が終了しても、言語はすぐには変更されませんでした。一般の人々は、征服前と同じ方言を話していたでしょう。古英語の執筆が終了すると、中英語には標準語がなくなり、アングロサクソン時代 の同じ地域の方言から派生した方言しかありませんでした。

初期中英語

初期中英語(1150–1300)[12]は、主にアングロサクソン語の語彙を持っていますが(国の北部では多くの北欧語の借用があります)、非常に単純化された語形変化システムです。古英語で与格と具格によって表現された文法関係は初期英語では前置詞構文に置き換えられます。古英語の属格--esは、現代英語の所有格の-で存続しますが、他の格の終わりのほとんどは、およそ12の形式のほとんどを含め、中英語初期に姿を消しました。定冠詞(「 the 」)の。の人称代名詞(正確に2つを表す)も、この期間中に英語から姿を消しました。

徐々に、裕福な政府と政府は再び怒りましたが、イギリスの君主制の大陸の所有物の大部分が失われた後でも、ノルマン語(そしてその後フランス語)は14世紀まで文学と法の支配的な言語であり続けました格の終わりの喪失は、他のゲルマン語でも発生した語尾変化から語順の固定への一般的な傾向の一部でした(ただし、ゆっくりと程度は低いですが)。したがって、フランス語を話すセクションの影響だけに起因するものではありません。人口の:結局のところ、英語は言葉のままでした。それも議論されている[13]イングランドへの北欧移民は、中英語の語尾変化の喪失に大きな影響を及ぼしました。一つの議論は、北欧語話者と英語話者は似たような形態のためにお互いにいくらか理解できたが、英語の単語の終わりの音を再現できないことは中英語の語尾変化の喪失に影響を与えたということです。

古英語から中英語の進化を再構築するための重要なテキストは、1154年まで編集され続けたピーターバラクロニクルです。オルムルムは、おそらく12世紀後半にリンカンシャーで作成された聖書の解説であり、独特の音素的スペリングシステムが組み込まれています。そして、アンクレン・ウィッセとキャサリン・グループは、明らかに13世紀初頭のウェスト・ミッドランズで、アンカレスのために書かれた宗教的なテキストです。[14]最後の2つの作品で見つかった言語は、 AB言語と呼ばれることもあります

12世紀と13世紀のより多くの文学的な情報源には、ラヤモンのブリュットフクロウとナイチンゲールが含まれます。

一部の学者[15]は、「初期中英語」を1350年までの英語のテキストを含むと定義しています。この長い時間枠は、多くの中英語ロマンス(特にオーヒンレック写本c。1330)を含むようにコーパスを 拡張 ます

14世紀

14世紀初頭頃から、特にイーストミッドランズの郡からロンドンへの大幅な移住があり、主にイーストミッドランズのスピーチに基づいて、しかし他のスピーチの影響も受けて、新しい名声のロンドン方言が発達し始めました。地域。[16]しかしながら、この期間の執筆は、英語のさまざまな地域の形式を反映し続けています。1340年に完成したフランスの告白の詩の翻訳であるAyenbiteof Inwytは、ケント語の方言で書かれます中英語の最も有名な作家、ジェフリー・チョーサーは、14世紀後半にロンドンの方言で書かれましたが、「リーブの物語」のように、彼の登場人物の一部は北部の方言で話しているようにも描かれています。

スコットランドの低地の英語圏では、ノーサンブリア方言に基づいた独立した基準が開発されていましたこれは、スコットランド語として知られるようになったものに発展するでしょう

抽象概念の多くの用語は、(フランス語ではなく)学問的な哲学ラテン語から直接採用されました。例としては、「絶対」、「行為」、「デモンストレーション」、「可能性あり」があります。[17]

後期中英語

書かれた英語のチャ​​ンススタンダードが出現したc。ノルマン征服以来、通常はフランス語で書かれていた公式文書の 1430年。[16]チョーサーの作品のように、この新しい基準は、イーストミッドランズの影響を受けたロンドンの演説に基づいていた。この標準を使用する店員は通常、フランス語ラテン語に精通しており、選択した形式に影響を与えました。ゆっくりと採用されたチャンスリー基準は、英国ではほとんどの公的な目的で官僚によって使用されました。ただし、教会と合法性の目的は、それぞれラテン語とローフレンチ(および一部のラテン語)を使用していました。

後の形式の書かれた英語に対するチャンスリースタンダードの影響については異議が唱えられていますが、それは間違いなく初期近代英語が形成された核心を提供しました。[要出典]初期近代英語は、1470年代に開発されたウィリアムキャクストンの印刷機の助けを借りて登場しました。マスコミは、チャンスリースタンダードの愛好家で作家のリチャードピンソンが率いる標準化への取り組みを通じて英語を安定させました。[18]初期近代英語は、英語の新しい標準を公に認識できる ようにした英語の聖書祈祷書の印刷と幅広い配布の後、1540年代に始まり、約1650年まで続いた。

