マルタ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

マルタ共和国
Repubblika ta'Malta   マルタ語
モットー: 美徳とコンスタンシア
「強さと一貫性を持って」
国歌: マルタ賛歌
ザ・マルタの賛歌
Location of Malta (green circle) – in Europe (light green & dark grey) – in the European Union (light green)  –  [Legend]
マルタの場所(緑色の円)

ヨーロッパ (ライトグリーンとダークグレー)
欧州連合 (ライトグリーン)– [凡例]

資本バレッタ
35°54'N14 °31'E / 35.900°N 14.517°E / 35.900; 14.517座標35°54'N14 °31'E  / 35.900°N 14.517°E / 35.900; 14.517
最大の町セントポールズベイ
公用語マルタ語[d] 英語
民族グループ
(2019 [1]
宗教
(2019)[2]
90%キリスト教
—83%ローマカトリック
—7%その他のキリスト教
5%無宗教
2%イスラム教
3%その他
住民の呼称マルタ語
政府単一 議会 立憲共和制
• 大統領
ジョージ・ヴェラ
• 首相
ロベルト・アベラ
立法府マルタ議会
独立 
1964年9月21日
•共和国
1974年12月13日
領域
• 合計
316 [3]  km 2(122平方マイル)(185番目
• 水 (%)
0.001
人口
•2019年の見積もり
514,564 [4]173番目
•2011年の国勢調査
417,432 [5]
• 密度
1,633 / km 2(4,229.5 / sq mi)(4番目
GDP  PPP2019年の見積もり
• 合計
22.802億ドル[6]
• 一人あたり
48,246ドル[6]
GDP  (名目)2019年の見積もり
• 合計
151億3400万ドル[6]
• 一人あたり
32,021ドル[6]
ジニ (2019)Positive decrease 28.0 [7]
 ・ 15日
HDI  (2019)Increase 0.895 [8]
非常に高い ・ 28日
通貨ユーロ)(EUR
タイムゾーンUTC +1(中央ヨーロッパ時間)
•夏(DST
UTC +2(中央ヨーロッパ夏時間)
日付形式dd / mm / yyyy(AD
運転側
市外局番+356
ISO3166コードMT
インターネットTLD.mt [c]
ウェブサイト
政府.mt
  1. ^マルタ語の 母国語以外の言語[9]
  2. ^ 2011年の国勢調査で言及されているマルタ国民[5]
  3. ^ また、他の欧州連合加盟国と共有される.eu
  4. ^ また、マルタの手話[10]

マルタ/ M ɔː L T ə / 聞くAbout this sound MAWLの-təUKまた/ M ɒ L T ə / MOL -tə[12] マルタ:  [mɐltɐ] )、公式として知られているマルタ共和国マルタRepubblika ta 'マルタ [rɛpʊbːlɪkɐtɐmɐltɐ] と以前メリタは、ある南ヨーロッパの 島国からなる群島地中海 [13]それはシシリーの南80km(50 mi)チュニジアの東284 km(176 mi) [14]そしてリビアの北333 km(207 mi)にあります。 [15] 316 km 2(122平方マイル)の面積に約515,000 [4]の人口を持ち [3]マルタは面積で世界で10番目に小さい国です[16] [17]そして4番目に人口密度の高い主権国。その首都はバレッタであり、0.61 km 2(0.24平方マイル)の面積で欧州連合で最小の首都です。公用語および国語はマルタ語であり、これはシチリア首長国時代に開発されたシチリアアラビア語の子孫であり、英語が2番目の公用語として機能します。イタリア語シチリア語また、以前は何世紀にもわたって島で公用語および文化言語を務めていました。1934年までマルタではイタリア語が公用語であり、現在のマルタ人の大多数は少なくともイタリア語で会話しています。

マルタは紀元前5900年頃から人が住んでいます。[18]地中海の中心に位置すること[19]は、歴史的に海軍基地として非常に戦略的に重要であり、フェニキア人とカルタゴ人、ローマ人、ギリシャ人アラブ人を含む一連の勢力が島を争い、支配してきました。ノルマン人、アラゴン人、聖ヨハネ騎士団、フランス人、イギリス人など。[20]これらの外国の影響のほとんどは、国の古代文化にある種の痕跡を残しています。

マルタは1813年にイギリスの植民地となり、船の中継基地およびイギリス地中海艦隊の本部として機能しました。それはされた第二次世界大戦中枢軸国によって包囲し、北アフリカと地中海での操作のための重要な連合軍の拠点でした。[21] [22]イギリスの議会はで、マルタの国家として英国からマルタの独立性を与え、1964年にマルタ独立法を可決したエリザベスIIの女王として。[23]国は1974年に共和国になったことは、メンバーの状態となっている国連の連邦国連独立以来、2004年に欧州連合加盟それは2008年にユーロ圏通貨同盟の一部になりました

マルタには初期キリスト教の時代からキリスト教徒がいましたが、アラブの支配下にある間は主にイスラム教徒でしたが、当時はキリスト教徒は容認されていました。イスラム教徒の支配は1091年にロジャー1世によるマルタへノーマンの侵入で終わりました。今日、カトリック国教ですが、マルタ憲法は良心と宗教的崇拝の自由を保証しています。[24] [25]

マルタは、温暖な気候、数多くのレクリエーションエリア、3つのユネスコ世界遺産ハルサフリエニ地下墳墓[26]、バレッタ[27]、7つの巨石神殿など、最も古い無料の寺院含む観光地です。-世界の立っている構造。[28] [29] [30]

語源

マルタという名前の由来は不明であり、現代のバリエーションはマルタ語に由来しています。[要出典]最も一般的な語源は、マルタという言葉ギリシャ語のμέλιメリ、「蜂蜜」に由来するというものです[31]古代ギリシャ人は、マルタ独自の蜂蜜生産のために、「蜂蜜の甘い」を意味するΜελίτηMelitēと呼んだミツバチの固有の亜種が島に住んでいます。[32]ローマ人は島をメリタと呼ん[33]。これは、ギリシャ語のΜελίτηのラテン語化、または同じ単語Μελίταのドーリス方言の発音の適応と見なすことができます[34] 1525年にウィリアム・ティンダルは、使徒28に音訳「Melite」を使用する:1ためΚαὶδιασωθέντεςτότεἐπέγνωμενὅτιΜελίτηἡνῆσος καλεῖται (「彼らはエスケープされたときには、その後、彼らは島はメリタと呼ばれていたことを知っていた」)[35]ラテン語の代わりにギリシャ語のテキストに依存した新約聖書の彼の翻訳に見られるように。 「マルタ」は、1611年の公認(キングジェームス)バージョンと1901年のアメリカ標準版で使用されているスペルです。「マルタ」は、1946年の改訂標準訳や新国際版などの最近のバージョンで広く使用されています。 1973年の。

別の推測では、マルタという言葉は、マルタの多くの湾や入り江に関連して、フェニキア語のマレス、「避難所」[36]または「港」[37]由来することを示唆しています。古典文学には他の語源の言及はほとんどなく、マルタという用語アントニンの旅程に現在の形で現れています(Itin。Marit。p。518;Sil。Ital。xiv.251)。[38]

歴史

マルタはシチリア島からの入植者の到着以来、紀元前5900年頃から人が住んでいます[39][40]巨石構造によって特徴づけられる、重要な先史時代の新石器時代の文化。紀元前3600年、ブギバムナイドラジュガンティーヤなどの寺院からも明らかなように、島々に存在していましたフェニキア人は、自分の持って来る、800と700 BC間マルタを植民地化セムの言語と文化を。[41]彼らは島々を前哨基地として使用し、そこから海の探検を拡大し、後継者である地中海で貿易を行った。カルタゴ人はマルタがムニキピウムになったマルタの住民の助けを借りて、紀元前216年にローマ人によって追放されました[42]

1565年のマルタ包囲戦:カスティーユの要塞の砲撃。

可能性の高い袋後ヴァンダル[43]マルタは下に落ちたビザンチンルール(9世紀に第四)と島々は、その後に侵略されたアグラブ朝AD 870アラブ侵攻後の人口の運命は不明であるではなく、それはそうです島々は、2千年紀の初めに、アラビア語シチリアを話したアラブ統治下のシチリアからの入植者によって再人口化された可能性があります[44]

イスラム教徒のルールはで終了したノルマン人1249によって島が完全にされた再Christianised 1091に島を征服した[45]島はの一部であったシチリア王国1530年までとすることによって制御簡潔たアンジュー=シチリア家。 1530年、スペインのカール5世は、マルタの島々をエルサレムの聖ヨハネ騎士団に永久賃貸で与えました

ナポレオンの下のフランス人は1798年にマルタの島々を支配しましたが、イギリス人の助けを借りてマルタ人は2年後にフランスの支配を放棄することができました。住民はその後、権利宣言に定められた条件の下で島々の主権を引き継ぐように英国に要請し[46]、「陛下はこれらの島々をいかなる権力にも譲渡する権利を持たない...彼が保護を撤回することを選択した場合、そして彼の主権を放棄し、別の主権を選出する権利、またはこれらの島々を統治する権利は、私たち、住民と原住民だけに、そして支配なしに帰属します。」1814年のパリ条約の一環として、マルタはイギリスの植民地になりました。英国が統合に消極的であることが判明した後、1956年に英国との統合の試みを最終的に拒否しました。

マルタは1964年9月21日(独立記念日)に独立しました。 1964年の憲法の下で、マルタは当初、エリザベス2世女王として保持し、総督が彼女に代わって権限を行使しました。 1974年12月13日(共和国記念日)に大統領元首として連邦内の共和国になりました。 1979年3月31日、マルタは最後のイギリス軍とイギリス海軍がマルタから撤退したのを見ました。この日は自由の日として知られており、マルタは中立で非同盟国家であると宣言しました。マルタは欧州連合に加盟しました2004年5月1日に、2008年1月1日にユーロ圏加わった[47]

先史時代

陶器がでた考古学者Skorba寺院イタリアで見つけ似ている、とマルタ島は最初主によって5200 BCに決済されたことを示唆している石器時代のイタリアの島から到着したハンターや農家シチリア、おそらくSicani矮性のカバ 、巨大な白鳥矮性の象の絶滅は、マルタへの人間の最も早い到着に関連しています。[48]新石器時代初期にさかのぼる先史時代の農業集落は、オープンエリアやGħarDalamなどの洞窟でも発見されました[49]

Sicaniは、この時点で島に居住していることが知られている唯一の種族であった[40] [50]と、一般に密接に関連しているとみなされるイベリア[51]マルタの人口は、穀物を育て、家畜を飼育し、他の古代地中海文化と同様に、ヴィレンドルフヴィーナスを含む同様の小像に見られる比率を示すマルタの先史時代の遺物に表される出生率を崇拝しました[52]

Mnajdraの寺院群

GħarDalam期の陶器は、シチリア島のアグリジェント見つかった陶器に似ています。巨石神殿建築家の文化は、この初期の時代から取って代わられるか、生まれました。紀元前3500年頃、これらの人々は、ゴゾ島に巨石のジュガンティーヤ寺院の形で、世界で最も古い既存の独立した建造物のいくつかを建設しました[53]他の初期の寺院には、ĦaġarQimMnajdraの寺院が含まれます。[30] [54] [55]

寺院は独特の建築で、通常は複雑な三つ葉のデザインで、紀元前4000年から2500年まで使用されていました。取り外し可能な祭壇の石の後ろにある動物の骨とナイフは、寺院の儀式に動物の犠牲が含まれていたことを示唆しています。暫定的な情報は、犠牲が出産の女神に行われたことを示唆しています。その像は現在、バレッタの国立考古学博物館にあります。[56]文化は、紀元前2500年頃にマルタ諸島から明らかに姿を消した。考古学者は、寺院の建設者が飢饉や病気の犠牲になったと推測していますが、これは確かではありません。

これらの古代の建築者にしばしば起因するマルタ諸島の別の考古学的特徴は、島全体のいくつかの場所で見られる「カートトラック」または「カートわだち掘れ」と呼ばれる等距離の均一な溝です。非公式に「クラパムジャンクション」として知られているKbir。これらは、柔らかい石灰岩を侵食する木製の車輪付きカートが原因である可能性があります。[57] [58]

紀元前2500年以降、マルタ諸島は、青銅器時代の移民の新たな流入が到来するまで、数十年にわたって過疎化されました。この文化は、死者火葬しドルメンと呼ばれる小さな巨石構造をマルタに導入しました。[59]ほとんどの場合、ここには小さな部屋があり、大きなスラブで作られたカバーが直立した石の上に置かれています。彼らは、以前の巨石神殿を建てた人口とは確かに異なる人口に属していると主張されています。地中海の最大の島で見つかったいくつかの小さな建造物とマルタのドルメンが類似しているため、人口はシチリア島から到着したと推定されます。[60]

ギリシャ人、フェニキア人、カルタゴ人、ローマ人

現代のマルタを構成する土地は、ビザンチン帝国の一部でした(西ローマ帝国の崩壊以来最大の範囲で、ユスティニアヌス大帝の下の555年の帝国ピンク色の家臣))

フェニキア人の商人[61]は、紀元前1000年以降[14]に、地中海東部からコーンウォールへの交易路の停留所として島に植民地化し、島の原住民に加わった。[62]フェニキア人は、現在イムディーナとして知られている地域と、マレスと呼ばれるその周辺の町ラバト住んでいた[63] [64]ローマもずっと後イムディーナを居住、として(島)と呼ばメリタ[32]

紀元前332年にフェニキア陥落した、この地域はかつてのフェニキアの植民地であったカルタゴの支配下に置かれました[14] [65]この間、マルタの人々は主にオリーブイナゴマメ栽培し、織物を生産しました。[65]

一次ポエニ戦争中、マルクス・アティリウス・レグルスによる激しい戦いの後、島は征服されました[66]彼の遠征が失敗した後、島はカルタゴの手に落ちたが第二次ポエニ戦争中の紀元前218年にローマ執政官ティベリウスセンプロニウスロンガスによって再び征服された[66]その後、マルタはFoederata Civitasなりました。これは、敬意を表することローマ法の規則を免除されることを意味する指定であり、シチリア州の管轄下にありまし[32]しかし、ポエニ語の影響は、紀元前2世紀に捧げられた、ポエニ語の解読において極めて重要な有名なメルカルトのチッピとともに、島々で活気に満ちたままでした[67] [68]また、紀元前1世紀に廃止された地元のローマの硬貨[69]は、最後の地元で鋳造された硬貨の表側古代ギリシャ語の碑文が残っているため、島のローマ化のペースが遅いことを示しています(「 ΜΕΛΙΤΑΙΩ」は「マルタ人の」を意味し、ギリシャとポエニの文化の抵抗を示すポエニのモチーフ。[70]

ギリシャ人は、いくつかの建築遺構によって証明されているように、紀元前700年頃からマルタの島々に定住し、ローマの領土全体にとどまりました。[71]彼らは島をメリテ(古代ギリシャ語Μελίτη)と呼んだ[72] [73]紀元前160年頃、マルタで打たれた硬貨には、「マルタ人の」を意味するギリシャ語の「ΜΕΛΙΤΑΙΩΝ」(メリタイオン)が描かれていました。紀元前50年までに、マルタの硬貨は片側にギリシャの伝説があり、反対側にラテン語の伝説がありました。その後、ラテン語の伝説「MELITAS」だけでコインが発行されました。ギリシャ語のアルファベットの使用とともに、ポエニ語の宗教の側面の描写は、ローマ人の到着後ずっとマルタのポエニ語とギリシャ文化の回復力を証明しています。[74]

紀元前1世紀、ローマの上院議員で雄弁家のシセロ、ジュノ神殿の重要性と、ローマのシチリア総督ヴェレスの贅沢な行動についてコメントしました[75]紀元前1世紀に、島はプリニウス長老ディオドロスシキュラスによって言及されました。後者は、港、住民の豊かさ、豪華な装飾が施された家、繊維製品の品質を賞賛しました。 2世紀、ハドリアヌス皇帝(r。117–38)は、マルタの地位をムニキピウムまたは自由な町にアップグレードしました。島の地方問題は、4つのquattuorviri iuridicundoによって管理されていました。市議会の上院議員は、イムディーナ住むローマの検察官がシチリア総領事代表していまし[66]西暦58年、彼らの船が島で難破した後、使徒パウロ伝道者ルカと一緒に島に打ち上げられた。[66]使徒パウロは、キリスト教の信仰を説教して、3か月間島に留まりました。[66]この島は使徒言行録でメリテンギリシャ語Μελιτήνηとして言及されています。[76]

395年テオドシウス1世の死でローマ帝国が最後に分裂したとき、マルタはシチリアに続いて西ローマ帝国の支配下に置かれました[77]の間、移行期間として、西ローマ帝国が低下し、マルタは攻撃を受けて来て、征服されたか、回数を占めていました。[69] 454年から464年まで、島々はヴァンダル人によって征服され、464年以降は東ゴートによって征服された[66] 533年、北アフリカのヴァンダル王国を征服する途中のベリサリウスは帝国の下で島々を再会させた(東部)ルール。[66]マルタビザンチンの支配についてはほとんど知られていない:島はシチリア島テーマに依存し、ギリシャの知事と小さなギリシャの駐屯軍を持っていた。[66]人口の大部分は古いラテン系の住人によって構成され続けたが、この期間中、その宗教的忠誠は教皇とコンスタンディヌーポリ総主教の間で揺れ動いた[66]ビザンチンの支配は、ギリシャの家族をマルタの集団に紹介した。[78]マルタはアラブ人に転落した870年までビザンチン帝国の下にとどまった[66] [79]

