有標性

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学および社会科学では、有標性は、通常のまたはより一般的な形式と比較して、非典型的または発散として際立っている状態です。マークされた-マークされていない関係では、反対の1つの用語は、より広く、支配的なものです。主要なデフォルトまたは最小労力の形式は、マークなしとして知られています。もう1つは、2番目のマークです。言い換えれば、有標性には、1つまたは複数の可能な「不規則な」形式に対する「通常の」言語単位の特徴付けが含まれます。

言語学では、有標性は、とりわけ、音韻論的文法的、および意味論的対立に適用でき、正直(マークなし)と不正直(マーク付き)などのマーク付きおよびマークなしの反対の観点からそれらを定義しますマーキングは、純粋に意味論的である場合もあれば、追加の形態として実現される場合もあります。この用語は、接尾辞または別の要素を使用した文法上の役割のマーキングに由来し、形態学的な区別がない状況に拡張されています。

より広く社会科学では、有標性は、とりわけ、同じ用語の2つの意味を区別するために使用されます。一方は一般的な使用法(マークされていない意味)であり、もう一方は特定の文化的文脈に特化しています(マークされた意味)。

心理学では、有標性の社会科学の概念は、ある変数が別の変数の予測因子または考えられる原因としてマークされている量の尺度として定量化され、単純な2つの選択肢の場合はΔp(deltaP)としても知られています。詳細については、混同行列を参照してください。

マークされた単語とマークされていない単語のペア

語彙の反対に関して、マークされた形式は非基本的な形式であり、多くの場合、語尾変化または派生語の終わりを持つものです。したがって、形態学的に否定的な単語形式は、肯定的なものとは対照的にマークされます:幸せ/不幸正直/不誠実公正/不公平きれい/汚れなど。同様に、接辞のない男性または単数形は、接辞のある女性または複数形とは対照的に、マークされていないと見なされます:ライオン/雌ライオンホスト/ホステス自動車/自動車子供/子供マークのないフォームもデフォルトのフォームです。たとえば、マークされていないライオンは男性または女性を指すことができますが、雌ライオンは女性のみを指すことができるためマークされています。

デフォルトの性質により、反対が形態学的に関連していない場合でも、マークされていない字句形式を識別できます。古い/若い大きい/小さい幸せ/悲しいきれい/汚いのペアでは、各ペアの最初の用語は、一般的に質問で発生するため、マークされていないと見なされます。たとえば、英語を話す人は通常、誰かが何歳かを尋ねます。マークされた用語(あなたは何歳ですか?)の使用は、若者前提としています。

プラハ学派の背景

言語の非対称性の概念は、マークされた用語とマークされていない用語の実際の造語に先行していましたが、マーク現代的な概念は、二項対立を特徴付ける手段としてのロマーン・ヤーコブソンニコライ・トルベツコイのプラハ学派の 構造主義に端を発しています。[1]

音と意味の両方が、バイナリの特徴的な機能のシステムに分析されました。エドウィン・バッティステラは次のように書いています。「二元主義は言語分析における対称性と同等性を示唆しています。有標性は階層の概念を追加します。」[2]トルベツコイとヤコブソンは、鼻音の有無として定義される鼻音と非鼻音などの音韻的対立を分析しました。機能の存在、鼻性、マークされました; その不在、非鼻性はマークされていませんでした。ヤコブソンとトルベツコイの場合、バイナリ音韻機能は、すべての言語に適用可能なユニバーサル機能アルファベットの一部を形成しました。Jakobsonは、1932年の記事「ロシア語の動詞の構造」で、概念を文法的な意味に拡張しました。この場合、マークされた要素は「[何らかの意味] Aの存在を通知します」が、マークされていない要素はAの存在を通知しません。 Aが存在するかどうかについては述べていません。」[3] 40年後、ヤコブソンは言語を次のように説明しました。「言語システムのすべての構成要素は、2つの論理的矛盾の対立に基づいて構築されています。 )。」[4]

ヤコブソンは1941年の児童言語、失語症、言語の普遍性の中で、音韻的有標性が言語の習得喪失に役割を果たしていることを示唆しました。獲得と失語症の既存の研究を利用して、ヤコブソンは、マークされた反対とマークされていない反対の普遍的な特徴階層によって決定される鏡像関係を提案しました。今日はたくさん[誰?]まだ、音韻獲得のヤコブソンの理論を有用な傾向を特定するものとして見ています。[5]