音韻論

古英語のサウンドシステム英語のサウンドシステムの主な変更点は次のとおりです。

  • 対応する無声歯茎摩擦音の単なる異音ではなく、別個の音素としての有声摩擦音 / v //ð// z /の出現。
  • 古英語の二重母音の単母音への縮小、および特定の位置での母音割れによる新しい二重母音の出現、古英語の音声後の/ j // w /の変更( /ɡ/の[ɣ]異音に起因する場合があります) )オフグライドに、そしてフランス語から借りる。
  • 古英語/æ/と/ɑ/を単一の母音/ a /にマージします。
  • 長母音/æː/から/ɛː/への上げ。
  • 南方言の/ɑː/から/ɔː /への丸め。
  • ほとんどの方言で前部の丸い母音の丸めが解除されます。
  • 開いた音節(および他の特定の位置)での母音の延長。結果として得られた長母音(および他の既存の長母音)は、その後、中英語後期に始まった大母音推移で品質の変化を受けました。
  • 長子音の喪失(二重子音は単一子音として発音されるようになりました)。
  • 弱い最終母音の喪失(schwa、⟨e⟩と書かれています)。チョーサーの時代までに、この母音は通常のスピーチでは沈黙していましたが、メーターが必要とするときに通常は詩で発音されました(現代のフランス語で発生するように)。また、隣接する音節に別の短い⟨e⟩があった場合、いずれかの側の単一の子音にのみ隣接する場合、非最終のストレスのない⟨e⟩は削除されました。したがって、すべてがevryとして発音され始めpalmeresはpalmersとして発音され始めました

上記の最後の3つのプロセスの組み合わせにより、サイレント⟨e⟩2倍の子音に関連するスペル規則が作成されました(以下の「正書法」を参照)。

形態学

名詞

中英語は、古英語のより複雑な語形変化のシステムから、2つの異なる名詞の終わりのパターンのみを保持します

中英語名詞
名詞 強い名詞

OE onwou語幹)

弱い名詞

OE ai、root、ndrzhステム)

特異な 複数 特異な 複数
主格 -(e -es _ -e _ --en _
対格 --en _
属格 --es [ 19] --e ne [20 ]
与格 -e _ --e s_

強いタイプの名詞の中には、弱い曲用のように主格/対格単数形に-eが付いているものもありますが、それ以外の場合は強い語尾があります。多くの場合、これらは古英語の主格/対格単数に-eが付いているのと同じ名詞です(これらは、ゲルマン祖語の ja - stemおよびi - stem名詞から継承されています)。

明確な与格は初期中英語で失われました。属格は生き残ったが、中英語時代の終わりまでに、強い-の終わり(さまざまなスペルト小麦)だけが使用されていた[21]以前は女性名詞だったものもあれば、弱い名詞もあり、-eまたは終わりのない属格を作り続けました(例:fole hoves、horses'hoves)。- erで終わる関係の名詞には属格がないことがよくあります。 (例:フェーダーボーン、「父の悩み」)。[22]

強力な-(e)sの複数形は、現代英語に生き残っています。弱い-(e)n形式は現在ではまれであり、牛でのみ使用され、二重複数形の一部として子供兄弟で使用されます。一部の方言には、 eyenの場合)、shoonの場合)、hosenホースの場合)、kineの場合)、beenの場合)などの形式があります。

文法的な性別は、初期中英語では限られた範囲で存続し[22]、中英語の期間中に自然な性別に置き換えられました。文法的な性別は、冠詞と代名詞の一致、つまりþoule(「女性のフクロウ」)、または代名詞を使用してヘルム(「ヘルメット」)などの男性名詞、またはscaftstærcne(強いシャフト)などのフレーズによって示されました。 )男性の代名詞形容詞の終わり-ne[23]

形容詞

単音形容詞は、名詞を複数形で修飾する場合、および定冠詞(þe)の後、指示詞(þisþat 所有代名詞(hirour)の後、または名前またはアドレスの形式。これは、形容詞の古英語の「弱い」曲用に由来します。[24]この屈曲は、final -eが発音されなくなった後も、書面で使用され続けました。[25]以前のテキストでは、複数音節の形容詞も最後の-eを受け取りますこれらの状況では、しかしこれは後の中英語のテキストではあまり定期的に発生しません。それ以外の場合、形容詞には終わりがなく、すでに-eで終わる形容詞も語源的に終わりがありません。[25]

以前のテキストでは、大文字小文字の形容詞も使用されることがあります。Layamon's Brutは、男性の対格、属格、与格、女性の属格、および複数形の属格の形容詞を活用します。[26] 梟とナイチンゲールは、主格にないすべての形容詞に最後の-eを追加します。ここでは、弱い曲用の形容詞のみを活用します(上記のとおり)。[27]

比較級と最上級は通常、-er-estを追加することによって形成されます。長い母音を持つ形容詞は、比較級および最上級でこれらの母音を短くすることがあります。たとえば、挨拶(大きい)グレッター(大きい)などです。[27] -lyまたは-lichで終わる形容詞は、 -lier-liestまたは-loker-lokestのいずれかと比較級を形成します。[27]いくつかの形容詞は、比較級や最上級で、 longlengerなどのドイツ語のウムラウトも表示します。[27]他の不規則な形は、現代英語とほとんど同じです。[27]

代名詞

中英語の個人代名詞は、古ノルド語からの借用である3人称の複数形を除いて、ほとんどが古英語の代名詞から開発されました(元の古英語の形式は3人称の単数形と衝突し、最終的に削除されました)。また、女性の三人称単数の主格は、sche(現代の彼女)に発展した指示詞の形式に置き換えられました代替相続長い間一部の地域に残っていました。

名詞と同様に、いくつかの語形変化がありました(明確な古英語の数形は失われました)が、代名詞は、名詞とは異なり、明確な主格と対格の形式を保持していました。三人称代名詞も対格と与格の区別を保持していましたが、それは徐々に失われました。男性の代名詞は14世紀初頭までにテムズの南でに置き換えられ、中性の代名詞はほとんどの方言でそれによって追い出されました。 15日。[28]