アラブ時代と中世

Maymūnahストーン12世紀の墓石がで発見されていると考えられて、ローマ時代の大理石は、再利用したゴゾ

マルタはに関わるようになったアラブ・東ローマ戦争、およびマルタの征服は密接にリンクされているシチリアの後に827に始まったこと提督ユーフェミアスすることを要求し、彼の仲間のビザンチンの「裏切りアグラブ朝は島に侵入します。[80] イスラム教の年代記および地理アルHimyariの870で、次のことを再集計激しい闘争防御ビザンチンに対して、第澤田イブンムハンマドによって後HalafアルHadim率いる、アラブ侵略、[81]が略奪と略奪島は、最も重要な建物を破壊し、1048年から1049年にシチリアからアラブ人によって再植民地化されるまで、実質的に無人のままにしました。[81]この新しい和解がシチリアの人口動態の拡大の結果として起こったのか、シチリアでのより高い生活水準の結果として起こったのか(この場合、再植民地化は数十年前に起こったかもしれない)、または1038にシチリアのアラブの支配者の間で勃発した内戦の結果[82]アラブの農業革命は、いくつかの果物や綿を新しい灌漑を導入し、そしてアラビア語シチリア方言言語はシチリア島から島に採択されました。最終的にはマルタ語に進化します[83]

ノルマン征服

シシリーのロジャー1世はマルタをキリスト教の支配に戻しました

ノルマン人は 攻撃彼らの一環として、1091年にマルタをシシリーの征服[84]ノーマンの指導者、シシリーのロジャー1世は、キリスト教徒の捕虜に歓迎された。[32]伝えられるところによると、ロジャー伯爵が彼の市松模様の赤と白の旗の一部を剥ぎ取り、マルタの現代の旗の基礎を形成し、彼に代わって戦ったことへの感謝の気持ちでマルタ人それを提示したという考えが確立されました。神話で。[32] [85]

マルタは新しく形成されたシチリア王国の一部となり、シチリア島とイタリア半島の南半分もカバーしました[32]カトリック教会は国教として復活し、マルタはパレルモの支配下にあり、いくつかのノルマン建築がマルタ周辺、特にその古代の首都イムディーナに出現した[32] タンクレーディはマルタを王国の領地とし、1192年にマルタ伯を設置しました。島々は戦略的に重要であるために非常に望まれていたため、マルタの人々が軍事化されたのはこの時期でした。試みられた征服をかわすため。初期のカウントは熟練したジェノバの 私掠船でした。[32]

王国は1194年から1266年までホーエンシュタウフェン王朝に受け継がれました。この期間、皇帝フリードリヒ2世がシチリア王国を再編成し始めたとき、西洋の文化と宗教はより強く影響力を発揮し始めました。[86]マルタは郡と侯爵領と宣言されたが、その貿易は完全に台無しにされた。長い間、それは単に要塞化された駐屯軍のままでした[87]

アラブ人の大量追放は1224年に発生し、アブルッツォ州チェラーノのキリスト教徒の男性人口全体が同じ年にマルタに強制送還されました。[32] 1249年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世は、残りのすべてのイスラム教徒をマルタから追放するか[88]、改宗を強いることを布告した[89] [90]

短時間の期間のために、王国はに渡されたアンジュー=シチリア家[91]が、高い税金が原因の一部では、マルタで不評王朝を作ったアンジューのチャールズ・ジェノヴァ共和国に対する戦争s」は、との島ゴゾがいました1275年に解任された。[32]

アラゴン連合王国の支配とマルタ騎士団

マルタによって支配されたバルセロナ家の支配王朝アラゴン連合王国、1282年から1409年まで、[92]のマルタ武装勢力支援アラゴンとシチリアの晩祷の中で海戦グランドハーバー1283で[93]

アラゴン王の親戚は、1409年にアラゴン連合王国に正式に渡されるまで島を支配していました。アラゴンの優勢の早い段階で、君主の息子たちはマルタ伯の称号を受け取りました。この間、地元の貴族の多くが生まれました。しかし、1397年までに、共産主義の称号の支持は封建制に戻り、2つの家族がその区別をめぐって争い、それがいくつかの対立を引き起こしました。これにより、シシリーのマルティーノ1世は称号を廃止しました。タイトルをめぐる論争は、タイトルが数年後に復活し、地元の貴族に率いられたマルタ人がゴンサルボ・モンロイ伯爵に対して立ち上がったときに戻ってきました。[32]彼らは伯爵に反対したが、マルタ人は彼らの忠誠を表明したシチリアの王冠はアルフォンソ王に非常に感銘を与えたため、人々の反乱を罰しませんでした。代わりに、彼は第三者にタイトルを決して与えないことを約束し、それを王冠に戻しました。イムディーナ市は、この一連の出来事の結果として、CittàNotabileの称号を与えられました[32]

1530年3月23日、[94] カール5世は、に島を与えた聖ヨハネ騎士団フランス人のリーダーシップの下でフィリップ・ヴィラーズ・デ・リル・アダム、注文のグランドマスター[95] [96]永久中彼らが1つのマルタの隼の年次賛辞を支払わなければならなかったリース[97] [98] [99] [100] [101] [102] [103]これらの騎士は、聖ヨハネ騎士団としても知られ、後にマルタ騎士団としても知られる軍事修道会であり、ロードスから追い出されていた。1522年にオスマン帝国によって[104]

聖ヨハネ騎士団は1530年から1798年までマルタとゴゾの支配者でした。[105]この期間中、聖ヨハネ騎士団の小さいながらも効率的な艦隊がこの新しい艦隊から攻撃を開始したため、島の戦略的および軍事的重要性が大幅に高まりました。地中海周辺のオスマン帝国領土の航路をターゲットにした基地[105] [106]

1551年、ゴゾ島の人口(約5,000人)はバルバリア海賊に奴隷にされ、北アフリカのバーバリコースト連れて行かれました[107]

聖ヨハネの斬首によって、カラヴァッジョ。キャンバスに油彩、361センチメートル×520センチメートル(142.13 204.72で×)。共同大聖堂の礼拝堂

騎士団のグランドマスターであるフランス人ジャン・パリソ・ド・ヴァレットが率いる騎士団は、1565年にオスマン帝国によるマルタ包囲戦に耐えました[96]騎士団はスペイン軍とマルタ軍の助けを借りて勝利し、攻撃を撃退しました。 。ヴォルテールの戦いについて、「マルタ包囲戦ほどよく知られているものはない」と語った。[108] [109]包囲の後、彼らはマルタの要塞を増やすことを決定した。特に、バレッタにちなんで名付けられた新しい都市バレッタが建設された港内地域で。彼らはまた、海岸沿いに望楼を設立しましたWignacourtラスカリスデレディンの塔 –作品を注文したグランドマスターにちなんで名付けられました。島での騎士団の存在は、CittàVittoriosa(現代のBirguの装飾、CittàRohan(現代のĦaż-Żebbuġを含む新しい都市の建設を含む多くの建築的および文化的プロジェクトの完了を見ましたĦaż-Żebbuġはマルタで最も古い都市の1つであり、マルタで最大の広場の1つでもあります。

フランス時代とイギリスの征服

ナポレオンが1798年のフランス革命戦争エジプト向かう途中でマルタを占領したとき、騎士団の治世は終わりました。ナポレオンが島を占領する前の数年間、騎士団の力は衰退し、秩序は不人気になりました。ナポレオンの艦隊は1798年に到着し、エジプト遠征に向かう途中でした。ナポレオンは騎士団への策略として、船に補給するためのセーフハーバーを要求し、バレッタ内で安全にホストに銃を向けました。グランドマスターホンペッシュは降伏し、ナポレオンはマルタに入った。[110]

バレッタのパラッツォパリシオボナパルトの胸像

1798年6月12〜18日、ナポレオンはバレッタのパラッツォパリシオ住んでいました[111] [112] [113]彼は、政府委員会、12の自治体、財政行政、すべての封建的権利と特権の廃止、奴隷制廃止、およびすべてのトルコ人への自由の付与により、国家行政を改革した。とユダヤ人の奴隷。[114] [115]司法レベルでは、家族法が組み立てられ、12人の裁判官が指名された。公教育は、ボナパルト自身が定めた原則に沿って組織され、初等中等教育を提供しました。[115] [116]その後、彼はマルタにかなりの駐屯地を残してエジプトに向けて航海しました。[117]

取り残されたフランス軍は、特にカトリックに対するフランス軍の敵意とナポレオンの戦争努力に資金を提供するための地元の教会の略奪のために、マルタ人に不人気になりました。フランスの財政的および宗教的政策はマルタ人を非常に怒らせたので、彼らは反抗し、フランス人を去らせました。英国では、一緒にナポリ王国シチリア王国、マルタ、英国へ送られた弾薬及び援助も送られ、その海軍島を封鎖しました、。[115]

1798年10月28日、アレクサンダーボール大尉はゴゾ島のフランス駐屯軍との交渉を無事に完了しました。そこでの217人のフランス兵は、戦いなしで降伏し、島をイギリスに移すことに同意しました。その日、イギリス人は島を地元の人々に移し、シチリア島フェルディナンド3世に代わって大司祭サヴェリオカッサーによって管理されました1801年にカサールがイギリス軍によって権力を奪われるまで、ゴゾは独立したままだった[118]

クロード=アンリ・ベルグラン・ド・ヴォボワ将軍は1800年にフランス軍を降伏させた。[115]マルタの指導者たちは本島をアレクサンダー・ボール卿に提示し、島がイギリスの自治領になることを求めた。マルタの人々は権利宣言を作成しましたその中で彼らは「自由民の王、イギリスとアイルランドのイギリスの王陛下の保護と主権の下に」来ることに同意した。宣言はまた、「彼の陛下は、これらの島々をいかなる権力にも譲渡する権利を持っていません...彼が彼の保護を撤回し、彼の主権を放棄することを選択した場合、別の主権者を選出する権利、またはこれらの島々の統治権は属します私たちにとって、住民と原住民だけが、そしてコントロールなしで。」[115] [46]

大英帝国と第二次世界大戦

マルタ包囲戦中のバレッタでの爆弾による大きな被害を受けたキングスウェイ(現在のリパブリックストリート)、1942年

一環として、1814年にパリ条約[115] [119]マルタは、正式の一部となった大英帝国と配送方法・ステーションと艦隊の本部として使用されました。1869年にスエズ運河が開通した後、ジブラルタル海峡とエジプトの中間に位置するマルタの位置が主要な資産であることが証明され、イギリスの中央交易路であるインドへ向かう途中の重要な停留所と見なされました。

Aトルコ軍墓地を委嘱されたスルタン・アブドゥル・アジズとの倒れたオスマン帝国の兵士のために1873年と1874年の間に建てマルタ包囲戦

1915年から1918年の間に、第一次世界大戦中に、マルタに収容された多数の負傷した兵士のために、マルタは地中海の看護師として知られるようになりました。[120] 1919年、イギリス軍は新しい税金に抗議して群衆に発砲し、4人を殺害した。セッテジューニョ6月7日のイタリア語)として知られるこのイベントは、毎年記念され、5つの建国記念日の1つです。[121] [122]

第二次世界大戦前は、バレッタはイギリス海軍地中海艦隊の本部の場所でした。しかし、にも関わらず、ウィンストン・チャーチルの異議、[123]コマンドがに移されたアレキサンドリアエジプト、それはヨーロッパからの空気の攻撃を受けやすいすぎたことを恐怖のうち、1937年4月には、。[123] [124] [125]

第二次世界大戦中、マルタは連合国にとって重要な役割を果たしましたマルタはイギリスの植民地であり、シチリア島とアクシスの航路の近くにあり、イタリアとドイツの空軍に砲撃されました。マルタはイギリス軍がイタリア海軍への攻撃を開始するために使用し、潜水艦基地を持っていました。また、エニグマのトラフィックを含むドイツのラジオメッセージを傍受するリスニングポストとしても使用されました[126]マルタ包囲戦中のマルタ人の勇気は、ジョージ6世動かしてジョージクロス授与した。1942年4月15日にマルタに集合的に「歴史上長い間有名になるであろう英雄と献身を目撃するために」。一部の歴史家は、シンガポールのイギリス軍が行ったようにマルタが降伏した場合、イギリスの信頼性が損なわれたため、この賞によりイギリスがマルタを守る際に不釣り合いな損失を被ったと主張している[127]ジョージ・クロスの描写がマルタ旗の上部ホイストコーナーと国の腕に表示されるようになりました集団賞は、1999年4月にロイヤルアルスターコンスタビュラリーが集団ジョージクロスの2番目の受賞者になるまでユニークなままでした。[128]

独立と共和国

フロリアーナのマルタの独立の記念碑
マルタは2004年に欧州連合に加盟し、2007年にリスボン条約署名しました

マルタは、マルタの首相ジョージ・ボリー・オリヴィエが率いる英国との激しい交渉の後、1964年9月21日(独立記念日にマルタ国としての独立を達成しました。 1964年の憲法の下で、マルタは当初、エリザベス2世をマルタの女王として、したがって国家元首として保持し、総督が彼女に代わって行政権を行使しました。 1971年に、マルタ労働党が率いるドム・ミントフ1974年12月13日(上自体は共和制を宣言するマルタで、その結果、総選挙に勝っ共和国記念日以内)コモンウェルス、との社長として国家元首独立直後に防衛協定が調印され、1972年に再交渉された後、1979年3月31日に失効した。[129]その満了により、イギリスの基地は閉鎖され、以前はイギリスが島で支配していたすべての土地が放棄された。マルタ政府に。[130]

マルタはの方針採用中立性を1980年に[131] 1989年に、マルタはの会場だったサミット米大統領との間に、ジョージHWブッシュとソ連の指導者ミハイル・ゴルバチョフの終わり合図、彼らの最初の対面の出会い、コールド戦争[132]

1990年7月16日、マルタは外務大臣のGuido de Marcoを通じて、欧州連合への加盟を申請しました。[133]厳しい交渉の後、2003年3月8日に国民投票が行われ、賛成票が投じられた。[134] 2003年4月12日に行われた総選挙は、2003年4月16日にギリシャのアテネ欧州連合への加盟条約に署名することを首相のエディ・フェネク・アダミ明確に委任した[135]

マルタは2004年5月1日に欧州連合加盟しました[136] 2007年6月21〜22日の欧州評議会に続き、マルタは2008年1月1日にユーロ圏加盟しました。[137]

政治

バレッタ法廷ビル

全国

マルタは共和国[24]であり、その議会制度行政ウェストミンスター制度に密接にモデル化されています

マルタは、1960年から1995年までの全国下院選挙での投票率に基づいて、世界で2番目に高い投票率(および義務投票のない国で最も高い)を持っていました[138]

一院制議会はで構成されてマルタの大統領下院マルタKAMRA TAD-Deputati)。主に儀式的な立場であるマルタの大統領は、単純な過半数によって行われる衆議院の決議によって5年間の任期で任命されます。

下院(マルタ語:Kamra tad-Deputati)には65人の議員がおり、distretti elettoraliと呼ばれる13の5議席選挙区で5年間の任期で選出され、議席と投票の間で厳密な比例関係を確立するメカニズムを可能にする憲法改正が行われています。政治議会グループの。[139]

衆議院議員は、首相の助言または不信任決議の採択により大統領が早期に解散しない限り、5年ごとに単記移譲式投票による直接普通選挙によって選出されます。下院であり、3日以内に覆されることはありません。これらのいずれの場合でも、大統領は代わりに、下院の過半数に議会の残りの部分のための代替政府を形成するように常に命じるべきである別の国会議員を招待することを選択することができます。

下院は名目上65人の国会議員で構成されており、13の選挙区のそれぞれから5人の国会議員が選出されます。ただし、ある政党が絶対過半数の票を獲得したが過半数の議席を持っていない場合、その政党には議会の過半数を確保するために追加の議席が与えられます。マルタ憲法の第80条は、大統領が首相に任命することを規定しています。 。[24]

マルタの政治は、二大政党制によって支配労働党マルタPartit Laburista、中央左)、社会民主主義政党、そして国民党マルタPartit Nazzjonalista)、中央、右のキリスト教民主主義政党。労働党は2013年から与党であり、現在は2020年1月13日から就任しているロベルトアベラ首相が率いる。バーナードグレックをリーダーとする国民党は現在反対している。 2つの議会の議席は独立した政治家によって保持されます2017年に国民党主導のフォルツァ・ナッゾナーリ選挙同盟の下で争った中道左派の社会自由党である民主党マルタ語Partit Demokratiku)に以前所属していた人たち。マルタには議会のない小さな政党がたくさんあります。表現。

第二次世界大戦まで、マルタの政治はItalophoneAnglophoneの政党によって争われた言語問題によって支配されていました[140]戦後の政治は、英国との関係(最初は統合、次に独立)、そして最終的には欧州連合との関係に関する憲法上の問題を扱った

