マルティン・ルター

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ


マルティン・ルター

Lucas Cranach d.Ä. - Martin Luther, 1528 (Veste Coburg).jpg
ルーカス・クラナッハ長老によるマルティン・ルター(1529)
生まれ1483年11月10日
死亡しました1546年2月18日(1546-02-18)(62歳)
アイスレーベン、マンスフェルト郡、神聖ローマ帝国
教育エアフルト大学
職業
注目すべき仕事
配偶者たち)カタリナ・フォン・ボラ
子供達
神学的研究
時代改革
伝統や動きルーテル主義
注目すべきアイデア5つのソラ律法と福音十字架の神学二王国論
サイン
Martin Luther Signature.svg

マーティン・ルーサー・ OSA/ L U θ ər / ; [1] ドイツ語:[maʁtiːnlʊtɐ] 聞くAbout this sound ; 1483年11月10日[2]  - 1546年2月18日)であったドイツ人の教授神学、司祭、著者、作曲、元アウグスティノ僧[3]と最良に精液図形として知られてプロテスタントの改革との同名としてルター

ルターは1507年に神権に叙階されました。彼はローマカトリック教会のいくつかの教えと実践を拒否するようになりました。特に、彼は耽溺についての見解に異議を唱えた。ルターは、1517年の95か条の論題で、耽溺の実践と有効性についての学術的議論を提案しました1520年の教皇レオ10と、ヴォルムス帝国議会での聖ローマ皇帝チャールズVの要求により、すべての著作を放棄することを拒否しました。1521年に彼の結果破門によって教皇などと非難無法者によって神聖ローマ皇帝

ルターはその教え救いをして、結果的に、永遠の命は善行によって得ていないだけで、神の自由なギフトとして受け取っている恵み信者さんを通じて信仰イエス・キリストの罪からの救い主として。彼の神学聖書神聖に明らかにされた知識の唯一の源である教えて教皇の権威と職務に異議を唱え[4]洗礼を受けたすべてのキリスト教徒を聖なる神権と見なすことによって聖職者主義に反対した[5]これら、およびルターのより広い教えのすべてと同一視する人々はルターと呼ばれますが、ルターはキリストを公言した個人の唯一の受け入れ可能な名前としてキリスト教または福音派ドイツ語福音派)を主張しました

彼が聖書ラテン語ではなくドイツ語に翻訳したことで、平信徒にとってよりアクセスしやすくなりました。これは、教会とドイツ文化の両方に多大な影響を与えた出来事です。それはドイツ語の標準版の開発を促進し、翻訳の芸術にいくつかの原則を追加し[6]、英語の翻訳であるティンデール聖書の執筆に影響を与えました[7]彼の賛美歌は、プロテスタントの教会での歌の発達影響を与えました[8]元尼僧であるカタリナ・フォン・ボラとの彼の結婚は、聖職者の結婚の実践のモデルを設定しました、プロテスタントの聖職者が結婚できるようにします。[9]

後の2つの作品で、ルターはユダヤ人に対する敵対的で暴力的な見解を表明しシナゴーグの焼却と追放を求めました。[10]彼のレトリックは、ユダヤ人だけに向けられたのではなく、ローマのカトリック教徒、アナバプテスト、そして非三位一体のキリスト教徒にも向けられた[11]ルーサーは1546年に亡くなり、教皇レオ10世の破門はまだ有効でした。

若いころ

誕生と教育

ルーカス・クラナッハ長老によるハンスとマルガレーテ・ルーサーの肖像、1527年
元僧侶の寮、聖アウグスティヌス修道院、エアフルト

マルティン・ルターは神聖ローマ帝国のマンスフェルト郡アイスレーベンで1483年11月10日にハンス・ルター(またはルダー、後にルター)[12]と彼の妻マルガレーテ(旧姓リンデマン)に生まれました。ルーサーは翌朝、トゥールのマルティヌスの祝祭日バプテスマを受けまし。彼の家族は1484年マンスフェルド移り、そこで父親は銅鉱山と製錬所の借地権者であり[13]、地方議会で4人の市民代表の1人を務めました。 1492年に彼は町議会議員に選出されました。[14] [12]宗教学者マーティンマーティルーサーの母親は、彼女を売春婦とバスアテンダントと名付けたルーサーの敵とは対照的に、「取引クラスの株と中途半端な手段」の勤勉な女性であると説明しています。[12]

彼には数人の兄弟姉妹がいて、そのうちの一人、ジェイコブの近くにいたことが知られています。[15]

ハンス・ルターは彼自身と彼の家族のために野心的でした、そして彼は彼の長男であるマーティンが弁護士になるのを見ることを決心しました。彼はその後、マンスフェルトでラテン語学校にマーティンを送っマクデブルク彼は学校に通っ1497では、運営信徒グループと呼ばれる一般的な生活の兄弟、そしてアイゼナハ1498で[16] 3つの学校は、いわゆる"に焦点を当てトリビウム":文法、レトリック、ロジック。ルターは後にそこでの彼の教育を煉獄地獄と比較しました[17]

1501年に17歳で、彼はエアフルト大学に入学しました。彼は後にビールハウスと売春宿と表現しました。[18]彼は、「暗記としばしば疲れ果てた精神的な運動の日」と言われていることのために、毎朝4時に起こされました。[18]彼は1505年に修士号を取得した。[19]

修道士としてのルター、トンスラ
ヴィッテンベルクのルーサーの宿泊施設

父親の希望に応じて、彼は法律に登録したが、法律は不確実性を表していると信じて、ほとんどすぐに脱落した。[19]ルーサーは生命についての保証を求め、神学と哲学に惹かれ、アリストテレスオッカムのウィリアムガブリエルビールに特に関心を示した[19]彼は深く2人のチューター、影響を受けたバーソロマエウス・アーノルディでも最大の思想家の不審なことを彼に教えフォンUsingenのとJodocus Trutfetter、[19]自身は経験により、テストすべてに。[20]

哲学は満足のいくものではなく、理性の使用についての保証を提供しましたが、ルターにとってより重要であった神を愛することについては何も保証しませんでした。理性は人を神に導くことができなかったと彼は感じ、その後彼はアリストテレスが理性を強調することをめぐってアリストテレスとの愛憎関係を築きました。[20]ルターにとって、理性は人や制度に質問するために使用できますが、神には使用できません。人間は神の啓示を通してのみ神について学ぶことができたと彼は信じていました、そしてそれ故に聖書は彼にとってますます重要になりました。[20]

1505年7月2日、ルーサーが家に帰った後、馬に乗って大学に戻っていたとき、雷雨の最中に稲妻が彼の近くを襲った。後に父親に死と神の裁きを恐れていると告げると、彼は「助けて!聖アンナ、私は僧侶になります!」と叫びました[21] [22]彼は助けを求める彼の叫びを、決して破ることができない誓いとして見るようになった。彼は大学を卒業し、本を売り、1505年7月17日エアフルトの聖アウグスティヌス修道院入った[23]ある友人は、2人の友人の死に対するルーサーの悲しみの決定を非難しました。ルター自身はその動きに悲しんでいるようだった。別れの夕食に出席した人々は彼を黒い回廊のドアに連れて行った。「この日、あなたは私に会い、そして二度と二度と会わない」と彼は言った。[20]彼の父は、ルーサーの教育の無駄だと彼が見たものに激怒した。[24]

出家生活

アウグスチノの兄弟としてのルターの死後の肖像

ルターはアウグスチノ会の修道会に専念し、断食、長時間の祈り巡礼、そして頻繁な告白に専念しました[25]ルターは、彼の人生のこの時期を深い精神的絶望の1つとして説明しました。彼は、「私は救い主であり慰め者であるキリストとの接触を失い、彼を私の貧しい魂の看守と絞首刑執行人にした」と述べた。[26] ルターの上司であり告白者であるヨハン・フォン・シュタウピッツは、ルターの心を、キリストの功績に対する彼の罪についての絶え間ない反省から遠ざけた。彼は、真の悔い改めには、自傷行為による罰や罰ではなく、心の変化が含まれると教えました。[27]

1507年4月3日、ブランデンブルク司教のジェロームシュルツ(後期ヒエロニムススカルテトゥス)エアフルト大聖堂でルターを叙階しました。 1508年、新しく設立されたヴィッテンベルク大学の初代学部長であるフォンシュタウピッツは、ルターに神学を教えるために派遣しました。[27] [28] 1508年3月9日に聖書学の学士号を取得し、1509年にペトルスロンバルドによって文の学士号を取得した。[29] 1512年10月19日、彼は神学博士を授与され、21日に1512年10月、ヴィッテンベルク大学の神学部の上院に受け入れられた[30]。神学の議長としてフォンシュタウピッツを引き継いだ。[31]彼は残りのキャリアをヴィッテンベルク大学のこの役職で過ごした。

彼は1515年に彼の修道会によってザクセン州テューリンゲン州の州の牧師なりました。これは、彼が彼の州の11の修道院のそれぞれを訪問して監督することを意味しました。[32]

改革の始まり

ルターの論題は、ヴィッテンベルクのオールセインツ教会の扉に刻まれています。上記のラテン語の碑文は、元のドアが火事で破壊され、1857年にプロシアのフリードリヒヴィルヘルム4世が交換を命じたことを読者に知らせています。

1516年ドミニコ会の修道士であるヨハンテッツェルがローマカトリック教会からドイツに派遣され、ローマのサンピエトロ大聖堂を再建するために資金を調達するための贖宥を売りました。[33]特に1503年と1510年の間におぼれるの説教者としてTetzelの経験、によって一般コミッショナー就任につながったアルブレヒト・フォン・ブランデンブルク、マインツの大司教深くのbeneficesの大規模な蓄積を支払うために借金して、貢献しなければなりませんでした、 1万のducatsのかなりの合計[34]ローマのサンピエトロ大聖堂の再建に向けて。アルブレヒトは教皇レオ10世から特別なプレナリー贖宥(すなわち、罪の一時的な罰の免除)の販売を行う許可を得ました。その収益の半分はアルブレヒトが彼の受益者の料金を支払うと主張することになっていました。

1517年10月31日、ルーサーは彼の司教アルブレヒト・フォン・ブランデンブルクに、贖宥の売却に抗議して手紙を書きました。彼は手紙の中に彼の「耽溺の力と有効性に関する論争」[a]のコピーを同封しました。それは95か条の論題として知られるようになりました。ハンス・ヒラーブランドは、ルーサーは教会に立ち向かうつもりはなかったが、彼の論争を教会の慣行に対する学者の反対と見なしたと書いている。したがって、執筆の口調は「教義ではなく探求」である。[36]それにもかかわらず、ヒラーブランドは、これらのいくつか、特に論文86で、挑戦の底流があると書いている。「今日の富が最も裕福なクラサスの富よりも大きい教皇はなぜですか。、自分のお金ではなく、貧しい信者のお金でサンピエトロ大聖堂を建てますか?」[36]

アウグスブルクの長老ヨルグ・ブロイによる木版画、ミントメーカーへの質問に示されている耽溺のカトリックの販売、ca。1530

ルターは、「コッファーのコインが鳴るとすぐに、煉獄からの魂(「天国へ」としても証明されている)が湧き出る」というテッツェルのことわざに反対しました。[37]彼は、許しは神だけが与えることだったので、耽溺すべての罰から買い手を免除し、彼らに救いを与えたと主張した人々は誤りであると主張した。クリスチャンは、そのような誤った保証のためにキリストに従うことを怠ってはならないと彼は言いました。

ある報告によると、ルーサーは1517年10月31日に95か条の論題ヴィッテンベルクのオールセインツ教会の扉に釘付けにしました。 、それは歴史の柱の1つとして定着しましたが、真実にはほとんど根拠がありません。[38] [39] [40] [41]物語は、ルーテルの協力者フィリップ・メランヒトンのコメントに基づいているが、彼は当時ヴィッテンベルクにいなかったと考えられている。[42]一方、ローランド・ベイントンよれば、それは真実です。[43]

ラテン語の論文は1517年にドイツのいくつかの場所で印刷されました。1518年1月、ルーサーの友人は95か条の論題をラテン語からドイツ語に翻訳しました[44] 2週間以内に、これらのコピーがドイツ全土に広まった。ルーサーの著作は広く流通し、早くも1519年にフランス、イギリス、イタリアに届きました。学生たちはルーサーの話を聞くためにヴィッテンベルクに押し寄せました。彼はガラテヤ人への短い解説詩篇に関する彼の作品を発表しました。ルーサーのキャリアのこの初期の部分は、彼の最も創造的で生産的なものの1つでした。[45]彼の最も有名な作品の3つは1520年に出版されました:ドイツ国民のキリスト教の貴族へ教会のバビロン捕囚について、そしてキリスト教徒の自由について

信仰のみによる正当化

マルティン・ルターが信仰義認教義を発見したことを描いた「エアフルトのルター」(信仰のみによる)。ジョセフノエルパトンによる絵画、1861年。

1510年から1520年まで、ルターは詩篇とヘブライ人、ローマ人、ガラテヤ人への手紙について講義しました。聖書のこれらの部分を研究するにつれて、彼はカトリック教会による悔い改めなどの用語の使用を新しい方法で見るようになりました。彼は教会がその方法で腐敗していると確信し、キリスト教の中心的な真理のいくつかとして彼が見たものを見失っていました。ルターにとって最も重要なのは、神の恵みによる信仰だけによる義認の教義、つまり罪人を義と宣言する神の行為でした。彼は、救いや贖いは神の恵みの賜物でありメシアとしてのイエスへの信仰によってのみ達成できると教え始めました[46]「私たちが義認の教義と呼ぶこの堅固な岩は、すべての敬虔さの理解を理解するキリスト教の教義全体の主要な記事です」と彼は書いています。[47]

ルターは正当化を完全に神の働きとして理解するようになりました。ルーテルによるこの教えは、デジデリウス・エラスムス(1524)による自由意志に応えて書かれた彼の1525年の出版物「奴隷意志論」で明確に表現されました。ルターは、エフェソの信徒への手紙第2章8-10節への聖パウロの手紙の予定説基づいて彼の立場を述べました。信者の義の行いは神と協力て行われるという彼の時代の教えに反して、ルターはクリスチャンは完全に自分の外からそのような義を受けると書いています。その義はキリストから来るだけでなく、実際に信仰によって(彼らに注入されるのではなく)クリスチャンに課せられたキリストの義。[48]

「それが、信仰だけが誰かを公正にし、律法を履行する理由です」と彼は書いています。「信仰とは、キリストの功績によって聖霊をもたらすものです。」[49]信仰は、ルターにとって、神からの贈り物でした。信仰によって正当化された経験は、「​​私が新たに生まれたかのように」でした。彼のパラダイスへの参入は、「神の義」についての発見であり、聖書が語っている「正義の人」(ローマ人への手紙第1章17節のように)が信仰によって生きているという発見でした。[50]彼は、シュマルカルデンの記事で「正当化」の概念を説明しています

最初の主な記事はこれです:私たちの神であり主であるイエス・キリストは私たちの罪のために死に、私たちの義認のために再びよみがえられました(ローマ3:24–25)。彼だけが世の罪を取り除く神の子羊であり(ヨハネ1:29)、神は私たちすべての罪を彼に負わせました(イザヤ53:6)。すべての人は罪を犯し、キリスト・イエスの血の中にある贖いを通して、彼の恵みによって、彼ら自身の働きやメリットなしに、自由に正当化されました(ローマ3:23–25)。これは信じる必要があります。これは、他の方法で、いかなる仕事、法律、またはメリットによっても取得または把握することはできません。したがって、この信仰だけが私たちを正当化することは明らかであり、確かです...天と地と他のすべてが落ちたとしても、この記事のどれも譲歩したり降伏したりすることはできません(マルコ13:31)。[51]

ルターの「キリストと彼の救い」の再発見は、改革の基礎となった2つのポイントの最初のものでした。贖宥の販売に対する彼の手すりはそれに基づいていた。[52]

乳首の違反

教皇レオ10世の雄牛、マルティン・ルターの誤り、1521年、通称エクスルゲ・ドミネ

アルブレヒト大司教は、95か条の論題を含むルーサーの手紙に返答しなかった。彼はこれらの異端をチェックし、1517年12月にそれらをローマに転送しました。[53]彼は、複数の司教区の彼の在職期間のために教皇の特免を完済するために耽溺からの収入を必要としていました。ルーサーが後で指摘するように、「半分はローマのサンピエトロ教会の建物に行くことになっていたので、教皇もパイに指を持っていた」。[54]