次の表は、さまざまな中英語代名詞の一部を示しています。他の多くのバリエーションは、異なる時間と異なる方言でのスペルと発音の違いのために、中英語のソースに記載されています。[29]

中英語の人称代名詞
人称代名詞 一人称 二人称 三人称
特異な 複数 特異な 複数 特異な 複数
男性的 中性 フェミニン
主格 ic、ich、I 私たち þeou、þ(o)u、tu あなたがたは 打つ s(c)he(o) he(o)/þei
対格 mi (o)us þe eow、eou、yow、gu、you ハイン heo、his、hi(r)e 彼/þem
与格 heo(m)、þo/þem
所有格 min(en) (o)ure、ures、ure(n) þi、ti eower、yower、gur、eour 彼、彼 彼の heo(re)、hio、雇う he(o)re /þeir
属格 min、mire、minre 私たちの þin、þyn youres 彼の
反射 min one、mi selven 私たち自身、ous-silve 自分自身、自分自身 あなた-自己/あなた-自己 彼-自分自身 ヒットサルブ heo-seolf þam-selve/þem-selve

動詞

原則として、現在形の動詞の単数形の直説法は-eここでは、「聞こえます」)で終わり、-(e)stの二人称(þouspekest、「汝は話す」)で終わります。-eþの3人称は来る、「彼は来る/彼は来る」)。þ(文字「とげ」)は「考える」の無声のthのように発音されますが、特定の状況下では、「それ」の有声のthのように発音される場合があります)。次の表は、典型的な活用パターンを示しています。[30] [31]

中英語の動詞の語尾変化
動詞の語尾変化 不定詞 現在 過去
分詞 特異な 複数 分詞 特異な 複数
一人称 二人称 三人称 一人称 二人称 三人称
規則動詞
強い -en -ende、-ynge -e -EST(東部基準時 -eþ(-es) -en(-es、-eþ) i- -en - -e(-est) - -en
弱い -ed -ede -edest -ede -エデン
不規則動詞
「されている」 その間 bene、beynge 午前 美術 アレン ibeen だった 無駄にした だった ウェン
なれ ビスト biþ ベス、された そうだった
カネン「できる」 cunnen cunnende、cunnynge できる canst できる cunnen 狡猾な、勇気 coude、couthe coudest、couthest coude、couthe couden、couthen
ドン「する」 ドン doende、doynge する dost doþ doþ、don idon ディッド didst ディッド ディデン
ドゥエン「のために」 ドゥエン douende、douynge かわいが デイト かわいが ドゥエン idought かわいが 最悪 かわいが ドーテン
デュレン「あえて」 旱魃 durrende、durrynge ダール ダースト ダール 旱魃 ダースト、ダースト ダースト 最悪 ダースト ダーステン
ゴン「行く」 ゴン goende、goynge 行く gost goþ ゴス、ゴン igon(gen) wend、yede、yode wendest、yedest、yodest wende、yede、yode ウェンデン、イェデン、ヨーデン
避難所は「持っている」 避難所 避難所、havynge 持ってる 急いで haþ 避難所 ihad ハデ ハデスト ハデ ハデン
モーテンは「しなければならない」 - - mot しなければならない mot もてん - ムスト マスタスト ムスト ムステン
モーウェン「かもしれない」 モーウェン mowende、mowynge 五月 myghst 五月 モーウェン imought マイト 強大 マイト マイテン
オーウェン「わあ、すべき」 オーウェン owende、owynge 借りている owest 借りている オーウェン iowen 借りている すべきです 借りている すべきです
シューレンは「すべき」 - - スカーフ シャルト スカーフ 学校 - scholde scholdest scholde scholde
Þurven「必要」 - - þarf þarst þarf þurven - þurft ウルスト þurft þurften
ウィレン「欲しい」 ウィレン willende、willynge 意思 しおれ 意思 腫れ - ウォルド 最悪 ウォルド ウォルデン
賢人会議「知っている」 witen witende、witynge woot woost woot witen iwiten wiste ウエスト wiste wisten

複数形は方言によって大きく異なり、南部方言は古英語-eþを保持し、ミッドランド方言は約1200から-enを示し、北部方言は3人称単数および複数形で-esを使用します。[32]

弱い動詞の過去形は、-ed(e)、- d(e)、または-t(e)の末尾を追加することによって形成されます。過去形は、個人的な語尾がなく、古英語から派生した過去分詞の接頭辞を持つ過去分詞としても機能します:i-y-、場合によってはbi-

対照的に、強変化動詞は、現代英語のように 、幹母音を変更することによって過去形を形成します(bindenバインドされます。これは母音交替と呼ばれるプロセスです)。

正書法

ノルマン征服以前の時代に古英語の執筆に使用されていた後期ウェストサクソン標準の廃止に伴い、中英語は、さまざまな地域の方言や正書法の慣習を反映して、さまざまな筆記形式で書かれるようになりました。しかし、中英語時代の後半、特に15世紀のチャンスリー標準の開発に伴い、正書法はイーストミッドランズの影響を受けたロンドンのスピーチに基づいた形式で比較的標準化されました。当時のつづりはほとんど規則的でした(文字と音の間にはかなり一貫した対応がありました)。現在の英語の正書法の不規則性は、主に初期近代英語近代英語の時代 に起こった発音の変化。