マルタは共和国であるため、マルタの国家元首は共和国大統領です共和国の現在の社長は、ジョージ・ベリャの両方によって指名された後、2019年に任命された、労働党国民党野党として。[141]彼は任命される10番目の大統領である。[142]

行政区画

マルタの行政区画

マルタは1993年以来ヨーロッパの地方自治憲章に基づいた地方政府のシステムを持っています[143]。国は5つの地域(そのうちの1つはゴゾ)に分かれており、各地域には独自の地域委員会があり、地方政府と国の中間レベルとして機能しています。[144]地域は地方議会分割されており、現在68(マルタで54、ゴゾで14 )があります。6つの地区(マルタ及び第六のあるゴゾで5)は、主に統計的目的を果たします。[145]

各評議会は、多数の評議員で構成されています(5人から13人まで、彼らが代表する人口に応じて、またそれに関連して)。市長と副市長は、評議員によって選出されます。評議会によって任命された事務局長は、評議会の執行、管理および財務の責任者です。評議員は、単記移譲式投票により4年ごとに選出されます。マルタ衆議院の選挙で投票する資格のある人、およびEUの居住者は投票する資格があります。システム改革のため、2012年以前は選挙は行われなかった。それ以来、議会の半分が交互に行われる選挙が2年ごとに行われている。

地方議会は、地方の一般的な維持と装飾(非幹線道路の修理を含む)、地方の監視員の割り当て、およびごみ収集に責任があります。また、家賃や資金の徴収など、中央政府の一般的な行政業務を行い、政府関連の公聴会に回答します。さらに、マルタ共和国の多くの個々の町や村には姉妹都市があります。

軍隊

目的マルタの軍事(AFM)は、効率的で費用対効果の高い方法で、政府によって設定された防衛の役割に応じて島の整合性を守るの主な目的とした軍事組織を維持することです。これは、マルタの領海と空域の完全性の維持を強調することによって達成されます。[146]

AFMはまた、テロとの闘い、違法な麻薬密売との戦い、不法移民の作戦とパトロール、違法な漁業の作戦、捜索救助(SAR)サービスの運営、機密性の高い場所の物理的または電子的なセキュリティと監視にも携わっています。マルタの捜索救助エリアは、チュニジアの東からクレタ島の西まで広がり、約250,000 km 2(97,000平方マイル)のエリアをカバーしています。[147]

軍事組織として、AFMは、国の緊急事態(自然災害など)または内部のセキュリティが発生した場合に、組織的かつ統制のとれた方法で必要な状況でマルタ警察(MPF)およびその他の政府部門/機関にバックアップサポートを提供します。爆弾処理。[148]

2020年、マルタは核兵器禁止に関する国連条約に署名し、批准しました[149] [150]

地理

マルタの地形図

マルタは、中央地中海東部盆地)にある群島で、イタリア南部からマルタ海峡を越えて約80 km(50マイル)の場所にあります。マルタ(マルタ)、ゴゾ(Għawdex)、コミノケムナ)の3つの最大のだけが住んでいます。群島の島々はマルタ高原にあります。マルタ高原は、シチリア島と北アフリカの間の陸橋の高い地点から形成された浅い棚で、最後の氷河期以降に海面が上昇すると孤立しました[151]群島はアフリカプレートに位置しています。[152] [153] マルタは何世紀にもわたって北アフリカの島と見なされていました。[154]

島のへこんだ海岸線に沿った多数の湾は、良い港を提供します。風景は段々畑のある低い丘で構成されています。マルタで最も高い点であるのTa」Dmejrek近く、253メートル(830フィート)で、ディングリ降雨量が多い時期には小さな川がいくつかありますが、マルタには恒久的な川や湖はありません。ただし、一部の水路では、ラスイルレブ近くのバイリヤ、l-イムテレブとサンマルティン、ゴゾのルンジャタバレーで一年中淡水が流れています。

Phytogeographically、マルタはのLiguro-ティレニア州に属し、地中海地域内の北方王国WWFよると、マルタの領土はティレニア-アドリア海の強膜および混合林の陸域エコリージョン属しています[155]。

マルタの風景、Mġarr

次の無人島は群島の一部です。

気候

マルタは地中海性気候ケッペンの気候区分 Csa[25] [156]で、冬は穏やかで夏は暑く、内陸部では暑くなります。雨は主に秋と冬に発生し、夏は一般的に乾燥しています。

年間平均気温は、日中は約23°C(73°F)、夜は15.5°C(59.9°F)です。最も寒い月– 1月–の典型的な最高気温は、日中は12から18°C(54から64°F)、夜は最低6から12°C(43から54°F)の範囲です。最も暖かい月である8月の典型的な最高気温は、日中は28〜34°C(82〜93°F)、夜は最低20〜24°C(68〜75°F)です。ヨーロッパ大陸のすべての首都の中で、マルタの首都バレッタは最も暖かい冬があり、日中の平均気温は約15〜16°C(59〜61°F)、9〜10°C(48〜50)です。 °F)1月から2月の期間の夜。 3月と12月の平均気温は、日中は約17°C(63°F)、夜は11°C(52°F)です。[157]温度の大きな変動はまれです。島では雪は非常にまれですが、前世紀にはさまざまな降雪が記録されており、最後の降雪は2014年にマルタのさまざまな場所で報告されています。[158]

年間平均海水温は20°C(68°F)で、2月の15–16°C(59–61°F)から8月の26°C(79°F)までです。6月から11月までの6か月間で、平均海水温は20°C(68°F)を超えます。[159] [160] [161]

年間平均相対湿度は高く、平均75%で、7月の65%(朝:78%夕方:53%)から12月の80%(朝:83%夕方:73%)の範囲です。[162]

日照時間の時間は、12月の一日あたりの日照時間の平均5.2時間から7月に12時間以上の平均に、約3,000年間合計します。[160] [163]これはヨーロッパの北半分の都市の約2倍です[独自の研究?]比較のために:ロンドン– 1,461; [164]しかしながら、冬には最大4倍の日照があります。比較のために:12月のロンドンの日照時間は37時間[164]ですが、マルタの日照時間は160時間を超えています。

マルタの気候データ(本島南東部のルカ、1981年から2010年)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高°C(°F) 15.6
(60.1)
15.6
(60.1)
17.3
(63.1)
19.8
(67.6)
24.1
(75.4)
28.6
(83.5)
31.5
(88.7)
31.8
(89.2)
28.5
(83.3)
25.0
(77.0)
20.7
(69.3)
17.1
(62.8)
23.0
(73.4)
日平均°C(°F) 12.8
(55.0)
12.5
(54.5)
13.9
(57.0)
16.1
(61.0)
19.8
(67.6)
23.9
(75.0)
26.6
(79.9)
27.2
(81.0)
24.7
(76.5)
21.5
(70.7)
17.7
(63.9)
14.4
(57.9)
19.3
(66.7)
平均最低°C(°F) 9.9
(49.8)
9.4
(48.9)
10.6
(51.1)
12.4
(54.3)
15.5
(59.9)
19.1
(66.4)
21.7
(71.1)
22.6
(72.7)
20.8
(69.4)
18.1
(64.6)
14.6
(58.3)
11.6
(52.9)
15.5
(59.9)
平均降水量mm(インチ) 98.5
(3.88)
60.1
(2.37)
44.2
(1.74)
20.7
(0.81)
16.0
(0.63)
4.6
(0.18)
0.3
(0.01)
12.8
(0.50)
58.6
(2.31)
82.9
(3.26)
92.3
(3.63)
109.2
(4.30)
595.8
(23.46)
平均降水日数(≥1.0mm) 10 7 5 4 1 1 0 1 4 6 9 10 58
月間平均日照時間 169.3 178.1 227.2 253.8 309.7 336.9 376.7 352.2 270.0 223.8 195.0 161.2 3,054
出典:Meteo Climate(1981–2010データ)、[165] MaltaWeather.com(Sunデータ)[166]

都市化

マルタの主要な市街地。バレッタは中央半島です。

ユーロスタットよると、マルタは名目上「バレッタ」(マルタの本島)と「ゴゾ」と呼ばれる2つの大きな都市圏で構成されています。主要都市部は本島全体をカバーし、人口は約40万人です。[167] [168]市街地の中核であるバレッタの大都市は、205,768人の人口を抱えています。[169]人口統計よると、バレッタの市街地の人口は30万人です。[170]欧州空間計画観測ネットワークよると、マルタは人口355,000人の機能的な都市部(FUA)として特定されています。[171]国連によると、マルタの面積の約95%は都市部であり、その数は毎年増加しています。[172]また、ESPONおよびEU委員会の調査結果によると、「マルタの領土全体が単一の都市地域を構成している」。[173]

時折、本、[174]政府の出版物や文書、[175] [176] [177]、そしていくつかの国際機関では[178]マルタは都市国家と呼ばれています。マルタは、都市[179]または大都市圏に関するランキングに記載されることがあります。[180]また、マルタの国章には、「マルタの要塞を表し、都市国家を表す」と説明されている城壁冠があります。[181]マルタは、面積が316 km 2(122平方マイル)で人口が40万人で、世界で最も人口密度の高い国の1つです

フローラ

マルタの島々には、固有種、固有種、固有種の植物が多種多様に生息しています。[182]それらは、干ばつ耐性など、地中海性気候に典型的な多くの特徴を備えています。島で最も一般的な在来樹木はオリーブ(Olea europaea)、イナゴマメ(Ceratonia siliqua)、イチジク(ficus carica)、ホルムオーク(Quericus ilex)、アレッポマツPinus halepensis)ですが、最も一般的な非在来樹木はユーカリアカシアウチワサボテン。固有植物には、国花ウィドネットil-baħarCheirolophus crassifolius)、sempreviva ta'Malta(ヘリクリサムmelitense)、 żigland 'Għawdex(T Hyoserisのエゴマ)とマルタTAġiżi' アラセイトウ属のincanaサブスピーシーズ。メリテンシス)サブ風土病としてながらkromb IL-バハールを Jacobaeaマリチマ亜種。sicula)及びxkattapietra Micromeriaのmicrophylla)。[183]マルタの植物相と生物多様性は、生息地の喪失、侵入種、人間の介入によって深刻な危険にさらされています。[184]

経済

バレッタの海事工業地帯
マルタの輸出の比例代表、2019年

全般的

マルタは、国際通貨基金(IMF)によると、他の32か国とともに先進国に分類されています。[185] 1800年まで、マルタは綿、タバコ、およびその造船所に輸出を依存していました。イギリスの支配下に入ると、特に1854年のクリミア戦争中に、彼らはイギリス海軍の支援をマルタドックヤードに依存するようになりました。軍事基地は職人と軍に仕えるすべての人々に利益をもたらしました。[186]

1869年、スエズ運河の開通により、入港する船が大幅に増加したため、マルタの経済は大きく後押しされました。給油のためにマルタの埠頭に停泊する船は、集散地の貿易を助け、島に追加の利益をもたらしました。しかし、19世紀の終わりにかけて、経済は衰退し始め、1940年代までにマルタの経済は深刻な危機に陥りました。1つの要因は、より少ない給油停止を必要とするより長い範囲の新しい商船でした[187]

メディテラネオマリンパークでのイルカショー。観光はマルタのGDPのかなりの部分を生み出しています。

現在、[いつ? ]マルタの主要な資源は石灰岩、地理的に有利な場所、そして生産的な労働力です。マルタは食糧需要の約20%しか生産しておらず、夏の干ばつのために淡水供給が限られており、豊富な日光による太陽エネルギーの可能性を除けば、国内のエネルギー源はありません。経済は、外国貿易(貨物の積み替えポイントとして機能)、製造(特に電子機器と繊維)、および観光業に依存しています。[188]

マルタの生物生産力へのアクセスは世界平均を下回っています。 2016年、マルタはその領土内で1人あたり0.6ヘクタールの生物容量を持っていましたが、1人あたりの世界平均は1.6ヘクタールでした。[189] [190]さらに、マルタの居住者は、一人当たり5.8グローバルヘクタールの生物容量のエコロジカルフットプリント示し、かなりの生物容量の不足をもたらした。[189]

映画製作はマルタ経済に貢献してきました。[191]映画Sonsof the Seaは、1925年にマルタで最初に撮影されたものです。[192] 2016年までに、100本を超える長編映画がその国で全体的または部分的に撮影されました。マルタは、古代ギリシャ古代および現代のローマ、イラク、中東など、さまざまな場所や歴史的な時代の「ダブル」としての役割を果たしてきました[193]マルタ政府は、2005年に映画製作者に金銭的インセンティブを導入しました。[194]2015年現在の外国生産に対する現在の金銭的インセンティブは25%であり、マルタがマルタの立場にある場合はさらに2%です。つまり、マルタで発生した適格な支出から最大27%の収益を得ることができます。[195]

マルタは通貨同盟ユーロ圏(紺色)の一部です

2004年5月1日に加盟したマルタの欧州連合への加盟に備えて、マルタはいくつかの国営企業を民営化し、市場を自由化しました。たとえば、政府は2007年1月8日に、過去5年間継続していた民営化プロセスを完了するためMaltaPostの40%の株式を売却すると発表しました。[196] 2000年から2010年まで、マルタは電気通信[197]郵便サービス、造船所[198]およびマルタ国際空港を民営化しました[199]

マルタには、強力なビジネス開発マインドを備えた金融規制当局であるマルタ金融サービス局(MFSA)があり、ゲームビジネス、航空機および船舶の登録、クレジットカード発行の銀行免許、および資金管理の誘致に成功しています。受託者および受託者事業を含むこれらの産業へのサービスプロバイダーは、島の成長戦略の中核部分です。マルタは、UCITIVおよびまもなくAIFMDを含むEU金融サービス指令の実施において力強い前進を遂げました。新しい指令に準拠しなければならない代替資産運用会社の拠点として、マルタはIDS、Iconic Funds、Apex Fund Services、TMF / CustomsHouseを含む多くの主要なプレーヤーを引き付けてきました[200]

マルタとチュニジアは2006年に、特に石油探査のために、両国間の大陸棚の商業的開発について話し合った。[201]これらの議論は、同様の取り決めのためにマルタとリビアの間でも行われている。[202]

2015年の時点で、マルタには固定資産税がありませんでした。セントジュリアンズ、スリーマ、グジラなどの一部の町のアパートの価格が高騰し、特に港湾地域周辺の不動産市場は活況を呈していました。[203]

ユーロスタットのデータによると、2015年のマルタの一人当たりGDPはEU平均の88%で、 21,000ユーロでした。[204]

「市民権スキーム」としても知られる投資プログラムによる市民権である個人投資家プログラムからの国家開発および社会基金は、マルタ政府の重要な収入源になり、2018年の予算に4億3200万ユーロを追加しました。このスキーム'のデューデリジェンスは非常に低く、多くの疑わしいロシア、中東、中国人がマルタのパスポートを取得しています。これは欧州連合のパスポートでもあります。2020年7月、労働党政府はこれを認め、2020年9月から停止することを選択した。[205]

銀行・金融

マルタで最も高いビル、ポルトマソビジネスタワー

二大商業銀行は、バレッタの銀行HSBC銀行マルタ19世紀にその起源をトレースすることができますどちらも、。最近では、Revolutなどのデジタル銀行も人気が高まっています。[206]

マルタの中央銀行の金融政策と音の推進と効率的な金融システムの策定と実施:(銀行ĊentraliTA」マルタは)責任の二つの重要な分野があります。1968年4月17日にマルタ中央銀行法によって設立されました。マルタ政府は2005年5月4日ERMIIに入り、2008年1月1日に国の通貨としてユーロを採用しました。[207]

FinanceMaltaは、マルタに来る際のビジネスリーダーのマーケティングと教育を任務とする準政府組織であり、銀行、金融、保険の管轄区域としてのマルタの新たな強みを強調するセミナーやイベントを世界中で開催しています。[208]

輸送

主要な内部輸送

元イギリスの植民地であるため、マルタの交通は左側通行です。マルタの車の所有権は、島のサイズが非常に小さいことを考えると、非常に高いです。それは欧州連合で4番目に高いです。1990年の登録車数は182,254台で、自動車の密度は577 / km 2(1,494 / sq mi)でした。[209]

マルタには2,254km(1,401マイル)の道路があり、そのうち1,972 km(1,225 mi)(87.5%)は舗装されており、282 km(175 mi)は未舗装です(2003年12月現在)。[210] 最北端への最南端からマルタの主要道路は、これらは、次のとおりでTriqBirżebbuġa BirżebbuġaGħarDalam通りとタル・Barraniの道路Żejtunで、サンタルシジャアベニューパオラ、アルド・モロ・ストリート(幹線道路)、13 12月ストリートとĦamrunで-Marsaバイパスマルサ、地域道路サンタベネラ/ Msida /グジラ/サンĠwann、セント・アンドリューズ・ロードでSwieqi /ペンブローク、マルタ、中海岸道路バハールIC-Ċagħaq、サリナ・ロード、ケネディドライブ、セントポールのバイパスとシェムシッヤヒルサンパウルIL-バハール、ミストラヒル、Wettingerストリート(メーリッハバイパス)とでマーファの道メーリッハ

