メイオベントス

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

メイオファウナとも呼ばれるメイオベントスは、海洋環境と淡水環境の両方に生息する小さな底生無脊椎動物です。メイオファウナという用語は、分類学的グループではなく、ミクロファウナよりも大きいがマクロファウナよりも小さいサイズによって生物のグループを大まかに定義します。実際には、これは 1 mm のメッシュを通過できる生物ですが、45 μm のメッシュでは保持されますが、正確な寸法は研究者によって異なります。生物が 1 mm のメッシュを通過するかどうかは、選別時に生きているか死んでいるかによっても異なります。

メイオベントスという用語は、1942 年にマーレによって最初に造語されましたが、メイオファウナのカテゴリーに当てはまる生物は 18 世紀から研究されてきました。メイオファウナに関する包括的なテキストは、Higgins と Thiel によるメイオファウナ研究の紹介(1988) です。

Meiofaunal 分類群

Nielsen (2001) のスキームに基づくメイオファウナル分類群
太字で示したマイオファウナル分類群
* 原生動物

メイオベントスの採集

メイオファウナは、沿岸から深海まで、海洋環境と淡水環境の両方の堆積環境で最も一般的に遭遇しますそれらは、藻類植物環境、および固着動物(フジツボ、イガイの床など)に 生息する硬い基質にも見られます。

サンプリング方法

メイオベントスのサンプリングは、明らかに環境と、定量的または定性的なサンプルが必要かどうかに依存します。堆積環境では、使用される方法論も堆積物の物理的形態に依存します。沿岸域内の定性的なサンプリングには、粗い堆積物と細かい堆積物の両方について、バケツとスペードが機能します。亜沿岸および深海では、何らかの形のグラブ ( Van Veen グラブ サンプラーなど) が必要ですが、細かいメッシュ (約 0.25 mm 以下) も機能します。

すべての深さでの堆積環境の定量的サンプリングのために、さまざまなサンプラーが考案されています。最も単純なものは、先端が切り取られたプラスチック注射器で、SCUBA ギアを使用して沿岸域または沿岸域で展開できるピストンコアラーを形成します。一般に、水深が深くなるほど、サンプリング プロセスはより複雑になります。硬質基板、植物および伝染病環境でメイオファウナをサンプリングする場合、唯一の実用的な方法は、基板の既知の領域を切り取るか削り取り、ビニール袋に入れることです。

抽出方法

生息地のサンプルからメイオファウナを抽出する方法は、生きた標本が必要か固定標本が必要かによって、さまざまな方法があります。生きたメイオファウナを抽出するためには、邪魔されたときに基質にしがみついたり付着したりする多数の種と戦わなければなりません。メイオファウナにグリップを解放させるには、3 つの方法があります。

最初の最も単純な方法は、浸透圧ショックです。これは、サンプルを真水に数秒間沈めることによって達成されます (明らかに、これは海洋サンプルでのみ機能します)。これにより、有機体が放出され、その後、基板から振り落とされ、45 μm メッシュでろ過され、すぐにろ過された新鮮な海水に戻されます。浸透圧ショックが長続きしない限り、多くの生物は無傷でこのプロセスを通過します。

2 番目の方法は、麻酔薬の使用です。マイオベントロジストにとって好ましい溶液は、等張塩化マグネシウム(100mlの蒸留水中7.5gのMgCl 2・6H 2 O)である。サンプルを等張液に浸し、15分間放置した後、メイオファウナを振って基板から取り除き、45μmメッシュで再度ろ過し、すぐに新鮮なろ過海水に戻します。

3 つ目の方法論は、Uhlig の海水氷技術です。これは、サンプルを通って下降する氷冷海水の前面の前に移動する生物に依存しており、最終的にそれらを堆積物から追い出します。温帯および熱帯地域のサンプルに最も効果的です。

多数のサンプルが同時に収集される主要な研究では、通常、サンプルは 10% ホルマリン溶液を使用して固定され、メイオファウナは後日抽出されます。主な抽出方法は 2 つあります。最初のデカンテーションは、粗い堆積物に最適です。サンプルを過剰の水で振とうし、沈殿物を短時間沈降させ、メイオファウナを濾別します。2番目の方法論である浮選法は、堆積物粒子の質量がメイオファウナの質量に近い、より細かい堆積物に最適です。使用するのに最適なソリューションは、コロイダルシリカ、Ludox です。サンプルを Ludox 溶液に攪拌し、40 分間静置した後、メイオファウナをろ過します。微細な沈殿物では、遠心分離により抽出効率が向上します。

も参照

参考文献

  • Giere、Olav (2009)。マイオベントロジー。水生堆積物の微視的運動動物群、第 2 版、Springer。ISBN  978-3-540-68657-6 .
  • Higgins、RPおよびThiel、H.(1988)メイオファウナの研究の紹介。Smithsonian Institution Press、ワシントン DC ISBN 0-87474-488-1 
  • Mare, MF (1942) 微生物に特に言及した海洋底生生物群集の研究。英国海洋生物学会誌25 :517-554。
  • Nielsen, C. (2001) 動物の進化: 生きている門の相互関係。オックスフォード大学出版局。ISBN 0-19-850682-1 
  • Uhlig、G.、Thiel、H.およびGray、JS(1973)メイオファウナの定量的分離。Helgoländer wissenschaftliche Meeresuntersuchungen11 : 178–185。

外部リンク

0.035392045974731