教皇レオ10世は改革者と異端者に慣れていて[55]、彼はゆっくりと「適切なように細心の注意を払って」反応した。[56]次の3年間で、彼は一連の教皇神学者と使節をルターに対して配置したが、それは改革者の反教皇神学を固めるのに役立っただけだった。最初に、ドミニカの神学者シルベスター・マッゾリーニは、レオがローマに召喚したルーサーに対する異端訴訟を起草しました。選帝侯フリードリヒは、ルターはアウグスブルク、で検討してきたし、ローマ教皇を説得帝国議会が開催されました。[57] 1518年10月の3日間にわたって、ルーサーは教皇 特使のカジェタン枢機卿による尋問の下で身を守った。。法王が耽溺を発する権利は、二人の男の間の論争の中心でした。[58] [59]公聴会は叫びの試合に退化した。ルーサーの教会との対決は、彼の論文を書くだけでなく、彼を教皇の敵として投げかけました。「法王は聖書を乱用している」とルーサーは反論しました。 「私は彼が聖書の上にいることを否定します」。[60] [61]カジェタンの当初の指示は、ルーサーが辞任しなかった場合に逮捕することであったが、合衆国はそうすることをやめた。[62]カルメル会の僧侶、 クリストフ・ランゲンマンテルの助けを借りて、ルーサーはカジェタンに知られていない夜、街から抜け出した。[63]

マルティン・ルター(右)とカジェタン枢機卿(左、本を持っている)の会談

1519年1月には、時アルテンブルクザクセン州では、教皇使節 カール・フォン・Miltitzは、より多くの融和的なアプローチを採用しました。ルーサーは選挙人の親戚であったサクソン人に一定の譲歩をし、敵がそうするなら沈黙を保つことを約束した。[64]しかしながら、神学者ヨハン・エックは、公のフォーラムでルターの教義を明らかにすることを決心した。 1519年6月と7月に、彼ライプツィヒでルーサーの同僚アンドレアス・カールシュタット論争を繰り広げ、ルーサーに講演を依頼した。[65]討論におけるルターの最も大胆な主張は、マタイによる福音書第16章18節でした。教皇に聖書を解釈する排他的権利を与えるものではないので、教皇も教会評議会も絶対的ではありませんでした[66]このため、エックはルターに新しいブランドのヤン・フスをチェコの改質器を参照すると、異端は火あぶりにその瞬間から1415で、彼はルターの敗北に専念しました。[67]

破門

1520年6月15日、教皇は、とルターに警告した教皇勅書(布告)Exsurgeドミネ彼が危険にさらしたことを破門を彼は含めて彼の文章から引き出された41個の文章、撤回しない限り、95ヶ条の論題を60日以内に、。その秋、エックはマイセンや他の町で雄牛を宣言しました。フォンMiltitzは解決策を仲介しようとしましたが、ローマ教皇にコピー送っていたルーサー、キリスト者の自由を雄牛とし、10月に公にセット火をdecretals 1520年12月10日にヴィッテンベルクで、[68]彼は擁護する行為で教皇と彼の最近の著書が燃焼されているのはなぜおよびすべての記事に関するアサーションその結果、ルーサーは1521年1月3日に教皇レオ10世によって、雄牛のDecet RomanumPontificemで破門されました[69]そして、ルター派世界連盟、メソジストとキリスト教一致推進評議会は(それぞれ1999年と2006年に)「キリストへの信仰による神の恵みによる義認の共通の理解」に同意したが、カトリック教会は1520年のexcommunicationを決して持ち上げませんでした。[70] [71] [72]

ワームの食事療法

アントン・フォン・ヴェルナー(1843–1915)によるヴォルムス帝国議会の前のルター

95テセの禁止の執行は世俗的な当局に落ちました。 1521年4月18日、ルターはヴォルムス帝国議会の前に命じられたとおりに現れました。これはライン川沿いの町ワーム行われた神聖ローマ帝国の領地の総会でした。 1521年1月28日から5月25日まで、皇帝カール5世が主宰して行われました。プリンスフレデリックIII、ザクセン選帝侯は、取得した安全な行動に、会議からルターのために。

ヨハン・エックは、帝国を代表してトリアー大司教の助手として話し、ルーサーに彼の著作のコピーをテーブルに並べて提示し、本が彼のものであるかどうか、そして彼がその内容を支持しているかどうかを尋ねました。ルーサーは自分が著者であることを確認しましたが、2番目の質問に対する答えについて考える時間を要求しました。彼は祈り、友人に相談し、翌日彼の返答をしました:

私が聖書の証言または明確な理由によって確信していない限り(私は教皇または評議会だけを信頼していないので、彼らはしばしば誤りを犯し、矛盾していることがよく知られているので)、私は聖書に拘束されます私は引用しました、そして私の良心は神の言葉に捕らわれています。良心に反することは安全でも権利でもないので、私は何も撤回することはできませんし、そうしません。神が私を助けてくださいますように。アーメン。[73]

この演説の終わりに、ルーサーは「試合に勝つ騎士の伝統的な敬礼で」腕を上げた。マイケル・ミュレットは、このスピーチを「画期的な演説の世界的古典」と見なしています。[74]

ワームのルター記念碑彼の像は、彼の信徒保護者と、ジョンウィクリフ、ヤンフス、ジロラモサヴォナローラなどの初期の教会改革者の像に囲まれています。

エックはルーサーに彼が異端者のように振る舞っていることを知らせ、こう言った。

マーティン、教会の懐を引き裂いた異端は誰もいません。それは聖書のさまざまな解釈からその起源を導き出していないのです。聖書自体は、各イノベーターが彼の欺瞞的な議論を引き出した武器です。ペラギウスアリウスが彼らの教義を維持したのは聖書のテキストでした。たとえば、アリウスは、新約聖書のこの節で、みことばの永遠の否定を発見しました。ジョセフは、長男を産むまで妻を知りませんでした。そして彼は、あなたが言うのと同じように、この一節が彼をつなぎとめたと言った。コンスタンツ公会議の父親がヤン・フスのこの提案を非難したとき—イエス・キリストの教会は選民の共同体に過ぎず、彼らは誤りを非難しました。なぜなら、教会は、良い母親のように、クリスチャンの名を冠したすべての人、天の至福を楽しむために召されたすべての人を彼女の腕の中に抱きしめているからです。[75]

ルーサーは彼の著作を撤回することを拒否した。彼はまた、「ここに立っている。他に何もできない」と言っていると言われることもある。最近の学者は、これらの言葉が「神が私を助けてくれますように」の前に挿入された後のバージョンのスピーチでのみ挿入され、訴訟の証人の説明に記録されていないため、これらの言葉の証拠は信頼できないと考えています。[76]しかし、マレットは、彼の性質を考えると、「ルターはより劇的な形の言葉を選択する傾向があると私たちは自由に信じることができる」と示唆している。[74]

次の5日間、ルーサーの運命を決定するためにプライベートカンファレンスが開催されました。皇帝は1521年5月25日にヴォルムス叙事詩の最終草案を提出し、ルーサーを無法者と宣言し、彼の文学を禁止し、彼の逮捕を要求しました。[77]それはまた、ドイツの誰もがルターに食べ物や避難所を与えることを犯罪にした。それは誰でも法的な結果なしにルターを殺すことを許しました。

ヴァルトブルク城で

ヴァルトブルクルターはドイツ語に新約聖書を翻訳したお部屋です。オリジナルの初版は机の上のケースに保管されています。

ヴィッテンベルクに戻ったルーサーの失踪が計画されていた。フリードリヒ3世は、高速道路の強盗になりすました仮面の騎手によって、ヴィッテンベルク近くの森に帰る途中で彼を傍受させました。彼らはのセキュリティへルターを護衛ヴァルトブルク城でのアイゼナハ[78]彼が「私のパトモスと呼んだヴァルトブルクでの滞在中に[79]ルターは新約聖書をギリシャ語からドイツ語に翻訳し、教義的および論争的な書物を注ぎ出した。これらには、マインツのアルブレヒト大司教に対する新たな攻撃が含まれ、彼は彼の司教職における贖宥の販売を停止することを恥じた[80]。そして「ラトマスの議論の反駁」では、彼は正当化の原則をルーバンの正統派神学者であるヤコブス・ラトマスに説明した[81]信仰に関する彼の最も強調された声明の一つであるこの作品において、彼は、神の恵みを引き付けるように設計されたすべての良い作品は罪であると主張しました。[82]すべての人間は本質的に罪人であり、神の恵みであると彼は説明した。(稼ぐことはできません)一人でそれらを正しくすることができます。 1521年8月1日、ルターは同じテーマでメランクトンに次のように書いています。私たちがここにいる間、私たちは罪を犯します。なぜなら、この人生は正義が存在する場所ではないからです。」[83]

1521年の夏、ルターは彼の目標を耽溺や巡礼のような個々のパイから教会の実践の中心にある教義にまで広げました。でプライベートミサの廃止で、彼は全体集会で感謝して受信される贈り物であることを主張する代わりに、偶像崇拝と質量が犠牲であるという考えを非難しました。[84]告白に関する彼のエッセイ、教皇が要求する力を持っているかどうかそれ「すべてのキリスト教徒は告白者である」ので、強制的な告白拒絶し、私的な告白と赦免を奨励した[85] 11月、ルターは修道誓願についてマルティン・ルターの判決を書いた彼は僧侶と尼僧に、誓いは非嫡出で無駄な救いを勝ち取ろうとしたので、罪を犯さずに誓いを破ることができると保証しました。[86]

JunkerJörg」を装ったルーサー、1521年

1521年、ルターは主に予言を扱い、そこで彼は改革の基礎を広げ、予言的な信仰​​に置きました。彼の主な関心は、ダニエル書8:9–12、23–25のリトルホーンの予言に集中していました。2テサロニケ2の反キリストは、パパシーの力として特定されました。ダニエル書第7章のリトルホーンも、ローマの各部門の中で登場し、明示的に適用されました。[87]

ルーサーは、ヴィッテンベルクでの急速な発展の文脈でヴァルトブルクから彼の発言をしました、そしてそれについて彼は完全に知らされていました。アンドレアス・カールシュタットは、元アウグスチノ派のガブリエル・ツウィリングに支えられて、1521年6月に、ルーテルが想定したものを超える抜本的な改革プログラムに着手しました。改革は、アウグスチノ会の兄弟たちによる彼らの以前に対する反乱、教会での彫像や像の破壊、そして治安判事の非難を含む混乱を引き起こした。 1521年12月初旬に密かにヴィッテンベルクを訪れた後、ルターは、反乱と反乱から身を守るために、すべてのクリスチャンにマルティン・ルターによる誠実な忠告を書きまし[88]ヴィッテンベルクは、クリスマスの後、幻想的な熱狂者のバンド、いわゆるツヴィッカウの預言者たちは、そのような人間の平等、として画期的な教義を説いて、到着[明確化必要] 大人の洗礼、そしてキリストの差し迫ったリターン。[89]町議会がルーサーに戻るように頼んだとき、彼は行動することが彼の義務であると決定した。[90]

ヴィッテンベルクと農民戦争に戻る

ルターハウス、ヴィッテンベルクのルターの住居

ルターは1522年3月6日に密かにヴィッテンベルクに戻った。彼は選挙人に次のように書いた。[91] 3月9日日曜日のインボカビットから始まる四旬節での8日間、ルーサーは8つの説教を説教し、それは「インボカビット説教」として知られるようになった。これらの説教で、彼は愛、忍耐、慈善、自由などのキリスト教の核となる価値観の優位性を打ち明け、必要な変化をもたらすために暴力ではなく神の言葉を信頼するよう市民に呼びかけました。[92]

男性が福音を広めるために暴力を使うのを見たとき、悪魔がどう思うか知っていますか?彼は地獄の火の後ろに腕を組んで座って、悪意のある表情と恐ろしい笑みを浮かべて言います。しかし、みことばが戦場で一人で走り、争っているのを見ると、彼は身震いし、恐れのために震えます。[93]

ルターの介入の効果は即座でした。6回目の説教の後、ヴィッテンベルクの法学者ジェローム・シュルフは選挙人に次のように書いています。 「」[93]

ルターは次に、新しい教会の慣習を逆転または修正することに着手しました。当局と協力して公の秩序を回復することにより、彼は改革内の保守的な力として彼の再発明を合図した。[94]ツヴィッカウの預言者を追放した後、彼は確立された教会と社会不安と暴力を扇動することによって新しい秩序を脅かした急進的な改革者の両方との戦いに直面した。[95]

ヴィッテンベルクでの勝利にもかかわらず、ルーサーは急進主義をさらに遠くに抑えることができませんでした。トマス・ミュンツァーやツヴィッカウの預言者ニコラウス・シュトルヒなどの説教たちは、1521年から1525年の間に貧しい町民や農民の間で支持を得ました。15世紀以来、小規模な農民による反乱がありました[96]教会とヒエラルキーに対するルターのパンフレットは、しばしば「リベラルな」言い回しで表現され、多くの農民は彼が上流階級への攻撃を一般的に支持すると信じるようになった。[97]フランコニアシュヴァーベンテューリンゲンで反乱が勃発した1524年には、不満を抱いた貴族たちからも支持を得ており、その多くは借金を抱えていました。テューリンゲン州のミュンツァーや南西部のヒプラーとロッツァーなどの過激派の指導の下で勢いを増し、反乱は戦争に変わりました。[98]

ルターは、1525年5月12ヶ条の要求への返答で示したように、農民の不満のいくつかに同情しましたが、苦しんでいる人々に一時的な権威に従うように思い出させました。[99]テューリンゲンのツアー中に、彼は修道院、修道院、司教の宮殿、および図書館の広範囲にわたる燃焼に激怒した。で殺人、農民の盗み大群に対するヴィッテンベルクへの彼のリターンに書かれた、彼は、富の福音を教えるの彼の解釈を与えた悪魔の仕事として暴力を非難し、狂った犬のような反乱軍を鎮圧するために貴族のために呼ばれます。

ですから、反逆者ほど有毒、人を傷つけ、悪魔的なものはないことを覚えて、密かにまたは公然と、撃ち、殺し、刺すことができるすべての人に...バプテスマは人を体と財産で自由にするのではなく、魂で自由にするからです。 ;そして、福音は、使徒や弟子たちが使徒4 [:32–37]でしたことを自由意志で行う人々の場合を除いて、商品を一般的にしません。彼らは、怒り狂う私たちの狂った農民のように、ピラトとヘロデの他の人々の品物が一般的であるべきだと要求しませんでしたが、彼ら自身の品物だけでした。しかし、私たちの農民は、他の男性の商品を一般的にし、自分たちのために自分のものを保ちたいと思っています。彼らは素晴らしいクリスチャンです!地獄には悪魔が残っていないと思います。彼らは皆農民に入った。彼らの絶賛はあらゆる手段を超えています。[100]

ルターは、3つの理由で反逆者に対する彼の反対を正当化しました。第一に、世俗的な政府への合法的な服従よりも暴力を選ぶ際に、彼らは「カエサルのものはカエサルに与える」というキリストの助言を無視していました。聖パウロはローマ人への手紙13:1–7に、すべての権威は神によって任命されているので、抵抗されるべきではないと書いていました。聖書からのこの参照は、として知られている教義のための基盤を形成王権神授説を、または、ドイツの場合、王権の神聖な権利。第二に、反逆、強盗、略奪の暴力的な行動は、農民を「神と帝国の法則の外」に置いたので、彼らは「ハイウェイマンと殺人者としてだけでも、肉体と魂の死」に値しました。最後に、ルターは自分たちを「クリスチャンの兄弟」と呼び、福音の旗の下で罪深い行為をしたことを冒涜で反逆者たちに告発しました。[101]人生の後半になってようやく、彼は政府に対する抵抗のいくつかのケースを許可するビアウルフの概念を開発した[102]

蜂起に対するルターの支持なしに、多くの反政府勢力は彼らの武器を置きました。他の人は裏切られたと感じました。1525年5月15日のフランケンハウゼン戦いでのシュヴァーベン同盟による敗北とそれに続くミュンツァーの処刑は、宗教改革の革命的な段階を終わらせました。[103]その後、急進主義はアナバプテスト運動や他の宗教運動に避難所を見つけ、一方、ルターの改革は世俗的な権力の翼の下で繁栄した。[104] 1526年、ルターは次のように書いている。「私、マルティン・ルターは、反乱の最中にすべての農民を殺害した。[105]