マルタOtokarバス

バスxarabankまたはkarozza tal-linja)は、1905年に設立された主要な公共交通機関です。マルタのビンテージバスは、2011年までマルタの島々で運行され、それ自体で人気のある観光名所になりました。[211]今日まで、それらは観光を促進するために多くのマルタの広告に描かれているだけでなく、観光客への贈り物や商品にも描かれています。

バスサービスは2011年7月に大規模な改革が行われました。管理構造は、自営業の運転手が自家用車を運転するサービスから、公共入札を通じて単一の会社が提供するサービスに変更されました(Gozoでは、小さなネットワークと見なされ、サービスは直接注文で提供されました)。[212]公開入札は、アリーヴァグループのメンバーであるアリーヴァマルタが勝ち取った。アリーヴァグループのメンバーは、特にアリーヴァマルタによるサービスのためにロング王によって建設され、アリーヴァから持ち込まれた連節バスのより小さな艦隊を含む、真新しいバスの艦隊を導入した。ロンドン。また、バレッタ内ルート専用の2つの小型バスと、高密度ルートの混雑を緩和するために使用された61の9メートルバスを運行しました。全体として、ArrivaMaltaは264台のバスを運行していました。 2014年1月1日、マルタ政府によりマルタ公共交通機関として国有化されArrivaは、財政難によりマルタでの運行を停止し、近い将来、新しいバス事業者が運行を引き継ぐ予定です。[213] [214]政府は、2014年10月に国の優先バス事業者としてAutobusesUrbanosdeLeón(ALSA子会社)を選択しました。[215]同社は、マルタ公共の名前を維持しながら、2015年1月8日にバスサービスを引き継ぎました。輸送[216]前払いの「タリンジャカード」を導入しました。ウォークオンレートよりも安い運賃で、オンラインでチャージできます。いくつかの地元のニュースサイトによって報告されたように、カードは最初は好評ではありませんでした。[217] 2015年8月の第1週に、トルコ製オトカの別の40台のバスが到着し、運行された。[218]

1883年から1931年にマルタが持っていた鉄道での軍の兵舎にバレッタを接続するラインMtarfa経由イムディーナや町や村の数を。電気トラムとバスの導入により、鉄道は使用されなくなり、最終的には完全に閉鎖されました。[219]第二次世界大戦中のマルタの爆撃の最盛期に、ムッソリーニは彼の軍隊が鉄道システムを破壊したと発表したが、戦争が勃発するまでに、鉄道は9年以上停滞していた。

ヨーロッパ最大の港の1つであるマルタフリーポート

マルタには、本島に3つの大きな自然の港があります。

接続している乗用車とカーフェリーのサービスサーブ2の人工港もありますチルケッワマルタと上ハーバーをイムジャールハーバーゴゾはフェリーは毎日何度も運航しています。

マルタ国際空港(Ajruport Internazzjonali ta'Malta)は、マルタの島々にサービスを提供する唯一の空港です。以前はRAFルカ空軍基地が占めていた土地に建てられています。ヘリポートもそこにありますが、ゴゾへの予定されていたサービスは2006年に終了しました。ゴゾのヘリポートはXewkijaにあります。

タカリチャルファーのさらに2つの飛行場は、第二次世界大戦中から1960年代にかけて運用されましたが、現在は閉鎖されています。現在、タカリには国立公園、スタジアム、クラフツビレッジの観光名所、マルタ航空博物館があります。この博物館には、第二次世界大戦で島を守ったハリケーンスピットファイアの戦闘機など、いくつかの航空機が保存されています。

マルタ航空エアバスA320

国営航空会社はマルタ国際空港を拠点とし、ヨーロッパと北アフリカの36の目的地にサービスを提供しているマルタ航空です。マルタ航空の所有者はマルタ政府(98%)と個人投資家(2%)です。マルタ航空は1,547人のスタッフを雇用しています。メダビアの25%の株式を保有しています

マルタ航空は、他のIATA航空会社と191を超えるインターライン発券契約を締結しています。また、カンタス航空と3つのルートをカバーするコードシェア契約を結んでいます。2007年9月、マルタ航空はアブダビに本拠を置くエティハド航空と2つの契約を結び、2007年9月1日から始まる冬期に2機のエアバス航空機をエティハド航空ウェットリースし、リースした別のエアバスA320航空機の運用サポートを提供しました。エティハド航空へ。

2019年6月、ライアンエアーはマルタエアと呼ばれる本格的な航空会社の子会社に投資し、低コストモデルを運営しています。マルタ政府は航空会社の1株を保有しており、それによってブランド名の権利を保有しています。[221]

コミュニケーション

マルタの携帯電話普及率は2009年末までに100%を超えました。[222]マルタはGSM 900、UMTS(3G)、LTE(4G)携帯電話システムを使用しており、これらは他のヨーロッパ諸国、オーストラリア、ニュージーランド。[要出典]

電話と携帯電話の加入者番号は8桁です。マルタには市外局番はありませんが、開始後、元の最初の2つの番号、そして現在[いつ? ] 3桁目と4桁目は、地域に応じて割り当てられました。固定電話番号にはプレフィックス21と27が付いていますが、企業の番号は22または23で始まる場合があります。例として、ザッパールからの場合は2 * 80 **** マルサからの場合は2 * 23 ****があります。ゴジタンの固定電話番号には通常2 * 56 ****が割り当てられます。携帯電話番号のプレフィックスは77、79、98、または99です。マルタの国際電話コードは+356です。[223]

有料テレビの加入者数は、顧客がインターネットプロトコルテレビ(IPTV)に切り替えるにつれて減少しました。IPTVの加入者数は、2012年6月までの6か月で2倍になりました。[引用が必要]

2012年の初めに、政府は全国的なファイバートゥザホーム(FttH)ネットワークの構築を要求し、最小ブロードバンドサービスを4Mbit / sから100Mbit / sにアップグレードしました。[224]

通貨

マルタのユーロ硬貨は、2ユーロと1ユーロの硬貨マルタ十字0.50ユーロ、0.20ユーロ、0.10ユーロの硬貨にマルタ国章、0.05ユーロ、0.02ユーロ、0.01ユーロの硬貨にムナイドラ寺院があります。[225]

マルタは、額面価格が10〜50ユーロのコレクターコインを製造しています。これらのコインは、銀と金の記念コインを鋳造するという既存の全国的な慣行を継続しています。通常の発行とは異なり、これらのコインはすべてのユーロ圏で受け入れられるわけではありません。たとえば、10ユーロのマルタの記念コインは他の国では使用できません。

1972年の導入から2008年にユーロが導入されるまで、通貨だったマルタのリラマルタポンドを交換していました、。ポンドは1825年にマルタのスクード取って代わりました

観光

Mellieħaベイビーチ

マルタは人気のある観光地であり、年間160万人の観光客がいます。[226]居住者の3倍の観光客が訪れる。観光インフラはここ数年で劇的に増加し、島には多くのホテルがありますが、過開発と伝統的な住宅の破壊がますます懸念されています。ますます多くのマルタ人が休暇で海外に旅行するようになりました。[227] 2019年、マルタは観光業で記録的な年を迎え、1年間で210万人以上の観光客を記録しました。[228]

近年、マルタは医療観光の目的地としての地位を宣伝しており[229]、多くの医療観光プロバイダーが業界を発展させています。ただし、マルタの病院は、独立した国際医療認定を受けていませんマルタは英国の医療観光客に人気があり[230]マルタの病院はトレント認定制度などの英国からの認定を求める方向に向いています。

さらに、マルタは世界中から多くの英語の学生を魅了しています。

マルタの観光は、国の国内総生産の約11.6パーセントに貢献しています。[231]

科学技術

マルタは、ESAプロジェクトにおけるより集中的な協力について欧州宇宙機関(ESA)と協力協定を締結しました。[232] マルタ科学技術評議会(MCST)は、教育的および社会的レベルでの科学技術の開発に責任を負う市民団体です。マルタのほとんどの科学学生はマルタ大学を卒業し、S-Cubed(科学学生協会)、UESA(大学工学学生協会)、ICTSA(マルタ大学ICT学生協会)によって代表されています。[233] [234]マルタは、2019年と2020年のグローバルイノベーションインデックス27位にランクされました。[235] [236] [237] [238]

人口統計

マルタの首都バレッタ

マルタは10年ごとに人口と住宅の人口調査を実施しています。2005年11月に実施された国勢調査では、人口の推定96パーセントがカウントされました。[239]予備報告は2006年4月に発行され、結果は人口の100パーセントを推定するために重み付けされた。

マルタのネイティブの人々が島の大部分を占めています。しかし、少数派があり、その最大のものはブリトン人であり、その多くは退職者です。 2011年7月現在のマルタの人口は408,000人と推定されています。[25] 2005年の時点で、17パーセントは14歳以下であり、68パーセントは15〜64歳の範囲内であり、残りの13パーセントは65歳以上でした。マルタの人口密度は1平方キロメートルあたり1,282(3,322 / sq mi)で、EUで群を抜いて高く、世界でも最も高い人口密度の1つです。比較すると、2014年7月の時点で、世界(南極大陸を除く土地のみ平均人口密度は54 / km 2(140 /平方マイル)でした。

人口の減少を示した唯一の国勢調査の年は1967年で、移住したマルタの居住者のかなりの数に起因して、合計で1.7%減少しました。[240] 2004年のマルタ居住者人口は、総居住者人口の97.0パーセントを占めると推定された。[241]

1842年以降のすべての国勢調査では、男性よりも女性がわずかに過剰であることが示されています。 1901年と1911年の国勢調査は、バランスの記録に最も近づきました。女性と男性の比率が最も高いのは1957年(1088:1000)でしたが、それ以降、比率は継続的に低下しています。 2005年の国勢調査では、女性と男性の比率が1013:1000でした。人口増加は、1985年から1995年の国勢調査の間の+ 9.5%から1995年から2005年の国勢調査の間の+ 6.9%(年平均+ 0.7%)に減速しました。出生率は3860人(1995年の国勢調査から21.8%減少)、死亡率は3025人でした。したがって、自然人口は835人増加しました(2004年の+888人と比較して、100人以上が外国人居住者)。[242]

人口の年齢構成は、EUで普及している年齢構成に似ています。 1967年以降、人口の高齢化を示す傾向が見られ、当面は続くと予想されます。マルタの老齢依存率は1995年の17.2パーセントから2005年には19.8パーセントに上昇し、EUの平均24.9パーセントよりもかなり低くなっています。マルタの人口の31.5パーセントは25歳未満です(EUの29.1パーセントと比較して)。しかし、50〜64歳の年齢層は人口の20.3%を占めており、EUの17.9%を大幅に上回っています。マルタの老齢依存率は、今後数年間着実に上昇し続けると予想されます。

マルタの法律は、民事結婚と正規(教会論的)結婚の両方を認めています。教会裁判所と民事裁判所による廃止は無関係であり、必ずしも相互に承認されているわけではありません。マルタは2011年5月28日に開催された国民投票で離婚法案に賛成票を投じまし[243]マルタでの中絶は違法です。結婚するには16歳でなければなりません。[244] 25歳未満の花嫁の数は、1997年の1471人から2005年には766人に減少した。一方、25歳未満の新郎の数は823人から311人に減少しました。女性は男性よりも若くして結婚する可能性が高いという一定の傾向があります。 2005年には、8人の新郎と比較して、16歳から19歳までの51人の花嫁がいました。[242]

2018年、マルタ諸島の人口は475,701人でした。男性は人口の50.5%を占めています。[245]

2016年現在合計特殊出生率(TFR)は、出生/女性1.45人と推定されており、交換率2.1を下回っています。[246] 2012年には、出生の25.8パーセントが未婚の女性によるものでした。[247]余命2018年は83で推定された[248]

 
ランク 名前 領域 ポップ。
Birkirkara
ビルキルカラセントポールズベイ
Saint Paul's Bay
1 ビルキルカラ セントラル 22,247 Mosta
モスタスリーマ
Sliema
2 セントポールズベイ 21,046
3 モスタ 20,241
4 スリーマ セントラル 16,854
5 コルミ 南方の 16,779
6 ザッパール 南東部 15,404
7 ナッシャー 13,443
8 サンジュワン セントラル 12,523
9 マルサスカラ 南東部 12,134
10 Żebbuġ 南方の 11,903

言語

マルタ語マルタMaltiは)2つの憲法の一つである言語、マルタの公式となった、しかし、唯一の1934年に、そして国語として検討されています。以前は、シチリア語は12世紀からマルタの公用語および文化言語であり、16世紀からイタリア語トスカーナ語でした。マルタ語と並んで、英語も国の公用語であるため、国の法律はマルタ語と英語の両方で制定されています。しかし、憲法第74条は、「...マルタ語と法律の英語のテキストとの間に矛盾がある場合は、マルタ語のテキストが優先する」と述べています。[24]

マルタ語は、シチリア首長国時代に開発された、現在は消滅しているシチリアアラビア語(シキュロアラビア語)方言(南イタリアから)の子孫であるセム語です。[249]マルタアルファベットに基づいて30個の文字で構成されてラテンアルファベットを含む、diacritically変更文字ZC及びGの文字としても、GHHであり、すなわち

マルタ語は、欧州連合で公式の地位を持っている唯一のセム語です。マルタ人は、シチリア語、イタリア語、少しフランス語、そして最近ではますます英語からかなりの借用があるセム族の基盤を持っています。[250]マルタ人のハイブリッドな性格は、マルタ人とシチリア人の都市のバイリンガリズムが地方のスピーチを徐々に変化させ、19世紀初頭に終わり、マルタ人が全ネイティブ人口の土語として出現したことによって確立されました。言語には、町ごとに、または島ごとに大きく異なる可能性のあるさまざまな方言が含まれています。

ユーロバロメーターは、マルタの人口の97パーセントが母国語としてマルタ検討することを述べています。また、人口の88%が英語を話し、66%がイタリア語を話し、17%がフランス語を話します。[9]第二言語に関するこの広範な知識により、マルタは欧州連合で最も多言語の国の1つになっています。どの言語が「好まれる」かについて世論を集めた研究では、人口の86%がマルタ語、12%が英語、2%がイタリア語を好むことがわかりました。[251]それでも、MediasetRAIなどのイタリアを拠点とする放送局からのイタリアのテレビチャンネルはマルタに到達し、人気を維持しています。[251] [252] [253]

マルタ手話はマルタの署名者によって使用されています。[254]

宗教

マルタの宗教(2019)[2]

  カトリック教会(83%)
  東方正教会(2%)
  プロテスタント(2%)
  他のクリスチャン(3%)
  イスラム教(2%)
  無神論(1%)
  無宗教(3%)
  その他の宗教(3%)
  宣言されていない(1%)
セントポールのPolyptychは、初期の15世紀に遡り、中世Universitàと関連付けられているイムディーナの大聖堂。カタロニアゴシック様式が特徴で、おそらくルイスボラッサの工房で作られたものであり、中世以来島々に存在していた強力なポーリンの伝統のです。[255] [256]

マルタの主な宗教はカトリックです。マルタ憲法の第2条は、カトリックを国教として確立しており、宗教の自由のための確固たる規定がなされているもののマルタ文化のさまざまな要素にも反映されています。[24]

マルタ、ゴゾ、コミノには360以上の教会があり、1,000人の居住者ごとに1つの教会があります。教区教会(マルタ語:"il-parroċċa"、または"il-knisja parrokkjali")は、マルタのすべての町や村の建築的および地理的な中心であり、市民の誇りの主な源です。この市民の誇りは、マーチングバンド、宗教的な行列、特別なミサ花火(特にペタード)やその他の祝祭で各教区の守護聖人の日を祝う地元の村の祭典の間に壮観な形で現れます

マルタは使徒座です。使徒の行為は、どのように伝えるの聖パウロは、エルサレムからローマへ顔裁判に彼の方法で、AD 60周り日付エピソード、多くの聖書学者はマルタで識別され、「Melite」の島に漂着して257 [ ]使徒言行録に記録されているように、聖パウロはローマに向かう途中で島に3か月滞在し、「島の首長」であるパブリウスの父を含む病人を治しました。このアカウントにはさまざまな伝統が関連付けられています。難破は、今日セントポールズベイとして知られている場所で発生したと言われています。マルタの聖人、聖プブリウスはマルタの最初の司教とラバトの洞窟にされたと言われています現在「聖パウロの洞窟」として知られている(そしてその近くに3世紀のキリスト教の埋葬と儀式の証拠が見つかった)は、島で最も早く知られているキリスト教の崇拝の場所の1つです。

(1)マルタの宗教は、ローマカトリックの使徒的宗教です。
(2)ローマ・カトリック使徒教会の権威には、どの原則が正しく、どれが間違っているかを教える義務と権利があります。
(3)ローマカトリックの使徒信仰の宗教的教えは、義務教育の一環としてすべての公立学校で提供されるものとする。
マルタ憲法第1章第2条[24]

ローマの迫害の期間中のキリスト教の慣習と信念のさらなる証拠はイムディーナの壁のすぐ外にあるラバトの聖パウロのカタコンベや聖アガサのカタコンベなど、マルタ周辺のさまざまな場所の下にあるカタコンベに現れます。特に後者は1200年から1480年の間にフレスコ画で描かれましたが、侵入したトルコ人は1550年代にそれらの多くを改ざんしました。伝説によると、聖ルカマドンナの絵を描いた聖母の生神女誕生の神社であるメリーアの洞窟を含む、多くの洞窟教会もあります。中世から巡礼地となっています。

