メディアゲートウェイ制御プロトコル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

メディアゲートウェイ制御プロトコルMGCPは)シグナリングおよびコール制御である通信プロトコルで使用されるボイスオーバーIP(VoIP)の通信システム。これは、実装メディアゲートウェイ制御プロトコル・アーキテクチャを制御するメディアゲートウェイに接続された公衆交換電話網(PSTN)を。[1]メディアゲートウェイは、従来の電子メディアをインターネットプロトコル(IP)ネットワークに変換します。このプロトコルは、Bellcoreによって開発されSimple Gateway Control Protocol(SGCP)の後継です。Cisco、およびインターネットプロトコルデバイス制御(IPDC)。[2]

MGCPの方法論は、電話網のセントラルオフィスに類似した呼制御センターのソフトスイッチに常駐するネットワークの能力を備えたPSTNの構造を反映しています。エンドポイントはインテリジェンスの低いデバイスであり、ほとんどの場合、ソフトスイッチのコールエージェントまたはメディアゲートウェイコントローラから制御コマンドを実行し、それに応じて結果を示します。このプロトコルは、H.323Session Initiation Protocol(SIP)などの他のVoIPモデルの分解を表しており、コールのエンドポイントデバイスはより高いレベルのシグナリングインテリジェンスを備えています。

MGCPは、コマンドと応答で構成されるテキストベースのプロトコルです。コールセッションで送信されるメディアストリームを指定およびネゴシエートするためにSessionDescription Protocol(SDP)を使用し、メディアストリームをフレーミングするためにReal-time Transport Protocol(RTP)を使用します。

アーキテクチャ

ゲートウェイ制御プロトコルの関係

メディアゲートウェイ制御プロトコル・アーキテクチャとその方法論およびプログラミングインタフェースはRFC 2805に記載されている[1]

MGCPは、メディアゲートウェイ(MG)が呼制御エージェントまたはソフトスイッチによって制御されるマスタースレーブプロトコルです。このコントローラーは、メディアゲートウェイコントローラー(MGC)またはコールエージェント(CA)と呼ばれます。ネットワークプロトコルを使用すると、メディアゲートウェイの特定の各ポートを制御できます。これにより、ゲートウェイの集中管理が容易になり、スケーラブルなIPテレフォニーソリューションが提供されます。分散システムは、回線交換とパケット交換ネットワークとの間のメディア信号の変換を行う少なくとも一つのコールエージェント及び一つ又は通常、複数のメディアゲートウェイ、で構成され、少なくとも一つれるシグナリングゲートウェイ(SG)に接続されている場合PSTN

MGCPは、エッジ(エンドポイント、メディアゲートウェイ)でのインテリジェンスが制限され、コアコントローラでのインテリジェンスが制限された呼制御アーキテクチャを提供します。MGCPモデルは、コールエージェントが互いに同期して、コヒーレントなコマンドと応答を制御下のゲートウェイに送信することを前提としています。

コールエージェントは、MGCPを使用して、メディアゲートウェイからのイベント通知、レポート、ステータス、および設定データを要求し、PSTNテレフォニーインターフェイスへの接続パラメータと信号のアクティブ化を指定します。

ソフトスイッチは通常、たとえば、Signaling System No. 7(SS7)機能にアクセスするために、シグナリングゲートウェイと組み合わせて使用​​されますコールエージェントは、MGCPを使用してシグナリングゲートウェイを制御しません。むしろ、SIGTRANプロトコルは、シグナリングゲートウェイとコールエージェント間のシグナリングバックホールするために使用されます。

複数のコールエージェント

通常、メディアゲートウェイは、制御コマンドを受け入れることができるコールエージェントのリストを使用して設定できます。

原則として、イベント通知は、NotifiedEntityパラメータを設定することによってコールエージェントから受信した指示に従って、ゲートウェイ上のエンドポイントごとに異なるコールエージェントに送信できます。ただし、実際には、通常、ゲートウェイのすべてのエンドポイントが同じコールエージェントによって制御されることが望ましいです。プライマリコールエージェントに障害が発生した場合、またはメディアゲートウェイとの接続が失われた場合に冗長性を提供するために、他のコールエージェントを使用できます。このような障害が発生した場合、バックアップコールエージェントに報告するようにメディアゲートウェイを再構成するのはバックアップコールエージェントの責任です。ゲートウェイを監査して、競合を解決するために使用できるクエリである制御呼び出しエージェントを決定できます。

複数のコールエージェントの場合、MGCPは、エージェントがデバイスの状態に関する知識を保持していることを前提としています。このようなフェイルオーバー機能は、計画停止と計画外停止の両方を考慮に入れています。