中英語には一般的に黙字はありませんでしたたとえば、騎士は発音されました[ˈkniçt](⟨k⟩と⟨gh⟩の両方が発音され、後者はドイツ語のknechtでは⟨ch⟩のように聞こえます)。主な例外は無声⟨e⟩でした–元々は発音されていましたが、チョーサーの時代までに通常のスピーチでは失われました。ただし、この文字は、前の母音の発音が長くなり、後で変更されることを示すようになりました。たとえば、元々2音節と発音されていた名前では、最初の音節(元々は開いた音節)の/ a /が長くなり、最後の弱い母音が後で削除され、残りの長い母音が大母音推移で変更されました(これらの音の変化は、音韻論の下を参照してください、 その上)。最後の⟨e⟩は現在沈黙しているため、⟨a⟩の長く変化した発音の指標になりました。実際、母音は、特に単一の子音文字と別の母音の前、または特定の子音のペアの前に、さまざまな位置でこの長くなり変更された発音を持つ可能性があります。

関連する慣習では、子音の文字を2倍にして、前の母音を長くしないことを示しました。場合によっては、二重子音は、発声された(または以前に発声された)音つまり、純粋に「倍増」された(したがって、前の母音の延長を定期的にブロックしていた)音を表していました。他の場合では、類推によって、子音は単に延長の欠如を示すために二重に書かれました。

アルファベット

基本的な古英語ラテンアルファベットは、20の標準文字と4つの追加文字で構成されていました:ash⟨æ⟩ eth⟨ð⟩ thorn⟨þ⟩wynn⟨ƿ⟩まだ明確なjv、またはwはなく、古英語の筆記者は一般にkq、またはzを使用していませんでした。

中英語では、それが表す古英語の母音/æ/が/ a /にマージされたため、Ashは不要になりましたそれにもかかわらず、この記号は、ギリシャ語またはラテン語に由来する多くの単語で、有向グラフ⟨ae⟩の合字として使用されるようになりました。⟨oe⟩の/ œ /も同様です。

Ethとthornはどちらも、古英語で/θ/またはその異音 / ð /を表しています。Ethは、13世紀に使用されなくなり、とげに置き換えられました。とげは14世紀にほとんど使用されなくなり、 ⟨th⟩に置き換えられました。書記の略語EME ye.svgþe、すなわち「the」)の時代錯誤的な使用は、この文脈では⟨y⟩としてのとげの現代的な誤発音につながりました。あなたがたは古いを参照してください[33]

音素/ w /表すWynnは、13世紀に⟨w⟩に置き換えられました。文字⟨p⟩と類似しているため、原稿にウィンが含まれている場合でも、旧英語および中英語のテキストの現代版ではほとんど⟨w⟩で表されます。

ノルマン語の影響下で、大陸のカロリング小文字は、古英語に使用されていたインシュラー体に取って代わりました。ただし、古い島のgカロリング朝のg(現代のg )の外観には大きな違いがあるため、前者は⟨ȝ⟩と書かれたyoghと呼ばれる別の文字として使用され続けました。これは、さまざまな音を表すために採用されました:[ɣ]、[j]、[dʒ]、[x]、[ç]、カロリング朝のgは通常[g]に使用されました。yoghのインスタンスは、最終的には⟨j⟩または⟨y⟩に置き換えられ、笑いのような言葉では⟨gh⟩に置き換えられました。スコッツ語では、yoghは筆記体zと見分けがつかなくなり、プリンターは、yoghがフォントで使用できない場合に⟨z⟩を使用する傾向がありました。これにより、 McKenzieのように、新しいスペル(多くの場合、新しい発音が発生します)が発生しました。ここでは、⟨z⟩が/ j /という発音のyoghを置き換えました

大陸の影響下で、古英語の筆記者が通常使用していなかった文字⟨k⟩、⟨q⟩、⟨z⟩が中英語の書き方で一般的に使用されるようになりました。また、新しいラテン文字⟨w⟩が導入されました(wynnを置き換えます)。異なる文字形式⟨v⟩⟨u⟩が使用されるようになりましたが、それでも同じ意味で使用されていました。同じことが⟨j⟩⟨i⟩にも当てはまります。[34](たとえば、妻と楽園のwijfやparadijsなどのスペル英語見つけることできます。)

子音⟨j⟩/⟨i⟩は、ヘブライ語の文字yodhを音訳するために使用されることがあり、口蓋接近音/ j /を表しますギリシャ語ではiota、ラテン語では⟨i⟩)。エルサレムジョセフなどの単語は、もともと/ j /で始まるラテン語の発音、つまり、yesの⟨y⟩の音に続いていたでしょう。しかし、いくつかの言葉では、特に古フランス語から、破擦音の子音 /dʒ/⟨j⟩ /⟨i⟩が使用されました。ウィクリフの聖書[35] [36]これは、古英語で⟨cg⟩として表されていた長子 [ddʒ]に似ていました。現代英語の頃には、音は単語の先頭に⟨j⟩/⟨i⟩(喜びのように)、通常は他の場所(のように)⟨dg⟩として書かれるようになりました。また、ソフトG規則(年齢ページなど) を採用して、主にフランス語の外来語で⟨g⟩と書くこともできます。

その他の記号

多くの書記の略語も使用されました。ロラード派は(ラテン語の写本のように)イエスの名前をihcと略記するのが一般的でした文字⟨n⟩と⟨m⟩はしばしば省略され、隣接する文字の上にマクロンで示されるため、たとえば、inはīと書くことができます上付き文字⟨t⟩または⟨e⟩が付いたとげは、そのために使用できますここのとげは⟨Y⟩に似ていて、「 YeOlde」のあなたがたを生み出しましたさまざまな形式のアンパサンドが単語とを置き換えました。