カルケドン公会議の法律は、西暦451年に、特定のアカシウスがマルタの司教(Melitenus Episcopusであったことを記録しています。西暦501年に、特定のコンスタンティヌス、エピスコプメリテネンシス第5エキュメニカル評議会に出席したことも知られています。西暦588年、教皇グレゴリウス1世はTucillus、Miletinae civitatis episcopus証言し、マルタの聖職者と人々は西暦599年に彼の後継者であるトラヤヌスを選出しました。島々が侵略される前に最後に記録されたマルタの司教は、マナスというギリシャ人で、その後パレルモに投獄されました[258]

マルタの歴史家ジョバンニフランチェスコアベラは、聖パウロの手によるキリスト教への改宗後ファーティマ朝の侵略にもかかわらず、マルタ人はキリスト教を維持したと述べています[259]アベラの著作は、マルタを神聖に定められた「地中海イスラムの広がりに対するキリスト教、ヨーロッパ文明の防波堤」として説明している。[260]シシリーのロジャー1世を歓迎したネイティブクリスチャンコミュニティ[32]は、12世紀と13世紀に、イタリアからマルタへの移民によってさらに強化されました。

何世紀にもわたって、マルタの教会は、マルタの司教を任命したアンジューのチャールズの下にあったときを除いて、パレルモ教区に従属していました。 1808年以来、マルタのすべての司教はマルタ人でした。ノルマンとスペインの時代、そして騎士団の支配の結果として、マルタは今日のような敬虔なカトリック国家になりました。マルタ異端審問官事務所は、1530年の設立後、島に非常に長い任期を持っていたことは注目に値します。最後の異端審問官は、騎士団がナポレオンボナパルトの軍隊に捕虜になった後、1798年に島を離れましたヴェネツィア共和国の期間中、いくつかのマルタの家族がコルフに移住しました彼らの子孫は、現在その島に住んでいる約4,000人のカトリック教徒のコミュニティの約3分の2を占めています。

マルタの守護聖人は、セントポールセントプブリウスセントアガサです。守護聖人ではありませんが、聖ジョージプレカ(サンジョレプレカ)は、聖プブリウスに次ぐ2番目の正規化されたマルタの聖人として大いに尊敬されています。ベネディクト16世は、 6月3日にPrecaを列聖としてマルタの人々の2007 A番号が認識されている祝福を含め、マリア・アディーアダータ・ピサニナズ・ファルゾンで、教皇ヨハネ・パウロII列福2001年にそれらを。

マルタには、イエズス会フランシスコ会ドミニカ人カルメル会、貧しい人々のリトルシスターズなど、さまざまなカトリックの修道会があります。

地元のプロテスタント教会のほとんどの会衆はマルタ人ではありません。彼らの会衆は、その国に住む多くの英国人退職者と他の多くの国からの行楽客を利用しています。そこ含まセントアンドリューススコットランド教会バレッタ(共同長老メソジスト信徒)と聖パウロアングリカン教会を。聖書バプテスト教会、KnisjaEvanġelikaBattista、および改革派バプテスト教会であるトリニティ福音教会を含む、いくつかのカリスマ教会、ペンテコステ教会、およびバプテスト教会があります。これらの教会のメンバーは主にマルタ人です。

ビルキルカラセブンスデーアドベンチスト教会もあり、1983年にグワルダマンジアに新使徒教会の会衆が設立されました。[261]約600人のエホバの証人がいます。[262]末日聖徒イエス・キリスト教会(LDS教会)も代表されています。

マルタのユダヤ人の人口は、ノーマンの支配下で中世にピークに達しました。1479年、マルタとシチリアアラゴンの支配下に置かれ、1492年アランブラ勅令により、すべてのユダヤ人が国を離れることを余儀なくされ、持ち物のほんの一部しか持ち込めなくなりました。数十人のマルタ系ユダヤ人が、当時、国に留まるためにキリスト教に改宗した可能性があります。今日、1つのユダヤ人の会衆があります。[261]

1つのイスラム教徒のモスク、マリアムアルバツールモスクがあります。最近、イスラム教徒の小学校が開校しました。マルタの推定3,000人のイスラム教徒のうち、約2,250人が外国人、約600人が帰化した市民、約150人がマルタ生まれです。[263] 禅仏教バハイ教は約40人のメンバーを主張している。[261]

Malta Todayが実施した調査では、マルタの人口の圧倒的多数がキリスト教(95.2%)を遵守しており、カトリックを主な宗派(93.9%)としています。同じ報告によると、人口の4.5%が無神論者または不可知論者であり、ヨーロッパで最も低い数字の1つであると宣言しています。[264] 2019年に実施されユーロバロメーター調査によると、人口の83%がカトリックと特定されました[2]無神論者の数は2014年から2018年にかけて2倍になりました。非宗教的な人々は、社会からの信頼の欠如や制度による不平等な扱いなどの差別に苦しむリスクが高くなります。毎年恒例の2015年版で国際人文倫理学連合からの思想の自由の報告、マルタは「厳しい差別」の範疇にありました。2016年、冒とく法廃止に伴い、マルタは「体系的な差別」のカテゴリー(ほとんどのEU諸国と同じカテゴリー)に移行しました。[265]

移行

インバウンド移行

マルタの外国人人口
人口 % 合計
2005年 12,112 3.0%
2011 20,289 4.9%
2019年 98,918 21.0%
2020 119,261 23.17%

マルタの外国人コミュニティのほとんどは、主に活動的または退職した英国国民とその扶養家族であり、スリーマとその周辺の近代的な郊外を中心としています。他の小さな外国のグループには、イタリア人、リビア人、セルビア人が含まれ、それらの多くは数十年にわたってマルタの国に同化してきました。[266]

マルタには、より良い生活を送るために島に移住した多くの外国人労働者もいます。この移住は、マルタ経済が着実に活況を呈しているにもかかわらず、島での生活のコストと質が比較的安定していた時期に主に推進されました。

しかし近年、地元のマルタの住宅指数は2倍になり[267]、ゴゾを除いてマルタの島々では不動産と賃貸価格が非常に高く、ほとんど手ごろな価格にまで押し上げられています。マルタの給料は何年にもわたって非常にゆっくりとごくわずかに上昇しており、島での生活は数年前よりもはるかに困難になっています。

直接的な結果として、マルタの駐在員の間には、島の財政状況が今後も手頃な価格であり続けるかどうかについてかなりのレベルの不確実性が存在し、多くの人はすでに給料を支払うためにほとんど生きておらず、他の人は他のヨーロッパ諸国に移転しています完全に。

20世紀後半以降、マルタはアフリカからヨーロッパへの移住ルートの通過国になりました。[268]

メンバーとして、欧州連合(EU)とのシェンゲン協定、マルタはに縛られダブリン規制マルタで初めてEUの領土を入力し、それらの亡命者で亡命のためのすべての請求を処理します。[269]

マルタに上陸する不規則な移民は、強制拘禁政策の対象となり、マルタ軍(AFM)組織するいくつかの収容所で開催されます。これにはĦalFarĦalSafiの近くが含まれます。強制拘禁政策はいくつかのNGOによって非難されており、2010年7月、欧州人権裁判所は、マルタの移民の拘禁は恣意的であり、拘禁に異議を申し立てる適切な手続きがなく、欧州条約に基づく義務に違反していると認定しました。人権[270] [271]

2014年1月、マルタは、居住地と犯罪歴のチェックを条件として、65万ユーロの寄付と投資に対する市民権の付与を開始しました。[272]

この「ゴールデンパスポート」市民権スキームは、非ヨーロッパ諸国からの多くの疑わしいおよび/または犯罪者に市民権を販売するための監視下にあるため、マルタ政府による不正行為として何度も批判されてきました。[273]

マルタの市民権スキームがそのような個人のより大きな欧州連合への流入を許可しているかどうかについての懸念は、一般市民と欧州理事会の両方によって何度も提起されています。[274]

2020年9月8日、アムネスティインターナショナルは、北アフリカから渡ろうとした移民に対して、地中海での「違法な戦術」についてマルタを批判しました報告書は、政府のアプローチが回避可能な死につながった可能性があると主張した。[275]

アウトバウンド移行

1950年から1965年の間にオーストラリアに旅行した310人の子供移民を記念するバレッタウォーターフロントの子供移民記念館

19世紀、マルタからの移民のほとんどは北アフリカと中東への移民でしたが、マルタへ帰国移民の割合は高かったです。[276]それにもかかわらず、マルタのコミュニティはこれらの地域で形成されました。たとえば、1900年までに、英国領事館の推定によると、チュニジアには15,326人のマルタ人がおり、1903年には、15,000人のマルタ人がアルジェリアに住んでいたと主張されていまし[277]

マルタは、1907年の建設ブームの崩壊と、出生率が大幅に上昇した第二次世界大戦後の結果として、かなりの移民を経験しましたが、20世紀には、ほとんどの移民が新世界の目的地、特にオーストラリアに行きました。カナダ、および米国。第二次世界大戦後、マルタの移民局は移民の旅費を支援しました。 1948年から1967年の間に、人口の30パーセントが移住しました。[276] 1946年から1970年代後半にかけて、14万人以上がマルタを支援通過計画で去り、57.6%がオーストラリアに、22%が英国に、13%がカナダに、7%が米国に移住した。[278]

移民は1970年代半ば以降劇的に減少し、それ以来、重要な社会現象ではなくなりました。しかし、マルタが2004年にEUに加盟して以来、駐在員コミュニティはヨーロッパの多くの国々、特にベルギールクセンブルグに出現しました

教育

バレッタの図書館

小学校は1946年以来義務付けられています。 16歳までの中等教育は1971年に義務化されました。州と教会は無料で教育を提供しておりコスピクアのデラサールカレッジセントアロイシウスカレッジなど、マルタとゴゾで多くの学校を運営しています。ビルキルカーラ聖パウロの宣教師・カレッジラバト、マルタ、セントジョセフの学校Blata L-Bajda聖モニカ女学校モスタセントオーガスティン大学での第一次産業と、マルサそしてピエタのその二次。 2006年の時点で、公立学校はカレッジと呼ばれるネットワークに編成されており、幼稚園、小中学校が組み込まれています。私立学校の数には、マルタで実行されているサンアンドレア・スクールサンアントン学校(O L / L-Imsellietの谷にイムジャール)、セント・マーティン・カレッジSwatar中とで聖ミカエルスクールサンĠwann。セントキャサリン高校のペンブロークは、主流の教育に入る前に英語を学びたい学生のために国際財団コースを提供しています。 2008年現在、ヴェルダラインターナショナルスクールとQSIマルタの2つのインターナショナルスクールがあります。州は教会の学校で教師の給与の一部を支払います。[279]

マルタの教育は英国のモデルに基づいています。小学校は6年間続きます。生徒は16歳でSECOレベル試験に参加し、数学、少なくとも1つの科学科目(物理学、生物学、化学)、英語、マルタ語などの特定の科目で合格が義務付けられています。これらの科目を取得すると、生徒はガンフランギスクアベラジュニアカレッジセントアロイシウスカレッジ、ジョバンニクルミ高等学校デラサールカレッジ、セントエドワードカレッジなどのシックスフォームカレッジで勉強を続けることを選択できます。MCASTなどの二次機関6番目のフォームコースは2年間続き、最後に学生は入学試験のために座ります。成績に応じて、学生は学部の学位または卒業証書を申請することができます

成人の識字率は99.5パーセントです。[280]

マルタ語と英語はどちらも小中学校レベルで生徒を教えるために使用され、両方の言語も必須科目です。公立学校は、マルタ語と英語の両方をバランスよく使用する傾向があります。マルタ大学のほとんどの学部でもそうであるように、私立学校は教育に英語を使用することを好みます。これは、マルタ語の能力と発達に限定的な影響を及ぼします。[251]ほとんどの大学のコースは英語です。[281] [249]

中等教育レベルで最初の外国語を勉強している生徒の総数のうち、51%がイタリア語を、38%がフランス語を勉強しています。他の選択肢には、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、ラテン語、中国語、アラビア語が含まれます。[251] [282]

マルタは英語を学ぶのに人気のある目的地でもあり、2019年には83,000人以上の学生を魅了しています。[283]

健康管理

Sacra Infermeriaは、16世紀から20世紀まで病院として使用されていました。現在は、地中海会議センターです。
地元の医学生協会が主催するイベント中に血圧を測定する医学生

マルタには、公的資金による医療を提供してきた長い歴史があります。国で記録された最初の病院は1372年までにすでに機能していた。[284]女性専用の最初の病院は、「ラ・セネーゼ」として知られるカテリーナ・スカッピによって1625年に開設された[285] 今日、マルタには、政府の医療サービスとして知られる公的医療制度があり、医療は提供時に無料である。民間医療制度もある。[286] [287]マルタには、一般開業医が提供する強力なプライマリケアの基盤があり、公立病院は二次および三次医療を提供しています。マルタ保健省は、外国人居住者に民間の医療保険に加入するようアドバイスしています。[288]

マルタはまた、群衆が関与するイベント中に応急処置/看護サービスを提供するAlpha Medical(Advanced Care)、Emergency Fire&Rescue Unit(EFRU)、St John Ambulance、Red CrossMaltaなどの自発的な組織を誇っています。

マーテルデイ病院、マルタの主要な病院では、それはヨーロッパで最大の医学的な建物の一つを持って2007年にオープンしました。

マルタの大学があり、医療、学校や学部健康科学、ヘルスケア分野の数は、後者の提供の卒業証書、学位(学士)と大学院学位コースを。

マルタの医師会は医療専門職の実務を表します。マルタ医学生協会(MMSA)マルタの医学生を代表する別体である、とのメンバーであり、EMSAIFMSA。マルタ医学教育研究所であるMIMEは、マルタの医師と医学生にCMEを提供するために最近設立された研究所です。財団プログラム続いて英国では、新しく卒業した医師の英国諸島への「頭脳流出」を食い止めるためにマルタに導入されました。マルタ歯科学生協会(MADS)は、マルタ大学の歯科外科の学部内で勉強している歯科外科学生の権利を促進するために設立された学生協会です。それはIADS、国際歯科学生協会と提携しています。

文化

マルタの文化は、フェニキア人からイギリス人まで、何世紀にもわたってマルタ諸島と接触してきたさまざまな文化を反映しています。これには、近隣の地中海文化や、マルタを以前から長い間支配していた国々の文化が含まれます。その独立1964年[289]

音楽

マノエルシアター、ヨーロッパで3番目に古いワーキングシアター。現在、マルタの国立劇場であり、マルタフィルハーモニー管弦楽団の本拠地です。

今日のマルタ音楽は主に西洋音楽ですが、伝統的なマルタ音楽にはガーナとして知られているものが含まれていますこれはバックグラウンドのフォークギター音楽で構成されていますが、少数の人々、一般的には男性が、歌声で論点を議論するために順番にそれを取ります。即興の歌詞の目的は、親しみやすく挑戦的な雰囲気を作り出すことであり、必要な芸術的資質と効果的討論する能力を組み合わせるには、何年もの練習が必要です

文学

文書化されたマルタ文学は200年以上前のものです。しかし、最近発掘された愛のバラードは、中世からの地元の舌での文学活動を証明しています。マルタはロマン主義の文学の伝統に従い、マルタの国民詩人であるダン・カルム・プサイラの作品で最高潮に達しましたRuzarBriffaやKarmenuVassalloのようなその後の作家は、形式的なテーマと検証の厳格さから自分たちを遠ざけようとしました。[290]

カール・シェンブリイマニュエル・ミフスッドを含む次世代の作家は、特に散文や詩の分野で、さらに道を広げました。[291]

建築

バラッカ庭園の下部

マルタの建築は、その歴史の中で多くの異なる地中海文化と英国の建築の影響を受けてきました。[292]島の最初の入植者は、世界で最も古い人工の自立構造の1つであるジュガンティーヤを建設しました。紀元前3800〜2500年の新石器時代の寺院建築家は、マルタとゴゾの多数の寺院に、生命の木や動物の肖像画を想起させるスパイラル、赤い黄土色で描かれたデザイン、陶器、人間の形をした彫刻の膨大なコレクションなど、複雑な浅浮き彫りのデザインを授けました。特にマルタの金星。これらは寺院自体(特にHypogeum)で見ることができますとタルシーン寺院)、そしてバレッタの国立考古学博物館で。 Imnajdraのようなマルタの寺院は歴史に満ちており、その背後には物語があります。マルタは現在、いくつかの大規模な建築プロジェクトを実施していますが、バレッタウォーターフロントティグネポイントなどのエリアは改装中または改装中です。[293]

ローマ時代には、装飾性の高いモザイクの床、大理石の列柱、古典的な彫像が導入されました。これらの残骸は、イムディーナの壁のすぐ外にある田舎の別荘であるローマのドムスに美しく保存されています。マルタの下カタコンベを飾る初期のキリスト教のフレスコ画は、東部のビザンチンの味の傾向を明らかにしています。これらの好みは、中世のマルタの芸術家の努力を伝え続けましたが、ロマネスク様式南部ゴシック様式の動きの影響をますます受けていました