結婚

マルティン・ルターは1523年4月にニシンの樽に密輸するよう手配したときに、ニンブシェン・シスターシアン修道院からの脱出を手伝った12人の修道女の1人であるカタリナ・フォン・ボラと結婚しました。[106]「突然、そして私がはるかに異なる考えに夢中になっている間、彼はウェンセスラウス・リンクに書いた、「主は私を結婚に突入させた」。[107]彼らの結婚の時、カタリーナは26歳で、ルーサーは41歳でした。

家族の肖像画を持って机に向かっているマルティン・ルター(17世紀)

1525年6月13日、夫婦はヨハネス・ブゲンハーゲンユストゥス・ジョナス、ヨハネス・アペル、フィリップ・メランヒトンルーカス・クラナッハ長老とその妻を証人として婚約しました。[108]同じ日の夕方、夫婦はブゲンハーゲンと結婚した。[108]教会への儀式の散歩と結婚式の宴会は省略され、2週間後の6月27日に行われた。[108]

アンドレアス・カールシュタットやユストゥス・ジョナスなど、一部の司祭や元修道会のメンバーはすでに結婚していましたが、ルーサーの結婚式は聖職者の結婚に承認の印を付けました。[109]彼は長い間、聖書の理由で独身の誓いを非難していたが、結婚するという彼の決定は、それを無謀と呼んだメランヒトンをはじめ、多くの人々を驚かせた。[110]ルターは、1524年11月30日ジョージ・スパラティンに次のよう書いていた。私は異端者の死を毎日期待しているので、心は結婚を嫌います。」[111] 結婚する前、ルーサーは最も素朴な食べ物で暮らしていました、そして彼が彼自身を認めたように、彼のカビの生えたベッドは一度に何ヶ月も適切に作られていませんでした。[112]

ルーテルと彼の妻は、かつての修道院「黒い回廊」に引っ越しました。これは、ヨハン・ザ・ステッドファスト選帝侯からの結婚式のプレゼントです。彼らは幸せで成功した結婚であるように見えるものに着手しましたが、お金はしばしば不足していました。[113]カタリーナは6人の子供を産んだ:ハンス– 1526年6月。エリザベス – 1527年12月10日、数か月以内に亡くなりました。マグダレン – 1529年、1542年にルーサーの腕の中で亡くなりました。マーティン– 1531;ポール – 1533年1月;およびマーガレット– 1534;彼女は夫婦が農業をし、寄宿生を受け入れることで生計を立てるのを手伝いました。[114]ルーサーはマイケルスティーフェルに打ち明けた1526年8月11日:「私のケイティは、私の貧困をクロイソスの富と交換しないように、私に非常に義務的で喜ばしいことです。」[115]

教会を組織する

教会の命令、メクレンバーグ1650

1526年までに、ルターは新しい教会を組織することにますます専念することに気づきました。会衆が自分の牧師を選ぶという彼の聖書の理想は実行不可能であることが証明されました。[116]ベイントンによれば、「ルーサーのジレンマは、個人的な信仰と経験に基づく告白教会と、特定の地域のすべてを含む領土教会の両方を望んでいたことでした。彼が選択を余儀なくされた場合、彼は大衆と一緒に立ち上がるでしょう。 、そしてこれが彼が動いた方向でした。」[117]

1525年から1529年にかけて、彼は監督教会組織を設立し、新しい形の礼拝を定め、2つのカテキズムの形で新しい信仰の明確な要約を書きました[118]人々を混乱させたり動揺させたりすることを避けるために、ルターは極端な変化を避けました。彼はまた、ある制御システムを別の制御システムに置き換えることを望んでいませんでした。彼はザクセン選帝侯の教会に集中し、新しい領土の教会の顧問としてのみ行動し、その多くは彼のサクソン人のモデルに従った。彼は新しい選挙人であるジョン・ザ・ステッドファストと緊密に協力し、ローマとの決別後、教会に代わって世俗的なリーダーシップと資金を求め、その資産と収入を大幅に奪いました。[119]ルーサーの伝記作家マルティン・ブレヒトにとって、このパートナーシップは「一時的な主権の下での教会政府に向けた疑わしい、もともと意図されていなかった発展の始まりでした」。[120]

選挙人は、以前は司教によって行使されていた権力である教会の訪問承認した[121]時々、ルーサーの実際的な改革は彼の以前の急進的な宣言に及ばなかった。たとえば、メランヒトンがルターの承認を得て起草したザクセン選帝侯教区牧師の訪問者のため指示(1528)は、信仰だけが義認を保証するというルターの立場にもかかわらず、罪の赦しにおける悔い改めの役割を強調しました。[122]アイスレーベン改質器ヨハネス・アグリコラは、この妥協案に挑戦し、ルターは信仰が作品とは別であることを教えるために彼を非難しました。[123]命令ルーサーの思想と実践の一貫した進化を求める人々にとって問題のある文書です。[124]

ルーテル教会の典礼と秘跡

ドイツの典礼の要求に応えて、ルーサーは1526年初頭に出版しドイツのミサを書いた。[125]彼はそれをラテンミサの彼の1523年の適応の代わりとしてではなく、「単純な人々の代わりとして」意図した。 」、「人々が信じてクリスチャンになるための公の刺激」。[126]ルターはカトリックの奉仕に基づいて命令を下したが、「犠牲を払うものはすべて」を省略し、ミサは誰もがワインとパンを受け取る祝賀会となった。[127]彼は、大衆の祭服のような罠仕掛けている、ホストチャリスの高さを保持しました、祭壇、キャンドルはオプションになり、儀式の自由が可能になりました。[128]フルドリッヒ・ツヴィングリの信奉者を含む一部の改革派は、ルターの奉仕はあまりにもパピスティックであると考えており、現代の学者はカトリックのミサに対する彼の代替案の保守主義に注目している。[129]しかしながら、ルターの奉仕には、ドイツ語での賛美歌と賛美歌の会衆の歌唱、およびルターの信条の統一設定を含む典礼の一部が含まれていました[130]単純な人々と若者に到達するために、ルターはカテキズムの形で平日の礼拝に宗教的指導を取り入れました。[131]彼はまた、洗礼と結婚サービスの簡略版を提供した。[132]

ルターと彼の同僚は、1527年に始まったザクセン選帝侯の訪問中に新しい礼拝の順序を紹介しました。[133]彼らはまた、その地域での牧会とキリスト教教育の水準を評価しました。「慈悲深い神、私が見た悲惨さ」とルーサーは書いています。「一般の人々はキリスト教の教義をまったく知らない...そして残念ながら多くの牧師はほとんど熟練しておらず、教えることができない」。[134]

カテキズム

ルターのステンドグラスの描写

ルターは、キリスト教の基礎を会衆に伝える方法としてカテキズムを考案しました。 1529年に、彼は牧師と教師のためのマニュアルであるラージ・カテキズム、人々に記憶される概要であるスモール・カテキズムを書きました[135]カテキズムは、十戒使徒信条主の祈り洗礼、そして主の晩餐に関する理解しやすい教育的で献身的な資料を提供しました[136]ルターは、キリスト教の信仰の基礎が単に暗記によって学ばれるのではないように、カテキズムに質問と答えを取り入れました、「サルのやり方」ですが、理解しました。[137]

カテキズムは、ルターの最も個人的な作品の1つです。「私の著作を大量に収集する計画に関して、私は非常にクールで、それについてまったく熱心ではありません。なぜなら、土星の飢餓によって引き起こされたので、むしろそれらすべてがむさぼり食われるのを見たいからです。おそらく意志束縛とカテキズムを除いて、本当に私の本である。」[138]ザ・小公教要理は、明確な宗教教育のモデルとしての名声を得ています。[139]それは、ルターの賛美歌と彼の聖書の翻訳とともに、今日も使用され続けています。

ルターの小教理問答書は、親が子供に教えるのを助けるのに特に効果的であることが証明されました。同様に、大規模なカテキズムは牧師にとって効果的でした。[140]彼らはドイツ語を使用して、使徒信条をより単純で、より個人的な、三位一体の言語で表現した。彼は信条の各記事を書き直して、父、子、または聖霊の性格を表現しました。ルターの目標は、キリスト教徒が自分たちを三位一体の三人の仕事の個人的な対象と見なすことができるようにすることでした。彼らはそれぞれ、キリスト教徒の生活の中で働いています。[141]つまり、ルターは三位一体を学ぶべき教義としてではなく、知られるべき人物として描写しています。父は創造し、息子は贖い、そして御霊は別々の人格を持つ神の一致を聖別します。救いは父から始まり、信者を父に引き寄せます。使徒信条に対するルターの扱いは、ルター派のキリスト教教育の一部でもある十戒(十戒)と主の祈りの文脈で理解されなければなりません。[141]

聖書の翻訳

ルターの1534年の聖書

ルターは1522年に新約聖書のドイツ語訳を出版し、彼と彼の協力者たちは聖書全体が出版された1534年に旧約聖書の翻訳を完成させました。彼は彼の人生の終わりまで翻訳を洗練することに取り組み続けました。[142]他の人々は以前に聖書をドイツ語に翻訳したことがあったが、ルターは彼の翻訳を彼自身の教義に合わせた。[143] 初期の翻訳のうちの2つは、メンテリン聖書(1456)[144]とコーベルガー聖書(1484)でした。[145]ルターの聖書の前には、高地ドイツ語で14、低地ドイツ語で4、オランダ語で4、および他の言語でのさまざまな他の翻訳がありました。[146]

ルターの翻訳は、サクソン人の首相官邸で話されたドイツ語の変種を使用しており、北ドイツ人と南ドイツ人の両方に理解できます。[147]彼は、聖書を日常のドイツ人が利用できるようにするために、彼の活発で直接的な言葉を意図しました。[148]ドイツ語の出版物に対する需要が高まっているときに出版されたルーサーのバージョンは、すぐに人気があり影響力のある聖書翻訳になりました。このように、それはドイツ語と文学に独特の味もたらしました。[149]ルーテルによるメモと序文、ルーカス・クラナッハによる木版画を備えているそれは反教皇のイメージを含んでいた、それはドイツ中のルターの教義の普及において主要な役割を果たした。[150]ルター聖書は、欽定訳聖書の前身であるティンデール聖書(1525年以降)など、他の言語訳に影響を与えました[151]

ローマ人への手紙第3章28節「信仰」の後に「一人」という言葉を挿入したことで批判されたとき[152]、彼は部分的に次のように答えました。その箇所で、彼はキリスト教の教義の要点、すなわち、律法の働きなしにキリストへの信仰によって正当化されるということを扱っています。しかし、働きが完全に切り離されたとき、それはその信仰を意味しなければなりません。一人で正当化する—この作品の切り取りについてはっきりとはっきりと話す人は誰でも、「信仰だけが私たちを正当化し、作品ではない」と言わなければならないでしょう。」[153]ルターが含まれていないジョンの最初の手紙 5:7-8[154]ヨハネカンマ彼の翻訳では、それを偽造として拒否しました。ルターの死後、他の手によってテキストに挿入されました。[155] [156]

賛美歌作家

ルターの賛美歌「の早期印刷アインフェステブルクイストアンサーゴット

ルカは多作の賛美歌作家であり詩篇46基づいた「神はわがやぐら」(「神はわがやぐら」)や「神はわがやぐら」(「天国から」)などの賛美歌を執筆しました。ルカによる福音書第2章11-12節に基づいています。[157]ルーサーは、ハイアートとフォークミュージック、またすべてのクラス、聖職者と平信徒、男性、女性、子供たちを結びつけました。この関係のために彼が選んだツールは、礼拝、学校、家庭、そして公共の場に関連してドイツの賛美歌を歌うことでした。[158]彼はしばしば歌われた賛美歌にリュートを添え、その後、20世紀にドイツの国家楽器となったヴァルジザーとして再現されました。[159]

ルターの賛美歌は、彼の人生の特定の出来事と展開している改革によって頻繁に引き起こされました。この行動は、ルーテルの見解のためにローマカトリック教会によって殉教した最初の個人であるヤンヴァンエッセンとヘンドリックヴォスの処刑を学んだことから始まり、ルーテルに賛美歌「Ein neues Lied wir heben」(「新しいジョンC.メッセンジャーのタイトルと最初の行「Flungtothe Heedless Winds」による翻訳で一般的に英語で知られており、1875年にMaria C.Tiddemanによって作曲された曲Ibstoneに歌われました。[160]

ルターの1524年の信条の賛美歌「Wirglaubenall a einen Gott」(「私たちはすべて1つの真の神を信じる」)は、ルターの1529年の小教理における使徒信条の3部構成の説明を予見する信仰の3スタンザの告白です。ルーテルの詠唱は、初期のドイツの信条の詠唱から改作および拡張され、1525年には早くもルーテルの典礼で広く使用されるようになりました。賛美歌は、カテケティックではなく三位一体であり、20世紀のルター派は、その調子の難しさを認識していたため、賛美歌を使用することはめったにありませんでした。[158]

Vaterunserim Himmelreich」のサイン、ルーサーの手書きで現存する唯一のメモ

ルターの1538 hymnicバージョン主の祈り、「ファーターアンサーイムHimmelreich」、正確で祈りのルターの説明に相当する小公教要理1つの7祈りの請願のそれぞれのスタンザに加え、開閉スタンザで、。賛美歌は、主の祈りの典礼の場として、また特定のカテキズムの質問について候補者を調べる手段として機能します。現存する原稿は複数の改訂を示しており、テキストを明確にして強化し、適切に祈りを込めた曲を提供するというルーサーの懸念を示しています。主の祈りの他の16世紀と20世紀の詩は、ルターの曲を採用していますが、現代のテキストはかなり短いです。[161]

ルーサーは1523年に詩篇130賛美歌として「AustieferNot schrei ich zu dir」(「悲惨な状況からあなたに泣く」)を書き、それをサンプルとして送って、同僚に詩篇を書くように勧めました。ドイツの崇拝。パウル・スペラトゥスとのコラボレーションで、これと他の7つの賛美歌が最初のルター派の賛美歌であるAchtliederbuch掲載されました。。 1524年、ルターは彼のオリジナルの4スタンザの詩篇の言い換えを、「恵みだけ」というテーマをより完全に発展させた5スタンザの改革の賛美歌に発展させました。それが本質的な改革の教義を表現したので、「Aus tiefer Not」のこの拡張版は、いくつかの地域のルター派典礼の通常の構成要素として指定され、ルター自身を含む葬式で広く使用されました。ERHART Hegenwaltさんのhymnicバージョン詩篇51、ルターの拡大賛美歌も告白について、ルターのカテキズムの第五の一部で使用するために採用されました。[162]

ルターは「AchGott、vom Himmel sieh darein」(「ああ、神様、天から見下ろしてください」)と書いています。 「修道女のKOMMは、ハイデンHeiland DER」に基づいて、(今、救い主異邦人の来る)Veni redemptorのgentium、メイン賛美歌のために(Hauptlied)となりましたアドベント。彼は、A solusortusのカーディーンを「Christumwirsollen loben schon」(「私たちは今、キリストを賛美すべき」)に、Veni Creator Spiritusを「Komm、GottSchöpfer、Heiliger Geist」(「来て、​​聖霊、主なる神」)に変えまし[163]彼は、上の2つの賛美歌を書いた十戒」、ダイスシンドダイheilgen Zehn Gebotを「および『Mensch、willstデュ・リーベンseliglich』。彼の」Gelobet seistデュ、主イエス・キリストは、「(」、あなたにも、イエス・キリストを賛美「)クリスマスのための主要な賛美歌となりました。彼はのために書いたペンテコステ尼僧かまWIRデンHeiligenガイスト」 、そして「復活祭のために採用キリストイストerstandenに基づいて、(キリストが上昇している)」ヴィクティマエ・パスカリ・ラウデス。「ミット・フライド・ウント・フロイトICH FAHR dahin」の言い換えヌンクがdimittis、のために意図された精製、だけでなく、葬儀賛美歌になりました。彼はテ・デウムを「ハー・ゴット、ディク・ローベン・ワー」と言い換え、メロディーを簡略化した形で表現しました。 それはドイツのテデウムとして知られるようになりました。