15世紀に まれにアラビア数字が出現したことを除いて、数字は常にローマ数字を使用して書かれていました。

文字と音の対応

中英語のスペルが完全に標準化されることはありませんでしたが、次の表は、中英語の音韻論に関する記事に記載されている表記法を使用して、中英語期間の終わりに向けて特定の文字と図で最も一般的に表される発音を示しています[37]上で説明したように、単一の母音の文字は、音が長くなる可能性がある位置にあるかどうかに応じて、別の発音をしていました。大母音推移の始まりにより、長い母音の発音は流動的でした

シンボル 説明と注意事項
a / a /、または長い位置/aː/で、約1500だけ[æː]になります。⟨l⟩または鼻音の前に/ au /になることもあります(中英語後期の二重母音を参照)。
ai、ay / ai /(または/ɛi/で示されます。静脈と無駄の合併を参照してください)。
au、aw / au /
b / b /_ _ _ _
c / k /、ただし/ s /(以前の/ ts /) ⟨e⟩、⟨i⟩、⟨y⟩の前(詳細については、CおよびハードCとソフトCを参照)。
ch /tʃ/
ck / k /、以前の⟨kk⟩を⟨k⟩の2倍の形式として置き換えました(2倍の現象については、上記を参照してください)。
d / d /
e / e /、または長い位置/eː/または時々/ɛː/eeを参照)。サイレント⟨e⟩については、上記を参照してください。
ea まれですが、/ɛː/の場合(eeを参照)。
ee /eː/ 、約1500までに[iː]になります。または/ɛː/ 、約1500年までに[eː]になります。初期近代英語では、後者の母音は一般的に⟨ea⟩と書かれるようになりました。2つの母音は後でマージされました。
ei、ey ⟨ai⟩と同じ場合もあります。時々/ɛː/または/eː/フリースの合併も参照)。
ew /ɛu/または/ iu /のいずれか後期中英語の二重母音を参照。これらは後でマージされます)。
f / f /
g /ɡ/、または/dʒ/ ⟨e⟩、⟨i⟩、⟨y⟩の前(詳細は⟨g⟩を参照)。最初のgn-の⟨g⟩はまだ発音されていました。
gh [ç]または[x] 、 / h /の母音後の異音(これは以前はyoghの使用法の1つでした)。⟨gh⟩は、音が失われ始めていても、Chanceryのスペルで保持されることがよくあります。
h / h /(⟨gh⟩が使用された異音を除く)。いくつかの有向グラフ(⟨ch⟩、⟨th⟩など)でも使用されます。恐ろしいなどの一部のフランス語の外来語では、⟨h⟩は沈黙していました。
i、j 母音として、/ i /、または長い位置で/iː/、約1500までに二音化され始めました。子音として、/dʒ/((現代の⟨j⟩に対応);上記を参照)。
すなわち /ɛː/に時々使用されます( eeを参照)。
k / k /、特に⟨c⟩が柔らかくなる位置で使用されます。単語の先頭の⟨kn⟩でも使用されます。ここでは、両方の子音がまだ発音されていました。
l / l /
m / m /
n / n /、異音[ŋ]を含む(/ k /、/ g /の前)。
o / o /、または長い位置/ɔː/または時々/oː/ooを参照)。sone(現代の息子)のように、時々/ u / ; 読みやすさのために、つまり垂直ストロークの連続を避けるために、i、m、n、v、wに隣接する場合、⟨u⟩ではなく⟨o⟩スペルがよく使用されました。[38]
oa まれですが、/ɔː/(初期近代英語で一般的に使用されるようになりました)。
oi、oy /ɔi/または/ ui /中英語後期の二重母音を参照。これらは後でマージされます)。
oo /oː/ 、約1500までに[uː]になります。または/ɔː/
ou、ow 約1500年までにジフトン化され始めた/uː/、または/ɔu/のいずれか。
p / p /
qu / kw /
r / r /
s / s /、場合によっては/ z /(以前の[z]は/ s /の異音でした)。ſlong s )としても表示されます。
sch、sh /ʃ/
t / t /
th /θ/または/ð/(以前は単一の音素の異音でした)、以前のeththornを置き換えましたが、まだ時々とげが使用されていました。
u、v 互換的に使用されます。子音として、/ v /「延長された」位置にある母音、/ u /、または/ iu /として(通常、他の母音と同じ延長プロセスを経ていませんでしたが、/ iu /の履歴を参照してください)。
w / w /(古い英語のwynnを置き換えました)。
wh / hw /英語⟨wh⟩を参照)。
バツ / ks /
y 子音として、/ j /(以前はこれはyoghの使用法の1つでした)。時々/ g /。母音としては、⟨i⟩と同じです。ここで、⟨y⟩は、ダウンストロークのある文字の横でよく使用されます。
z / z /(スコットランドではyoghの代わりに使用されることがあります。上記を参照してください)。

サンプルテキスト

以下の現代英語の翻訳のほとんどは、詩的な意味のある翻訳であり、単語ごとの翻訳ではありません

オルムルム、12世紀

この一節は、キリスト降誕 (3494–501)の背景を説明しています:[39]