美術

15世紀の終わりごろ、マルタの芸術家は、隣接するシチリア島の芸術家と同様に、マルタの装飾芸術にルネッサンスの理想と概念を導入したアントネロダメッシーナ学校の影響を受けました。[294]

マルタの包囲–トルコ人の飛行、マッテオ・ペレス・ダレッチョ作

マルタの芸術的遺産は、下の開花聖ヨハネ騎士団のイタリアとフランドルもたらし、マニエリスムの最も顕著なのは、彼らの宮殿やこれらの島の教会を飾るために画家を、マッテオ・ペレスD'Aleccioその作品に表示され、権威宮殿やで聖ヨハネ教会Conventual長年にわたり、1590年から1595.にマルタで活躍したバレッタであり、フィリッポPaladiniのは、マニエリスムは地元マルタの芸術家の好みや理想を知らせるために続けました。[294]

執筆する聖ヒエロニク、カラヴァッジョ作、1607年。バレッタの聖ヨハネ大聖堂で開催。

これらの島々での15か月の滞在中に少なくとも7点の作品を描いたカラヴァッジョのマルタへの到着は、地元の芸術にさらに革命をもたらしました。カラヴァッジョの最も注目すべき2つの作品、洗礼者聖ヨハネの冒頭聖ジェロームの執筆は聖ヨハネの修道院教会の礼拝堂に展示されています。彼の遺産は、地元の芸術家ジュリオ・カッサリーノ(1582–1637)とステファノ・エラルディ(1630–1716)の作品に表れています。しかし、その後のバロック運動は、マルタの芸術と建築に最も永続的な影響を与える運命にありました。有名なカラブレーゼの芸術家、マッティア・プレティの輝かしい金庫室の絵画聖ヨハネ教会の厳しいマニエリスムのインテリアをバロックの傑作に変えました。プレティは彼の人生の最後の40年間をマルタで過ごし、そこで彼は彼の最高の作品の多くを作成し、現在バレッタの美術館に展示されています。この期間中に、地元の彫刻家MelchiorGafà(1639–1667)は、ローマ学校のトップバロック彫刻家の1人として登場しました。[要出典]

フランチェスコ・ノレッティのザクロ、桃、その他の果物静物

17世紀から18世紀にかけて、イタリアの画家ルカジョルダーノ(1632〜1705)フランチェスコソリメナ(1657〜1747)の作品にナポリロココの影響が現れました。これらの発展は、次のようなマルタの同時代の作品に見ることができます。ジオニコラブハジアル(1698–1752)とフランチェスコザーラ(1710–1773)。ロココ運動は、1744年に宮廷画家の地位をグランドマスターピントに引き継いだアントワーヌドファブレー(1706–1798)のマルタへの移転によって大幅に強化されました。[295]

新古典主義は18世紀後半に地元のマルタの芸術家に浸透しましたが、この傾向は19世紀初頭に逆転しました。地元の教会当局は、おそらくプロテスタントの脅威に対するカトリックの決意を強化するためでした。マルタでの英国統治の初期–芸術家のナザレ派運動受け入れられた宗教的テーマを支持し、熱心に宣伝しましたジュゼッペカリによってマルタに導入された自然主義によって和らげられたロマン主義はエドワードやロバートカルアナディンリを含む20世紀初頭の「サロン」アーティストに情報を提供しました。[296]

議会は1920年代に国立芸術学校を設立しました。第二次世界大戦後の再建期間中に、ジョセフ・カレヤ(1898–1998)、ジョージ・プレカ(1909–1984)、アントン・イングロット(1915–1945)、エンビン・クレモナをメンバーとする「モダンアートグループ」の出現。(1919–1987)、フランク・ポルテッリ(1922–2004)、アントワン・カミレリ1922–2005)、ガブリエル・カルアナ(1929–2018)、エスプリト・バルテ(1919–1999)地元のアートシーンを大幅に強化しました。この前向きな芸術家のグループは、現代美術グループとして知られる影響力のある圧力団体を形成するために集まりました。一緒に彼らはマルタの大衆に真剣に現代的な美学をとらせることを強制し、マルタの芸術の更新において主導的な役割を果たすことに成功しました。マルタの現代芸術家のほとんどは、実際、イギリスまたは大陸の芸術機関で学び、幅広い視野の爆発的な発展と、現代マルタの芸術の特徴であり続けている多様な芸術表現をもたらしました。バレッタの国立美術館ではH。クレイグハンナなどの芸術家の作品が展示されていました[297]2018年、国立美術コレクションは移転され、バレッタのオーベルジュディタリーにある新しい国立美術館MUŻAに展示されました。[298]

料理

パスティッツィ、典型的なマルタのスナック

マルタの料理ショー強いシチリアイタリアの影響などの影響英語スペイン語Maghrebinプロバンス料理。特にゴゾに関しては、季節ごとの農産物やキリスト教の祝宴(四旬節、イースター、クリスマスなど)の入手可能性に関連する季節的な変化だけでなく、いくつかの地域的な変化にも注目できます。食べ物は、特に伝統的なフェンカタ(つまり、ウサギの煮込みや揚げ物を食べること)の国民的アイデンティティの発展において歴史的に重要でした。ジャガイモはマルタの食事の主食でもあります。[299]

GirgentinaĠellewżaなど、多くのブドウがマルタ固有のものですマルタには強力なワイン産業があり、これらの在来種のブドウだけでなく、シャルドネやシラーなどの他のより一般的な品種の地元産のブドウを使用してワインを大量に生産しています。多くのワインが保護原産地呼称を達成しており、マルタで栽培されたブドウから生産されたワインとゴゾは「DOK」ワインとして指定されています。それはDenominazzjonita'l-OriġiniKontrollat​​aです。[300]

税関

2010年のチャリティーエイド財団の調査によると、マルタ人は世界で最も寛大な人々であり、83%がチャリティーに貢献しています。[301]

マルタの民話には、不思議な生き物や超自然的な出来事についてのさまざまな物語が含まれています。これらは、学者(およびマルタ考古学のパイオニア)であるManwel Magri [302]によって、彼の中心的な批評「ĦrejjefMissirijietna」(「私たちの祖先からの寓話」)で最も包括的に編集されましたこの資料のコレクションは、その後の研究者や学者に、群島中から伝統的な物語寓話伝説を集めるよう促しました。[293]

Magriの作品はまた、(1984年にKlabb Kotba Maltinによって解放)コミック本のシリーズを触発:タイトルが含まビン・スルタンあるJiźźewweġは、X-Xebba TAT-TronġietMewwijaおよびIR-Rjieħを。これらの物語の多くはトレバー・ザーラなどのマルタ語書いている作家によって、児童文学として一般的に書き直されています。巨人、魔女、そしてドラゴンは話の多くでていますが、一部は以下のように完全にマルタの生き物含まKAW KAWIL-BelliegħaL-Imħallaを他の人の間で。精神的な(または儀式的な)純粋さを維持することへの伝統的なマルタの執着[303]つまり、これらの生き物の多くは、禁止または制限された地域を守り、島の産業化以前の社会を特徴付ける厳格な行動規範を破った個人を攻撃する役割を果たしています。[要出典]

伝統

伝統的なマルタのことわざは、出産や不妊の文化的重要性を明らかに:「IZ-żwieġmingħajrtarbijaミリアンペアfihx tgawdijaは」(子どもが結婚は幸せなものにすることはできません)。これはマルタが他の多くの地中海文化と共有している信念です。マルタの民話では、古典的な締めくくりの公式のローカルな変形であり、「そして彼らはすべてその後ずっと幸せに暮らしました」は「ugħammruutgħammru、uspiċċat」です(そして彼らは一緒に住み、子供をもうけ、物語は終わりました)。[304]

マルタ農村部は、出産に至るまでの数か月間の墓地の回避や、月経中の特定の食品の準備の回避など、出産、月経、妊娠に関する多くの迷信を地中海社会と共有しています。妊娠中の女性は、胎児が代表的なあざを付けることを恐れて、特定の食品への渇望を満たすことが奨励されています(マルタ語:xewqa、文字通り「欲望」または「渇望」)。マルタ人とシチリア人の女性はまた、妊娠中に赤ちゃんが「高い」か「低い」かを問わず、出生予定日の月の周期など、胎児の性別を予測すると考えられている特定の伝統を共有しています。結婚指輪の動き。腹部の上のひもにぶら下がっています(横向きは女の子を示し、前後は男の子を示します)。[要出典]

伝統的に、マルタの新生児は、子供がこの重要な聖餐を受けることなく乳児期に死亡した場合に、可能な限り迅速に洗礼を受けました。マルタ人(およびシチリア人)の民間伝承によれば、バプテスマを受けていない子供はまだキリスト教徒ではなく、「まだトルコ人」であるという理由もあります。バプテスマの饗宴で提供される伝統的なマルタ料理には、biskuttinital-magħmudija(白またはピンクのアイシングで覆われたアーモンドマカロン)、it-torta tal-marmorata(チョコレート風味のアーモンドペーストのスパイシーでハート型のタルト)、および既知のリキュールが含まれますrożolinとして、バラの花びら、スミレ、アーモンドで作られています。[要出典]

子供の最初の誕生日に、今日でも残っている伝統で、マルタの両親は、さまざまな象徴的なオブジェクトが座っている子供の周りにランダムに配置されるil-quċċijaとして知られるゲームを組織しました。これらには、ゆで卵、聖書、十字架または数珠、本などが含まれる場合があります。子供が最も興味を示しているオブジェクトはどれでも、成人期の子供の道と運命を明らかにすると言われています。[305]

お金は豊かな未来を指し、本は知性と教師としてのキャリアの可能性を表現しています。鉛筆またはペンを選択した乳児が作家になります。聖書や数珠を選ぶことは、聖職者や出家生活を指します。子供がゆで卵を選ぶと、長寿命で多くの子供がいます。最近追加されたのは、電卓(会計を参照)、糸(ファッション)、木のスプーン(料理と食欲)です。[要出典]

伝統的なマルタの18世紀の結婚式の再現

伝統的なマルタの結婚式では、花嫁の家族の家から教区教会まで、華やかな天蓋の下を行列で歩くブライダルパーティーが行われ、歌手が花嫁と花婿をセレナーデしました。この習慣を表すマルタ語はil-ġilwaです。この習慣は、他の多くの習慣とともに、現代の慣習に直面して、長い間島から姿を消してきました。[要出典]

新しい妻は、マルタの伝統的な服であるgħonnellaを着ます。しかし、それは現代のマルタではもはや着用されていません。今日の夫婦は、自分が選んだ村や町の教会や礼拝堂で結婚しています。結婚式の後には通常、豪華で楽しい結婚披露宴が続き、多くの場合、数百人のゲストが参加します。時折、カップルは彼らのお祝いに伝統的なマルタの結婚式の要素を取り入れようとします。数千人のマルタ人と観光客が16世紀のスタイルでズッリークの村で伝統的なマルタの結婚式に出席した2007年5月に、伝統的な結婚式への復活の関心が明らかになりました。これには、新郎新婦を結婚式に導いたil-ġilwaが含まれていました。聖アンドリュー礼拝堂のパービスその後のレセプションでは、民俗音楽(ガーナ)とダンスが披露されました。[要出典]

お祭り

ゴゾ島ビクトリアフェスタある聖ジョージの像

南イタリアと同様の地元のお祭りは、マルタとゴゾで一般的であり、結婚式、キリスト教、そして最も顕著なのは聖人の日を祝い、地元の教区の守護聖人を称えます。聖人の日には、午前中に、フェスタはでその頂点に達した高質量の生活や守護聖人の成果に説教を搭載します。夕方には、信心深い後援者の像が厳粛な行列で地元の通りを巡り、敬虔な祈りを忠実に守ります。宗教的な献身的な雰囲気の前には、バンドの行進、花火、深夜のパーティーなど、数日間のお祝いと歓喜があります。

カーニバル(マルタ語:il-karnival ta'Malta)は、1535年にグランドマスター ピエロデポンテが島に紹介した後、文化カレンダーで重要な位置を占めています。これは、アッシュ水曜日までの週に開催され、通常はマスクされています。ボール、デザインの凝った服とグロテスクなマスクの競技会、豪華な深夜のパーティー、カーニバル王(マルタ語:ir-Re tal-Karnivalが主宰する寓話的な山車のカラフルなティッカーテープパレード、マーチングバンドと衣装を着たリベラー。[306]

Żebbuġでの聖週間の行列

聖週間(マルタ語:il-ĠimgħaMqaddsa)は、Palm SundayĦaddil-Palm)で始まり、イースターサンデーĦaddil-Għid)で終わります。多くの宗教的伝統は、そのほとんどが世代から世代へと受け継がれており、マルタ諸島でのイースターのお祝いの一部であり、イエスの死と復活を称えています。[要出典]

Mnarja、またはl-Imnarja(lim-nar-yaと発音)は、マルタの文化カレンダーで最も重要な日付の1つです。公式には、 ペテロパウロの饗宴に捧げられた全国的な祭りです。そのルーツは、異教に背中をトレースすることができ、ローマの饗宴Luminariaたいまつとかがり火が6月29日の初夏の夜をライトアップするとき、(文字通り、「照明」)。[307]

騎士団の統治以来の国民の饗宴であるムナルジャは、食べ物、宗教、音楽の伝統的なマルタの祭りです。祝祭は今日でも、16世紀からマルタでこの日に読まれている政府の公式発表である「バンドゥ」の朗読から始まります。もともと、Mnarjaはマルタ北部の聖パウロの洞窟の外で祝われました。しかし、1613年までに、祝祭の焦点はイムディーナのセントポール大聖堂移り、トーチライトの行列、100枚のペタードの発射、競馬、そして男性、少年、奴隷のためのレースが特徴となりました。現代のムナルジャフェスティバルは、ラバトの町のすぐ外にあるブスケットの森の中とその周辺で開催されます[要出典]

騎士団の下では、マルタ人が野生のウサギを狩り、食べることを許可された年の1日であったと言われています。それ以外の場合は、騎士団の狩猟の楽しみのために予約されていました。ムナルジャとうさぎのシチュー(マルタ語:「フェンカタ」の密接な関係は今日も強いままです。[308]

1854年、英国の知事ウィリアム・リードは、現在も開催されているブスケットで農産物品評会を立ち上げました。農民の展示会は、今日でもムナルジャの祝祭の重要な部分です。[309]

今日のMnarjaは、参加者が伝統的なマルタのgħanaを聞くことができる数少ない機会の1つです。伝統的に、花婿は結婚の最初の年の間に彼らの花嫁をムナルジャに連れて行くことを約束しました。幸運なことに、花嫁の多くはウェディングドレスとベールに参加していましたが、この習慣は長い間島から消えていました。[310]

アイルオブMTVは、MTVが毎年制作、放送する1日の音楽祭です。フェスティバルは2007年からマルタで毎年開催されており、毎年主要なポップアーティストが演奏しています。2012年には世界的に評価の高いアーティストの公演を見たフロー・ライダーネリー・ファータドWill.i.amフロリアーナでFososスクエアを。50,000人以上が参加し、これまでで最大の参加者となりました。[311]

2009年には、世界の主要国が主催するのと並行して、最初の大晦日ストリートパーティーがマルタで開催されました。このイベントはあまり宣伝されておらず、当日の幹線道路の閉鎖により物議を醸したものの、成功したと見なされ、毎年開催される可能性が高いです。

マルタ国際花火フェスティバルは、2003年からバレッタグランドハーバー開催されている毎年恒例のフェスティバルです。このフェスティバルでは、マルタと外国の花火工場の多くの花火大会が開催されます。祭りは通常、毎年4月の最終週に開催されます。[312]

メディア

最も広く読まれ、財政的に最も強い新聞は、Allied Newspapers Ltd.によって発行されており、主にタイムズオブマルタ(27%)とその日曜版のサンデータイムズオブマルタ(51.6%)です。[要出典]バイリンガリズムのため、新聞の半分は英語で発行され、残りの半分はマルタ語で発行されています。日曜日の新聞それ-Torċa連合プレスの子会社が発行し(「トーチ」)一般労働組合は、最も広いマルタ語紙です。その姉妹紙、L-Orizzont(「地平線」)は、最大の循環を持つマルタの毎日です。日刊紙または週刊紙が多数あります。 28,000人ごとに1つの論文があります。広告、販売、および助成金は、新聞や雑誌に資金を提供する3つの主要な方法です。ただし、機関に関連する論文や雑誌のほとんどは同じ機関からの助成を受けており、広告や所有者からの助成に依存しています。[313]

マルタにはTVMTVM2Parliament TVOneNET TelevisionSmash TelevisionF LivingXejkの8つの地上波テレビチャンネルがあります。これらのチャンネルは、UHFチャンネル66で地上デジタルの無料放送信号によって送信されます。[314]州および政党は、これらのテレビ局の資金のほとんどを助成しています。 TVM、TVM2、および議会TVは、公共放送サービス全国放送局、およびEBUのメンバーによって運営されています。 Media.linkコミュニケーションズ(株)、NETテレビの所有者、およびワンプロダクション株式会社。、一つの所有者は、と提携している民族主義労働それぞれパーティー。残りは個人所有です。マルタ放送局は、すべての地方放送局を監督し、法的およびライセンス義務の遵守、ならびに正当な公平性の維持を保証します。政治的または産業的論争の問題に関して、または現在の公共政策に関連して;放送施設と人と人との間の時間を公平に配分する一方で、異なる政党に属しています。 Broadcasting Authorityは、ローカル放送サービスが、すべての関心と好みに対応するための多様で包括的なプログラミングを提供する官民およびコミュニティ放送で構成されることを保証します。[要出典]