ルターの1541賛美歌「キリストアンサー君ツムヨルダンカムは、」(「ヨルダンはキリスト私達の主が来た」)での洗礼に関する彼の質問と回答の構造と物質反映小公教要理を。ルーサーは、詩篇67篇の恵みの祈りの賛美歌の設定に関連する既存のヨハンワルターの曲を採用しました。ウルフハインツの4部構成の賛美歌は、1541年にハレのルーテル改革を紹介するために使用されました。JSバッハを含む18世紀の説教者や作曲家は、客観的な敬虔主義の神学ではありますが、この豊かな賛美歌を自分の作品の主題として使用しました。 19世紀後半のルーテル派の敬虔主義の影響を受けて、より主観的な賛美歌に置き換えられました[158]

ルターの賛美歌は初期のルター派の賛美歌に含まれ、改革の考えを広めました。彼はまず、ルーテル賛美歌の8曲の4供給Achtliederbuch、26曲の18エアフルトEnchiridionを、そしてヨハン・ウォルターによる設定で最初の合唱賛美歌32曲の24 Eyn geystlich Gesangk Buchleyn、すべて1524ルターの中で発表され賛美歌は作曲家に音楽を書くように促しました。ヨハン・セバスチャン・バッハは、カンタータにコラールとしていくつかの詩を含め、それらに完全に基づいたコラール・カンタータ、すなわち、トデス・バンデンのキリストの遅れ、BWV 4、早くも1707年、彼の2番目の年次サイクル(1724年から1725年)で、Ach Gott、vom Himmel sieh darein、BWV 2Christ unser Herr zum Jordan kam、BWV 7Nun komm、der Heiden Heiland、BWV 62Gelobet seist du、Jesu Christ、BWV 91、およびAus tiefer Not schrei ich zu dir、BWV 38、後でEin feste Burg ist unser Gott、BWV 80、および1735年にWärGottnichtmit uns diese ZeitBWV14

死後の魂に

左側のルターは、ラザロがイエスによって死からよみがえられ、ルーカス・クラナッハが長老を描いた、1558年

見解とは対照的に、ジョン・カルバン[164]フィリップ・メランヒトン[165]彼の人生を通して、ルターはそれは死に体から分離された後、クリスチャンの魂が眠ることを信じて偽の教義ではなかったと主張しました。[166]したがって、彼は、金持ちとラザロのたとえ話など、いくつかの聖書箇所の伝統的な解釈に異議を唱えた[167]これはまた、ルターが聖人のための苦痛の考えを拒絶するように導きました:「魂が地獄の苦痛と罰によって脅かされるために彼らの体を離れないことを知ることは私たちにとって十分ですが、彼らは安らかに眠ります。」[168]彼はまた、死後に懲罰的な苦しみを受けているキリスト教の魂を含む煉獄の存在を拒絶しました[169]彼は、死を超えた個人的アイデンティティの継続性を確認した。彼のスマルカルデンの記事の中で、彼は聖人たちが現在「彼らの墓と天国に」住んでいると述べました。[170]

ルーテルの神学者フランツ・パイパーは、死後のキリスト教徒の魂の状態についてのルーテルの教えは、ヨハン・ゲルハルトのような後のルーテルの神学者とは異なっていたと述べています。[171] レッシング(1755)は、この問題に関するルーテル派正統派の彼の分析において、以前に同じ結論に達していた[172]

創世記に関するルターの解説には、「魂は眠らない(anima non sic dormit)が、目覚め(sed vigilat)、ビジョンを体験する」と結論付ける一節が含まれています。[173] フランシス・ブラックバーンは、ジョン・ジョルティンがルーサーからのこの箇所や他の箇所を読み間違えたと主張している[174]一方で、ゴットフリード・フリッチェルは、実際には「この人生で」(ハク・ヴィータのホモ・エニム)に疲れた男の魂を指していると指摘している日雇い労働者(defatigus diurno Labore)は、夜に寝室(立方体の魂のサブノクテムイントラト)に入り、夢によって睡眠が中断されます。[175]

1898年からのヘンリーエイスタージェイコブスの英語訳は次のとおりです。

「それにもかかわらず、この人生の睡眠と未来の人生の睡眠は異なります。この人生では、毎日の労働に疲れた人は、夜になると、安らかにソファに行き、そこで眠り、休息を楽しみます。彼は火事であろうと殺人であろうと、悪のことは何でも知っている。」[176]

聖餐式論争とマールブルク宗教対話

ベルリンの聖マリア教会の外にあるマルティン・ルターの像

1529年10月、ヘッセのランドグレイブであるフィリップ1世は、マールブルク宗教対話でドイツとスイスの神学者の集会を召集し、新興プロテスタント州で教義上の統一を確立しました。[177]合意は、聖体の性質主の晩餐の秘跡)除いて、15点中14点で達成されました。これはルターにとって重要な問題です。[178]ツヴィングリ、メランヒトン、などの神学者、マルチン・ブツァー、およびヨハネスエコランパディウスでイエスによって話された単語の意味に異なって、最後の晩餐:「これはあなたのための私の体です」そして「この杯は私の血の新しい契約です」(1コリント11:23–26)。[179]ルターが主張しレアル存在彼が呼ば奉献パンとワインで、キリストの体と血の、聖礼典の労働組合が[180]彼の相手は神が唯一の精神的または象徴的存在であると考えながら。[181]

たとえば、ツヴィングリは、一度に複数の場所にいるイエスの能力を否定しました。ルターは、イエスの人間性の遍在強調しました[182]筆記録によると、議論は時々対立するようになった。ツヴィングリは、イエスの言葉「肉は何の利益ももたらさない」(ヨハネ6.63)を引用して、「この箇所はあなたの首を折る」と言いました。 「誇らしげになりすぎないでください。ドイツの首はそれほど簡単には壊れません。これはスイスではなくヘッセンです。」[183]ルーサーは彼のテーブルに、彼の堅固な姿勢を継続的に示すために、チョークでHoc est corpus meum」(「これは私の体です」)という言葉を書いた[184]

聖体に関する意見の不一致にもかかわらず、マールブルク宗教対話は、アウクスブルク信仰告白の1530年の署名と、翌年のサクソニーのジョン、ヘッセのフィリップ、ジョージなどの主要なプロテスタント貴族によるシュマルカルデン同盟の結成への道を開いた。、ブランデンブルクのマーグレイブ-アンスバッハ。しかし、スイスの都市はこれらの協定に署名しませんでした。[185]

認識論

一部の学者は、ルターが信仰と理性は理性によって照らされることができないという意味でアンチテーゼであると教えたと主張しました。彼は、「神が御言葉で私たちに明らかにされた私たちのキリスト教信仰のすべての記事は、まったく不可能で、ばかげていて、間違っている理由の存在下にあります」と書いています。[186]そして「[その]理由は決して信仰に貢献しません。[...]理由は信仰が持つ最大の敵です;それは決して精神的なものの助けにはなりません。」[187]しかし、一見矛盾ししかし、彼はまた、人間の理性という「信仰に対する努力していない悟りを開いたときに、ではなく、furthersし、それを進める」、後者の仕事に書いた、[188]彼は主張持参fideistを論争に。しかし、現代のルター派の奨学金は、ルターで異なる現実を発見しました。ルターはむしろ、それぞれが適用される別々の知識の領域を尊重するために信仰と理性を分けようとしています。

イスラームについて

16世紀のトルコ人とキリスト教徒の間の戦い

マールブルグしゃべりの時には、スレイマン1世がいたウィーンを包囲広大でオスマン軍。[189]ルーサーは、1518年の95か条の論題の説明でトルコ人に抵抗することに反対し、敗北主義の告発を引き起こした。彼はトルコ人を、キリスト教徒を罰するために神から送られ惨劇として、ルターが教皇とローマ教会であると信じてい反キリストを破壊する聖書の黙示録の代理人として見ました。[190]彼は一貫して聖戦の考えを拒否した、「まるで私たちの民がキリストの敵であるトルコ人に対するキリスト教徒の軍隊であるかのように。これはキリストの教義と名前に完全に反しています」。[191]一方、ルターは二王国論に沿って、トルコ人に対する非宗教戦争を支持した。[192] 1526年、彼は兵士が恵みの状態にあることができるかどうかについて、国防が正義の戦争の理由であると主張した。[193] 1529年までに、トルコ人との戦争で、彼は積極的に皇帝カール5世とドイツ国民にトルコ人との世俗的な戦争と戦うように促した。[194] しかし、彼は、異星人の信仰に対する霊的な戦いは別のものであり、祈りと悔い改めによって行われることを明らかにしました。[195]ウィーン包囲の頃、ルターはトルコ人からの全国的な救出のための祈りを書き、神に「私たちの敵に対する私たちの皇帝の永続的な勝利を与える」ように求めました。[196]

1542年、ルターはコーランのラテン語訳を読みました[197]彼は続けて、イスラム教に関するいくつかの重要なパンフレットを作成し、それを「モハメダニズム」または「トルコ人」と呼んだ。[198]ルターはイスラム教徒の信仰を悪魔の道具と見なしたが、彼はその実践に無関心であった。[199]彼はコーランの出版を禁止することに反対し、それが精査にさらされることを望んでいた。[200]

反律法主義の論争

アグリコラとルーサーが説教したアイスレーベンの聖アンドレアス教会の説教壇

1537年の初め、ヨハネスアグリコラは、当時ルターの生家であるアイスレーベンで牧師を務めていましたが、説教を行い、神の道徳法(10の戒め)ではなく、神の福音がキリスト教徒に神の怒りを明らかにしたと主張しました。アグリコラによるこの説教と他の説教に基づいて、ルーサーは、アグリコラがヴィッテンベルクで流通している特定の匿名の反律法主義の論文の背後にあるのではないかと疑った。これらの論文は、法律はもはやキリスト教徒に教えられるべきではなく、市役所にのみ属していると主張しました。[201]ルーサーは、アグリコラと反律法主義者に対する6つの一連の論文でこれらの論文に応え、そのうちの4つは1538年から1540年の間の論争の基礎となった[202]彼はまた、彼の1539年のように、その他の記述では、これらの主張に応え公開書簡C.GüttelにAntinomiansに対する[203]と彼の本協議会や教会で同じ年から。[204]

反律法主義者に対する彼の論文と論争の中で、ルターは、一方では「法の第二の使用」と呼ばれるもの、つまり人間の心の罪を悲しむための聖霊の道具としての法を見直し、再確認します。ですから、福音で定められた律法をキリストが成就するための準備をします。[205]ルターは、たとえそれがキリストの生涯、罪のためのキリストの死、または創造において経験された神の善であっても、罪に対する悲しみを働かせるために使われるすべてのものは律法と呼ばれると述べています。[206]キリスト教徒の間で十戒を説教することを単に拒否すること、つまり、教会から三文字法を取り除くことは、非難する法を排除するものではありません。[207]いかなる形であれ、法律がもはやクリスチャンに説教されるべきではないと主張することは、クリスチャンはもはやそれ自体が罪人ではなく、教会は本質的に聖なる人々だけで構成されていると主張することと同じです。[208]

ルターはまた、神の非難の裁きとしてではなく、神の永遠の意志、つまり自然法則の表現として考えられるとき、十戒はクリスチャンがどのように生きるべきかを積極的に教えていると指摘しています。[209]これは伝統的に「法の第三の使用」と呼ばれてきました。[210]ルターにとって、キリストの人生もまた、例として理解されるとき、クリスチャンが日常的に彼または彼女の職業において従うべき十戒の実例にすぎません[211]

十戒、そしてバプテスマの秘跡によって彼らに与えられたクリスチャンの新たな人生の始まりは、この人生の真っ只中にある天国での信者の将来の天使のような人生の現在の予兆です[212]したがって、ルターの十戒の教えは明確な終末論的な含みを持っており、それはルターにとって特徴的であり、世界飛行を奨励するのではなく、この滅びゆく世界の一般的な日常の召命において隣人に奉仕するようにキリスト教徒に指示します。

フィリップ1世の重婚、ヘッセの土地墓

1539年12月から、ルーサーフィリップ1世、ヘッセのランドグレイブの重婚巻き込まれました彼は妻の待機中女性の1人と結婚したいと考えていました。フィリップは、家長の一夫多妻制を前例として挙げて、ルーサー、メランヒトン、ブツァーの承認を求めました。神学者たちは一般的な判決を下す準備ができておらず、離婚は重婚よりも悪かったので、彼が決心した場合、彼は密かに結婚し、問題について静かにすべきであると、彼らはしぶしぶ方伯に忠告した。[213]その結果、1540年3月4日、フィリップは2番目の妻であるマルガレーテフォンデアサーレとメランヒトンとブツァーを証人として結婚させた。しかし、フィリップの妹エリザベスすぐにスキャンダルを公表し、フィリップはルーサーのアドバイスを暴露すると脅した。ルターは彼に「良い、強い嘘をつく」ように言い、フィリップがしたように結婚を完全に否定しました。[214]マルガレーテは、17年間で9人の子供を産み、フィリップには合計19人の子供が生まれた。ルーサーの伝記作家マルティン・ブレヒトの見解では、「ヘッセのフィリップに告白のアドバイスを与えることは、ルーサーが犯した最悪の過ちの1つであり、直接責任を負った方伯自身の次に、歴史は主にルーサーに責任を負わせている」。[215]ブレヒトは、ルーサーの過ちは彼が個人的な牧歌的な助言をしたことではなく、彼が政治的意味を誤って計算したことであったと主張している。[216]その事件はルーサーの評判に永続的な損害を与えた。[217]

反ユダヤ主義

マルティン・ルターが1543年に書いた『ユダヤ人と嘘について』のオリジナルのタイトルページ

正統派ユダヤ人のラビであるトビア・シンガーは、ユダヤ人に対するルターの態度について次のように述べています。「すべての教父と改革派の中で、この創設者よりも下品な呪いを発した舌はありませんでした。改革の」。[218]

ルターは彼のキャリアを通してユダヤ人について否定的に書いた。[219]ルターは生涯、ユダヤ人に出会うことはめったになかったが、彼の態度は、ユダヤ人をキリスト殺害の罪で拒絶された人々と見なした神学的および文化的伝統を反映しており、彼は約90年前にユダヤ人を追放した地域に住んでいた。[220]彼はユダヤ人の冒涜者と嘘つきを、彼らがイエスの神性を拒絶したので考慮した。[221] 1523年、ルターは、イエス・キリストがユダヤ人として生まれ、彼らをキリスト教に改宗させることを目的として、ユダヤ人に親切にするよう助言した。[222]回心への彼の努力が失敗したとき、彼は彼らに対してますます苦々しくなりました。[223]

ルターのユダヤ人に関する主要な作品は、彼の60,000語の論文Von den JudenundIhrenLügenユダヤ人と嘘について)、およびVom Schem Hamphoras und vom Geschlecht Christi聖名とキリストの血統についてでした。彼の死の3年前の1543年。[224]ルターは、ユダヤ人はもはや選民ではなく「悪魔の民」であると主張し、暴力的な言葉で彼らを参照している。[225] [226]モーセが偶像崇拝者の殺害と彼らの都市と財産の焼却を神への捧げ物として命じる申命記13章を引用して、ルーサーは「シャルフ・バルメルジグケイト」を呼びかけた。ユダヤ人に対する「(「鋭い憐れみ」)」「輝く炎から少なくとも数人を救うことができるかどうかを見るために。」[227]ルターはシナゴーグに火を放ち、ユダヤ人の祈りの本を破壊しラビの説教を禁じ、ユダヤ人の財産を奪うことを提唱している。そして、お金、そしてこれらの「凶悪なワームは、」労働を強制または「すべての時間のために、」追放されるだろうように、自分の家を壊し。[228]ロバート・マイケルさんビュー、ルターの言葉「私たちは彼らを殺していない中で、故障ではあり「殺人の制裁に相当した。[229]「彼らに対する神の怒りは非常に激しいです。穏やかな憐れみは彼らを悪化させる傾向があるだけですが、鋭い憐れみは彼らを改革するだけです。したがって、いずれにせよ、彼らを遠ざけてください!」[227]