ヤコブソニアンの伝統

Cornelius van Schooneveld、Edna Andrews、Rodney Sangster、Yishai Tobinなどの「意味的不変性」(機能のコンテキスト固有の意味に反映されるさまざまな一般的な意味)に関する作業により、マーク付きおよびマークなしの観点から文法項目の意味分析がさらに発展しました。特徴。他のセミオティック指向の研究では、ヘニング・アンデルセン、マイケル・シャピロ、エドウィン・バッティステラの努力を含め、不変性をあまり重視せずに形と意味の同型を調査しました。シャピロとアンドリュースは、CSパースの記号論と有標性を特に結びつけており、パースの記号-オブジェクト-解釈のトライアドで「解釈の種として」扱っています。

TalmyGivónなどの機能言語学者は、「注意力、精神的努力、または処理時間の観点から」、有標性が認知の複雑さに関連していることを示唆しています。[6]言語学の「自然主義者」は、知覚性と心理的効率の言語外の原則が言語で自然なものを決定する方法の観点から、有標性の関係を考えています。たとえば、別の言語学者であるWilli Mayerthalerは、マークされていないカテゴリを「話者の典型的な属性と一致する」カテゴリとして定義しています。[7]

文化的有標性と情報提供

有標性の主要な構成要素は要素の情報内容と情報価値であるため[8]いくつかの研究では、有標性を異常または有益なものの符号化と見なしており、これは有標性と情報の形式的な確率的定義に偶然として反映されています。 -ΔpおよびΔp 'に対応するマシューズ相関係数の一方向成分を修正します。[9]馴染みのあるカテゴリーによって提供される文化的規範に概念的に精通していることは、マークされたカテゴリーが図を提供する根拠を作り、マークが文化的および社会的分類に適用される道を開きます。

早くも1930年代に、ヤコブソンはすべての反対派に有標性を適用することをすでに提案しており、生/死、自由/束縛、罪/美徳、休日/労働日などのペアについて明示的に言及していました。Linda Waughは、これを男性/女性、白/黒、視力/盲目、聴覚/聴覚障害、異性/同性愛、右/左、出産/不毛、服装/ヌード、話し言葉/書き言葉などの反対派にまで拡大しました。[10] Battistellaはこれを拡張し、文化がどのようにマーク値を調整してまとまりのあるシンボルシステムを作成するかを示し、 RodneyNeedhamの研究に基づく例を示しました。[11]他の研究は、文体、音楽、神話に有標性を適用しています。[12] [13] [14]

局所的な有標性と有標性の逆転

有標性はコンテキストによって異なります一部の一般的なコンテキストでよりマークされているものは、他のローカルコンテキストではあまりマークされていない場合があります。したがって、「アリ」は形態学的レベルでは「アリ」よりも目立たないが、意味(および頻度)レベルでは、アリは一度に1つずつよりも多くの場合に遭遇することが多いため、より目立つ可能性がある。多くの場合、より一般的な有標性の関係は、特定のコンテキストで逆転する可能性があります。したがって、子音の無声は通常マークされていません。しかし、母音の間または有声子音の近くでは、有声は期待される値またはマークされていない値である可能性があります。

逆転は、特定の西フリジア語の複数形および単数形に反映されます。 [15]西フリジア語では、不規則な単数形と複数形の語幹のバリエーションを持つ名詞が正規化されています。[要出典]通常、これは複数形が単数形の通常の形に再編成されることを意味します。

  • 古いパラダイム:「koal」(石炭)、「kwallen」(石炭)→正則化された形式:「Koal」(石炭)、「Koalen」(石炭)。

ただし、多くの単語は、代わりに複数形の形式を拡張することによって単数形を改革します。

  • 古いパラダイム: "earm"(腕)、 "jermen"(腕)→正則化された形式: "jerm"(腕)、 "jermen"(腕)

単数形を複数形に一致するように正規化する名詞の一般的な特徴は、単数形よりもペアまたはグループでより頻繁に発生することです。それらは、意味的に(形態学的ではなく)複数形で局所的にマークされていないと言われています。

普遍性と頻度

ジョセフ・グリーンバーグの1966年の著書 『言語学的普遍性』は、類型論的言語学への有標性の影響力のある応用であり、ヤコブソンとトルベツコイの伝統からの脱却でした。Greenbergは、頻度を文法の有標性の主要な決定要因と見なし、マークされていないカテゴリは「現実世界における物事の関連の頻度」によって決定できることを示唆しました。