マルタ通信局は、アナログおよびデジタルケーブル、有料デジタル地上波TVおよびIPTVを含む、147,896の有料TVサブスクリプションが2012年末にアクティブであったと報告しました。[315]参考までに、最新の国勢調査はマルタの139,583世帯を数えています。[316]衛星受信は、英国BBCイタリアのRAIメディアセットなどの他のヨーロッパのテレビネットワークを受信するために利用できます[要出典]

休日

マルタの祝日
ホリデー
1月1日 新年の日
2月10日 セントポールの難破船
3月19日 セントジョセフ
3月31日 自由の日
3月/ 4月(日付変更) 良い金曜日
5月1日 労働者の日
6月7日 セッテ・ジューニョ
6月29日 聖ペテロと聖パウロ(L-イムナージャ)
8月15日 仮定(サンタマリヤ)
9月8日 勝利の聖母
9月21日 独立記念日
12月8日 無原罪の御宿り
12月13日 共和国記念日
12月25日 クリスマスの

スポーツ

2018年、マルタは最初のeスポーツトーナメント「SupernovaCS:GO Malta」[317]を開催し、$ 150,000の賞金プールを備えカウンターストライク:グローバルオフェンシブトーナメントを開催しました。[318]

も参照してください

参考文献

ヘイスティングス、M.2021オペレーションペデストラルマルタと戦った艦隊1942、ウィリアムコリンズISBN 978-0-00-836494-6

参考文献

ノート

  1. ^ ディアコノ、ティム(2019年4月18日)。「島の人口が急増し続けているため、現在マルタに住んでいる10万人以上の外国人」lovinmalta.com2019年6月26日にオリジナルからアーカイブされました2019年10月10日取得
  2. ^ a b c 「特別ユーロバロメーター493、欧州連合:欧州委員会、2019年9月、229〜230ページ」ec.europa.eu 2020年10月3日取得
  3. ^ a b Zammit、Andre(1986)。「バレッタとマルタ諸島の人間居住システム」。人間居住学53(316/317):89–95。JSTOR 43620704 
  4. ^ a b 「ニュースリリース」(PDF)国家統計局2020年7月10日 2020年7月10日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2020年7月10日取得
  5. ^ a b 「2011年国勢調査:レポート」(PDF)国家統計局2014 2020年6月21日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2020年7月10日取得
  6. ^ bはCのD "マルタ"国際通貨基金。
  7. ^ 「等価可処分所得のジニ係数–EU-SILC調査」ec.europa.euユーロスタット2019年3月20日にオリジナルからアーカイブされました2020年6月19日取得
  8. ^ 人間開発報告書2020次のフロンティア:人間開発と人新世(PDF)国連開発計画。2020年12月15日。pp。343–346。ISBN  978-92-1-126442-52020年12月16日取得
  9. ^ a b 「ヨーロッパ人とその言語」(PDF)欧州委員会特別なユーロバロメーター。2017年6月17日にオリジナルからアーカイブされました2018年10月25日取得
  10. ^ 「マルタの公用語として認識されるマルタ手話」マルタ独立2018年6月12日にオリジナルからアーカイブされまし2018年6月11日取得
  11. ^ レスリー、アンローズ(2009年4月15日)。フロマーのマルタとゴゾは日ごとにジョンワイリー&サンズ。NS。139. ISBN 978-04707461032015年9月4日にオリジナルからアーカイブされました2015年7月1日取得
  12. ^ Shorter Oxford EnglishDictionaryの「Malta」のエントリを参照してください
  13. ^ チャップマン、デビッド; カサール、ゴッドウィン(2004年10月)。「バレッタ」。都市21(5):451–463。土井10.1016 /j.cities.2004.07.001
  14. ^ a b c アシュビー、トーマス(1915)。「ローママルタ」ローマ研究ジャーナル5:23〜80。土井10.2307 / 296290JSTOR 296290 
  15. ^ ボナンノ、アンソニー(編)。マルタとシチリア:その他の研究プロジェクト(PDF)パレルモ:Officina di StudiMedievali。ISBN  978-88886158372012年5月27日にオリジナル (PDF)からアーカイブされまし2017年2月23日取得
  16. ^ Sultana、Ronald G.(1998)。「マルタでのキャリアガイダンス:移行中の地中海のマイクロステート」(PDF)カウンセリングの進歩のための国際ジャーナル20:3。DOI10.1023 / A:1005386004103S2CID 494701862017年2月2日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし2017年1月27日取得  
  17. ^ 「ミクロ状態の環境ワールドカップ:マルタ対サンマリノ」Environmentalgraffiti.com。2007年12月15日。2013年1月25日のオリジナルからアーカイブ取得した3月31日に2009
  18. ^ 「最初の住民は思ったより700年早く到着した」タイムズオブマルタ2020年3月25日取得
  19. ^ ボワセベン、ジェレミー(1984)。「マルタの儀式のエスカレーション」エリック・R・ウルフ(編)。地方コミュニティにおける宗教、権力および抗議:地中海の北岸宗教と社会Walter de Gruyter NS。165. ISBN 9783110097771. ISSN 1437-5370.
  20. ^ Rudolf, Uwe Jens; Berg, Warren G. (2010). Historical Dictionary of Malta. Scarecrow Press. pp. 1–11. ISBN 9780810873902.
  21. ^ "GEORGE CROSS AWARD COMMEMORATION". VisitMalta.com. 14 April 2015. Archived from the original on 3 April 2015. Retrieved 20 April 2015.
  22. ^ "Should the George Cross still be on Malta's flag?". The Times. 29 April 2012. Archived from the original on 27 April 2015. Retrieved 20 April 2015.
  23. ^ "Christmas Broadcast 1967". Archived from the original on 2 May 2015. Retrieved 20 April 2015.
  24. ^ a b c d e f "Constitution of Malta". Ministry for Justice, Culture and Local Government. Archived from the original on 1 October 2018. Retrieved 10 February 2018. – Article 40: "all persons in Malta shall have full freedom of conscience and enjoy the free exercise of their respective mode of religious worship."
  25. ^ a b c Central Intelligence Agency (CIA). "Malta". The World Factbook. Retrieved 16 May 2007.
  26. ^ "Hal Saflieni Hypogeum". UNESCO. Archived from the original on 30 December 2013. Retrieved 18 January 2014.
  27. ^ "City of Valletta". UNESCO. Archived from the original on 25 March 2016. Retrieved 18 January 2014.
  28. ^ "Megalithic Temples of Malta". UNESCO. Archived from the original on 7 January 2014. Retrieved 18 January 2014.
  29. ^ "Malta Temples and The OTS Foundation". Otsf.org. Archived from the original on 8 February 2014. Retrieved 31 March 2009.
  30. ^ a b Daniel Cilia, Malta Before History (2004: Miranda Publishers) ISBN 9990985081
  31. ^ μέλι. Liddell, Henry George; Scott, Robert; A Greek–English Lexicon at the Perseus Project.
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m Castillo, Dennis Angelo (2006). The Maltese Cross: A Strategic History of Malta. Greenwood Publishing Group. ISBN 9780313323294. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  33. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 23 December 2017. Retrieved 24 December 2017.CS1 maint: archived copy as title (link)
  34. ^ Melita. Charlton T. Lewis and Charles Short. A Latin Dictionary on Perseus Project.
  35. ^ Bible Gateway, Acts 28:1
  36. ^ Pickles, Tim (1998). Malta 1565: Last Battle of the Crusades. Osprey Publishing. ISBN 978-1-85532-603-3. Archived from the original on 7 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  37. ^ "Renaming Malta the Republic of Phoenicia". The Times. Malta: Allied Newspapers Ltd. Archived from the original on 3 March 2016. Retrieved 28 February 2016.
  38. ^ Smith, William (1872). John Murray (ed.). A Dictionary of Greek and Roman Geography. II. John Murray, 1872. p. 320. Archived from the original on 28 April 2014. Retrieved 13 July 2014.
  39. ^ "700 years added to Malta's history". Times of Malta. 16 March 2018. Archived from the original on 16 March 2018.
  40. ^ a b "Gozo". IslandofGozo.org. 7 October 2007. Archived from the original on 21 March 2009.
  41. ^ Bonanno 2005, p.22
  42. ^ Dennis Angelo Castillo (2006). The Maltese Cross A Strategic History of Malta. Greenwood Publishing Group. p. 25. ISBN 978-0-313-32329-4.
  43. ^ Victor Paul Borg (2001). Malta and Gozo. Rough Guides. p. 331. ISBN 978-1-85828-680-8.
  44. ^ So who are the 'real' Maltese. Archived from the original on 12 March 2016. Retrieved 3 September 2017. There's a gap between 800 and 1200 where there is no record of civilisation. It doesn't mean the place was completely uninhabited. There may have been a few people living here and there, but not much……..The Arab influence on the Maltese language is not a result of Arab rule in Malta, Prof. Felice said. The influence is probably indirect, since the Arabs raided the island and left no-one behind, except for a few people. There are no records of civilisation of any kind at the time. The kind of Arabic used in the Maltese language is most likely derived from the language spoken by those that repopulated the island from Sicily in the early second millennium; it is known as Siculo-Arab. The Maltese are mostly descendants of these people.
  45. ^ The origin of the Maltese surnames. Ibn Khaldun puts the expulsion of Islam from the Maltese Islands to the year 1249. It is not clear what actually happened then, except that the Maltese language, derived from Arabic, certainly survived. Either the number of Christians was far larger than Giliberto had indicated, and they themselves already spoke Maltese, or a large proportion of the Muslims themselves accepted baptism and stayed behind. Henri Bresc has written that there are indications of further Muslim political activity in Malta during the last Suabian years. Anyhow there is no doubt that by the beginning of Angevin times no professed Muslim Maltese remained either as free persons or even as serfs on the island.
  46. ^ a b Holland, James (2003). Fortress Malta An Island Under Siege 1940–43. Miramax. ISBN 978-1-4013-5186-1.
  47. ^ Busuttil, Salvino; Briguglio, Lino. "Malta". Encyclopædia Britannica. Encyclopædia Britannica, inc. Archived from the original on 8 May 2019. Retrieved 12 June 2019.
  48. ^ Palaeolithic Man in the Maltese Islands, A. Mifsud, C. Savona-Ventura, S. Mifsud
  49. ^ Skeates, Robin (2010). An Archaeology of the Senses: Prehistoric Malta. Oxford University Press. pp. 124–132. ISBN 978-0-19-921660-4. Archived from the original on 7 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  50. ^ "Brief History of Malta". LocalHistories.org. 7 October 2007. Archived from the original on 16 April 2008. Retrieved 30 April 2008.
  51. ^ Anthon, Charles (1848). A Classical Dictionary: Containing an Account of the Principal Proper Names. New York Public Library. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  52. ^ "History - Maltese Italian Chamber of Commerce". www.micc.org.mt. Retrieved 8 October 2021.
  53. ^ "Old Temples Study Foundation". OTSF. Archived from the original on 8 February 2014. Retrieved 31 March 2009.
  54. ^ Sheehan, Sean (2000). Malta. Marshall Cavendish. ISBN 978-0-7614-0993-9. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  55. ^ "Archaeology and prehistory". Aberystwyth, The University of Wales. Archived from the original on 12 December 2008. Retrieved 31 March 2009.
  56. ^ "National Museum of Archaeology". Visitmalta.com. Archived from the original on 29 March 2010.
  57. ^ "Ancient mystery solved by geographers". Port.ac.uk. 20 April 2009. Archived from the original on 29 December 2010. Retrieved 14 November 2010.
  58. ^ Mottershead, Derek; Pearson, Alastair; Schaefer, Martin (2008). "The cart ruts of Malta: an applied geomorphology approach". Antiquity. 82 (318): 1065–1079. doi:10.1017/S0003598X00097787.
  59. ^ Daniel Cilia, "Malta Before Common Era", in The Megalithic Temples of Malta. Retrieved 28 January 2007.
  60. ^ Piccolo, Salvatore; Darvill, Timothy (2013). Ancient Stones, The Prehistoric Dolmens of Sicily. Abingdon/GB: Brazen Head Publishing. ISBN 9780956510624.
  61. ^ "Notable dates in Malta's history". Department of Information – Maltese Government. 6 February 2008. Archived from the original on 25 November 2009. Retrieved 6 February 2008.
  62. ^ Owen, Charles (1969). The Maltese Islands. Praeger. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  63. ^ "Mdina & The Knights". Edrichton.com. Archived from the original on 4 March 2016.
  64. ^ Cassar 2000, pp. 53–55
  65. ^ a b Terterov, Marat (2005). Doing Business with Malta. GMB Publishing Ltd. ISBN 978-1-905050-63-5. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  66. ^ a b c d e f g h i j "Malta". treccani.it (in Italian). Enciclopedia Italiana. Archived from the original on 1 January 2016. Retrieved 2 November 2015.
  67. ^ The Art Journal: The Illustrated Catalogue of the Industry of All Nations, Volume 2. Virtue. 1853. p. vii. Archived from the original on 4 September 2015. Retrieved 15 February 2014.
  68. ^ "Volume 16, Issue 1". Fondazzjoni Patrimonju Malti. Archived from the original on 21 February 2014. Retrieved 16 February 2014.
  69. ^ a b Cassar 2000, pp. 56–57
  70. ^ "218 BC – 395 AD Roman Coinage". centralbankmalta.org. Bank of Malta. Archived from the original on 26 January 2015. Retrieved 2 November 2015.
  71. ^ Caruana, A. A. (1888). "Remains of an Ancient Greek Building Discovered in Malta". The American Journal of Archaeology and of the History of the Fine Arts. 4 (4): 450–454. doi:10.2307/496131. JSTOR 496131.
  72. ^ Lycophron, Alexandra
  73. ^ Procopius, History of the Wars, 7.40
  74. ^ "Timeline Coins – Central Bank of Malta". www.centralbankmalta.org. Archived from the original on 14 May 2018. Retrieved 23 May 2018.
  75. ^ "Roman Times – History of Malta – Visit Malta". Roman Times. visitmalta.com. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 30 October 2015.
  76. ^ St. Luke, Acts of the Apostles, 28.1
  77. ^ Brown, Thomas S. (1991). "Malta". In Kazhdan, Alexander (ed.). Oxford Dictionary of Byzantium. Oxford and New York: Oxford University Press. p. 1277. ISBN 978-0195046526.
  78. ^ Edwards, I. E. S.; Gadd, C. J.; Hammond, N. G. L. (1975). The Cambridge Ancient History. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-08691-2. Archived from the original on 24 January 2017. Retrieved 12 May 2016.
  79. ^ Troll, Christian W.; Hewer, C.T.R. (12 September 2012). "Journeying toward God". Christian Lives Given to the Study of Islam. Fordham Univ Press. p. 258. ISBN 9780823243198.
  80. ^ "Brief history of Sicily" (PDF). Archaeology.Stanford.edu. 7 October 2007. Archived (PDF) from the original on 19 January 2012. Retrieved 20 September 2011.
  81. ^ a b Travel Malta. The Arab period and the Middle Ages: MobileReference. ISBN 9781611982794.
  82. ^ Brincat, M.J. (1995) Malta 870–1054 Al-Himyari's Account and its Linguistic Implications. Valletta, Malta: Said International.
  83. ^ Wilson, Andrew (2006). Corpus Linguistics Around the World. Rodopi. ISBN 978-90-420-1836-5. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  84. ^ Previté-Orton (1971), pg. 507–11
  85. ^ Blouet, B. (1987) The Story of Malta. Third Edition. Malta: Progress Press, p.37.
  86. ^ Blouet, B. (1987) The Story of Malta. Third Edition. Malta: Progress Press, p.37-38.
  87. ^ Martin, Robert Montgomery (1843). History of the colonies of the British Empire Archived 6 September 2015 at the Wayback Machine, W. H. Allen, p. 569: "Malta remained for 72 years subject of the emperors of Germany. The island was after the period of Count Roger of the Normans afterward given up to the Germans, on account of the marriage between Constance, heiress of Sicily, and Henry VI, son of the Emperor Friedrick Barbarossa. Malta was elevated to a county and a marquisate, but its trade was now totally ruined, and for a considerable period of it remained solely a fortified garrison."
  88. ^ "Time-Line". AboutMalta.com. 7 October 2007. Archived from the original on 27 October 2016. Retrieved 23 July 2008.
  89. ^ Goodwin, Stefan (2002). Malta, Mediterranean bridge Archived 6 September 2015 at the Wayback Machine, Greenwood Publishing Group. p. 31 ISBN 0897898206.
  90. ^ Peregin, Christian (4 August 2008). "Maltese makeover". The Times. Malta. Archived from the original on 9 October 2010. Retrieved 28 November 2009.
  91. ^ Malta under the Angevins Archived 17 October 2017 at the Wayback Machine. melitensiawth.com
  92. ^ "Superintendance of Cultural Heritage". Government of Malta. Archived from the original on 28 January 2012. Retrieved 29 November 2011.
  93. ^ Luttrell, Anthony (1970). "The House of Aragon and Malta: 1282–1412" (PDF). Journal of the Faculty of Arts. 4 (2): 156–168. Archived from the original (PDF) on 17 October 2017. Retrieved 8 July 2017.
  94. ^ Denaro, Victor F. (1963). Yet More Houses in Valletta Archived 2 March 2016 at the Wayback Machine. Melita Historica. p. 22.
  95. ^ de Vertot, Abbe (1728) The History of the Knights of Malta vol. II (facsimile reprint Midsea Books, Malta, 1989).
  96. ^ a b "Malta History". Jimdiamondmd.com. Archived from the original on 14 February 2012. Retrieved 12 October 2008.
  97. ^ "Malta History 1000 AD–present". Carnaval.com. Archived from the original on 4 February 2012. Retrieved 12 October 2008.
