Microsoft TechNet

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Microsoft TechNet
Technet.PNG
サイトの種類
知識ベース
後継者Microsoft Docs
オーナーマイクロソフト
URLWayback Machineのアーカイブされた公式ウェブサイト(アーカイブインデックス)
発売1998 ; 24年前 (1998)
現在のステータス2013年8月31日以降、サブスクリプションは終了しました。オフライン

Microsoft TechNetは、ITプロフェッショナル向けのMicrosoftWeb ポータルおよびWebサービスでした。これには、Microsoft製品のドキュメントと技術リソースを含むライブラリ、オンライントレーニングを提供するラーニングセンター、ディスカッションフォーラム、トライアルウェアをダウンロードするための評価センター、Microsoft従業員向けのブログ、およびWikiが含まれます。

TechNetは当初、Office365AdobeCreative Cloudと同様のソフトウェアサブスクリプションサービスを提供していました。これにより、サブスクライバーは、ソフトウェアの下でMicrosoftソフトウェアをプライベート使用のサービスライセンスとしてダウンロードできます。2013年7月1日、MicrosoftはTechNetサブスクリプションサービスを終了し、サブスクリプションの購入と更新は2013年8月31日までに終了することが発表されました。[1]

TechNetには、2013年10月に廃止されたWebベースのTechNetMagazineも含まれています過去の号は引き続き読むことができます。

2020年1月の時点で、TechNetはMicrosoftDocsにリダイレクトするようになりました。[2]

ウェブサイト

TechNetの主要なWebプレゼンスは、マイクロソフトとコミュニティ全体の両方によって作成された情報、ドキュメント、およびディスカッションを提供するITプロフェッショナル向けのサイトのコレクションです。フォーラム、ブログ、ライブラリアノテーション、ソーシャルブックマークなどのアプリケーションに最近重点が置かれ、組み込まれていることで、TechNetサイトの性質が一方向の情報サービスからMicrosoftとITプロフェッショナルコミュニティ間のオープンな対話に変わりつつあります。[3]メインのWebサイト、および以下の構成アプリケーションのほとんどは12の言語で利用可能であり、月間1,150万からのトラフィックを生成し、約 1,100万のドキュメント。[4]

ライブラリ

ソフトウェア開発者向けの技術情報を含むMSDNライブラリと同様に、TechNetライブラリはITプロフェッショナルおよび上級ユーザー向けの技術情報のソースです。技術コンテンツは、WebおよびCDとDVDで無料で入手できます。ディスクは毎月発行され、完全なマイクロソフトサポート技術情報、サービスパックセキュリティアップデートリソースキット、技術トレーニング、運用および導入ガイド、ホワイトペーパーケーススタディが含まれています。

2014年1月、マイクロソフトは、マイクロソフトのセキュリティ情報とアドバイザリをTechNetライブラリに統合することを発表しました。[5]

2016年、Microsoftは、TechNetおよびMSDNライブラリの代替として意図された新しい技術ドキュメントプラットフォームであるMicrosoftDocsを導入しました。[6]次の2年間、Microsoftは自社の資料をMicrosoftDocsに移行していました。これで、ほとんどのTechNetライブラリページが対応するMicrosoftDocsページにリダイレクトされます。[7]

フォーラム

TechNetフォーラムは、コミュニティがさまざまなITプロフェッショナルトピックについて議論するために使用するWebベースのフォーラムです。TechNetフォーラムは、2008年にまったく新しいプラットフォームに移行され、スレッドのインラインプレビュー、 AJAXフィルタリング、スライドアップポストエディター など、効率を向上させるように設計された新機能が提供されました。

ブログ

TechNetには、Microsoftの従業員のブログをホストする独自のブログプラットフォームがありました。2020年5月、MSDNとTechNetのブログは閉鎖され、コンテンツはMicrosoftDocsにアーカイブされました。[8]古いTechNetブログのほとんどのチームは、他のシステムで新しいアクティブなブログを開きました。[必要な例]

Wiki

TechNet Wikiは、ウィキペディアに触発された技術リソースです。Wikiはコミュニティサイトであり、Microsoftからの公式ドキュメントを提供していません。[9]コミュニティに参加する人は誰でも、新しいトピックを投稿したり、既存のトピックを編集および拡張したり、コメントを提供したり、他の登録ユーザーと「友達」になったりできます。ウィキの目標[10]には、従来のメカニズムよりも公開の摩擦が少なく、直接の経験の幅広いプールから、より広く、より詳細なソリューションコンテンツ(ハウツー、手順、トラブルシューティング、展開)を提供することが含まれます。

その他

関連トピックに関するTechNetコンテンツは、次のような個別のセクションに編成されています。

  • TechNet評価センター
  • Microsoft TechCompanionアプリ
  • Microsoft Script Center
  • TechNetビデオ

ソーシャルブックマーク

TechNet Socialでのソーシャルブックマークは2008年に最初に開始され、ユーザーのタグ付けフィードをコアとする新しいWebプラットフォーム上に構築されました。[11]ソーシャルブックマークアプリケーションの目標は、ITプロフェッショナルコミュニティのメンバーが次のことができる方法を提供することです。