Greenbergはまた、言語を超えて頻度を適用し、マークされていないカテゴリは、多数の言語でマークされていないカテゴリになることを示唆しています。ただし、批評家は、言語を超えて頻度が低いカテゴリは特定の言語で高い分布を示す可能性があるため、頻度に問題があると主張しています。[16]

最近では、頻度に関連する洞察が偶然に修正された条件付き確率として形式化され、情報(Δp ')と有標性(Δp)が人間の関連研究(バイナリ関連または区別)のさまざまな予測方向に対応しています[17]など。一般的に(2つ以上の区別がある機能を含む)。[要出典]

普遍性はまた、含意的な法則に関連しています。これは、マークされたカテゴリを持つすべての言語にマークされていないものもあるが、その逆ではない場合、カテゴリはマークされていると見なされることを意味します。

診断

有標性は、過去1世紀にわたって拡張および再形成されており、ゆるく接続された一連の理論的アプローチを反映しています。二項対立の分析に登場してから、それはグローバルな記号論的原理、自然性と言語の普遍性をコード化する手段、そして言語習得におけるデフォルトと好みを研究するための用語になりました。さまざまなアプローチを結び付けるものは、言語構造の評価に関する懸念事項ですが、有標性がどのように決定されるか、およびその意味と診断がどのように変化するかについての詳細は大きく異なります。普遍的な有標性関係への他のアプローチは、機能的な経済的および象徴的な動機に焦点を合わせ、コミュニケーションチャネルおよびコミュニケーションイベントの特性に繰り返し対称性を結び付けます。たとえば、Croft(1990)、

生成文法で

有標性は、ノーム・チョムスキーモリス・ハレの「生成音韻論」を通じて生成言語理論に入りました。チョムスキーとハレの場合、音韻的特徴は、普遍的な音声語彙を超えて、最も価値の高い適切な文法を選択する手段である「評価メトリック」を包含しました。英語のサウンドパターン、文法の値は、その文法で必要な機能の数の逆数でした。しかし、チョムスキーとハレは、音韻的特徴への最初のアプローチが、信じられないほどのルールとセグメントの在庫を自然のものと同じくらい高く評価していることに気づきました。マークされていない機能の値は、評価メトリックに関してコストがかかりませんでしたが、マークされた機能の値は、メトリックによってカウントされました。セグメントインベントリは、マークされた機能の数に従って評価することもできます。ただし、評価メトリックの一部として音韻マークを使用しても、一部の機能が他の機能よりも可能性が高いという事実、または音韻システムが特定の最小限の複雑さと対称性を持たなければならないという事実を完全に説明することはできませんでした。[18]

生成構文では、特徴評価としての有標性は、音韻論で行ったのと同じ注意を受けませんでした。チョムスキーは、マークされていないプロパティを、最初は制約に基づいて、後で普遍文法のパラメーターに基づいた固有の選好構造と見なすようになりました。1977年の記事「フィルターと制御」で、チョムスキーとハワード・ラズニクはこれを拡張して、「コア文法」の理論の一部として有標性を表示しました。

[普遍文法]は「未分化」システムではなく、「有標性理論」に類似したものを組み込んでいると仮定します。具体的には、オプションが非常に制限され、表現力が制限され、いくつかのパラメーターを持つコア文法の理論があります。 。コア文法に該当するシステムは、「マークされていないケース」を構成します。評価指標の観点からは、それらを最適と考えることができます。実際の言語は、コア文法のパラメーターを修正し、さらに豊富なリソースを使用してルールまたは条件を追加することによって決定されます...これらの追加された文法のプロパティは、不規則動詞の構文類似物と考えることができます。[19]

数年後、チョムスキーはそれを次のように説明しています。

コアとペリフェラルの違いにより、コアとペリフェラル、コアの内部、およびペリフェラルの内部という3つのマークの概念が残ります。2つ目は、証拠がない場合のパラメーターの設定方法と関係があります。3つ目については、間違いなく、コア原則からの逸脱(たとえば、英語の不規則動詞の形態)でも重要な規則性があり、周辺構造は体系的な方法でコアに関連している可能性があります。コア文法の特定の条件を緩和します。[20]