Forrþrihhtanansetimecomm
þattureDrihhtinwollde
benborenniþissmiddellærd
forr all mannkinne nede
彼は彼をchæssonekinnessmenn
すべてのswillkesumm彼はwollde
そして、彼はボレン・ベンを怒らせた
彼はすべての彼の意志をchæs。
時が来たとき
私たちの主が望んでいたこと
この地球で生まれる
全人類のために、
彼は自分のために親族を選びました、
彼が望んでいた通りに
そして彼が生まれる場所
彼は望んだ通りに選んだ。

スミスのジョンの碑文、1371年に亡くなりました

オックスフォードシャー教区教会の記念碑的な真鍮からの碑文: [40] [41]

元のテキスト PatriciaUtechinによる翻訳[41]
man com&se how schal alle dede li:wenþowcomebad&bare
noth habvenveawaẏ運賃:すべてのẏswermēsþtvefor care:—
ボットは、godẏslufve haue nothyng yareのために行います:
hundyrþisgrauelẏsJohnþesmẏthgodyifhissoule heuen grit
男よ、来て、すべての死んだ男たちがどのように嘘をつくかを見てください。
運賃を払うときは何もありません。私たちが気にするのはワームだけです:—
私たちが神のために行うことを除いて、私たちは何も準備ができていません。
この墓の下には鍛冶屋のジョンがいます、神は彼の魂に天の平和を与えます

ウィクリフの聖書、1384年

ウィクリフの聖書から、(1384):

ルカ8:1-3
最初のバージョン 2番目のバージョン 翻訳
1そしてそれは後ろ向きであり、ジェスはシテスとカステリス、プレチンゲとユーアンジェリシンゲによって神の畏敬の念を起こした。そして、総和のwymmenþatは、wickide spiritisとsyknessis、Marieのheelidであり、þatは、seuene deuelisが3アウトした、不気味なMawdeleynであり、Jone、Chuseのワイフ、Eroude、Susanneのprocuratour、およびmanyeoþereです。彼女の富の。 1そしてそれは後方にあり、イェサスは人の神の二人の引用者とカステル、プレチンゲとユーアンジェリシンゲを作り、12人の神を崇拝した。そして、合計のウィメンは、邪悪な精神とsijknessisのheelid、マリー、þatは、seuene deuelis 3が出て行った、不気味なMaudeleynであり、Joone、Chuseのþewijf、Eroudeのþeprocuratoure、Susanne、および多くのoþir、彼女のリッチーの賛美歌。 1その後、イエスは都市と集落を旅し、2神の領域を説教し、福音を宣べ伝えました。そして、邪悪な霊や病気で癒された何人かの女性。マグダレンと呼ばれるメアリー。そこから37の悪魔が出て行った。ヘロデの執事であるチュザの妻ヨハナ。そしてスザンナ、そして彼ら自身の手段から彼に投与した他の多くの人々。

チョーサー、1390年代

以下は、ジェフリー・チョーサーによるカンタベリー物語の一般プロローグの始まりですこのテキストは、ロンドンに関連する方言と、当時出現したチャンスリースタンダードに関連するスペルで書かれていました。

一般プロローグの最初の18行
中英語のオリジナル 現代英語の単語ごとの翻訳[42]
その4月より、彼のshouressooteで [あの] 4月に彼のシャワーが甘いとき
3月のdroȝteはrooteにpercedしました 3月の干ばつが根を下ろしました
そして、すべてのベインをスイッチリカーに浸しました。 そして、そのような酒(樹液)にすべての静脈を浸しました、
そのうちの頂点は小麦粉です。 そこから花が生まれます。
彼の甘い息でゼフィルス・イークより ゼフィラス甘い息をしていても
すべてのホルトとヒースにインスピレーションを得た インスピレーションはすべてのホルトとヒースにあります
テンドルクロップ、そしてヨンジゾンネ 柔らかい作物; と若い太陽
ラムに彼の半分のクールなイロンがあります、 ラムで彼のハーフコースランを 持っています、
そして、smale foweles maken melodye、 そして小鳥はメロディーを作ります、
それはあなたがたが開いた状態ですべてのnyghtを曳航します 目を開けて一晩中眠る
(だから、彼のコラージュの裾の自然を奪う); (したがって、自然は彼らを大胆に促します);
タンネは人々を巡礼に行くように長くします それから人々は巡礼に行くことを切望しています。
そして、straungestrondesをsekenするためのpalmeres そして巡礼者(パーマー)[のために]新しいストランドを探す
halwesをファーンするには、sondrylondesでkowtheします。 さまざまな土地で尊敬されている 遠くの神社(秘宝)へ。
そして特にすべてのシャイアからエンデ そして特にすべてのシャーの終わりから
エンゲロンドの、カウンターベリーに彼らはウェンデ、 イングランドのカンタベリーに、彼らは結婚します、
殉教するための恐ろしい至福の殉教者 求める 聖なる至福の殉教者、
その裾は、彼らが求められたよりも、ホルペンを持っています。 彼らが病気だったとき、それは彼らを助けました。

現代の英国英語の散文への翻訳: 4月に甘いシャワーが降り注ぐと、3月の干ばつが根元まで降り注ぎ、すべての毛細血管が栄養のある樹液で満たされ、花が成長します。春の太陽がアリエスの看板の真ん中を通り過ぎると、すべての森と谷に芽が出て、半開きの目で一晩中眠る小鳥がメロディーを鳴らし、その精神が自然によって引き起こされます。人々が巡礼に行きたがっているのはこの時期であり、巡礼者(パーマー)は他の場所で崇拝されている新しい海岸や遠くの神社を探します。特に彼らは、聖なる祝福された殉教者を訪ねるために、イングランドのすべての郡からカンタベリーに行きます、彼らが具合が悪いときに彼らを助けた人。[43]