ルターはザクセン、ブランデンブルク、シレジアのユダヤ人に反対しました。[230] 1537年にザクセンのユダヤ人を助けようとしたユダヤ人のスポークスマンであるヨーゼル・ロスハイムは、後に彼らの窮状を「マルティン・ルターという名前の司祭-彼の体と魂が地獄に縛られているかもしれない!」と非難した。多くの異端の本を発行し、ユダヤ人を助ける者は誰でも滅びる運命にあると彼は言った。」[231]ジョセルはストラスブール市に、ルターの反ユダヤ主義作品の販売を禁止するよう求めた。彼らは当初拒否したが、ホーホフェルデンのルター派牧師が説教を使って彼の教区民にユダヤ人を殺害するよう促した。[230]ルターの影響は彼の死後も続いた。 1580年代を通じて、暴動はいくつかのドイツのルーテル教会からのユダヤ人の追放につながりました。[232]

ルターは彼の世代で最も広く読まれた作家であり、ドイツ国内で彼は預言者の地位を獲得しました。[233]歴史家の間の一般的な意見によれば、[234]彼の反ユダヤ主義のレトリックは、ドイツにおける反ユダヤ主義の発展に大きく貢献し[235]、1930年代と1940年代にはナチスの攻撃の「理想的な基盤」を提供した。ユダヤ人。[236]ラインホルト・ルーウィンは、「何らかの理由でユダヤ人に対して書いた人は誰でも、ルターに勝ち誇って言及することによって自分を正当化する権利があると信じていた」と書いている。マイケルによれば、第三帝国で印刷されたほぼすべての反ユダヤ主義の本には、ルターへの言及と引用が含まれていましたハインリヒ・ヒムラー(とはいえは、カトリック育ったルターは決して)1940年にユダヤ人に感嘆彼の文章と説教の書いていない[237]の都市ニュルンベルクの初版を発表ユダヤ人と彼らの嘘についてユリウス・シュトライヒャーの編集者ナチスの新聞シュテュルマー、1937年の彼の誕生日。新聞はそれをこれまでに発表された中で最も根本的な反ユダヤ主義の道であると述べました。[238]それはニュルンベルク集会でガラスケースに公に展示され、EHシュルツとR.フレックスによるアーリアン法の54ページの説明で引用された。[239]

1941年12月17日、7つのプロテスタント地方教会連合が、ユダヤ人に黄色のバッジを着用させる方針に同意する声明を発表しましたダニエル・ゴールドハーゲンよれば、プロテスタントの主要な教会員であるマーティン・サッセ司教は、水晶の夜の直後にルターの著作の大要を発表しました。オックスフォード大学の教会の歴史の教授であるディアメイド・マックロックは、ルターの著作は「青写真」であると主張しました。 「」[240]サスはシナゴーグの焼却とその日の偶然を称賛し、「1938年11月10日、ルターの誕生日に、シナゴーグはドイツで焼けています」と序文に書いています。ドイツの人々は、「彼の時代の最大の反ユダヤ主義者、ユダヤ人に対する彼の人々の警告者」のこれらの言葉に注意を払うべきであると彼は促した。[241]

「彼の救いへの信念と人種的イデオロギーの間には違いの世界があります。それにもかかわらず、彼の誤った動揺は、ルターが運命的に反ユダヤ主義の「教父」の一人になり、したがって現代の憎悪の材料を提供するという邪悪な結果をもたらしましたユダヤ人、改革者の権威でそれを覆い隠している。」

マルティン・ブレヒト[242]

ルターの影響についての学者の議論の中心は、彼の作品をナチスの人種的反ユダヤ主義の前兆と見なすことが時代錯誤であるかどうかです。一部の学者は、ルターの影響力は限定的であり、ナチスによる彼の作品の使用は日和見的であると考えています。ヨハンズ・ヴァルマンは、ユダヤ人に対するルターの著作は18世紀と19世紀にはほとんど無視されており、ルターの思想とナチスのイデオロギーとの間に連続性はなかったと主張しています。[243] Uwe Siemon-Nettoは同意し、ナチスがすでに反ユダヤ主義者であったためにルーサーの仕事を復活させたと主張した。[244] [245] ハンスJ.ヒラーブランドルターに焦点を当てることは、ドイツの歴史における他の貢献要因を無視したナチスの反ユダヤ主義の本質的に歴史的な視点を採用することであることに同意した[246]同様に、教会の歴史家でルーサーの伝記作家であるローランド・ベイントンは、「ルーサーが[ユダヤ人と嘘について]が書かれる前に死んだことを望むことができた。彼の立場は完全に宗教的であり、人種的ではない」と書いた。[247] [248] しかし、クリストファーJ.プロブストは、彼の著書「ユダヤ人のデモンストレーション:ルターとナチスドイツのプロテスタント教会」の中で(2012)は、ナチス第三帝国時代の多数のドイツのプロテスタント聖職者と神学者が、ユダヤ人とそのユダヤ人の宗教に対するルターの敵対的な出版物を使用して、少なくとも部分的に国家社会主義者の反ユダヤ主義政策を正当化したことを示しています。[249]

マーク・U・エドワーズの著書「ルーサーの最後の戦い:政治とポレミック1531–46(1983)」などの一部の学者は、ルーサーの健康が悪化した年の間にますます反ユダヤ主義的な見方が発達したため、少なくとも部分的には心の状態の産物。エドワーズはまた、ルーサーがユダヤ人を非難する彼の著作と「トルコ人」(イスラム教徒)とカトリック教徒に対する糖尿病の両方で、効果のためにしばしば故意に「下品さと暴力」を使用したとコメントしている。[250]

1980年代以来、ルター派の宗派は、ユダヤ人に対するマルティン・ルターの発言を否定し、ルター派に対する憎悪を扇動するためにそれらを使用することを拒否してきました。[251] [252] Strommen et al。が1970年に行った15〜65歳の北米ルーテル教会4,745人の調査では、検討中の他のマイノリティグループと比較して、ルーテル教会はユダヤ人に対する偏見が最も少ないことがわかりました。[253]それにもかかわらず、教授リチャード・ゲーリー、かつての近代史の教授ノッティンガム大学との著者でヒトラーとナチズム(ラウトレッジ1993)は、雑誌で記事に公開史今日で選挙の動向を調べるワイマールドイツ1928年から1933年の間に。ギアリーは彼の研究に基づいて、ナチ党がドイツのカトリック地域よりもプロテスタントから不釣り合いに多くの票を受け取ったと述べています。[254] [255]

最終年、病気と死

ルーカス・クラナッハ長老の絵、死の床にいるルター
マルティン・ルターの墓、シュロス教会、ヴィッテンベルク

ルターは、メニエール病めまい、失神、耳鳴り片眼の白内障など、何年にもわたって体調不良に悩まされていました[256] 1531年から1546年まで彼の健康はさらに悪化した。ローマとの長年の闘争、彼の仲間の改革者との、そして彼らの間の対立、そしてフィリップI事件の重婚から続いたスキャンダルはすべて貢献したかもしれません。 1536年、彼は腎臓結石と膀胱結石関節炎に苦しみ始め、耳の感染症が鼓膜を破裂させました。 1544年12月、彼は狭心症の影響を感じ始めました[257]

彼の体調不良により、彼は短気になり、執筆やコメントでさらに厳しくなりました。彼の妻カタリーナは「親愛なる夫、あなたは失礼すぎる」と聞いていました、そして彼は「彼らは私に失礼であることを教えています」と答えました。[258] 1545年と1546年に、ルターはハレマーケット教会3回説教し、クリスマスの間は友人のユストゥスジョナスと一緒にいた。[259]

彼の最後の説教は、彼の死の3日前の1546年2月15日に、彼の出生地であるアイスレーベンで行われました。[260]それはによると、「完全に、それはすべてのドイツ領から追放へ急務だった猛烈なユダヤ人に捧げられた」レオン・ポリアコフ[261]ジェームズ・マッキノンは、「ユダヤ人の誹謗中傷と高利貸しをやめてキリスト教徒にならない限り、ユダヤ人の鞄と手荷物を彼らの真っ只中から追い出すための激しい召喚」で締めくくったと書いている。[262]ルターは、「私たちは彼らに対してキリスト教の愛を実践し、彼らが回心することを祈りたい」と述べたが、彼らは「私たちの公の敵である...そして彼らが私たち全員を殺すことができれば、喜んでそうするだろう」と述べた。しばしば彼らはそうします。」[263]

マンスフェルトへのルーサーの最後の旅は、彼の兄弟の家族が父親のハンス・ルーサーの銅鉱業を続けていることへの懸念のために行われました。彼らの生計は、マンスフェルドのカウント・アルブレヒトが業界を彼自身の支配下に置くことによって脅かされました。その後の論争は、マンスフェルドの4つのカウントすべて、アルブレヒト、フィリップ、ジョンジョージ、ゲルハルトに関係していました。ルーサーは1545年後半に2回マンスフェルドを訪れ、和解の交渉に参加しました。1546年の初めに、3回目の訪問が必要でした。

交渉は1546年2月17日に無事に終了しました。午後8時以降、彼は胸の痛みを経験しました。彼がベッドに行ったとき、彼は「あなたの手にわたしの霊を託します。主よ、忠実な神よ、あなたはわたしを贖われました」(詩篇31:5)、死にゆく共通の祈りです。 2月18日の午前1時に、彼はさらに胸の痛みで目覚め、おしぼりで温められました。彼は彼が信じていた彼に彼の息子を明らかにしてくれた神に感謝しました。彼の仲間であるユストゥス・ジョナスとマイケル・コエリウスは大声で叫びました。はっきりとした「はい」はルーサーの返事でした。[264]

脳卒中は彼のスピーチを奪い、彼はその直後の1546年2月18日午前2時45分、生まれ故郷のアイスレーベンで62歳で亡くなりました。彼は説教壇の前のヴィッテンベルクシュロス教会に埋葬されました[265]葬式は、彼の友人であるヨハネス・ブゲンハーゲンとフィリップ・メランヒトンによって行われた[266] 1年後、ルーサーの敵である神聖ローマ皇帝の軍隊が町に入ったが、チャールズから墓を邪魔しないように命じられた。[266]

後に、ルーサーが最後の声明を書いた一枚の紙が見つかりました。声明は、ドイツ語であった「私たちは乞食です」を除いて、ラテン語でした。ステートメントには次のように書かれています。

  1. ヴァージルが5年間羊飼いでないと、誰もヴァージル牧歌を理解することはできませんウェルギリウスが5年間農民でない限り、誰もウェルギリウスの農耕詩を理解することはできません
  2. シセロの手紙を理解することはできません(または私が教えているように)。彼が20年間、ある著名な州の問題で忙しくしていなければ。
  3. 彼がエリヤエリシャ洗礼者ヨハネ、キリストと使徒たちのような預言者と共に百年の間教会を統治していなければ、だれも聖なる作家に十分にふけることができなかったことを知ってください


この神聖なアエネーイスを攻撃しないでください; いや、むしろ土着はそれが踏む地面を崇拝します。

私たちは物乞いです:これは本当です。[267] [268]

ルーサーの現代的で仲間の改革者であるフィリップ・メランヒトンの墓もオールセインツ教会にあります。[269] [270] [271] [272] [273]

レガシーと記念

2010年の世界的なプロテスタント

ルーサーは、ヨハネス・グーテンベルクの印刷機を効果的に利用して、彼の見解を広めました。彼はより多くの聴衆にアピールするために彼の執筆でラテン語からドイツ語に切り替えました。1500年から1530年の間に、ルーサーの作品はドイツで印刷されたすべての資料の5分の1を占めていました。[276]

1530年代と1540年代には、彼の記念碑的なサイズを強調したルターの印刷された画像は、プロテスタントの普及に不可欠でした。虚弱なカトリックの聖人のイメージとは対照的に、ルーサーは「二重あご、強い口、鋭い深い目、肉付きの良い顔、そしてしゃがんだ首」を持った頑丈な男として提示されました。彼は肉体的に堂々とした存在であり、ルーテル主義を広めるために力を合わせた世俗的なドイツの王子と同等の身長であることが示されました。彼の大きな体はまた、彼が飲酒のような地上の喜びを避けなかったことを視聴者に知らせました。これは、中世の修道会の禁欲的な生活とはまったく対照的な行動でした。この時期の有名な画像には、ハンス・ブローザマー(1530)とルーカス・クラナッハ・ザ・エルダールーカス・クラナッハ・ザ・ヤンガーによる木版画が含まれます。(1546)。[277]

ルターは中記念して2月18日に表彰された聖人のルーテルカレンダーとにおける聖人の聖公会(米国)カレンダーでは、教会のイングランドの 聖人暦彼がされた記念10月31日[278]ルターは、プロテスタント改革から直接出てきたキリスト教の伝統、すなわちルター派、改革派の伝統、および英国国教会によってさまざまな方法で尊敬されています。その後出現したプロテスタントの支部は、ルター派の記憶と崇拝が異なり、ルター派についての単一の言及が完全に欠如していることから、ルター派が彼のペルソナを記念して覚えている方法にほぼ匹敵する記念碑まであります。プロテスタント自身によるルターの既知の非難はありません。

アメリカ合衆国、ミネソタ州ニューアルムのマーティンルーサーカレッジ
外部ビデオ
video icon マーティン・ルーサーに関するマーティン・マーティとのブックノートインタビュー、2004年4月11日 C-SPAN

マルティン・ルターが生涯を通じて訪れたドイツ内外のさまざまな場所(おそらく)は、地元の記念碑でそれを記念しています。ザクセンアンハルト州には、ルーサーにちなんで正式に名付けられた2つの町、ルーサーシュタットアイスレーベンルーサーシュタットヴィッテンベルクがあります。マンスフェルトはマンスフェルト-ルターシュタットと呼ばれることもありますが、州政府は正式な名前にルターシュタットの接尾辞を付けることを決定していません

宗教改革記念は、マルティン・ルターによる1517年の95か条の論題の出版を記念しています。それは以下のヨーロッパの実体において歴史的に重要でした。これは、ドイツの州の市民休日であるブランデンブルクメクレンブルク=フォアポンメルン州ザクセンザクセン・アンハルト州チューリンゲンシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ハンブルク。さらに2つの州(ニーダーザクセン州ブレーメン)は、それを導入するための投票を保留しています。スロベニアその文化への改革の深遠な貢献のためにそれを祝います。オーストリアは、プロテスタントの子供たちがその日学校に行かないことを許可しており、プロテスタントの労働者は教会の礼拝に参加するために仕事を辞める権利があります。スイスは10月31日以降の第1日曜日に祝日を祝います。また、世界中の他の場所でも祝われています。

ルターと白鳥

ルーテルはしばしば彼の属性として白鳥で描かれ、ルーテル教会はしばしば風見鶏のための白鳥を持っています。白鳥とのこの関連は、ボヘミアの初期の改革者ヤン・フスによって行われ、ルーサーによって承認されたと伝えられている予言から生じています。でボヘミアン言語(今チェコ)、フスの名前は意味「グレイグース」を。 1414年、コンスタンツ公会議に投獄され、異端のために火刑に処せられることを期待しながら、フスは次のように予言しました。彼に。"ルーサーは約103年後に彼の95か条の論題を発表しました[279] [280] [281]