  98. ^ "La cesión de Malta a los Caballeros de San Juan a través de la cédula del 4 de marzo de 1530" (PDF). orderofmalta.int. Archived from the original (PDF) on 24 September 2015. Retrieved 12 March 2016.
  99. ^ "LA SOBERANA ORDEN DE MALTA A TRAVÉS DE DIEZ SIGLOS DE HISTORIA Y SU RELACIÓN CON LA ACCIÓN HUMANITARIA" (PDF). uma.es. Archived from the original (PDF) on 4 March 2016. Retrieved 12 March 2016.
  100. ^ El halcón maltés regresará a España dos siglos después Archived 3 March 2016 at the Wayback Machine. El Pais (14 August 2005). Retrieved 1 May 2017.
  101. ^ "La verdadera historia del halcón maltés". Archived from the original on 30 May 2016.
  102. ^ "El halcón y el mar". trofeocaza.com. 22 October 2014. Archived from the original on 30 May 2016.
  103. ^ "El Rey volverá a tener otro halcón maltés en primavera". Archived from the original on 22 December 2015. Retrieved 12 March 2016.
  104. ^ "Hospitallers – religious order". Archived from the original on 1 August 2017. Retrieved 3 July 2017.
  105. ^ a b Devrim., Atauz, Ayse (2008). Eight thousand years of Maltese maritime history : trade, piracy, and naval warfare in the central Mediterranean. Gainesville: University Press of Florida. ISBN 9780813031798. OCLC 163594113.
  106. ^ McManamon, John (June 2003). "Maltese seafaring in mediaeval and post-mediaeval times". Mediterranean Historical Review. 18 (1): 32–58. doi:10.1080/09518960412331302203. ISSN 0951-8967. S2CID 153559318.
  107. ^ Niaz, Ilhan (2014). Old World Empires: Cultures of Power and Governance in Eurasia. Routledge. p. 399. ISBN 978-1317913795.
  108. ^ Angelo Castillo, Dennis (2006). The Maltese Cross: A Strategic History of Malta. Greenwood Publishing Group. p. 55. ISBN 978-0-313-32329-4. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 1 July 2015.
  109. ^ Braudel, Fernand (1995) The Mediterranean and the Mediterranean World in the Age of Philip II, vol. II. University of California Press: Berkeley.Malta
  110. ^ Frendo, Henry (December 1998). "The French in Malta 1798 – 1800 : reflections on an insurrection". Cahiers de la Méditerranée. 57 (1): 143–151. doi:10.3406/camed.1998.1231. ISSN 1773-0201. Archived from the original on 5 June 2018. Retrieved 30 December 2016.
  111. ^ "Palazzo Parisio". gov.mt. Archived from the original on 6 January 2018. Retrieved 21 August 2015.
  112. ^ "Napoleon's bedroom at Palazzo Parisio in Valletta!". maltaweathersite.com. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 21 August 2015.
  113. ^ Stagno-Navarra, Karl (24 January 2010). "Leaving it in neutral". MaltaToday. Archived from the original on 16 October 2015. Retrieved 21 August 2015.
  114. ^ "This day, May 15, in Jewish history". Cleveland Jewish News. Archived from the original on 19 May 2014.
  115. ^ a b c d e f Sciberras, Sandro. "Maltese History – F. The French Occupation" (PDF). St Benedict College. Archived from the original (PDF) on 3 May 2015. Retrieved 23 November 2014.
  116. ^ Weider, Ben. "Chapter 12 – The Egyptian Campaign of 1798". International Napoleonic Society. Archived from the original on 12 March 2016.
  117. ^ Shosenberg, J.W. (April 2017). "NAPOLÉON'S EGYPTIAN RIDDLE". Military History. 34 (1): 25 – via Ebsco.
  118. ^ Schiavone, Michael J. (2009). Dictionary of Maltese Biographies A-F. Malta: Publikazzjonijiet Indipendenza. pp. 533–534. ISBN 9789993291329.
  119. ^ Rudolf & Berg 2010, p. 11
  120. ^ Galea, Michael (16 November 2014). "Malta earns the title 'nurse of the Mediterranean'". The Times. Archived from the original on 6 February 2016.
  121. ^ "Malta definition of Malta in the Free Online Encyclopedia.". Free Online Encyclopedia – List of Legal Holidays. Archived from the original on 17 June 2013. Retrieved 8 July 2013.
  122. ^ "SETTE GIUGNO". Visitmalta – The official tourism website for Malta, Gozo and Comino. Archived from the original on 30 January 2014. Retrieved 8 July 2013.
  123. ^ a b Bierman, John; Smith, Colin (2002). The Battle of Alamein: Turning Point, World War II. Viking. p. 36. ISBN 978-0-670-03040-8.
  124. ^ Titterton, G. A. (2002). The Royal Navy and the Mediterranean, Volume 2. Psychology Press. p. xiii. ISBN 978-0-7146-5179-8.
  125. ^ Elliott, Peter (1980). The Cross and the Ensign: A Naval History of Malta, 1798–1979. Naval Institute Press. ISBN 978-0-87021-926-9.
  126. ^ Calvocoressi, Peter (1981). Top Secret Ultra – Volume 10 of Ballantine Espionage Intelligence Library (reprint ed.). Ballantine Books. pp. 42, 44. ISBN 978-0-345-30069-0.
  127. ^ "The Siege of Malta in World War Two". Archived from the original on 29 December 2007. Retrieved 15 April 2007.
  128. ^ "RUC awarded George Cross". BBC News. 23 November 1999. Archived from the original on 2 August 2012. Retrieved 21 June 2011.
  129. ^ Wolf, Eric R. (1984). Religion, Power and Protest in Local Communities: The Northern Shore of the Mediterranean. p. 206. ISBN 978-3-11-086116-7.
  130. ^ Fenech, Dominic (February 1997). "Malta's external security". GeoJournal. 41 (2): 153–163. doi:10.1023/A:1006888926016. S2CID 151123282.
  131. ^ Breacher, Michael (1997). A Study of Crisis. University of Michigan Press. p. 611. ISBN 9780472108060.
  132. ^ "1989: Malta summit ends Cold War". BBC: On This Day. 3 December 1989. Archived from the original on 3 October 2018. Retrieved 1 October 2014.
  133. ^ Grima, Noel (2 October 2011). "Retaining Guido De Marco's Euro-Mediterranean vision". The Malta Independent. Standard Publications Ltd. Archived from the original on 5 March 2016. Retrieved 27 February 2016.
  134. ^ "Malta votes 'yes' to EU membership". CNN. 9 March 2003. Archived from the original on 13 March 2003. Retrieved 1 October 2014.
  135. ^ Bonello, Jesmond (17 April 2013). "Malta takes its place in EU". The Times. Malta. Archived from the original on 3 March 2016. Retrieved 27 February 2016.
  136. ^ "The History of the European Union – 2000–today". Archived from the original on 11 October 2007. Retrieved 12 October 2007.
  137. ^ "Cyprus and Malta set to join eurozone in 2008". 16 May 2007. Archived from the original on 30 January 2009. Retrieved 12 October 2007.
  138. ^ Mark N. Franklin. "Electoral Participation." in Controversies in Voting Behavior
  139. ^ Wikipedia: Elections in Malta
  140. ^ "Independence". Archived from the original on 6 September 2012.
  141. ^ "UPDATED: PN Parliamentary Group to vote in favor of nomination of George Vella for President; PL reaction - TVM News". TVM English. Retrieved 24 July 2021.
  142. ^ https://www.gov.mt/en/Government/Government%20of%20Malta/Presidents%20of%20Malta/Pages/Dr-George-Vella.aspx
  143. ^ "Local Council Act of Malta" (PDF). Archived from the original (PDF) on 16 June 2013. Retrieved 20 October 2013.
  144. ^ Protokol Lokali u Reġjonali (PDF) (in Maltese). Valletta: Dipartiment tal-Informazzjoni. pp. 5–6. Archived from the original (PDF) on 17 June 2012. Retrieved 2 April 2015.
  145. ^ "Malta" (PDF). Assembly of European Regions. Archived from the original (PDF) on 8 February 2013. Retrieved 2 April 2015.
  146. ^ "Defence Roles". Afm.gov.mt. Archived from the original on 8 May 2019.
  147. ^ AFM Operations Centre – SAR Region Archived 8 May 2019 at the Wayback Machine. Afm.gov.mt. Retrieved 28 December 2019
  148. ^ "Armed Forces of Malta". Afm.gov.mt. Archived from the original on 26 November 2016.
  149. ^ "Chapter XXVI: Disarmament – No. 9 Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons". United Nations Treaty Collection.
  150. ^ "Nuclear arms prohibition treaty ratified by foreign minister". Malta Today. 21 September 2020.
  151. ^ "Island Landscape Dynamics: Examples from the Mediterranean". Retrieved 20 December 2011.
  152. ^ Commission for the Geological Map of the World. "Geodynamic Map of the Mediterranean". Archived from the original on 17 December 2008. Retrieved 28 November 2008.
  153. ^ "Geothermal Engineering Research Office Malta". Archived from the original on 4 April 2016.
  154. ^ Falconer, William; Falconer, Thomas (1872). Dissertation on St. Paul's Voyage. BiblioLife. p. 50. ISBN 978-1-113-68809-5. Archived from the original on 27 March 2017. Retrieved 23 May 2018.
  155. ^ Dinerstein, Eric; et al. (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  156. ^ The Maltese Islands Archived 3 July 2007 at the Wayback Machine, Department of Information – Malta.
  157. ^ Weather of Malta Archived 25 June 2017 at the Wayback Machine – MET Office in Malta International Airport
  158. ^ Ltd, Allied Newspapers. "Updated – 'Snowflakes' reported in several parts of Malta – Met Office 'monitoring' situation". Archived from the original on 30 September 2017. Retrieved 30 September 2017.
  159. ^ "Valletta Climate Guide". Archived from the original on 3 October 2010. Retrieved 5 June 2009.
  160. ^ a b "Malta's Climate". maltaweather.com. Archived from the original on 16 October 2015. Retrieved 5 November 2015.
  161. ^ Birżebbuġa, Malta average sea temperature Archived 21 March 2015 at the Wayback Machine – seatemperature.org
  162. ^ "Valletta, Malta Travel Weather Averages". Weatherbase.com. Archived from the original on 3 April 2016. Retrieved 1 June 2015.
  163. ^ "Climate Data for Luqa". National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved 15 October 2012.
  164. ^ a b "Met Office: Climate averages 1971–2000". Met Office. Archived from the original on 3 March 2016. Retrieved 20 September 2011.
  165. ^ "Luqa Weather Averages 1981–2010". Meteo-climat-bzh.dyndns.org. Archived from the original on 10 October 2014. Retrieved 2 June 2015.
  166. ^ "Malta's Climate". Maltaweather.com. Archived from the original on 6 August 2015. Retrieved 21 October 2013.
  167. ^ "Population on 1 January by age groups and sex – functional urban areas" Archived 3 September 2015 at the Wayback Machine Eurostat, 2015.
  168. ^ "Population on 1 January by broad age group, sex and metropolitan regions". Eurostat. Archived from the original on 22 August 2016. Retrieved 25 February 2019.
  169. ^ "Population on 1 January by age groups and sex – cities and greater cities" Archived 27 September 2015 at the Wayback Machine Eurostat, 2015.
  170. ^ "Demographia: World Urban Areas" (PDF). April 2018. Archived from the original (PDF) on 3 May 2018. Retrieved 17 August 2013.
  171. ^ Study on Urban Functions (PDF). European Spatial Planning Observation Network. March 2007. ISBN 978-2-9600467-2-4. Archived from the original (PDF) on 24 September 2015.
  172. ^ "World Urbanization Prospects" Archived 25 May 2017 at the Wayback Machine – Department of Economic and Social Affairs/Population Division, United Nations (Table A.2; page 79)
  173. ^ "Interim Territorial Cohesion Report" Archived 23 April 2013 at the Wayback Machine – Preliminary results of ESPON and EU Commission studies
  174. ^ Terterov, Marat; Reuvid, Jonathan (2005). Doing Business with Malta. GMB Publishing. p. 167. ISBN 9781905050635.
  175. ^ Creativemalta.gov.mt, Draft National Strategy for the Cultural and Creative Industries – Creative Malta, archived from the original on 28 July 2013, retrieved 17 August 2013
  176. ^ Flags, Symbols and their uses, Department of Information of Malta, archived from the original on 29 June 2015, retrieved 25 February 2019
  177. ^ "Creativity Works – A report on Malta's Creative Economy strategy for the Cultural and Creative Industries – Part 3" (PDF). Malta Ministry of Finance, Ministry of Tourism. 2012. p. 121. Archived from the original (PDF) on 11 February 2017. Retrieved 9 February 2017.
  178. ^ Malta Archived 7 April 2014 at the Wayback Machine – European Central Bank.
  179. ^ "The Global Financial Centres" Archived 27 February 2017 at the Wayback Machine – Qatar Financial Centre, 2015.
  180. ^ Metropolitan areas in Europe Archived 20 October 2016 at the Wayback Machine – Federal Institute for Research on Building, Urban Affairs and Spatial Development, 2011.
  181. ^ "The emblem of Malta". Doi.gov.mt. Department of Information. Archived from the original on 30 July 2012. Retrieved 20 October 2013.
  182. ^ "STATE OF THE ENVIRONMENT REPORT 2005" (PDF). 2005: 24. Archived from the original (PDF) on 7 January 2018. Retrieved 17 January 2020. Cite journal requires |journal= (help)
  183. ^ Mifsud, Stephen (23 September 2002). "Wild Plants of Malta and Gozo – Main Page". www.maltawildplants.com. Archived from the original on 1 February 2019. Retrieved 24 January 2019.
  184. ^ "Maltese Biodiversity under threat – The Malta Independent". www.independent.com.mt. Archived from the original on 24 January 2019. Retrieved 24 January 2019.
  185. ^ "IMF World Economic Outlook (WEO) – Recovery, Risk, and Rebalancing, October 2010 – Table of Contents". Imf.org. 6 October 2010. Archived from the original on 30 April 2011. Retrieved 1 June 2011.
  186. ^ "The Malta Garrison 1854". www.maltaramc.com. Archived from the original on 13 April 2019. Retrieved 17 January 2020.
  187. ^ Arthur G., Clare. "FEATURES OF AN ISLAND ECONOMY" (PDF). Features of an Island Economy: Malta 1800–1914: 21.
  188. ^ "Economy of Malta | Development and Entry to the European Union". www.malta.com. Retrieved 8 April 2020.
  189. ^ a b "Country Trends". Global Footprint Network. Retrieved 4 June 2020.
  190. ^ Lin, David; Hanscom, Laurel; Murthy, Adeline; Galli, Alessandro; Evans, Mikel; Neill, Evan; Mancini, MariaSerena; Martindill, Jon; Medouar, FatimeZahra; Huang, Shiyu; Wackernagel, Mathis (2018). "Ecological Footprint Accounting for Countries: Updates and Results of the National Footprint Accounts, 2012–2018". Resources. 7 (3): 58. doi:10.3390/resources7030058.
  191. ^ "Unprecedented growth for Malta's film industry". The Times. Malta. 21 July 2010. Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 1 October 2014.
  192. ^ "Silent films showed scenes shot in Malta". The Times. Malta. 4 November 2012. Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 1 October 2014.
  193. ^ "Malta Movie locations – Malta-Tix". Malta-Tix. Archived from the original on 25 December 2016.
  194. ^ Carabott, Michael (14 July 2005). "Incentives To boost film production in Malta". The Malta Independent. Standard Publications Ltd. Archived from the original on 1 October 2014. Retrieved 1 October 2014.
  195. ^ "Hollywood's favourite playground". The Times of India. Archived from the original on 17 May 2017. Retrieved 25 December 2016.
  196. ^ "Malta Post". privatisation.gov.mt. Retrieved 3 April 2020.
  197. ^ "Maltacom". privatisation.gov.mt. Retrieved 3 April 2020.
  198. ^ "Malta Freeport". privatisation.gov.mt. Retrieved 3 April 2020.
  199. ^ "Malta International Airport". privatisation.gov.mt. Retrieved 3 April 2020.
  200. ^