マイクロ秒

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
このアニメーションは、球形のアルミニウムの発射体が約7 km / sで薄いアルミニウム板に衝突した後の、破片と噴出物の雲の生成を示しています。フレーム間隔は約1マイクロ秒です。

マイクロ秒は、1​​秒の100万分の1 0.000001または10 -6または1⁄1,000,000 等しい時間のSI単位です。その記号はμsであり、 Unicodeが利用できない場合は簡略化されることがあります。

マイクロ秒は1 ​​000ナノ秒または1⁄1,000ミリ秒に相当します。次のSIプレフィックスは1000倍大きいため、 10-5秒および10-4秒の測定値は、通常、数十または数百マイクロ秒として表されます。

も参照してください

参考文献

  1. ^ グロス、RS(2014年3月14日)。「日本の地震は地球の日数を短くし、軸を動かしたかもしれない」JPLニュース。ジェット推進研究所2019年8月23日取得
  2. ^ クック-アンダーソン、グレッチェン; ビーズリー、ドロレス(2005年1月10日)。「NASA​​は地球への地震の影響を詳しく説明します」NASA 2021年9月18日取得
  3. ^ マクドナルド、フィオナ。「地球の日数は100年ごとに2ミリ秒長くなっています」ScienceAlert 2017年3月8日取得
  4. ^ リチャードポッジ。「GPSと相対性理論」2011年10月1日取得
  5. ^ インテルソリッドステートドライブ製品仕様
  6. ^ ビールーニー(1879)。古代諸国の年代学:AlbîrûnîのAthâr-ul-Bâkiyaのアラビア語テキストの英語版、または「過去の痕跡」サチャウCエドワード訳。WHアレンpp。147–149。OCLC9986841_ 
  7. ^ Rベーコン(2000)[1928]。ロジャーベーコンの著作権翻訳者:BRベル。ペンシルベニア大学出版局231ページに面した表。ISBN  978-1-85506-856-8

外部リンク