作品とエディション

ルターの作品のワイマール版の様々な本
  • エアランゲン版(Erlangener Ausgabe: "EA")は、Exegetica opera latina –Lutherの ラテン語の聖書釈義作品で構成されています。
  • ワイマール版(ヴァイマーラーAusgabe)は略語「WA」で示され、ルターのラテン語とドイツの作品を網羅、標準ドイツ語版です。これは、 "WA Br" Weimarer Ausgabe、Briefwechsel(通信)、 "WA Tr" Weimarer Ausgabe、Tischreden(テーブルトーク)、および "WA DB" Weimarer Ausgabe、Deutsche Bibel(ドイツ語聖書)に続きます。
  • アメリカ版(ルーサーの作品)は、ルーサーの著作の最も広範な英語訳であり、略語「LW」または「AE」のいずれかで示されます。最初の55巻は1955年から1986年に発行され、20巻の拡張(56巻から75巻)が計画されており、そのうち58巻、60巻、68巻がこれまでに登場しています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「ルーサー」ランダムハウスウェブスターの簡略化されていない辞書
  2. ^ しかし、ルーサー自身は、彼が1484年に生まれたと信じていました。ヘンドリックス、スコットH.(2015)。マルティン・ルター:ビジョナリーリフォーマーエール大学プレスNS。17. ISBN 978-0-300-16669-92017年11月12日取得
  3. ^ ルーサーは一貫して彼自身を元僧侶と呼んでいました。例:「このように、以前、私が僧侶だったとき、私は断食、祈り、そして哀れみを刺激する方法で私の体を苦しめた警戒で良心を和らげることができることを望んでいました。しかし、汗をかくほど、私は静かで平和を感じなくなりました。本当の光が私の目から取り除かれていたからです。」マルティン・ルター、創世記に関する講義:第45章から第50章、編Jaroslav Jan Pelikan、Hilton C. Oswald、およびHelmut T. Lehmann、vol。 8ルーサーの作品。 (セントルイス:コンコルディア出版社、1999年)、5:326。
  4. ^ Ewald M. Plass、 What Luther Says、3 vol。、(St。Louis:CPH、1959)、88、no。269; M. Reu、 Luther and the Scriptures、(オハイオ州コロンバス:Wartburg Press、1944年)、23。
  5. ^ ルーサー、マーティン。省について(1523)、tr。コンラッド・ベルゲンドフ、ベルゲンドフ、コンラッド(編)ルーサーの作品フィラデルフィア:フォートレスプレス、1958年、40:18以降。
  6. ^ Fahlbusch、ErwinおよびBromiley、GeoffreyWilliam。キリスト教百科事典ミシガン州グランドラピッズ:オランダ、ライデン:Wm。B. Eerdmans; Brill、1999–2003、1:244。
  7. ^ ティンデールの新約聖書、トランス。1534年にウィリアム・ティンダルがギリシャ語から現代の綴りの版で、デビッド・ダニエルが紹介しました。コネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局、1989年、ix–x。
  8. ^ ベイントン、ローランドここに私は立っています:マルティン・ルターの生涯ニューヨーク:ペンギン、1995、269。
  9. ^ ベイントン、ローランド。ここに私は立っています:マルティン・ルターの生涯ニューヨーク:ペンギン、1995年、p。223。
  10. ^ Hendrix、ScottH。「TheControversialLuther」 は、2011年3月2日にWayback Machine Word&World 3/4(1983)、Luther Seminary、ミネソタ州セントポールでアーカイブされました。ハンスのヒラーブランドも参照してください。「マーティン・ルーサーの遺産」、ヒラーブランド、ハンス&マッキム、ドナルド・K.(編)ケンブリッジ・コンパニオン・トゥ・ルーサー。ケンブリッジ大学出版局、2003年。1523年、ルターは、イエス・キリストがユダヤ人として生まれ、ユダヤ人の虐待を思いとどまらせ、旧約聖書イエス・キリストについて語っていることを証明できることを証明することで、ユダヤ人の回心を提唱したと書いています。しかし、改革が進むにつれ、ルターはユダヤ人のキリスト教への大規模な回心への希望を失い始め、彼の健康が悪化するにつれて、彼はユダヤ人に対してより鋭敏になり、彼がすでに解き放った種類の毒で彼らに反対しました。アナバプテスト、ツヴィングリ、そして教皇
  11. ^ シャフ、フィリップ:クリスチャン教会の歴史、Vol。VIII:現代キリスト教:スイスの改革、ウィリアムB. EerdmansPub。Co.、Grand Rapids、Michigan、USA、1910、page706。
  12. ^ a b c マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、p。1.1。
  13. ^ ブレヒト、マーティンマルティン・ルターtr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、1:3–5。
  14. ^ 「マーティンルーサー|伝記、改革、作品、および事実」
  15. ^ マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、p。3.3。
  16. ^ ラップ、アーネストゴードン「MartinLuther」、 EncyclopædiaBritannica、2006年にアクセス。
  17. ^ マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、2〜3ページ。
  18. ^ a b マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、p。4.4。
  19. ^ a b c d マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、p。5.5。
  20. ^ a b c d マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、p。6.6。
  21. ^ ブレヒト、マーティン。マルティン・ルターtr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、1:48。
  22. ^ ブレヒト、マーティン(1985)。マルティンルターのGoogleブックスアーカイブ:改革への彼の道、1483年から1521年(マルティンブレヒト著)マルティン・ルター:改革への彼の道、1483年から1521年(マルティン・ブレヒト著)ISBN 978-1-4514-1414-1検索された5月14 2015
  23. ^ Schwiebert、EG Luther and HisTimesセントルイス:コンコルディア出版社、1950、136。
  24. ^ マーティ、マーティンマルティン・ルターバイキングペンギン、2004年、p。7。
  25. ^ ベイントン、ローランド。ここに私は立っています:マルティン・ルターの生涯ニューヨーク:ペンギン、1995、40–42。
  26. ^ Kittelson、James。ルーサーザリフォーマーミネアポリス:アウグスブルク要塞出版社、1986、79。
  27. ^ a b Froom 1948、p。249。
  28. ^ ベイントン、ローランド。ここに私は立っています:マルティン・ルターの生涯ニューヨーク:ペンギン、1995、44–45。
  29. ^ ブレヒト、マーティン。マルティン・ルターtr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、1:93。
  30. ^ ブレヒト、マーティン。マルティン・ルターtr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、1:112–27。
  31. ^ ヘンドリックス、スコットH.(2015)。マルティン・ルター:ビジョナリーリフォーマーコネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局。NS。44. ISBN 978-0-300-16669-9
  32. ^ ヘンドリックス、スコットH.(2015)。マルティン・ルター:ビジョナリーリフォーマーコネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局。NS。45. ISBN 978-0-300-16669-9
  33. ^ ヨハン・テッツェルブリタニカ百科事典、2007年
  34. ^ 最初に、「教皇は十二使徒のために一万二千のドゥカートを要求した。アルバートは七つの大罪のために七千のドゥカートを提供した。彼らはおそらく十戒のためではなく一万に妥協した」。ローランド・ベイントン。Here I Stand:A Life of Martin Luther(Nashville:Abingdon Press、1950)、p。75、オンライン
  35. ^ Cummings 2002、p。32。
  36. ^ a b Hillerbrand、Hans J.「MartinLuther:耽溺と救い」、EncyclopædiaBritannica、2007年。
  37. ^ テッツェルの百六つの論文の論文55。これらの「アンチテーゼ」は、ルターの95か条の論題への返信であり、テッツェルの友人で元教授のコンラッド・ウィンピーナによって作成されました。論文55&56(ルターの27論文への対応)読み:「それはすることができ、神のビジョン、取得するために出て飛ぶための魂のために、あるなし中断によって妨げられることを、それゆえ彼は魂がと言っている人ERRS飛び出すことはできませんコインが胸の底で揺れる前に」で、ドイツの改革ヘンリークレイヴェダー、1914年、マクミラン社、p。 405. [1] Animam purgatam evolare、est eam visione dei potiri、quod nulla potest intercapedineimpediri。 Quisquis ergo dicit、non citius posse animam volare、quam in Fundo cistae denarius possit tinnire、errat。 In:D。Martini Lutheri、Opera Latina:Varii Argumenti、1865、Henricus Schmidt、ed。、Heyder and Zimmer、Frankfurt am Main&Erlangen、vol。 1、p。 300.(オンデマンド印刷版:Nabu Press、2010、ISBN 978-1-142-40551-9)。[2]参照:Herbermann、Charles、ed。 (1913年)。「ヨハン・テッツェル」 カトリック百科事典。ニューヨーク:ロバートアップルトンカンパニー。 
  38. ^ Krämer、WalterおよびTrenkler、Götz。Lexicon van HardnekkigeMisverstandenの「Luther」Uitgeverij Bert Bakker、1997、214:216。
  39. ^ リッター、ゲルハルト。ルーサー、フランクフルト1985。
  40. ^ GerhardPrause「LuthersThesanschlagist eine Legende」、ニーマンドハットKolumbusausgelachtデュッセルドルフ、1986年。
  41. ^ マーシャル、ピーター1517:マルティン・ルターと改革の発明(オックスフォード大学出版局、2017年) ISBN 978-0-19-968201-0 
  42. ^ Bekker、Henrik(2010)。ドレスデンライプツィヒ&ザクセンアドベンチャーガイドHunter Publishing、Inc.p。125. ISBN 978-1-58843-950-5取り出される7年2月2012
  43. ^ ベイントン、ローランド。Here I Stand:A Life of Martin Luther(Nashville:Abingdon Press、1950)、p。79、オンライン
  44. ^ ブレヒト、マーティン。マルティン・ルターtr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、1:204–05。
  45. ^ スピッツ、ルイスW.ルネッサンスと改革運動、セントルイス:コンコルディア出版社、1987、338。
  46. ^ Wriedt、Markus。「ルーサーの神学」、ケンブリッジ・コンパニオン・トゥ・ルーサーニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局、2003年、88–94。
  47. ^ Bouman、Herbert JA「ルター派の告白における義認の教義」 Concordia Theological Monthly、1955年11月26日、No。11:801。
  48. ^ ドーマン、テッドM.、「癒しとしての正当化:ほとんど知られていないルーサー」 Quodlibet Journal:Volume 2 Number 3、 Summer2000。2007年7月13日閲覧。
  49. ^ 「ルターの信仰の定義」
  50. ^ 「信仰による義認:ルター派-カトリックの収斂」2010年6月15日にオリジナルからアーカイブされまし
  51. ^ ルーサー、マーティン。「シュマルカルデンの記事」、コンコルディア:ルター派の告白セントルイス:コンコルディア出版社、2005、289、パート2、第1条。
  52. ^ Froom 1948、p。243。
  53. ^ Michael A. Mullett、 Martin Luther、ロンドン: Routledge、2004、 ISBN 978-0-415-26168-5、78 ; Oberman、ハイコ、ルーサー:神と悪魔の間でマン、ニューヘブン:エール大学プレス、2006、 ISBN 0-300-10313-1、192から93。  
  54. ^ マレット、68–69; オーバーマン、189。
  55. ^ リチャード・マリウス、ルーサー、ロンドン:カルテット、1975年、 ISBN 0-7043-3192-6、85 
  56. ^ 教皇勅書エクスルゲドミネ、1520年6月15日。
  57. ^ マレット、81–82。
  58. ^ 「ルーサーはアウグスブルクでカジェタンと会う」Reformation 500 –コンコルディア神学校、セントルイス。2012年1月11日取得した3月28日に2016
  59. ^ 「教会の行為および記念碑-マルティンルター」exclassics.com 取得した3月28日に2016
  60. ^ ベイントン、ローランド。Here I Stand:A Life of Martin Luther(Nashville:Abingdon Press、1950)、Chapter V、p。96、オンライン
  61. ^ マレット、82。
  62. ^ マレット、83。
  63. ^ Oberman、197。
  64. ^ マレット、92–95; Roland H. Bainton、 Here I Stand:A Life of Martin Luther、New York:Mentor、1955、 OCLC 220064892、81 
  65. ^ マリウス、87–89; ベイントン、メンター版、82。
  66. ^ マリウス、93; ベイントン、メンター版、90。
  67. ^ GR Elton、 Reformation Europe:1517–1559、London:Collins、1963、 OCLC 222872115、177 
  68. ^ ブレヒト、マーティン。(tr。WolfgangKatenz)「Luther、Martin」、Hillerbrand、Hans J.(ed。) Oxford Encyclopedia of theReformationニューヨーク:オックスフォード大学出版局、1996年、2:463。
  69. ^ ベッキング、ボブ; Cannegieter、Alex; van er Poll、Wilfred(2016)。バビロンから永遠へ:テキストと伝統で記憶され構築された亡命者ラウトレッジ。NS。91. ISBN 978-1-134-90386-3
  70. ^ 木製、シンディ。「メソジストは正当化に関するカトリック-ルーテル宣言を適応させます。」2006年7月24日
  71. ^ David Van Biema、「A Half-Millennium Rift」、 TIME、1998年7月6日、80。
  72. ^ シンディ・ウッドン、「ルター派世界連盟は正当化に関する共同宣言を承認」、パイロット、1998年6月19日、20。
  73. ^ ブレヒト、1:460。
  74. ^ a b マレット(1986)、p。25
  75. ^ ルーサー、マーティン。「ルターの生涯(マルティン・ルターによるルター)」
  76. ^ ウィルソン、153、170; マリウス、155。
  77. ^ ブラッチャー、デニス。ヴォルムス帝国議会(1521)」、「声:成長するクリスチャンのための聖書的および神学的資源2007年7月13日取得。
  78. ^ Reformation Europe:1517–1559、 London:Fontana、 1963、53 ; Diarmaid MacCulloch Reformation:Europe's House Divided、1490–1700、 London:Allen Lane、 2003、132
  79. ^ ルーサー、マーティン。で「手紙82、」ルターの作品Jaroslav Jan Pelikan、Hilton C.OswaldおよびHelmutT。Lehmann(eds)、Vol。48:Letters I、Philadelphia:Fortress Press、1999、c1963、48:246; マレット、133。黙示録の著者であるジョンはパトモス島に追放されていた。
  80. ^ ブレヒト、2:12–14。
  81. ^ マレット、132、134; ウィルソン、182。
  82. ^ ブレヒト、2:7–9; マリウス、161–62; マーティ、77〜79歳。
  83. ^ Martin Luther、「Let Your Sins Be Strong」、LutherからMelanchthonへの手紙、1521年8月、Project Wittenberg、2006年10月1日検索。
  84. ^ ブレヒト、2:27–29; マレット、133。
  85. ^ ブレヒト、2:18–21。
  86. ^ マリウス、163–64。
  87. ^ Froom 1948、p。261。
  88. ^ マレット、135–36。
  89. ^ Wilson、192–202; ブレヒト、2:34–38。
  90. ^ Bainton、メンター版、164–65。
  91. ^ 1522年3月7日の手紙。シャフ、フィリップ、キリスト教会の歴史、第VII巻、第IV章; ブレヒト、2:57。
  92. ^ ブレヒト、2:60; ベイントン、メンター版、165; マリウス、168–69。
  93. ^ a b シャフ、フィリップ、キリスト教会の歴史、第VII巻、第IV章
  94. ^ マリウス、169。
  95. ^ マレット、141–43。
  96. ^ Michael Hughes、初期近代ドイツ:1477–1806、ロンドン:Macmillan、1992、 ISBN 0-333-53774-2、45 
  97. ^ AGディケンズ、ドイツの国家とマーティンルーサー、ロンドン:エドワード・アーノルド、1974、 ISBN 0-7131-5700-3、132から33。ディケンズは、ルーサーの「リベラルな」言い回しの例として引用している。「したがって、私は、教皇も司教も他のいかなる人も、彼自身の同意なしにキリスト教徒の男性に法の音節を課す権利を持たないことを宣言する」。 
  98. ^ ヒューズ、45–47。
  99. ^ ヒューズ、50。
  100. ^ Jaroslav J. Pelikan、Hilton C. Oswald、 Luther's Works、55巻。(セントルイスとフィラデルフィア:ConcordiaPub。HouseandFortress Press、1955–1986)、46:50–51。
  101. ^ マレット、166。
  102. ^ Whitford、David、 Tyranny and Resistance:The Magdeburg Confession and the Lutheran Tradition、2001、144 pages
  103. ^ ヒューズ、51。
  104. ^ Andrew Pettegree、 16世紀のヨーロッパ、オックスフォード:Blackwell、 ISBN 0-631-20704-X、102–03。 
  105. ^ ルーサーの作品のエアランゲン版、Vol。59、p。284
  106. ^ ウィルソン、232。
  107. ^ シャフ、フィリップ、キリスト教会の歴史、第VII巻、第5章、rpt。クリスチャンクラシックスエーテルライブラリー。2009年5月17日取得。ベイントン、メンター版、226。
  108. ^ a b c Scheible、Heinz(1997)。メランヒトン。Eine Biographie(ドイツ語)。ミュンヘン:CHBeck。NS。147. ISBN 978-3-406-42223-2
  109. ^ Lohse、Bernhard、 Martin Luther:彼の人生と仕事の紹介、Robert C. Schultz訳、エジンバラ:T&T Clark、1987、 ISBN 0-567-09357-3、32 ; ブレヒト、2:196–97。 
  110. ^ ブレヒト、2:199; ウィルソン、234; ローゼ、32。
  111. ^ シャフ、フィリップ。「ルーサーの結婚。1525年。」キリスト教教会の歴史、第7巻、現代キリスト教、ドイツの改革§77、rpt。クリスチャンクラシックスエーテルライブラリー。2009年5月17日取得。マレット、180〜81年。
  112. ^ マーティ、109; ベイントン、メンター版、226。
  113. ^ ブレヒト、2:202; マレット、182。
  114. ^ Oberman、278–80; ウィルソン、237; マーティ、110。
  115. ^ ベイントン、メンター版、228; シャフ、「ルーサーの結婚。1525年」。; ブレヒト、2:204。
  116. ^ MacCulloch、164。
  117. ^ ベイントン、メンター版、243。
  118. ^ Schroeder、Steven(2000)。自由と必要性の間:価値の場所に関するエッセイロドピ。NS。104. ISBN 978-90-420-1302-5
  119. ^ ブレヒト、2:260–63、67; マレット、184–86。
  120. ^ ブレヒト、2:267; ベイントン、メンター版、244。
  121. ^ ブレヒト、2:267; MacCulloch、165。ある時、ルーサーは選挙人を「緊急司教」( Notbischof)と呼んだ
  122. ^ マレット、186–87; ブレヒト、2:264–65、267。
  123. ^ ブレヒト、2:264–65。
  124. ^ ブレヒト、2:268。
  125. ^ ブレヒト、2:251–54; ベイントン、メンター版、266。
  126. ^ ブレヒト、2:255。
  127. ^ マレット、183; Eric W. Gritsch、 A History of Lutheranism、ミネアポリス:Fortress Press、2002、 ISBN 0-8006-3472-1、37 
  128. ^ ブレヒト、2:256; マレット、183。
  129. ^ ブレヒト、2:256; ベイントン、メンター版、265–66。
  130. ^ ブレヒト、2:256; ベイントン、メンター版、269–70。
  131. ^ ブレヒト、2:256–57。
  132. ^ ブレヒト、2:258。
  133. ^ ブレヒト、2:263。
  134. ^ マレット、186。小教理対話へのルーサーの序文から引用、1529; MacCulloch、165。
  135. ^ マーティ、123。
  136. ^ ブレヒト、2:273; ベイントン、メンター版、263。
  137. ^ マーティ、123; ウィルソン、278。
  138. ^ ルーサー、マーティン。ルーサーの作品フィラデルフィア:フォートレスプレス、1971、50:172–73; ベイントン、メンター版、263。
  139. ^ ブレヒト、2:277、280。
  140. ^ 英語の翻訳でテキストを参照してください
  141. ^ a b チャールズ・P・アランド、「信条のルター」。Lutheran Quarterly 2006 20(1):1–25。ISSN 0024-7499 ; James Arne Nestingen、「Luther'sCatechisms」オックスフォード改革百科事典。エド。ハンスJ.ヒラーブランド。(1996) 
  142. ^ マレット、145; ローゼ、119。
  143. ^ マレット、148–50。
  144. ^ 「メンテリン聖書」ワールドデジタルライブラリー1466 2018年6月2日取得
  145. ^ 「コーベルガー聖書」ワールドデジタルライブラリー1483 2018年6月2日取得
  146. ^ Gow、Andrew C.(2009)。「本の争われた歴史:中世後期のドイツの聖書と伝説、イデオロギー、そして学問における改革」ヘブライ語聖書のジャーナル9土井10.5508 /jhs.2009.v9.a13ISSN 1203年から1542年 
  147. ^ ウィルソン、183; ブレヒト、2:48–49。
  148. ^ マレット、149; ウィルソン、302。
  149. ^ マリウス、162。
  150. ^ Lohse、112–17; ウィルソン、183; ベイントン、メンター版、258。
  151. ^ Daniel Weissbort and Astradur Eysteinsson(eds。)、 Translation – Theory and Practice:A Historical Reader、Oxford:Oxford University Press、2002、 ISBN 0-19-871200-6、68 
  152. ^ マレット、148; ウィルソン、185; ベイントン、メンター版、261。ルターは、聖パウロの手紙のローマ人への翻訳、3:28で、「信仰」という言葉の後に「一人」(アレーンという言葉を挿入しましたこの条項は、英語の公認版では「したがって、人は法律の行為なしに信仰によって正当化されると結論付けます」と表現されています。
  153. ^ リンドバーグ、カーター。「ヨーロッパの改革:ソースブック」。Blackwell Publishing Ltd.、2000年。p。取られた49オリジナルソースブックの抜粋ルターの作品セントルイス:コンコルディア/フィラデルフィア:フォートレスプレス、1955年から86年。ed。ヤロスラフ・ペリカンとヘルムート・T・レーマン、vol。35. pp。182、187–89、195。
  154. ^ メッツガー、ブルースM.(1994)。ギリシャ新約聖書に関するテキスト解説:聖書協会世界連盟のギリシャ新約聖書(第4改訂版)の付属巻(第2版)。シュトゥットガルト:ドイツ聖書協会。pp。647–49。ISBN 978-3-438-06010-5
  155. ^ Criticus、(Rev。WilliamOrme)(1830)。三人の天の証人を尊重する論争の回顧録、私はジョンV.7ロンドン:(1872年、ボストン、「エズラ・アボットによるメモと付録付きの新版」)。NS。42。
  156. ^ ホワイト、アンドリュー・ディクソン(1896)。神学と科学の戦争の歴史、Vol。2ニューヨーク:アップルトン。NS。304。