ガワー、1390

以下は、ジョン・ガワーによるコンフェッシオ・アマンティスのプロローグの始まりです

中英語のオリジナル 現代英語へのほぼ一語一語の翻訳: 近代英語への翻訳:(リチャード・ブロディによる)[44]
前に書いた裾の
ボークスの決闘、そして私たちはそれゆえ
そのベン・タウトは次のように書いていました。
フォルティ良いのは私たちも
oushiereの間で私たちのタイムで
newe som matiereのwryteを実行し、
これらの古いワイズのEssampled
それがそのようなワイズでmyhteするように、
私たちがデデとエルズのどこにいるのか、
世界のeereへのBeleve
この後のタイムコメンデで。
男性用ボットはセイン、そしてそれはそうです、
その知恵のアルが書いたもの
それはしばしばマネスウィットを鈍くします
それをスカーフする彼にアルダイリデ、
あなたがたが贖うならば、thilkeの原因のために、
私はmiddelweieに行きます
そして、ツイエの間にボクを書いて、
やや欲望、やや伝承、
ラッセ以上のもの
私が書いたそのソムマンマイライク:
私たちの前に書いたそれらの
本は残っているので、私たちは
その時に書かれたものについて教えられています:
私たちも良いです
ここで私たちの間で私たちの時間で
何か新しいことを書いてください、
これらの古い方法で例を挙げます
そういう意味で、
私たちが死んだときや他の場所で、
世界の耳に任せて
この後やがて。
しかし、男性にとってはそうです、そしてそれは本当です、
完全に知恵のある人が書いていること
それはしばしば男の機知を鈍くします
毎日それを読む彼のために、
同じ理由で、あなたがそれを制裁すれば、
中道に行きたい
そして、2つの間に本を書き、
やや欲望、やや伝承、
少ないまたは多いの
私が書いていることを好む人もいるかもしれません。
私たちの生活の前に書いた人の
彼らの貴重な遺産は存続します。
その時書かれたことから、私たちは学びます、
そして、私たちが順番に、
地球上の私たちの割り当てられた時間に
価値のあるものを新たに書いてください、
これらの賢人からの私たちが引用するもののように、
そのような方法でそうするために、
私たちがこの死すべき領域を去ったとき、
全世界が聞くために残ります
私たち自身に続く時代に。
しかし、それは男性が傾向があるようにするためです
読むだけで
一日中知恵の中で、1つの品種
機知の不足など
あなたが同意するなら、私は行くことを選びます
一種の中間点に沿って
時々私は深遠なことを書きます、
そして時々娯楽のために
喜びのより軽い道は取る
だから、すべてが楽しいものを見つけることができます。

近代英語の翻訳:(J。ダウによる)

私たちが生まれる前に書いた人の中で、本は生き残ります、

ですから、彼らが生きていたときに彼らが書いたものを教えられます。ですから、私たちがこの地球の時代に、私たちの祖先の模範に従って、新しい事柄を書くのは良いことです。そうすれば、私たちが死んで去った後、私たちの知識を世界に残すことができます。しかし、それは言われています、そして、それは、人が一日中知恵を読むだけであるならば、それはしばしば人の脳を鈍らせるということです。それで、それがあなたに問題がなければ、私は中間のルートを取り、2つの間の本を書きます-いくらか娯楽であり、いくらか事実です。