  • Web全体からの任意のトピックに関する質の高いリンクのデータベースに貢献します。1つ以上のタグ(「Exchange」や「セキュリティ」など)でフィルタリングすることにより、ユーザーは人気のあるリンクや最近のリンクを見つけて、それらのリンクのフィードを購読できます。
  • 専門家の推奨サイトを見つけてフォローします。各プロフィールページには、ユーザーの投稿のフィードが含まれています。ユーザーは、各ブックマークのドロップダウンメニューから見つけることができます。
  • プロファイルに表示されるリンクを通じて、専門知識を示します。
  • お気に入りのリンクをオンラインで保存します。

アプリケーションの初期リリースでは、ブックマークレットやインポート機能など、このジャンルの標準機能が提供されます。TechNet Webサイトには、関連するブロガーからのフィードと一緒に表示される、専門家やコミュニティからのソーシャルブックマークのフィードも組み込まれ始めています。[12]

サブスクリプションとダウンロード

TechNetは、「TechNetサブスクリプション」を通じて、評価目的でMicrosoftソフトウェア[13]へのアクセスも提供しました。年間サブスクリプションは、サブスクリプションが維持されている間のみロックが解除される試用専用ソフトウェアを提供しました。[14] 標準サブスクリプションは、特定のエンタープライズ指向のソフトウェアを除くほとんどのソフトウェアへのアクセスを提供し、MicrosoftEラーニングの1つのコレクションが含まれていました。Professionalサブスクリプションはより高価であり、すべてのソフトウェアへのアクセスを提供し、2つの無料のProfessionalサポートコールと2つのMicrosoftEラーニングのコレクションが含まれていました。[15]

2013年7月1日、マイクロソフトはTechNetサブスクリプションサービスの廃止を発表しました。これには、TechNet評価センターによる評価リソース、Microsoft Virtual Academyによる専門家主導の学習、コミュニティによるモデレート技術サポートなど、無料サービスの拡大に重点が置かれます。成長するITプロフェッショナルコミュニティのニーズをより適切に満たすためのTechNetフォーラム。TechNetサブスクリプションを購入する最終日は2013年8月31日でした。サブスクライバーは、2013年9月30日まで購入したサブスクリプションをアクティブ化できました。

マイクロソフトは、既存の加入者が新しい状況に慣れるのを助けるために、90日間の延長計画を発表しました。[14]

TechNet Magazine

2005年に設立されたTechNetMagazineは、ITプロフェッショナルに、Microsoftテクノロジを使用して、システムの計画、運用、および最適化に関する情報を提供する、廃止された月刊誌です。TechNet Magazineは、廃止された時点で、米国で約100,000人の読者が発行されていました。[16]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Bott、Ed(2013年7月1日)。「MicrosoftがTechNetサブスクリプションサービスをシャットダウンする」ZDNetCBSインタラクティブ2014年2月27日取得
  2. ^ kexugit。「docs.microsoft.comへようこそ」docs.microsoft.com 2019年12月29日取得
  3. ^ マーティン、ジョン(2008年8月27日)。「マイクロソフトは単なるソーシャルブックマーク以上の計画を立てています」ジョンマーティンのブログMicrosoft2009年8月1日にオリジナルからアーカイブされました2014年2月27日取得
  4. ^ Schwartz、Jeffrey(2008年5月29日)。「MicrosoftがMSDNとTechNetを刷新」Visual StudioMagazine 2017年7月11日取得
  5. ^ トレント、ロッド(2014年1月16日)。「Microsoftセキュリティ情報とTechNetライブラリとの統合に関するアドバイザリ」Windows ITProペントン2014年2月27日取得
  6. ^ ジョナサンアレン。MSDN / TechNetがオープンソースプロジェクトに置き換えられるdocs.microsoft.comInfoQ News
  7. ^ JoãoCarrasqueira。Microsoftは、OneDriveの技術ドキュメントをMicrosoft Docs NeowinNews
  8. ^ 「アーカイブされたMSDNおよびTechNetブログ」docs.microsoft.com2020年5月29日2020年12月19日取得
  9. ^ 価格、エド(2010年4月8日)。「Wiki:TechNetWikiについて」TechNetWikiMicrosoft 2014年2月27日取得
  10. ^ Battalio、Eric(2010年2月26日)。「Wiki:About」2014年2月27日取得
  11. ^ ヘブンスタイン、ヘザー(2008年8月22日)。「マイクロソフトは新しいソーシャルブックマークツールの計画を詳しく説明しています」Computerworld
  12. ^ マーティン、ジョン(2008年5月30日)。「MSDN開発センターの新しいソーシャルブックマークフィード」ジョンマーティンのブログMicrosoft2014年3月8日にオリジナルからアーカイブされました2014年2月27日取得
  13. ^ 「TechNetダウンロード」Microsoft 2014年2月27日取得
  14. ^ a b "TechNetサブスクリプション"TechNetMicrosoft 2014年2月27日取得
  15. ^ 「サブスクリプションの比較」TechNetMicrosoft2012年10月17日にオリジナルからアーカイブされました。
  16. ^ 落ちた、ジェイソン(2009年7月28日)。「MicrosoftのMSDN、TechNetMagazinesを公開する1105メディア」フォリオ2018年9月19日取得

外部リンク