  157. ^ 短いコレクションについては、オンラインの賛美歌を参照してください
  158. ^ a b c クリストファー・ボイド・ブラウン、福音を歌う:ルター派の賛美歌と改革の成功(2005)
  159. ^ 「Waldzither–19世紀の参考文献」。 StudiaInstrumentorum 。取得した3月23日に2014Es ist eine unbedingte Notwendigkeit、dass der Deutsche zu seinen Liedern auch ein echt deutsches Begleitinstrumentbesitzt。 Wie der Spanier seine Gitarre(fälschlichLautegenannt)、der Italiener seine Mandoline、derEngländerdasBanjo、der Russe die Balalaikausw。 sein Nationalinstrument nennt、so sollte der Deutsche seine Laute、die Waldzither、welche schon von Dr. Martin Luther aufderWartburgimThüringerWalde(daher der Name Waldzither)gepflegt wurde、zu seinem Nationalinstrumentmachen。 LiederheftvonCHBöhm(ハンブルク、1919年3月)
  160. ^ 「不注意な風にさらされた」賛美歌2013年10月14日にオリジナルからアーカイブされまし検索された10月7日に2012
  161. ^ ロビン・A・リーバー、「ルーサーのカテキズムの賛美歌」。Lutheran Quarterly 1998 12(1):79–88、89–98。
  162. ^ ロビン・A・リーバー、「ルーサーのカテキズムの賛美歌:5。バプテスマ」。Lutheran Quarterly 1998 12(2):160–69、170–80。
  163. ^ Christoph Markschies、Michael Trowitzsch: Luther zwischen den Zeiten – Eine Jenaer Ringvorlesung ; モールジーベック、1999年; pp。215–19(ドイツ語)。
  164. ^ Psychopannychia(魂の夜の宴会)、原稿Orléans1534、ラテン語ストラスブール1542、第2版。1545、フランス語、ジュネーブ1558、英語1581。
  165. ^ リベルデアニマ1562
  166. ^ D. Franz Pieper Christliche Dogmatik、3 vol。、(Saint Louis:CPH、1920)、3:575: "Hieraus geht sicher so viel hervor、daßdieabgeschiedenenSeelenderGläubigenintheeinemZustandedesseligenGenießensGottessichbefinden。 .. Ein Seelenschlaf、dereinGenießenGotteseinschließt(so Luther)、ist nicht als irrige Lehre zu bezeichnen ";英訳:フランツ・パイパー、クリスチャン・ドグマティクス、3巻、(セントルイス:CPH、1953)、3:512:「これらのテキストは、信者の亡くなった魂が神の祝福された楽しみの状態にあることを確かに明らかにしています。 ...神の楽しみを含む魂の眠り(ルターは言う)は、誤った教義とは言えません。」
  167. ^ マルティン・ルターの説教:ハウス・ポスティルズ、ユージーン・FA・クルーグ編 and trans。、3 vol。、(Grand Rapids、Michigan:Baker Book House、1996)、2:240。
  168. ^ Weimarer Ausgabe 43、360、21–23(創世記25:7–10まで):Exegetica opera latina Vol 5–6 1833p。120と英語の翻訳:ルーサーの作品、アメリカンエディション、55巻。(セントルイス:CPH)、4:313; 「十分なigiturnobis haec cognitio、periculum cruciatum et paenaruminferniのnonegredi animas ex corporibus、sed esse eis paratumcubiculum、定足数で休眠中。」
  169. ^ 「シュマルカルデン条項、パートII、記事II、パラグラフ12」Bookofconcord.org 取得した15年8月2012
  170. ^ 「シュマルカルデン条項、パートII、記事II、パラグラフ28」Bookofconcord.org 取得した15年8月2012
  171. ^ Gerhard Loci Theologici、Locus de Morte、§293ff。ピーパーは次のように書いています。「ルターは、死と復活の間の状態にいくつかのことを移すゲルハルトと後の神学者よりも、死と復活の間の魂の状態についてより慎重に話します。 "( Christian Dogmatics、3:512、脚注21)。
  172. ^ 全集編のBerlinischerZeitung1755の記事。 Karl Friedrich Theodor Lachmann – 1838p。 59 "Was die Gegner auf alle diese Stellen antworten werden、ist leichtzuerrathen。Siewerdensagen、daßLuthermitdem Worte Schlaf gar die Begriffe nicht verbinde、welche Herr R. damitverbindet。WennLuthersage、daßdieSee Tode schlafe、so denke er nichts mehr dabey、als was alle Leute denken、wenn sie den Tod des Schlafes Brudernennen。ズゲウィネン。」
  173. ^ Exegetica opera Latina、Volumes 5–6 Martin Luther、ed。 Christopf Stephan Elsperger(Gottlieb)p。 120 "Differunt tamen somnus sive quies hujus vitaeetfuturae。Homoenimin hac vita defatigatus diurno labe、sub noctem intrat incubiculum suum tanquam inpac、ut ibi dormiat、et ea nocte Fruitur quiete、neque quicquam scit de ul sivecaedis。Animaautemnon sic dormit、sed vigilat、et patiturvisiones loquelas AngelorumetDei。Ideosomnusin futura vita profundior est quam in hac vita et tamen anima coramDeovivit。Hacsimilitudine、quam habeo a。 (創世記の解説–創世記のエナレーション、XXV、1535–1545)」
  174. ^ Blackburne中間状態に関する論争の短い歴史的見解(1765)p121
  175. ^ ゴットフリードフリッチェルZeitschriftfürdiegesammtelutherischeTheologie und Kirchep657 "Denn dass Luther mit den Worten" anima non sic dormit、sed vigilat et patitur visiones、loquelas Angelorum et Dei "nicht dasjenige leugnen will、was er allen andern Stellen seiner Schriften vortragt"
  176. ^ ヘンリー・エイスター・ジェイコブスマルティン・ルター改革の英雄1483年から1546年(1898年)。強調が追加されました。
  177. ^ マレット、194–95。
  178. ^ ブレヒト、2:325–34; マレット、197。
  179. ^ ウィルソン、259。
  180. ^ Weimar Ausgabe 26、442 ; Luther's Works 37、299–300。
  181. ^ Oberman、237。
  182. ^ マーティ、140–41; Lohse、74〜75歳。
  183. ^ Oberman、237による引用。
  184. ^ ブレヒト2:329。
  185. ^ Oberman、238。
  186. ^ マルティン・ルター、ヴェルケ、VIII
  187. ^ マルティン・ルター、テーブルトーク
  188. ^ Martin Luther、「正当化CCXCIVについて」、テーブルトーク
  189. ^ マレット、198; マリウス、220。包囲は1529年10月14日に解除され、ルーサーはそれを神の奇跡と見なしました。
  190. ^ Andrew Cunningham、黙示録の4人の騎手:改革ヨーロッパにおける宗教、戦争、飢饉および死、ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、2000年、 ISBN 0-521-46701-2、141 ; マレット、239–40; マーティ、164。 
  191. ^ From War Against the Turk、1529、William P. Brown、 The Ten Commandments:The Reciprocity of Faithfulness、ケンタッキー州ルイビル:Westminster John Knox Press、2004、 ISBN 0-664-22323-0、258 ; Lohse、61; マーティ、166。 
  192. ^ マーティ、166; マリウス、219; ブレヒト、2:365、368。
  193. ^ マレット、238–39; Lohse、59–61。
  194. ^ ブレヒト、2:364。
  195. ^ ウィルソン、257; ブレヒト、2:364–65。
  196. ^ ブレヒト、2:365; マレット、239。
  197. ^ ブレヒト、3:354。
  198. ^ ダニエル・ゴフマン、オスマン帝国と初期近代ヨーロッパ、ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、2002年、 ISBN 0-521-45908-7、109 ; マレット、241; マーティ、163。 
  199. ^ From war Against the Turk、1529、Roland E. Miller、 Muslims and the Gospel、Minneapolis:Kirk House Publishers、2006、 ISBN 1-932688-07-2、208で引用 
  200. ^ ブレヒト、3:355。
  201. ^ Cf. ルーサー、十戒だけが永遠である:マーティンルーサーの完全な反律法主義の論文と論争、 ed。およびtr。H. Sonntag、ミネアポリス:Lutheran Press、2008、23–27。ISBN 978-0-9748529-6-6 
  202. ^ Cf. ルーサー、十戒だけが永遠である:マーティンルーサーの完全な反律法主義の論文と論争、 ed。およびtr。H. Sonntag、ミネアポリス:Lutheran Press、2008、11–15。ISBN 978-0-9748529-6-6 
  203. ^ Cf.ルターの作品47:107–19。そこで彼は次のように書いています。そして、キリストが私たちのために成就した律法と、彼が満足させた罪とは何かがわからない場合、キリストが何であるか、彼が私たちのために何をしたかをどのように知るのでしょうか?」 (112–13)。
  204. ^ Cf. ルーサーの作品41、113–14、143–44、146–47。そこに彼がantinomiansについて言った:「彼らは素晴らしいイースターの説教者かもしれないが、彼らはない宣べ伝えないための非常に貧しいペンテコステの説教、あるデsanctificationeらvivificatione Spiritusのサンクティ、 『聖霊によって聖化については、』しかし、単に償還についてイエス・キリストの」(114)。「モーセの十戒を拒絶し、理解することができなかったのですが…彼らは見ていますが、それでも彼らは人々の生活を更新したり改革したりすることなく、公の罪を犯し続けさせました」(147)。
  205. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、 33–36。
  206. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、170–72
  207. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、76、105–07。
  208. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、140、157
  209. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、75、104–05、172–73。
  210. ^ したがって、「法の最初の使用」は、身体的報酬と罰によって、政治的領域における秩序と強制の外部手段として使用される法となるでしょう。
  211. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、110。
  212. ^ Cf. ルター、十戒だけが永遠である、35:「したがって、律法は排除することはできませんが、キリストの前に成就しないように、キリストの後に成就するように残りますが、これは正当化された人によってさえこの人生で完全には起こりません....これはこれからの人生で完全に最初に起こります。」Cf. ルター、十戒だけが永遠である、、 43–44、91–93。
  213. ^ Brecht、Martin、 Martin Luther、tr。ジェームズ・L・シャーフ、フィラデルフィア:要塞を押して、1985年から1993年、3:一夫多妻制のトピックに関するルターからの引用のより詳細なリストについては206、11ページを参照してくださいと、次の一夫多妻制にルターの本物の声ネイサンR. Jastram、コンコルディア神学ジャーナル、2015年秋/ 2016年春、第3巻
  214. ^ Brecht、Martin、 Martin Luther、tr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、3:212。
  215. ^ Brecht、Martin、 Martin Luther、tr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、3:214。
  216. ^ Brecht、Martin、 Martin Luther、tr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、3:205–15。
  217. ^ Oberman、Heiko、 Luther:神と悪魔の間の男、ニューヘブン:エール大学出版物、2006年、294。
  218. ^ 歌手、トビア。「「はりつけの詩篇」を詳しく見るアウトリーチユダヤ教アウトリーチユダヤ教2019年7月20日取得
  219. ^ マイケル、ロバート。聖なる憎しみ:キリスト教、反ユダヤ主義、そしてホロコーストニューヨーク:パルグレイブマクミラン、2006、109; マレット、242。
  220. ^ エドワーズ、マーク。ルーサーの最後の戦いイサカ:コーネル大学出版局、1983、121。
  221. ^ ブレヒト、3:341–43; マレット、241; マーティ、172。
  222. ^ ブレヒト、3:334; マーティ、169; マリウス、235。
  223. ^ ノーブル、グラハム。「マルティン・ルターとドイツの反ユダヤ主義」、 History Review(2002)No。42:1–2; マレット、246。
  224. ^ ブレヒト、3:341–47。
  225. ^ ルーサー、ユダヤ人と嘘について、マイケル、112で引用。
  226. ^ Luther、 Vom Schem Hamphoras、Michael、113で引用。
  227. ^ a b Gritsch、Eric W.(2012)。マルティン・ルターの反ユダヤ主義:彼のより良い判断に対してミシガン州グランドラピッズ:William B. Eerdmans PublishingCompanyISBN 978-0-8028-6676-9pp。86–87。 
  228. ^ ルーサー、ユダヤ人と嘘についてルーサーズ・ヴェルケ47:268–71。
  229. ^ ルーサー、ユダヤ人と嘘について、ロバート・マイケル、「ルーサー、ルーサー学者、そしてユダヤ人」、遭遇46(1985年秋)第4:343–44で引用。
  230. ^ a b Michael、117。
  231. ^ Michael、110による引用。
  232. ^ Michael、117–18。
  233. ^ Gritsch、113–14; マイケル、117。
  234. ^ 「ルターの反ユダヤ感情の表現は、改革後の何世紀にもわたって主要かつ永続的な影響力を持ち、プロテスタントの反ユダヤ教と現代の人種差別的反ユダヤ主義との間に継続性が存在するという主張は、現在広く普及しています。文学;第二次世界大戦以来、それは当然のことながら一般的な意見になっています。」ヨハンズ・ヴァルマン、「宗教改革から19世紀末までのユダヤ人に関するルターの著作の受容」、ルター派季刊誌、ns 1(1987年春)1:72–97。
  235. ^ バーガー、ロナルド。ホロコーストの理解:社会問題アプローチ(ニューヨーク:Aldine De Gruyter、2002年)、28; ジョンソン、ポールユダヤ人の歴史(ニューヨーク:HarperCollins Publishers、1987)、242; シャイラー、ウィリアム第三帝国の興亡(ニューヨーク:サイモン&シュスター、1960年)。
  236. ^ グランベルガー、リチャード12年の帝国:ナチスドイツの社会史1933年-1945年(NP:ホルト、ラインハートとウィンストン、1971年)、465。
  237. ^ ヒムラーは次のように書いています:「ルターがユダヤ人について言って書いたこと。これ以上鋭い判断はあり得ない」。
  238. ^ エリス、マルク・Hヒトラーとホロコースト、キリスト教の反ユダヤ主義」 2007年7月10日、ウェイバックマシンアーカイブ(NP:ベイラー大学アメリカユダヤ研究センター、2004年春)、スライド14。「ヒトラーとホロコースト」。ベイラー大学。2006年4月22日のオリジナル2006年4月22日取得
  239. ^ ノーブル、グラハムを参照してください。「マルティン・ルターとドイツの反ユダヤ主義」、 History Review(2002)No。42:1–2。
  240. ^ Diarmaid MacCulloch、 Reformation:Europe's House Divided、1490–1700ニューヨーク:Penguin Books Ltd、2004年、666〜67ページ。
  241. ^ Bernd Nellessen、「Die schweigende Kirche:Katholiken und Judenverfolgung」、Buttner(ed)、 Die Deutschen und die Jugendverfolg im Dritten Reich、p。265、ダニエル・ゴールドハーゲン、ヒトラーの意欲的な処刑人(ヴィンテージ、1997年)で引用
  242. ^ ブレヒト3:351。
  243. ^ Wallmann、72–97。
  244. ^ Siemon-Netto The Fabricated Luther、17–20。
  245. ^ Siemon-Netto、「Luther and the Jews」、Lutheran Witness 123(2004)No。4:19、21。
  246. ^ ヒラーブランド、ハンスJ.「マーティンルーサー」、ブリタニカ百科事典、2007年。ヒラーブランドは次のように書いています。反ユダヤ主義。多くの学者がこの見解をとっていますが、この見方はルターを強調しすぎており、ドイツの歴史のより大きな特徴を十分に強調していません。」
  247. ^ Bainton、Roland: Here I Stand、(Nashville:Abingdon Press、New American Library、1983)、p。297
  248. ^ 同様のビューについては、以下を参照してください。
    • ブリーズ、ラッセル。「マルティン・ルターとユダヤ人」、ルーテル・フォーラム(2000年夏):32;
    • ブレヒト、マルティン・ルター、3:351;
    • エドワーズ、マークU.ジュニアルーサーの最後の戦い:政治とポレミクス1531–46ニューヨーク州イサカ:コーネル大学出版局、1983、139;
    • グリッチ、エリック。「ルターは反ユダヤ主義でしたか?」、キリスト教の歴史、No。3:39、12。
    • Kittelson、James M.、Luther the Reformer、274;
    • オーバーマン、ヘイコ。反ユダヤ主義のルーツ:ルネッサンスと改革の時代フィラデルフィア:要塞、1984、102;
    • ラップ、ゴードン。マルティン・ルター、75;
    • シーモン-ネット、ウーヴェ。ルーテルの証人、19。
  249. ^ クリストファー・J・プロブスト、ユダヤ人のデモンストレーション:ルターとナチスドイツのプロテスタント教会、インディアナ大学出版局、米国ホロコースト記念博物館、2012年、 ISBN 978-0-253-00100-9 
  250. ^ クリストファープロブスト博士。「マルティン・ルターと「ユダヤ人」再評価」神学者取得した3月20日に2014
  251. ^ Synodは、2009年2月25日にWayback Machineアーカイブされた公式のミズーリ・シノド教義声明の 要約から、ユダヤ人に関するルターの否定的な声明と、反ルター派の感情を扇動するためのこれらの声明の使用を嘆き、切り離します。
  252. ^ Lull、ティモシー・マーティン・ルーサーの基本的な神学的著作、第2版(2005年)、p。25
  253. ^ Merton P. Strommen et al。、A Study of Generations(Minneapolis:Augsburg Publishing、1972)、p。206. P. 208はまた、「聖職者[ALC、LCA、またはLCMS]は、[平信徒と比較して]反ユダヤ主義的または人種的に偏見のある態度を示す可能性が低い」と述べています。
  254. ^ リチャード(ディック)ギアリー、「ナチスに投票したのは誰ですか?(国家社会主義ドイツ労働者党の選挙史)」、 History Today、1998年10月1日、Vol。48、第10号、8〜14ページ
  255. ^ 「投票箱での特別な関心?宗教とナチスの選挙での成功」(PDF)
  256. ^ Iversen OH(1996)。「マルティン・ルターの身体表現性障害。彼の死から450年後の短い生活史」。Tidsskr。または。Legeforen。(ノルウェー語)。116(30):3643–46。PMID 9019884 
  257. ^ エドワーズ、9。
  258. ^ スピッツ、354。
  259. ^ BeziehungenデReformatorsマーティン・ルーサー・ZUハレダイ アーカイブで2017年7月7日にウェイバックマシンbuergerstiftung-halle.de(ドイツ語)
  260. ^ ルーサー、マーティン。説教第8号、「PredigtüberMat。11:25、Eisleben gehalten」、1546年2月15日、 Luthers Werke、Weimar 1914、51:196–97。
  261. ^ ポリアコフ、レオンキリストの時代から宮廷ユダヤ人へ、ヴァンガード・プレス、p。220。
  262. ^ マッキノン、ジェームズ。ルターと宗教改革IV、(ニューヨーク):Russell&Russell、1962、p。204。
  263. ^ ルーサー、マーティン。ユダヤ人に対する警告は、彼の最後の説教に追加され、オーバーマン、ヘイコで引用されましたルター:神と悪魔の間の男、ニューヨーク:イメージブック、1989年、p。ルターのの294完全な翻訳訓戒はウィキソースで見つけることができます。s:ユダヤ人に対する警告(1546)
  264. ^ リーブス、マイケル。「消せない炎」。ノッティンガム:IVP、2009年、p。60。
  265. ^ ブレヒト、マーティンマルティン・ルターtr。James L. Schaaf、フィラデルフィア:Fortress Press、1985–93、3:369–79。
  266. ^ a b McKim、Donald K.(2003)。マルティン・ルターのケンブリッジの仲間ケンブリッジの宗教の仲間。ケンブリッジ大学出版局。NS。19. ISBN 978-0-521-01673-5
  267. ^ ケラーマン、ジェームズA.(翻訳者)「ルターの最後の書かれた言葉:牧師の父ドクターマーティンルーサーの聖なる思索」1546年2月16日。
  268. ^ ルターの最後に書かれた言葉の元のドイツ語とラテン語は、「Wirseinpettler。Hocestverum」です。ハインリヒ・ボルンカム [ de ]ルーサーの思想の世界、tr。マーティンH.バートラム(セントルイス:コンコルディア出版社、1958年)、291。
  269. ^ 「スライドコレクション」2012年2月9日にオリジナルからアーカイブされまし2017年2月24日取得
  270. ^ フェアチャイルド、メアリー。「マルティン・ルターの偉大な業績」About.com宗教とスピリチュアリティ
  271. ^ 「OurRedeermLCMS.org」2003年11月22日にオリジナルからアーカイブされまし
  272. ^ マッキム、ドナルドK(2003年7月10日)。マルティン・ルターのケンブリッジ・コンパニオンISBN 978-0-521-01673-5
  273. ^ SignatureToursInternational.comは2007年12月1日にウェイバックマシンアーカイブされました
  274. ^ Dorfpredigten:Biblische Einsichten ausDeutschlands'wildemSüden '。AusgewähltePredigtenausdenJahren 1998 bis 2007 Teil II 2002–2007 by Thomas OH Kaiser、p。354
  275. ^ ドイツ、ハレの博物館で展示されているマルティン・ルターのデスマスクartdaily.com
  276. ^ ウォールストリートジャーナル、「世界を震​​撼させた僧侶」、リチャードJ.エバンス、2017年3月31日
  277. ^ Roper、Lyndal(2010年4月)。「マルティン・ルターの体: 『スタウト・ドクター』と彼の伝記作家」。アメリカの歴史的レビュー115(2):351–62。土井10.1086 /ahr.115.2.351PMID 20509226 
  278. ^ 「カレンダー」イングランド国教会2021年4月9日取得
  279. ^ Luther und der Schwan hamburger-reformation.de、2019年10月19日取得
  280. ^ Swan Lutheran Press、2020年7月6日検索
  281. ^ ジョスカンのミサパンゲリングアのルター派のアイデンティティ(参照ノート94)初期の音楽史、vol。36、2017年10月、pp.193-249; カップ; 2020年7月6日取得