プロトコルの概要

MGCPは、通信の3つの重要な要素、メディアゲートウェイコントローラ(コールエージェント)、メディアゲートウェイエンドポイント、およびこれらのエンティティ間の接続を認識しますメディアゲートウェイは複数のエンドポイントをホストする場合があり、各エンドポイントは複数の接続に関与できる必要があります。エンドポイント上の複数の接続は、キャッチホン三者通話などの通話機能をサポートします

MGCPは、コマンドおよび応答モデルを使用するテキストベースのプロトコルです。コマンドと応答は、空白文字で構成され、フォーマットされたメッセージでエンコードされているスペース水平タブキャリッジリターン改行コロン、およびピリオド。メッセージは、ユーザーデータグラムプロトコル(UDP)を使用して送信されます。メディアゲートウェイはポート番号2427を使用し、コールエージェントはデフォルトで2727を使用します。

コマンド(または要求)のメッセージシーケンスとその応答はトランザクションと呼ばれ、各トランザクションで交換される数値のトランザクション識別子によって識別されます。プロトコル仕様では、AUEP、AUCX、CRCX、DLCX、EPCF、MDCX、NTFY、RQNT、およびRSIPの4文字のコマンド動詞で区別される9つの標準コマンドが定義されています。応答は、トランザクションの結果または結果を識別する3桁の数値応答コードで始まります。

コールエージェントは、エンドポイントとそれに関連する接続の状態を照会するために2つの動詞を使用します。

  • AUEP:監査エンドポイント
  • AUCX:接続の監査

メディアゲートウェイエンドポイントへの接続を管理するために、コールエージェントは3つの動詞を使用します。

  • CRCX:接続の作成
  • DLCX:接続を削除します。このコマンドは、接続を終了するためにエンドポイントによって発行される場合もあります。
  • MDCX:接続を変更します。このコマンドは、接続の動作特性(音声エンコーダー、ミューティング、半二重/全二重状態など)を変更するために使用されます。

1つの動詞は、エンドポイントで発生するイベントの通知を要求し、接続されたPSTNネットワークリンク、または接続されたテレフォニーエンドポイント(電話など)に信号を適用するために、コールエージェントによって使用されます。

  • RQNT:通知のリクエスト

1つの動詞は、コールエージェントが以前にRQNTコマンドで通知を要求したイベントを検出したことをコールエージェントに示すためにエンドポイントによって使用されます。

  • NTFY:通知

コールエージェントは、エンドポイントの回線側で期待されるコーディング特性を変更するために1つの動詞を使用します。

  • EPCF:エンドポイント構成

1つの動詞は、エンドポイントが再起動中であることをコールエージェントに示すために使用されます。

  • RSIP:再起動中

標準文書

  • RFC  3435-メディアゲートウェイコントロールプロトコル(MGCP)バージョン1.0(これはRFC 2705に優先します)
  • RFC  3660-基本的なメディアゲートウェイ制御プロトコル(MGCP)パッケージ(情報)
  • RFC  3661-メディアゲートウェイ制御プロトコル(MGCP)のリターンコードの使用法
  • RFC  3064 - MGCP CASパッケージ
  • RFC  3149 - MGCPビジネス電話パッケージ
  • RFC  3991-メディアゲートウェイ制御プロトコル(MGCP)リダイレクトおよびリセットパッケージ
  • RFC  3992 -メディアゲートウェイコントロールプロトコル(MGCP)ロックステップ状態報告メカニズム(情報提供)
  • RFC  2805 -メディアゲートウェイコントロールプロトコルのアーキテクチャと要件
  • RFC  2897 - MGCPアドバンストオーディオパッケージの提案

メガコ

メディアゲートウェイ制御プロトコルアーキテクチャの別の実装は、インターネット技術特別調査委員会(RFC 3525)と国際電気通信連合(推奨H.248.1)のコラボレーションであるH.248 / Megacoプロトコルです両方のプロトコルは、RFC 2805で説明されているように、上位のメディアゲートウェイ制御プロトコルアーキテクチャのガイドラインに従います。ただし、プロトコル構文と基盤となる接続モデルが異なるため、プロトコルには互換性がありません。

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b RFC 2805、メディアゲートウェイ制御プロトコルのアーキテクチャと要件、N。Greene、M。Ramalho、B。Rosen、IETF、2000年4月
  2. ^ 「レベル3コミュニケーションズ、BellcoreがVoice OverIPのプロトコル仕様の統合を発表」レベル3コミュニケーションズ検索された8年6月2012

外部リンク