そのようにして、誰かが多かれ少なかれそのようになるかもしれません。

も参照してください

参考文献

  1. ^ Simon Horobin、 Introduction to Middle English、Edinburgh 2016、s。1.1。
  2. ^ a b c 「中英語–概要-オックスフォード英語辞典」オックスフォード英語辞典2012-08-16 2016年1月4日取得
  3. ^ カールソン、デビッド。(2004)。「リドゲートのチョーサー参照の年表」。チョーサーレビュー38(3):246–254。CiteSeerX10.1.1.691.7778_ 土井10.1353 /cr.2004.0003 
  4. ^ 「カンタベリー物語」という名前は、チョーサーの作品の生き残ったテキストの中に現れています。[3]
  5. ^ a b c d e Baugh、Albert(1951)。英語の歴史ロンドン:ラウトレッジ&ケガンポール。pp。110–130(デーンロウ)、131–132(ノルマン人)。
  6. ^ a b c Jespersen、Otto(1919)。英語の成長と構造ドイツ、ライプツィヒ:BG Teubner pp。58–82。
  7. ^ クリスタル、デビッド(1995)。英語のケンブリッジ百科事典英国ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。pp。32  _ ISBN 9780521401791
  8. ^ a b McCrum、Robert(1987)。英語の物語ロンドン:フェイバーとフェイバー。pp。70–71。
  9. ^ BBC(2014年12月27日)。「[BBCワールドニュース] BBCドキュメンタリー英語の言語誕生-35:00から37:20」[BBCワールドニュース] BBCドキュメンタリー英語の言語誕生BBC 2016年1月12日取得
  10. ^ ポッター、シメオン(1950)。私たちの言語ハーモンズワース、ミドルセックス、イギリス:ペンギン。pp。33  _
  11. ^ ローマイアー、シャーリーン(2012年10月28日)。"121028 Charlene Lohmeier"英語の進化 "-23:40-25:00; 30:20-30:45; 45:00-46:00"121028シャーリーン・ローマイアー「英語の進化」オランダのLichliter 2016年1月12日取得
  12. ^ Fuster-Márquez、Miguel; カルボガルシアデレオナルド、フアンホセ(2011)。英語の歴史への実用的な紹介[バレンシア]:バレンシア大学。p。21. ISBN 97884370832162017年12月19日取得
  13. ^ McWhorter、私たちの壮大なろくでなしの舌、 2008年、89〜136ページ。
  14. ^ Burchfield、Robert W.(1987)。「オルムルム」。ストレイヤーでは、ジョセフR.(編)。中世の辞書9.ニューヨーク:チャールズスクリブナーズサンズ。p。280. ISBN 978-0-684-18275-9、p。280
  15. ^ 「初期中英語の作成:会議について」hcmc.uvic.ca。 _
  16. ^ a b Wright、L。(2012)。「標準英語の進化について」。英語と文学の研究ラウトレッジp。99ff。ISBN 978-1138006935
  17. ^ フランクリン、ジェームズ(1983)。「哲学者からの精神的な家具」(PDF)エトセテラ40:177–191 2021年6月29日取得
  18. ^ cf. 「SawlesWarde」(の保護)
  19. ^ cf. 「SawlesWarde」(の保護)
  20. ' ^ cf. 'Ancrene Wisse'(アンカーガイド)
  21. ^ Fischer、O.、van Kemenade、A.、Koopman、W.、van der Wurff、W.、 The Syntax of Early English、CUP 2000、p。72。
  22. ^ a b Burrow&Turville-Petre 2005、p。23
  23. ^ Burrow&Turville-Petre 2005、p。38
  24. ^ Burrow&Turville-Petre 2005、27〜28ページ
  25. ^ a b Burrow&Turville-Petre 2005、p。28
  26. ^ Burrow&Turville-Petre 2005、28〜29ページ
  27. ^ a b c d e Burrow&Turville-Petre 2005、p。29
  28. ^ フルク、RD、ミドルイングリッシュ入門、ブロードビュープレス、2012年、p。65。
  29. ^ Stratmann、Francis Henry(1891)を参照してください中世英語辞典ロンドン:オックスフォード大学出版局。OL7114246M_ メイヒュー、AL; ウォルター・ウィリアム・スキート(1888)AD1150から1580までの中英語の簡潔な辞書オックスフォード:クラレンドンプレス。
  30. ^ ブース、デビッド(1831)。英語作曲の原則コクランとピッカーズギル。
  31. ^ ホロビン、サイモン(2016年9月9日)。中英語入門エディンバラ大学出版。ISBN 9781474408462
  32. ^ ワード、AW; ウォーラー、AR(1907–21)。「ケンブリッジの英米文学史」バートルビー2011年10月4日取得
  33. ^ Merriam-Webster Online Dictionary ye [2]は2009年2月1日に取得
  34. ^ Salmon、V。、(in)Lass、R。(ed。)、 The Cambridge History of the English Language、Vol。III、CUP 2000、p。39。
  35. ^ "J"、オックスフォード英語辞典、第2版(1989)
  36. ^ 「J」と「ジェイ」、メリアム-ウェブスターの第3の新国際英語辞典、要約なし(1993)
  37. ^ 特定の詳細については、Upward、C.、Davidson、G.、 The History of English Spelling、Wiley2011の「ChanceryStandardspelling」を参照してください。
  38. ^ Algeo、J.、Butcher、C.、 The Origins and Development of the English Language、Cengage Learning 2013、p。128。
  39. ^ ホルト、ロバート、編 (1878)。オルムルム:RMホワイト博士のメモと用語集付き。2巻オックスフォード:クラレンドンプレス。インターネットアーカイブ:第1巻; 第2巻
  40. ^ バートラム、ジェローム(2003)。「オックスフォードシャーの中世の碑文」(PDF)オキソニエンシアLXVVIII30。ISSN0308-5562_  
  41. ^ a b Utechin、Patricia(1990)[1980]。オックスフォードシャーの碑文(第2版)。オックスフォード:ロバート・ダグデール。p。39. ISBN 978-0-946976-04-1
  42. ^ このウィキペディアの翻訳は、ここにある翻訳を厳密に反映しています: Canterbury Tales(選択済み)ヴィンセント・フォスター・ホッパー訳(改訂版)。バロンの教育シリーズ。1970年。p。 2ISBN 97808120003994月のとき、彼と一緒に。{{cite book}}:CS1 maint:その他(リンク
  43. ^ スウィート、ヘンリー(d。1912)(2005)。最初のミドルイングリッシュプライマー(更新)エボリューションパブリッシング:ペンシルベニア州ブリストルISBN 978-1-889758-70-1
  44. ^ ブロディ、リチャード(2005)。「ジョン・ガワーの 『告白アマンティス』現代英語版」プロローグ2012年3月15日取得
  • Brunner、Karl(1962)Abriss der mittelenglischen Grammatik ; 5.Auflage。Tübingen:M。Niemeyer(1sted。Halle(Saale):M。Niemeyer、1938)
  • ブルンナー、カール(1963)中英語文法の概要; GrahameJohnstonによって翻訳されました。オックスフォード:ブラックウェル
  • バロウ、JA; Turville-Petre、Thorlac(2005)。中英語の本(3版)。ブラックウェル。
  • Mustanoja、Tauno(1960)「中英語構文。1。品詞」。ヘルシンキ:Sociéténéophilologique。

外部リンク