ノート

  1. ^ ラテン語「Disputatioプロdeclaratione virtutis indulgentiarum」 -の最初の印刷物論文は、使用インキピットではなく、コンテンツをまとめたタイトルを。ルターは、通常、「彼らを呼ばmeine Propositiones」(私の提案)。[35]

ソース

  • カミングス、ブライアン(2002)。改革の文学的文化:文法と恵みオックスフォード:オックスフォード大学出版局。土井10.1093 / acprof:oso /9780198187356.001.0001ISBN 978-0-19-818735-6 –オックスフォード奨学金オンライン経由。
  • ブレヒト、マーティン; tr。James L. Schaaf(1985)。マルティン・ルター1:彼の改革への道、1483年から1521年。フィラデルフィア:フォートレスプレス。
  • ブレヒト、マーティン; tr。James L. Schaaf(1994)。マルティン・ルター2:改革の形成と定義、1521〜1532。フィラデルフィア:フォートレスプレス。
  • ブレヒト、マーティン; tr。James L. Schaaf(1999)マルティン・ルター3:教会の保存、1532年から1546年。フィラデルフィア:フォートレスプレス。
  • フルーム、ルロイエドウィン(1948年)。私たちの父の予言的信仰2ワシントンDC:レビューおよびヘラルド出版協会。
  • マレット、マイケルA.(2004)。マルティン・ルターロンドン:ラウトレッジ。ISBN 978-0-415-26168-5
  • マイケルA.マレット(1986)(1986)。ルーサーMethuen&Co(ランカシャーパンフレット)。ISBN 978-0-415-10932-1
  • ウィルソン、デレク(2007)。嵐の中から:マルティン・ルターの生涯と遺産ロンドン:ハッチンソン。ISBN 978-0-09-180001-7

参考文献

Lutherによる作品とLutherに関する作品については、Martin Luther(リソース)またはWikisourceのLutherの作品参照してください

  • アトキンソン、ジェームズ(1968)。マルティン・ルターとプロテスタントの誕生、シリーズ、ペリカン・ブック。ハーモンズワース、工学:ペンギンの本。352pp。
  • ローランド・ベイントン。Here I Stand:A Life of Martin Luther(Nashville:Abingdon Press、1950)、オンライン
  • ブレヒト、マーティン。マルティン・ルター:改革への彼の道1483–1521(vol 1、1985); マルティン・ルター1521–1532:改革の形成と定義(vol 2、1994); マルティン・ルター教会の保存Vol 3 1532–1546(1999)、標準的な学術的伝記の抜粋
  • エリクソン、エリックH.(1958)。ヤングマンルーサー:精神分析と歴史の研究ニューヨーク:WWノートン。
  • ディレンベルガー、ジョン(1961年)。マルティン・ルター:彼の著作からの抜粋ニューヨーク州ガーデンシティ:ダブルデイ。OCLC  165808
  • フリーデンタール、リチャード(1970)。ルーサー、彼の人生と時代トランス。ジョン・ノーウェルによるドイツ語から。最初のアメリカ版。ニューヨーク:ハーコート、ブレース、ジョバノビッチ。viii、566ページ。注意:トランス。著者のルーサーの、sein Leben und seineZeit
  • ルル、ティモシー(1989)。マルティン・ルター:彼の著作からの抜粋ミネアポリス:要塞。ISBN 978-0-8006-3680-7
  • ルル、ティモシーF。; ネルソン、デレクR.(2015)。弾力性のある改革者:マルティン・ルターの生涯と思想ミネソタ州ミネアポリス:要塞。ISBN 978-1-4514-9415-0ProjectMUSE経由
  • コルブ、ロバート; ディンゲル、アイリーン; Batka、Ľubomír(編):MartinLutherの神学のオックスフォードハンドブックオックスフォード:オックスフォード大学出版、2014年ISBN 978-0-19-960470-8 
  • ルーサー、M 。奴隷意志論。エド。JIパッカーORジョンソン旧タッパン、NJ:レヴェル、1957 OCLC 22724565 
  • ルーサー、マーティン(1974)。選択された政治的執筆、ed。とイントロで。JMポーターによる。フィラデルフィア:フォートレスプレス。ISBN 0-8006-1079-2 
  • ルーサーの作品、55巻。エド。HTリーマンJ.ペリカンミズーリ州セントルイス、ペンシルベニア州フィラデルフィア、1955年から86年。CD-ROMにもあります。ミネアポリスアンドセントルイス:フォートレスプレスアンドコンコルディアパブリッシングハウス、2002年。
  • マリタン、ジャック(1941年)。3つの改革者:ルター、デカルト、ルソーニューヨーク:C。スクリブナーズサンズ。注意:edの転載。MuhlenbergPressから発行されました。
  • ネトル、ポール(1948)。ルターと音楽、トランス。フリーダベストとラルフウッドによる。ニューヨーク:ラッセル&ラッセル、1967年、警官。1948. vii、174ページ。
  • Reu、Johann Michael(1917)ルター研究の35年シカゴ:ウォートバーグ出版社。
  • シャルク、カールF.(1988)。音楽のルター:賞賛のパラダイムミズーリ州セントルイス:コンコルディア出版社。ISBN 0-570-01337-2 
  • スタン、ウィリアム(1883年)。マルティン・ルターの生涯第8版。ニューヨーク:Pustet&カンパニーNB:これはローマカトリック論争自然の仕事です。
  • ウォーレンウォッシュバーンフローラー博士(1912年、2012年)。第1条:聖書の前のルター派のバージョンのルターの利用、ジョージWahr、アナーバープレス、アナーバー、ミシガン州重版2012:NABUプレスISBN 978-1-278-81819-1 

外部リンク

この記事を聞く1時間32
Spoken Wikipedia icon
このオーディオファイル2011年7月17日付けのこの記事の改訂版から作成されたものであり、その後の編集は反映されていません。 (2011-07-17)