一部の生成研究者は、第二言語習得理論に有標性を適用し、それを、構造が取得される順序、特定の構造を取得することの難しさ、および言語間でのルールの転送可能性を反映する固有の学習階層として扱いました。[21]最近では、1990年代に登場した最適性理論のアプローチにより、制約のランク付けに有標性が組み込まれています。[22]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Andersen、Henning(1989)。「有標性—最初の150年」。共時態と通時の有標ベルリン:ムートン・ド・グリュイター。
  2. ^ バッティステラ、エドウィン(1990)。有標性:言語の評価的上部構造ニューヨーク州立大学出版。
  3. ^ Jakobson、R。(1932)「ロシア語の動詞の構造」。ロシア語とスラブ語の文法研究、1931年から1981年に転載ムートン、1984年。
  4. ^ Jakobson、R。(1972)。"言葉によるコミュニケーション"。Scientific American 227:72–80。
  5. ^ バッティステラ、エドウィン(1996)。有標性の論理ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。
  6. ^ Givón、T。Syntax:A Functional-Typological Introduction、vol。2、アムステルダム:ジョンベンジャミンズ、1990年。
  7. ^ Mayerthaler Willi MorphologicalNaturalnessアナーバー:カロマ、1988年。
  8. ^ Battistella、Markedness、1990。
  9. ^ Powers、David MW(2011)。「評価:適合率、再現率、Fスコアから、ROC、情報、マーク、相関まで」。Journal of Machine LearningTechnologies2(1):37–63。hdl2328/27165
  10. ^ ウォー、リンダ「マークされたものとマークされていないもの:記号論的構造における不平等の間の選択」。記号論; 38:299–318、1982
  11. ^ Battistella、Edwin Markedness、1990年、188〜189ページ。
  12. ^ マイヤーズ-スコットン、キャロル(編)コードと結果:言語の種類の選択オックスフォード、1998年
  13. ^ ハッテン、ベートーベンのロバート音楽的意味:マーク、 相関、解釈インディアナ大学出版局、1994年
  14. ^ Liszka、James J. The Semiotic ofMyth 。インディアナ大学出版局、1989年
  15. ^ ティアスマ、ピーター。「ローカルおよび一般的なマーク」、言語、1982年。
  16. ^ Battistella、Edwin The Logic of Markedness、1996、p。51。
  17. ^ Perruchet、P。; Peereman、R。(2004)。「音節処理における分布情報の活用」。J.神経言語学17(2–3):97–119。土井10.1016 / s0911-6044(03)00059-9S2CID17104364_ 
  18. ^ キーン、メアリー-ルイーズ(1980)。生成文法における有標性の理論ブルーミントン:インディアナ大学言語学クラブ。
  19. ^ Chomsky、NoamおよびLasnik、Howard(1977)。「フィルターと制御」。言語に関するお問い合わせ8.3:425–504。
  20. ^ チョムスキー、ノーム(1986)。言語の知識:その性質、起源および使用プレーガー。
  21. ^ Eckman、FR(1991)。「構造的適合性仮説と学習者の中間言語における子音クラスターの獲得」。第二言語習得の研究13(1)、23–41。
  22. ^ Archangeli1997。

さらに読む

  • Andersen、Henning 1989 "Markedness—The First 150 Years"、In Markedness in Synchrony andDiachronyベルリン:ムートン・ド・グリュイター。
  • Andrews、Edna 1990 Markedness Theory:The Union of Asymmetry and Semiosis in Language、Durham、NC:Duke UniversityPress。
  • Archangeli、Diana 1997「最適性理論:1990年代の言語学入門」、最適性理論:概要マサチューセッツ州モールデン:ブラックウェル。
  • Battistella、Edwin 1990 Markedness:The Evaluative Superstructure of Language、Albany、NY:SUNYPress。
  • バッティステラ、エドウィン1996 The Logic of Markedness、ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。
  • チャンドラー、ダニエル2002/2007セミオティックス:基本、ロンドン:ラウトレッジ。
  • チャンドラー、ダニエル2005有標性に関するエントリ。John Protevi(ed。)(2005)Edinburgh Dictionary of Continental Philosophy、Edinburgh:University of EdinburghPress。
  • Chomsky、Noam&Halle、Morris 1968 The Sound Pattern of English、New York:Harper andRow。
  • グリーンバーグ、ジョセフ言語普遍性、ハーグ:ムートン、1966年。
  • Trask、RL 1999言語と言語学の重要な概念、ロンドンとニューヨーク:ラウトレッジ。